タイトルイメージ 本文へジャンプ

★平成19122日(日) 1223分〜14時頃 晴(暖かい)

公式戦(創価大学学長杯初戦)   川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 1 0 2 0 1 0 4

恩方スターズ 3 0 0 0 1 2 × 6

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

レギュラーチームの今年度最後の公式戦となる学長杯!勝利で飾って、次にコマを進めたいが…

初回表、カズト5ゴロ、コウキ・コウヘイは当りはいいものの6ゴロ、4ゴロで三者凡退。初回裏、1番は4ゴロで一死も、2番中前ヒット、3番四球で一二塁、4番右翼線ヒットを抜かれてしまい、2失点。打者走者は三進。5番6ゴロは本塁には間に合わないタイミングだが、本塁送球のフィルダースチョイス(野選)で更に1失点。6番2ゴロ、7番三振で漸くチェンジ。2回表、先頭ユウトがライナーで頭上を抜ける痛烈な左越二塁打。カズマ三振で一死。捕逸で三進後、リクトの6ゴロで本塁突入するが、惜しくもアウト。しかし、シュウヘイ死球で一二塁。暴投で二三塁。ここでリクの当りはややライト寄りの中前ヒット、リクト生還でまず1得点、続いてシュウヘイもホームインのダイミング。しかし、相手捕手の強烈なブロックに阻まれ、惜しくもアウトで2点目ならず。残念!2回裏、先頭8番を四球で出すも、9番三振で一死、1番死球、2番四球で満塁のピンチ。しかし、3番を投ゴロに打ち取り、1−2−3のダブルプレー!!さあ、反撃!3回表、コウスケ5ゴロで一死、カズト右前ヒット、コウキ6フライで二死、コウヘイ右前ヒットで一二塁。しかし、ユウトが高めのボール球を二球続けて空振りで三振。さっきのバッティングはどうしたんだ?3回裏、先頭4番の高いバウンドの6ゴロはグラブの下を抜かれるエラー、しかし5番以降を2ゴロ、投ゴロ、投ゴロとピシャリと抑える。4回表、カズマ5ゴロも送球が横にそれてセーフ、続くリクトの5ゴロは二塁送球するもフィルダースチョイスでセーフとなり、一二塁。シュウヘイはうまくミートしたものの、ショートが回り込み6フライで一死。しかし、リク四球で満塁のチャンス。ここでコウスケが起死回生の中前ヒットで2得点で同点!!カズト投フライで二死となるも、コウキ四球でなおも満塁で、バッターコウヘイ。しかし、残念ながら3ゴロでチェンジ。4回裏、8番4ゴロで一死、9番中前ヒット・盗塁、1番4ゴロエラーで一三塁のピンチも、けん制で三塁走者を刺して二死。2番は四球とするも、3番4ゴロで無失点。5回表、先頭ユウトは再び三振、カズマ四球も、リクト5ゴロ、シュウヘイ投ゴロに倒れる。5回裏、先頭4番にいきなり中越三塁打を浴び、続く初球暴投で1失点、勝ち越しを許す。5番は投フライエラー、6番四球でなおも無死一二塁のピンチだが、7番6ゴロ三塁封殺、8・9番連続三振でピンチを脱する。6回表、先頭リクがセカンド後ろに落ちるテキサスヒット、暴投で二進後、コウスケがやや中堅よりの痛烈な右前ヒットでリクが生還、再び同点に追いつく!!後続の上位打線は、カズト4ゴロ、コウキ4フライ、コウヘイ3ゴロでチェンジ。6回裏、先頭1番の6ゴロを弾き生かす。2番は4フライで一死、3番の強烈な4ライナーは一旦グラブに入れるも弾かれる強襲安打で、一三塁となり、4番の5ゴロも間に合わず内野安打で一死満塁。続く5番に右中間ヒットを打たれ、2失点。痛い!後続は5ゴロ、7フライに抑える。最終回。後がないドラゴンズだが、頼みの4番ユウト5ゴロ、カズマ四球で出塁するも、リクト投ゴロ、ツバサ投フライでゲームセットとなりました。

残念ながら、最後の公式戦を勝利をあげることは出来ませんでしたが、二度追いつく粘りの野球が出来ました。もちろん、今日もエラーが出たし、エラーでなくても、強豪チームがアウトに出来る当りをアウトに出来ないなど課題もありましたが、久々に快音も聞かれましたし、下級生が多い今年のレギュラーチームの来年につながる試合が出来ました。冬にしっかり練習して、ガンバレ!ドラゴンズ!!

 

 

 

 

△平成191125日(日) 13時32分〜15時頃   快晴・暖かい

練習試合            横山第二小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

長房ファイターズ 0 0 0 1 1 0 0 2

散田ドラゴンズ 0 0 2 0 0 0 0 2

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

午前中に行われた4年生以下の下川練習リーグは、アンギラスに1対7で完敗したとのこと。続いて、トウゴはケガが癒えず休みでしたが、参加の5・6年生は全員フル出場!ユウト爆発!の練習試合でした。

 

初回表、四球のあと、6ゴロで二塁フォースアウトを狙うもボールを落として無死一二塁といきなりのピンチ。しかし、三番以降を、6ゴロ、投フライ、6ゴロで無失点に抑える。初回裏、ツバサ投ライナー、コウキ6ゴロで二死となるも、コウヘイは中越エンタイトル二塁打。しかし、ユウト6ゴロで無得点。2回表、6番6ゴロ、7番三振、8番6フライで三者凡退かと思いきやまさかのポロリ。しかし、9番を三振にとり無失点。2回裏、カズマ練習の調子を持続しいい当たりだが、6ゴロ、コウスケも6ゴロ、ユウヒは中前テキサス安打で出塁。続くシュウヘイは、いきなり三塁線に鋭い当たり。しかしこれが惜しくもファール。その後も粘るも、4ゴロで無得点。3回表、1番四球、2番4ゴロエラーで無死一二塁。続く3番4フライを捕り損なうも、右翼手マーがカバーし、三塁フォースアウトで一死。4番キャッチャーファールフライをカズマが好捕で二死。5番5ゴロエラーで満塁のピンチも、6番投フライで無失点。3回裏、先頭マーが中前クリーンヒットで出塁するも、スチール失敗で一死、1番ツバサは4フライで二死となるも、続くコウキの5ゴロは際どいタイミングで一塁悪送球を誘い二進、コウヘイも6ゴロも一塁悪送球でコウキは三塁を蹴って本塁へ。しかし、完全にアウトのタイミング。コウキは途中でストップし狭殺プレーになり、相手がファンブルする間にコウキがホームインし先制点!この間にサードに向かったコウヘイを刺そうとした三塁送球が悪送球となり、コウヘイもホームインし2点目!続くユウトの当りはレフト頭上を越え横長のグランドの端まで達してエンタイトル二塁打。フェンスがあるグランドなら、完全に本塁打だった。惜しい!続くカズマはまたしても当りはいいが、6ゴロに倒れ、チェンジ。4回表、先頭7番6ゴロエラーで生かし、後続を投ゴロ2つで二死とするも、1番にセンター横を抜かれる二塁打を打たれ、1失点。なおもピンチが続くが、2番を7フライに打ち取りチェンジ。4回裏、コウスケ投ゴロ、ユウヒ三振、シュウヘイ6内野安打で出塁するも、捕手のけん制に引っ掛かり狭殺プレーで三者凡退。5回表、3番は8フライエラー、けん制エラーで二進、二塁けん制エラーで三進、三塁送球をこぼす間に本塁突入するも、本塁タッチアウトでピンチを脱する。しかし、続く4番が左中間三塁打、三塁けん制をこぼす間にまたしても本塁突入、クロスプレーとなるが、今度はセーフで同点とされる。後続は3フライ、6ゴロで抑える。5回裏、マー・ツバサが連続四球も、コウキ6ゴロで三塁フォースアウト、コウヘイ投ゴロで三塁フォースアウト、ユウト6ゴロエラーで満塁のチャンスも、カズマ投ゴロで無得点。6回表、7番からの攻撃を、4フライ、三振、投フライで簡単に三者凡退。6回裏、コウスケが右前ヒット・トンネルで二進するも、盗塁失敗で一死。ユウヒ四球も、シュウヘイは右前にいい当たりだが、惜しくもライトゴロで二死、マー6ゴロで追加点を奪えず。7回表、1番5ゴロで一死。2番の鋭い投ライナーをコウヘイがチャッチし二死、3番6フライでチェンジ。さあ、散ドラ点を入れてサヨナラだっ!7回裏、ツバサ・コウキとも5ゴロで二死。しかし、6年の意地を見せ、コウヘイ中前ヒット、ユウトは2打席目と同じく左翼横を抜き、グランド端まで達するエンタイトル二塁打となり、サヨナラの絶好のチャンス。続く、カズマはいい当たりだが、一塁正面となり、2対2のまま試合終了となりました。

 

今日は、ヒットが8本も出たのに、走塁ミスで自らチャンスをつぶして2点しか取れませんでした。エラーもありました。しかし、普段あまり試合に出ていないメンバーもフル出場して、いい経験になったね。試合の中で、自分がどう動いたらいいのか、覚えていこう。

 

 

 

 

☆平成191118日(日) 13時15分〜14時45分快晴(朝寒く、日中暖かい)

4年生以下公式戦(下川練習リーグ)   下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 3 6 4 0 1   14

長房ファイターズ 1 6 0 1 0  

【バッテリー】 P:シュンスケ  C:コウスケ

【試合経過】

管理人も参加したかったのですが、研修リーグの塁審の時間が長引き、観られませんでした。以下、カズト母からのレポートです。

 

全員が出場し、ハプニングも多々あり、エラーも多かったですが、積極的に出塁しました(管理人談:1〜2年生のアキヒロ、タカナリ、ナオキも出たのだろうか…?午前中、アキヒロが「オレも試合に出るのかな」と何やら嬉しそうに話していたので、出られたのなら良かったですね。でも、グランドを掘ったりしなかったかな?)。一番ベテランのリクは、貫禄の全打席ヒット、シュンスケ、コウスケの反則4年生(背が高すぎ)のバッテリーも息が合っていました。とのこと。

 

中々勝てなかった散ドラですが、勝つ時は兄弟揃ってのダブル勝利ですね。いつも、こういう試合編成にしましょうか?

 

総監督からの情報です。今日のオーダーは、1番遊撃手リク、2番三塁手リクト、3番投手シュンスケ、4番一塁手カズト、5番捕手コウスケ、6番二塁手コウタ、7番中堅手ソウタ、8番左翼手ユウジ、9番右翼手アキヒロ(2回裏〜ナオキ、3回表〜タカナリ)だったとのこと。1〜2年生も本当に出たんですねえ〜。想像は付きますが、見てみたかったなあ。

 

 

 

 

☆平成191118日(日) 9時28分〜11時12分 快晴(朝寒く、日中暖かい)

公式戦(研修リーグ秋季大会第3戦)   滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 3 0 0 1 0 1 6

台町4丁目子供会 0 3 1 0 0 0 1 5

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

研修リーグ秋季大会最終戦!勝利で有終の美を飾りました。しかし、勝ったから良かったようなものの、珍プレーもたくさんあり、負けていたら目も当てられませんでした…。

初回表、いきなりカズト右前ヒット、コウキ四球で一二塁のチャンス。コウヘイ投ゴロで二塁フォースアウトで一死。コウヘイ盗塁で二三塁。四番ユウトの初球、捕逸でカズトが突っ込むがわずかに遅くタッチアウトで二死。しかし、二球目も捕逸で今度はコウヘイが生還、先制点をあげる。ユウトは投ゴロ悪送球で生きるが、カズマ6フライでチェンジ。初回裏、浅い5フライ、3ゴロ、3ファールフライで三者凡退。いい立ち上がりだ。2回表、コウスケ6ゴロ、リクトはライナー性の中前ヒット、リク四球で一二塁から、捕逸で二三塁に。マー見逃し三振で二死となるも、先頭カズトの打席で再び捕逸でリクト生還、2点目。カズトの6ゴロは一塁悪送球となり、リク生還で3点目。カズトは二塁へ。コウキ6ゴロエラーで一三塁。三たび捕逸でカズト生還、4点目。コウヘイ4ゴロでチェンジ。2回裏、四番の当りは内野フライだが投・一・ニ塁間に落ちてセーフとする。すると、5番以降三者連続で中前ヒット、ワンバンで頭を越されたり、トンネルしたりエラーも絡み3失点。しかし、8番以降を三振、7フライ、3ゴロで抑える。3回表、ユウト5ゴロ、カズマ3フライ、コウスケ4ゴロで三者凡退。3回裏、2番投フライで一死とするも、3番の8フライをエラーで生かし二進される。四番は5ゴロで二死とするも、5番中前ヒットで1失点。同点とされる。6番は3ゴロでチェンジ。4回表、リクト四球、リク6ゴロで二塁フォースアウト。続くマーの当りは、やや深めの6フライだが、リクがハーフウェーで見てしまい戻り切れずにダブルプレーでチェンジ。4回裏、7番の強い5ゴロをリクトがナイスキャッチ、後続も投ゴロ二つでチェンジ。試合が締まってきた。5回表、カズト四球、盗塁、コウキ見逃し三振、コウヘイ4ゴロで二死。ユウトの7フライをレフトキャッチと思われたが、グラブからポロリ…。沸き立つベンチ。ところが、ユウトはベースを踏まずに引き上げてきます。ベンチから怒号が飛んだのは言うまでもありません。しかし、何とか気づいてセーフとなり、貴重な追加点で逆転!カズマ5ゴロでチェンジ。5回裏、1番投フライ、2番のボテボテの5ゴロを弾き生かす。しかし、前に突っ込んでのエラーなので仕方ない。盗塁後、3番の左前ヒットで一死一三塁の大ピンチ。しかし、一塁走者盗塁を刺すと見せかけて、2−1−5で三塁ランナーをアウトにし、4番も5ゴロに抑え、無失点。いいぞ!散ドラ!!6回表、コウスケ6ゴロ、リクト再び中前クリーンヒット、リク投ゴロで二死となるも、代打シュウヘイ四球、カズト死球で、二死満塁の大チャンス。ここでコウキの当りはセンター前へ。やったー!追加点だ〜と思ったら、何とカズトが二塁フォースアウト。アウトカウントを間違えて、一塁に戻りかけていました。ということで、幻の1点となり、1点差のまま6回裏。そろそろ時間が迫ってくる。長い攻撃で点はやれないが、ほどほどの長さで無失点に抑えて勝ちたいと虫のいいことを考える。先頭、5番は5ゴロだが、足が速く内野安打とし、すかさず盗塁(4・5番は足が速い)。しかし、6番の強い当たりが6ライナーとなり、飛び出していた二塁ランナーもアウトにしダブルプレー。アウトにしたのは嬉しいが、このままでは次の回になってしまうなんて思っていたら、7番の5ゴロも間に合わず内野安打となり、8番左前ヒット、捕逸で二死二三塁。ヤバイ…。しかし、9番を4フライに切ってとり、無得点に。もう数分しかないのに、最終回に突入。コウヘイ四球、ユウト三振、カズマ粘りに粘るも3フライで二死。しかし、この間、コウヘイが2盗塁で三進。ここでコウスケが起死回生の右前ヒット。貴重な追加点で6点目。続く、リクトは今日三本目のヒットかという当りだが、惜しくも投ライナーとなりチェンジ。7回裏、1番4ゴロで一死、2番三振で二死。いいぞ!このまま勝利だ!と思うが、そう簡単に勝たせてくれない。3番四球・盗塁、4番は5ゴロだが、足が速い。送球が右にそれ、コウキと走者が交錯、倒れながらも何とかボールは押さえていたが、無常にもミットが手からポロリ、ついでにボールもポロリ。その間に二塁走者が生還し、1点差に詰め寄られる。本当にヤバイ。続く、5番は今日2本中前ヒットを打っている。ワン・ツーからの四球目、三たび打球はセンターへ。みんなの祈りを背負って、センターツバサがスライディングキャッチ、ゲームセットとなりました。あ〜、疲れた。

勝ったから良かったものの、負けていたら、シャレにならない試合でした。

 

 

 

 

★平成19113日(土) 14時15分〜        曇から晴

公式戦(研修リーグ秋季大会第2戦)   みなみ野中学     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 1 0 1 0 2

みなみ野ファイターズA 1 1 1 1 1 3 × 8

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

管理人は仕事のため、O副会長に試合経過をお願いしました。ありがとうございます。

 

秋の研修リーグ。短期決戦の試合。先週に続きいい試合が出来るか。まさに試金石である。

初回表、@コウキ三振Aリク三振と相手投手のスピードが速いのか2連続三振Bカズト6ゴロ悪送球でセーフCコウヘイ4球Dカズマ三振。初回裏、@5ゴロエラー(すごく早い打球でグラブには入ったがはじいてしまった)A6ゴロアウトB6ゴロの間に1失点C5ゴロ。2回表、Eコウスケ三振Fリクト三振Gマー5ゴロアウトと三者凡退でいいところなし。2回裏、D5ゴロアウトE5ゴロエラーで二進。F7エラーで二進(リクトが前に突っ込むが惜しくも取れずエラーとなる。)1失点G投手ライナー→ホームアウトH右前ゴロ→一塁アウト※この回のエラーも、積極的なエラーばかり。春と比べるときちんと試合になっている。3回表、そろそろ得点したいドラゴンズ。なんとかなるかHツバサ4ライナーアウト@コウキ四球。しかし、牽制にひっかかり、1・2塁間で挟殺されるAリク三振。3回裏、@6ゴロアウトA中越2塁打→パスボールで三進B左前ヒット1失点C投ゴロアウトD4ゴロアウト※この回も失点するが、長打を浴びてのこと。Aの長打も午前中練習した中継の練習が生き二塁打でおさえる。春なら、三塁打かランニング本塁打のパターン。今日のドラゴンズはよく守っている。4回表、さあ、反撃開始だ。打順もクリーンナップから。Bカズト投ゴロアウトCコウヘイ4球Dカズマ左前ヒットでようやく1点を返す。Eコウスケ三振Fリクト4球Gマー4球で、二死満塁のチャンスに、Hツバサに代わって代打シュンスケ3ゴロアウトで惜しくも反撃ならず。4回裏、E先頭打者バントヒット成功F左前ポテンヒット(三塁・ショート・レフトのちょうど真ん中に落ちる)無死1・3塁G5ゴロアウトの間に1失点H5フライアウト@投ゴロアウト※無死から何得点されるかと思ったが、1失点のみに押さえる。本当に引き締まった試合だ。5回表、@コウキ三振Aリク三振Bカズト右越2塁打(エンタイトル)。さあ、ここから反撃だCコウヘイ三振。5回裏、A初球バント失敗アウトB4ゴロアウト。さあ、2アウトC5ゴロ→一塁エラー走者三塁へ(カズキの送球も難しかったが、コウキが横取りでエラー。マーが好カバーするも中継が声を出さず)D右中間ヒットで1失点(マーが後逸しないように慎重になりすぎた。つっこんでいれば取れたかも)Eバント捕手前ゴロ→一塁アウト。6回表、Dカズマ4球Eコウスケ9ゴロ一塁アウトFリクト四球G代打ユウト3ゴロセーフ(代走シュウヘイ)。さあ、1死満塁得点するぞ。Hシュンスケ死球押し出しの1点@まだまだ得点のチャンス コウキ5ゴロホームアウトで2死満塁Aリク三振。6回裏、チャンスの後にピンチあり。みなみ野が本気になる。F二塁・ライト間のポテンヒット(シュウヘイとリクがお見合い。声を出せ)Gバント成功。打者走者も生き、1・2塁H投ゴロアウト、なお1・2塁@5ゴロセーフで1死満塁。最大のピンチ。踏ん張れ!!!A左前ヒットで1失点。なお満塁Bスクイズに気づきコウヘイが超高めのボールを投げるが、それがパスボールになり、さらに1失点。6ゴロアウトの間に1失点C6ゴロアウト。終盤にきて痛い3失点。7回表、最後のチャンス。なんとか1点でも返したいBカズト6ゴロアウトCコウヘイ投ゴロアウトDカズマ三振で、ゲームセット。

春の研修リーグでは90とワンサイドゲームだったが、6回表までは本当にいい試合だった。確かにエラーもあったけど消極的なエラーではなく、練習の成果がうかがえる。試合途中からはみなみ野も本気になり、初球バントが2回もあった。みなみ野Aは全て六年生。対するドラゴンズは五年生より四年生中心のCチーム。そのことを考えれば、今日の試合は、よくがんばった。しかし、守備は上達しているが、要はやはり打撃。今日もチャンスがあったのに、それを生かせない打撃。今日の投手は確かに速かったけど、打てない投手ではないよ。現に、カズトが打っている。あとは自主練習の素振りを数多くこなし、トスバッテングで真剣に練習すれば、成果が出るよ。次は最終戦。気合を入れて勝ちに行こうがんばれドラゴンズ

 

 

 

 

★平成191028日(日) 8時59分〜10時35分頃 快晴(グランド状態悪い)

公式戦(研修リーグ秋季大会第1戦)   椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0 0 3 3

松が谷ジャガーズA 2 0 0 1 0 2 × 5

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

短期決戦の秋季リーグ初戦!相手は2か月前に戦ったばかりの松が谷A。リベンジだっ!

初回表、コウキ三振、リク5ゴロ、コウヘイ投ゴロと三者凡退。初回裏、先頭打者の当りは三塁手を抜ける左前ヒット(見た目はトンネルですが強い当りだったので記録上ヒットとします)。しかし、好けん制で一死とする。二番は右中間ヒット。三番の強い6ゴロを一瞬はじき送球するも間に合わず内野安打(かエラーか迷うところです)。四番の時に捕逸で二三塁とされ、4ゴロの間に1失点。続く五番の5ゴロをエラーし2点目を許す。六番には粘られたが投ゴロに抑え、チェンジ。いつも立ち上がりに失点するのが痛い!2回表、カズマ三振、コウスケうまくミートするも3ライナー、カズトは右前に落ちるヒットで、処理をもたつく間に二塁へ、そのまま三塁へ行けるタイミングだったが、一瞬ためらったため三塁で惜しくもアウト。もったいなかったっ!2回裏、七番からの下位打線を投ゴロ、6ゴロ、4ゴロで三者凡退。3回表、リクトはストレートの四球、マー死球、ツバサ犠打成功で一死二三塁のチャンス。ここで一本出ればという場面だが、コウキはファールで粘るも三振、リクも投ゴロに倒れ、無得点。3回裏、一番からの上位打線を6フライ、投ゴロ、三振と危なげなく三者凡退。いいリズムになってきたっ!4回表、コウヘイ四球、カズマは3ゴロで一死、コウスケ三振で二死。カズトを迎え、暴投で二死三塁のチャンスとなり、カズトも四球・盗塁で二三塁。ここで、いろんな人から「クソボールは振るな」「食らいつけ」との声援を受け、リクト登場。その言葉通り、粘りに粘って9球投げさすも、三振に倒れ、無得点。惜しいっ!4回裏、四番は6ゴロで一死、五番の強い5ゴロは今度はしっかりチャッチするが、一塁がこぼしてセーフとする(うまくいかないドラゴンズ…)。二三盗を決められ、六番の4ゴロで1失点。七番三振でチェンジ。5回表、そろそろ点がほしい散ドラだが、マー投ゴロ、ツバサ3ゴロ、コウキ4フライで三者凡退。ホームが遠い。5回裏、先頭の八番は右越三塁打でいきなりピンチ。ここで九番はすかさずスクイズ。しかし、これが投手への小フライとなり、ゲッツーとしてピンチを脱する。一番は死球、盗塁、暴投で再び三塁に走者を置くが、二番を4ゴロで無失点に抑える。6回表、リク4フライ、コウヘイ四球で出塁するも、カズマ右前に抜けるかという4ゴロ、コウスケ6フライに倒れ、無得点。6回裏、三番を投フライで一死。四番は5ゴロに打ち取るも一塁悪送球で二進される。五番の中前ポテンヒット・盗塁で一死二三塁のピンチ。ここで六番がスクイズ。一塁送球する間に、二塁ランナーまで還って2失点。今日はけん制で一つ刺して、それ以外にも惜しい場面がありましたが、それは相手が次の塁を狙ってリードを大きくとっているからです。特に二三塁でノーマークの場面では二塁ランナーのリードはとても大きかったです。どこかのチームみたいに、センターが入って二塁に張りつけておくようなことが出来ればいいんですけどね。七番は投ゴロに抑え、チェンジ。そして、最終回、反撃だっ!先頭カズトは痛烈な右中間ヒット。一塁をまわって二塁へ行きかけたが、既に外野がおさえて中継で一塁へ。そのまま突っ込んで戻ればセーフのタイミングだったが、足に自信がないのか挟まれて、ランダンプレーでタッチアウトとなりました。残念!しかし、続くリクト、マー、ツバサが怒涛(?)の三連続四死球で一死満塁のチャンス。ここで投手交代。しかし、コウキも四球を選び、ようやく1得点。リクも四球で2点目。コウヘイは6ゴロだが、ショートがはじき本塁送球も低くツバサが間一髪セーフとなり3点目。なお満塁のチャンス。ここで再び投手交代。ちょっと速いか、カズマは2ストライクと追い込まれる。ここで低めの暴投をキャッチャーが前にこぼし、三塁走者コウキが突っ込む。しかし、濡れたグランドで思ったよりは転がらず、コウキは挟まれタッチアウト。もったいなかったっ!そして、カズマも三振に倒れ、ゲームセット。最後追い込んだものの、一歩及ばずでした。

前の松が谷戦同様、ミスはあったものの引き締まった試合が出来ました。いつもながらの立ち上がりの失点があったこと、それがまたエラーやエラーに近い守備が原因であること、打撃では相変わらず四球頼みで打てないこと、走塁では自分の走力と相手守備の加減が分からないことなど相変わらず課題はたくさんありますが、いくつか良い点もありました。当たりが止まっていたカズトが二安打したこと、いい球を見逃しクソボールを振ってばかりいたリクトが、三振になったものの粘りに粘ったバッティングが出来たこと。前回の松が谷戦では終盤に8本の長短打を浴びたコウヘイが終盤まで球威を保って抑えたこと(今日は記録上被安打5ですが、実質1〜2本です)などです。しかし、相手の守備はもっとしっかりしていましたし、バッティング・走塁ともしっかりしています。散ドラ諸君少しずつ近づいていますが、もっと近づき、追い越すように、ガンバロウ!

 

 

 

 

★平成191021日(日) 8時58分〜10時30分 晴

公式戦(八王子ジュニア選手権2回戦)   滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

船田ブラックジャガーズ 3 0 0 0 3 0 

散田ドラゴンズ 0 0 0 5 0 0 

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

見どころ満載で、久々に盛り上がった試合ですが、結果は1点差の惜敗。ホントに残念っ!散ドラ諸君は、良いプレーとマズイプレーが交互に出たような試合でした。

初回表、先頭打者の当りは三塁が抜かれるが遊撃手コウスケがナイスカバー。しかし、止めただけで内野安打となる。けん制ミスで二進。2番は三振で一死。3番の当りはボテボテだが、ショートの頭を越えるヒット。盗塁で二三塁のピンチ。4番の5ゴロで三塁走者が突っ込み本塁アウトと思いきや、走者が目に入らなかったかサードが一塁送球し、しかもセーフとなり、1失点。5番は高い投ゴロで二死とするが、この間に走者が還り2点目。6番は高いバウンドの6ゴロだが、グラブの下を抜かれ3点目(コウスケは高いバウンドを下で捕る時グラブの下を抜かれることが多いので、直接指導しました)。7番投ゴロで漸くチェンジ。初回裏、コウキはうまくミートしたが振り切らず6ライナーで一死。リクはストレートの四球で、二盗・三盗を決めるも、頼みのコウヘイ・カズマが三振に倒れ、無得点。二回表、8番投ゴロで一死。9番の痛烈なレフトライナーをシュウヘイが好捕と思ったが、惜しくもグラブからこぼれヒットとする。1番の当りはライト前に飛ぶが、マーがライトゴロにしとめる。2番は5ゴロでこの回無失点。二回裏、コウスケ3ゴロ、マー投ゴロ、リクト三振で三者凡退。三回表、3番の痛烈な4ゴロをしっかり捕ったのは良かったが一塁悪送球で二進を許す。しかし、後続を5ゴロ、三振、4ゴロで得点を許さず。三回裏、ツバサは四球、シュウヘイは犠打は失敗するも投ゴロでツバサを二塁に進める。先頭に戻りコウキの当りは今度はしっかりミートし、中前だっ!と思ったら何とピッチャーがキャッチし、既に三塁に達していたツバサまでアウトになり、一瞬にしてチェンジ。ついてない!四回表、7番からの下位打線を6ゴロ、4ゴロで簡単に二死とするも、9番は5ゴロエラー、盗塁で二進。1番左前ヒットで一三塁のピンチ。しかし、盗塁を刺すと見せて、飛び出した三塁走者を2−1−5で刺して得点を許さない。四回裏、ドラゴンズ怒涛の反撃開始。リク四球・二盗、コウヘイ四球、ダブルスチールで無死ニ三塁のチャンス。四番カズマを迎え、暴投でリクが生還1得点。カズマも四球・盗塁で再び二三塁。しかし、ここでセンターが二塁に入るけん制にカズマが完全にひっかかる。しかし、三塁走者コウヘイがうまいタイミングで本塁突入で2点目。カズマも三進。コウスケ三振で一死も、マーの中前ヒットで3点目。同点に追いつく。続くリクトが右前に落とすヒット、ツバサ四球でなおも満塁のチャンス。ここで暴投でマーが還り、労せず4点目を入れ逆転。シュウヘイ投ゴロの間にリクトが生還し5点目。先頭に戻りコウキ、リク四球で二死満塁のチャンス。ここでコウヘイを迎え、更に大量得点と思ったが、またしてもセンターが二塁に入るけん制にコウキがひっかかりチェンジとなる。残念っ!五回表、先頭の2番は痛烈な7ライナーで外野を抜かれる。打者走者は二塁を蹴って三塁へ。ここで外野から中継に入ったコウスケが三塁リクトへ好返球、リクトは二塁リクに送球、挟んでタッチアウトにする。練習でも見たことがないようなナイスプレーでした。しかし、続く3番が中越二塁打、4番は痛烈な左越ライナーで隣のグランドまで達する本塁打となって2失点で、あっという間に同点とされる。5番は4ゴロだがエラーで生かし、6番の右前ヒットをライトがトンネル、一塁走者が一気に生還3点目を入れられる。7番は6ゴロで一塁送球で二死、ここで突っ込んだ三塁走者を本塁で刺してダブルプレーでチェンジとなる。五回裏、先頭コウヘイは今日二つ目の三振で一死、カズマの当りは一塁がはじくも二塁がカバーし二死、コウスケ死球で出塁するも、マーが三振に倒れ、無得点。六回表、8番をストレートの四球で歩かせるが、後続を5ゴロ、6ゴロ、4ゴロに打ち取り無失点。最終回となる六回裏、先頭リクトがまたまたクソボール(汚い言葉でスミマセン)を振って三振、代打シュンスケもツースリーから、ボールが通過してから空振り三振(試合だといつもの思い切りの良さがないのは何故?)、代打ユウヒも2ゴロに倒れ、ゲームセット。

 

 

 

 

★平成19年9月16日(日) 8時55分〜10時15分 晴(暑い)

公式戦(連盟学童秋季2回戦)   滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 2 0 0 0 0  

アストロジャガーズ 4 1 0 4 ×  

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

楽しいバーベキューを延期して臨んだ連盟秋季大会!相手は強敵アストロジャガーズです。

初回表、カズトが三振に倒れるも、コウキがファールで粘って四球で出塁、コウヘイの高く弾んだゴロを投手がエラーし一二塁。続くカズマも四球で満塁のチャンスに、暴投でまず1点先制。コウスケ4ゴロでアウトになる間に、三塁からコウヘイ突入。いいボールが返るが、タッチをかいくぐるナイススライディングで2点目をゲット!マー三振で初回の攻撃を終了。裏、先頭打者は痛烈な5ライナーもカズトがキャッチで一死。2番は四球、ボーク、けん制捕球エラーで三進され、3番を5ゴロで二死とする間に1点を返される。続く4番の当りは三塁を強襲しショートがカバーするも間に合わず内野安打。すかさず二三盗を決められ、5番四球・盗塁で二三塁のピンチ。しかし、6番を6ゴロに打ち取りチェンジかと思われたが、一塁が痛恨のエラー…。2者が還り逆転を許す。再び盗塁二つで三進され、暴投で1点を許す。7番は左直安打を許すが、8番のセーフティバントをアウトにしてチェンジ。

2回表、リクが四球で出塁するも、けん制で一死。リクトはストライクを二球見逃したあと、ボール球で空振り三振、ツバサ投ゴロで三者凡退。裏、9番は投ゴロで一死、1番は四球・ニ三盗で三進、2番5ゴロで二死とするも、続く3番の時、暴投で1点を許す。打者は5ゴロに打ち取るも送球エラーで生かすが、4番を6フライに打ち取りチェンジ。

3回表、先頭から始まる好打順も、三人とも4ゴロで三者凡退(セカンドは女子選手でした)。裏、先頭5番を投ゴロ、6番を5ゴロで二死とし、7番に左直三塁打を打たれるも、8番を5ゴロに打ち取り、無失点。試合が締まってきた。

4回表、先頭カズマは3ファールフライで一死。コウスケ四球で出塁・盗塁で二進。続くマーの右前の当りは全力で走って一瞬足が早くヒットとなり、一三塁のチャンス。しかし、マーが盗塁失敗で二死(普通、この場面で少年野球で刺しにこないと油断したか?)。チャンスをつぶしたかに見えたが、ここからドラゴンズ自慢の四球ゲッター(?)が並ぶ。リク・リクトが連続四球で二死満塁の願ってもないチャンス。ここでツバサ登場で労せず1点かと思いきや、相手投手が左腕に交代。2球連続ボールとなりしめしめと思ったのも束の間、2球連続ストライクを入れられ、最終的には二死満塁ツースリーから3ゴロとなり、惜しくも無得点に終わる。裏、先頭9番は3ファールフライで一死、1番四球・ニ三盗で三進(このバッターは出したら自動的に三塁打と同じ)、2番の当りはセカンド横を痛烈に抜け、右中間を転々とする間に本塁打となり、2失点(痛烈な当りだが、グラブに少しでも当たればヒットで抑えられるぞ)。続く3番には右越三塁打、4番は中前の浅いフライだがセンターが落球、3点目。二三盗で三進後、5番に左前に落ちるヒットを打たれ4点目。後続は4ゴロ、投フライで抑える。

5回表、9点を取られ後がないドラゴンズ。1番からの好打順。しかし、カズト5ゴロ、コウキは追い込まれて当てただけの左フライ、頼みのコウヘイも3ゴロでゲームセットとなりました。

強豪アストロジャガーズですが、投手力はそれほどでもなく、四球によるチャンスを何度ももらいましたが、散ドラ諸君は相変わらずの貧打で生かすことが出来ませんでした。一方守備では、9失点ですが、5点はエラー・バッテリーエラーによるもので、完全に打ち崩されたわけではありません。打撃の方はすぐには何とかならないかもしれませんが、守備の方は練習でいくらでも上達しますし、今日のエラーも、うまいとか下手とかではなく、練習中から「一球一球を大切にする」気持ちがないために起きるエラーのような気がします(うちの息子を含めて)。普段のチャッチボール・ノックの一球一球を大切にしてほしいと思います。

 

 

 

 

☆平成19年9月2日(日) 11時10分〜 曇

練習試合            川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 5 0 0 0 2 3 6 16

川口アパッチ 5 0 0 1 1 1 0 8

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒コウキ(1回〜)⇒カズマ(3回〜)

         C:コウスケ⇒カズト

【試合経過】

公式戦に続いて練習試合。最初は5年生以下の予定でしたが、アパッチさんが人数が揃わず、6年生も4人入っての布陣。対するドラゴンズは、コウヘイ・カズマ・リクがベンチスタートでの布陣となりました。

初回表、ツバサ四球、コウタ投ゴロ、カズト四球、シュウヘイ四球、マー6フライで二死、コウキ6ゴロ内野安打で1点。リクト四球で2点目、シュンスケ5ゴロ内野安打で2点追加。コウスケ四球、一巡しツバサ四球で1点追加。コウタ6フライでようやくチェンジ。公式戦とは打って変って打者一巡の猛攻(四球が多いが…)。公式戦でもこれくらい点を入れろよ!それともドラゴンズは朝がダメなのか?裏、シュンスケの登板だが、死球・四球・四球・四球で押し出しで1失点。ここで投手コウキに交代。5番を三振とするも、次打者四球で押し出しで2点目。7番を投ゴロ本塁フォースアウトで二死とするも、8番に右中間三塁打を打たれ3失点で同点とされる。9番三振でようやくチェンジ。2回表、カズト6ゴロ内野安打、シュウヘイ三振、マー四球、盗塁で二三塁のチャンス。コウキ投ライナーで二死、リクト6ゴロで無得点に終わる。裏、1番からの攻撃は、2者連続四球とするも、後続を7フライ・3ゴロ・投ゴロで無失点に抑える。3回表、シュンスケ5ゴロ、コウスケ四球、ツバサ三振、コウタ投ゴロで無得点。裏、久々のカズマ登板。5ゴロ、右前ヒット、3ゴロ、三振と無難に抑える。4回表、カズト中前ヒット、シュウヘイ四球、マー四球で無死満塁。しかし、コウキ三振、リクト投ゴロ1−2−3の併殺で無得点。裏、左前ヒット、三振、6ゴロ内野安打で1失点するも、7フライ、三振で後続を断つ。5回表、シュンスケ6ゴロ、コウヘイ四球、リク投ゴロ内野安打、カズマ5ゴロ内野安打で1得点。カズト三振で二死も、シュウヘイ3ゴロ内野安打で2点目。マー四球、コウキ投ゴロでチェンジとなるも逆転に成功。裏、三振、5ゴロと二死としてから、次打者の5ゴロを三塁、ショート、レフトのエラーで進塁を許し、三本間で狭殺プレーとなるがセーフとなって1失点。同点とされる。後続を三振にとってチェンジ。6回表、リクト6フライ、シュンスケ四球、コウヘイ左前ヒットで1得点。リク5ゴロ内野安打、カズマ3ゴロ内野安打で2点目、カズト四球で3点目。シュウヘイ三振でチェンジとなるが、再び勝ち越し。裏、1番からの攻撃は四球、三振、キャッチャーフライで二死とするも、6ゴロエラーで1失点。次打者も四球で出すが、けん制で刺してアウトとする。7回表、マー四球、コウタ4ゴロ内野安打、リクト四球、、シュンスケ四球で押し出し1点。コウヘイ5ゴロ本塁フォースアウトで一死。リク四球で押し出しで2点目。カズマ6ゴロ内野安打で3点目。カズト6ゴロで二死となるも4点目。シュウヘイ6ゴロ内野安打で5点目。捕逸で6点目。マー5ゴロ内野安打、コウタ5ゴロでチェンジとなるも、大量6点。裏、6番からの攻撃を三振、6ゴロエラー、5フライをリクトファインプレーで二死、死球、投ゴロで、ゲームセット。

公式戦とは打って変わった試合内容でした。本当にドラゴンズは朝がダメなのか。それとも公式戦がダメなのか。練習試合は点の取り合いのシーソーゲームで見ていて面白かったですし、カズマの久々のピッチングは大収穫でした。シュンスケはまだ投げ込みが足りず自滅しましたが、来年に向けてカズマとコウキの二枚投手がいれば、まったく球質が違う二人なので、面白いです。また、カズトの捕手は「ドカベン」を彷彿とさせますし、新チームはなかなか楽しみです。公式戦とはまるっきり違った守備をしたのも、良いと思いました。なお、2時間半を超える試合だったので、選手はもちろん総監督・監督・コーチ・父母の皆さま、本当にご苦労様でした。野球漬けの一日でしたね。(管理人も漬かりたかった…)

 

 

 

 

★平成19年9月2日(日) 9時〜 曇り

公式戦(研修リーグ第16戦) 川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

台町4丁目子供会 2 3 0 2 0 2 

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 1 1 

【バッテリー】 P:コウヘイ   C:カズマ

【試合経過】

管理人不参加のため、O副会長に試合経過をお願いしました。

春の研修リーグ最終戦!同じ子供会チーム。何とか勝って昨年の勝率を上回りたいドラゴンズ!

初回表、主審が厳しいのか、コウヘイの制球が定まらず苦戦の初回となりました。先頭打者四球・盗塁、犠打で三進、3番の5ゴロの送球をファーストがエラーし、1失点。続く4番は左越二塁打で2点目。後続を6フライ、三振で抑える。裏、カズト5ゴロ内野安打、コウキ投ゴロで二塁フォースアウトで一死、コウヘイ6ゴロ、カズマ投ゴロで、いいところなくチェンジ。2回表、7番からの攻撃は、9フライ・6フライでなんなく二死とするも、9番四球、1番のセンターへのイージーフライがバンザイとなり1失点。次打者右中間ヒットで2点目。3番中越二塁打で3点目。4番は投手強襲ヒットとするも、5番を5フライでチェンジ。二死から3失点。勝ちたくないのかドラゴンズ。裏、5点を追いかけるドラゴンズ。コウスケ5ゴロ、マー三振、リク四球、リクト5ゴロと反撃ののろしもあがらない。3回表、6番から三振、四球、投フライで二死とするも、9番がバントヒットでピンチを迎えるも、次打者キャッチャーフライで何とか追加点を許さず。裏、点差を縮めろドラゴンズ!このままだとコールド負けだ。シュンスケ4ゴロ内野安打・盗塁も、けん制にひっかかり二三塁間の狭殺で一死。先頭に還ってカズト投フライで二死。コウキ二遊間のポテンヒットとなるも、暴走で二塁タッチアウト。勝とうとする気持ちが空回りの連続で無得点。4回表、先頭の2番を三振で一死とするも、次打者5ゴロ悪送球で三進、4番6ゴロエラーで1失点。5番中前ヒットで2点目。後続を投ゴロ、三振とするも、このままでは本当にコールド負けだ。裏、コウヘイ四球、カズマ投ゴロだが、コウスケ6ゴロ内野安打でいよいよ反撃か。しかし、マー投ゴロで三塁フォースアウトで二死。リク5ゴロで無得点。5回表、8番からの攻撃は8フライ、6フライ、四球、4内野安打、9フライで無失点に抑える。裏、何とか得点したいドラゴンズ。リクト四球、シュンスケ中前ヒット(これが何と初ヒット)、カズトキャッチャーフライで一死。コウキ4ゴロ併殺打。しかし、この間にランナーが還りようやく1得点。6回表、先頭4番が6ゴロ内野安打・盗塁で三進、次打者6ゴロ本塁悪送球で1失点。投フライで一死。5ゴロ内野安打で2点目。一塁けん制が悪送球で走者三塁へ。このあたりで父母会長の「やる気あるのか」の怒声が飛ぶ。後続は四球、投ゴロ本塁アウトで二死も、1番四球で二死満塁のピンチ。しかし、次打者3ゴロで何とかしのぐ。裏、泣いても笑っても最終回。得点差はあるが、ガンバレ!ドラゴンズ!祈りが通じたか、先頭コウヘイ右中間三塁打、カズマ右前ヒットで1得点。コウスケ右前打も二塁フォースアウトで一死。マー投ゴロ、リク4ゴロでゲームセットとなりました。

同じ子供会チームなのに、この点差は「どうしても勝ちたい」という強い気持ちがプレーに出ないことが要因か。先週の試合と違って、四球や肝心なところでのエラーや悪送球とまるっきり締まりのない試合でした。さらにそうした場面で、長短打を浴びて相手の一方的な展開となりました。これで春の研修リーグの試合は終了。勝利も昨年と同じ4勝しかできず。今月末からは秋の大会が始まる。「勝とう」という気持ちを強く持ち、真剣に練習して秋の試合に臨もう。ガンバレ!ドラゴンズ!!

 

 

 

 

★平成19年8月26日(日)11時03分〜12時40分頃 晴

練習試合            川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 1 0 0  

松が谷A 2 5 0 5 0   12

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒コウキ(4回〜)   C:コウスケ⇒コウヘイ(5回〜)

【試合経過】

今日は試合が1試合だけだったので、試合終了後、練習試合を行いました。いつもと違う守備位置を試したりして、なかなか見どころのある試合でした。

初回、ツバサ3ライナー、コウタ・ユウヒ三振で無得点。裏、左前ヒットをコウタが頭を越され二塁打とする。二番は投ゴロとするが、初めてファーストに入ったマーが捕球ミスで生かし、盗塁されて、いきない無死二三塁のピンチ!しかし、ここで三番のスクイズが投手ライナーとなり、シュンスケが慌てず三塁に送球ダブルプレーとする。四番も6ゴロにおさえ、チェンジかと思いきや、マーが再び捕球ミスで1失点。5番には左前ヒットを打たれ、2点目を許す。コウキもそうだったけど、初めてのファーストは難しいね。2回表、シュウヘイ三振で一死後、マーが左前ライナーヒット、コウキが三遊間を破るヒットでチャンスを作るが、リクト見逃し三振、シュンスケ4ゴロで無得点。裏、ストレートの四球、犠打の後、九番に左前ヒットで1点、一番も左前ヒットで2点目、二番のサードの小フライをリクトがファインプレーでキャッチ二死とする。しかし、三番には三塁線を破る二塁打を打たれ3点目、四番には溜息が出る中越二塁打を打たれ4点目、五番には右越二塁打で5点目を許す。続く6番の一塁ファールフライをマーがお手玉しながらも何とかキャッチし、ようやくチェンジ。3回表、九番コウスケが三塁線を破る痛烈な二塁打、ツバサは3ゴロ、コウタのいい当たりも3ライナーとなり二死。チャンスがつぶれそうに見えたが、三番ユウヒの高い4ゴロが内野安打となる間に1点を返す。裏、先頭七番を三振、八番を死球で出すが、九番を6ゴロで二死、一番の難しいセンターフライをツバサがファインプレーでキャッチ、この回無失点。4回表、マーが左前にクリーンヒット、コウキが三遊間ヒット、リクト四球で無死満塁の大チャンス。しかし、シュンスケの当りはゲッツーにお誂えむきの4ゴロ、4−2−3のダブルプレーと思ったら、一塁送球の間にホームを狙った二塁ランナーのコウキまでアウトになり、一瞬にしてチェンジとなりました。狙いは良かったが、相手はミスしませんね…。裏、投手がコウキに交代。先頭の二番はバウンドが高い投ゴロだが、打者の足が速く内野安打とされる。続いて、右前ヒット・中前ヒットと続けられ、2失点。五番の当りは6ゴロかと思われたが、シュンスケのグラブの下をかすめ中前に。続く六番の正真正銘の6ゴロは今度は送球がそれて生かし、3点目を許す。七・八番は三振にとり二死とするも、九番は6内野安打で4点目。一番に帰って暴投で5点目、一番を三振にとりようやくチェンジ。5回表、コウスケ6ゴロ、ツバサも6ゴロで二死。コウタの当たりはセンターに抜けるかというナイスバッティング。しかし、ショートが横っとびで捕球し素早く送球で三者凡退。ショートうますぎるぞ。裏、コウキも先頭二番を6ゴロ、三番を三振、四番は四球とするも、五番6ゴロと無失点に抑え、練習試合終了となりました。

いつもと違うポジションでの守備ですから、ミスも仕方ありません。むしろ、積極的にプレーして失敗して覚えた方がプラスになります。普段試合にあまり出ていない選手も出て、違うポジションを守ってこの結果は十分に成果があったと思います。いいプレーもいくつかありました。反省点もありました。これからもガンバレ!!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

★平成19年8月26日(日)9時18分〜11時45分頃 晴

公式戦(研修リーグ第15戦) 川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0 0 

松が谷A 1 1 0 0 4 1× 

【バッテリー】 P:コウヘイ   C:カズマ

【試合経過】

惜しかったとは言いませんが、点差ほどのの開きはない引き締まった試合でした。

初回表、先頭カズトは5ゴロがサードの悪送球となり二進、捕逸で三進、いきなり先制チャンスを迎えたところに、今度は暴投、やったー先制だと思ったら、カズトが途中で止まってしまい、三塁タッチアウトとなりました。自分の足とボールの位置を考えてしまったのかもしれませんが、積極的にいってほしかった。もったいなかった。続くコウキは4ゴロで二死。しかし、コウヘイ中前ヒット、カズマ右前ヒットで再びチャンス到来。とここで、カズマがスタート、コウヘイはスタートせず遅れてスタート、三塁タッチアウトでチェンジとなってしまいました。サインの見逃しか?相手投手が制球に苦しんでいた初回に先制できなかったのが痛かった!裏、松が谷の先頭打者が放った左前ヒットはレフトが頭を越されてしまう。打者走者は二塁を蹴って、大きくオーバーランしたところで、外野からボールが返球され、二三塁に挟んでタッチアウトとする。次打者は4ゴロで二死、三番を四球で歩かせ、盗塁で二進後、四番にショート横を痛烈に破られ先制点を許す。続く五番の5ライナーをはじき、一塁送球するも内野安打となり、その間に一塁ランナーは三進、打者走者もランダンプレーに失敗し二進で、二死二三塁のピンチ。しかし、次打者を落ち着いて6ゴロに仕留め、1点に抑える。

2回表、コウスケが左前ヒットで出塁し、マーもいい当たりを放つも、6−4−3のダブルプレーとなってしまう。リク四球も、リクト三振に倒れ無得点。裏、七番に中前ヒットを打たれ、なおかつ頭を越されて三進される。捕逸で労せず1点献上。しかし、後続を4ゴロ・4ゴロ・投ゴロで抑える。3回表、散ドラもツバサ4ライナー・カズト4ゴロ・コウキ投ゴロで三者凡退。裏、5ゴロ・三振で二死とし、四番に中前ヒットを打たれるも、五番を4ゴロに打ち取り無失点に抑える。4回表、コウヘイ四球で出塁するも、カズマの当りは4−6−3のダブルプレー。今日二つめです。コウスケも5ゴロに倒れ無得点。裏、先頭六番を6ゴロで一死、次打者に中前ヒットを打たれ、盗塁・犠打で三進、しかし次打者を投ゴロに抑え、無失点。5回表、マー・リクが5ゴロ、リクト四球のあと、ツバサに代わってセンターに入ったシュスケが三振と、散ドラはホームが遠い。裏、先頭一番をファールで粘られ四球を許すと、すかさず盗塁。しかし、ナイスけん制でアウトにしてピンチを脱出と思いきや、次打者に中越二塁打を打たれ、三番の投ゴロで三進、しかしツーアウト。今日のコウヘイなら大丈夫と思ったが、疲れの見え始めたコウヘイの球は切れをなくし、高目に浮き始める。四番打者から中越二塁打、中前ヒット、左前ヒット、右前ヒットと四連打を浴び、4失点。この失点が痛かった。6回表、カズト3ファールフライ、コウキ投ゴロで二死、三番コウヘイは今日二安打目となる右中間ヒットを放つも、カズマが5ゴロに倒れ無得点。裏、先頭九番に中前ヒット・盗塁、一番は5ゴロに仕留めるも足が速く内野安打、二番は死球で無死満塁のピンチ。三番に左前ヒットを打たれ1点追加された時点で、規定によりコールドゲームとなり、試合終了。

結果はコールドですし、散ドラは無得点ですから、惜しいとは言えませんが、今日は四球もエラーも少なかったです。そうすると、このような引き締まった試合になります。打撃面でもセンターへのヒットを6本、全部で14本打った松が谷に比べると、散ドラは4本と見劣りはしますが、三振は2つと少なく、やや速めのピッチャーですが、何とか当てていました。ダブルプレーを2つもとられたのはショックですが、何とか食らいついて当てていれば、チャンスも生まれます。これで、研修リーグ春季大会も残すところ1試合。この半年の練習・合宿の集大成だと思って、ベストプレーを見せてくれ!ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

★平成19年8月19日(日)1300分〜1415分頃 晴

公式戦(新人戦3回戦) 滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0    

北八王子エース 4 6 5×     15

【バッテリー】 P:コウキ⇒シュンスケ(2回〜)   C:カズマ

【試合経過】

残念ながら完敗です。ただ、言い訳するわけではありませんが、もっといい状態で試合をさせたかったなあと思います。「散ドラ諸君がベストの試合をすれば勝つチャンスはある」と前に書きましたが、今日はベストには程遠かったと思います。去年よりは早く寝たようですが、それでも普段よりは夜更かしで、普段よりはかなり早起きして、しかも急に暑さがぶり返し、皆体が重かったようです。コウキも昨夜なかなか寝られずかなりの睡眠不足だったのと、お盆休みで練習がなかったせいもあり、体がまったく切れていませんでした。が、しかし、散ドラ諸君がベストの状態だからといって勝てるとは言えません。でも、ベストの状態で北八とどれだけ戦えるのか見てみたかったと思います。

1回表、カズトが四球で出塁するも盗塁失敗で一死、リク投ゴロで二死、しかしコウキ・カズマが連続四球、暴投で二三塁のチャンス到来。しかし、惜しくもコウスケが5ゴロに終わり無得点。裏、コウキも先頭打者を四球で許し、けん制悪送球・盗塁で三進。二番は5ファールフライで一死とするも、三番はストレートで四球。四番を迎え暴投で先制点を許した後、四球を与える。5番はレフトフライで二死とするが、6番も四球で二死満塁。次打者は6ゴロでチェンジかと思ったが、ショートがはじき2点を許し、暴投で更に1点を与え、8番を三振にとってチェンジとなる。

2回表、リクトが死球・盗塁などで三塁まで進むが、三振二つと投ゴロで0点に終わる。裏、先頭打者をストレートの四球・盗塁、先頭に戻り、鋭いゴロをショートが一瞬はじく間に内野安打・盗塁で無死二三塁。次打者も四球で満塁。三番は三振にとり一死とするも、四番も四球で押し出しの1点。次打者の時、パスボールで更に1点を追加された後、レフト横を抜かれ2者が還り、レフトから三塁への連携ミスで打者走者も生還、ここまでで5点を失う。ここで投手がシュンスケに交代。6番には左前のテキサスヒットを打たれるが、次打者も左フライに打ち取り二死とする。盗塁で三進後、8番の左前ヒットを打たれ1点を許すが、9番を6ゴロに抑える。

2回で10点を取られ後がない散ドラの3回表、カズト・リクの連続四球でチャンスを作るが、クリーンナップが5ゴロ、三振、投ゴロで0点に終わる。裏、先頭打者を四球・盗塁、次打者の犠打が内野安打、続いて盗塁で二三塁、三番死球で満塁。四番を迎え、暴投で三塁走者が生還、捕手から投手への連携ミスで二塁走者も還り2点を失う。四番〜六番は連続四球、この間パスボールで更に1点を失い、七番も四球で押し出し。合計14失点。あと1点でコールドとなる絶対絶命の場面だが、無死満塁のピンチで迎えた8番打者に中前ヒットを打たれ1点を失った時点で、3回15点差の規定により、コールドゲームで試合終了となりました。

ベストの状態ではないとはいえ、はっきりいって自滅です。コウキもシュンスケもまだまだ自分のフォームが固まっていないので、ちょっとコンディションが良くないと四球が多くなります。今日は死四球13個で、野手の飛んだボールもショートとレフトばかりで、他の野手は守備機会が殆どありませんでしたが、守備でも北八との基本の差は歴然でした。北八の選手はいちいち「足を動かせ、集中しろ」なんて言われていなかったよね。走塁でもそうです。次の塁をうかがう姿勢、スタートのタイミングなど、散ドラの数段上を言っています。バッティングもそうです。しかし、相手は来年も戦う相手です。散ドラ諸君が今後真剣に練習すれば、追いつくことは出来ると思います。来年に向けてガンバレ!散ドラルーキー!

 

 

 

☆平成19年8月5日(日)1246分〜1430分頃 晴(うだるような暑さ)

公式戦(新人戦2回戦) 滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 14 7 11     32

由木東ワイルドキッズ 1 1 0    

【バッテリー】 P:コウキ⇒シュンスケ(3回〜)   C:カズマ

【試合経過】

仕切り直しの新人戦です。前回のようにいかないとの嫌な予感ときっと勝てるという気持ちが交錯する中スタート。予想通り、由木東は投手を代えてきました。

初回、カズト・リクが連続四球。打ち気にはやったコウキが2ストライク後ファールで粘り、飛んだコースがよく左前ヒット、2点を先制!カズマ・コウスケ連続四球で、6番マーの右前ヒットで2点追加。先週からのいい流れが続いているぞ。捕逸で三進、リクト四球・盗塁後、2塁けん制アウトの間にマーがホームイン。ツバサ死球、シュンスケ・カズト四球、暴投でツバサホームイン。リク死球でなおも満塁のチャンスに、コウキの当りは左翼を抜け、満塁ランニングホームランとなり、4点追加。これで11点。カズマ四球・盗塁で三進、コウスケ5ゴロで二死となるも、1点追加。マー四球・盗塁で三進、リクト四球で一三塁。相手投手の三塁へけん制と見せかけての一塁けん制にリクトがひっかかるも、これが暴投となり、マーが楽々ホームイン1点を追加。続く、ツバサは4ゴロだが送球を一塁がエラーし1点追加。続く、シュンスケが5ゴロに倒れ、30分以上に及ぶ攻撃がようやく終了。14点を先制しました!!!!

初回裏、先発コウキは先頭打者を三振と絶好の立ち上がり。続く2番の左打者の思ってもみない三塁線の当りに驚いたか、カズトがトンネル、それを見て驚いたか左翼リクトもトンネル、中継がもたつく間に三進される。次打者四球・盗塁で二三塁のピンチ。四番は4ゴロに仕留めるも、その間に1点を失う。次打者も四球とするも、6番を三振に切ってとり、1点で初回を抑える。

2回表、カズト・リクが四球・盗塁で無死二三塁のチャンス。けん制悪送球で労せず1点追加。続くコウキの左越二塁打で1点追加、暴投で三進後、捕逸で突っ込むが惜しくもタッチアウト。カズマ四球・盗塁・暴投で三進後、コウスケの投ゴロの間にホームイン。続く、マーはセンター横を抜ける三塁打、捕逸で1点追加。リクト・ツバサ連続四球後、シュンスケの右中間二塁打で2点追加。シュンスケも盗塁・捕逸で1点追加。カズトが三振に倒れるが、この回7点を追加。

2回裏、先頭打者を投ゴロとし一死とするも、下位打線に連続死球。1番を三振とし二死とするも、2・3番を連続四球で押し出しで1点を与える。四番は投ゴロに抑え、この回も1点で抑える。

3回表、由木東は投手が交代。先頭リクは投ゴロで凡退、コウキもまるっきりタイミングが合わず三振するが、振り逃げで出塁。カズマの三遊間ヒットで三進、カズマも盗塁で二三塁。コウスケの投ゴロエラーの間に1点追加。続くマーの内野フライが投・遊・二塁間のポテンヒットとなり、更に1点追加、捕手が二塁へ送球する間に更に1点追加。続く、リクトは打撃妨害で出塁、盗塁で二三塁から、捕逸でマーが生還1点追加、代打シュウヘイは四球。シュンスケの5ゴロ内野安打の間にリクト生還1点追加、先頭カズトの右前ヒットで2点追加、代打ユウヒは三振に倒れ二死となるも、コウキの打球は顔はレフトで球はライト前に飛び、1点追加。カズマ投エラーで出塁、コウスケは三塁線の惜しい打球を放つが結局四球で出塁、この間捕逸でコウキ生還で1点追加。マーも四球で出塁、満塁の場面で捕手から一塁悪送球で2点追加、この回11点をあげる。

3回裏、コウキは先頭の5番打者を2−2から四球を与え、次打者初球をボールとしたところで、シュンスケに交代。三振に切って取り、次打者は死球で出すも、捕手から一塁へのけん制で刺して二死とし、8番も三振に切って取り、ゲームセットとなりました。

ということで、心配は杞憂に終わり、新人戦初戦(2回戦)は見事勝利!!!おめでとう散ドラ諸君!しかし、これに満足せず、次を見据えてガンバロウ!次の相手は、つくしか北八ですが、いずれも因縁の相手です。今日の試合は、相手の敵失によるところが大きく、次からは今日のようにはいきません!気を引き締めて、勝ち進め!!散ドラルーキーたち。

 

 

 

 

平成19729日(日)1220分〜1320分 曇(暑い)⇒涼しくなり激しい雷雨

 ≪参考(雷雨で中止)≫ 公式戦(新人戦2回戦) 滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 25       25

由木東ワイルドキッズ 2      

【バッテリー】 P:コウキ   C:カズマ

【試合経過】

いよいよ新人戦のスタートです。5年生以下が緊張しきっていた昨年と違い、今年は試合慣れして皆落ち着いています。

初回、カズト・リク・コウキ・カズマが4者連続四球で出塁、それぞれ盗塁・暴投で進塁3点を先制!コウスケは力んで三振に倒れるも、マーも四球を選び、リクトの6ゴロ内野安打を三塁へ悪送球、2点を追加。ツバサ・シュンスケも四球、一巡しカズトは死球、それぞれ盗塁・暴投で生還し4点追加。続くリク・コウキも四球で出塁、四番カズマの左前クリーンヒットで2者生還、2点を追加。コウスケ四球、マー死球、リクト四球、ツバサ四球で押し出しで1点追加。シュンスケの5ゴロが内野安打となる間に、マー・リクトが生還2点追加。二巡し先頭カズトも四球、続くリクが自分の打球に当たる不正打撃で二死となるも、三番コウキが左線二塁打で走者一掃で3点追加。続くカズマが今度は右中間二塁打で1点追加。盗塁で三進後、暴投で飛び出し三本間に挟まれるも生還し1点追加。コウスケ・マー四球後、リクトの右前ヒットで2点追加。ツバサ・シュンスケも四球で出塁、それぞれ暴投で生還し3点追加。三巡し、四打席目となるカズトが、投ゴロとなり四十分以上に及ぶ長い攻撃が漸く終了。大量25点をあげました!!!!!!!!!

裏、先発コウキは長い攻撃でリズムが狂ったか、ボール2つを先行、1−2とした後、鋭い(または振り遅れで)一塁線を破られるが、右翼マーがナイスカバーでライトゴロとする。次打者は5ゴロに打ち取るが送球がそれ生かしてしまう。三番には左中間を破られ、外野を転々とする間にランニングホームランとなり、2点を返される。四番にも中前ヒットを打たれ、五番はボテボテの当りだが、ショート頭を越され、盗塁を絡めて、なおも二三塁のピンチ。しかし、後続はストライク先行で、三振・投ゴロに打ち取り2点で切り抜ける。

散ドラの長い攻撃の終わり頃にいつの間にか涼しくなりはじめ、あたりが暗くなり、守りの時にポツポツき始めましたが、2回表になると本格的な雷雨となり、先頭リクが2ボールとなったところで、試合が中断。猛烈な雨でグランドはあっという間に泥沼に。降雨コールドで勝利かと思いきや、後日再試合となりました。

審判が決めることですから仕方ありません。ダブルヘッダーの第一試合だと思って、第二試合も堂々とした勝利をあげよう!次回もこんなに点がとれるとは限りませんから、気を引き締めていこう。しかし、相手も上位打線はいい当たりを打つけど、下位はそれほどでもないし、守備は散ドラ諸君の方がうまいと思います。気を引き締めて、伸び伸びプレーすれば勝利できます。ガンバレ!散田ドラゴンズ!!!!

 

 

 

 

★平成19年7月21日(土)9時〜10時30分頃  どん曇

 公式戦(研修リーグ第14戦) 川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

恩方スターズ 2 0 2 3 0  

散田ドラゴンズ 0 0 2 0 0  

【バッテリー】 P:コウキ⇒コウヘイ(3回〜)   C:カズマ

【試合経過】

本日は管理人不参加のため、またまたO副会長に試合経過をお願いしました。ありがとうございました。あまりに悔しかったので、試合結果は淡々と記してあるそうですが、本当は下の文章の行間に、深いため息や叫び声が入っていることを、散ドラ諸君は肝に銘じてください。

1回表、コウキ三度の先発。しかし、いきなり四球・中前ヒットで1失点。続いて四球のあと、9フライ・三振で二死とするも、続けて二者連続四球で押し出しで1失点。8番を投ゴロでチェンジ。裏、コウヘイ三振、コウキ投ライナー、カズト6ゴロで三者凡退。2回表、四球、投ゴロで一死後、中前ヒットを打たれるも、本塁刺殺で二死、次打者も投ゴロで無失点。裏、コウスケ三振、ツバサ四球・盗塁で二進後、三盗を試みるもアウト、マー三振で再び三者凡退。3回表、先頭打者は5ゴロだが悪送球となり二進、盗塁で三進、パスボールで1失点。次打者も、四球・盗塁2つで三進、パスボールで1失点。後続は、三振・四球・四球・三振2つで何とかしのぐが、この回ノーヒットで2点献上。裏、点差を詰めたいドラゴンズ。リク四球、シュンスケ6ゴロがセーフとなり、カズマの右前ヒットで2点を返す。ひっくり返すぞ!コウヘイ6ゴロセーフで尚もチャンスが続くが、コウキ三振、カズト6ゴロで本塁刺殺で二死、コウスケも投ライナーでチェンジ。4回表、先頭の投ゴロをセーフで生かすと、盗塁2つで三進、またしてもパスボールで1失点。次打者四球で出すも、2塁盗塁阻止で一死、しかし、後続二者連続四球後、2ゴロがセーフとなり1点追加される。次打者も2ゴロで三本間に挟むが、セーフとなり、更に1失点。後続を5ゴロ、三振で切り抜ける。裏、代打シュウヘイ三振、マー4フライで二死後、リク中前ヒットで出塁するも、シュンスケ5ゴロで反撃できず。5回表、やっと肩が温まったコウヘイは、1番からの上位打線を三者連続三振で切ってとる。裏、最後の反撃で逆転したいドラゴンズ。カズマ5ゴロだが一塁エラーで二進、しかし、コウヘイ5フライ、コウキ5ゴロ、カズト死球後、コウスケも5ゴロでゲームセット。

実力差はほとんどなかったと思います。相手のヒット1本に対して、ドラゴンズは2本ですが、四球11個とそれにともなうパスボール(またはワイルドピッチ)の差だと思います。それと、今日もやっぱり打てませんでした。先週が台風でつぶれ久々の試合となり、練習不足が形になって出てしまいました。研修リーグも残り2試合。素振りなどの自主練習を積み上げて、次の試合に臨もう!ファイト!ドラゴンズ!!

 

 

 

 

★平成19年7月8日(日)9時〜10時30分頃  曇

 公式戦(研修リーグ第13戦) 下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

川口アパッチ 2 0 1 0 4 3  10

散田ドラゴンズ 1 0 1 0 0 0 

【バッテリー】 P:コウヘイ   C:カズマ

【試合経過】

本日は管理人不参加のため、またまたO副会長に試合経過をお願いしました。ありがとうございました。

1回表、散ドラの守護神コウヘイのピッチング。投ゴロ、三振と順調なすべりだしだが、三番に左越本塁打を打たれ、1失点。四番にも左越二塁打、次打者の5ゴロエラーで更に1失点。後続を3ゴロに打ち取り反撃に。裏、相手投手の球は速いが、打てるかドラゴンズ。先頭マー三振、二番カズト3ゴロと、反撃ののろしは上がらないか。三番カズマは右前ヒット、けん制エラーで二進。四番コウヘイ6ゴロエラーで、一三塁。コウキ四球で二死満塁。ここでツバサが四球で押し出しの1得点。コウスケは3ゴロで追加点ならず。2回表、6ゴロ・三振・5フライと守護神コウヘイの本領発揮。裏、同点に追いつきたいドラゴンズ。リク四球、シュウヘイ・マーが三振と反撃が出来ない。カズトも5ゴロで、こちらも追加点なし。3回表、6ゴロ・2フライで二死とするも、三番が4内野安打、四番四球のあと、パスボールで1点を許す。後続は三振にとるも、2点差とされる。裏、カズマ三振で一死後、コウヘイ6内野安打。さあ、反撃だ。コウキ6ゴロは野選となり、一二塁にチャンス拡大。ツバサ三振で二死となるも、続くコウスケ3ゴロ内野安打となる間に、コウヘイが還って1得点。リクは三振に倒れるも、再び一点差に詰め寄る。追いつけ、追い越せ、ドラゴンズ。4回表、5フライ・6フライ・三振と三者凡退に切ってとり、追加点を許さない。裏、シュウヘイ三振、代打シュンスケ三振、カズト6ゴロとこちらも三者凡退。

5回表、ここで試合が動く。一瞬のミスが命取りとなる。先頭九番の5ゴロを一塁エラーで生かし、二進。後続を四球、投内野安打で無死満塁の大ピンチ!!!三番を四球とし、押し出しで1失点。更に、一塁けん制を一塁手がぼーとしてそらし1失点。更に6ゴロが一塁エラーとなり、2失点。コウキは疲れているのか?(管理人談:疲れは言い訳になりません!)。後続を5ゴロ・2フライ・6ライナーで漸くチェンジも、この回内野ゴロだけで4失点。裏、本当に1点でも、2点でも追加点がほしいドラゴンズ。カズマ6ゴロ、コウヘイはナイスバッティングも野手正面で7フライ、コウキ投フライで、無得点。6回表、5ゴロを一塁エラーで生かし、四球・三振・四球の間に1失点、三番には左越二塁打を浴び、更に2失点。後続を5フライ、投ゴロとするも、この回ダメを押される3失点を喫す。裏、ツバサ投ゴロ、コウスケ右前ヒットも盗塁死で二死、リク四球で出塁するも、シュウヘイ三振に終わり、ゲームセットとなりました。

久々のコールド負けです。初回の長打は仕方ないとしても、試合中によそ見をしたり、試合に集中していないことよるエラーでの失点が目立ちました。内容的には、力負けしていません。昨日も書きましたが、チーム一丸となって勝とうという気持ちを持たないと勝てません。残り数試合、精一杯集中して勝ちに行こう。ガンバレ!!散田ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

★平成19年7月7日(土)9時〜10時30分頃  曇時々雨

 公式戦(研修リーグ第12戦) 川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

松が谷B 4 0 0 0 2  

散田ドラゴンズ 3 0 0 0 0  

【バッテリー】 P:コウキ C:カズマ

【試合経過】

本日は管理人不参加のため、O副会長に試合経過をお願いしました。ありがとうございました。

1回表、公式戦2試合目となるコウキの初回。がちがちに緊張している。まるでロボットだ(本人はそこまで緊張してないと口を尖らせていました)。いきなり三者連続四球で、無死満塁の大ピンチ。4番を5フライでアウトとし、少し落ち着きを取り戻すが、次打者の5ゴロをファンブルし、1失点。左前ヒットでさらに1失点。7番4ゴロエラーで2失点。まずい、まずいぞ。ガンバレ!コウキ!8番を投ゴロ、9番を三振にとり、打者一巡の長い守備が終わる。裏ドラゴンズの攻撃。さあ、反撃だ!コウヘイは三振に倒れるも、コウキ・カズト連続四球、ユウトは三振に倒れるも、コウスケ4ゴロエラーの間に1点、ツバサ四球で二死満塁のチャンスに、マーの右前ヒットで2得点、やったー。リク四球も後続倒れる。1回の表裏で、約40分経過の打撃戦でした。

2回表、普通になったコウキの投球は、三振・3ゴロ・四球・3ゴロで追加点を許さず。裏、コウヘイ4ゴロ、コウキ中前ヒットも盗塁死、カズトも投ゴロで三者凡退。3回表、9フライで一死後、レフト前のフライをショートのコウスケが追いつき、ダイビングキャッチのファインプレーで二死。続く7番を三塁ライン際の強烈な打球で生かし、盗塁・暴投で三進。しかし、8番を三振にとり、チェンジ。危ない、危ない。裏、追加点がほしいドラゴンズ。ユウト・コウスケが投ゴロで二死、ツバサ四球で出塁。ここで頼むぞマー。基本に忠実なスイングでセンターライナーを放つも、中堅手のダイビングキャッチのファインプレーで惜しくもアウト。これが抜ければ、追加点のチャンスだったのに。4回表、コウキにエンジンがかかってきた。三振・投ゴロ・三振と三者凡退に抑える。裏、時間も残り少なく、どうしても追加点がほしいドラゴンズ。頼むぞ。リク・カズマが連続四球、コウヘイ投ゴロで一死となるが、二三塁の得点機。ここで、パスボールかと思い飛び出したリクが刺されて二死となる。頼みのコウキも、8フライで得点ならず。

5回表、ここで試合が動く。松が谷の怒涛の反撃。先頭打者の左前ヒット、次打者8フライで一死後、5番に右中間三塁打を浴び、1失点。ワイルドピッチで更に1失点。試合終盤での失点は本当に痛い。次打者は四球・盗塁。続く7番の痛烈な3ライナーは、キャプテンコウヘイが「失点許すまじ」の意地の捕球で二死とする。8番を三振に打ち取る。裏、3得点で同点とし、更に1点入れて勝ち越したいドラゴンズ。打順はクリーンナップ。祈りが通じたか、カズトが右中間三塁打、おし、逆転だ!続くユウトの投ゴロは、相手投手の好判断でカズトを三本間に挟みアウトにする。その間にユウトが進塁すればいいものを、タイミングを逸して、一二塁間に挟まれ、まさかのダブルプレー。期待のコウスケも、3フライに終わり、ゲームセットとなりました。

今日は負けました。しかし、僅差の負けです。春に比べたら、すごくよくなっています。1回の攻防は、本当に手に汗を握りました。勝敗は技術的なものではなく、どうしても勝ちたいと強く願う気持ちの差だと思います。それが最終回の得点の差だと思います。相手チームは最後まで声を出し、応援していたよ。ドラゴンズにはそれが足りないね。ドラゴンズの部員もうまくなっていますが、他のチームもうまくなっているよ。明日も試合!「勝つ」という強い気持ちを持ち、残りの試合を戦おう!ガンバレ!!散田ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

☆平成19年7月1日(日)12時34分〜14時頃  曇時々晴 右翼から左翼への風

 公式戦(研修リーグ第11戦) 川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

みなみ野B 0 3 0 0 3 0 

散田ドラゴンズ 3 0 2 2 0 × 

【バッテリー】 P:コウキ⇒コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

本日は管理人不参加のため、O副会長に試合経過をお願いしました。ありがとうございました。

1回表、公式戦初登板のコウキの初回は、5ゴロ、三振2つと抜群の立ち上がりで、新人戦に向けて順調な滑り出し。裏、コウヘイ四球、コウキ右前ヒット、カズト4ゴロの間にコウヘイホームインで先制。ユウトの6ゴロが内野安打となる間に更に1得点。コウスケ・ツバサ連続四球で満塁。マーの6ゴロは本塁アウトとなるも、次打者のパスボールでコウスケがホームインし、3点目。2回表、4・5番に連続中前ヒットを打たれ、1失点。このあたりからコウキがいらだち始め、審判にしっかり静止して投げるように注意を受ける。6番は四球とし、次の打席で三塁への送球が三塁・左翼のダブルエラーとなり、更に2失点。しかし、後続を三振2つと6ゴロで何とかしのぐ。裏、カズマの外野への当りは野手の正面で8フライ、コウヘイが意地の右前ヒットを放つも、コウキ5ゴロ、カズト四球、ユウト5ゴロで無得点。3回表、落ち着きを取り戻したコウキのピッチングは、三振、6フライ、四球、6フライで無得点に抑える。裏、追加点が欲しいドラゴンズは、コウスケ5ゴロ、ツバサ6ゴロも一塁エラーで出塁。マーが6内野安打で一死一三塁と反撃ののろしを上げる。リクの打席で、捕手の三塁けん制を三塁がエラーし、ツバサ・マーがホームインして、2点を追加。4回表、ここから守護神コウヘイにスイッチ。6ゴロ後、4ゴロエラーで生かすも、後続を2者連続三振で無得点。裏、コウヘイ四球、コウキ6内野安打でチャンスを作ると、カズト6ゴロの間に1得点、更にホームへの送球がボールデッドとなり、コウキも還って更に1点を追加。ユウトは3フライに倒れ、コウスケの痛烈な当りは惜しくも6ライナーでチェンジ。5回表、みなみ野の怒涛の反撃が始まる。先頭打者が5内野安打、次打者は三振に取るも、3番の中前ヒットで1失点、4番には右中間三塁打を打たれ更に1失点、ここでコウヘイが焦ったのか、三塁けん制エラーで更に1失点。ついに1点差まで詰め寄られる。ここを踏ん張れ。続く5番はカズマのミットがバットに当たり打撃妨害、続く6番は投ゴロだが、無理な体勢からの送球で悪送球となり生かす。次打者の投ゴロで本塁刺殺で追加点を与えない。次打者は死球とするも、後続を投ゴロで何とか踏ん張る。なんとしても追加点がほしい5回裏のドラゴンズ。代打リクトは3ゴロ、マー四球・盗塁、代打シュンスケ5ゴロ後、マー三盗するも、カズマは4ゴロに倒れ、無得点。ここを守り切れば勝利となる6回表、先頭の1番を四球とするが、次打者の強烈な投ライナーをコウヘイが倒れながらも顔の前で捕球し、一塁へ送球しダブルブルーとし、ピンチを逃れる。続く3番の7フライをユウトがしっかりキャッチし、ゲームセット。見事4勝目をゲットしました。

辛勝でも勝ちは勝ちです。今日もヒットらしいヒットは2本だけということで、課題は打撃だね。新人戦では今のままでは勝てないと意識し、残り一ヶ月もないけど、得点できる打撃をおぼえよう!!!

それはそれとして、今日は、「勝ったどー、4勝目!おめでとう!散田ドラゴンズ!!!」。

 

 

 

 

 

★平成19年6月24日(日)9時〜10時30分頃  曇

公式戦(研修リーグ第10戦) 椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 1 0 1 0  

横川スーパースターズ 1 0 0 1 1  

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

本日は管理人不参加のため、O副会長に久々の試合経過をお願いしました。

1回表、コウヘイ左翼エラー、マー四球、カズト5直エラーで無死満塁で、早くもチャンス到来!しかし、ユウトの8フライにコウヘイが飛び出し、ダブルプレー。コウスケも投ゴロに倒れ、チャンスを生かせず。裏、5ゴロ、投ゴロと順調な滑り出しだが、3・4番に連続左前ヒットを打たれた後、次打者の内野フライを三塁・投手のお見合いで生かし、先制点を許す。1点を追う2回表のドラゴンズは、ツバサが四球で出塁後、三振・4フライで二死となり、カズマも投ゴロとなるが、連携ミスでセーフとなり、その間にツバサがホームインし、同点とする。裏、コウヘイのピッチングが冴え、三振・4ゴロ・5ゴロで三者凡退に打ち取る。3回表、散ドラも投ゴロ・8フライ・三振で三人で終了。裏、コウヘイ気力のピッチングで、5ゴロ・6ゴロ・四球・三振と得点を与えず。試合が動いたのは、4回表ドラゴンズの攻撃。コウスケ・ツバサが連続四球、コウスケが盗塁で三進、次打者三振・パスボールの間にコウスケがホームインで逆転に成功!ツバサも三塁へ。尚も一死三塁のチャンスで、リクの投ゴロにツバサが本塁突入アウトとなり、惜しくも追加点ならず。裏、5・6番とも、いつもなら簡単にアウトにとれる5ゴロだが、2回連続ファンブルしセーフとなる。次打者4ゴロの間に1点を許し、同点とされる。しかし、次打者投ゴロで本塁アウト、5フライで後続を断った。何としても追加点がほしいドラゴンズ!シーソーゲームを制することが出来るか。5回表、カズマ四球、コウヘイ中越二塁打で、本日2回目の無死での得点圏。ここでどうしても追加点がほしいが、次打者三振、カズトは死球で一死満塁。まだ続く得点のチャンスに意外性の男4番ユウト登場。何とか追加点との祈りも通じず、3フライに倒れ、頼みのコウスケも三振。惜しくもチャンスを逃す。裏、三巡目で目が慣れたのか、先頭打者に左中間二塁打を打たれるも、後続を5ゴロ・投フライに打ち取り二死。終了の時間が迫る中、早くチェンジし、次の攻撃に移りたいが、続く4番の8フライがエラーとなり、1失点。続く5番も左前ヒットで尚も一三塁の大ピンチも、次打者を三振に打ち取った。しかし、惜しくもここで時間切れで試合終了となりました。

いい試合を試合をしていただけに、チャンスに追加点を取れなかったことが残念でなりません。試合終了後、学校で打撃の練習をずーとしていたとか。守備はどうにかなってきたが、野球は点取りゲームだから、打てないと得点出来ません。日頃から素振り、トスバッティングを真剣に行い、チャンスの時にはきちんと得点出来る打撃力を培おう。次はガンバレ!!!散田ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

★平成19年6月17日(日)10時25分〜11時35分 晴・右翼から本塁方向の風

公式戦(研修リーグ第9戦) 大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0  

みなみ野A 3 0 4 1 ×  

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

1回表、先頭コウヘイが右前ヒット・盗塁後、マーは投手エラー・盗塁で、いきなり無死二三塁のチャンス。しかし、一死後ユウトの投ゴロの間にマーが三塁に向かい、押し出されるようにコウヘイが本塁突入アウトとなり、チャンスをつぶす。気持ちは分かるが、常に前のランナーや状況を見ながらプレーしよう。散ドラに流れがきそうだっただけに痛かった。裏の守りは、先頭打者を三球三振にとる絶好の立ち上がり。しかし、次打者のライトへの浅いライナーを捕れずに生かすと、盗塁・捕逸で三進、3番の左ライナーヒットをレフトが抜かれ(エラー)、打者走者までホームインし、2点先制される。続く、4番は中ライナーヒットだが、今度はワンバン後、頭の上を越された上、中継ミスの間にホームインされ、3点目。次打者は、一二塁のお見合いでポテンヒット・盗塁、続く6番のショート深い当たりは間に合わず内野安打、しかし、本塁突入した二塁ランナーを6−3−2と刺して二死、8番を投フライに打ち取りようやくチェンジ。2回表は、二者連続三振と5ゴロで三者凡退。裏、コウヘイも5ゴロ二つと6フライで三者凡退に打ち取る。しかし、散ドラは3回表も三振二つと6ゴロで三者凡退。相手投手の速い球になかなか突破口が開けない。裏、先頭を三振にとるも、二者連続四球後、左前ヒットで1点、次打者9フライで二死とするも、7番に左中間三塁打を打たれ更に2点追加され、ワイルドピッチで更に1点を許す。次打者は一本間のファールフライ。普通に捕れる打球だが、コウキの反応が遅れ超ファインプレー(?)となってようやくチェンジ。何とか反撃に転じたい散ドラだが、4回表もカズトの四球のみで、ほかは6ゴロ・9フライ・投ゴロで無得点。裏、先頭打者は5ゴロで一死とするも、一番にかえって左越二塁打を打たれ、ワイルドピッチで三進、6ゴロの間に1点を追加される。続く3番は三遊間ヒットで単打のはずが、反応しなかったレフトが抜かれ、打者走者は一気に三塁へ。そのまま三塁を蹴って本塁に向かうが、中継プレーでホームで刺して追加点を許さなかった。このまま点が入らなければ、負けとなるドラゴンズの5回表の攻撃も、コウキの四球のみで、三振2つと投ゴロでゲームセットとなりました。

相手は強豪みなみ野ファイターズAですが、逆立ちしても勝てない相手ではありません。今日は課題だった外野守備の悪い点と、内野でも前から何度も言われている消極的プレー(人任せにして自分で捕りにいかないプレー)が出ました。また、打撃でも少し球が速いと言っても、ヒット1本で三振を6個も取られれば、勝てません。今日は中継プレーや6−3−2でアウトにした場面など、いくつかは練習通りのプレーも出ましたが、課題の方が多い試合でした。研修リーグも既に折り返しを過ぎました。残りの試合に向けて、もっと貪欲(どんよく)にガンバレ!!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

★平成19年6月10日(日)8時53分〜10時30分 曇りのち雨(ゴロゴロ)

公式戦(市長杯2回戦)※1回戦シード 滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 2 1 0  

下柚木アローズ 5 1 0 2 1  

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

1回表、先頭コウヘイはショート後ろに落ちるポテンヒットで出塁、一死後カズト四球、盗塁で二三塁の好機も後続が倒れ、0点。裏、二者連続四球、盗塁・捕逸で二三塁とされ、次打者は6ゴロかと思われたが、グラブの下を抜かれセンター前へ。2点を先制される。続く4番は中前への浅い当りでショートが追いつくも、落球。5番はセカンド後ろのポテンヒットで満塁。ここで三塁けん制悪送球で3点目、4ゴロの間に4点目、再び三塁けん制悪送球で5点目と、1回裏がすべてでした。2回表は、ツバサ四球、コウキ右前ヒットでチャンスを作り、内野ゴロ2つでランナーが入れ替わり、コウヘイの左前ヒットで二死満塁のチャンス。しかし、ワイルドピッチで突っ込んだリクが本塁刺殺で無得点(残念!)。裏、9番を追い込んでから中前クリーンヒットで生かすが、好けん制で一死とする。続く1番には左線を痛烈に破られ本塁打で1点を追加され、四球・5エラーでなおも一二塁のピンチ。しかし、ここで浅いライトフライをマーがチャッチし、一塁送球でダブルプレーを完成、ピンチを免れる。3回表、先頭マーがタッチを焦った投手のエラーで出塁、カズト四球、ユウト投ゴロの間にそれぞれ進塁、コウスケ4ゴロで1点を返す。ここから相手投手の制球が乱れ、ツバサ・コウキ・リクと三者連続四球で更に1点を追加する。裏、先頭打者を5ゴロに仕留めるも、一瞬の送球遅れで内野安打で生かす。しかし、再び好けん制でアウトにし、相手の攻撃の芽をつむ。次打者を四球とするも、7番を6ゴロで二死とし、体格のいい8番の当りは、東京ドームの天井に当たるかという高い内野フライ。これを一塁コウキが好捕し無得点でしのぎました(本人いわく「入った」そうです)。4回表、コウヘイ四球・盗塁、一死後、カズトのボテボテゴロを投手がファンブルし出塁、ユウトの4ゴロの間にコウヘイが生還し、1得点。コウスケ四球でなおもチャンスだが、飛び出したカズトが挟まれチャンスをつぶす。裏、先頭打者の6ゴロをファンブル、続く1番の右越二塁打で1点、2番の犠打をファーストが悪送球し2点目。しかし、カバーしたマーが打者走者をセカンドで刺して一死とする。続く3番の当りは平凡な右フライと思われたが、前進し頭を越され二塁打とする。しかし、後続を6ゴロ、投ゴロに抑える。そろそろ時間がない5回表、ツバサが悪送球で出塁、コウキ5ゴロで走者が入れ替わり、リクの左前ヒットで一死一三塁のチャンス。続くカズマの投ゴロで、一塁送球の間にホームを狙ったコウキだが、投手に気づかれ本塁アウトで二死。続くコウヘイはライトへ痛烈な当りを放つも、ライトがしっかり捕球し、ライトゴロに終わる。裏、先頭四球の後、二死までとったが、ワイルドピッチで1点を許し、雨が強まり、四球を出したところで、降雨コールドとなりました。

今日はいいプレーもありましたが、9人それぞれに守備の課題もありましたネ!また、走塁でも次を狙う動きが出来てきたことは良い点ですが、結果的に判断ミスでチャンスをつぶしました。強いチームになるために「もうひと頑張り」というところです!ガンバレ!散田ドラゴンズ!

 

 

 

 

★平成19年5月27日(日)11時50分〜13時30分 晴・風なし・暑い

公式戦(研修リーグ第8戦) 由木西小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

中郷イーグルスA 2 0 5 4 4   15

散田ドラゴンズ 4 3 1 0 0  

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

野球に「たら」「れば」はありませんが、いや〜惜しかった!二敗しているとはいえ、格上の強豪中郷Aに一泡吹かせるチャンスでした。しかし、やはり「たら」「れば」はなく、これが今の散ドラ諸君の実力です。でも、みんな少しずつですが、成長しています。まだまだ、強豪との戦いはあります。次こそ大物食い目指して頑張ろう!!!

1回表、中郷先頭打者の5ゴロを弾いて、一塁へ投げるも間に合わず。盗塁・捕逸で三進後、4フライで一死。次打者は投ゴロに抑えるも、一塁エラーで1得点を許す。四番は左フライで二死。次打者中前ヒットで2点目。裏、中郷先発左腕は制球が定まらず、コウヘイ・マーが連続四球、暴投で二三塁のチャンスにカズトの当りは4ゴロも悪送球で、2得点で同点。続くユウトの投ゴロでカズト三進、コウスケの右直二塁打で3点目。ツバサ四球のあと、コウキの犠打で二三塁のチャンスに、リク右前安打で4点目。2回表は、中フライ・三振二つで三者凡退。流れは完全に散ドラだっ!!!

裏、再び先頭打者のコウヘイは、三遊間内野安打、マー・カズト連続四球で満塁。ここで中郷は投手交代。ユウト投ゴロの間に1点追加。尚も、二三塁でコウスケの投ゴロで、マーが飛び出し二死。しかし、ツバサ・コウキ・リクが三者連続四球で2点追加。完全に散ドラペースだ!このまま突き放したいドラゴンズだが、3回表、二者連続四球のあと、左前安打で1点、けん制で三塁走者を刺して一死とするも、四番に左直二塁打を打たれ2点目。次打者は遊撃コウスケがよくおさえるも間に合わず内野安打。次打者の中前の当りが二塁打となり、更に2点追加され、盗塁・暴投でもう1得点、後続を投フライ・四球・6ゴロに抑えるも、5点を失い同点とされる。裏、ドラゴンズは三度先頭打者のコウヘイ四球・盗塁、マー3ゴロで三進、カズト四球後、盗塁阻止の送球の間にコウヘイ生還、カズトも三進。続く、ユウトの当りは力ない内野フライだが、投手・二塁手・一塁手のお見合いでグランドに落ちる。管理人がユウトに叫んだ「ゴー、ゴー」の声に反応してしまったか、カズトが本塁突入し、アウトになる。申し訳ないっ!!後続が倒れ、1点の勝ち越すに終わる。4回表、中郷も三度先頭打者の一番が三遊間ゴロ。コウスケがよくおさえるも間に合わず内野安打。盗塁・捕逸で三進、投ゴロの間に1点を許し、同点にされる。続く三番に右越二塁打、四番左前安打、五番中前安打、6番右前安打、7番中前安打と5連打され、4点を失う、後続は6ゴロ、3ゴロに抑える。裏、先頭コウキは2ゴロのあと、リクの左線二塁打かという当りを左翼手が好捕、二死、カズマ四球で出塁も、コウヘイが三振に倒れ、この試合初めて無得点。5回表、四たび先頭打者の一番が四球で出塁、けん制捕球エラーで二進、右越三塁打で1点、四球後、左前二塁打で更に2点、続く、5番は5ゴロもフィルダースチョイスで本塁セーフで1点、6番の中前安打で更に1点、後続を断つもこの回も4得点を許す。時間もなく、最終回となる裏のドラゴンズの攻撃は、マーが四球で出塁、暴投とカズト4ゴロで三進、ユウトの5ゴロアウトの間に本塁突入するもアウトとなり、ゲームセットとなりました。

ということで、負けはしましたが、前半は完全に散ドラペースでした。相手の制球難に助けられた面はありますが、そこでもう1本、2本でていれば、突き放せたのにと思います。また、前半のコウヘイはまずますでしたが、厳しい日差しの中、3回以降はかなりバテ気味で気の毒でした。対する中郷は2回途中で投手交代し、それ以降散ドラ諸君は打ち崩すことが出来ませんでした。散ドラにも2番手投手がいたら、中郷の2番手を打ち崩せたら、と思いますが、それはないものねだりで、やはり一人ひとりが実力を磨くしかありません。まだまだやるべきことがたくさんあるけど、ここ数試合、とんでもないミスはしなくなっています。もっと正確なプレー、強いプレーを目指して、ガンバレ!!!散田ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

☆平成19年5月20日(日)11時5分〜12時35分 晴

公式戦(練習リーグ第1戦) 下川グランド     (爽やか)

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・長房ジャガ 3 5 4 0 3   15

川口ジュニアーズ 2 2 1 2 0  

【バッテリー】 P:シュンスケ C:(長房)

【試合経過】

1回表、リクト三振も、長房選手・シュンスケの3四球に長房選手右前ヒット、エラーで3点を先制(タカナリはツースリーまで粘るが惜しくも三振)。裏、先発シュンスケは、四球・エラー・死球・ワイルドピッチ・パスボールで2点を許すも、後続を三者連続三振で抑える(君はミスターKか?)。2回表、先頭ソウタが左前ヒットで出塁、盗塁・ワイルドピッチで生還。二死後、リクトは6内野安打、シュンスケ四球に長房選手の長短打、四球が絡み、更に4点を追加し、点差を広げる。裏、四球3つにエラー3つが絡み、2点を失うも、アウト3つはすべて三振(やはりミスターKか!)。3回表、二死後、リクトが再び6内野安打で出塁、二盗塁で三進、次打者内野安打で得点。続く、シュンスケの左越え二塁打で更に1点。長房選手の中前ヒットで2点追加。裏、四球・盗塁後、三塁盗塁への送球をエラーし、1点を許すが、他の三者はすべて三振アウト(正真正銘ミスターKだっ!)。4回表は、コウタが代打で登場するも、惜しくも3ゴロに倒れ、三者凡退。裏、四球・6内野安打・エラーで2点を許すが、3ゴロ以外の2つのアウトは三振(振り逃げも一つあるので、記録上は3三振。すごいぞ!シュンスケ!)。5回表、四球のリクトをシュンスケが中前(?)二塁打で返し、更に2点追加。裏、三振で一死後、四球2つを出すも、けん制アウトで二死とすると、最後も三振に切ってとり、ゲームセット。アッパレ!散ドラジュニア!そして、圧巻なのは、なんと15アウト中13アウトが三振、記録上の三振は14個という快投のシュンスケです!今日の晩ゴハンはきっとすごいご馳走だネ!

 

 

 

☆平成19年5月20日(日)12時7分〜13時21分 晴・左翼から本塁方向の風

公式戦(研修リーグ第7戦) 大谷グランド     (爽やか)

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

中郷イーグルスB 1 0 0 0   

散田ドラゴンズ 6 0 9 ×    15

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

1回表、先頭打者のセーフティバントをカズマが捕球するもファールと思ったか一塁送球せず、内野安打とする。次打者の初球にすかさず盗塁、パスボールで三進、5ゴロの間に1点を許す(うむむ、Bチームと言えど侮れないっ!嫌な予感が頭をかすめる…)。続く、3番の一塁線のゴロを一塁手がファンブルするも、カバーしたマーが二塁へ送球し補殺、二死とする。続く4番の高いバウンドをショートが捕れず、センターもファンブルする間に二進。続く5番のライト前の当りをマーがライトゴロに仕留め、この回を1点に抑える。裏、反撃に転じたいドラゴンズは、練習でいい当たりを連発していたコウヘイは4ゴロとなるが、エラーで出塁。続く、マーは三塁線を抜くヒットで一二塁。盗塁で二三塁となった後、カズトの中前(で頭を越え)二塁打で2得点で逆転!!続くユウトも空振り二つの後、K副会長の「当たるまでボールを見ろっ!」の一喝で左中間二塁打、3点目を入れ、左翼手悪送球の間にユウトも三進。続くコウスケの5ゴロが本塁悪送球でユウトが生還4点目、コウスケも二進。続くツバサは5ゴロエラーで5点目。続くコウキの右前ヒット、盗塁で二三塁とし、リクの3ゴロの間に6点目。後続が倒れましたが、6点とってのビッグイニングとなりました。

2回表、三振で一死後、振りに行ったボールに見えたが、死球で出塁を許し、盗塁・犠打で三進、9番を四球とするも、次打者を4ゴロに抑え、0点。裏、ドラゴンズも投ゴロ、中フライ、6ゴロで三者凡退(相手に流れが行かなければいいが…)。3回表、三振で一死後、左越二塁打を打たれるが、好けん制で二死とし、4番を投ゴロで三者凡退、流れを渡さない。裏、中郷Bは投手交代。しかし、ストライクが入らず、コウスケ・ツバサ・コウキ・リク・カズマ・コウヘイ・マー・カズト・ユウトと怒涛(?)の9連続四球で5点追加(ワイルドピッチ2つ)。なおも満塁の場面で、コウスケが左前ヒット、左翼手がエラーする間に走者一掃で更に3点追加。ここで代打ユウヒの当りは投ゴロとなったが、一瞬迷う間に内野安打となり、更に1点追加、合計9点のビッグイニングとなりました。

4回表、二者連続三振の後、四球でランナーを出すも、最終打者を3ゴロに仕留めて、今年のチームでは初のコールド勝ちを収めました。学年構成的には散ドラと同じような相手に、快勝することが出来ました!!!エラーも少なくなってきています。この調子でガンバレ!!!散田ドラゴンズ!!!ますます、熱い試合を見せてくれ!!!ビールも2本目となり、今日は飲みすぎそうな予感です…

 

 

 

★平成19年5月13日(日)9時1分〜10時21分 曇のち晴れ・風なし

公式戦(研修リーグ第6戦) 下川グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

川口ジュニアーズ 0 3 2 7    12

散田ドラゴンズ 0 0 1 0   

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

リベンジするはずが前回以上に差をつけられての敗戦となりました。投手は前回の練習試合とは違いましたが、ものすごい球を投げるわけでもありません。不運な当りが多かったり、主審が低めに厳しかったということもあり、点差ほどの力の差があるわけではありませんが、条件は同じですから、負けるべくして負けたとも言えます。

初回は、5ゴロ・6ゴロで二死のあと四球を出すも、四番が意味不明のバントアウトで無難に三者凡退。裏、ドラゴンズも5フライ・投ゴロ・6ゴロで三者凡退。2回表、一塁への高いバウンドを投手にトスするも間に合わず内野安打、すかさず二盗・三盗。続いて5ゴロエラーで1点、盗塁・犠打で三進後、左前ポテンヒットで2点目、二盗・三盗後、四球二つで一死満塁でスクイズを決められ3点目。再び四球で満塁とするも、次の強い6ゴロをコウスケが好捕し、二塁を踏んで、何とか踏ん張る。裏、散ドラは三振・4ゴロ・三振であっさり三者凡退。3回表、先頭打者から三者連続四球で満塁、八番の4ゴロの間に1点、続く9番も四球、次打者は三振で二死とするも、2番の三塁ボテボテゴロが内野安打となり、2点目を失う。裏、そろそろ反撃したいドラゴンズだが、投フライ・6ライナーで簡単に二死。ここまで完全に抑えられる。続くカズマはしっかりアピールし死球で出塁、パスボールの間に倒れ込むように二進、ここでコウヘイがクソボールを振ってツーストライクとなってから、右中間を破る痛烈な二塁打でようやく1点を返す。4回表、6ゴロで一死後、ボテボテの5ゴロをファンブル、間に合わずセーフとする。二盗・三盗を決められたあと左越二塁打で1点、次打者を5フライで二死とするも、八番の三遊間のボテボテゴロをどちらもとれずにヒットとなったばかりか、レフトが後ろにそらし、2点目を許すとともに三進される。次打者もボテボテゴロだがコースよく中堅前ヒットとなり3点目。盗塁・暴投後、三塁線を破る二塁打で4点目、盗塁で三進後、二番の当りはこれまたボテボテゴロだが、投手・ショートと頭を越され、二塁がカバーしたが間に合わず内野安打で5点目。盗塁・捕逸で三進、三番四球のあと、次打者の当りはこれまたボテボテゴロで二塁内野安打となり6点目。続く五番の左前ヒットで7点目、レフトがそらし尚も二三塁のピンチで次打者を5ゴロに仕留めようやく長いイニングを終える。このままではコールド負けのドラゴンズ、先頭のカズトが右越二塁打でチャンスを作るも、後続が4フライ・4ゴロ・三振で試合終了となりました。

川口はちゃんとしたヒットは3本だけ。散ドラはヒットは2本ですが、どちらも目の覚めるような当り。でも違いは、川口が内野フライのアウトが一つだけで、ボテボテゴロが多かったということ。これは不運で片づけられることではなく、実はフライを上げずにボールを「叩く」という基本が出来ているということです。凡フライでは何も起きませんが、叩きつければ今日のように「何か」が起きる可能性があるということです。川口はボテボテヒットが6本ありました。また、ボテボテの当りでエラーを誘われたケースも2つありました。また、今日の主審は低めが厳しくなかなかストライクがとれずコウヘイも苦戦しましたが、それは相手投手も同じです。後半、0ストライク2ボールとなったケースが5回もありましたが、出塁したのはカズマの死球だけです。積極的に打つのはいいのですが、今日の戦況と審判の判定をしっかり考えた野球も出来ないとね。川口は、塁に出ればすかさず走って、盗塁も14個決めています。エラーもパスボールが1個だけ。ということで、体格を見たって、これほどの点差のつく相手ではありませんが、走・攻・守と「基本」が違うとこれだけの点差になってしまうということです。これを肝に銘じて、ガンバレ!散田ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

★平成19年4月30日(月・祝)10時45分〜12時10分 晴・やや風強い、暖かい

公式戦(研修リーグ第5戦) 椚田グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

北野バイオレンズ 6 1 0 1 0 4  12

散田ドラゴンズ 0 0 0 1 1 0 

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

強豪北野との試合は、課題と手応えの両面があったと思います。これまでの2敗と同じような点差ですが、それほど圧倒的な差があるわけではないというのが手応えで、でもやはりこれだけの点差となってしまうのが課題です。

1回表、投ゴロ、3フライで簡単に二死をとる絶好の立ち上がり。しかし、次打者の三遊間ヒットがレフトフェンスまで達し、本塁生還を許す(実質的には1ヒット1エラーです)。続く四番を四球・盗塁、五番には中直二塁打を打たれ1点、次打者には一塁手をフラフラと越す右前ヒットで、二三塁のピンチ。ここで投フライでスリーアウトと思ったが、まさかの落球で更に2点。今度こそ5ゴロでチェンジとなるはずが悪送球で1点、パスボールで三進後、4フライエラーで1点追加され、初回になんと6失点。ヒット3本、エラー3個(実質4個)、暴投・捕逸1個ずつということで、初回がすべてでした。

裏、散ドラは3ゴロ・三振2つで三者凡退。2回表は、四球・盗塁後、内野ゴロ3つの間に1点を追加されるも、無難に守る。裏、散ドラはユウトの痛烈な当たりが中前ゴロとなり、チャンスを作れず、三者凡退。3回表、遊ゴロ、投フライ、5ゴロで三者凡退に打ち取る(投フライ・5ゴロはそれぞれ前打席に同じ打球をエラーで生かした打者でした)。守備でいい流れが出てきた散ドラは、反撃に転じたいところだが、三振・4ゴロ2つで三者凡退。北野は昨日も試合でエースをショートに温存していたが、3回をパーフェクトに抑えられる。4回表、左前フライをグラブに入れるも落球で生かし、一死後女性選手の右線二塁打で1点を許すが、続く三番の右前フライをマーが好捕し、後続を断つ。裏、北野はショートを守っていたエースが登場。コウヘイは4ゴロに倒れるも、マーが右前へチーム初ヒットを放つと、制球が定まらない相手投手のワイルドピッチ3つの間に生還、1点を返す。本塁突入の場面では、バックネットに跳ね返った球がいいところに戻ってきて危なかったが、間一髪でセーフとなった。5回表、四番を4ゴロに仕留め、続くリーグ屈指の強打者をタイミングを外した頭脳的ピッチングで三振にとるも、惜しくも振り逃げを許す。続く打者の4ゴロで二死後、左ライナーを落球で生かし二三塁のピンチも三振で0点に抑える。裏、散ドラは代わったシュンスケが四球・盗塁、内野ゴロで三進、リクトの当りは惜しくもライトゴロとなったが、この間にシュンスケが還り1点を追加。流れがドラゴンズに傾いた6回表、先頭打者を4ゴロに仕留め、次打者もボテボテの当りに打ち取るもののコースが悪く内野安打となる。盗塁2つで三進、捕手からの送球がそれる間に1点を許す。次打者を三振で二死とするも、三番に左越二塁打・盗塁、続く四番のセンター前にフラフラっとあがった当りがヒットとなり、更に1点。パスボールで二進後、5番の左前ヒットをそらす間に1点。6番も4ゴロに打ち取るが内野安打となり、二三塁。続く左フライ落球で更に1点を追加される。最終回となる6回裏、遊ゴロ・投ゴロで二死後、カズトがレフト前に痛烈なヒット。ユウトの右前ヒットが一塁悪送球を誘い、二三塁のチャンス。リクがしっかりストレートの四球を選び、二死満塁と一矢を報いるチャンスを迎えるが、反撃もここまででゲームセット。

2回〜5回の中盤は、強豪北野相手に互角に戦えることを示し収穫がありました。基本をしっかり出来ればどんなチームとも十分に戦えるのです。逆に初回・6回はいつもながらのエラーがあると点に結びつくという課題が残りました。6回は不運な当たりもあったけど、エラーがなければ1点で済んでいます。そのあたりを一人ひとりがしっかり反省して、次の試合に備えよう!GWでしばらく間があくけど、グラブとボールを常に持ち歩いて感覚を忘れないようにしよう!!!

ガンバレ!!散田ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

☆平成19年4月22日(日) 12時40分頃〜 曇り 暖かい

公式戦(研修リーグ第4戦) 椚田グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

将軍 2 0 2 3 1  

散田ドラゴンズ 2 1 8 2 ×   13

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

管理人は仕事のため不参加。総監督から詳細な試合結果を頂戴しました。

1回表、将軍は内野安打・中越三塁打・スクイズで2点先制。裏、ドラゴンズはコウヘイ四球・盗塁で三進後、コウスケ振り逃げで1得点、ユウト中ヒットで同点に追いつく。2回表、四球・2死球で一死満塁のピンチも、サードゴロで本塁フォースアウト、三振で0点に抑える。裏、一死後、カズマが打撃妨害で出塁、盗塁、コウヘイ内野安打のチャンスにマサユキ犠飛で1点勝ち越し。3回表、6内野安打・盗塁、犠打で三進後、三振で二死とするも、次打者3−4連携ミスをきっかけに2点を失い、逆転を許す。裏ドランゴンズの反撃開始。ユウト四球、リク6内野安打、シュウヘイ四球、コウキ右前テキサスヒット、ツバサ・カズマ・コウヘイ三連続四球で無死で4得点、マーの3ゴロで更に1点、コウスケの右前ヒットで2点追加し、計8点のビッグイニング。4回表、1ゴロで一死後、左中間二塁打・振り逃げ・捕逸・左二塁打・6内野安打・4エラーとヒットとエラーが絡み、3失点。裏、一死後、コウキ5内野安打・盗塁、代打リクト右前ヒットで1点、コウヘイ6内野安打で更に1点入れ突き放す。5回表、投ゴロ・4ゴロで二死とするも、今日二安打のトップバッターに中越三塁打を打たれ、捕逸で1点を許すも、後続を三振にとってゲームセット。

ということで、何とか2勝目をゲットしましたが、ちょっと気になるのは、試合前に「今日は勝てる」と言っていた部員が何人かいたことです。前管理人さんが、「どこのチームには勝てる、どこのチームには勝てない」なんて言っているようではダメだと何度も言っていたと思いますが、みんなまだまだ分ってないね。散ドラは「今日は勝てる」なんて言えるチームではないことが、今日のスコアでもはっきりしています。逆に、最初からかなわないチームだってないということです。どんなチームとの試合だって、ゲームセットになるまでは、結果は決まっていないのです。確率とか、可能性の大小はあるかもしれませんが、結果は決まっていません。結果が決まっているなら、試合をする必要もないのですから。せっかく勝って気分がいいところ、申し訳ありませんが、このあともっと勝ってもらうために、あえて小言です。次もガンバレ!散田ドラゴンズ!!!

おめでとう!!!2勝目!!! これで五分! 次は勝ち越しだ!!!

 

 

 

 

★平成19年4月15日(日) 1015分〜1130分 花曇り 途中からやや肌寒い

公式戦(研修リーグ第3戦) 大谷グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0   

北八王子エース 1 7 3 ×    11

【バッテリー】 P:コウヘイ C:コウスケ

【試合経過】

1回表散ドラは三振・内野ゴロ2つで三者凡退。裏、北八に中越え、右越えの三塁打を2本打たれ先制されるが、エラーはなく、1点に抑える。2回表、先頭ユウトが中前ヒットで出塁するが、左腕投手のけん制でアウトに。しかし、続くリクがファールで粘り四球、カズト中前ヒットで一二塁のチャンスを迎えるが、後続が倒れ無得点。裏、先頭打者四球のあと、内野ゴロ2つで二死とするが、ワイルドピッチで1点を許し、その後、四球・左直本塁打・四球・一塁強襲ヒット・右線三塁打・中前ヒット・6エラー(というか頭を越される)・ワイルドピッチで更に6点を追加される。3回表、シュンスケが死球で出塁、三振・内野ゴロで二死となるも、コウスケが四球を選び一二塁とするも後が続かず0点。裏、先頭打者を凡フライに打ち取るも、投手・二塁手・遊撃手のお見合いで生かしてしまう。パスボールで二進後、けん制球を遊撃・中堅のダブルエラーで1点追加。一死後、6トンネル・9落球・3−1連携ミスとエラーが3つ続き、更に2点を許す。これ以上点をやれない散ドラは、強い打球をコウキが好捕し二死、マーが汚名返上のライトゴロで後続を断った。4回表、内野ゴロ2つで二死となった後、コウキが中前クリーンヒットで出塁、ワイルドピッチで二進するも、次打者が三振に倒れ、ゲームセットとなりました。

強豪北八ですが、今年はそれほど大きな子もおらず、これほど点差がつく試合ではありませんでした。上にもあるように、相変わらず散ドラは、バッテリーエラーも含めると10個以上のエラーでした。対する北八はワイルドピッチが2つあったものの野手エラーはゼロ。それどころか、エラーとはいえないプレーでしたが、8−4の中継プレーでランナーを刺せなかっただけで二塁手が交代させられてました。それと2回の大量失点は、四球がらみということと、二死からという点もあげられます。基本的なプレーの完成度をあげると同時に、この辺も気をつけていこう。まだ3戦目が終わったばかり、今日の試合をしっかり振り返って次に生かせ!ガンバレ!散田ドラゴンズ!

ちなみに、次に試合が入っておらず時間があったので、続けて練習試合を行いました。管理人は塁審を務めたので、詳しいデータはありませんが、1対14でこちらも敗戦。両チームとも最初の試合に出なかった部員も出場しました。投手はコウキで、そこそこのピッチングをしていましたが、どうにもこうにもアウトになりません。どうしたらそうやってセーフに出来るのだろうというくらい「数え切れない」エラーをしてました。しかし、よくよく考えれば、先日父母会長言ったように、練習でよく見かける光景なんですよね。試合だとその結果が点になり、これだけの点差になります。あれだけアウトに出来なかったら、普通悔しくなるよね。悔しかったらうまくなるように練習するよね。練習で100%出来ても、試合で100%出来る保証はありません。だからこそ、練習を真剣にやってください。

 

 

 

 

★平成19年4月8日(日) 14時26分〜16時 曇り 

公式戦(連盟トーナメント) 滝が原グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 2 0 0 0 1 0 

めじろ台ホークス 5 1 3 0 0 × 

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

1回表散ドラの攻撃は、コウヘイ四球・コウスケ三塁内野安打のチャンスにカズマが右前ヒットで2点先制し、今日も期待できると思わせる先制攻撃でした。しかし、裏、先頭打者に中前ヒットされ次打者は6ゴロに抑えるも、続く右前打の一塁送球が乱れ二三塁。このあと、バッテリーエラー・振り逃げ・(一瞬送球をためらい)三塁内野安打・バッテリーエラーで3点を失い逆転される。6番の中前の鋭いライナーが抜けて三塁打、7番にも中前ヒットで更に2点で、合計5点をとられる。2回表は、ツバサが四球を選ぶも、ほかの三者は内野ゴロで0点。裏、簡単に二死を取ったが四球2つにバッテリーエラーが続き、1点を追加される。上位打線にまわった3回表も散ドラは三者凡退。裏、三振で一死後、4エラー・バッテリーエラー・左前ヒット・バッテリーエラー・4エラー・中前ヒットで計3点を追加される。4回表は、カズトの中前ヒットのあと、コウキの三遊間の難しい当たりを相手は難なくさばきセカンドフォースアウト。ツバサも三振に倒れ、0点。裏、左前ヒット・四球・バッテリーエラーで二三塁のピンチも、投ゴロ本塁刺殺、5フライ、投ゴロで何とか切り抜け0点。ここで点を入れなければコールドとなる散ドラの5回表。シュンスケ・コウヘイの四球を足がかりに、内野ゴロの間に何とか1点を入れ、コールドを免れる。5回裏も内野送球エラーが一つあったものの無難に締め、迎えた最終回。みんなの願いもむなしく三者凡退に終わり、ゲームセットとなりました。

今日は、散ドラ諸君とそれほど体格もパワーも変わらず、互角に戦える相手でした。ただし、それはみんなが相手と同じくらい真剣に練習したらの話です。めじろ台は、ワイルドピッチは一つありましたが、野手のエラーは一つもありませんでした。特に三遊間は固かったですね。対するドラゴンズは、完全にエラーではないもののエラー気味のものを入れると、ゆうに10個以上です。バッテリーエラーも多かったです。最後にコウヘイ父が言っていたように、一人ひとりがどれだけ真剣に、意識して練習できるかの差だと思います。春のリーグも始まったばかり。これからどれだけ真剣にやるかで、結果は全然違うはず。ガンバレ!ドラゴンズ!!!

 

 

 

 

☆平成19年4月1日(日) 12時8分〜1335分 晴れ・暑いくらいの陽気・桜満開 

公式戦(研修リーグ第2戦) 川町グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

ビートルズSC 0 2 0 0 0 0  2

散田ドラゴンズ 3 1 0 1 2 ×  7

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

1回表、四球一つを出すも三振二つと投ゴロと無難な立ち上がり。裏、コウヘイは左飛に倒れるも、マーの三塁強襲ヒット・盗塁、コウスケ右前ヒット・盗塁で二三塁。ここで四番ユウトの当りは投ゴロで、飛び出したマーが挟まれるも、粘りに粘って相手のエラーを誘い生還。コウスケも相手のすきを突き一気に生還、ユウトは三塁へ。続くカズマはセンター前へクリーンヒット。これで初回に3点先制。2回表、先頭打者に右前ヒット・盗塁、続く打者の打球はライトゴロかと思われたが、一塁が後ろにそらす間に1点を許す。続いて、三振、内野ゴロの間に1点追加され、1点差に詰め寄られる。しかし、今日のドラゴンズは一味違う。裏、下位打線で2アウト取られるも、一番コウヘイが左中間二塁打・盗塁のあと、二番マーの中前ヒットで1点追加。取られた後に取り返す良い流れ。続く3回表は右前ヒット・エラーで二進されるも、それ以外は三振・内野ゴロに抑える。裏、ドラゴンズもカズトのヒットはあったが、0点。四回表は、投ゴロ二つと三振で三者凡退。このあたりから、父母の方がヒートアップし、落ち着かない雰囲気に…。何しろ、こんな展開慣れていないものですから…。裏、代打で登場のシュウヘイが3ゴロ、シュンスケ3フライに倒れるも、コウヘイが再び左中間三塁打、続くマーの打席で捕手の三塁悪送球で、2アウトから追加点という良い流れを離さない。続く、5回表は三振のあと、送球・捕球ミスでランナーを出すも、コウヘイが後続を投ゴロ2つに仕留める気迫のピッチング。裏、ビートルズは投手交代。しかし、ストライクが入らず、ユウト・カズマ・カズト・コウキと連続四球で労せず1点追加。一死のあと、代打リクトもしっかり四球を選び、もう1点追加。続いて、今日2本の長打を放ったコウヘイで大量点といきたかったが、そうはいかず、続くマーももう少しでセーフというショートゴロに倒れる。ここまでくると、父母の方は酸欠になりそうなほど息を飲み、ひたすら祈るような気持ちで、しきりに時計を眺める…。6回表に入るところで、主審がこの回で終了と告げる。頼むぞ!コウヘイ!

最終回となる6回表、投ゴロで一死後、内野ゴロ悪送球で二進されるが、続く打者も投ゴロ、そして、最後の打者は三振に切ってとって、ゲームセット!見事初勝利を飾りました。

前管理人だとここで雄叫びのフレーズを入れるのでしょうが、現管理人はちょっと放心状態ですので、気合が入りません。昨年もなかなか遠かった初勝利。しかし、今年は強豪ビートルズも前6年生が大量に卒団し、ドラゴンズと同じような境遇だとか。他のチームもそれほど大きな子がいない今年は、混戦模様の予感です。この初勝利に満足せず、これからも快進撃を続けてくれ!おめでとう!散ドラ諸君!

今日の勝因は、ヒット3本に抑え8奪三振のコウヘイのピッチングにありますが、他の選手も一生懸命打って、走って、守ったからです!まだまだ足りない点はあるけど、今年の研修リーグは、これからどれだけ頑張ったかで勝利の行方は変わっていくと思います。ガンバレ!散田ドラゴンズ!!!(雄叫びのつもりです…)はあ〜、疲れた…

 

 

 

 

★平成19324日(土) 1150分〜13時 曇り 

公式戦(研修リーグ初戦) 川町グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

城山キッズ 1 5 0 1 7   14

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0   0

【バッテリー】 P:コウヘイ C:カズマ

【試合経過】

1回表、四球・盗塁のあと、三振で一死。続く二塁ゴロをはじくもショートがナイスカバー、しかし、一塁がおさえられずそらす間に1点を許すが、後続を断った。裏、ドラゴンズは一塁ファールフライ、投ゴロ二つで三者凡退。2回表、三振で一死とるも、中前ヒットが頭を越され二塁打、デッドボール、一塁捕球エラーで1点、四球で満塁とされ、三振で二死とするも、続く4番に左越スリーベースを打たれ、走者一掃で3点、続く5番は投ゴロにするも低い送球をおさえられず1点で、この回計5点。裏のドラゴンズは再び三者凡退。3回表も、二つの内野エラーと四球で無死満塁のピンチを迎えるが、三振・二塁フライ・三振とコウヘイが抑えきる。裏、左フライで一死後、リクが四球で初出塁するもスチールアウト・三振で、またまた三者凡退。4回表、先頭打者が中前ヒット・盗塁後、次打者三振(捕球できず一塁送球)の間に三進、スクイズで1点。裏、ドラゴンズは上位打線に回るも二塁ゴロ二つと三振で、三者凡退。5回表、先頭打者のボテボテ三塁ゴロをファンブルでセーフにすると、続く投ゴロの一塁送球を捕球エラーで無死一二塁。続く、三塁ゴロでサードを踏むか迷う間にオールセーフで満塁。ここから、中前ヒットで1点・左前ヒットで1点・三塁横を抜く左前ヒットで1点、さらにボールそらす間に1点。続く5番の投ゴロは飛び出した三塁ランナーを挟むが、送球ミスで1点。続いて、左ライナーを抜かれ1点追加されるが、打者走者を中継プレーで三塁アウトでようやく一死。その後も内野エラー三つで満塁とされるが、三振と三塁牽制アウトで何とかしのぐ。裏、このままではコールド負けとなるドラゴンズだが、四球とエラーがあったものの、二塁を踏むのがやっとで0点に終わりゲームセット。

ということで、研修リーグの開幕戦でしたが、まったく見所のない淡々とした展開でした。別に硬くなっていたわけではないと思うけど、エラー気味のプレーまで含めると14個ありました。一塁の手前でイレギュラーするなど本人にも言い分はあるようですが、今日一塁を守ったコウキは反省点が多々あります。他の内野陣もいくつかミスがありました。打つほうでは、外野に飛んだのがコウキの浅いレフトフライだけで、ほとんどが内野ゴロのノーヒットノーランを喫しました。

ただこれだけ試合が乱れても、コウヘイが切れずにマウンドを守ったのは、キャプテンの自覚でしょう。今後もこうした苦しいマウンドがしばらく続くと思いますが、ガンバレ!

他の選手は、自分の出来ることを精一杯して、少しずつでもうまくなるように努力しよう!開会式を見ていても、今年はそれほど大きい子がいるチームはいません。体力ではなく、どれだけ基本が出来るかで、これだけの差になるのです。6年生が少ないからなんていうのは言い訳になりません。試合はまだ始まったばかり!今日の負けを悔しいと思って、ガンバレ!自分たちのために!

 

 

 

 

★平成19311日(日) 14時〜1630分 晴れ(午前中雨) 

練習試合 下川グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

川口ジュニアーズ 6 2 0 0 1 4 0 13

散田ドラゴンズ 0 0 1 2 0 1 2 6

【バッテリー】 P:タイキ→コウヘイ→カズマ→コウヘイ C:コウヘイ→タイキ

【試合経過】

新生ドランゴンズの初戦川口ジュニアーズとの練習試合!結果は負けだが、収穫もあり悪いことばかりではなかった。

初回、先発タイキは初めてのマウンドに歩幅が合わず不運なポテンヒットや四球、内外野の連携ミスもあり1点を失い、ランナーをためてコウヘイに交代。コウヘイもライト前ヒットと連携のまずさをつかれ2点失い、続いて打ち取ったと思った当りも内野安打となり1点を追加され、その後は打ち取るも、その間に更に1点を追加された。2回表には、先頭打者に右前ヒットを打たれ、続く2打者はサードゴロに仕留めたものの、一人が内野安打となり1点を追加される。続く4番打者は、マサユキがライトゴロに仕留めてツーアウトとするも、次打者は内野エラーとなり、更に1点。2回裏もドラゴンズは、相手投手の遅い球にタイミングがまったく合わず三者凡退。

試合が動いたのは3回。相手0点に抑え、裏ドラゴンズは四球2つとエラーの間に1得点。続く4回も、四球や振り逃げのランナーを出すもタイキの本塁タッチアウトなどで0点に抑え、裏、タイキのセカンド横を鋭く抜ける二塁打とコウスケの中前クリーンヒット、カズトの右越二塁打で2得点。さあ反撃開始だ!

5回からはカズマがマウンドに。不運なポテンヒット(?)や暴投で1点は失うが、再び本塁タッチアウトでピンチを脱する。6回も不運なポテンヒット、ワイルドピッチ、内野エラー2つ、凡ゴロ後の悪送球で4点を失う(ほとんど打たれたいないのにもったいない!)。でもまだまだこれから。

6回裏ドラゴンズは、タイキの当りがライトのファインプレーに阻まれるも、コウヘイの左中間二塁打、コウスケの右越二塁打で1点追加。最終回には、下位打線の四球3つを足がかりに、内野ゴロ・コウヘイ左前ヒットで2点追加し、ゲームセット。

結果は負けだが、カズマのピッチングが格段に向上、コウヘイも気持ちを切らさずに投げられた。狭殺プレーも2つ決め、タイキの本塁タッチウトやコウキのファインプレー(ボールが入った?)やマーのライトゴロもあった。コウヘイ・コウスケ・カズトは打撃でも良いところを見せた。試合になれない部員のエラーもあったが、まだまだこれから!今日の良かったところ、悪かったところを振り返って、これからもしっかりガンバレ!!!散田ドラゴンズ!!!