タイトルイメージ 本文へジャンプ

平成22221日(日)   925分〜1055分  晴れ

△練習試合          散田小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ(新チーム)   3 6 4     13

台町4丁目子供会(新チーム) 6 2 5     13

【バッテリー】  P:タケル  C:シュウヘイ

【試合経過】

昨日の晴れで大丈夫だと思いましたが、凍った土が融け出して今日もグランドコンディションが良くありませんでした。今日はタカナリが欠場ですが、昨日欠場のサネユキが参加しました。1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ファースト・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ピッチャー・タケル、6番レフト・サネユキ(途中代打・リサ)、7番センター・ヒロキ、8番セカンド・ヒビキ、9番ライト・コダマ(途中タクミに交代)。

 

いつもはスコアラーの管理人が主審を務めたため、詳細な結果はありませんが、スコアを見ても分かるように「おもしろい」試合でした。散ドラ諸君は、どこに投げていいのか分からないという文字通り「おもしろい」プレーもありましたが(笑)、セーフになったものの、カズキが三遊間の当たりをうまくキャッチし走りながら送球したり、いいプレーもありました。また、今日はみんな積極的に打ちにいったのも良かった点です。タケルも球威はそれほどではないものの、四球連発ということはなく、十分に試合で通用することは分かりました。台町も守りは課題はたくさんあるようですが、先発投手は非常に楽しみですし、リリーフした左腕も楽しみな素材です。

 

これからしっかり練習して、もっともっとうまくなろう!

 

平成22221日(日)   11時〜1210分   晴れ

△練習試合          散田小学校

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ(6年生)   2 0 0 0 0  

台町4丁目子供会(6年生) 0 2 0 0 0  

 

【バッテリー】  P:ユウジ    C:カズト

【試合経過】

6年生はコウスケ・ソウタが欠場で、昨日シュンスケが先発したため、今日は1番センター・ミノル、2番サード・リク、3番ファースト・シュンスケ、4番キャッチャー・カズト、5番ピッチャー・ユウジ、6番レフト・カイト、7番セカンド・トシキ、8番ショート・コウタ、9番ライト・カズキという先発メンバー。

 

こちらは引き締まったいい試合でした。ユウジは以前に比べて球威が増して、コントロールも良くなり、台町の長身投手も制球よく、引き締まった投手戦になりました。サード・リクは多くの守備機会をそつなくこなしたほか、ショート・コウタもあわやダブルプレーという好捕もありました。一方、台町も最終回、センターフライを捕ってから、タッチアップした俊足ミノルをホームでアウトにするという好プレーがありました。

 

残る練習試合も交友戦のみ。しっかり試合を楽しもう!

 

 

 

 

平成22220日(土)   102分〜1115分  晴れ(寒い)

★練習試合          下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ(新チーム)  1 0 0 2 1  

八王子アパッチ(新チーム) 5 0 1 0 ×  

【バッテリー】  P:ナオキ  C:シュウヘイ

【試合経過】

最近の雪・みぞれなどの悪天候の影響で、グランドコンディションがよくなく、試合開始が10時になりました。

 

初回表、相手投手は結構球が速いです。カズキが6内野安打、二三盗で三進。アキヒロ三振、ナオキ投ゴロエラーで出塁。シュウヘイの5ゴロの間にカズキが還り、この回1点を先制しました。初回裏、4ゴロエラー、四球、6内野安打で満塁のピンチ。4フライで一死のあと、右前ヒット、中前テキサスヒットなどがあり、5点を奪われ、逆転されました。2回表、三者三振で三者凡退。2回裏、ナオキも5ゴロ、投ゴロ、6ゴロと負けじと三者凡退。3回表、連続投ゴロ、三振で、またして三者凡退。3回裏、中前テキサス安打と投ゴロ内野安打が絡み、1点を失う。4回表、ここで八王子アパッチは4年生投手に交代。制球が定まらず、5四球で2点を返す。4回裏、三振、投ゴロ2つで三者凡退で良い流れを引き寄せる。5回表、一死からナオキが四球で出塁、送球を後ろにそらす間に一気に生還するが、後続が倒れ、4対6でゲームセットになりました。

 

八王子アパッチさんも、5年生は先発と外野など一部で4年生・3年生主体のチームだそうです。そういう意味では、いい試合ができました。もちろん、攻守ともに課題はありますが、試合をしながら成長する一年になりそうです。

 

平成22220日(土)   1126分〜1212分  晴れ(快晴だが日陰は寒い)

☆練習試合          下川グランド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ(6年生) 1 0 0    

八王子アパッチ(6年生) 0 0 0    

 

【バッテリー】  P:シュンスケ    C:カズト

【試合経過】

下級生の試合に飽きて相撲に明け暮れていた6年生ですが、11時を過ぎてようやく試合をすることになりました。

 

初回表、相手投手はエースではなく、同じく長身のサイドスローで結構速い球を投げます。しかし、制球に難があり、2四球とシュンスケの6内野安打で満塁から、コウスケの6ゴロエラーで1点を先制しました。初回裏、シュンスケは5ゴロ、投ゴロ、4ゴロで三者凡退と絶好の立ち上がり。2回表、連続四球を得るも、後続が凡退で無得点。2回裏、二死から中前クリーンヒット、四球でピンチを迎えるも、次打者を5フライに打ち取り無失点。3回表、カズト・ユウジが連続四球でチャンスを作りますが、二人ともパスボールで本塁突入を図りますが、いずれもタッチアウトとなり無得点。最終回となる3回裏、三振で一死のあと、左中間二塁打を打たれるも、盗塁阻止で二死、4ゴロでゲームセットとなりました。

 

ここのところ、シュンスケの投球がいいですね!中学生になってからが楽しみです!

 

 

 

 

平成22131日(日)  1155分〜1330分   晴れ

★公式試合(創価大学学長杯2回戦)           下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 8 計

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0 0 0 1  1

城山キッズ   0 0 0 0 0 0 0 2× 2

 

【バッテリー】 P:シュンスケ   C:カズト

【今日の敢闘選手】  6年生全員!!

【試合経過】

最後の公式大会となる創価大学学長杯2回戦。相手は春のリーグ戦で自滅で敗れている城山キッズ。駅伝の成績は、散ドラ6位、キッズ7位とほぼ互角の相手です。強い気持ちで戦えば勝てる相手です。先週の練習時も、絶対に勝とうと部員たちに声をかけましたが、残念ながら、管理人は風邪気味のため休ませていただき、前父母会長に試合結果をお願いしました。

 

初回表、ミノル6ゴロ、リク四球、シュンスケ5ゴロで二塁封殺で二死。カズト粘るも4フライで無得点。初回裏、1番2前セーフティバントもアウト。2番死球で出すもけん制アウトで二死。3番8フライで無失点。2回表、ユウジ4フライ、コウスケ6ゴロで二死、ソウタ9フライで無得点。2回裏、4番5ゴロ、5番5ゴロ、6番三振で無失点。3回表、カイト3ゴロ、トシキ4フライで二死、ミノル四球で出塁するも、盗塁失敗で無得点。3回裏、7番三振、8番四球、9番投ゴロで二死、1番四球、2番9フライで無失点。4回表、リク3ゴロ、シュンスケ四球で出塁するも、けん制アウトで二死、カズト三振で無得点。4回裏、3番3ファウルフライ、4番右越え二塁打のピンチも、5番9フライ、6番四球、7番6ゴロで無失点。5回表、ユウジ3ファウルフライ、コウスケ中越え二塁打、ソウタ5前セーフティバント成功で一三塁のチャンス!ソウタ盗塁で二三塁!カイトの5ゴロにコウスケが挟まれ二死、トモキ投ゴロで惜しくも無得点。5回裏、チャンスのあとにピンチありがよくあるパターンだが、8番三振、9番5ゴロ、1番投ゴロで三者凡退。6回表、ミノル四球で出塁するも、再度盗塁失敗で一死。リク四球で出塁するも、シュンスケ8フライ、カズト5ゴロで無得点。6回裏、2番四球、けん制悪送球で二進。3番犠打で一塁送球の間に走者が本塁に突っ込むが、バックホームでタッチアウトで二死。4番四球・盗塁とするも、5番5ゴロで無失点。7回表、ユウジ4ゴロで一死、コウスケ三塁強襲安打で出塁するも、ソウタ5フライで二死、カイト四球、トシキ4ゴロで無得点。7回裏、6番左前安打、7番6ゴロで一死、8番ゴロで二死、9番四球とするも、1番の7フライは、ソウタのファインプレーで無失点。何と、サドンデスに突入。

 

無死満塁から始まるサドンデスの8回表、ミノル投ゴロでアウトの間に1得点。しかし、リク8フライで二死。シュンスケ4ゴロで1点に終わる。8回裏、シュンスケ暴投で1失点。2番6ゴロでバックホームでタッチアウトで一死。しかし、3番ミノルのグラブに当たるも、中越え安打となり、サドンデスでのサヨナラとなりました。

 

数少ないチャンスもありましたが、やはりクリーンアップが打てないと勝利は難しいですね。相手キャッチャーの肩がよく、ミノルの足を封じられたのが痛かったですが、緊迫感あふれる、今年度最高の試合でした!!

 

応援の父母たちも心臓が飛び出しそうなくらいの大興奮でした。6年生に感動をもらいました!!

 

以上、前父母会長からの報告でしたが、公式戦最終戦となってしまいましたが、最後に本当にベストゲームを出来て良かったですね!!これからもがんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成22124日(日)   919分〜1046分  晴れ(寒い)

☆練習試合           散田小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ(6年生)    11 10 11     32

由井タイガース(5年生以下) 0  1  3     

【バッテリー】  P:シュンスケ  C:カズト

【試合経過】

5年生以下に大差で勝ちはしたものの、打ち損じがポテンヒットになったり、胸を張れる試合ではありませんでした。以下、得点経緯は省略します…。

 

初回表、ミノル四球、リク・シュンスケ連続内野安打、カズト四球、ユウジ5フライで一死、コウスケ中前安打、ソウタ四球、カイト6ゴロで二死、トシキ右前ヒット、ミノル4エラー、リク四球、シュンスケ4エラー、カズト6内野安打、ユウジ5内野安打、コウスケ6ゴロでチェンジ。初回裏、6ゴロ、連続三振で危なげなく三者凡退。2回表、ソウタ4内野安打、カイト四球、トシキ6ゴロで一死、ミノル投ゴロ一塁捕球エラー、リク5フライ落球、シュンスケ左前安打、カズト6フライ捕れなかったものの二塁封殺で二死、ユウジ右中間本塁打、コウスケ・ソウタ連続四球、カイト6ゴロ送球エラー、トシキ中越え三塁打、ミノル3内野安打、リク投ゴロでチェンジ。2回裏、4番は鋭い投ライナーではじかれリクがカバーするも内野安打、四球、5ゴロ内野安打で満塁のピンチ。三振で一死とするも、8番を四球で押し出し1点を献上。後続は連続三振でチェンジ。3回表、シュンスケようやくミートし、左中間エンタイトル二塁打、カズト4テキサス安打、ユウジ6ゴロで一死、コウスケ左前テキサス安打、ソウタ投ゴロ内野安打、カイト四球、トシキ右越え二塁打、ミノル6ゴロで二死、リク6内野安打、シュンスケ・カズト・ユウジ連続四球、コウスケ4テキサス安打、ソウタ投ゴロエラー、カイト三振でチェンジ。3回裏、死球で出すも盗塁刺殺で一死、次打者を四球で出すが、続く4番を投ゴロでダブルプレーのチャンスだが、二塁送球に入らずエラーで一二塁。次打者も死球で満塁。次打者5ゴロで本塁封殺で二死。しかし、次打者の4ゴロエラーで1失点。8番中前ヒットでさらに2失点。しかし、一塁走者を三塁タッチアウトで試合終了となりました。

 

平成22124日(日)   1100分〜1205分  晴れ(暖かくなってきた)

☆練習試合          散田小学校

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

由井タイガース(4年生以下) 1 2 0 2   

散田ドラゴンズ(4年生以下) 0 1 0 5×   

 

【バッテリー】  P:ナオキ    C:シュウヘイ

【試合経過】

4年生以下はなかなか締まった試合で、最後に盛り上がる場面もあり、面白い試合でした。

 

初回表、先頭は中前テキサス安打、盗塁のあと、2番投ゴロで一死の間に三進。3番5ゴロで二死の間に三塁走者生還で先制を許す。4番は三振でチェンジ。よく1点に抑えた。初回裏、カズキ初球を投ゴロ、アキヒロ2球目を4ゴロ、ナオキ三球三振で、この回6球で終わり。ちょっと淡泊すぎる攻撃。もっと粘っこくいかないと。2回表、5番は5ゴロに打ち取るも、送球のタイミングが合わず捕球エラーで二進。盗塁で三進。6番三振で一死とするも、暴投で1失点。7・8番を連続四球。盗塁・暴投で二三塁から、9番の6ゴロの間に2点目。しかし、1番を投ゴロでチェンジ。2回裏、シュウヘイ三振で一死となるが、タケルは四球・盗塁、サネユキは6強襲安打でなおかつ一塁送球エラーもあり、タケルが還って1得点。サネユキも二進。ヒロキが三振で二死となるが、ヒビキ・タクミが連続四球でなおも満塁のチャンスだが、惜しくもカズキ投ゴロでチェンジ。3回表、2番2球目5ゴロ、3番初球5ゴロ、4番4球目3ゴロと、こちらも7球で三者凡退と締まったゲームです。3回裏、ここで投手交代。低学年のため、14mから投げます。アキヒロ死球、ナオキ粘って四球でチャンスを広げるが、シュウヘイ3フライ、タケル三振、サネユキ投ゴロで無得点。4回表、先頭5番は4ゴロに打ち取るが一塁送球を捕球エラー、二三盗後、投ゴロで本塁送球するも間に合わず1失点。7・8番は連続三振で二死とするが、その間に二三盗され、暴投で2点目。9番を四球で出すも、1番4ゴロでチェンジ。4回裏、4点差を追いかける最終回。先頭ヒロキ四球、ヒビキ三振で一死となるも、代打リサも四球、カズキも四球で満塁のチャンス!!!ここでアキヒロが中前タイムリーヒットを放ち、三塁走者ヒロキに続き、二塁走者リサも周りから「走れー」と言われ生還。3対5と追い上げる!!続くナオキの投ゴロにカズキが突っ込みセーフとなり、4対5!!4番シュウヘイの時に暴投でヒロキが還り、何と同点!!!このサヨナラのチャンスに、最後はシュウヘイが中前サヨナラ安打を放ち、絵に描いたようなサヨナラ勝ちでした!!

 

今日の敢闘選手は、完投のナオキ、サヨナラ打のシュウヘイのバッテリーと、逆転の口火を切ったアキヒロ、多くのゴロをさばいたカズキですね。

 

練習試合ですが、新チームの今年最初の試合でよい勝ち方が出来ました。

 

 

 

 

平成211220日(日) 9時30分〜12時頃  晴れ(寒いが快晴)

親子大会           散田小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

父チーム 0 1 2 1 3  

6年生チーム 7 3 0 1 ×   11

【バッテリー】 6年生チーム P:コウタ、トシキ  C:シュンスケ、ソウタ

         父チーム    P:リク父、カズト父、コウタ父、ユウジ父  C:シュンスケ父

【試合経過】

前日の忘年会の疲れが心配される父チームだが、久々に6年生の人数が揃った今年は本気モードで戦います。が、父チームが負けたのは久しぶりに見ました!

 

初回、タケル父がクリーンヒットでチャンスを作るも無得点に終わると、裏、父チーム先発のリク父は、当初はストライクが先行したものの、エラーなどでピンチを迎えるとボールが増えはじめ、ヘロヘロになり7点を失いながらも、何とか初回を投げ切りました。父チームも小刻みに得点し、2回にはカズト父が奮闘し3点に抑え、終盤はコウタ父、ユウジ父が締めて流れを引き寄せ、最終回に3点を入れ追い上げたものの、最後はダブルプレーにとられ、呆気ない幕切れとなりました。

 

やはり、守りで四球、エラーが絡み、攻撃で走塁ミスが出たら勝てません。…ん、これってどこかで聞いたことのあるセリフですね…。

お父さん方、卒団時の親子大会でのリベンジを期待しています!

 

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

母チーム 2 2 0 0   

4年生以下チーム 0 0 1 0   

 

【バッテリー】 4年生以下チーム P:ナオキ    C:シュウヘイ

          母チーム       POBカズマ  C:管理人

【試合経過】

母チームが勝利したのを初めて見ました!今年の母チームはなかなか強力打線でした。いつもは扇風機のような母チーム打線ですが、今年は皆さん打ってました。

 

母チームは、幸先よく2点を先制し、2回にも追加点をあげ、守ってはカズマが本気を出したわけではありませんが、母チームに守備機会を作らせず、危なげない勝利でした。

 

下級生諸君も、母に負けているようでは、来年が心配だぞ!来年はコテンパンにやっつけられるようにしっかり練習しよう!

 

 

 

 

平成21126日(日)  1312分〜1442分   晴れ

☆公式試合(創価大学学長杯1回戦)           川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ   5 5 7 3    20

台町4丁目子供会 0 2 2 4   

 

【バッテリー】 P:ユウジ   C:カズト

【今日の敢闘選手】  3安打のトシキ、先発・完投のユウジ

【試合経過】

最後の公式戦となる創価大学学長杯!苦手のトーナメントだが、出来るだけ長く舞台に立っていよう!管理人は仕事のため、父母会長に試合結果をお願いしました。2戦目の先発となるユウジ・カズトのバッテリーに、一塁ミノル、二塁トシキ、三塁リク、遊撃シュンスケ、左翼カイト、中堅ソウタ、右翼4年ナオキのスタメン。4年シュウヘイ、タケル、3年のアキヒロ、カズキも途中出場しました。

 

初回表、ミノル5内野安打・二三盗、リク5ゴロエラーの間に1得点。リク盗塁のあと、シュンスケ左前ヒット・盗塁。捕逸で2点目。カズト左前ヒットで3点目。カズト盗塁・捕逸、ユウジ四球・盗塁で二三塁。ソウタ三振で一死、カイト4ゴロで二死となるも、その間に二者が還り5点目。トシキ右線三塁打でチャンスを作るも、ナオキ5ゴロでチェンジ。初回裏、1番死球、2番3ゴロで一死とするも、けん制悪送球でランナーが三塁に向かうも、シュンスケがよくカバーし、三塁タッチアウトで二死。3番は左越え二塁打とされるも、4番7フライで無失点に抑える。2回表、ミノル5前セーフティバント安打・二三盗、捕逸で1点目。リク四球・二三盗で、悪送球で2点目。シュンスケ三振で一死、カズト3ゴロで二死となるも、ユウジ6内野安打、二三盗塁、ソウタ左前ヒットで3点目、送球がそれる間にソウタ二進、盗塁で三進。カイト振り逃げの間に4点目、カイト二盗後、トシキ中前ヒットで5点目。トシキ二盗・捕逸で三進するも、代打シュウヘイ三振でチェンジ。2回裏、5番中前ヒット、6番5ゴロエラーで一二塁。7番右前ヒットとボールを逸らす間に、2失点、打者走者は三塁へ。8番投ゴロで本塁タッチアウトで一死。9番三振で二死。1番四球とするも、2番3ゴロでチェンジ。3回表、ミノル6ゴロだが悪送球で三塁へ。リク四球・二盗で二三塁となったあと、シュンスケ6内野安打となる間に、二者が還って2得点。シュンスケ二盗・捕逸で三進後、カズト中前ヒットで3点目。カズト二三盗後、ユウジ5内野安打で4点目。ユウジ二盗で送球をセンターが逸らす間に生還し5点目。ソウタ左前ヒット・二盗・捕逸で三進。カイト三振で一死。トシキ右越え二塁打で6点目。捕逸で三進後、代打タケルの5ゴロの間にトシキが還って7点目。ミノル6内野安打・二盗・捕逸で三進も、リク6ゴロでチェンジ。3回裏、3番右中間ヒット、4番左前ヒット、捕逸・三塁悪送球で1失点。5番投フライで一死。6番左中間二塁打で2点目。7番・8番を連続投ゴロでチェンジ。4回表、シュンスケ6内野安打・二盗・捕逸で三進、カズト左中間三塁打で中継ミスの間にカズトも還って、2得点。ユウジ5ゴロで一死、ソウタ5内野安打・二盗、カイトの犠打が一塁悪送球となり、3点目。捕逸、アキヒロ四球で一三塁。カズキ9フライに、スタートしていたアキヒロが戻れずダブルプレーでチェンジ。4回裏、9番6ゴロ悪送球で二進、1番四球、2番9ゴロアウトで一死二三塁。3番死球で満塁、4番左越え安打で2失点、5番中前安打で2失点で4点を失う。6番の時、捕逸で飛び出した二塁走者を挟撃アウトとし、二死二塁とし、最後は2フライに打ち取り、ゲームセット。

 

勝つには勝ったものの、エラーでの失点もあり、3回コールドを逃し4回に突入。4回も危なかったものの、何とか終了。打ちも打ったものの、打たれもしました。コウスケも応援ですが、復帰しました。2回戦(1/31)の相手は城山キッズ!研修リーグでは自滅でした。今度はガチンコ勝負で勝ち残ろう!

 

 

 

平成21125日(土)  1120分〜1250分   曇 のち 雨(とても寒い)

★公式試合(研修リーグ春季大会12回戦)        川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ  0 0 0 0 0 0 0 0

八王子アパッチ 0 0 0 1 0 0 × 1

 

【バッテリー】 P:シュンスケ   C:カズト

【今日の敢闘選手】  ベストピッチのシュンスケ、二塁打・キャッチングが良かったカズト

                2戦目だが好守備のトシキ

【試合経過】

春季大会の未消化で残っていた八王子アパッチ戦です。これが正真正銘研修リーグ最終戦になります。相変わらず、骨折のコウスケを欠きますが、シュンスケ・カズトのバッテリーに、一塁ユウジ、二塁トシキ、三塁リク、遊撃コウタ、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタのスタメン。相手のアパッチは、背の高いエースではなく、5年生と思われる投手が先発です。しかし、球速は普通ですが、制球は良く、四球で崩れるタイプではありません。

 

初回表、ミノル5ファールフライ、リク四球を選ぶも、シュンスケ・カズトは8フライで無得点。初回裏、先頭は9フライ、2番は2ファールフライ、3番四球・盗塁とするも、4番をズバッと三振にとって無失点。ナイスピッチング。2回表、ユウジが6ゴロトンネルで出塁するも、捕手からのけん制で挟撃され一死。コウタは相手のファインプレーで4フライで二死。ソウタ三振で三者凡退。雨が降ってきた2回裏、5番5ゴロ、6番の4フライをトシキがナイスキャッチ、7番の4ゴロも無難にさばいて三者凡退。3回表、カイト3フライ、トシキ四球・二三盗で三進するも、ミノルがスリーバント失敗、リク6ゴロで無得点。3回裏、8番4ライナーで一死とするも、9番四球、1番は中前打だが一塁走者のスタートが遅れ二塁アウトのタイミングだが、トシキがカットに入ってしまい一二塁のピンチ。3番は投手フライだが、何とシュンスケがこぼしてしまう…が、落ち着いて三塁にタッチして二死(少年野球にインフィールドフライは宣告しづらいですね)。3番投ゴロで無失点に抑える。4回表、シュンスケ7ファールフライ、カズト投ゴロ、ユウジ6ゴロで三者凡退。少し雨が弱まった4回裏、4番にこの試合初安打となる左中間二塁打を放ち、捕逸で三進。けん制でうまくつり出すが、ホームへの送球が遅れ、三塁走者がヘッドスライディングで生還、1点を許す。5番以下は、三振、投ゴロ、三振と切って取っただけに痛かった。5回表、コウタが散ドラ初ヒットとなる左前ヒットを放つも、ソウタの2ファールフライに飛び出してダブルプレー、カイト4ゴロでチェンジ。5回裏、8番三振、9番四球、1番三振で二死。2番2フライを落として生かすが、3番を6ゴロで守り切る。今日はしぶとい守りだ。再び雨が強くなってきた6回表、トシキ投ゴロ、ミノル3ゴロ、リク投ゴロで、なかなか相手投手を捕まえ切れない。6回裏、4番投ゴロ、5番四球とするも、6番投ゴロ、7番三振でこちらもしっかり抑えきる。最終回、先頭シュンスケが四球で出塁・盗塁で二進、さらに投手が投げる少し前にシュンスケが三塁を狙ってスタート。しかし、投手が気づいて落ち着いて三塁送球で、ヘッドスライディングも虚しくアウト。続くカズトが中越え二塁打を放っただけに惜しかった。カズト盗塁、ユウジ四球・盗塁で一死二三塁の逆転機を作るが、ソウタの5ゴロでカズトが突っ込み、本塁突入かと思いきや、挟撃プレーとなってアウト。ソウタも6フライでゲームセットとなりました。

 

今シーズンは、(管理人が見ていない)川口ジュニアーズ戦での大逆転勝ちや父母会長がベストゲームとしてあげる横川スーパースター戦などがありますが、管理人が見た中では、今シーズンのベストゲームだったと思います。主審も、雨にもかかわらず、好いゲームだからと試合を続行してくれましたし、試合終了時に「いい試合だった」と言ってもらいました。しかし、それでも勝てないあたりが散ドラらしいですね…。

 

 

平成21111日(日)  1056分〜1232分   晴れ

★公式試合(研修リーグ秋季大会4回戦)         川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

松が谷ジャガーズ 0 4 0 2 1 0 

散田ドラゴンズ   0 1 1 1 0 0 

 

【バッテリー】 P:シュンスケ   C:ユウジ

【今日の敢闘選手】  初捕手・クリーンヒットのユウジ、初出場・打点・得点のトシキ

                好投シュンスケ・ダブルプレーのリク

【試合経過】

秋季大会4戦目!予選リーグの最終戦となります。が、しかし…。骨折のコウスケに加え、カズトが家庭の都合で無念の欠場という非常事態となりました。捕手を二人欠き、ユウジが初捕手を務め、トシキがデビューを果たし、4年生からはシュウヘイが先発出場したように、悪いことばかりではありあません。ピンチをチャンスに変えろ!

 

初回表、先頭はフラフラとライト線(一塁後ろ)に落ちる不運なテキサスヒットで一気に二進。続く2番は内野フライに打ち取ったと思ったが、シュンスケの後ろに初出場のトシキが走り込むが惜しくも捕れず、連続テキサス安打で一二塁。盗塁で二三塁とされ、3番は投ゴロで二塁走者が飛び出していたが、挟むか一塁送球か悩むうちに全員セーフで無死満塁の大ピンチ!!!が、しかし…。4番は5ゴロでバックホームでフォースアウトで一死。5番投ゴロでバックホームでフォースアウトで二死。6番は三振で、何と無失点で切り抜ける。大丈夫かという面と、これは行けるかという流れを感じさせる立ち上がり。初回裏、勢いに乗って先制したいところだが、ミノル三振、リクは惜しい当りも5ライナー、シュンスケが4ゴロ内野安打で出塁するも、ユウジ投ゴロで無得点。2回表、先頭7番は、三塁・遊撃・左翼の間に落ちるこの日三本目のテキサス安打で一気に二進(しかし、強豪チームなら捕っているぞ)、三盗。続く8番の7フライは、前進でタイミングがずれたか、太陽が目に入ったか、後ろに逸らし1失点。盗塁で二進後、9番はボテボテの5ゴロ内野安打で一三塁。1番は初球スクイズでバックホームも間に合わず、2点目、なおも二三塁。2番三振で一死、3番5ゴロで三本間に挟んでタッチアウトで二死。4番も5ゴロでチェンジかと思ったが、一塁悪送球で更に2失点。5番2ゴロでチェンジとするも、ほとんど打たれずに4失点は痛かった!2回裏、先頭5番コウタは2フライとなるも落球で出塁。けん制悪送球で一気に三進。ソウタは7フライだが、タッチアップは出来ず。初打席のトシキの4ゴロにコウタが突っ込み、ホームインで1得点!8番カイト三振で二死。9番シュウヘイは初球をミートするも4ゴロでチェンジ。3回表、気を取り直したシュンスケがあわや三球でチェンジかという快投!6番から全員投ゴロで4球で三者凡退!流れを引き寄せる!3回裏、先頭ミノル四球・盗塁。2番リクのヒットエンドランで一死となるが、ミノルは三進。シュンスケの6ゴロでミノルが本塁突入するも、クロスプレーでタッチアウトで二死。チャンスを潰したかに見えたが、シュンスケが二三盗で三進後、5番ユウジが振り逃げの間にシュンスケが生還し、1点を返す!コウタは5ゴロでチェンジ。4回表、先頭9番を5フライで一死とするも、1番は三遊間を破られ、左中間も抜かれる二塁打となる。2番は5ゴロだが、コウタが先ほどの悪送球で委縮したか、ゆるい送球で内野安打としてしまう。3番の当りも打ち取っているが、不運にも今日4本目の右前テキサス安打で、痛すぎる2失点!4番、5番は連続三振でチェンジ。4回裏、先頭ソウタは6ゴロで一死、トシキは粘ってよくボールを見て四球で出塁。みんな野球を始めた頃はこういうふうに必死だったということを思い出させてくれる粘りでした。カイトは3ゴロで二死となる間に、トシキは二進。盗塁で三進後、捕逸で生還、ノーヒットで1点を追加!シュウヘイも四球で出塁するが、先頭に返ってミノル三振でチェンジ。5回表、6番3ゴロで一死、7番代打に死球・盗塁。8番6ゴロの間に三進、捕逸で1失点。9番三振でチェンジ。もったいない1失点。5回裏、先頭リク、シュンスケともに5ゴロで二死。ユウジは目が覚めるような左前ヒットで出塁。今日唯一のクリーンヒットでした。しかし、続くコウタもいい当たりも6ライナーで無得点。6回表、先頭1番の三遊間の当りをリクが止めるが、内野安打となる。2番が粘りに粘る間に二三盗、7球目の6ゴロで本塁突入の三塁走者を刺してまずは一死、二塁を狙った打者走者を捕手ユウジから遊撃リクに転送しタッチアウトでダブルプレー!!今日最高の見せ場でした。後続に粘られ四球を出すも、4番を三振で締める。時間的にも最後の攻撃となる6回裏、ソウタが5ゴロ、トシキ投ゴロ、カイト5ゴロと最後までタイミングを取り切れずゲームセットとなりました。

 

主力2人が欠けた試合でしたが、絶対に勝てない試合ではありませんでした。ところどころ良いプレーがあったように、思い切りプレーすれば勝てる試合です。前の試合の最後にも、今日の試合の前にも言ったように、遠慮してお見合いをしたりせず、ぶつかってもいいから、残り少ない試合を、楽しんで思い切り試合をしてほしかったです。本当に残る試合はあとわずか!有終の美を飾るべく、思い切って、楽しくプレーしよう!散田ドラゴンズ!

 

 

 

平成211018日(日)  900分〜950分   晴れ

★公式試合(研修リーグ秋季大会3回戦)       宇津木台小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ      0 0 0 0   

みなみ野ファイターズ 2 2 6 ×    10

 

【バッテリー】 P:シュンスケ   C:カズト

【今日の敢闘選手】  三盗阻止とナイスストップのカズト

【試合経過】

秋季大会3戦目!相手は春季の優勝チーム!散ドラは初戦で当り、2回までリードしながら、3回に大量10失点で敗れた相手です。体つきは散ドラ諸君より、二回りくらい大きい感じですが、同じ小学生、勝てないわけはない!

しかし、久々にシュンスケが好投するも守備が乱れ、好調だった打線もコウスケの欠場でリズムが崩れたかパーフェクトに抑えられました…。うまくいかないですね。。。

 

初回表、ミノル三振、リク3ファールフライ、シュンスケ4フライ。相手投手は巨漢ですが、無茶苦茶速いわけではありません。しかし、どうも見た目に影響されるのか、しっかりミート出来ません。。。初回裏、1番三振、2番打ち取った当りだが、センターとショートの間に落ちてヒットとする。センターが捕る当りでした。続く3番の当りは強烈だったもののセンター正面。しかし、目測を誤り、後ろに逸らし、ホームまで還り2点先制される。5ゴロ、三振と後続を抑える。2回表、カズト投ゴロ、ユウジ見逃し三振、コウタはしっかりミートするも4ライナーで三者凡退。2回裏、6番左越え本塁打で1失点は仕方ない。下位は三振、5ゴロで二死とするが、9番の当りに一塁が反応出来ずにライト前に。一塁送球も間に合わずヒット。盗塁のあと、1番の左前ヒットで、この回2点目。なおも二塁に走者が残るが、カズトが三盗を阻止して、チェンジ。3回表、ソウタ4ゴロ、カイト見逃し三振、ナオキ投ゴロで三者凡退。3回裏、2番は3ゴロ、3番は9フライに打ち取るが後ろに逸らす。なおかつ、中継が乱れて、一気にホームインで1点を失う。後続を四球・左前ヒット・四球で満塁のピンチに、7番は3ゴロに打ち取るが、間に合わないホームに投げる野選(フィールダースチョイス)かつ悪送球で2・3点目。8番スクイズで二者が還り4・5点目。なおかつ一塁悪送球で生かす。9番3ゴロで二死とするが、1番左線ヒットで6点目。2番5ゴロで漸くチェンジ。得点しないとコールドとなる4回表、ミノルはしっかりミートするも惜しくも5ライナー、リク5ゴロ、最後シュンスケが見逃し三振でゲームセットとなりました。

 

打つ方がパーフェクトに抑えられては勝てませんが、やはり今日は守備の乱れの方が痛かった。エラーとエラーにはならない野選、中継乱れ、ポテンヒットなどがなければ、1〜2点に抑えられた試合でした。みなみ野は優勝チームらしく守備が堅かったです。最後にも言いましたが、残り試合は悔いの残らないように、思いきり、伸び伸びとプレーしよう!がんばれ!散田ドラゴンズ!

 

 

 

平成211017日(土)  9時00分〜        晴れ

☆公式試合(研修リーグ秋季大会2回戦)       大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

川口ジュニアーズB 1 0 0 0 0    1

散田ドラゴンズ    3 1 2 1 1×  

 

【バッテリー】 P:ユウジ ⇒ シュンスケ(4回〜)   C:カズト

【今日の敢闘選手】  投げて、打って、走ったユウジ

【試合経過】

秋季大会2戦目!管理人は仕事だったため、試合結果は、マロンのままさんにお願いしました。ありがとうございました。以下、原文通り、掲載します。

 

1回表、四球、盗塁で3塁へ。けん制悪送球で1点。1ゴロ。6ゴロ。三振で3アウトチャンジ。ユウジよく抑えた!1回裏、ミノル三振、リクボテボテ3ゴロヒット(?)、盗塁2塁へ。シュンスケ5ゴロアウトの間にリク3塁へ。ワイルドピッチで1点。カズト四球盗塁2塁へ、ユウジ9前ヒットでカズトホームイン2点目。ユウジ盗塁2塁へ、コウタ4エラーでユウジホームイン3点目。コウタ盗塁2塁へ。ソウタ3エラーレフトのカバーで3塁ホーム間でコウタが挟まれタッチアウト、チャンジ。2回表、三振。4エラーで出塁。6ゴロ−3−5送球アウト−4送球アウトでダブルプレー。2回裏、カイト四球、盗塁けん制アウト。シュウヘイ三振。ミノル四球、2盗塁で3塁へ。ワイルドピッチで4点目。リク四球、盗塁2塁へ。シュウスケ三振でチャンジ。3回表、ここで、守備交代シュウヘイ→タカナリ。三振。四球。四球。5ゴロで3塁アウト。それぞれ盗塁したが、1ゴロアウト。3回裏、カズト9前ヒット。ユウジ1ゴロで2塁アウト。ユウジ2盗塁で3塁へ。コウタ9前ヒットで5点目。ソウタ4ゴロアウト。コウタ盗塁3塁へ。カイト8前ヒットで6点目。タカナリ三振。4回表、ここでピッチャーシュンスケに交代。6フライ危なっかしくキャッチ。三振。四球。3塁線ギリギリ内野安打、盗塁。四球。三振。4回裏、守備交代。ミノル振り逃げ。2盗塁3塁へ。リク1ゴロの間にミノルホームイン7点目。シュンスケ8前ヒット打つも、2塁盗塁けん制アウト。カズト9前2ベールヒット。ユウジ5ゴロアウト。5回表、守備交代でライトにヒロキが入りました。四球、2盗塁3塁へ。1フライアウト。三振、三振。5回裏、コウタ9前ヒット、盗塁。コウタ6前ヒット、盗塁カイト8フライ、タッチアップでコウタホームイン。8点目。ここでコールド勝ち!四球

 

 

 

平成211011日(日)  1040分〜12時頃   秋晴れ

☆公式試合(研修リーグ秋季大会1回戦)       下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

中郷イーグルスB 0 0 0 0     

散田ドラゴンズ   4 2 1 3×    10

 

【バッテリー】 P:コウスケ   C:カズト

【今日の敢闘選手】  完封のコウスケ、ナイラン・3得点のミノル、右中間二塁打ユウジ、

                ファインプレーのソウタ、タイムリーのリク 

【試合経過】

春季大会を1試合未消化ですが、秋季大会に突入しました。けが人続出で、投手コウスケ、捕手カズト、一塁ユウジ、二塁コウタ、三塁リク、遊撃シュンスケ、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタと若干いつもと違う先発メンバーです。相手は、春に対戦がなかったBチームです。

 

初回表、1四球は出すも、6ゴロ、投ライナー、三振と危なげない立ち上がり。初回裏、ミノルの投前の緩いゴロが内野安打になると同時に、一塁手が後逸しミノルは一気に二塁を蹴って三塁へ。一塁から三塁への送球が悪送球になり、何とミノルはホームイン。たった一人で先制しました!!リク・シュンスケが、遅い球に力んで、6ゴロ、5フライで二死となるも、カズトは4フライエラーで出塁・盗塁、コウスケの高いバウンドで二遊間を抜ける中前ヒットでカズト生還で2点目!盗塁のあと、ユウジは右中間エンタイトル二塁打で3点目!盗塁のあと、ユウジもワイルドピッチで生還し4点目!なおも、カイト・コウタが連続四球でチャンスを作るが、サインミスでカイトが三遊間に挟まれアウトで、この回4点。2回表、先頭を四球で出し、犠打で二塁へ送られるも、7・8番を連続三振でこの回も危なげなく抑える。2回裏、先頭9番ソウタは四球・盗塁、ミノルの左前ヒットを左翼手が後逸し、ソウタが生還1点目。ミノルがスタート、リクが左前ヒットのヒットエンドランで(たまたま?サイン?)、ミノルが還って2点目。盗塁のあと、シュンスケの6ゴロの一塁送球の間に一気にホームを狙うが、Bチームとはいえ、しっかり鍛えられている中郷は慌てずバックホームで、リクがアウト。畳みかけるつもりが一気に二死。カズトも8フライでチェンジ。これがAチームなら流れが傾く展開。3回表、先頭9番三振で一死後、1番の相手キャプテンが中前クリーンヒット。盗塁で二進後、2番の当りは右中間を抜けそうな当たりだが、ソウタ走って間一髪キャチ!抜かれていれば点を取られる展開で、見事なプレーでした。その後、捕逸、四球・盗塁で、二死二三塁のピンチが続いたが、4番を三振でこの回も無得点に抑える!3回裏、先頭コウスケがまたしても遊撃手の頭を超える中前ヒット、盗塁・捕逸で三進後、ユウジは8フライ。カイトの5ゴロで一塁送球の間にホームイン、1点追加。しかし、後続続かず、この回1点で流れがしぼみかけてるぞ!4回表、1四球は出すも、三振2つと3ゴロで危なげなく抑える。4回裏、ここで相手投手が遊撃を守っていたキャプテンに交代。先発より球は速いが制球が定まらない。先頭ソウタに四球を与え、ミノルも四球、リクの捕手前のゴロは打者走者のリクと送球が交錯しセーフとなり、無死満塁のチャンス。ここでまず暴投でソウタが還り1点!シュンスケの6ゴロの間にミノルが還り2点目!カズトの6ゴロの間にリクが還り3点目!4回10点差の規定によりここでコールドゲームとなりました。

 

相手はBチームですから、ほとんど打たれる感じもせず、コールド勝ちと順当な結果でしたが、聞くと、中郷イーグルスBチームの先発には4年生が5人ほどいたそうです。それを考えると、失礼ですが、4回コールドくらいでは喜んでいられませんし、この日も相変わらず試合に集中できない4・3年生たちとはえらい違いです。

6年生は最後のリーグ戦、まだまだ負けられません!今日も順当なようで、攻めではいくつかミスもありました。個々に反省しよう。4・3年生は、今日の相手チームの何人かは来年もライバルになるかもしれません。ベンチで評論家をしている君たちよりも、はるかに野球も知っているし、上手です。負けないように、しっかりがんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成21920日(日)  1037分〜1217分  秋晴れ、風強く、風止んだ後暑い

★公式試合(連盟秋季大会2回戦)(初戦)     滝が原グランド     

チーム名     1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ  0 1 3 0 0  

交友ビクトリーズ 0 1 4 3 ×  

 

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒コウスケ(4回〜)   C:コウスケ⇒カズト(4回)

【今日の敢闘選手】  打撃面では、シュンスケ、コウスケ、ミノル、走塁でユウジ

【試合経過】

先発シュンスケ、捕手コウスケ、一塁ユウジ、二塁コウタ、三塁カズト、遊撃リク、左翼ソウタ、中堅ミノル、右翼ナオキの先発メンバー。6年生のカイト・トシキが欠場のため、4年生も出場機会がありました。

 

春の練習試合でコテンパンに負けた交友ビクトリーズさんとの再戦ですが、今日もまた自滅です…(このセリフも使い飽きた…)。。こちらの5安打に対し、相手は2安打。対して、四死球はこちらが3個で、相手が14個です。やはり死四球が絡んでくると、勝てません。まあ、よくこの点差で済んだものだと思います。

 

初回表、1番ミノルは初球を叩き、いい当たりだったが惜しくも3ゴロ、リク8フライ、シュンスケ7フライと上げてしまい三者凡退。初回裏、相手先頭もいい当たりだが、コウタがしっかり抑えて4ライナーで一死。しかし、2・3番を連続四球、4番三振で二死とするも、5番も四球で二死満塁。6番を何とか三振にとって、0点に抑える。この回33球。2回表、先頭カズトは3ファールフライで一死。5番コウスケはしっかりミートし中前ヒット。6番ユウジの3ゴロで走者が入れ替わる。7番コウタの時、ユウジが盗塁、捕逸、暴投で一人でホームに還ってきて1点先制!コウタ3ゴロでチェンジ。2回裏、先頭7番を5ゴロに取るも、下位の8・9番に連続死四球、盗塁で二三塁のピンチを迎える。1番は前進守備の6ゴロで三塁走者が飛び出す。追いかけて刺せる間合いだったが、一塁送球で二死とする間に1点を失う。2番に四球・盗塁でなおも二三塁のピンチが続くが、次打者を4ゴロで何とか同点に抑える。この回29球。3回表、4年生ナオキはよく見たが、最後は見送りで三振で一死。9番ソウタは四球を選び、1番ミノルは自分も生きる三塁線の見事なバント安打で一二塁。続くリクも四球を選び、満塁の大チャンス!!!ここで3番シュンスケは左前クリーンヒット!!ソウタに続いて、ミノルも俊足を飛ばしホームインで2点を追加!!カズトも四球でなおも満塁のチャンスから、コウスケの投ゴロの間にさらに1点追加!ユウジ4ゴロでチェンジとなりましたが、この回3点を入れてリード。3回裏、4・5番に連続四球。6番は4ゴロで一死とするも、7番の時にボークで1失点。7番のセンターライナーはグラブの上を掠め、外野を転々として、2ラン本塁打となり、2点を失い同点に追い付かれる。ここで走者がいなくなったのに、バットを振らない下位の8・9番に連続四球を与え、1番の3フライをはさんで、2・3番も連続四球で押し出しで逆転される。打者一巡した4番を三振にとって、ようやくチェンジ。この回何と54球。4回表、コウタ5ゴロ、代打タケルはバットに当てるも投ゴロで二死。ソウタが三塁横をかすめる左前ヒットで出塁するも、ミノルが3ファールフライでチャンスを広げられず、無得点。嫌な流れだ。4回裏、先頭5番に四球を出したところで、シュンスケからコウスケに投手交代。この回7球で、シュンスケは結局、123球を投げ、与死四球13、被安打1、三振3でした。交代したコウスケも6番を四球、盗塁で二三塁とされてから、7番のスクイズで中押しをされ、8番もスクイズでバックホームするも野選となりダメ押しとなる2点目を奪われ、ランナーも残す。ボークで二進され、9番は三振で二死とするも、1番に左前にポトリと落とされ、決定的な3点目を失う。2番は投ゴロでチェンジ。最終回となる5回表、リクが執念でセンター前へ。センターグラブに当てるも捕球できずに出塁。しかし、期待のクリーンアップは、シュンスケ5ゴロ、カズト見逃し三振、コウスケ空振り三振で、ゲームセット!

 

問題は四死球だとはっきりしています。投手経験のない管理人はどうしたら解決するのか分かりませんし、すぐに解決することもないのでしょうが、最後に父母会長が言ったように、普段のキャッチボールから相手の胸を「意識して」投げることしかないでしょう。練習あるのみ。練習は嘘をつきません。

 

がんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成21912日(土)  1028分〜122分  曇 ときどき 雨

★公式試合(研修リーグ春季大会11回戦)      椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 2 2 0 0 1  

ビートルズSC 1 2 1 2 ×  

 

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒ユウジ(3回)⇒カズト(4回〜)   C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  クリーンヒットのコウタ、ソウタ、2安打のカズト、ナイランのミノル 

【試合経過】

雨にたたられ、2か月ぶりくらいの試合になりました。いい試合とも言えますが、冷静に見れば、今日もまた自滅です…。こちらの7安打に対し、相手は3安打。やはり四死球が点に絡んでくると、勝てません。互角の勝負となると予想されたビートルズ戦で敗れたというところに、まだまだ本当の実力が付いてないということがよく分かります。

 

初回表、ミノル四球・二三盗塁で、一死後、シュンスケの8フライでタッチアップで1点先制。カズトの中前ヒットをセンターが後逸し一気に三進、暴投で2点目。コウスケ5内野安打、捕逸、盗塁で三進するも、ユウジ4ゴロでチェンジ。しかし、上々の滑り出し。初回裏、しかし、久しぶりの試合のせいか、シュンスケもフォームが安定せず、連続四球の苦しい立ち上がり。盗塁で二三塁となり、3番4フライで一死、4番4ゴロで二死とするも、その間に三塁ランナーに生還される。5番を3フライに打ち取り、この回は何とか1点に抑える。2回表、7番カイトが四球で出るもけん制アウトで一死。しかし、8番コウタが右越え二塁打、盗塁、暴投で生還し1点追加。9番ソウタが左前クリーンヒット、盗塁、けん制悪送球をセンターが後逸する間に一気に生還でこの回2点目。下位打線でしっかり点を取るいい展開。しかし、1・2番は投ゴロでチェンジ。2回裏、下位の6番からですが、四球、5ゴロエラー、送りバントが内野安打となり、いきなりノーアウト満塁のピンチ!!9番はスリーバント失敗で一死、1番三振で二死までこぎつけたが、2・3番を連続四死球の押し出しで、2点献上、4番は4ゴロでチェンジとするも、1点差とされる。3回表、クリーンナップを迎えるが、投フライ、6ゴロ、4ゴロ内野安打で出塁するもけん制アウトで三者凡退。相手に流れを渡すイヤな展開。3回裏、あっぷあっぷのシュンスケからユウジに交代。しかし、先頭5番に強烈な左越え三塁打を打たれるが、これは仕方ない。次打者の5ゴロで突っ込んだ三塁走者を刺して一死とするが、その間に打者走者は二進、暴投で三進後、7番4ゴロで二死とする間に三塁走者に生還され、同点とされる。8番三振でチェンジ。4回表、ユウジが5ゴロ内野安打で出塁するも、後続が三振、4ゴロ、三振で無得点…。4回裏、先頭9番に四球、1番にも四球で、ここでカズトに投手交代。2番の初球捕逸で二三塁とされるが、続いてサインミスか三塁ランナーが飛び出し、挟撃プレーで一死、2番も三振にとり二死とするも、3番には左前クリーンヒットで勝ち越し点を入れられる。4番の中前ヒットは、大きくイレギュラーし不運な三塁打となり、2点差を付けられる。なおもピンチが続くが、後続は8フライでチェンジ。時間的に最終回となりそうな5回表、ミノルの4ゴロは悪送球となり二進、更にけん制がそれる間に三進、暴投でホームインと一人でノーヒットで生還!これで一点差、盛り上がるベンチ!続くリクは三振するも、捕球できずに振り逃げで一塁へ走る。送球を一塁がこぼし、ボールが入っていないグラブでベースをタッチし、最初セーフのコールがありましたが、アピールがあり、右手にボールを持っていてその身体でベースに触れていたということでアウトとなりました。期待がかかるシュンスケは投ゴロで二死。しかし、まだまだこれから。カズトが中前クリーンヒットで出塁、盗塁で二進。一打同点のチャンス!ここでコウスケの当りは、投手の頭を越せば面白いと思ったが、惜しくも捕球され、一塁送球でゲームセットとなりました。

 

最後追い込んだものの、残念ながら敗戦となりました。試合直後は、さすがに6年生は落ち込んだ様子でした。しかし、これが皆の実力だということです。残された試合もどんどん少なくなります。悔いの残らないように一球一球を大切にして、しっかり練習しよう。一方で、今日は成果もありました。湿りがちだった打線に当りが出てくる兆しがありました。シャトル練習の成果かどうか分かりませんが、こうした良い点はさらに伸ばしていこう!また、走塁や挟撃でも、落ち着いて出来たプレーもありました。こうした良いプレーをいつでも出せるようになるためには…。そう練習しかありません!

 

がんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成2182日(日)  9時頃〜11時頃  雨(時折強く)

☆練習試合        大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ  1 2 2 6    11

北八王子エース 0 0 5 1   

 

【バッテリー】 P:シュンスケ  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  (勝手な推測ですが)バッテリーと2安打のソウタ

【試合経過】

大谷グランドまで行きましたが、雨で研修リーグ11回戦の八王子アパッチ戦は中止。その代わり、大谷グランドをホームグランドとする北八王子エースと練習試合をすることになりました。管理人は正式試合が流れたので、我がままを言って、私用のため帰らせて頂いたので、試合結果はマロンのままさんから頂きました。時折、激しく雨が降ったので、試合はないだろうと思っていましたが、春季リーグで苦杯をなめた北八さん相手に、見事勝利!

 

1回表、リク4ゴロ一死、ミノル5ゴロエラーで出塁、続けて暴投で三塁へ。シュンスケ四球で出塁。ボークで1点先制。コウスケ1ゴロで二死。カズト死球。ユウジ9ゴロでアウト、チェンジ。1回裏、1ゴロ、3ゴロ、4フライで三者凡退でチェンジ。シュンスケは出だし好調!2回表、カイト四球、ソウタ右前ヒット、コウタ死球、リク死球で押し出しでこの回1点目。続いてミノル3ゴロは本塁フォースアウトで一死。シュンスケが5ゴロで二死となる間に、コウタがホームインし、2点目。コウスケ1ゴロでチェンジ。2回裏、4・5番とも2ゴロで二死、6番は5ゴロ内野安打で出塁・盗塁のあと、三盗を刺して、三者凡退に抑える。大活躍のバッテリー。3回表、カズト四球、ユウジ中前ヒット、カイト8フライで一死。ソウタ四球で満塁から、コウタ四球で押し出しで、この回1点目。捕逸でユウジが飛び出し、三本間に挟まれ二死。リク8エラーでソウタがホームインで2点目。しかし、コウタは本塁クロスプレーでアウト。この回2点止まり。3回裏、7番の当りはレフトを抜け二塁打。続く8番にはシュンスケの足が滑ってバウンドしたボールが死球となる。9番は2ゴロで一死とするも、1番四球で満塁。2番のスクイズで本塁送球も間に合わず、フィルダースチョイス(野手選択)、一塁転送も間に合わず、しかもその間に更に1点追加で、2点目。3番三振で二死とするが、4番は走者一掃の中越三塁打で3点追加で、この回5点目。5番を三振にとり、ようやくチェンジ。しかし、ここで5対5の同点!4回表、ミノルの途中で投手交代。ミノルは四球。シュンスケの左前ヒットをレフトがエラーし、シュンスケは本塁まで還り2点追加。コウスケは中前ヒット。ここで相手捕手のメガネのレンズがとれるアクシデントで選手交代。カズト3ゴロの間に、コウスケがホームインでこの回3点目。ユウジ5ゴロ悪送球で出塁、カイト四球、ソウタ右前ヒットで満塁。コウタ5ゴロで一死の間に2点追加で5点目。リク6ゴロ内野安打、ミノル四球、シュンスケ2ゴロで二死の間にソウタがホームインで6点目。コウスケ3ゴロアウトでチェンジ。この回6点を追加し、突き放す!4回裏、6番中前ヒット、7番2ゴロで一死、8番三振だが捕逸で1失点。9番は4ゴロ内野安打だが、1番を三振にとり、ゲームセット!

 

途中、試合に夢中になり、間違いもあるかも…とのことですが、マロンのままさん、詳細な試合結果ありがとうございました。散ドラ諸君、監督・コーチ、父母の皆さん、雨中の熱戦、お疲れ様でした。風邪をひかないでくださいね!

 

 

 

 

平成21726日(日)  1238分〜1400分  晴れ(真夏日)

★公式試合(連盟新人戦1回戦)      滝ヶ原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 1 0 0 0   

ビートルズS.C 4 8 0 ×    12

 

【バッテリー】 P:ナオキ⇒タカナリ(2回途中〜)   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  4・3・2年生全員ですが、投手を務めたナオキ、タカナリ、守りの要の

               捕手を務め2四球で出塁したシュウヘイ、好プレーのタケル、外野を

               駆け回ったヒロキ、の4年生諸君はよくがんばりました。

               これからも下級生をひっぱってください。 

【試合経過】

出場が危ぶまれましたが、ついに新人戦を迎えました!戻り梅雨ではっきりしなかった天気も、カンカンに晴れて、まさに新人戦日和となりました。試合開始直前の12時の気温は何と34.1℃でした…。いや〜暑いわけです。試合の方は、負けはしましたが、4年生以下のチームとしては、上出来でした。

投手ナオキ、捕手シュウヘイ、一塁タケル、二塁タカナリ、三塁カズキ、遊撃アキヒロ、左翼ヒビキ、中堅ヒロキ、右翼コダマのスターティングメンバーで、途中交代でサネユキ、タクミ、リサも出場し、全員出場でした!

 

初回表、1番ナオキは四球で出塁・盗塁。タカナリ5フライで一死後、三盗のあとボークで労せずして1点先制!3番シュウヘイも四球・盗塁。4番タケルは三振で二死。シュウヘイ三盗のあと、5番ヒロキは死球。ダブルスチールで二三塁のチャンスが続くが、アキヒロが三振に倒れ、チェンジ。初回裏、1番中前テキサスヒット・盗塁・暴投で三進。2番四球・盗塁で二三塁のピンチ。3番中前ヒットで1失点。暴投で2点目。4番は四球。暴投で3点目。5番も四球でなおも満塁。6番中前テキサスヒットで4点目で、なおも満塁のピンチが続く。楽な試合とは思っていなかったものの、一死も取れずにベンチも祈るような気分…。続く7番はライナー性の6フライ。これをアキヒロがチャッチし、飛び出した三塁ランナーを見て、三塁カズキに転送、な、なんとダブルプレーをとりました!これは大きかった!続く8番も三振にとってこの回を4点に抑える。上等上等。2回表、7番ヒビキ三振、8番カズキ投ゴロ、9番コダマ三振で三者凡退。Tボールからいきなり本当の試合は難しいよね…。2回裏、先頭9番を投ゴロに切って取りいいスタートだが、1番のセンター前に抜けるかという当りをタカナリがよく追い付き、一塁送球するが、惜しくも内野安打。盗塁のあと、2番はレフト前にいい当たりで、ワンバンで頭を越え二塁打で1点目。盗塁のあと、3番四球・盗塁、暴投で2点目。4番も四球。ここで投手はタカナリに交代。5番は投ゴロに打ち取ったが、間に合わないタイミングで本塁に悪送球で3点目。6番は3ゴロに打ち取るが、タッチをかわされ内野安打で4点目。暴投で5点目。7番は四球。暴投で6点目。8番は四球。暴投で7点目。9番は四球。ベンチからナインへの喝の声にタカナリの投球動作が止まり、ボークで8点目。1番は四球。またまた、どうなるのか…と見守るベンチ。と、またまたここで奇跡が…。続く2番は浅く守ったナオキの後ろに飛んだ6フライ。これをナオキがチャッチし、再び飛び出した三塁ランナーを刺して、今日二つ目のダブルプレーをとりました。8点取られたものの、何とかチェンジ。ふぅぅ〜。3回表、ナオキ投ゴロ、タカナリ三振、シュウヘイ四球で出塁するも、タケル三振で無得点。打つ方は厳しいですね。3回裏、この回から外野がすべて入れ替わり、左翼サネユキ、中堅タクミ、右翼リサが入りました。大丈夫だろうか…。3番は3ゴロでタケルが走者にタッチして一死。4番の5ゴロはダッシュしてカズキが前でさばいて、「普通の5ゴロ」にして二死。普通のプレーがどれだけすごいかと思わず感動…。5番を四球で出すも、6番の一塁ベンチ前へのファールフライを一塁タケルがダッシュしてナイスキャッチ、初めてあっさり無得点に抑えました!時間が余って、4回表の攻撃に。5番タクミは果敢に振ったが三振。入団1ヵ月では仕方がない。いい経験だ。6番アキヒロは投ゴロで二死。やはり入ったばかりの7番サネユキはいい当たりのファールも打つが、やはり三振。しかし、捕手がこぼしたので猛然と一塁へ走り、振り逃げでセーフだ。8番カズキに期待がかかったが、投ゴロで残念ながら、ゲームセット。もう一人で、リサまで回り、全員出場、全員打席でしたが、残念でした。しかし、リサはあと3年新人戦が出来るぞ(どんなんだ?)。

 

ハラハラ、ドキドキの新人戦!負けはしましたが、よくこの点差で抑えたと思いましたし、初ゲームに近いような状態で、随所にいいプレーも見られました。また来年新人戦を戦えますから、その時に向けてみんなしっかり練習しよう!選手諸君もドキドキしたと思うけど、みんな楽しんでプレー出来たように思います。それが大切です。

 

来年に向けて、がんばれ!ちびっ子散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成21718日(土)  1045分〜1215分  曇

★公式試合(研修リーグ春季大会10回戦)      椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

城山キッズ   0 0 7 0 0  

散田ドラゴンズ 2 0 0 1 0  

 

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒カズト(5回〜)   C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  クリーンヒットのミノル、コウタ、カイト、ナイスカバーのソウタ 

【試合経過】

所用でキャプテン・リクを欠いた試合!ショートにはコウタが回り、セカンドにソウタ、ライトは4年ナオキが先発しました。先週今シーズンのベストゲームをした散ドラ諸君が、今日はまた見事な自滅…。しかし、明日からの夏合宿のやり甲斐があるというものです!みんな覚悟して合宿に臨むように!

 

初回表、三振・6ライナー・三振とシュンスケは球も走り、見事な立ち上がり。初回裏、レフト線にミノルが会心の二塁打!ソウタ4ゴロで三進後、ショート頭を超えるシュンスケの中前ヒットで先制!カズト三振で二死後、コウスケの中前テキサス安打で2点目!コウスケ盗塁失敗でチェンジも、完全に散ドラペース。ベンチも声が出ている!2回表、二者連続三振で好調持続かと思いきや、後ろにそらして振り逃げ。すると二者連続四球で満塁のピンチ!次打者の6ゴロをはじいてひやっとするが、慌てず本塁送球で二死。しかもなおも満塁。9番は平凡な3ゴロだがタイミングが合わずに後ろに抜かれ失点かと思われたが、二塁ソウタがナイスカバーで捕球し一塁に駆け込み間一髪アウト、無失点に抑える!2回裏、散ドラもユウジ5ゴロ、コウタ投ゴロ、カイト9フライと遅いボールを投げる相手投手に翻弄され、流れを引き寄せられない。そして魔の3回表、1番から四球・四球・打撃妨害・四球で押し出し1点目、ボークで2点目、6ゴロ一塁送球がそれ足が離れセーフで再度満塁、スクイズで二者生還3・4点目、7番三振で二死とするも、8番5ゴロエラーで5点目、9番打撃妨害、1番中前ヒットで再度満塁。2番死球で6点目、3番四球で7点目。4番三振でようやくチェンジ。この回、四死球5個、打撃妨害2個、エラー2個、犠打1本、ヒット1本です。これを自滅と言わずに何と言うか…です。3回裏、9番ナオキは投フライ、ミノルは四球・暴投・盗塁で三進するが、コウタ三振、シュンスケ6フライでチェンジ。ベンチもしゅんとして声がない…。4回表、先頭5番を4ゴロに打ち取るも一塁送球がそれ、足が離れて生かし、盗塁二つで三進されるが、4ライナー、三振二つで見事に抑え、流れを再び引き寄せる。4回裏、ベンチもまた声が出てきた。カズト四球、コウスケはミートするも惜しくも6ライナーで一死。ユウジも7フライで二死となるが、8番コウタが中前ヒットで一三塁。9番カイトも中前ヒットで1点を返す!いけいけの雰囲気だったが、ナオキは4フライでチェンジ。しかし、前の回に流れを引き寄せて、この回下位で1点を奪ったのは収穫だ。5回表、9番をストレートの四球で出したところで、投手はカズトに交代。1番に左線ヒットを打たれるが、カイトが止めてシングルヒットにする。2番三振で一死、3番投フライで二死。四球を一つ出すが、最後は6ゴロ二塁フォースアウトでこの回無失点。そして、5回裏、相手投手は左腕に交代(こちらがエース?)。ミノルはいい当たりだが、惜しくも6ゴロ。ソウタは投フライで二死。シュンスケは6ゴロ送球エラーで出塁するが、カズトが4フライで試合終了となりました。この左腕も遅い球ですが、やはり遅い球への対応が課題ですね。

 

ということで、ベストゲームをしてもそれを続けられないのが散ドラ諸君です。自分たちは強いと思っている部員もいるみたいだけど、5勝5敗のチームです。それを肝に銘じて、明日からの合宿に臨もう!ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成21712日(日)  901分〜1031分  曇

☆公式試合(研修リーグ春季大会9回戦)      大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

横川スーパースターズ 1 0 1 0 1 0 0 3

散田ドラゴンズ      1 0 1 0 2 3 × 7

 

【バッテリー】 P:シュンスケ   C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  2安打3盗塁と気をはいたミノル、7回完投のシュンスケ 

【試合経過】

管理人は仕事のため、父母会長に試合結果をお願いしました。ともに四球が少なく、点を取られては取り返し、終盤に突き放しと、「試合らしい試合だった」(父母会長談)とのことです。

 

初回表、1番ライト前の当りを一塁悪送球で、打者は二進。2番4ゴロで一死三塁。3番ライトゴロの間に1失点。4番左フライでチェンジ。初回裏、リク6ライナーで一死、ミノル6ゴロ悪送球出塁・盗塁・暴投で三進、三振で二死後、カズト右中間三塁打で1得点。コウスケ投ゴロでチェンジ。2回表、2連続三振、9フライで三者凡退。2回裏、こちらも5ゴロ、投ゴロ、三振で三者凡退。3回表、8番中前ヒット、9番投ゴロ4ゴロで二塁フォースアウトだが、一塁悪送球でランナーは二進。1番投ゴロで二死となるも、2番中前ヒットで1失点。3番のセンターフライをミノルがファインプレーでアウトにしたプレーが大きかった!3回裏、ソウタ3ゴロ、リク4ゴロで二死、ミノルは投ゴロも足で内野安打を稼ぎ、盗塁のあと、シュンスケの中前ヒットで1得点で同点。後続は倒れる。4回表、四球とするも、一塁けん制アウトで一死、次打者5ゴロで二死、6番6ゴロ悪送球で生かし、7番中前ヒットとするも、8番投ゴロで無得点に抑える。4回裏、コウスケ2ファールフライ、ユウジ三振、コウタ4ゴロで三者凡退。5回表、9番三振、1番6ゴロ内野安打、2番中前ヒット、3番5ゴロアウトで二死としなおも二三塁のピンチ。暴投で1失点としするが、打者2ファールフライでチェンジ。5回裏、カイト5ゴロ、ソウタ四球・盗塁のあと、リク5ゴロで二死、走者三進。ミノル左前クリーンヒットで1得点。ミノル盗塁、暴投で三進。シュンスケ6ゴロエラーで2点目で、ようやくこの試合逆転!カズトは4ゴロでチェンジ。6回表、四球、バントで一死、三振、投ゴロで抑える。6回裏、コウスケ左中間三塁打、ユウジ右中間二塁打で1得点!中継がもたつく間に三進。コウタの5ゴロでバックホームの送球がそれて、2点目!打者走者は二塁へ。カイト8フライで一死。盗塁のとき、送球がそれて3点目。そうた三振で二死、リク投ゴロでチェンジ。7回表、先頭打者を三振、次打者を5ゴロ、最終打者は投ゴロとして試合終了!5勝目となりました。

 

 

 

平成2175日(日)  1045分〜1147分  曇

☆公式試合(研修リーグ春季大会8回戦)      川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

台町4丁目子供会 0 0 1     

散田ドラゴンズ   6 4 6×     16

 

【バッテリー】 P:シュンスケ ⇒ユウジ(3回〜)  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  初登板のユウジ、タイムリーのクリーンナップ三人 

【試合経過】

市長杯から試合がなく、嫌な記憶が残ったまま3週間が経過しました。その記憶を振り払うかのように、3回コールドで勝利を飾りました!!しかし、相手のミスに助けられた面も多く、また打撃面でもまだまだ課題はあります。残り試合全勝に向けて、兜の緒をしめよう(緒があったかな?)

 

初回表、先発シュンスケは、四球を一つ出したものの、投ゴロと2三振で上々の立ち上がり。初回裏、リク四球・盗塁、ミノル投ゴロで一死、リク三進。シュンスケ6強襲内野安打でリク生還1点目。シュンスケ盗塁後、カズト投フライエラーでシュンスケ生還2点目。コウスケ2ゴロ一塁悪送球でカズト一気に生還3点目、コウスケも三進。ユウジ4ゴロ一塁捕球エラーでコウスケ生還4点目、ユウジ三進。コウタ6ゴロで二死も、ユウジ生還で5点目。カイト四球で出塁後、けん制悪送球・暴投で生還6点目。ソウタ四球、リク投フライでようやく攻撃終了。この回6得点だが、この回はほとんど相手のミスに助けられたもの。2回表、4ゴロと2三振で危なげなく三者凡退。2回裏、ミノル・シュンスケが連続四球、盗塁・けん制悪送球で二三塁とし、カズトの中前ヒットで二者生還。コウスケも中前クリーンヒットで3点目。けん制悪送球をセンターが逸らしてコウスケが一気に生還4点目。ユウジは四球・盗塁でチャンスは続くが、後続が倒れてこの回4点。3回表、ユウジが公式戦初登板。3フライ、三振と順調なピッチングを見せるが、1番を5ゴロ一塁悪送球で生かし、捕逸で二進後、2番投ゴロ一塁捕球エラーでもったいない1点を失う。しかし、次打者5ゴロで危なげなく抑える。3回裏、リクの当りはラッキーな6フライポテンヒット、ミノルはワンバンを投前内野安打とし、シュンスケが左中間三塁打で二者生還。カズト4ゴロ悪送球で3点目、コウスケ5ゴロエラー、ユウジ四球で満塁から、コウタ5ゴロ内野安打で4点目。続いてコウスケも本塁を狙って5点目。その間にユウジ三進、コウタ二進。カイト5ゴロで一死となる間にユウジが生還してこの回6点目で、16対1で3回15点差の規定でコールドゲームとなりました。

 

 

 

 

平成21614日(日)  1054分〜1242分  曇

★公式試合(八王子市長杯2回戦)    滝ヶ原グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ  2 5 0 0 0   

長房ジャガーズ 3 1 1 0 3×  

 

【バッテリー】 P:シュンスケ ⇒コウスケ(5回途中)  C:コウスケ ⇒カズト

【今日の敢闘選手】  球が走っていたシュンスケ、4番の打撃コウスケ 

【試合経過】

非っ常ぉぉぉぉぉぉぉぉ〜〜〜に悔しいですっ!管理人の散ドラ人生で最も悔しい試合かもしれません。言っても仕方ないことは言いませんが、今日は勝つ流れの試合だったのに、それを落としたことが悔しくて仕方ありません。

 

初回表、リク四球も盗塁死で一死となるも、ミノルとシュンスケが連続左前ヒット、盗塁で二三塁のチャンスから、四番コウスケが右中間三塁打で2点先制!四番の仕事だ!ユウジの投ゴロ一塁送球の間にコウスケがホームインと思ったが…、コールはアウト。ここで一気に畳みかけたかっただけに残念。初回裏、先発シュンスケは球が走っているが、先頭の6フライはまぶしかったかエラーで生かし、2番左前ヒット、暴投で1失点、3番四球、4番5ゴロ本塁フォースアウトで漸く一死とするも、5番は右越え二塁打となり、2失点で逆転される。6番も四球とするが、後続を三振、6フライに断つ。2回表、カズト四球、カイト待ち切れずに三振で一死となるが、コウタ・ソウタ連続四球で満塁となり、暴投でまず1点。リク死球で再度満塁。ミノルの6フライはショート後ろに落ちて、テキサス安打かと思ったが、一塁走者リクが二塁フォースアウトで二死となるが、コウタが入って2点目。シュンスケがしぶとく左前に転がし、3・4点目。コウスケ四球、盗塁の送球エラーの間にシュンスケが還り5点目。ユウジも四球でなおも一二塁のチャンス。ここで相手投手交代。超スローな山なりボールを待ち切れず、カズト4フライで攻撃終了。2回裏、9番三振で一死、1番投ゴロ、2番は三塁線を抜かれ、そのままフリーとなり本塁打とされるが、3番3ゴロでしっかり締める。3回表、カイトがセーフティバントを試みるが、打席から足が出る不正打撃でアウト。コウタは中前ヒットを放つが、ソウタ、リクが6ゴロでこの無得点。相手投手の超スローボールにタイミングが合わない。3回裏、4番に右中間二塁打を打たれ、一死後右前ヒットで1失点。続いて、死四球で満塁のピンチとなるが、後続を4ゴロ本塁フォースアウト、三塁走者けん制挟撃アウトでピンチを脱する。4回表、山なりボールを攻略したいドラゴンズ!ミノル、セーフティバントを試みるがアウト。シュンスケ振り逃げで出塁、盗塁・捕逸で三進。コウスケの7フライでタッチアップを試みるが、余裕でタッチアウトで結果的に三者凡退。4回裏、時間も残り少ない終盤。相手は1番からの上位打線。ここが正念場。しかし、1番のセーフティバントは内野安打となり、すかさず盗塁を試みる。しかし、コウスケの送球がドンピシャで走ってきた走者のところに行き、コウタが激突しながらもアウトとする。2番は4ライナーで二死。3番を右前ヒットで出すが、4番の強い5ゴロをしっかり捕球し、この回無失点。ずるずる失点してきて、この上位打線を0点に抑えたのは完全に散ドラの「流れ」だ!最終回となる5回表、先頭ユウジが泳ぎながらも左前ヒットで出塁。カズトの当りはファースト後ろにフラフラと落ちるが、ユウジがフォースアウトで一死。カイト3ゴロ、コウタ投ゴロで無得点。とうとう山なりボールにタイミングが合わない。5回裏、5番の当りは投手シュンスケをはじいてバウンドが変わり6ゴロとなるが、ちょっと焦ったか、送球がそれて一塁セーフ。6番四球で一二塁。ここで投手はコウスケに交代、7番の4ゴロをコウタが捕球し、一塁走者をタッチ後、一塁送球でダブルプレーで一気に二死。打順は8番と下位打線。勝利は散ドラの手中にありました。しかし、8番は追い込んだ末に四球。二三塁のピンチだが、相手9番は打たれる相手ではない。二死フルカウントから6ゴロゲームセットと思ったが、判定はセーフ。。。。。。。二者が還って、同点とされ、なおも暴投で二進、1番の6フライはテキサス安打となり、二三塁。浮足立ったチームを立て直す余裕はなく、最後は暴投で三塁走者が還って、サヨナラ負けとなりました。

 

ふぅ〜、今日の試合結果を書くのは辛かった。

 

 

 

 

平成21524日(日)  1101分〜1230分  曇時々雨

☆公式試合(研修リーグ春季大会7回戦)    椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ    4 3 0 0   

松が谷ジャガーズA 3 1 0 0   

 

【バッテリー】 P:カズト ⇒コウスケ(2回途中)  C:コウスケ ⇒カズト

【今日の敢闘選手】  投打に活躍のコウスケ 

【試合経過】

今日は投打の中軸シュンスケを緊急入院で欠き、空模様同様暗雲がたれこめる散ドラ。しかし、野球はチームスポーツだ。誰かを欠いたら、誰かが補う。4年生にも出番がある。ガンバレ!ドラゴンズ!! 投手カズト、捕手コウスケ、一塁ユウジ、二塁コウタ、三塁カイト、遊撃リク、左翼ソウタ、中堅ミノル、右翼ナオキの布陣で、シュウヘイ・タケルも途中交代で出場しました。

 

初回表、リク・ミノル・カズトと怒涛(?)の3連続四球で満塁。捕逸でリクが生還1点目。コウスケ四球で再度満塁。ユウジ6ゴロの間にミノルが還って2点目! 捕逸でカズトが還り3点目! カイト振り逃げで一塁送球の間にコウスケが還り4点目!相手のミスに乗じて4点を先制!初回裏、先頭を三振の上々の立ち上がり、しかし2番は追い込んでから四球・二三盗、3番三振で二死となるも、4番ストレートの四球・盗塁で二三塁のピンチ。5番は5ゴロでチェンジと思ったが、一塁悪送球で二者生還。初三塁に焦りが出た送球でした。しかし、気分を切り替えて6番を8フライに打ち取るが、グラブに入れてからこぼして、3点目。後続を三振に打ち取るが、自らのミスで点を与える負け試合の流れだ。どうするドラゴンズ?2回表、最近練習で打撃好調なソウタだが、投ゴロで一死、ナオキも当てたものの5ゴロで二死となる。しかし、リクが追い込まれてから粘って四球を選ぶ。先日の父母会長からの喝のあと、リクはひとつ成長し、昨日の練習でもキャプテンとしてリーダーシップをとっていました。ミノル四球・カズトも四球を選んで満塁になるかという時にリクが勘違いで飛び出すが、相手の悪送球を誘い1点追加。続いて4番コウスケが目が覚めるような左越え二塁打!!フェンスがない滝ヶ原ならホームランになるような当りで2点を追加し、この回3点。初回裏の嫌な流れを断ち切りました。2回裏、8番からの下位打線を投ゴロ、三振で簡単に二死とするも、1番はバウンドの高い5ゴロを突っ込んでエラー。前に出てのエラーなので、やむなし。しかし、ここからカズトが三連続四球で1点を失う。このままずるずるいくと、引き寄せた流れがまた相手に行ってしまう。ここでバッテリーが交代してコウスケが登板。ボールが2つ先行しハラハラしましたが、三振に打ち取り、最少失点にとどめる。ここを抑えたのが大きかった。3回表、流れに乗って追加点を入れたかったが、三者凡退。3回裏、こちらも送球がそれて一人出塁を許すが、投ゴロと三振2つで危なげなく抑える。時間が迫り最終回となる4回表、代打でシュウヘイが打席に立つも三振。次は頑張ろう!後続も倒れ無得点。いよいろ4回裏、三振・盗塁で危なげなく二死とするが、3番四球、4番はボテボテで頭を越されるヒットで二死一二塁のピンチ。こんなところで盛り上げないでいいので、さっさとアウトにしてほしいっ!祈りが通じたが、次打者を4ゴロに打ち取り、ゲームセット。上位常連の松が谷さんに勝利しました。

 

今日の勝因は、ボール球に手を出さずに四球を選んだこと、練習でも最近好調なコウスケがいい場面で打ったことです。他の選手も遅い球、速い球にしっかり合わせて打つように練習で意識するようになっていますが、全員が結果を出すにはもう少しかかりますかね。同じことは守りでも言え、失点は四球とエラー絡みでした。今日は、父母会長と第一試合の審判をしましたが、中郷対城山戦はコントロールがいい左腕対決で引き締まった試合展開でした。ものすごい速球がなくても、コントロールが良ければ、それほど失点はしないということです。

 

5分まであと1勝。そして、残り試合を全部勝っていこう!!がんばれ!!散田ドラゴンズ!!

シュンスケも早く戻ってこいよ〜。

 

 

 

 

平成21516日(土)  1038分〜1208分  曇(やや肌寒いか)

☆公式試合(研修リーグ春季大会6回戦)    川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ 6 2 1 12    21

将軍        0 0 0 2   

 

【バッテリー】 P:シュンスケ  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  複数安打のリク、コウスケ、カイトなどか? 

【試合経過】

今日は管理人は仕事のため父母会長に試合経過をお願いしました。ものすごく詳細な結果を頂きました。ありがとうございます。投手シュンスケ、捕手コウスケ、一塁ユウジ、二塁コウタ、三塁カズト、遊撃リク、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタの布陣で、途中交代で下級生の出場もありました。

 

初回表、1番リク中前ヒット、ミノル三振、シュンスケ中越え三塁打で中継のもたつきもあり一気に2得点!カズトは四球・盗塁・捕逸で三進、コウスケ3ライナーで二死も、ユウジの時捕逸で3点目、ユウジは四球。コウタ5内野安打。コウタ盗塁、捕逸する間にユウジ生還で4点目!、カイトは右中間二塁打で5点目!カイト盗塁・捕逸で生還6点目!ソウタは6ゴロでようやくチェンジ。初回裏、三振、四球、投ゴロ、三振でチェンジ。2回表、リク四球、ミノルのバントエンドランで一死となるも、リクは三進。シュンスケは5ゴロで二死となる間にリクが還って1得点!カズト四球・盗塁、コウスケ中越え二塁打で2点目!ユウジ4ゴロでチェンジ。2回裏、6ゴロ、三振、投ゴロで三者凡退。3回表、コウタ投フライ、カイト5ゴロで二死となるも、ソウタ四球、リク中前ヒット、ミノル右前ヒットで1得点。なおも盗塁で二三塁のチャンスだが、シュンスケ投フライでチェンジ。3回裏、先頭8番を死球、三振、犠打で二死二塁。次打者は右前ヒットでバックホームの間に二進で、二死二三塁のピンチ。しかし、次打者5ゴロで無失点。4回表、カズト6ゴロエラー・盗塁、コウスケ右前ヒットで1点目!、ユウジ投ゴロエラー、代打ナオキ四球で満塁。カイト右前ヒットで2点目!、代打タカナリスクイズ成功で3点目、先頭に返ってリク押し出しの四球で4点目、ミノル5ゴロで三塁封殺の間に5点目、ダブルスチールで二三塁としてシュンスケ四球で再度満塁。カズト5ゴロでリクはスタート良く生還6点目、コウスケ左中間二塁打で7・8点目、盗塁・捕逸で9点目。ユウジ四球、代打シュウヘイ四球、カズト4ゴロエラーで10点目、捕逸で11点目。代打タケル四球。リク6ゴロで二死となる間に12点目。ミノル投ゴロでようやくチェンジ。4回裏、4番投ゴロ一塁捕球エラー・盗塁、5番投ゴロ悪送球の間に1失点、打者走者は三進。6番三振にとるもワンバンとなり走者を追いかけてタッチに行く間にガラ空きとなったホームに還り2点目。後続を断ってゲームセットとなりました。

 

相手守備に助けられた感が多大にありました。最終回はゼロに抑えなければいけません!無駄な失点でした。

 

とはいえ、2勝目!今後は全勝のつもりでがんばろう!

 

 

 

 

平成21510日(日)  900分〜1005分  晴れ(とても暑い)

★公式試合(研修リーグ春季大会5回戦)    下川グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ   0 0 0 0   

中郷イーグルスA 8 2 1 ×    11

 

【バッテリー】 P:コウスケ⇒シュンスケ(2回途中)  C:カズト

【今日の敢闘選手】  該当者なし 

【試合経過】

今日も自滅です。前回散々だったシュンスケに代わりコウスケが先発しましたが、今回はコウスケが散々で、リリーフしたシュンスケの球が走っていました。なかなかうまくいかないものです。下川グランドのマウンドは他より若干高いような気がしますが、それでいつもより球が高かったのではないかと思います。他は、捕手カズト、一塁シュンスケ、二塁コウタ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタの布陣でした。

 

初回表、ミノルが粘って四球で出塁するも、スタートを切ったところにリクが3フライを打ち上げダブルプレー。続くシュンスケがしぶとく中前に転がすが、4番カズト3ゴロで無得点。初回裏、上に書いたようにマウンドが合わないか、1〜3番を連続四球、4番5ゴロも本塁悪送球で1失点、5・6番を連続四死球で押し出しで更に2失点。7番には右越え二塁打で2失点。8番スクイズで1失点。9番9フライで漸く一死。1番に還ってスクイズで1失点、打者走者はアウトで二死とするが、本塁に突っ込んだ二塁走者を刺そうと一塁シュンスケから本塁カズトへ転送。タッチアウトに見えたが、判定はセーフ。しっかりタッチにいって、アピールするようにしよう。後続は断つもこの回合計8失点。2回表、コウスケ3フライで一死となるも、ユウジがセンターに抜けるかという内野安打で出塁、暴投で二進、カイトの6ゴロで二死三塁のチャンス。ここでコウタはセンター前の当りだが惜しくも相手選手に捕られてチェンジ。ホームが遠い。2回裏、先頭4番の強い4ゴロをコウタがうまくさばいて一死とするが、次打者は5ゴロ内野安打、二三盗であっという間に一死三塁のピンチ。続く6番の8フライを一度はグラブに入れるも落として1失点。三振で二死とするが、下位の8〜1番を三連続四死球で押し出しで2点目を与える。ここでシュンスケに交代。三振にとってチェンジ。3回表、2球目3フライ、初球投ゴロ、4球三振で、この回7球で終了。早く打ってはダメとは言いませんが、速い球ではないのだから、しっかりミートしよう。3回裏、先頭3番を3ファールフライとするも、4番にはゆるい球を左中間エンタイトル二塁打とされ、盗塁のあと、5番の5ゴロで1失点。後続は断つ。このままだとコールドとなる4回表、シュンスケは粘るも6ゴロ、続くクリーンアップはそれぞれ2球目を投ゴロ、5ゴロであっさりとゲームセットとなりました。

 

前の練習試合で競り合いましたが、恐らく今季の研修実力ナンバー1の中郷さんとは基本プレー、試合運びで相当のレベル差があります。そこへもってきて、今日のような守っては四死球連発、打っては全く自分のタイミングで打てないでは、勝てるわけがありません。詳しくは、ひとり言で述べたいと思いますので、これ以上は書きませんが、それぞれの選手ごとに課題があります。父母会長が言ったように、それを日頃の自主練習で克服しないと、試合試合で練習時間が少ない散ドラ諸君はとても上達しないよ。

 

≪Tボール大会≫  13時〜15時 松が谷小学校

ちなみに、Tボールの方では、後輩たちが先輩のリベンジをしてくれました。

 

第一試合 ○散ドラ・ビートルズ混成チーム 15 対 10 中郷イーグルス●

第二試合 ●散ドラ・ビートルズ混成チーム  4 対 16 みなみ野ファイターズ○

 

と一勝一敗でした。まだルールが分からない部員もいますが、みんな楽しくプレーできたね。アキヒロは握手の手を何度か間違えましたが、キャプテンぶりが立派でした。新入団のカズキは何とホームランを放ちましたし、守備でも活躍しました。リサも守備でも元気に走り回り、出塁もしました。ヒビキ、コダマもそれぞれ頑張ったね。毎月あるようですから、これからも頑張ろう。

 

 

 

 

平成21419日(日)  1026分〜1200分  晴れ(暑い)

★公式試合(研修リーグ春季大会4回戦)    大谷グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ  3 0 0 0 0  

北八王子エース 4 4 0 0 ×  

 

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒カズト(2回途中)  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  該当者なし 

【試合経過】

はっきり言って自滅です。昨日は十年に一度というナイスゲームをやった散ドラ諸君が、一体どうしたことか?今日は、シュンスケが先発、捕手コウスケ、一塁ユウジ、二塁コウタ、三塁カズト、遊撃リク、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタの布陣でした。

 

初回表、先頭シュンスケが痛烈な左越え三塁打!ここのところ神がかっています。まさに金本アニキ状態。一死後、カズト四球で出塁後、二塁盗塁するが、二塁送球が悪送球となり、シュンスケに続きカズトも生還、2点先制!!!昨日の続きか。4番コウスケも痛烈な左前ヒット。盗塁で二進。ユウジの痛烈なレフトライナーは惜しくもファール。しかし、打ち直しで中前ヒットを放ち、コウスケ判断よく二塁からホームインで3点目!昨日の流れでイケイケドンドンのドラゴンズ。しかし、カイト、ミノルもファールで粘ったが、残念ながら打ち取られ、この回3点どまり。ここでもうひと押しがほしかった。初回裏、いきなり連続死四球のピンチを招くと、一死二三塁から4番に右前のポテンヒットを打たれ、2失点。暴投で二進後、三盗を阻止し二死とするが、再び連続四死球のピンチを招き、7番には外角の球を合わされた(合ってしまった?)右線三塁打で2失点、打者走者は中継プレーで本塁タッチアウトとしたものの、この回4点で逆転を許す。2回表、コウタ四球、ソウタは6ゴロだが内野安打のタイミングでチャンスが広がるかに見えたが、コウタが滑りこまず二塁フォースアウトとなる。ソウタ盗塁のあと、当たっているシュンスケが左前ヒット。しかし、浅い飛球だったため、ソウタは一瞬ためらったためスタートが遅れ、本塁タッチアウト。惜しいチャンスをつぶし、流れを引き寄せられませんでした。2回裏、先頭8番を4フライに打ち取り一死とするも、9番は四球・盗塁で、しかもキャッチャーからの送球が走者ヘルメットに当り右中間を転々とする間にホームインで1失点。不運でしたが、9番打者に対して2−0と追い込んでからの四球が原因です。後続を三たび連続死四球として、ここで投手はカズトと交代。しかし、カズトもピンチを背負っての登板で硬くなったか、暴投で一三塁とされてから、一塁ランナーの盗塁に気をとられボークで1失点。3番も四球でなお一二塁のピンチ。4番は6ゴロに打ち取ったが、高いバウンドで頭を越され中前ヒットで1失点。暴投でカバーに入らず更に1失点。死球でなおもピンチが続くが何とか後続を断つ。しかし、この回も4失点で5点差となる。流れを取り戻したい散ドラだが3回表は、3番カズトからの好打順も、投フライ、三振、5ゴロエラーをはさんで、三振とまったくいいところなく、逆に相手を乗せる展開。3回裏、四球一つ与えたものの、6ゴロ、三振、投フライとこちらも締めて流れを引き寄せる。4回表、先頭ミノルが足を活かした投ゴロ内野安打で、流れをさらに引き寄せる。後続が投ゴロ、投フライで流れが一度は切れかけたが、シュンスケ・リクが連続四球で二死満塁!!千載一遇のチャンスでしたが、カズトが投ゴロに倒れ万事休す。無得点…。4回裏、6ゴロで一死後、5ゴロを二つエラーしピンチを作るが、3つめの5ゴロで三塁タッチアウトで二死。次打者の強烈な投ライナーをカズトが押さえて、無失点でしのぎ、最後の攻撃に。5回表、コウスケが死球で出塁、ユウジの6ゴロの間に二塁を蹴って三塁を陥れるが、後続が三振、2ゴロに倒れ、ゲームセットとなりました。

 

打たれたヒットは3本(そのうち1本は内野の頭を越されたもの)、打ったヒットは5本。与えた死四球は10個、もらった死四球は5個。奪った三振は1個、喫した三振は4個。バッテリー以外のエラーは2個ずつ。相手の盗塁は3個、こちらの盗塁は6個。やはり、四死球が最大の敗因ですね。しかし、それだけでこれだけの点差は尽きません。やはり、今日も流れが悪かったですね。初回のような大量得点のチャンスにもうひと押しができませんでした。これが後々響いてきました。ここぞという時に畳みかけないと、とても流れをつかむことが出来ません(試合を支配できません)。逆に守りでは、四死球で走者をためてヒットを打たれるなど、みすみす相手を乗せてしまっています。こうして流れが相手に移ったあとは、しつこく食い下がるのではなく、淡泊な攻撃で流れを取り戻せませんでした。そして、4回の二死満塁のようなここぞというチャンスにも1本が出ませんでした。これでは流れは引き戻せません。

 

また、何度も言ってますが、自分のバットに球が当たってくれるのではなく、自分が相手投手の球を打つのです。今日のような球が遅い投手に大振りで三振、ポップフライなどもってのほかです。真剣にトスバッティングの意味を考えないと、なかなか今の状況は変わらないでしょうね。思い当たる部員はしっかり反省して練習しよう!

 

自滅の負けでも、負け惜しみになりますから、負けは負けとして認めましょう。でも、悔しいと思ったら真剣に野球をやろう。悔しくないのだったら、試合をやる意味はないよ。勝たなければ意味がないとは言いません。でも、負けて悔しくないようなら成長もありません。昨日のような試合をいつも出来るように、がんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成21418日(土)  1355分〜1535分  晴れ(暖かい)

☆公式試合(研修リーグ春季大会3回戦)    川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ   0 0 0 1 0 9  10

川口ジュニアーズ 3 0 3 0 0 0 

 

【バッテリー】 P:カズト⇒シュンスケ(4回)  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  口火を切ったリク、初ヒットコウタ、守備に活躍のソウタ、

               そしてしっかり試合を盛り上げた控えも含めて全員の勝利です! 

【試合経過】

ウ〜ン、残念!!って、試合結果ではなく、試合を見られなかったことです。管理人は仕事のため、大庭コーチに試合結果をお願いしました。カズトが先発、捕手コウスケ、一塁シュンスケ、二塁コウタ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタの布陣。

 

1回表】@シュンスケレフト前ヒット→2盗塁 Aリク ライト前ゴロアウト Bカズト 3塁フライアウト Cコウスケ→三塁コ゜ロアウト【1回裏】 @セーフティバンドセーフA投手フライアウトBレフト前ヒット→3塁ランナーが飛び出し3塁〜本塁間の挟殺 Cセンターオーバー3塁打 1失点 D3塁ゴロ→一塁暴投2塁 一失点。Eライト前ヒット 1失点 F2塁ゴロアウト ※カズトが結構打たれる。でも、打たれるのは仕方ない。【2回表】Dユウジ ショートゴロセーフ Eカイト四球Fミノル三振Gコウタ三振Hソウタ三振※ノーアウト12塁で3三振は無いだろう。【2回裏】Gショートフライアウト H三振@一塁ゴロアウト ※二回は冷静なカズトのピッチング。【3回表】 @シュンスケ ライトフライアウトAリク 3塁フライアウト Bカズト センター前ヒット Cコウスケ四球 Dユウジ投手フライアウト。  ※打線か繋がらないドラゴンズ。【3回裏】A3塁ゴロ→一塁暴投2塁 Bショートゴロアウト Cセンター前ヒット一失点 Dライト前ヒット(13塁)E一塁ゴロアウト 一失点 F3塁ゴロ→一塁暴投2塁1失点 G投手ゴロアウト。※やらなくていい失点が多い。【4回表】やっと反撃するドラゴンズ。エンジンのかかりが遅い。Eカイト投手ゴロアウトFミノル2塁ゴロセーフGコウタショートゴロセーフHソウタライトゴロ→ホームアウト@シュンスケレフト前ヒット1得点Aリク 投手ゴロアウト。【4回裏】投手交代 エースシュンスケ登場 H2塁ゴロアウト@三振A死球B死球C三振。※三振ふたつ 死球ふたつ 自分を追い込まないと力が出ないのか。【5回表】 Bカズト3塁ゴロアウトCコウスケ三振Dユウジ2塁ゴロセーフEカイト四球Fミノル四球Gコウタ3塁ゴロアウト。【5回表】 DライトフライアウトE四球F3塁ゴロアウトG四球Hライトフライアウト ※ソウタ大活躍。【6回表】 神龍が舞い降りる。ドラゴンズ打線大大大爆発!!!Hソウタ→四球@シュンスケ四球(13塁)Aリク 3塁線ぎりぎりのレフトオーバー2塁打 2得点Bカズト レフト前ポテンヒットCコウスケ四球Dユウジセンターフライタッチアップ1得点Eカイトセンターフライエラー2得点FミノルショートゴロセーフGコウタ右中間ヒット2得点Hソウタ→四球 パスボール1得点@シュンスケ三振Aリク センター前ヒット1得点Bカズト 2塁フライアウト。※打者一巡の猛攻撃1イニング9得点のビッグイニング。相手投手も2人代わった。同点までは平静を装っていたジュニアーズだが、逆転されると元気がなくなった。【6回裏】 @三振AレフトフライエラーB三振C投手フライアウト。研修リーグ三戦目での初勝利おめでとう。

 

 

 

平成21412日(日)  859分〜1029分  曇りのち晴れ(暖かい)

★公式試合(連盟春季大会2回戦)    川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ  1 1 0 0 2 0 

散田ファイターズ 2 1 1 4 1 × 

 

【バッテリー】 P:コウスケ⇒シュンスケ(4回)  C:カズト

【今日の敢闘選手】  ファインプレーのカイト、好打のシュンスケ 

【試合経過】

連盟春季大会初戦(2回戦)!今日も、6年生が全員揃ったベストメンバーです。相手は同じ散田の名前を持つファイターズ!前回好投のコウスケが先発、捕手カズト、一塁シュンスケ、二塁コウタ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタの布陣。

 

負けは負けなんですが、何と言うか「流れ」を自分たちに引き寄せられず、むしろ「流れ」を相手に渡してしまうような試合が続いています。もっと考えて、自分たちで流れを作っていかないと惜しい試合をひっくり返せないぞ!

 

初回表、先頭シュンスケが右前ヒットで出塁、一死一三塁からコウスケ5ゴロとなるも一塁悪送球で1点先制!なおも二三塁のチャンスで、相手投手は球はほどよいスピード。一気に畳みかけるチャンスだったのに、後続が凡打で倒れ、相手に「流れ」を渡してしまいました。初回裏、一死後、連続死四球に盗塁で二三塁のピンチから捕逸で1失点、続いて5ゴロエラーで1失点で簡単に逆転され、「流れ」は引き戻せません。2回表、ミノルが四球で出塁。二死後、シュンスケが目が覚めるような左越え二塁打で同点に追い付く。続くリクも左前ヒットでチャンスが広がるかに見えたが、三塁オーバーランしたシュンシュケがタッチアウトでチェンジ。2回裏、先頭を三振にとるも、9番打者を四球で出し、盗塁・暴投で三進され、次打者の9フライでタッチアップで1失点。再び逆転される。次打者の当りはレフトへの痛烈なライナーだが、カイトがスライディングキャッチのナイスプレー。「流れ」を引き寄せるプレーでした。3回表、しかし、流れを引き寄せたはずのカイトは4フライ、コウスケ四球で出塁するも、後続がキャッチャーフライ、投ゴロに倒れ、無得点。またまた「流れ」を相手に渡す。3回裏、一死後、巨漢4番の当りはあっという間にセンター横を抜け本塁打とされ1失点。これは仕方ない。4回表、球数は投げさせたものの投ゴロ、5ゴロ、投ゴロで三者凡退。「流れ」はこない。4回裏、一死後、9番を再度四球で出塁させると、盗塁と進塁打で二死三塁。次打者は左前ヒットのはずが、カイトの手前で大きくイレギュラーし、外野を転々とする間に2点本塁打に。不運でした。しかし、二死なのでここで切ればいいのに、一度手離しした流れを引き戻せず、なおかつ「間」をおけずに、四球、中越え三塁打で1失点、また四球とピンチが続き、ここでシュンスケに交代。しかし、次打者中前ヒット(4ゴロエラーか)で1点を追加され、この回4失点。5回表、相手投手が交代。打ちあぐねたスローボールからそこそこの速球の投手に交代。シュンスケ死球で出塁、リクがライト前ヒットでチャンスが広がると思ったが、シュンスケの判断が悪く、二塁封殺で一死(リクはヒット1本損しました)。続くカイトは5ゴロだが、ダブルプレーを狙った二塁送球が悪送球となり、リクが還って1得点。カイトは三進。コウスケ5ゴロでカイトが挟まれるが粘って相手の悪送球を誘いホームインで2点目。コウスケも三進。相手のミスに乗じて「流れ」を掴みかけるが、後続がキャッチャーフライ、3ゴロに倒れ、反撃もここまで。5回裏、左線を痛烈に破られる本塁打で1点を追加される。最終回となる6回表、ソウタの四球はありましたが、3ゴロ、6ゴロ、5ゴロでゲームセットとなりました。

 

野球には「流れ」というものが必ずあります。三者凡退(あるいは簡単に凡退)に打ち取るのは当然ながらいい「流れ」。打ち取られるのはその逆です。四球をもらうのはいい「流れ」。与えるのはその逆です。相手のチャンスをつみとるのはいい「流れ」。自分たちのチャンスをつぶすのは逆です。最近の試合は、悪い流れの方が目立ちます。いい流れがきた時にしっかりそれをモノにする、悪い流れがきた時に「間」をとって断ち切る。そういう「考えた」野球がしたいね。ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成2145日(日)  1033分〜1202分  晴れ(暖かい)

★公式試合(研修リーグ春季大会2回戦)    川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ   0 0 0 3 0 1 

北野バイオレンズ 1 0 0 4 1 × 

 

【バッテリー】 P:コウスケ⇒シュンスケ(5回)  C:カズト

【今日の敢闘選手】 大盤振る舞いですが、前半好投のコウスケ、二安打シュンスケ、

              タイムリーのカズト・ユウジ、好プレーのリク・コウタ

【試合経過】

新生ドラゴンズは2戦目にして、6年生が全員揃ったベストメンバーです。相手は昨年3位の強豪北野バイオレンズ!チャレンジだ!前回好投のコウスケが先発、捕手カズト、一塁シュンスケ、二塁コウタ、三塁ユウジ、遊撃リク、左翼カイト、中堅ミノル、右翼ソウタの布陣。

 

初回表、ゆっくりしたフォームから速球を投げ込む相手左腕にタイミングが合わず、3番カイトが四球で出たもののけん制アウトで三者凡退。初回裏、一昨年、昨年に比べ小粒になった北野はいきなりバント攻撃でかく乱する作戦に出る!それにまんまとはまり、1番バントは投手コウスケがファンブル、盗塁後、2番のバントは5内野安打、3番スクイズであっという間に先制される。続いて本塁突入した二塁走者はアウトにして一死。そして、後続を投ゴロ二つでチェンジとする。ほとんど打たれる気はしないが、バントと足でかく乱されました。2回表、この回も振り遅れ、4ゴロ、3ゴロ、投フライで三者凡退。2回裏、この回もバントをされるが、三塁ユージが落ち着いてさばき、四球を一つ出すが無失点。3回表、一死後、コウタの当りは三遊間のおもしろい当りだが三塁がうまくさばいて二死。ソウタも粘って最後は4ゴロでチェンジだが、9番までまわって、ようやく当りが出そうな予感。3回裏、ショートへのライナー性の当りをリクが好捕、ライトに抜けそうな当たりはコウタが好捕、最後は投手ゴロで三者凡退。しっかり守って、流れは散ドラに…。4回表、先頭シュンスケが目が覚める左前ヒット!おまけに肩がいいことが災いして、左翼から一塁アウトを狙った送球が悪送球で二進。リクは粘った末に6ゴロとなるが、進塁打となり三進。カイトは投ゴロとなるが、飛び出したシュンスケを刺そうとして三塁送球。必死に戻ったシュンスケはセーフとなる。盗塁で二三塁となったあと、コウスケの6ゴロの間に1得点。一塁送球が悪送球となり、なお二三塁のチャンス。ここでカズトがしぶとく中前に転がし、二者が還って3点目を入れ、逆転!!盛り上がる散ドラベンチ!!追加点といきたかったが、後続は倒れる。4回裏、先頭4番は打ち取った6ゴロだが足が速く内野安打、盗塁・四球で、二三塁のピンチに投ゴロで一死。突っ込んだ三塁ランナーを刺そうと本塁転送するが、これが悪送球となり、二塁走者まで還り同点とされる。次打者は8フライだがグラブからこぼれてセーフとする。次打者四球で、9番には右前ヒットを打たれ逆転を許す。続いて、暴投で三塁走者が本塁突入、タイミングは微妙だったが、返球時にボールが指にひっかかりセーフとして、この回4点目。1・2番を3フライ、5ゴロにとり、ようやくチェンジ。5回表、シュンスケが再び左前ヒット・盗塁・暴投で三進するも、得点できず。流れが取り戻せない。5回裏、投手はシュンスケに交代。球は走っていたが、先頭3番にドンピシャリのタイミングで打たれ、レフト横を抜かれる三塁打。三振で一死後、スクイズが投手ライナーとなり、ダブルプレーと思ったが、グラブからこぼれて1失点。打者はアウト、次打者三振でチェンジとするが、惜しかった。時間が迫り最終回となる6回表、一死後、コウスケが四球・盗塁、カズト6ゴロで二死となるが、ユウジはしぶとく中前に転がし、二塁からコウスケが還って2点差に迫る!しかし、反撃もここまででゲームセットとなりました。

 

一昨年には圧倒的な強さを誇り、昨年も3位の北野さんですが、今年はやや小粒な印象。しかし、投手はしっかりしており、打つ方ではバントと足を使った機動力でソツなく攻めてきました。しかし、会心の当りは1本だけで、打ち負けたわけではありません。いい守りもありましたが、このところ少なかったミスもいくつか出て、それが点につながっています。力の差がなくても負けは負けです。それが力の差ということです。次の試合では勝利を掴め!掴めるはずです。がんばれ!散田ドラゴンズ!

 

 

 

平成21329日(日)  1155分〜1325分  晴れ(暖かい)

★公式試合(研修リーグ春季大会1回戦)    椚田グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ       2 0 0 0 0    

みなみ野ファイターズA 0 0 10 1 ×   11

 

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒コウスケ(3回途中)  C:コウスケ⇒シュンスケ

【今日の敢闘選手】 先制点に絡んだシュンスケ・カイト・コウスケ・ミノル、

              初出場タケル・アキヒロ

【試合経過】

新生ドラゴンズの開幕戦!しかし、風邪で主砲カズトとソウタの新6年生2人を欠く布陣。おまけに、新4年生のタカナリ、ナオキ、シュウヘイも欠場のため、新4年生タケルと新3年生アキヒロが先発出場。対するみなみ野さんも主力数名を欠き、条件は同じです。

 

今シーズンはポイントのみ記載の予定でしたが、開幕戦はジェットコースターのような試合展開だったので、詳しく報告します。

 

初回表、1番シュンスケが二球目をジャストミート左中間二塁打!一死後、暴投で三進し、カイトの右前ヒットで1点先制。昨年なかなか出なかったタイムリー!4番コウスケも左前ヒットで一二塁。ユウジの投ゴロで二三塁に進塁。ミノルはショート内野安打でカイトが還って2点目!!この回、ヒット4本で強豪みなみ野から2点を先制!!続く初回裏、先頭を三振で一死とするも、四球、左前ヒット、6内野安打で満塁のピンチに、スクイズを外して三塁走者をタッチアウトで二死、打者も三振にとって、上位打線をなんと0点でしのぐ!!下位打線からはじまる2回表は、残念ながら三者凡退。2回裏、先頭6番を四球で出すも、後続投ゴロ、4フライ(アッキーがキャッチ!!)、4ゴロ(アッキーが華麗にさばく)で、難なく0点に抑える。すごいぞ、ドラゴンズ!すごいぞ、アキヒロ!!3回表、2番から始まる上位打線も三振、投ゴロ、4ゴロで三者凡退。3回裏、魔の3回となりました。先頭1番中越二塁打、四球、6ゴロ一塁悪送球で2失点、四球、スクイズを外すも捕球ミスで1失点、左前ヒットで1点、4ゴロだが背が届かず抜かれ中前打、四球、捕逸で1点、右前ヒットで2点、7フライで漸く一死。一巡して1番は四球、4ゴロをちょっと弾いて走者を活かし満塁、左前ヒットで1点失うが、二塁走者は本塁で刺してようやく二死。4番左前ヒットで2点、四球。ここで投手はコウスケに交代。この回15人目の打者を6フライに打ち取り、長いイニングがようやく終了…。10失点でした。4回表、ミノルがエラーで出塁し、二三盗塁で三進するも、後続続かず無得点。4回裏、7フライ、投フライで簡単に二死をとるも、次打者を一二投手間のお見合いで生かし、1番には右中間エンタイトル二塁打、暴投で1失点。もったいない失点だった。ここで点を入れないとコールドとなる5回表だが、残念ながら三者凡退で試合終了。

 

今日は昨年のチャンピオンチームみなみ野Aに対し、久しぶりに打線がつながる良い展開で先制し、1・2回はいい守りもあり、非常にいい流れでした。それが一転、3回はジェットコースターのように急降下し、10失点し、試合を決められてしまいました。しかし、1番の強烈二塁打は仕方ないとしても、ほかはほんのちょっとしたきっかけで取られた大量失点です。6ゴロ悪送球やスクイズを外したのに捕球ミスでホームインされたり、4ゴロを弾いて後ろに抜かれたりということが重なった結果です。ヒットを打たれても、これらの守備をしっかりしていれば、2〜3点で済んだかもしれません。そして、こうした悪い流れになってしまったのには、初回の攻防では、完全に流れを掴んでいた散ドラが2回、3回の攻撃で、二の矢、三の矢で追加点を入れられず、あっさり三者凡退で流れを手離してしまったこと大きかったと思います。あれでみなみ野に流れがいってしまった結果の魔の3回だったのです。

 

逃がした魚は大きかったですが、まだまだ始まったばかり!!ミスをしないように真剣に練習しよう!!そして、せっかくの流れを手離さないように、畳みかける攻撃が出来るように、もっともっと粘っこい打撃をしよう!ガンバレ!散田ドラゴンズ!

 

 

 

平成21322日(日) 1005分〜1130分頃 曇り時々雨(風が寒い)

★練習試合        川町グランド     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ   1 0 0 0 6   

中郷イーグルスA 4 0 1 2 1×  

 

【バッテリー】 P:カズト⇒ユウジ⇒シュンスケ  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】 先発カズト、初登板ユウジ、二塁打シュンスケ、好走塁コウスケ 

【試合経過】

新生ドラゴンズの3戦目の練習試合。そして、相手の中郷さんは研修リーグの優勝候補の一角であり、今シーズンの散ドラを占う大事な練習試合です。

 

初回表、相手右腕はコントロールが定まらず、4四球にコウスケの6内野安打も絡んで1点先制。初回裏、散ドラの先発カズトも緊張からか投げ急いで先頭に四球・二三盗、2番は中前ヒットで同点とされ、その後も左前ヒットに6ゴロエラーや4ゴロエラーも絡み、3点を失う。2回表、先頭コウタいい当たりも4ゴロ、ソウタ三振、シュンスケ四球で出塁も三盗に失敗し、三者凡退。2回裏、セーフティバントを封じ、次打者の鋭い投ライナーも押さえ、最後は4ゴロでカズトもこの回はしっかり三者凡退に打ち取る。3回表、2番からの好打順も投ゴロ、5ライナー、四球盗塁失敗で三者凡退。3回裏、四球二つのあと、センターへの二塁打を打たれ1失点。しかし、この回は、挟撃プレーで二つアウトをとってピンチを防いだ。4回表、4フライ、3フライ、投ゴロと3イニング三者凡退。4回裏、投手がユウジに交代。先頭は投ゴロに抑えるが、次打者は投手・一塁間へのボテボテの不運な内野安打。次打者中前ヒット・盗塁で二三塁からスクイズで二者が生還し、6点差と突き放される。

 

当りが出ず、後がない散ドラの5回表の攻撃。コウタ・ソウタが四球で出塁、先頭シュンスケがレフト線に目が覚める二塁打を放ち、まず2点!!シュンスケは三塁タッチアウトでランナーがいなくなるも、リク・カイトが再び四球のあと、カズト左前クリーンヒットで満塁のチャンス!押せ押せムードのドラゴンズ!!ここでコウスケがしっかり四球を選び、押し出しで3点目!!ユウジは死球で押し出しで4点目!!続くミノルは、しっかり叩いて6ゴロ。二塁転送でファースアウトとする間に、三塁走者カズトに続いて、二塁走者コウスケも判断よくホームインし、ついにこの回6点目で同点に!!!ミノルが惜しくも盗塁失敗に終わり、同点でこの回終了。時間の関係で最終回となった5回裏、ここからシュンスケが登場。しかし、寒さに体が冷えたか、2四球を与えたあと、捕手から三塁けん制の送球がそれて1失点。残念ながら、サヨナラ負けとなりました。

 

残念ながら負けましたが、一時は同点に追い付く好ゲームでした。優勝候補の一角である中郷さんとこれだけの戦いが出来れば、ここ数年低迷が続く散ドラも久しぶりに順位をあげるチャンスがあります。が、しかしです。スコアを見れば、互角の試合ですが、基本的なプレーのレベルでは、中郷さんと雲泥の差があります。散ドラの得点は、合計11個もらった四死球に絡んでのものですが、中郷さんは制球のいいピッチャーが数名おり、いつもこんなに四球はもらえません。また、塁に出た後のリードの取り方、走塁、守備の際の野手のけん制、外野からの中継プレーなど、どれも散ドラ諸君より相当上のレベルです。打撃でも、フェンス越えをするような長距離砲こそありませんが、みなしっかり叩きつけてミートする打撃が出来ています。面ではなく点でしか捉えられない散ドラ諸君と比べ、確実性があります。

 

ということで、いい試合をしたと気を緩めることなく、相手の良いところを見習って、更に努力をしよう。1年間は長いようであっという間です。どれだけ練習したかが結果に表れるよ。あと、新4年生以下のベンチでの応援、マナーは全然なっていません。新4年生は、そろそろ上級生の自覚をもって取り組もう!ガンバレ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

平成21315日(日) 930分〜11時頃 

☆練習試合        散田小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

台町4丁目子ども会 0 0 1 0   

散田ドラゴンズ   3 13 0 ×    16

 

【バッテリー】 P:コウスケ⇒シュンスケ  C:カズト⇒シュンスケ

【今日の敢闘選手】  

【試合経過】

新生ドラゴンズの2戦目の練習試合。管理人は私用で休みのため、大庭コーチに試合結果をお願いしました。

 

初回表、三者三振とコウスケ絶好の立ち上がり。初回裏、シュンスケの内野安打・盗塁、リク犠牲バントで本人もセーフ。ミノル三振も、カズト5ゴロエラーで2得点、その後暴投で更に1点追加。2回表、四球一つ出すも、けん制アウトで三者凡退。2回裏、ドラゴンズ爆発。コウタ5ゴロエラーで出塁し、捕逸で生還、シュンスケ四球、リク4ゴロエラー、ミノル左前ヒット、カズト6ゴロ内野安打、コウスケ中前ヒット、ユウジ右前ヒット、カイト振り逃げ、コウタ中フライセーフ、ソウタ四球、シュンスケ6ライナーエラー、リク4ゴロエラー、ミノルの投ゴロアウトをはさんで、カズト左越えホームランなど、この回13点の怒涛の攻撃。3回表、投手はシュンスケに交代。四球にけん制エラーがからんで1失点。シュンスケは立ち上がりが課題だ。3回裏、ソウタが左前ヒットを放つも無得点。4回表、四球一つだすが、その他はしっかり抑えてゲームセットとなりました。

 

この後、下級生の試合が行われ、新4年生ナオキが先発し健闘したようですが、こちらは台町チームの勝利(?)だったとか。下級生たちは、勝ち負けよりも、まずは基本をしっかり学び、試合を「経験」することが大切ですね。

 

 

 

平成21222日(日) 1010分〜12時頃 晴れ(暖かい)

親子大会        散田小学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

6年生チーム 0 2 2 6    10

父チーム   1 6 1 −   

【バッテリー】 6年生チーム P:マー、コウキ、トウゴ  C:カズマ

        父チーム   マー父、ユウヒ父、カズマ父、コウキ父

【試合経過】

例年卒団式前の親子大会は、6年生の父が投手を務めます。先発はマー父。大量失点も懸念されましたが、息子をしっかり打ち取り、捕手を務めた管理人も息子を必殺ブロックでアウトにする上々の立ち上がりで無失点。2回裏には、大人げない父チームの攻撃で大量6得点で、早くも一方的展開。その後両チームとも点を加えて、3回を終わって4対8と父チームリード。4回は管理人が登板しましたが、相手チームはまたもや続々と中高大、社会人OBが登場。必死に投げましたが、バント攻撃で揺さぶられ、左方向へヒットを連発され、死球も二つ与え、大量6失点で逆転されました。真剣に悔しい!本当は次の攻撃がありましたが、時間がなく、変則ですが、ここで試合終了!久しぶりの子どもチームの勝利となりました!!!

 

6年生のみんな、卒団おめでとう!!

 

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

5年生以下チーム 0 3 0 4 5   12

母チーム      0 0 0 0 0    0

 

【バッテリー】 5年生以下チーム P:シュンスケ C:コウスケ

        母チーム     Y兄弟(歴代キャプテン)

【試合経過】

歴代キャプテンを務めたY兄弟をバッテリーの助っ人に加えた母チームですが、5年生には打ち込まれ、新入団2年生たちのヒット(?)を浴び、大量12失点で大敗しました。打つ方でも、主軸のカズト・ナオキ母が欠場したため湿りがちで、最後は中学生たちの代打攻勢で攻めるも、あっさり打ち取られて、完封負けでした。残念!

 

 

 

平成21222日(日) 1010分〜12時頃 晴れ(暖かい)

★練習試合        甲の原中学校     

チーム名 1 2 3 4 5 6 7

散田ドラゴンズ   2 0 0 0 0 1 0 3

交友ビクトリーズ  1 6 1 0 2 2 × 12

 

【バッテリー】 P:シュンスケ⇒カズト(7回)  C:コウスケ

【今日の敢闘選手】  これからの奮起を期待してます!

【試合経過】

新生ドラゴンズの初戦となる練習試合でしたが、完敗でした。

 

初回表、ユウジ・リクの死四球を足がかりに、カズトのライトフライ(エラー)やコウスケのサードゴロで2点を先制!幸先がいいぞっ!初回裏、交友も死球と投手ゴロを弾いた内野安打でチャンスを作り、センカンドゴロの間に1点を返す。2回表、コウタがセカンドテキサス安打で出塁、けん制エラー、暴投で三進するも、投手から目を離しけん制アウト。ソウタも四球・盗塁・暴投で三進するも、後続が倒れ無得点。2回裏、下位打線に連続死球でランナーためて、一死後、1番にライト線二塁打を打たれ2失点、連続四球で満塁から4番はサードゴロで本塁封殺で二死とするも、5番にライト線安打を打たれ更に2失点、6番には右中間を破られ更に2失点。けん制挟撃プレーで後続を断ちましたが、痛い6失点でした。球威では優っていましたが、しっかり振り切る打撃でライト線にもっていかれました。3回表、3番シュンスケが投手を弾く内野安打で出塁、ギリギリの盗塁・暴投で三進するも、コウスケの投ゴロで本塁アウトでチャンスをつぶす。3回裏、先頭を四球で出し、盗塁・バントで三進、けん制の間にホームインと無安打で1点献上。4回表、7番コウタ、8番ソウタ、9番ミノルと3連続四球だが、コウタ二塁盗塁失敗、ソウタ三塁盗塁失敗で二死、ミノルは二盗成功するも、後続が倒れ無得点。4回裏、三振・投フライ・三振でようやく三者凡退。5回表、こちらもシュンスケがセカンドフライエラーで出塁するも、けん制につり出され、結局三者凡退。5回裏、振り逃げ、バントの送球エラーでランナーをため、左前ヒット、スクイズで2点を追加される。6回表、コウスケが四球で出塁、盗塁・暴投で三進後、コウタの一塁ゴロの間に生還、久しぶりの得点!8番ソウタも続けとばかりにライトにいい当たりを放つも惜しくもアウト。6回裏、この回からカズトが登板。しかし、4番に左越え三塁打、5番左前ヒット、6番に中前ヒットを打たれ、2点献上。しかし、後続を投ゴロ、キャッチャーフライ、三振に抑える。最終回、反撃を期待しましたが、こちらも三者凡退でゲームセットとなりました。

 

シュンスケは球威では押しており、完全に打たれた当りはほとんどありませんでしたが、やはり、いかに死四球を出さないようにするかが課題ですね。それと、攻撃では相手が制球で苦しんでいるのに、ボテボテの打ち損じで助けたり、下手な走塁で相手を助ける場面が多かったですね。最後の皆さんの話にあったように、練習あるのみです。それも何のための練習なのかをしっかり考えないと、いくらやっても意味がないよ。ただでさえ、練習時間が少ないドラゴンズです。しっかり考えて練習しよう。