タイトルイメージ 本文へジャンプ

平成21222日(日) 1315分〜15時すぎ 晴れ(午前中より暖かい)

練習試合        甲の原中学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

交友ビクトリーズ(6年生) 7 0 0 1 1 3 4 16

散田ドラゴンズ(6年主体) 0 0 0 0 0 0 0 0

【バッテリー】 P:コウキ、カズマ(5回〜)  C:カズマ、コウキ

【今日の敢闘選手】  あえて無。今後の活躍を期待!

【試合経過】

本当に6年生の最後の試合となる練習試合。コウキ・カズマのバッテリーに、一塁トウゴ、二塁ツバサ、三塁マー、遊撃シュウヘイ、左翼ユウヒ、中堅ミノル(5年)、右翼カイト(5年)の先発メンバー。

 

初回表、1番の強いショートゴロを弾いて出塁を許すと、盗塁・暴投で三進後、左前ヒットで1失点、連続死球、投ゴロを本塁送球が間に合わず2点目、左越え二塁打で走者一掃3失点、一死後、9番ライトゴロを一塁送球セーフとする間にさらに1失点、打者一巡で2番の左前ヒットで1失点、計7失点でこの回がすべてでした。初回裏、トウゴが中前ヒットで出塁し二進後けん制アウトとなり、その後3番コウキ死球、4番カズマ左前ヒットが出るちぐはぐな攻撃で無得点。2回表、4番を6内野安打・けん制悪送球で二進させ、一死後、投ゴロをファウルを思ったかして内野安打とするも、後続を三振・3ゴロで無得点に抑える。2回裏、散ドラも四球での出塁はあったが、けん制アウトで三者凡退。3回表、先頭9番をライトゴロ、1番・2番を連続三振で、こちらも三者凡退で抑える。3回裏、トウゴの四球、暴投でチャンスを作るも、シュウヘイ6ゴロ、コウキ惜しい6ライナーで無得点。4回表、先頭3番を死球・二三盗のあと、けん制悪送球で不用意な追加点を与える。4回裏、交友は背がものすごく高い投手に交代。ツバサが四球で出塁するが、その他は三振二つと投ゴロで無得点。5回表、ここで投手はカズマに交代。一死から三連続四球で、セカンドゴロの間に1点献上。もったいない。5回裏、散ドラは、三振二つとセーフティバント失敗で三者凡退。ホームが遠い。6回表、先頭を三塁横を抜く左前ヒット、二三盗のあと、次打者四球、続いく打者を三振に打ち取るも振り逃げとなって一塁送球の間に1点失う。その後、暴投でさらに1失点。8番の痛烈なライトライナーはカイトが捕球し二死。しかし、途中から9番に入った打者は左中間を深々と破り、三塁を蹴ってホームへ。ボールはセンター、ショート、セカンドと中継され、本塁クロスプレーのタイミング。今日最大の見せ場と思ったが、投手カズマが何故か本塁手前でカット。3点目を失う。6回裏、二死から4番カズマの左前安打が頭を越えて二塁打とするも、後続続かず無得点。散ドラは度重なる相手の得点に粘りがなくなっている。7回表、一死後、三連続四球で満塁とし、飛びぬけて背が高い打者に抜いた球を見事にミートされ、左越え満塁本塁打で4失点。その後、連続三振としましたが、痛い失点。いよいよ最後となる7回裏も、あっさり三者凡退でゲームセットとなりました。

 

はっきり言って、こてんぱんに負けました。死四球やミスがからんでの失点もそうですが、この無得点というのが、今年の散ドラを象徴してますね。点を取られなければ負けないとはよく言いますし、それは事実ですが、一方で点を取らなければ勝つことも出来ません。やみくもに振るのではなく、遅い球、速い球にどう対応するのか考えてプレーしよう。中学で野球以外のスポーツをする子もいるかもしれないけど、どんなスポーツでも考えてプレーしなければ、上達しません。これからもガンバレ!散ドラ諸君!!

 

 

 

 

平成2121日(日)  9時48分〜11時41分  晴れ、強い北風(寒い)

公式試合(創価大学学長杯2回戦)    大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

東京ビアーズ 1 0 3 1 1 4  10

散田ドラゴンズ 0 0 0 2 0 0 

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】  帯に短し、襷に長し。しかしながら、6年生全員の敢闘を讃えましょう!

 

【試合経過】

今年度最後の公式戦になるかもしれない試合…。コウキとカズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁シュウヘイ、三塁カズト、遊撃コウスケ、左翼トウゴ、中堅マー、右翼ユウヒの先発メンバーで、残念ながらツバサが風邪で欠席でしたが、参加の6年生は全員先発しました。

 

初回表、先頭打者を投ゴロにとる無難な立ち上がりだが、2番四球・盗塁のあと、3番の右前ヒットを捕球後の送球が、一塁か本塁かが中途半端でバックネットにそれ、カバーに入った投手とクロスプレーになりましたが、セーフとなり1点先制されました。打者走者も二塁クロスプレーになりましたが、こちらもセーフ。しかし、4番投フライ、5番三振でこの回1点で抑えるまずまずの立ち上がり。初回裏、相手投手はそこそこ速い上、時折緩急をつけるいやらしいピッチングをします。1・2番のシュンスケ・マーが連続三振、3番カズトが四球、けん制悪送球で二進するも、4番コウキは投ゴロで無得点。2回表、6番投ゴロ、7番6ゴロエラー・盗塁、8番三振で二死とするも、9番のフラフラと上がった当りは4テキサスヒット(?)となり、一三塁のピンチ。ここで三塁けん制をすると、一塁走者が飛び出し、カズトから一塁シュンスケに送球、それを見て三塁走者が本塁突入、シュンスケからカズマに転送、本塁タッチアウトで無得点で抑えました!!2回裏、5番カズマが5ゴロ悪送球で出塁、捕逸で二進。6番トウゴは3ファールフライ、7番コウスケは6ゴロで二死の間にカズマは三進。ここで8番シュウヘイはしっかりミートするが、惜しくもショート正面。少しどちらかにずれていればという当りでした。この辺までは息詰まる展開。3回表、1番死球・盗塁、2番の投ゴロの間に三進、3番四球、4番の時、捕逸で1失点。4番の痛烈な当りは三塁カズト横を抜け、左翼も抜かれ外野を転々とし、一塁走者が還って2点目。しかし、ここから7−6−1−2と中継し、打者走者を本塁タッチアウト!!しかし、5番四球・盗塁、6番中前ヒットで3点目を許す。7番三振でチェンジ。3回裏、9番ユウヒは四球、1番シュンスケは投ゴロだが、二塁悪送球でオールセーフ。2番マーは絶妙のバントで一死二三塁とチャンスを広げる。しかし、3番カズト三振、4番コウキ投ゴロと、ここ一本が出ない。4回表、8番6ゴロエラーで出塁(今日のコウスケは寒さのせいかボールが手に付いていなかった)。盗塁・捕逸、9番四球で無死一三塁のピンチ。しかし、一塁走者の二盗の際、飛び出した三塁走者を三本間に挟んでタッチアウトで一死!続く1番の6ゴロを今度は捕って一塁送球するが惜しくもセーフ、しかし、それを見て三塁に走った二塁走者を三塁タッチアウトで二死!2番の二塁・右翼間にフラフラと上がったテキサスヒットの間に1点を追加されるが、3番を4ゴロにとってチェンジ。4回裏、5番カズマが四球、6番トウゴの右前フライのヒット・盗塁で無死二三塁の大チャンス!7番コウスケ投ゴロで一死となるが、8番シュウヘイ振り逃げの間にカズマが還って1得点!9番ユウヒは三振で二死。しかし、1番シュンスケが左前ヒットで2点目!なおランナー一三塁で絶好のチャンス!しかし、シュンスケがけん制につり出され(というようり、スタートしようとしたところをけん制され)、タッチアウトで惜しくもチェンジ。5回表、4番四球、5番の当りはショートが抜かれて中前ヒット、6番バントで一死二三塁のピンチ。7番中前ヒットで1失点し、8番5ゴロでこの回1点。5回裏、2番マー四球、二盗、三盗を決めるも、クリーンナップがカズト・コウキ6フライ、カズマ三振で無得点。6回表、この回は力尽きたかドラゴンズ?9番は6フライで一死とするが、1番左前ヒット・盗塁・暴投で三進、2番またもや6ゴロエラーで1失点、3番強風に流されたか9フライエラー、4番の痛烈な中前ライナーで頭を越されて本塁打で4点目。5番以降も、振り逃げ、四球2つで尚も満塁のピンチだが、ここは何とか踏ん張り、8番6ゴロ本塁フォースアウトで二死、9番5ゴロでチェンジとしました。最終回となる6回裏、6番トウゴ投ゴロで一死後、7番コウスケ5ゴロエラーで出塁するも、(ファールと勘違いか)ダッグアウトに戻りかけ、一塁触球されアウトとなりました(野球規則7・08(j)によれば確かにアウトですし、相手選手に言われたことを真に受けてはいけませんが、塁審も大きな声とジェスチャでセーフのコールをしてほしかったですね)。8番リク、9番コウタが連続四球となりチャンスを作りましたが、1番シュンスケが6ゴロでゲームセットとなりました。

 

最後の公式戦となってしまいました。最後にはだいぶ点差が離れ、ミスもありベストのゲームとは言えませんでしたが、年末年始の休み・駅伝大会・ボーリング大会・雨天中止など練習不足の中、時折良い中継プレーや連携プレーも見られ、また2月まで公式戦を出来たことも含めて「よく頑張った」と言ってもいいのではないでしょうか。言いたいことはまだまだたくさんあるけれど、6年生諸君!一年間ご苦労様でした。そして、今後の活躍も期待しているよ(野球がうまくなるのは体が大きくなるこれからだよ)!そして、5年生はいよいよこれから!これからもますますガンバレ!散田ドラゴンズ!

 

 

 

 

 

平成201221日(日) 9時40分頃〜 快晴(12月と思えぬ陽気)

親子試合         散田小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

母チーム 1 0 0 0   

下級生チーム 2 2 3 ×   

【バッテリー】 P:リク、カイト、コウスケ、シュンスケ 

        母チームP:ユウジ父

平成201221日(日) 1050分頃〜 

親子試合     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

父チーム 2 2 1 1   

上級生チーム 0 0 0 4   

【バッテリー】 P:マー、カズマ、コウキ、ユウヒ

        父チームP:コウキ父、ユウヒ父、カズマ父

 

【試合経過】

年末恒例の親子大会。今年の下級生チームは、レギュラーチームで試合に常時出場していた5年生と3年生以下の混成チーム。対する母チームは、バッテリーをユウジ父とカズトに委ねる布陣。初回、ソフト経験者のカズト母の見事なホームランで母チームは先制したものの、その後は下級生チームに着々と得点され、1対7で敗戦しました。母チームの投手を務めたユウジ父は孤軍奮闘するあまり、母チームだということを忘れてか、一塁に矢のような送球。受け切れずにボールがお腹に当たった一塁手が、ユウジ母だったのが良かったのか、悪かったのか…。

 

後半の父チーム対上級生チームでは、失礼とは思いましたが、大人げないことをしたくないので、父チームは全員左で打ちました。しかし、それでも打ってしまう大人げない父チームが6対4で勝利しました。

 

 

 

 

 

平成201213日(土)  1150分〜1329分  曇り時々薄日(寒い)

公式試合(創価大学学長杯初戦)    椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 2 2 6 3   13

松ヶ谷ジャガーズB 2 0 0 1 0  

【バッテリー】 P:コウキ⇒カズマ(5回〜)  C:カズマ⇒コウキ(5回〜)

【今日の敢闘選手】  走攻守に頑張ったマー、果敢な走塁・守備のカズマ、

              4四球3得点のツバサ、先発のコウキ、

              下位からチャンスを作ったシュウヘイ、ユウヒ

              今日の6年生は全員野球が出来ました!

 

【試合経過】

最後の公式大会となる創価大学学長杯!コウキとカズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁カズト、遊撃コウスケ、左翼シュウヘイ、中堅マー、右翼ユウヒの先発メンバーでした。最後の公式大会ということで、今日参加の6年生は全員先発です。

 

初回表、1番シュンスケは初球を打って5ゴロ、2番ツバサは四球、3番カズト6ゴロ、4番コウキ7フライと、遅く山なりの球を待ち切れず、あっさり攻撃終了。初回裏、1番にツースリーから左前ヒットを打たれ、レフトが逸らす間に二進、盗塁で三進。2番はキャッチャーフライで一死。3番3ゴロで三塁走者は生還、おまけに一塁送球が走者に当たる悪送球となって、打者走者も三進。4番の8フライで二死とするも、タッチアップで2点目を奪われる。5番を四球で出すも、6番6ゴロでようやくチェンジ。しかし、初回にいきなりリードされる不安な展開…。2回表、5番カズマ四球、暴投で二進。6番マーは6ゴロだが懸命に走り、悪送球を誘い、カズマが生還、マーも二進。7番コウスケの4フライは野手の後ろにポトリと落ちて一二塁。8番シュウヘイは三振。ダブルスチールで二三塁となったあと、9番ユウヒの5ゴロで、一塁送球を見てマーが本塁突入、セーフとなり同点に追い付く!!1番シュンスケ三振でチェンジ。2回裏、7番、8番を連続三振、9番6ライナーで三者凡退。3回表、2番ツバサ四球、3番カズトは6ゴロ、4番コウキは三振で二死となるが、この間に暴投二つでツバサは三進。5番カズマの四球・盗塁で二三塁のチャンス。6番マーの左前ヒットでまずツバサが生還、二塁から俊足(?)を飛ばしてけつまずきながらカズマもホームイン。7番コウスケは5ゴロに倒れるも、この回2点を追加!3回裏、1番投ゴロ、2番はボテボテの5ゴロ内野安打とするも、3番三振、4番5フライで危なげなく抑える。4回表、8番シュウヘイ四球、9番ユウヒが俊足を飛ばして5ゴロ内野安打で下位打線でチャンスを演出。1番シュンスケの三球目から投手交代となるが、シュンスケ死球で無死満塁のチャンス。2番ツバサ四球で押し出しで1得点、暴投で2点目のあと3番カズトは四球で再び満塁。暴投でシュンスケが還り、3点目。4番コウキの5ゴロで一塁送球を見て、ツバサが生還4点目。本塁送球がエラーとなり、二塁走者カズトも還り5点目。5番カズマは当てただけだが中前に落ちるヒット。6番マー三振で二死となるも、カズマ盗塁後、7番コウスケの中前ヒットで二塁からカズマが還り6点目。8番シュウヘイの3ゴロで漸くチェンジとなるも、打者一巡の猛攻!!4回裏、先頭5番に死球を与え、暴投2つが絡んで1点を許すが、6番7フライ、7番四球、8番2フライ、9番投ゴロで後続を断つ。5回表、9番ユウヒ6ゴロで一死となるも、1番・2番のシュンスケ、ツバサが連続四球、盗塁・暴投で二三塁としてから、3番カズトライトゴロの間に1点追加。暴投でツバサも還り、2点目。4番コウキも四球、ここで再度投手交代するも、5番カズマも四球。暴投二つでコウキも還り3点目。6番マー投ゴロでチェンジとなるが、この回ダメ押しの3点追加!5回裏、この回からカズマが登板。最近のパターンです。1番三振、2番投ゴロ、3番セカンドと交錯しながら8フライを押さえて、試合終了!!! 今年最後の試合を勝利で飾りました!

 

相手はBチームとはいえ、6年生の貫録を見せることが出来たかな。投手の制球力(ストライクが入るかどうか)で点差が大きく開きましたが、走塁、守備などの基本は相手の方がしっかりしている面が多々あります。6年生は次の試合までまたしっかり練習してください。5年生は来年もまた勝てるように、基本をしっかり見直そう!来年もガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成20126日(土) 10時〜 晴

練習試合               川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 0 0 1 0  

北野バイオレンズ 3 0 4 4 ×   11

【バッテリー】 P:シュンスケ、コウキ(4回〜)  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  ?

【試合経過】

春季大会で未消化だった北野との参考試合。散ドラは5年生以下の先発メンバーに対し、北野は6年生が入った通常メンバーのようですから、この結果は健闘でしょうか。管理人は仕事で不参加だったため、K副会長に試合結果をお願いしました。

 

初回表、1番リク、2番ミノルが連続四球、3番シュンスケは5ゴロ、4番カズト2フライ、5番コウスケ中前ヒットで1点先制。6番ユウジはファールフライでチェンジ。初回裏、1番死球、2番三振、3番四球、4番レフト二塁打、5番、6番5ゴロでこの回3点を奪われ逆転される。2回表、7番コウタ4ゴロ、8番ソウタ5ゴロ、9番ナオキ四球、1番リク四球、2番ミノル内野安打でチャンスを作るが、3番シュンスケ8フライで惜しくも無得点。2回裏、7番2ゴロ、8番三振、9番6ゴロで三者凡退。3回表、4番カズト三振、5番コウスケ5内野安打、6番ユウジ5ゴロ、7番コウタ4ゴロで無得点。3回裏、1番を三振、2番6フライにとるも、3番四球、4番5内野安打、5番右前ヒット、6番左前ヒット、7番5ゴロエラーで4失点、7番の盗塁を阻止してチェンジ。4回表、8番コウキ四球、9番カズマ4ゴロ、1番リク四球、2番ミノルの3ゴロでコウキが本塁突入で1点を返す。3番シュンスケ5フライ、4番カズト投ゴロでチェンジ。4回裏、投手はコウキに交代。8番5ゴロ、9番四球、1番5ゴロで二死とするも、2番も四球、3番中前ヒット、4番四球、5番4内野安打で4失点。盗塁阻止でようやくチェンジ。最終回となる5回表、5番コウスケ投ゴロ、6番トウゴ三振で二死。ここで北野は背番号10が登板。7番マー四球、8番コウキ四球でチャンスを作るが、9番カズマが三振でゲームセットとなりました。

 

ということで、5年生主体で戦ったゲームとしてはまあまあの出来だったように見えますが、K副会長どうだったのでしょうか?

 

 

 

 

平成201130日(日) 1141分〜1320分 晴(暖かい)

練習試合               川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

中郷イーグルスBチーム 5 0 0 0 4  

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 4  

【バッテリー】 P:コウキ、カズマ(4回〜)  C:カズマ、コウキ(4回〜)

【今日の敢闘選手】  ファインプレーのマー

【試合経過】

Bチームとはいえ侮れない中郷イーグルスBチームでしたが、その通りの試合結果となってしまいました。

 

初回表、中郷Bの1番はしっかりミートし中前ヒット・盗塁、2番4ゴロで一死の間に三進。3番は三振に取るも振り逃げとなって、三塁ランナー生還で先取点を許す。二三盗のあと、4番四球・盗塁で一死二三塁。5番は鋭い左前ヒットで二者生還。バックホームの間に打者走者も二進。盗塁で三進後、6番のツースリーから三塁走者がスタートするヒットエンドラン。打球は投手と捕手間のボテボテゴロで三塁走者生還でこの回4点目、おまけに打球処理ももたつき打者走者を活かす。6番は6フライでようやく二死。8番は凡フライだが、ファーストが捕りに行かずにポテンヒットとなり、更に1点を追加されて、この回5失点。9番を投ゴロに打ち取り、ようやくチェンジ。クリーンヒットは、1番と5番の2本だけ。2失点で防げたイニングです。初回裏、1番シュンスケが左前クリーンヒットを放つと、レフトが逸らして、シュンスケは一気に三塁へ!しかし、2番ツバサの二球目、球が後ろに逸れたがすぐに戻ってきてストップのタイミングだが、三塁シュンスケはスタート。三本間に挟まれてアウト。チャンスをつぶす。しかし、ツバサ、3番カズトが連続四球、暴投で尚も一死二三塁のチャンス!しかし、4番コウキ、5番カズマの6年クリーンナップが、9フライ、5ゴロでチャンスをものに出来ず…。2回表、初回中前ヒットの1番を投フライ、2番の左打者は右中間を抜けるかという当り。これを中堅手マーが倒れこみながらのファインプレーでナイスキャッチ!3番も三球三振にとる会心のピッチングで、初回とは打って変わって三者凡退!2回裏、6番マーは4ゴロで一死となるが、7番コウスケが中前ヒット・盗塁で二進。8番シュウヘイ三振で二死となるも、9番ユウヒは四球で一二塁のチャンス(代走トウゴ)。ここで先ほどクリーンヒットの1番シュンスケだが、初球コウスケが三塁に走ってタッチアウトでチェンジ。自らチャンスをつぶす…。ノーサインで走る場面ではないよね。嫌な流れを変えたい3回表、4番4ゴロ、5番5ゴロ、6番4ライナーで、9球で再び三者凡退。流れを引き寄せる!3回裏、1番シュンスケは四球で出塁するが、前の回に続きノーサインの盗塁失敗で一死。守備から入っていた2番リクが中前ヒットを放っただけに残念だった。リクは暴投で二進、3番カズトは5ゴロで二死の間に三進。4番コウキの死球で一三塁のチャンスだが、5番カズマは9フライでこの回も無得点…。ちぐはぐな攻撃…。4回表、この回からカズマが登板。先頭7番に中前ヒットを打たれるが、盗塁のあと8番を5ゴロで一死の間に三進。9番を三振にとって二死とし、飛び出した三塁ランナーを見て、捕手から三塁へ送球、三本間に挟んでダブルプレーとして、三者凡退に切って取りました!4回裏、中郷Bは投手交代。守備から入ったいた6番ソウタは死球で出塁(代走ユウジ)、7番コウスケが4フライ、8番トウゴ(ユウヒの代走なので本当は9番です…)は三塁後方の高いフライ。ポテンヒットになるかと思ったが、ショートがうまくまわり込んでナイスキャッチされ二死。9番ミノルはファールで粘るも三振で、またしても無得点。最終回となる5回表、1番はキャッチャー前ゴロで一死とするも、2番は左中間ヒット・盗塁・暴投、3番四球・盗塁で二三塁のピンチ。4番は自分の打球に当たる不正打撃で二死までこぎつけるが、5番の中前ヒットで2失点。このボールを中堅が後ろにそらし、打者走者も三塁へ向かい、中継されたボールがランナーと交錯し、ボールは三塁ベンチに入るボールデッドで、打者走者も生還し、3点目。6番も中前ヒットで出塁すると、二盗に続き三盗を狙うが、捕手からの三塁送球が悪送球となり、あっという間に生還し、遂にこの回4点目。7番を投フライに打ち取りようやくチェンジ。5回裏、1番シュンスケ、2番リク、3番カズトが連続四球で満塁のチャンス。ここで投手交代で先発投手に戻る。4番コウキは力んだか打ち上げ5フライ、5番カズマは三振。こちらも自分が打つと力んでました。ここで再び投手交代。三人目の投手を試す余裕を見せる中郷B(もう一人左の良い投手がいたと思います)。6番ユウジは四球で、まずは押し出しでようやく1点を返す。7番コウスケの時、暴投でリクが還り、2点目。コウスケは投ゴロで万事休すとなったが、何と一塁悪送球でカズト、ユウジが還り、4点目を入れる。尚も畳みかけていきたかったが、8番コウタが3ゴロに倒れ、試合終了となりました。

 

最終回に一矢を報いましたが、こちらから勝手に点をあげて、攻めでは勝手にアウトになってと、負けるべくして負けた試合です。ここのところいい試合が続いていたのに、残念です。中郷Bは来年上位グループに入るのは間違いありません。しっかり球をミートする打撃、しっかりしたリードと常に次の塁を狙う姿勢など、見習う点が多々ありました。5年生諸君も、この冬にしっかり鍛えて、来年はライバルになれるように取り組んでください。

 

 

 

 

平成20119日(日)  1030分〜126分  曇り(寒い)

公式試合(研修リーグ秋季大会4回戦)      下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 1 1 0 2

川口ジュニアーズ 1 0 1 0 1 1 × 4

【バッテリー】 P:コウキ⇒カズマ(5回〜)  C:カズマ⇒コウキ(5回〜)

【今日の敢闘選手】  全員と言っておきましょう!!

【試合経過】

散ドラの秋季大会最終戦!春季大会で大敗した川口ジュニアーズ(春季4位)戦です。コウキとカズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁カズト、遊撃コウスケ、左翼シュウヘイ、中堅マー、右翼ユウヒの先発メンバーでした。最終戦ということで、今日参加の6年生は全員先発です。

 

初回表、前試合と異なり相手投手はエースです。はっきり言って速いです。1番シュンスケは三振、2番ツバサは投フライ、3番カズトは四球・盗塁するも、4番コウキは力ない投フライで無得点…。ボール・ストライクがはっきりしているものの、球に力があります。完璧に打ち取られたドラゴンズです。初回裏、1番を四球で歩かせる。コウキの悪い癖は最後まで直らず。2番は4ゴロ、3番投ゴロで二死までこぎつけるが、4番には左越え二塁打を打たれ、川口に先制される。しかし、5番も投ゴロに打ち取り追加点は許さない。2回表、5番カズマはゆるい5ゴロで内野安打のチャンスだが、残念ながらアウトで一死。6番マーは6ゴロだが一塁捕球エラーで出塁。しかし、素早いけん制で刺されて二死。6番コウスケは6ゴロで散ドラは三者凡退。2回裏、6番を6ゴロで一死とするも、下位の7番にストレートの四球と、また悪い癖。続く8番の送りバントの処理を焦ってお手玉で一二塁。9番もストレートの四球で、下位で三者凡退のはずが、何と満塁の大ピンチ!ここで迎える1番は背が高いエース。しかし、何とか6ゴロに打ち取り、コウスケがバックホーム。ボールがワンバウンドしてクロスプレーとなるが、カズマがしっかり押さえて二死。続く、2番は4ゴロでショートに転送フォースアウトで大ピンチを無失点で切り抜けました。3回表、守りの流れを攻撃につなげたいドラゴンズだが、8番シュウヘイ、9番ユウヒが連続三振、1番シュンスケは投ゴロで散ドラは再び三者凡退。3回裏、先頭の3番を四球、4番に又しても放った鋭い当たりは今度はレフト正面と思ったが、後ろに抜かれ、二三塁のピンチ。5番の時に暴投で三塁走者が還って1失点。5番の4ゴロをツバサがバックホーム、本塁タッチアウトでまず一死。続いて打者走者が二塁を狙って走ったところに、カズマから二塁に入ったコウスケに転送、タッチアウトで二死としました。6番は5ゴロに打ち取る。川口に1点は追加されたが、今日は守備が締まっているぞ!4回表、2番ツバサがバントと見せて中前ヒットで出塁。今日初ヒットだ。暴投で二進するチャンスだが、またしても素早いけん制にひっかかり、アウト。残念ながらチャンスをつぶす。3番カズトは三振で二死。4番コウキは、初球をコンパクトに振り抜き、いい当たり。しかし、ピッチャーライナーでグラブに収まりアウト。少しずつ当りが出てきたが散ドラは三たび三者凡退。4回裏、2巡目の下位打線は、7番三振、8番5ゴロ、9番三振で、今度は川口もきっちり三者凡退にとる。5回表、先頭5番カズマが左前クリーンヒットで出塁、6番マーも右前ヒットで続き、一二塁。7番コウスケは9フライに倒れ、8番シュヘイも投ゴロ。しかし、これを投手が三塁へ悪送球で、カズマが還って、1得点!!9番ユウヒは三振に倒れるが、シュンスケの時マーが三盗を決め、一三塁のチャンスが続く。しかし、シュウヘイがけん制でつり出され、二塁タッチアウト。この回1点で1点差に迫る!5回裏、二塁にリク、左翼にユウジ、右翼にミノルが入る。追い込んだあと、1番に中前ヒット・盗塁で二進される。2番のバントをコウキが一塁送球で一死。二塁走者は三塁を回って、本塁突入。一塁シュンスケから本塁カズマに転送。三塁ベンチからは、ホームイン前の走者の左足にしっかりタッチしたのが見えましたが、球審は気づかずホームインのコール…。一瞬何が起きたか???でしたが、判定は変わらず。選手たちがいいプレーをしていただけに、残念でした。3番は四球・盗塁、今日当っている4番はセカンド後方のフライに打ち取ったがこぼして、一三塁のピンチを迎える。ここで投手はカズマにスイッチ。5番はスクイズを試みるも、カズマからコウキへバックホームでタッチアウトで二死。6番は3ライナーに打ち取り、この回川口を1点に抑える。6回表、先頭1番シュンスケが四球で出塁するが、盗塁失敗で一死。2番ミノルはファールで粘りに粘り四球で出塁後、盗塁を決める。3番カズトが4ゴロで二死となる間に三進。4番コウキが振り抜いた三塁の当りはトンネルを誘って、ミノルが還って1得点。5番カズマは4フライに倒れるも、散ドラは再び1点差に詰め寄る。6回裏、7番を6フライに打ち取り、しっかり捕球したかに見えたがポロリとグラブから落ちて生かす。8番のバントで二進。9番の投ゴロで二死三塁となる。続く1番の鋭い左前ライナーは惜しくも届かずグラブの下を抜け二塁打で、川口に1点を追加され2点差とされる。ぎりぎり入った7回表だったが、次のイニングに入ると思っていなかったか6番マー三振、7番コウスケ4ゴロ、8番ユウジ三振とあっさり三者凡退でゲームセットとなりました。

 

まだ学長杯はありますが、今日の試合は、今年度の研修リーグの最後の試合でした。エラーもありましたが、いいプレーもたくさんありました。打つ方でも、研修リーグ屈指の速球投手相手に苦戦もしましたが、みんな食いついていくことが出来ました。前試合は3回0対15のコールド負けを喫した相手に、2対4(実質的には2対3)はがっぷり四つでよく戦ったと思います。研修リーグ春季大会の最終戦からの3連勝、春季大会5位、4位の横川戦、川口戦と、本当に見応えのある試合を見せてくれたと思います。そうなった頃に最終戦というのもいつものことですが、みんなよく頑張りました!

 

これからも、がんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成201026日(日)  1347分〜1524分  曇り(やや肌寒い)

公式試合(研修リーグ秋季大会3回戦)      椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 1 1 0 0 2 

横川スーパースターズ 1 0 5 0 2 × 

【バッテリー】 P:コウキ⇒カズマ(4回〜)  C:カズマ⇒コウキ(4回〜)

【今日の敢闘選手】  初クリーンヒットのツバサ、暴走もあったが二塁打のシュンスケ

              初ヒット&好走塁のミノル

【試合経過】

散ドラの秋季大会3戦目。春季大会で惜敗した横川スーパースターズと再戦です。コウキとカズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁リク、三塁カズト、遊撃コウスケ、左翼トウゴ、中堅マー、右翼ツバサの先発メンバーでした。

 

初回表、1番シュンスケは三球三振。前回も打ちあぐねたサイドスローの変則左腕にまたもや苦戦か…?しかし、2番ツバサがセンター前にクリーンヒットで出塁。続く、3番カズトの二遊間の当りも内野安打となり、一二塁のチャンス。しかし、4番コウキはツースリーから低めの球を見逃し三振。ボールに見えたが、くさい球は打ちにいかないと。捕逸で二三塁にチャンスが広がるが、5番カズマも投ゴロに倒れ、この回無得点。チャンスを作りながら上位打線で無得点は痛かった。初回裏、1番にはファウルで粘られツースリーまで持ち込まれるが、三振で一死。続く2番もノースリーから投ゴロに打ち取り二死。ここで3番の左打者に右中間を破られるエンタイトル二塁打。ここで前回本塁打を打たれた4番を迎えるが、暴投・捕逸で労せず1点献上、4番は四球。しかし、5番は6フライで1点で抑える。2回表、6番コウスケはジャストミートも、センター正面で惜しくも一死。7番マーは四球で出塁するも、左腕投手のけん制に見事にひっかかる。しかし、迷わず二塁に走り、相手の送球ミスを誘いセーフで二進、チャンスを広げる。8番リクもファールで粘って、右前ヒットで一三塁のチャンス。9番トウゴも粘った末に投ゴロだが、一塁送球を見て、マーが本塁突入で1点返し、同点!!リクも三塁を狙い、セーフのタイミングだが、足がベースに届いておらず、残念ながらアウトでこの回終了。2回裏、6番を6フライ、7番にはファールで粘られるも3フライ、8番三振で三者凡退。流れは散ドラへ。3回表、先頭シュンスケは今度は左中間を破る完璧な当たり。しかし、二塁を回ったところでベンチの「スト〜ップ!」の声を無視して三塁へ。暴走かと思ったら、聞こえてから反応までが遅かったのか、三塁手前でストップ、これでははさまれてアウトだと思ったら、何と三塁送球が悪送球、ボールデッドとなって労せず1点追加。ラッキーな追加点で逆転だっ!!!いけいけで行きたかったが、2番ツバサは三振、3番カズトはボテボテで投ゴロ。4番コウキは会心の当たりを放つも深く守ったレフトが前進して捕球し、この回1点のみ。3回裏は、魔のイニングとなりました。9番はストレートの四球と、先頭打者、下位打線を四球に出す悪い癖が出る。続く1番の犠牲バントは三塁前に転がるが、間に合わずに内野安打となり、三塁に向かった走者を刺そうとして悪送球となり、労せず1点献上で同点とされる。続く2番の当りは平凡な7フライと思ったが、目測を誤りヒットとして、一三塁のピンチ。3番の当りもそれほど強い当たりではなかったが前進気味だったため届かずヒットとして、この回2点目。4番は三振にとり、ようやく一死とするが、5番の当りは鋭かったものの前進して正面で捕球と思ったところ、抜かれてしまい二走者と打者走者も還り、3点追加され、この回5失点となりました。6番四球、7番投ゴロで二塁フォースアウトで二死、8番三振でようやくチェンジ。4回表、5番カズマは4フライ、6番コウスケは6フライ、7番マーは自分の打った打球に当たりアウトとなり、三者凡退。このまま引き下がるのかドラゴンズ!4回裏、投手交代でカズマが久々の登板。先頭9番を投フライ、1番、2番を連続三振で三者凡退で再び流れを引き寄せる。しかし、5回表は、8番リク投ゴロ、9番守備から入っていたユウジ三振、1番シュンスケ投ゴロで三者凡退で、流れを掴めず。すると、5回裏、先頭3番は中前ヒット、4番は中越え三塁打で1失点。5番5ゴロエラーで一三塁。6番9フライをうまく追えずに後ろにそらし、2点目。もう1点取られるとコールド。コールドを逃れたとしても、時間が迫る。7番は5フライで一死。8番は三振で二死にこぎつけ、何とか次の回へと祈る。しかし、9番は追い込まれてからファールで粘りに粘って、11球目に右前の浅いフライ。これをミノルが突っ込んで捕球し、何とかわずか数分のタイミングで次の回へ突入。当然最終回となる6回表、2番ミノルは追い込まれてから、三遊間の内野安打で出塁。けん制悪送球の間に、足を活かして三塁まで達する。3番カズトの9フライをライトバックして届くが、グラブからこぼれるヒットとなり、1点を返す!4番コウキの6ゴロで走者が入れ替わり、5番カズマは投ゴロで二死。6番コウスケの7フライもレフトがバックしてグラブにあてるもこれまたこばしてヒットとなり、コウキが二塁から生還、2点目。しかし、7番シュウヘイが4ゴロに倒れ、ゲームセットとなりました。

 

3回表までは一進一退の好ゲーム。しかも、前回のように、打つ方はまったくダメで結果的に接戦ではなく、当たりも出ての接戦でした。「たられば」はありませんが、3回の5失点がなければ、どうなるか分からない展開でした。研修リーグも公式試合は1試合を残すのみとなりましたが(横川が将軍に勝って、決勝トーナメントに進出する前提で)、良いゲームをしてくれたと思います。最後の試合は、春季ふがいない試合で敗れた川口JRです。川口に横川は勝っているそうですから、散ドラ諸君も今度は勝つつもりで臨もう!そして、春季の残り試合(参考試合)北野戦も頑張ろう!!

 

がんばれ!散田ドラゴンズ!! 祝勝会したかったなあ〜。

 

 

 

 

平成201012日(日)  1028分〜1150分  秋晴れ

公式試合(研修リーグ秋季大会2回戦)      下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

北八王子エースB 0 0 3 0 1  

散田ドラゴンズ 3 1 1 3 3×   11

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】  2安打3打点のカズト、長短打のコウスケ、ユウジ。

              初の盗塁阻止のカズマ。投打に奮闘したコウキ。

【試合経過】

春季大会が昨日で終わり、秋季大会も正式開幕!散ドラは早くも2戦目です。コウキとカズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁カズト、遊撃リク、左翼ユウジ、中堅マー、右翼ユウヒの先発メンバーで、選手交代も活発に行いました。

 

初回表、1番6ゴロ、2番投ゴロ、3番三振と、久しぶりに見る絶好の立ち上がり。対する散ドラの初回裏、先頭シュンスケは四球・けん制悪送球で二進、2番ツバサも四球、シュンスケ盗塁で二三塁のチャンスに3番カズトは高めの球を叩き、左中間二塁打でまず2点先制!!4番コウキは9フライに倒れ一死。5番カズマの時、二塁走者カズトがけん制でつり出させるが、三塁悪送球となり一死三塁のチャンス。ここでカズマの打球はショートの頭を超える左前ヒットで3点目!しかし、6番マー投ゴロ、7番リク4ゴロと後続が続かず。2回表、4番投ゴロ、5番5ゴロで簡単に二死とするが、6番をストレートの四球。しかし、7番に粘られながらも、四球とせず三振に仕留め、この回も無失点。2回裏、8番ユウジは5ゴロだが一塁悪送球で出塁し、盗塁・捕逸で無死三塁のチャンス。ここで9番ユウヒは惜しくもセンターフライで一死。タッチアップのはずが、ユウジが飛び出していて、危うくダブルプレーになるところだった。1番シュンスケはキャッチャー前のテキサスヒット(見てない人は分からないよね…)で出塁・盗塁で二三塁。2番代打コウスケの投ゴロの間にユウジが還って1点追加。しかし、3番カズトは6ゴロでチェンジ。3回表、ここまで良かったコウキが乱れる。まず先頭8番にいきなりドスンと死球。次打者の初球に走ってくるが、ドンピシャリでアウトのタイミング!しかし、グラブからこぼれて惜しくもセーフ。9番は三振にとって一死。しかし、1番四球、2番死球で一死満塁の大ピンチ。3番にはセンターに弾き返されるが、マーが押さえて二死にこぎつける。しかし、ここでコウキが無用のけん制悪送球で1点献上。続く4番に右中間二塁打を打たれ、2点を追加される。5番の9フライは守備から交代で入っていたコウタがおさえチェンジとするが、この回3点を入れられ、1点差に迫られる緊迫した展開。3回裏、4番コウキは打ち気にはやって5ファールフライで一死。5番カズマのキャッチャー前のゴロは一塁悪送球を誘い、カズマは俊足(?)を飛ばして三塁へ。6番代打トウゴの時、捕逸で生還し1点追加。トウゴは右前に打つもライトゴロで二死、7番リクも4フライでこの回1点どまり。4回表、先頭6番を追い込んでから四球。7番、8番は気迫の投球で連続三振で二死。9番の時、盗塁を試みた一塁走者を刺してこの回無失点(盗塁阻止は初めてではないか??)。4回裏、8番ユウジが中越えヒットで出塁。9番コウタのバントで二塁へ送る。何としても追加点で突き放したい。しかし、1番シュンスケは5ゴロで二死。2番コウスケが追い込まれてから、中越え二塁打でユウジを還して1点目!捕逸で三進後、3番カズトも中前ヒットで2点目!!4番コウキの左越え二塁打で3点目!!!5番カズマは4ゴロでこの回終了となるが、この回は打って5点差と突き放す。5回表、先頭9番をワンスリーとするも投ゴロに打ちとり一死、1番は6ゴロエラーで出塁・盗塁で二進、2番バントで二死三塁。3番が5ゴロに打ちとるが一塁悪送球で1失点。ここで4番の当りはセンターへ。守備から入っていたミノルが慎重に捕球してチェンジ。5回裏、そのミノルからの攻撃。死球で出塁すると、二盗三盗を決める。疲れのみえる相手投手は、7番リク、8番ユウジと連続四球で満塁のチャンス。9番ソウタの死球でまず押し出しの1点。1番シュンスケの時、暴投で2点目が入り、あと1点でコールド。シュンスケは四球で再度満塁。2番コウスケは4ゴロだが、二塁手が一塁へ送球する間にユウジが還って、3点目、5回7点差の規定によりコールドゲームとなりました。

 

Bチーム相手とはいえ、こちらも積極的な選手交代で最後はバッテリーしか6年生はいませんでした。そういう意味ではいいゲームが出来たと思います。しかし、第一試合の中郷イーグルスBチームもかなりの強敵でした。先週は川口Bが中郷のAチームに勝っています。5年生以下の散ドラ諸君も更に精進しないと、次年度の躍進はありません。ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

今日も祝勝会だあー

 

 

 

 

平成20105日(日)  92分〜1025分  秋晴れ後くもり

公式試合(研修リーグ秋季大会1回戦)      川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

将軍 2 0 2 0   

散田ドラゴンズ 7 3 3 1×    14

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】  二塁打で試合を決めたコウスケ、足でヒットを稼いだユウヒ、

              試合経験が少ないが出塁したソウタ、打点をあげたコウタ、

              盗塁・得点したミノル。今日は全員出場!

【試合経過】

春季大会もまだ終わってませんが、秋季大会が始まりました。朝一番が苦手な散ドラらしく、課題もありましたが、とりあえず連勝です!ある意味ワンマンショーだったコウキとカズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ソウタ、三塁カズト、遊撃リク、左翼トウゴ、中堅マー、右翼ツバサの先発メンバーで、選手交代も活発に行い5・6年生は全員出場しました。

 

初回表、先頭打者を四球歩かせるいつもの悪い癖。2番は死球。3番は三振にとるも、4番も死球でいきなり満塁のピンチ。5番には初球を浅い中前ヒットとされ、二者還って2点を先制される…。6番、7番は連続三振にとり、チェンジ。初回裏、1番シュンスケが左前ヒット・盗塁で出塁し、2番ツバサの犠打は三塁のエラーを誘い出塁。3番カズトは四球で、こちらも満塁のチャンス。4番コウキは四球で、押し出しでまず1点。5番カズマは5ゴロエラーで2点目。6番マーの時に暴投でカズトが還って3点目。続いての暴投でコウキも本塁突入するが、うまい具合に跳ね返ってアウトにされる。マーは四球、7番トウゴは死球で再び満塁のチャンス。8番リクは四球で押し出し、4点目。9番ソウタの4ゴロは相手のエラーを誘い、5点目。打者一巡で1番シュンスケは3ゴロで二死となるも、6点目。2番代打シュウヘイの4ライナーを野手が弾いて、7点目。「何点入るか分からない♪」展開だったが、3番カズトの痛烈なライナーを辛くもピッチャーが捕球し、ようやくチェンジ。嫌な雰囲気を振り切る初回でした!2回表、8番は投ゴロで一死、9番は三振に取るが振り逃げで出塁。1番は四球で一二塁。2番は三振で二死。3番は死球で二死満塁のピンチ。しかし、4番を3ファールフライに打ち取り、この回無失点。2回裏、4番コウキ、5番カズマが連続四球、6番マーの右前ヒットで無死満塁のチャンス!ここで7番代打ユウジは四球、押し出しでまず1点。8番リクの5ゴロ一塁送球で一死の間に2点目。9番守備から入っていたコウタの3ゴロで二死となる間に3点目。ここで一塁から本塁への送球がそれる間に二塁走者だったユウジが本塁突入するが、ここはタッチアウトで、この回は3点止まり。3回表、5番を三振にとるが、またしても振り逃げで生かす。6番も三振で一死。7番四球、8番死球で満塁のピンチ。今日のコウキは三振にとるか、ぶつけるかという一か八かのピッチング。9番は6ゴロに打ち取り、タイミングは際どかったが本塁フォースアウトで二死。なおも満塁で、1番の当りは中前ヒットで1失点、加えて後ろにそらして更に1失点、続いて本塁突入の走者はタッチアウトにし、この回2失点。3回裏、1番シュンスケ四球・盗塁、2番代打ユウヒは6ゴロ内野安打でシュンスケが一気に還って1点目。代走ミノル盗塁で二進後、3番カズトの左前ヒットでミノルが一気にホームインで2点目。カズト盗塁・暴投で三進のチャンスも、4番コウキは高めの球を見送って三振で一死。5番カズマ四球・盗塁で二三塁。6番マーの投ゴロを一塁送球するのを見て、カズトがホームインで3点目。7番ユウジもコウキ同様高い球を見送って三振で、この回3点止まり。コウキもユウジも、確かに高い球だったが、今日の主審はあの高さはストライクだから、ツーストライク後は手を出そう!4回表、2番の当りはボテボテで高く弾んだ投ゴロ。落ちてくるところを捕っても間に合わないと判断し、コウキが突っ込むが弾いてエラー。しかし、このエラーは仕方がない。3番は四球。4番は4ゴロで、セカンドに入ったリク、ショートに入ったコウスケと4−6−3のダブルプレーと行きたかったが、打球の勢いがなかったこともあり、一塁はセーフで一死一三塁。しかし、5番三振、6番投ゴロで無失点。4回裏、8番リクが四球・盗塁、9番守備から入っていたコウスケが追い込まれてから、鋭い右中間二塁打を放ち、リクを還してこの回1点。4回10点差の規定により、コールドゲームとなりました。

 

なんとか2連勝しましたが、今日は悪い意味でコウキのワンマンショーでした。死球4つ、四球4つ、三振8つ。まさに三振か死四球。朝一の試合とはいえ、もうちょっと何とかしないといけないね。打つ方は最近みんな当ってきています。速くないとこれだけ打てるのです。速い球の時でも、あとはタイミングの取り方だけです。この調子で、秋は快進撃を見せよう!ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

今日も祝勝会かあ〜?

 

 

 

 

平成20928日(日)  1244分〜144分  曇り、寒いくらい

公式試合(研修リーグ春季大会12回戦)   椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

台町四丁目子ども会 0 1 0 0   

散田ドラゴンズ 0 4 10 ×    14

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】  二安打のトウゴ、三塁打のカズマ、コウキ、リク、二塁打のカズト、

              ヒットのマー、内野安打のシュウヘイ 今日はよく打ちました。

【試合経過】

やっと勝ちました。相手の自滅だった前の勝利違って、今日は打りまくっての会心の勝利ですね!コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ソウタ(初先発)、三塁カズト、遊撃リク、左翼トウゴ、中堅マー、右翼ツバサの先発メンバーでした。

 

初回表、台町1番をいきなりストレートの四球・盗塁。2番は三振にとって一死。3番の当りは4ゴロと思ったが、右前に抜けて一三塁のピンチ。4番も四球で満塁。試合前からあった「今日は勝つぞ〜」という雰囲気が急速にしぼんでいきました。5番は4ゴロでバックホームするが球がやや高く「セーフか?」というタイミングだが、走者がカズマのブロックに阻まれアウト。ラッキーでした。6番は三振にとり、何とか無失点でしのぎました。初回裏、気負った散ドラ諸君も、1番シュンスケ5ゴロ、2番ツバサ投フライ、3番カズト6ゴロで三者凡退。初回の攻防だけだと完全に押されている。2回表、7番を四球で出す。コウキは立ち上がりと先頭打者が課題。二盗されるが、三盗は阻止して一死。しかし、8番を再び四球で出し、盗塁の後、捕逸で三進。9番は投ゴロで二死とするが、1番のとき再び捕逸で先制点を許す。イヤな展開。1番は5フライでチェンジ。イヤな感じが頭をよぎる2回裏、先頭4番コウキの5ゴロは悪送球を誘い、二進。暴投で三進。5番カズマは四球で一三塁。カズマが初球にスタートすると、相手投手が投球動作を止めるボークとなり、コウキが生還、同点とする。6番マーは三振で一死。7番トウゴ、8番リクも四球で満塁のチャンス。9番ソウタの時、捕手がこぼし二塁走者トウゴが三塁に向かうが、三塁走者カズマは動かず。「まずい」と思ったが、捕手が二塁送球、その間にカズマが還って逆転。ソウタも四球で再度満塁。1番に返ってシュンスケの5ゴロでバックホームされるが、トウゴがセーフとなり、この回3点目。2番代打ユウヒは三振で二死。3番カズト四球で押し出しで4点目。押せ押せムードで打者一巡で、4番コウキは6ゴロでそのままセカンドに入りフォースアウト、この回4点止まりだが、相手のミスの乗じて逆転!3回表、2番を4フライ。ソウタが捕りました。3番投ゴロ、4番5ゴロで三者凡退。コウキもようやくエンジンがかかる。3回裏、ここで台町は投手交代。5番カズマの右線の当りはライトがグラブに当てるもはじき三塁打となる。続く6番マーも右前ヒットで1得点!7番トウゴは5ゴロ内野安打で、一三塁。8番リクの投ゴロの間にマーが還り、2点目!!トウゴも暴投で還って3点目!!!9番コウスケは四球・盗塁、1番シュンスケの5ゴロは一塁手が捕球エラーで、コウスケが還って4点目!!!!2番シュウヘイの6ゴロ内野安打でシュンスケが還って5点目!!!!!3番カズトは右越え二塁打で6点目!!!!!!4番コウキの三塁線を破る三塁打で7点目!!!!!!!5番カズマは2ボールとなって、台町は三人目の投手交代。しかし、暴投でコウキが還って8点目!!!!!!!!カズマも四球。6番マーは三振で二死となるが、7番トウゴ右越え三塁打で9点目!!!!!!!!!8番リクも右線を破る三塁打で、なんとこの回10点目!!!!!!!!!! 9番コウスケ6ゴロでようやくチェンジ。4回表、5番三振、6番投ゴロ、7番投ゴロで三者凡退にとり、4回10点差の規定により、コールドゲームとしました!!

 

立ち上がりはどうなることかとハラハラしましたが、終わってみれば、8安打の大勝利。コウキも2回以降は立ち直りました。いつもこういう試合を見せてほしいものです。これでようやく春の大会は2勝目ですが、もっともっと勝てるはずです。中郷さんのHPの研修リーグの試合結果を見ていても、客観的にそう思います。春もあと1試合残していますが、短期決戦の秋の大会は充実した戦いを見せよう。ガンバレ!!散田ドラゴンズ!!

 

今日は祝勝会だあ〜

 

 

 

 

平成20921日(日)  1035分〜1140分頃  雨時々曇り、涼しいが湿度あり

公式試合(連盟秋季大会1回戦)   滝ヶ原グランドB面     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0   

南大沢オークス 3 3 0 4×    10

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】  帯に短し、タスキに長し(該当者なし)

【試合経過】

トウゴが欠席、コウスケ風邪、ミノルはヒジ痛のため下級生と練習のため、選手12名で滝ヶ原へ向かいました。コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁カズト、遊撃リク、左翼ユウジ、中堅マー、右翼シュウヘイの先発メンバーでした。

 

初回表、相手投手はメチャクチャ速いわけではないが、しっかりしたフォームで制球が良い。1番シュンスケは振り遅れてボテボテの投ゴロで一死。2番ツバサは、ファウルで4球粘り、4ゴロで二死になったが、これまでで一番いい当りだった。3番コウキは左前ヒット。左翼手の守備位置が深いのが幸いした。しかし、4番カズマもミートはするも振り遅れで4ゴロで無得点に終わる。初回裏、ノッポの1番打者が初球をいきなり中前ヒット。二三盗のあと、2番四球で無死二三塁のピンチに、捕逸で1点献上。続く左の3番は中越え三塁打となり、2点目。4番が3ゴロで一死となる間に三塁走者が還り、3点目。5番は強烈な当りでショート横をゴロで抜き、左中間を抜ける二塁打。6番は打ち取った当りだがサードが抜かれ、ショートがカバーするも内野安打で一三塁。しかし、7番をショートゴロに打ち取り、一塁アウトのあと、本塁突入の三塁走者も間一髪アウトとしてダブルプレーで、何とかチェンジ。2回表、5番カズトもいい当りも4ゴロ、6番マー三振、7番リク3ファウルフライで三者凡退。2回裏、先頭8番に痛烈な左前ヒットを浴びる。盗塁で二進後、9番の当りは浅いセンターフライ。二塁走者は飛び出している。捕ればゲッツーという外野手には絶好の場面だったが、残念ながら捕れずに1失点、打者走者は二進。捕逸で三進。1番は四球・盗塁で、なおも無死二三塁のピンチ。2番は打ち取った当りだが、前進守備の二塁手後ろに落ちる内野安打で2点目。3番はレフトへの強い当りだが、ユウジがしっかり捕球し一死。4番は投ゴロで二死となるが、その間に三塁走者が本塁を陥れ、3点目。5番3ファウルフライでようやくチェンジ。3回表、8番ユウジは高々と打ち上げたが7フライで一死。9番シュウヘイは三振で二死。ここでアクシデント発生。1番シュンスケはトイレに駆け込んでおり、試合が中断!約5分後再開。これで運がついたか、右前にいい当たりを放ち一塁手もベースを離れており、チャンスだったが、何と浅く守っていた右翼手が自ら一塁を踏みライトゴロとしました。残念ながら、この回も三者凡退。3回裏、6番を3フライ、7番投ゴロ、8番5ゴロで三者凡退に打ち取り、散ドラもようやくリズムをつかむ。4回表、2番ツバサは5ゴロで一死、3番コウキも5ゴロだが、一塁送球がそれる間に気迫のヘッドスライディングでセーフとなり出塁、盗塁も決めて、一死二塁のチャンス。ここで4番カズマ。先週からいい当りも詰まらされており、ベンチから「短く持て」、「ミートしろ」との声が飛ぶ。その言葉通り、しっかりミートしレフト前と思ったが、何とショートが捕球し、飛び出していた二塁走者コウキも刺して、ダブルプレーであっという間にチェンジ。ここで得点できなかったのは大きかった。4回裏、シュンスケがまたしてもトイレに駆け込み、ユウジが一塁へ、左翼にユウヒが入るメンバー交代。先頭9番を四球、盗塁。1番は打ち取った当りだが、飛んだコースがよく内野安打。盗塁で二三塁となったあと、3番の左前ヒットでまずこの回1点目。暴投・捕逸で2点目、3点目を失い、後がないドラゴンズ。3番を四球としたあと、4番はキャッチャーフライで一死とするも、5番はまたしてもとんだコースがよく内野安打で、一三塁。ここで、6番の当りは三塁手の横を抜け、この回4点目が入り、4回10点差の規定により、コールドゲームとなりました。

 

相手は強豪チームですが、最近の試合内容からすれば、こんなに点差がつく相手でもないと思います。敗因その一、公式記録(管理人の)ではエラーゼロですが、ちょっといただけないプレー・もう少しガンバレばアウトにできるプレーが8個くらいありました。全部とは言いませんが、半分くらいをつぶせれば、点差はぐっと詰まるよね。敗因その二、そういうプレーを分けるのが、最後に父母会長が言っていた覇気、元気です。何か今日の試合はみんな気合いが入っていない感じでした。敗因その三、やはり打つ方がまだまだ。だいぶ、工夫をするようにはなってきていると思います。もうちょっとという感じですね。もうちょっとで、あと一本、あと二本が出る感じにはなってきています。

 

気合を入れて頑張ろう!散田ドラゴンズ!!! あと、トイレは事前に済まそうね!

 

 

 

 

平成20914日(日)  1046分〜1218分  晴、やや暑い

公式試合(研修リーグ春季大会11回戦)   下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0 0 0 0

横川スーパースターズ 2 0 0 0 0 0 × 2

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】  内野守備陣(13アウトが内野守備機会)

【試合経過】

先週に続いて、いい試合でした。勝ちたかった。コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁カズト、遊撃コウスケ、左翼ユウジ、中堅マー、右翼シュウヘイの先発メンバーでした。

 

初回表、1番コウスケ3ゴロ、2番シュンスケ4ゴロ、3番コウキ三振と三者凡退。横川の左腕はサイドスローの変則モーションで実際の球速以上に速く見えます。初回裏、先日乱れたコウキも1番を5ゴロと無難な立ち上がり、2番はファースト横を抜ける右前ヒット。そして、3番は初球を叩き、見事ツボに入り左越えフェンス越えのツーラン本塁打となりました。これは仕方ありません。気を取り直し、4番を三振に仕留め二死。しかし、5番は打ち取ったと思ったが、右前テキサスヒット。捕逸で二進後、6番も打ち取ったボテボテの当りを三塁が抜かれ、一三塁のピンチ。捕逸で二三塁となった後、7番を6フライに打ち取り、チェンジ。2回表、4番カズマ4フライ、5番カズト三振、6番マー4ゴロと、みんなタイミングが遅く、右方向にしかいかない。2回裏、コウキも負けじと、8番三振、9番投フライ、1番4ライナーと三者凡退。3回表、7番シュウヘイ三振、8番ツバサが3内野安打で出塁するも、9番ユウジ三振、1番コウスケ3フライで得点ならず。3回裏、先頭2番を投ゴロ、前打席ホームランの3番は四球、4番も連続四球で、盗塁もからめ一死二三塁のピンチ。しかし、5番を2ファールフライ、6番を投ゴロに仕留めて、この回も無失点。4回表、先頭2番シュンスケが四球を得るも、けん制につり出され挟撃プレーでアウト。3番コウキは前打席に続き三振、4番カズマはミートするも8フライで三者凡退。4回裏、7番5ゴロ、8番には粘られたすえ四球(もったいない)、9番はバントで二死二塁から、1番は左前ヒット・盗塁で、再び二三塁のピンチ。しかし、2番を浅い2フライに打ち取り、この回も無失点。5回表、制球の良い相手投手に対し積極的に打ちにいくが、5番カズトが初球投ゴロ、6番マーも初球5ゴロ、7番シュウヘイ三球三振で、この回は何と5球で三者凡退。5回裏、コウキも負けじと、3番、4番は5ゴロで、5番は四球を出すが、6番三振で無失点。そろそろ何とかしたい6回表だが、8番代打リクが粘ったすえに三振、9番ユウジ4ゴロ、1番コウスケ三振で、反撃の糸口をつかめず。時間が迫る6回裏、7番、8番を連続三振、9番も6フライで三者凡退で、最終回へとつなぐ。7回表、先頭シュンスケがようやく中前ヒットで出塁。しかし、盗塁失敗で一死。コウキの5ゴロもおもしろい当たりだったが、一塁手を避けてスピードが落ち、内野安打をとれず二死。4番カズマはレフトに飛ばすも、やや詰まらされ7フライに終わりゲームセットとなりました。

 

今日は野手エラーはゼロでした(あやしいのがいくつかありましたが)。そうすると、これだけ引き締まった試合になります。ただ、良い試合でしたが、惜しい試合かというと、だいぶ地力の差がある中の接戦でした。散ドラは相手の攻撃を何とかしのいでいるのに対し、横川はこちらの攻撃をあっさりと封じていました。やはり、速い球でもしっかりタイミングをとって、負けないでセンターに弾き返せるようなバッティングがしたいよね。そのためには、やはり振り込まないとね。

 

先週・今週で1勝はしたかったものの仕方ありません。残り2試合、北野戦、台町戦を全力で戦おう!

 

ちなみに、下川練習リーグも、3対9で負けてしまったとのことです。下川練習リーグ、ティーボール大会の結果を総監督からもらったので、下の方に載せてあります。こちらの方も見てください。

 

 

 

平成2097日(日)  1034分〜1210分  晴、風なし、暑い

公式試合(研修リーグ春季大会10回戦)   川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 2 1 0 0 

恩方スターズ 4 0 0 1 2 × 

【バッテリー】 P:コウキ⇒シュンスケ(2回〜)  C:カズマ

【今日の敢闘選手】 3安打のコウキ、好リリーフのシュンスケ、今季初ヒットのカズト

【試合経過】

1ヵ月半ぶりのレギュラーチームの試合。気合を入れて勝ちにいきましたが、いや〜惜しい試合でした。勝ちたかった。コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼トウゴ、中堅マー、右翼ユウヒの先発メンバーで、2回以降、大幅に選手交代がありました。

 

初回表、先頭シュンスケは6ゴロで一死、2番ツバサは四球・盗塁、3番コウキのセンター前への当りに野手が突っ込むが捕れずにヒットで、一二塁のチャンス。4番カズマの初球、一塁走者コウキがスタートするもツバサ動かず、コウキが一塁へ戻るタイミングで三塁へ走り、捕手からの送球でタッチアウトで二死。サイン見逃しか、見間違いか分かりませんが、もったいなかった。カズマは左前ヒットで再び一二塁のチャンス。5番ユウジの初球、今度はコウキが盗塁成功し、三塁悪送球になったのを見てホームを狙って飛び出すも、ショートがうまくカバーしており、既に戻るタイミングを逃し本塁タッチアウトとなりました。コウキの判断も悪かったですが、ベースコーチもしっかり指示をしたかった。初回裏、先頭の左打者に左越ヒットを打たれ三塁打の当りだが、レフトから中継へのボールがとんでもない方向にそれ、ホームインで先制点を許す。2番にも左線の大きなファウルを打たれるが、三振にとり一死。3番はストレートの四球・盗塁。4番は中越え二塁打で2点目。5番3ライナーはグラブに当てるも弾いて内野安打とする。盗塁で二三塁となった後、6番は6ゴロでホームアウトのタイミングだが、送球が高くセーフとなり、3点目。7番の時、暴投で三塁ランナーが突入するが、アウトのタイミング。しかし、トスが若干左に流れ、カバーに入ったコウキも目がホームにいって捕り損ない、4点目。久し振りの試合でへばってきたか、7番・8番は四球で満塁のピンチ。9番は追い込んでから、再び暴投。しかし、今度は落ち着いて本塁タッチアウトで二死。しかし、9番を結局歩かせ再び満塁のピンチ。ここで第一打席で左越え安打の1番を迎える。しかし、何とか5フライに打ち取り、ようやくチェンジ。2回表、5番ユウジは投ゴロ、6番リクは5ゴロで二死。7番マーは粘って四球で出塁するも、8番トウゴは6ゴロで無得点。2回裏、流れを変えたい散ドラは大幅に選手交代。投手にシュンスケ、一塁コウキ、二塁リク、三塁カズト、遊撃コウスケという布陣。この交代が功を奏し、試合がぐっと引き締まる。シュンスケも久しぶりのせいか、先頭2番をストレートの四球・盗塁で無死二塁とするが、3番は6ライナーに打ち取り、そのままコウスケが二塁に入り、飛び出していた二塁走者もアウトで一気に二死。4番も6ゴロで三者凡退にとる。流れを確実に引き寄せるイニングでした。3回表、先頭9番ユウヒはよけたボールがグリップに当たり投ゴロで一死。1番シュンスケは5ゴロエラーで出塁・盗塁。2番ツバサは4ゴロで二死となるも、3番コウキの左前ヒットがレフトを抜け二塁打となる間にシュンスケが還って、1得点。続いて二塁走者コウキへのけん制に誰も入っておらず、センターも抜けボールが転々とする間にコウキが還って、2点目。4番カズマは粘った末三振となるが、いけいけムードだっ!このあたりから、俄然ベンチの応援も盛り上がりを見せる。3回裏、先頭5番は5ゴロで一死。6番・7番は連続「死球」とするが、8番6ゴロ、9番三振で無得点。4回表、先頭5番カズトが中前にクリーンヒット・盗塁。6番リクは四球。暴投で無死二三塁のチャンスで、7番マーは投ゴロで一死となるが、ここで飛び出していた二塁走者リクを刺そうと一塁から転送されたボールが悪送球となり、カズトが還って1得点。これで1点差に詰め寄る。なおも一死三塁で同点のチャンスに、8番トウゴの当りは、高いバウンドの投ゴロ。ホームイン出来る当たりだったが、スタートのタイミングが遅くタッチアウトとなり同点機を逸す。9番シュウヘイも投ゴロでチェンジ。4回裏、先頭1番の一二塁間のゴロを一塁コウキが抜かれるが、リクがナイスカバーで捕球すると、自分がそのまま一塁へ駆け込み間一髪アウト(リクのファインプレーだが当然投手がカバーだよね)。2番は投フライで二死。3番は5ゴロでチェンジから思ったが、ボールを握り損ない生かしてしまう。盗塁後、4番の当りは二塁よりの4ゴロで送球するも惜しくもセーフとする。この間に二塁走者が一気に生還し、2点差とされる。一塁コウキが判定を見たわずかな時間が送球の遅れとなった。常に次のプレーを心がけよう。5番は6ライナーでこの回1失点に抑える。5回表、1番シュンスケは5ゴロで一死となるが、2番コウスケの強い6ゴロは、野手のトンネルを誘い出塁。3番コウキは中前ヒットで一二塁。盛り上がるドラゴンズベンチ。しかし、二塁けん制でコウスケがタッチアウトで二死。微妙なタイミングだったが、うまいけん制だった。コウキが盗塁しチャンスを広げるが、4番カズマは5ゴロに倒れ、無得点に終わる。時間が迫り、早く終わらせたい5回裏。しかし、6番四球・盗塁・暴投で三進され、7番は追い込んでから、ファウルで粘られた挙句、中前ヒットで1失点。8番は三振にとるが、6球を費やし、時間が気になる。9番三振で二死。その間に盗塁で三進された後、1番の6ゴロが内野安打となる間に三塁走者が生還し、2点目、ついに4点差とされる。2番を5ファウルフライに打ち取り、ようやくチェンジとし、間一髪1〜2分の時間を残し次のイニングへ。何とか4点差を逆転したい6回表だが、5番カズトはいい当たりだが、惜しくも9フライ。6番リクは6ゴロ。7番マーは四球。8番は代打ミノル。マーが盗塁で二進するが、投ゴロに倒れ、残念ながらゲームセットとなりました。

 

今年の恩方さんは格上ですが、散ドラ諸君がミスなくベストのゲームをすれば、勝つことが出来ると思っていましたが、残念ながら、いくつかのミスがあって、勝利をものにすることが出来ませんでした。久し振りの試合ということもありますが、合宿の「野球教室」で言ったことを出来ていない面が多々ありました。もう一度、言われたことをよ〜く考えてみよう!そして、次こそ勝利を!

 

 

 

 

平成20810日(日)  1427分〜1552分  薄曇り、弱風、比較的涼しい

公式試合(連盟新人戦1回戦)   滝ヶ原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 0 0 1   

アンギラス 3 0 2 7×    12

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒リク⇒シュンスケ  C:カズト

【今日の敢闘選手】 奮闘した5年生以下の選手たち

【試合経過】

ずいぶん待たされた新人戦!試合慣れしている面々も、上級生がいない自分たちの試合と思うとプレッシャーがかかるのか、朝集まった時から、表情が硬かったですね。先発メンバーは、投手シュンスケ、捕手カズト、一塁コウスケ、二塁コウタ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼ミノル、中堅ソウタ、右翼ナオキのメンバーでした。相手は去年の下川練習リーグでも戦った強豪アンギラス。

 

初回表、先頭リクが追い込まれてからファウルで粘り、9球投げさせて四球で出塁。狙い通りのい打席でした。盗塁・捕逸で三進するが、二番シュンスケは、投ゴロで一死。三番カズトの打球は鋭い4ライナーで強襲ヒットとなり、リクが生還し、先制点を挙げました!!理想的な展開です!しかし、四番コウスケが投ゴロ、五番ユウジが三振で後続が続かず。いい流れの散ドラだが、初回裏、先頭をストレートの四球で出し、盗塁で二進される。二番は三遊間を抜ける左前ヒット・盗塁で二三塁のピンチ。三番は三振にとり一死とするも、四番の5ゴロをはじいてレフトに達する間に二者生還で、逆転される。二三盗のあと、五番中前ヒットでこの回3点目。しかし、六番投ゴロ、七番三振で後続を断つ。2回表、六番コウタ三振、七番ミノル5ゴロ、八番ソウタ3ゴロで三者凡退。2回裏、先頭八番を三振、九番投ゴロ、一番を四球・二三盗でピンチを迎えるが、二番を三振にとり無失点に抑える。流れを引き寄せたい散ドラの攻撃3回表、先頭九番ナオキがツースリーから死球で出塁。一番リクの6ゴロでナオキが二塁フォースアウトで一死。けん制悪送球でリクは二進。二番シュンスケ四球で一二塁。三番カズトは外野に飛ばすも7フライで二死。しかし、四番コウスケの左前ヒットで二死満塁のチャンス!しかし、五番ユウジが三振に倒れ、この回無得点。3回裏、先頭三番を死球で出し、二三盗され、四番も四球・盗塁で二三塁のピンチ。五番を6フライで一死とするも、六番の投ゴロで一塁送球二死とする間に、抜け目なく二者生還され、2失点。死四球と盗塁にしてやられている。七番を四球で出すが、八番三振で後続を断つ。反撃したい散ドラの4回表、六番コウタは3フライに倒れるが、七番ミノルが二塁手の足元を抜ける(トンネル?)右前ヒットで出塁。二三盗を決める。八番ソウタも四球・盗塁で、二三塁のチャンス。ここで、九番ナオキは一塁ライナーで二死。飛び出した二塁走者ソウタを刺そうとした二塁送球が悪送球となり、ミノルが生還、1点をもぎとる。尚もチャンスかと思われたが、二塁走者ソウタがけん制アウトとなり、この回は1点止まり。4回裏、先頭九番の当りは、ベースコーチ付近のファウルフライ。ベンチや木が目に入る難しい当たりだが、ユウジがキャッチし一死。しかし、一番は三度四球で出し、二三盗、捕逸で労せず1点を与える。二番は死球・二三盗、三番も死球・盗塁、四番も四球で満塁の大ピンチ。100球以上を投げ、シュンスケも疲れが出たか。ここで、リクに投手交代。しかし、朝からキャプテンの重圧を感じていたリクには荷が重かったか、五番から九番まで五連続四死球で5点を献上無念の降板となりました。リクはさぞかし悔しかったと思いますが、この悔しさはこの後きっと活きてくるぞ!再びシュンスケが登板し、投球練習では球の切れ・コントロールとも戻ったが、一番に左前に運ばれ、この回7点目が入り、4回10点差の規定により、コールドゲームでの敗戦となりました。

 

結果だけ見ると、コールドゲームですが、中盤までは打ち込まれたわけでもなく、エラーばかりということもなく、良いゲームをしていました。この結果の差は、走塁をはじめとする抜け目のない攻め(考えた野球)が出来るかどうかと、スタミナの違いです。しっかり練習をすることと、考えて練習することで、君たちもまだまだ強くなれます。来週は散ドラ活動は休みだけど、しっかり自主練習をして、再来週の合宿に備えよう!今年の合宿のテーマは、「練習漬け」です。強くなるには練習しかありません。今日の悔しさを練習にぶつけよう!がんばれ、散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成20720日(日)  858分〜1010分  晴、風なし、暑い(真夏日)

公式試合(研修リーグ春季大会9回戦)   大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0    

川口ジュニアーズ 0 6 9×     15

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】 う〜む…、暑い中頑張って応援した父母か?!

【試合経過】

久し振りにハチャメチャな試合を見た気がします。出足が良かっただけに残念!コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼トウゴ、中堅マー、右翼シュウヘイの先発メンバーでした。

 

初回表、川口は塁審をした時に見た投手ではありませんでしたが、大柄で球は速く二枚看板といった感じです。一番シュンスケは、ファウルで粘りに粘り、11球投げさせて四球を選びました。非常に良い打席でした。その後、二三盗で三進し先制のチャンス。しかし、二番ツバサは2ボールから一球も振らずに見逃し三振、三番コウキも力ない4フライ、四番カズマ投ゴロでチャンスを逸しました。初回裏、先発コウキも負けじと、一番を空振り三振、二番6ゴロ、三番7フライで三者凡退に切って取りました。2回表、トウゴはストレートの四球、盗塁で二進。さらに二塁けん制の送球がトウゴの足に当たり右中間を転々と…。気づくのがちょっと遅れたものの、本塁まで還れるタイミングでしたが、トウゴは三塁を回って三本間でストップし、挟撃プレーとなりタッチアウトになりました。本塁返球は良かったものの、きわどいタイミングだったので突っ込んでいってほしかった…。六番ユウジ、七番マーとも見逃し三振に終わり、無得点。2回裏、ここで試合が大きく動きました。四番は三塁線を破り、左翼がもたつく間に二進、捕逸で三進。五番は3フライで一死。六番の当りは緩い3ライナーだったが、はじいて右前に転がり、1失点。七番は死球(ですが、ぶつかる球でもありませんでした)。捕逸で二三塁となった後、八番は左前のテキサスヒットで2点目。強いチームなら、三塁・遊撃・左翼の誰かが捕っている当りでした。尚も二三塁で、三塁けん制を三塁が逸らし、3点目。九番の三遊間の当りをショートがよくカバーしたが一塁送球が逸れセーフとし、4点目。一番は4ゴロに仕留め、ゲッツーはとれなかったが、二塁フォースアウトでようやく二死(ダブルプレーは取れませんでしたがこの試合唯一の形になっていたプレーです)。残った走者が盗塁、捕逸で三進後、二番3ゴロをはじいてセーフとする間に5点目。盗塁、暴投2つで6点目を献上したあと、三番を三振にしとめ打者一巡でようやくチェンジとなりました。3回表、八番リク、九番シュウヘイが空振り三振で簡単に二死となり、一番シュンスケはしぶとく中前に転がし出塁するも、スタートが遅く盗塁失敗で無得点の終わる。3回裏、先頭四番をストレートの四球、五番には4球ファウルを打たれたあとタイミングがあって左越三塁打で1失点。六番は5ゴロに打ち取り、三塁走者が飛び出していたのでタッチアウトのタイミング。しかし、一塁へ送球し、しかもセーフとしてしまう。七番は左前ヒットで二走者が還り3点目、打者走者は二塁へ。バックホームされたボールを二塁転送するも、走者に当たり三進。八番は5ゴロに打ち取るも今度は帰塁している走者にタッチにいき、オールセーフのフィールダースチョイス(野手選択)となる(「どうしたらいいの?」状態で昔の我が子を見るようでちょっと気の毒でした…)。九番は4ライナーに打ち取り、念のため一塁転送で一死、二塁走者が三塁まで飛び出していたので、(ライナー捕球アウトの前提で)一塁から二塁転送したが捕球できず、三塁走者が還って4点目(結局二塁塁審の判定で打球はゴロと判定されましたが…、二塁走者も帰塁していましたし、ゴロなら二塁転送をすることもなく、三塁走者も還らなかったのですから、判定は早めにしてほしいものです。自分たちが塁審をする時も気をつけねば)。一番は右越三塁打で5点目。二番の左中間の当りを抜かれて三塁打で6点目。暴投で7点目。三番の5ゴロはイレギュラーして左前に。盗塁後、四番の5ゴロを一塁悪送球で8点目。あと1点でコールドとなる。後がないドラゴンズ。五番は6ゴロに仕留め、ようやく二死。六番をツースリーとしたところで、三塁けん制がそれて三塁走者が生還、この回9点目が入り、3回15点差の規定により、コールドゲームになりました。

 

あまりの試合内容に、試合後は、いつもは温厚な監督・コーチからも厳しい言葉がありましたね。また、いつもうるさい父たちからもさらにうるさい言葉がありましたね。いろいろ言われたと思いますが、やはり「考えて野球をすること」でしょうね。そうすれば、声も出るはず!打球が来る前に準備もできるはず!試合に集中できるはず!だからです。

 

しっかり考えろ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成20721日(日)  148分〜   晴

公式試合(下川練習リーグ春季大会3回戦)   椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・長房ジャガーズ 2 0 7 1 2   12

長房ファイターズ 6 4 0 2 1×   13

3番セカンド・タカナリ      三振、5内野安打、3フライ

代打・リク(特別参加)      四球

4番ショート・ナオキ       三振、6フライ、四球、四球

8番ライト・リサ          三振

代打ライト・アキヒロ       四球、三振

9番センター・カズト(特別参加)  中前ヒット、本塁打、右中間二塁打

 

平成20720日(日)  1315分〜   晴、

公式試合(下川練習リーグ春季大会2回戦)   清川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・長房ジャガーズ 0 0 1 0   

川口ジュニアーズ 5 1 8 17×    31

2番ショート(ピッチャー)・タカナリ          三振、犠打(バント)

4番ファースト(ピッチャー・ショート)・ナオキ、   三振、

6番センター・シュウヘイ                三振

9番ライト・リサ

  〃  ・アキヒロ                   死球

平成207月6日(日)  907分〜   晴、暑い(真夏日)

公式試合(下川練習リーグ春季大会1回戦)   下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

アンギラス 4 4 6 14×    28

散ドラ・長房ジャガーズ 0 0 0    

2番ショート・タカナリ     投手ゴロ、四球

4番ファースト・ナオキ、   三振、三振

6番センター・シュウヘイ、  三振

8番ライト・リサ(アキヒロ)  四球

 

 

 

 

平成20713日(日)  松ヶ谷小学校 

ティーボール大会     

【1・2年生】  アキヒロ(2年)、リサ(1年) 

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・城山 0 4 0 0 5  

川口・北八王子 2 0 0 2 0  

    

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・城山 5 1 5 1 4   16

みなみ野ファイターズ 0 4 0 1 0  

【3年生】   タカナリ、ナオキ、シュウヘイ  

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・北野 1 2 0 0 5  

松ヶ谷ジャガーズ 0 1 3 0 2  

    

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

みなみ野ファイターズ 1 1 0 0 5  

散ドラ・北野 2 0 3 0 0  

 

 

 

 

平成20713日(日)  858分〜10時頃   晴、暑い(真夏日)

公式試合(研修リーグ春季大会8回戦)   下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

将軍 0 0 0    

散田ドラゴンズ 3 10 2×     15

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】 二塁打二本のシュンスケ、無四球完封のコウキ

【試合経過】

「今日こそ勝利を」の思いを胸に真夏日の中、行われた研修リーグ第8戦です。コウキ・カズマの先発バッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼シュウヘイ、中堅マー、右翼ユウヒの先発メンバーでした。

 

初回表、一番は三振に切って取り幸先良いスタート。二番のライトフライは捕れない当りではなかったが、頭を越されエンタイトル二塁打。三番投ゴロの間に三進されるが、四番も三振にとり無失点。初回裏、先頭シュンスケが二球目をジャストミート、ライナーで左中間を抜いて二塁打、盗塁で三進。二番ツバサは四球・盗塁で二三塁のチャンス。三番コウキの5ゴロエラーの間にシュンスケ生還、1得点。コウキは二進。4番カズマの時、捕逸でツバサが還って2点目。カズマの右前ヒットでコウキが還って3点目。いけいけムードのドラゴンズ!五番ユウジは三振で一死。六番リク四球、七番マー投フライで二死。八番シュウヘイ四球で、再び二死満塁のチャンス。しかし、ユウヒ5ゴロで本塁フォースアウトでチェンジ。打者一巡するも3点に終わり、やや物足りない初回の攻撃でした。2回表、五番を三振に取るも、六番は三遊間ヒットで出塁を許す。しかし、七番投ゴロで二塁フォースアウトで二死。八番も投ゴロで無失点に抑える。2回裏、再び一番シュンスケから。初球をジャストミートすると8ライナーは外野を抜け、エンタイトルでまたまた二塁打。二番ツバサのバントは悪送球を誘い、シュンスケが一気にホームイン。この回1点目。ツバサ二三盗、コウキ四球・盗塁で二三塁から、四番カズマの時、捕逸・暴投でツバサ、コウキが相次いで生還3点目を入れる。カズマも四球で、ここで投手交代。カズマ二三盗、ユウジも四球・盗塁、暴投でカズマ生還4点目。ユウジ三盗、リク四球・盗塁、マー四球で無死満塁。ここで再度投手交代。しかし、シュウヘイ四球で押し出しで5点目。何点入るか分からない展開だったが、九番ユウヒが三振で一死。一番シュンスケが初球3フライであっと言う間に二死。しかし、二番ツバサの時暴投でリクが還り6点目。ツバサも四球で再び満塁かと思いきや、満塁と勘違いしたマーがゆっくりホームへ。捕手からサードへ送球され挟まれるが、本塁悪送球を誘い生還、7点目。三番コウキの当りは、三塁手のグラブの下を抜けレフト線に抜ける三塁打(おまけ)となり、2点追加でこの回9点目。コウキも捕逸で還り、遂にこの回10点目。カズマ・ユウジが連続四球で再びチャンスとなるも、暴投で突っ込んだカズマが本塁タッチアウトで漸くチェンジ。3回表、九番5ゴロ、一番三振、二番4ゴロで三者凡退。3回裏、六番リク四球・盗塁、七番マー6ゴロ内野安打、リクが判断よくホームに還り1点目、マーは二進、その後盗塁で三進。七番代打カズト四球・盗塁で無死二三塁。あと1点入るとコールドだ。ここで捕逸でマーが突っ込むもタッチアウトで一死。なおも三塁のチャンスに、九番代打コウタは投ゴロで二死となるも、送球を見て判断よく、カズトがホームインし、この回2点目。3回15点差の規定によりコールドゲームとなりました。

 

遠かった初勝利をコールドゲームで飾れたのは良かったですが、走塁での判断ミスもありましたし、遅い球の打ち損ないもありました。これから勝利を重ねるためには、まだまだ磨かなければならないことがあると肝に銘じて頑張ろう!それでも今日は、おめでとう!散ドラ諸君!!

 

午後に行われたティーボール大会では、1・2年生が2勝、3年生が1勝1敗だったとか。暑い中、一日お疲れ様でした。

 

 

 

 

平成20年7月6日(日)  13時〜   晴のち曇り センターからライトへ風

公式試合(研修リーグ春季大会7回戦)   川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

ビートルズSC 4 4 0 2 4   14

散田ドラゴンズ 0 0 3 3 0  

【バッテリー】 P:コウキ⇒カズマ(5回〜)  C:カズマ⇒コウキ(5回〜)

【今日の敢闘選手】 初ヒットのユウジ

【試合経過】

先月好試合をした高倉フレンズ戦から約1ヶ月試合が無く、雨のため練習もままならなかったドラゴンス。どんな試合になるか。昨年の試合では、サンドラが勝っているが…。

 

 

1回表@三振。コウキの球も走っていていい感じ、しかし、A左越2塁打B左前二塁打→3塁へ暴投1失点、パスボール1失点C三振D四球E5ゴロ→慌てて一塁へ暴投セーフ→三塁へ送球→エラー→1失点 何をやっているんだ。春のときと同じじゃないかF四球G5フライエラー1失点H三振。 ※打者一巡の猛攻。暴投・エラー等がなければ、失点は二点で押さえられたはず。気を取り直して攻撃だ。ドラゴンズ!1回裏、@シュンスケ三振Aツバサ4ゴロアウトBコウキ3ゴロアウトで三者凡退。2回表、@3ゴロアウトA四球→2盗塁B四球(この間に前打者→3盗塁)C中前2塁打2失点D中前ヒット1失点E投ゴロアウトFバント成功1失点G三振。※またも、打者一巡近くの攻撃。暑いから、ドラゴンズはバテ気味だが、反撃するぞ。2回裏、Cカズマ中フライアウト(父曰く今シーズン最高の当たりだったが、センターの定位置。おしい) Dトウゴ6ゴロアウトEユウジ 投ゴロアウト三者凡退いいところなし。3回表、ここから試合の流れが変わる。H三振@中越2塁打→三塁盗A4ゴロアウトB投フライアウト(コウキ渾身のキャッチ)。※打たれたものの、無失点に抑える。3回裏、反撃なるかFマー5ゴロアウトGリク中前ヒットH代打カズト三振@シュンスケ2塁とセンターの間のポテンヒットAツバサ四球(2アウト満塁)Bコウキ2塁ゴロエラー2得点Cカズマ(の打順のときパスボール1得点)投ゴロアウト※反撃開始だ。4回表C三振D四球E振り逃げ(12)Fバントアウト(23)G左前ヒット二失点H中前ヒツト2塁打@5フライアウト。※追加点は許したものの、ドラゴンスはやる気が出てきた。4回裏、Dトウゴ4フライエラー(その後 2塁盗塁→三塁盗塁)Eユウジ9フライ2塁打(1打点)Fマー三振Gリク3ゴロアウトHコウタ四球@シュンスケ左前2塁打1得点Aツバサ四球(この間にパスボールで1得点)Bコウキ8ライナーアウト。※三回だけでなく、この回も得点する。少しづつだが、粘りが出てきた。次の回で逆転だ。5回表、この回から投手と捕手、三塁とレフトの交代あり。A四球→2塁盗塁→三塁盗塁→捕手三塁けん制エラー→1失点B三振C5ライナーエラー→一塁暴投ランナー2塁へ→三塁盗塁→パスボール(ボールデッド)1失点D右中間三塁打E右中間ヒット1失点F四球G三振(1球目ダブルスチールあり)H5ゴロエラー(1失点)@4ゴロアウト。5回裏、さあ、最終回逆転するぞCカズマ5ゴロアウトDトウゴ三振 Eユウジ左前ヒツト2塁打Fマー死球Gリク三振ゲームセット。負けたが、春当初のボロボロ感は少なくなったが、練習が出来ないために、中継や連携プレーへの声がなかった。でも、春当初の無得点がなく、逆転も狙えるほどの機会があった。次は勝てる。

 

 

 

 

 

平成20615日(日)  1030分〜1155分   晴 途中左翼からやや強い風

公式試合(市長杯争奪野球大会2回戦)   滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 1 0 0 0 1

高倉フレンズ 2 2 0 0 0 0 × 4

【バッテリー】 P:コウキ⇒カズマ(5回〜)  C:カズマ⇒コウキ(5回〜)

【今日の敢闘選手】 左越二塁打のコウキ、完璧リリーフのカズマ

【試合経過】

シードで2回戦からとなった市長杯初戦、相変わらず打てませんが、投手がよく今年一番の引き締まった試合になりました。コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼トウゴ、中堅マー、右翼シュウヘイの先発メンバーに、コウスケと久し振りのカズトが代打出場、ユウヒとコウタが守備交代に入りました。

 

初回表、1番シュンスケは初球いい当たりも9ライナーで一死、2番ツバサは二球目を3ゴロで二死、3番コウキはツーストライクとされて、三球目の抜いたボールをひっかけて5ゴロでチェンジ。相手左腕は制球がよく、球もそこそこ速いのですが、わずか6球の省エネ投球でした。初回裏、1番を三振とコウキも上々の立ち上がり。2番は四球・二三盗、3番も三振で二死とするが、4番四球・盗塁で、二三塁のピンチ。ここで5番は左前ヒットでまず1失点。バックホームすべきところを二塁返球で2点目を失う。6番死球とするが、7番のセーフティバントを落ち着いてコウキがさばいて、チェンジ。2回表、4番カズマは6ゴロ、5番トウゴ三振、6番ユウジ3ゴロで三者凡退。2回裏、8番を追い込んだあと、右中間の浅い当たりにマーが突っ込むもわずかに届かず、二塁打とされる。9番四球、盗塁で二三塁となった後、暴投で1失点。1番は三振で一死とする。2番5ゴロで一塁送球の間に2点目。3番5ゴロエラー・盗塁・暴投、4番四球・盗塁で、なおも二死二三塁のピンチとなるが、5番を三振にとって、2点でしのぐ。3回表、7番マー3ファールフライ、8番リク6ゴロ、9番シュウヘイ三振で3イニング連続三者凡退。3回裏、6番のボテボテゴロをコウキが捕るも態勢が整わず一塁悪送球、二進される。しかし、7番を投フライに打ち取り、飛び出していた二塁走者も刺してダブルプレー、8番を三振にとってこの回無失点。4回表、シュンスケのいい当りはまたしてもライト正面で一死、ツバサも三振であっという間に二死。しかし、バットを短くもってコウキが粘り、7球目をジャストミート、左越二塁打を放つ。4番カズマの当りは、5ゴロだが一塁悪送球となり、一塁がはじく間にコウキが生還し1得点!!続くトウゴが三振に倒れ、反撃もここまで。4回裏、9番3ゴロで一死、1番四球とするも、後続を4ゴロ、6ゴロに仕留め、いい守りのリズムが出てきた。このリズムを攻撃に活かせドラゴンズ!5回表、ユウジ三振、マー投ゴロ、リクいい当たりもショート正面で三者凡退。攻撃のリズムに乗れない。5回裏、投手がカズマに交代。力のある球で先頭4番を三振、5番には左線ヒット、中継ミスで二進されるも、6番三振、7番投ライナーをはじくも落ち着いて処理し、危なげなく無得点に抑える。6回表、久し振りの試合出場となるカズトが代打で登場するも、4ゴロに倒れ一死、1番シュンスケ5ゴロ、2番代打コウスケ6ゴロで三者凡退。6回裏、8番・9番を連続三振、1番も4ゴロに抑え、危なげなく三者凡退。ガンバレ!ドラゴンズ!!いよいよ最終回!先頭コウキは追い込まれてから当てにいき6フライ、カズマも5ゴロで二死。今日2三振のトウゴが粘りを見せ、追い込まれてから3球ファールのあと、打球はサードのグラブの下を抜け内野安打、カバーしたショートの送球も乱れ二進。6番ユウジも粘りたかったが、残念ながらゲームセット。

 

投手が良いと、これだけ締まった試合になります。あとはバッティングだけですね。今日の相手左腕は制球も良く力もありましたが、バットを短くもってタイミングを早くとり、食らいついてミートをすれば打てないことはありません。練習の時から意識してそういうバッティングが出来るようになれば、初勝利も近い…かな?

 

 

 

 

平成2068日(日)  城山小学校 

ティーボール大会     

【1・2年生】  アキヒロ(2年)、リサ(1年) 

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・北野 3 0 3 0   

川口ジュニアーズ 3 5 5 ×    13

    

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

みなみ野ファイターズ 1 1 2 1   

散ドラ・北野 3 5 4 ×    12

【3年生】  タカナリ、ナオキ

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散ドラ・北野・川口 0 0 0 0 0 0 0 0

みなみ野ファイターズ 3 3 1 0 4 0 × 11

 

 

 

 

平成20518日(日)  1110分〜1215分   曇りのち晴 左から右へ弱い風

公式試合(研修リーグ春季大会6回戦)   大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 0 0   

北八王子エース 3 2 4 1×    10

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】 期待もこめてコウキ・カズマのバッテリー

【試合経過】

今日は、コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼コウスケ、中堅マー、右翼シュウヘイのスターティングメンバー。トウゴとコウタが途中出場。

 

初回表、先頭シュンスケが四球で出塁するも、相手左腕のけん制にひっかかり一死。注意しろと言われた矢先のことでした。ツバサ・コウキ連続三振で三者凡退。初回裏、1番の主将を4ゴロで上々の滑り出し。2番二遊間の当りをリクが捕ったが間に合わず内野安打。盗塁で三進。3番は3ファールフライで二死。4番は死球・盗塁で二三塁。5番の当りは中越本塁打で3点先制される。大谷は抜かれたら本塁打だ。続く6番死球とするも、7番投ゴロでチェンジ。3点は取られたが、前回のような四球で自滅ではなく、まずまずの立ち上がり。2回表、4番カズマが5ゴロエラーで出塁、5番コウスケ3ゴロで一死の間に二進。6番マーの犠打で二死の間に三進。しかし、7番リクが投ゴロに倒れ、無得点に終わる。2回裏、先頭8番の4フライをポロリとして一瞬ひやっとするが、落ち着いて一塁送球し一死。9番を四球で出し、盗塁・暴投で三進されたあと、1番は右中間をライナーで抜く本塁打で2失点。しかし、2番を6ゴロで二死とし、3番の強烈なピッチャーライナーをコウキが好捕し、後続を断つ。3回表、先頭8番ユウジはツースリーから三振、9番シュウヘイは投ゴロ、1番シュンスケ三振で三者凡退。一塁が遠い…。3回裏、先頭4番に左中間を破られ本塁打となり1失点。5番はこの回から入ったトウゴへの9フライで一死。6番四球・盗塁で二進後、7番を6ゴロに打ち取るも、一塁悪送球(か一塁捕球エラーか微妙なところ)で更に1失点。代わった8番にファールで粘られたあと、左中間を破られ本塁打とされ、2失点。9番キャッチャーファールフライで二死。1番は6ゴロエラーで生かすも、2番を7フライでチェンジ。しかし、この回4点を追加され、後がないドラゴンズ。4回表、守備交代で入っていた2番コウタは5ゴロで一死。3番コウキは追い込まれて空振り三振で二死。4番カズマも空振り三振で三者凡退。4回裏、3番をストレートの四球で歩かせ、盗塁後、4番に中越ヒットを打たれ、二塁走者が生還した時点で、4回10点差の規定により、コールド負けとなりました。

結果的に4回コールドでしたが、守りの面ではそこそこ試合にはなっていました。コウキは四球はありましたが、前回のように初回に四球を連発して自滅ではありませんでしたし、強烈なライナーを好捕しピンチを防ぎました。カズマもパスボールはありませんでしたし、二塁送球も前より速くなってきて、近く盗塁阻止も出来そうな予感が漂います。ただし、攻めの面では相変わらずまったく打てず…。今日はノーヒットでした。フェンスがないとはいえ、北八王子エースは4本塁打(最後の当りも含めれば実質5本)で、クリーンヒットはこれだけでした。どれも引っ張った当たりではなく、しっかり引きつけてミートした当りです。ここが散ドラ諸君と違う点です。何と言ったらいいか難しいですが、「点」で打とうとする散ドラ諸君と、「面」で打とうとする北八の違いという感じです。北八はボールの軌道にしっかりバットを出して叩きに行っているのに対し、散ドラ諸君は相手の投球に関係なく、自分のスイングをするので、「点」でしかとらえられないということです。普段の練習から本当に「意識」してやらないと、いつまでたってもこの状態から変わりません。そろそろ本気で勝利を掴みにいけ!ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成20427日(日)  14時〜1530分   薄日さす曇り

公式試合(研修リーグ春季大会5回戦)   椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 2 0 1   

八王子アパッチ 8 1 3 2×    14

【バッテリー】 P:コウキ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】 ファインプレー・好走のマー

【試合経過】

ユウヒ・トウゴが欠席のため、今日は、コウキ・カズマのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼コウスケ、中堅マー、右翼シュウヘイのスターティングメンバー。ユウジの先発デビュー戦となりました。

初回表、先頭シュンスケが右前ヒットで出塁し、すかさず盗塁。2番ツバサは三振で一死、3番コウキ3ゴロで二死の間にシュンスケ三進、4番カズマの初球に捕逸で生還、あっと言う間に先制点をあげました!カズマは5ゴロでこの回1点。初回裏、先発コウキは1番をいきなり0−3とし、2−3までもっていくが結局四球。けん制悪送球で二進される。2番は中前ヒットで一三塁とされ、捕逸で1失点。3番にもファールで粘られ、結局四球。4番には左越二塁打を打たれ、2失点。5番は投ゴロで一死とするが、6番死球。続く初球、捕逸で三塁走者が還り1失点。7番四球、8番死球で満塁。9番は三振で二死とするが、打者一巡で1番は右前ヒットで二塁走者にまで生還され、2失点。続く2番は右前の当りでライトゴロかと思われたが、悪送球となり二者生還。3番の二遊間後方の浅い飛球を中堅マーが好捕して漸くチェンジ。この回なんと8失点。長打やエラーは別にして、5死四球は多すぎ。コウキは立ち上がりが課題だ。2回表、5番コウスケの当りをショートがファンブルし、セーフとなり盗塁で二進。6番マーは、3ゴロで送球を受けた投手と交錯するギリギリのタイミングだが惜しくもアウト。しかし、コウスケは三進。7番リクはしぶとく中前に転がし、1得点。盗塁・暴投で三進。8番ユウジは四球。9番シュウヘイの時に暴投で、リク生還、この回2点目。シュウヘイも四球で一二塁のチャンスが続くが、ユウジがけん制アウトで二死。シュンスケ三振でチャンスをつぶす。2回裏、立ち直ったコウキは、4番を3フライ、5番を投ゴロで簡単に二死とするも、6番四球・盗塁で二死二塁。ここで二塁けん制が、二塁手、カバーの遊撃手・中堅手と三人とも抜かれて走者が生還、やらなくてもいい1失点。しかし、7番を投ゴロとしてチェンジとする。3回表、反撃に転じたい散ドラだが、2番ツバサ三振、3番コウキは5ゴロエラーで出塁するも、4番カズマ3ゴロ、5番コウスケ6ゴロで無得点。3回裏、下位の8番を四球。これは痛い。9番は、投手コウキをはじいて転がったボールをツバサが処理して一死。1番の当りは5ゴロだが、初三塁のユウジは緊張していたのか一塁悪送球となる間に1失点。盗塁の後、暴投で2点目。2番は四球・盗塁・暴投で三進。3番は三振で二死。4番は飛んだコースが良く三遊間を抜かれ、3点目。5番7フライでチェンジ。そろそろ反撃したい4回表、6番マーは四球で出塁。二盗、三盗のあと、捕手からのけん制悪送球で生還し、ノーヒットで1点返す。しかし、7番リク・8番ユウジ・9番シュウヘイが三者連続三振で後続を断たれる。早く抑えないと最終回となる4回裏、先頭6番は打ち取った当たりだが、ショートの頭を越されて生かし、7番四球で一二塁。8番は投ゴロに打ち取り、三塁フォースアウトで一死。9番の当りは、フラフラと右前のファウルライン際に落ちるポテンヒットで満塁。1番の右前ヒットで2走者が還り、4回10点差の規定によりコールド負けとなりました。

散ドラが打てないのは相変わらずですが、力負けしたという感じもせず、すっきりしない試合でした。立ち上がりのコウキの投球が最大の課題ですが、その他の野手も自分が捕るんだという気迫がないので、簡単に抜かれているように感じます。打つのも、守るのも、ボールに食らいついていく気迫がほしいな。ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成20420日(日)  931分〜11時頃    曇り

公式試合(研修リーグ春季大会4回戦)   由木西小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

中郷イーグルス 6 0 0 0 4   10

散田ドラゴンズ 3 0 1 0 0  

【バッテリー】 P:カズマ  C:コウキ

【今日の敢闘選手】 全力疾走でヒットを得たコウスケ、タイムリーのリク、中盤好投のカズマ

【試合経過】

そろそろ初勝利がほしいドラゴンズ。今日は、カズマ・コウキのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁コウスケ、遊撃リク、左翼シュウヘイ、中堅マー、右翼ユウヒのスターティングメンバー。

初回表、先頭1番を追い込んだのに四球とし、すかさず盗塁で三進され、2番投ゴロで一死とする間に1失点。3番四球、4番6フライに打ち取るがグラブからこぼしてセーフとし、盗塁で二三塁となったあと、5番右前ヒットで2失点。6番四球で一二塁から、7番の当りはライトへのフライ。捕れない当りではなかったが、頭を越されて二塁打となり、2失点。8番6ゴロ、9番三振で漸くチェンジ。初回裏、1番シュンスケ・2番ツバサが連続四球。3番コウキはいい当たりだが、レフトがキャッチ、と思いきやグラブからこぼれ、シュンスケが二塁から生還、1得点。4番カズマは右中間ヒットでツバサ生還で2点目。一三塁から暴投でコウキ生還で3点目。5番コウスケ四球・盗塁で、なおも無死二三塁のチャンス。いけいけムードのドラゴンズ。6番マーの当りは惜しくも9フライ。7番リクの当りもライトのファインプレーで9フライで二死。8番ユウヒは4フライで、追加点ならず。2回表、1番投ゴロ、2番4ゴロ、3番4ゴロで三者凡退。初回とは見違えるようなカズマのピッチング。2回裏、9番シュウヘイ三振、1番シュンスケ投ゴロでこちらも簡単に二死。しかし、2番ツバサ・3番コウキが連続四球、暴投で二三塁のチャンス。ここで得点すれば、流れは散ドラにという展開だったが、4番カズマ空振り三振でチャンスを逃す。3回表、4番のレフトフライは捕れない当りではなかったが、頭を越され二塁打、暴投で三進。しかし、5番を三振で一死。6番の投ゴロはカズマの本塁送球が遅くセーフのタイミングだが、コウキが好ブロックでアウトとして二死。7番も投ゴロに打ち取り無失点に抑える。3回裏、5番コウスケが右前ヒット、ギリギリのタイミングでしたが、よく走りました。6番マー四球、盗塁をからめて二三塁のチャンスに、7番リクが左前ヒットでコウスケが還り1得点。ここで相手投手が交代。小柄で球が遅い投手から、捕手をしていた肩の強い背番号10がマウンドに。8番代打コウタは三振で一死。9番代打ユウジが四球を選び、なおも一死満塁の大チャンス。ここで追い付いておきたいドラゴンズ!しかし、1番に還ってシュンスケは三振、2番ツバサ9フライでチャンスを逸す。4回表、先頭8番は初球を中前ヒット・盗塁で二進。9番は8フライで一死。1番5ゴロ、2番投ゴロでこの回も無失点。試合が締まってきた。4回裏、先頭3番コウキは四球。ここで4番カズマの消極的なバッティングに対し、父たちから「初球から行け」との激が飛ぶ。その言葉通り、カズマは初球を叩くも飛んだ場所が悪く6ゴロとなり、ショートがそのまま二塁を踏み、一塁へ転送し、ダブルプレーとなりました。5番コウスケ四球を選び、6番マーは再び9フライでチェンジ。5回表、先頭3番をストレートの四球。悪い時のカズマが出る。二盗のあと、4番は内野フライに打ち取る。がしかし、投・二・遊間にポトリと落ちて内野安打とする。カズマが捕ってもいい球だが、何回か小フライを取り損ねているので、捕りにいかなかった。二塁・遊撃ももっと機敏に動いてどちらでも捕れるようになりたいところ。盗塁で二三塁とされ、5番は三振に打ち取るが、ボールが地面にふれたので、一塁へ転送で一死。その間に三塁走者が本塁へ向かうが、一塁からのボールの返球が遅く、1失点。続く6番には右中間二塁打を打たれ、更に1失点。三盗後、7番は内野ゴロに打ち取るが、ショートが深追いして捕球、送球が間に合わず、内野安打とされる間に更に1失点。8番四球、二三盗後、暴投で4点目。残る三塁走者をけん制アウトで二死。9番5ゴロで漸くチェンジとするが、時間的に最終回となる終盤での4失点は痛かった。最終回となる5回裏、7番リクは粘った末に中前ヒットかという当りをセンターが好捕、惜しくも一死。8番コウタもファウル二球のあと空振り三振。9番ソウタもファウルで粘った末に三振でゲームセットとなりました。

中盤は締まったゲームとなり、途中競り合ったいいゲームでしたが、まだまだ与えずに済んだ失点が大きく、それが勝利をものに出来ない原因です。特に、昨日今日と外野守備に課題を残しました。試合後の練習でその点を中心にやりましたが、短時間の練習だけでは修正できません。一人ひとりがそれをしっかり意識して取り組むことが大切です。外野に限らず、一球一球のボールに全員が反応しよう。初勝利目指して、ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成20419日(土)   9時25分〜    曇り

公式試合(研修リーグ春季大会3回戦)   城山小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

みなみ野ファイターズA 10 1 4     15

散田ドラゴンズ 0 0 0    

【バッテリー】 P:コウキ⇒シュンスケ  C:カズマ

【今日の敢闘選手】 出来るだけ部員を讃えたいですが、残念ながら「該当選手なし」です。

【試合経過】

管理人は仕事のため、父母会長に試合経過をお願いしました。

今までもコールド負けはあるが、本日は完敗のストレート負け。力の差がありすぎる。コウキ・カズマのバッテリーに、コウスケ一塁、ツバサ二塁、シュンスケ三塁、リク遊撃、トウゴ左翼、マー中堅、ユウヒ右翼のスターティングメンバー。

1回表、1番5ゴロが内野安打、2番中前ヒットで1・3塁、3番7フライエラーで、全員生還し3失点。4番・5番連続四球、6番4ゴロで一死。7番四球で満塁。8番死球で押し出しで1失点。9番4ゴロ二死となる間に1失点。1番9フライエラー、2番中前ヒットで1失点。3番左越ランニングホームランで2失点。4番5ゴロエラー、5番投フライでチェンジ。1回表は、コウキの高めの球を長打されました。長打に外野のエラーが重なり、大量失点になっています。きちんと捕球していれば、5失点程度だと思います。レフトのエラーが重なり、一回途中から、左翼トウゴと中堅マサユキのポジションチェンジがありました。1回裏、反撃するぞ。ドラゴンズ!1番シュンスケのセンターに抜けるかというゴロを二塁がうまくさばいて一死。2番ツバサ四球、3番コウキ三振、4番カズマ四球、5番コウスケ三振でチェンジ。2回表、6番中前ヒット・盗塁、7番3フライで一死、8番5ゴロで二死とする間に1失点。9番3フライでチェンジ。コウキの制球がよくなり、低めに集まりだす。そうすると長打なし。2回裏、そろそろ得点したいドラゴンズ。なんとかなるか。6番マー4フライで一死、7番リク5ゴロで二死。8番ユウヒ7フライで三者凡退、いいところなし。3回表、1番〜3番三者連続四球でノーアウト満塁の大ビンチ。ワイルドピッチが2回重なり、それぞれがボールデットになり、2失点。ここで投手は、コウキ→シュンスケに交代。4番四球、5番5ゴロ内野安打で1失点。6番3フライで一死とする間に1失点、7番3フライで二死。8番三振でチェンジ。さあ、最終回。反撃できるか。3回裏、9番トウゴ三振、1番シュンスケ6ゴロで二死。2番ツバサ投フライでアウト。ゲームセット。

 

 

 

平成20413日(日)  1039分〜12時頃   小雨・とても寒い

公式試合(八王子野球連盟春季大会2回戦)   滝が原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 0 0 3 0 0  

つくしシャークス 0 2 5 0 3×   10

【バッテリー】 P:カズマ  C:コウキ

【今日の敢闘選手】 初ヒットのシュウヘイ・絶妙バントのツバサ・本塁ブロック刺殺のコウキ

【試合経過】

同じ散田小の選手が多いつくしシャークスとのダービーマッチ!スターティングメンバーは、先週と同じでした。

初回表、つくし先発の遅い球を引き付けられず、シュンスケ4ゴロ、ツバサ3ゴロ、コウキ2ゴロと三者凡退。初回裏、先発カズマも負けずにポンポンストライクをとり、1番三振、2番投ゴロ、3番5ゴロで三者凡退で、まったく互角の立ち上がり。2回表、散ドラはやはり遅い球を待ちきれない。カズマ5フライ、コウスケ3フライ、マー投ゴロで三者凡退。攻撃の糸口がつかめない。2回裏、4番四球・盗塁、5番左前ヒット・盗塁で無死二三塁のピンチ。6番は4ゴロに打ち取り一死とするも、本塁突入の走者を刺そうとした送球が高くそれて、二走者とも生還し、2失点。続く7番は完全に打ち取った一本間のフライは、捕り損なってファールグランドに転がったが、身体にかすっており内野安打としてしまう。しかし、落ち着いて8番投ゴロ、9番三振にとり、チェンジ。3回表、先頭7番リクのセンターに抜けるかという当りをショートが好捕と思ったが、グラブからこぼれ強襲ヒット。8番シュウヘイの当りは、投手とサードの間に転がる内野安打となり、リクが三塁を陥れる好走塁。9番トウゴは三振で一死となるが、1番シュンスケの3ゴロで、一塁カバーの二塁手が捕球エラーの間に、リクとシュウヘイまで還る好走塁で、2得点!!同点だ!!エラーの間にシュンスケも三塁へ。いけいけムードのドラゴンズ!この辺りはしっかり声が出ていました。続く2番ツバサは、三塁線へ絶妙のスクイズ成功でシュンスケ生還で3点目!逆転だ!!ツバサも内野安打で生きて、なおチャンスが続く。しかし、3番コウキ4ゴロで二塁フォースアウト、残ったコウキ盗塁でチャンスを広げるが、4番カズマ5ゴロでチェンジ。3回裏、先頭1番は何でもない3ゴロに打ち取るが、一塁に入るのを焦りボールをこぼしセーフとする。すかさず盗塁・捕逸で三進、2番は四球・盗塁であっという間に無死二三塁のピンチ。続く3番は9ライナー二塁打で二者生還で逆転される。盗塁後、4番には中前ヒットで3点目。二三盗後、5番左前ヒットで4点目。二盗のあと、6番3ゴロでようやく一死。走者は三進。7番は三振に打ち取るが、暴投があり、5点目を献上。8番3ゴロでチェンジ。3〜5番のヒットは仕方ないが、先頭をアウトに取っていれば流れは違ったかも。4回表、反撃したいドラゴンズだが、相手投手が交代、先発よりも球が速くなり戸惑ったか、5番コウスケ・6番マーとも投ゴロ、リク4ゴロで三者凡退。流れを引き寄せられず。4回裏、先頭9番を3ゴロに打ち取るが、またしても一塁に入るのを焦りボールをこぼすエラー。しかも二三盗であっという間に三進。しかし、続く1番は投ゴロで一死とし、本塁突入の走者を好返球とコウキの好ブロックでアウトとしダブルプレー。2番も6ゴロで三者凡退としました。時間的に微妙になってきた5回表、8番シュウヘイは3ゴロで一死。9番トウゴ四球。1番シュンスケが左中間二塁打、2番ツバサ四球で一死満塁の絶好のチャンス。しかし、3番コウキの当りは三塁正面で本塁フォースアウトで二死。4番カズマもいい当たりだったが、6ゴロ二塁フォースアウトで惜しくも無得点に終わる。5回裏、先頭3番は中前ヒット・盗塁・捕逸で三進、暴投で1失点。4番四球・二三盗で三進。5番は三振で一死とするも、6番5ゴロで完全にアウトのタイミングだが、本塁への送球を焦り足が離れセーフとした上に、本塁クロスプレーも惜しくもセーフとなり、アウトも取れずに更に1失点。暴投で三進され、7番は三振に打ち取るも、振り逃げされ、一死一三塁。後がない場面だが、ここで痛恨のボークが出て、三塁走者が生還、5回7点差の規定により、コールドゲームとなりました。

勝てた試合とは言いませんが、勝てない相手でもありません。試合後、監督・コーチが言ったように、目の前のプレーをしっかりして一つひとつしっかりアウトを取ること、相手の動きを観察してしっかり考えて野球をやることをしっかり意識しよう。ほかにも言いたいことはあるけれど、長くなるので「ひとりごと」で。

 

 

 

平成2046日(日)  1033分〜1220分  晴れ・暖かい

公式試合(研修リーグ春季大会第2戦) 大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

城山キッズ 3 4 3 0    10

散田ドラゴンズ 4 3 0 1   

【バッテリー】 P:カズマ、コウキ  C:コウキ、カズマ

【今日の敢闘選手】 本塁打のシュンスケ

【試合経過】

研修リーグ第2戦!野球に「たら、れば」はありませんが、惜しかった。今日も、カズマ・コウキのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁コウスケ、遊撃リク、左翼トウゴ、中堅マー、右翼シュウヘイのスターティングメンバーで、途中交代もありました。

初回表、先頭打者はライト前の当り。うまくさばけばライトゴロかと思いきや、弾いて後ろに逸らしてしまい、何と本塁まで生還、先制点を許す。2番は左中間二塁打、3番四球と苦しい展開、4番の時、暴投で1失点、更に6ゴロの間に1失点。5番を死球とするも、6・7番を三振にとりチェンジ。
3点を追う初回裏、1番シュンスケがジャストミートした当りはレフトオーバー。三塁で止まれとの声を振り切り、シュンスケは本塁突入!タイミングはアウトだったのに、球の戻りが遅く、先頭打者本塁打となりました!!続く、2番ツバサは三遊間の内野安打、3番コウキ四球、4番カズマの時、暴投でツバサ生還で2点目。5番コウスケ四球、6番マー四球で3点目。7番リクは3フライで一死。8番シュウヘイ5ゴロで二死の間に、4点目で逆転!9番トウゴ投ゴロでチェンジ。
2回表、8番死球、9番・1番連続三振で二死とする。2番も三振に取るが、ワンバンしたボールが高く弾んで振り逃げで生かし一三塁。3番は5ゴロに打ち取るが、一塁悪送球で1失点。4番の時、ワンバンのボールが高く弾む暴投が二球続き、更に2失点。4番は中越二塁打。5番死球。6・7番連続四球で押し出しで1失点。8番を投ゴロに打ち取り漸くチェンジ。不運な面もありましたが、この回は無失点で済んだ回でした。相変わらず二死からが長い…。
2回裏、先頭シュンスケが中前クリーンヒット。今日は当っている。ツバサ四球、コウキ6ゴロエラーを誘い無死満塁。カズマ四球で1得点。コウスケ投ゴロも悪送球となりツバサ、コウキが還り2得点。マーは4フライで一死。リク四球でまた満塁のチャンス。ここで相手投手交代。代打ユウヒの投ゴロでカズマが本塁フォースアウトで二死。トウゴはファウルで粘るも三振となり、同点でチェンジ。
3回表、先頭9番を四球とするも、1番三振で一死、2番投ゴロで二死。しかし、3番四球。二三塁から、4番中前ヒットで連携ミスもあり、二塁走者まで還り2失点。5番も中前ヒットで1失点。6番を三振にとるが、この回また3点差とされる。やはり二死からが長い。
時間によっては最終回となる3回裏、先頭シュンスケに期待がかかるが、投ゴロ。ツバサ6ゴロで二死。コウキは三遊間内野安打で出塁し、盗塁で二進するも、カズマが三振。しかし、短時間で攻撃が終わったため、次の回へ。
4回表、投手・捕手が交代し、コウキが登板。しかし、先頭7番をストレートの四球。盗塁後、8番は4ゴロで一死で走者は三進。9番もストレートの四球とし、しかも暴投となり、三塁走者が本塁突入。しかし、カズマ・コウキの連携で間一髪タッチアウトで二死。続く1番はツースリーから空振り三振としてナインがベンチに戻ったが、相手チームのアピールで判定がファールに。しかし、気を取り直して再度三振にしとめて0点に抑え、最後の攻撃へ。
4回裏、先頭コウスケが中前クリーンヒットで出塁、代打ユウジは四球、リク四球で無死満塁の大チャンス!!続いて、ピンチランナーで2回から出場していたコウタの当りは、投ゴロで一死となる間に1点を返す。続く代打ソウタの当りは、4フライで二死。そして、今日当っているシュンスケも投ゴロでゲームセットとなりました。

惜しい試合でしたが、勝ちに結びつかないのは、まだ何かが足りないからです。それぞれが考えて、次につなげよう。そして、今日は公式戦初出場の部員も何人もいましたが、これをいい経験にしていこうね!

 

 

 

平成20329日(土) 9時30分〜1047分 晴(やや肌寒い)

公式試合(研修リーグ春季大会第1戦) 大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 0 0    

松ヶ谷ジャガーズA 0 7 9×     16

【バッテリー】 P:カズマ、コウキ  C:コウキ、カズマ

【今日の敢闘選手】 カズマ(初回の投球)

【試合経過】

研修リーグ春季大会開会式直後の開幕戦!強豪相手とは言え、ここまで点差がつく試合ではありませんでした。基本の差と名前に負けた感じでしょうか。カズマ、コウキのバッテリー、一塁シュンスケ、二塁ツバサ、三塁コウスケ、遊撃リク、左翼シュウヘイ、中堅マー、右翼ユウヒが先発メンバー。

初回表、先頭シュンスケがストレートの四球、盗塁、2番ツバサも四球。3番コウキのバントは、投手が一瞬ファンブルする間にセーフとなり、いきなり無死満塁のチャンス。ここで4番カズマも四球で1点先制!!!何点入るか分からない展開でしたが、5番コウスケのいい当たりは6ライナーで、飛び出していたツバサが三塁で刺され一気に二死。6番マーは3ファールフライでチェンジ。
初回裏、カズマは抜群の立ち上がり、テンポよくストライクを投げ込み、二者連続三振。3番は鋭い当たりも、5ライナーで三者凡退。わずか11球でした。
2回表、7番リク四球、8番シュウヘイ三振、9番ユウヒ・1番シュンスケ連続四球で、再び満塁のチャンス。しかし、2番ツバサ6ゴロで本塁フォースアウト。3番コウキは大きなファールの後、クソボールを空振りし、最後は見逃しで三振、チャンスを逃す。
そして…2回裏、4番の当りは大きいが8フライで一死。5番四球、6番死球、暴投で二三塁のピンチ。7番は平凡な4フライに見えたが、前後の距離感を間違え右前に落ち、三塁走者が還り同点。ボールをもってもたもたする間に二塁走者も本塁へ向かい、アウトのタイミングだったが、走者と交錯しボールがこぼれ2点目を許す。8番は三振に取るも振り逃げで出塁。9番投ゴロで二死。1番ボテボテのゴロをサードがよく捕りチェンジかと思ったが、一塁へ悪送球で更に2点追加される。続く2番は三塁線のゴロで今度は送球と走者がかぶって一塁が捕球できず。更に1失点。3番死球で、打者一巡の4番は、3ボールから追い込み一塁本塁間の内野フライに打ち取るも、カズマわずかに届かずセーフとする間に2失点。5番投ゴロで漸くチェンジ。7失点となりましたが、きちんとやれば無失点、そうでなくても1失点で抑えられたイニングでした。
反撃したい散ドラの3回表、カズマ四球で出塁するも、盗塁失敗で一死。余裕でアウトでした。もっとスタートをよくしないと難しいぞ。コウスケ5ゴロ、マーうまくミートするも投ライナーで三者凡退。
3回裏、先頭6番を三振に取るも、振り逃げで生かす。7番は6ゴロで一死。8番は痛烈な左前ヒットで1失点。これは仕方がない。9番四球、1番に戻り捕逸で1失点。1番は内野の小フライだが、投手・三塁・遊撃がお見合いで生かし1失点。2番は投ゴロとるすが、一塁手の足が離れセーフとなる。3・4番は連続四球で1失点。ここで投手はコウキに交代。しかし、5番に中越二塁打を打たれ、走者一掃の3失点。盗塁で三進され、ワインドアップに戻したところを突かれて、何とホームスチールを決められる。途中で気づいたものの一瞬遅く追いタッチになったか。これで合計15失点。あと1点でコールド。後がない。6番左前ヒット、7番四球、盗塁で、なおも一死二三塁のピンチ。続く、8番は投ゴロにしとめ、飛び出した三塁走者を挟むが、ボールをこぼして刺し損ねたと思ったら、ランナーが戻ってくれたので、再度挟殺のチャンスだったのに、本塁カバーがおらず、結局ホームインされ、コールドゲームとなりました。この回もミスなく守れば、無失点か悪くても2〜3点で済んだところです。強豪チームでも、そんなに体格が違うわけでもなく、力の差があるわけでもありません。違いは一人ひとりが、基本に忠実なプレーをするかどうかです。一つ一つのプレーを確実に、難しいことではなく、目の前のことを基本通りにやっていこう。そして、積極性です。前へ出る。自分が捕るという気持ちでやろう。負けは悔しいが、いろんなことが分かった試合です。これを次に生かさなければ、意味はないよ。ガンバレ!ドラゴンズ!!

 

 

 

平成20年2月24日(日) 13時6分〜1452分 晴(風強いが、やや収まる)

練習試合(5年生以下新チーム) 中野北小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

交友ビクトリーズ新チーム 4 2 5 2 3   16

散田ドラゴンズ新チーム 2 0 3 0 0  

【バッテリー】 P:シュンスケ、コウキ、リク、カズマ  C:カズマ、コウキ

【試合経過】

お昼をはさんで今度は新チームの初戦となる練習試合!新チームとはいえ、第一試合に出なかったメンバーを中心にした先発メンバーで、シュンスケ・カズマの兄弟バッテリーに、一塁コウスケ、二塁リク、三塁リクト、遊撃コウキ、左翼コウタ、中堅カズト、右翼ユウジでスタートしました。

初回表、1番をいきなり死球で出すと、けん制悪送球で二進、2番はすかさずバントで何と二塁から生還し、あっという間に先制点を許す。3・4番を連続四球で出すも、5番を2フライで二死。しかし、6番中前ヒットで1失点、7番右越二塁打で2失点、8番は3ゴロに打ち取るも、初回に4失点。初回裏、先頭コウキが左線をライナーで抜くが、鉄棒を越して惜しくもエンタイトル二塁打。リクトの8フライをセンターが落球して一二塁。コウキ盗塁で一三塁としてから、カズト中前ヒットで1得点で、尚も一二塁。しかし、カズマ三振、コウスケ6ゴロで三塁フォースアウトで二死。しかし、リク四球で満塁のチャンス。続くコウタの弱い5ゴロで本塁フォースアウトを狙った送球が悪送球となる間にカズト生還で2点目。ユウジは6ゴロに倒れるも、互角の立ち上がり。2回表、9番を投ゴロで一死といい出足だが、1番を再び死球、2番四球。ここで投手はコウキに交代。暴投で二三塁とされてから、3番4ゴロの間に1失点、4番に中前ヒットを打たれ2点目。5・6番を連続四球で満塁のピンチを迎えるが、7番を投ゴロに仕留めチェンジ。2回裏の散ドラは、シュンスケ6フライ、コウキがノースリーから投フライ、リクト5ゴロで三者凡退。3回表、8番は5ゴロで一死とするも、9・1・2番と連続四球、盗塁を刺そうとして悪送球になる間に1失点、三塁けん制悪送球で1失点、3番6ゴロの間に1失点。4番は左翼ライナーの本塁打となり4点目。5番四球・盗塁、6番5ゴロ一塁捕球エラーの間に5点目。7番も四球として、ここで投手リクに交代。第4の投手登場だ!リクは8番を無難に6ゴロに抑え、漸くチェンジ。反撃したい散ドラの3回裏、カズト四球、カズマ6ゴロ内野安打、盗塁もからめ、二三塁のチャンスにコウスケが左越二塁打で2得点。リクは惜しくもライトゴロとなるが、この間にコウスケ三進。暴投でコウスケも還り、3点目。代打マー5ゴロ、代打ソウタ三振に倒れ、チェンジとなる。4回表、9番を四球で出すと、二三盗を決められ、1番は死球とする。2番は投ゴロとするが、その間に1失点し、一塁走者は三塁へ。3番3ゴロの間に2点目。4番は投フライでチェンジとなるも、ほとんど打たれずこの回2失点。相手ははソツがない。4回裏、相手投手が交代。シュンスケは3ファールフライで一死、コウキは中前ヒット、リクト四球でチャンスを迎えるが、カズト投ゴロ、カズマ5ゴロに倒れる。5回表、投手カズマに交代、捕手はコウキ。先頭5番を投ゴロに仕留める無難な立ち上がりだが、6・7番は連続四球とし、盗塁・捕逸がからみ1失点。8番は6フライで二死。しかし、9番も四球。1番は4ゴロとするが、エラーで更に2失点。2番を5ゴロとして、何とかチェンジ。最後の攻撃となる5回裏。しかし、代打ユウヒ三振、5回から守備に入ったトウゴも三振、マー3フライで三者凡退でゲームセットとなりました。

新チームの初戦。投手が4枚になりましたが、4本柱とはまだまだいきません。球審の総監督はやや低めに辛かったとはいえ、四球が14個、死球が3個(全部1番バッター。お気の毒に)で、まずはストライクですね。野手のエラーは2個と比較的少なく、バッテリーエラーが5個と多かったです。しかし、エラーにはならなくても、相手に余分に塁を与えてしまったり、ヒットにしてしまったりと、こちらもまだまだです。対する相手は、エラー2個、バッテリーエラー1個で、走塁もしっかりしていました。これが点差になって表れました。風が強く、寒い中での試合でしたが、条件は相手も同じです。久し振りの試合ということもあるけど、いつでも同じプレーが出来るのが本当の実力だからね。ガンバレ!新チーム!!!

 

 

 

 

平成20年2月24日(日) 955分〜1150分頃 晴(猛烈な風) 

練習試合(6年生主体) 中野北小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 0 1 1 6 1  10

交友ビクトリーズ 1 3 2 5 0 ×  11

【バッテリー】 P:コウヘイ  C:カズマ

【試合経過】

6年生のサヨナラ試合となる練習試合!上記のバッテリーのほか、一塁トウゴ、二塁シュウヘイ、三塁コウキ、遊撃ツバサ、左翼ユウト、中堅ユウヒ、右翼マーの6・5年生全員が先発メンバーとなり、砂嵐が吹きすさぶ猛烈な風の中、試合開始!

初回表、コウキ・マーが四球、コウヘイ死球でいきなり無死満塁のチャンス。しかし、ユウト・シュウヘイが三振で二死となるも、ツバサ四球で1点先制!トウゴ三振でチェンジ。
初回裏、三遊間の当りを久し振りの三塁コウキが遠慮して内野安打・盗塁、2番5ゴロで一死の間に三進。3番三振で二死。4番は6ゴロエラーとなり同点とされる。5番三振でチェンジ。
2回表、ユウキ四球で出塁するも、カズマ・コウキ・マーが三者三振。しかも、見逃し。ボール先行なので、見たい気持ちも分かるが、2ストライク後のくさい球は絶対に手を出そう!
2回裏、先頭6番は4ゴロエラーで出塁、7番中前ヒット、8・9番を連続三振で二死とするが、1番6ゴロの一塁送球が悪送球となり、2失点。続く2番は右前ポテンヒットで更に1失点。3番三振でチェンジ。
3回表、コウヘイ投ゴロで一死、ユウト3ゴロだが二塁手への送球が乱れる間にセーフとなる。シュウヘイ三振で二死となるも、ツバサ四球、トウゴ4ゴロ内野安打で満塁、ユウヒ死球で1点を返す。カズマ6ゴロでチェンジ。
3回裏、4番5フライで一死、5番投ゴロに抑えるもファースト捕球エラーで活かし、6番の当りは左中間を抜かれる本塁打で2失点、7番は9ライナー、8番三振に抑え、チェンジ。
4回表、先頭コウキ四球、マー4ゴロで一死、コウキ二塁けん制アウトで二死となり、チャンスがつぶれたかに見えたが、コウヘイ3ゴロエラーで出塁し、ユウトが4番の意地を見せ左越三塁打で1得点。代打カズトは惜しくも9ライナーでチェンジ。
4回裏、9番を3ゴロで一死とするも、1番四球、2番6ゴロ悪送球の間に1失点、3番5ゴロエラー、4番三振で二死、5番6ゴロ悪送球で更に2失点、6番に再び左中間本塁打を打たれ、2失点でこの回5失点。7番6ゴロエラーとするも、8番4ゴロで打者一巡で漸くチェンジ。練習試合とはいえ、6年生最後の試合。反撃したいドラゴンズの
5回表、代打リクは三振、トウゴ・代打コウスケ連続四球で、カズマが左線二塁打で2得点、コウキ9ライナーを落球で一二塁、マー右前ヒットで満塁の大チャンスに6年生の登場。コウヘイ中前ヒットで二者生還。続くユウトは6ゴロに倒れるが、1点追加で本塁へ悪送球となる間にコウヘイも還り合計6点、いけいけムードのドラゴンズ。カズト左前ポテンヒットで出塁するが、リク投ゴロでチェンジ。
5回裏、9番三振、1番5ゴロ、2番5ゴロ内野安打、3番6ゴロ内野安打、4番四球で満塁のピンチを迎えるが、5番三振でこの試合初めて0点に抑える。
最終回となる6回表、トウゴ三振で一死となるも、コウスケ四球・盗塁、カズマ3ゴロで二死となるが、コウスケ三進。コウキ粘りに粘って四球、マー6ゴロエラーでコウスケが還って1点差に詰め寄り、尚も一二塁のチャンスにコウヘイ登場。願ってもない場面でしたが、最終回二死ツースリーから最後は空振り三振でゲームセットとなりました。残念ではありますが、最後に振り切っての敗戦ですから、悔いなしですかね。