タイトルイメージ 本文へジャンプ

平成221212日(日) 945分〜12時    晴れ(暖か)

△★親子大会                      散田小学校     

チーム名      

母チーム       0 0 1 2 3  

散ドラ下級生中心 3 1 0 2 ×  

 

【バッテリー】 P:コダマ⇒リサ(5回〜)  C:タカナリ

チーム名

散ドラレギュラーチーム 3 4 1     

父チーム          0 6 3×    

 

【バッテリー】 P:ナオキ⇒タケル(2回〜) C:シュウヘイ⇒アキヒロ

【試合経過】

 

毎年恒例の親子大会!今年も数々の珍プレーが出て、にぎやかな大会となりました。

  

母チーム対下級生中心チームでは、コダマが好投!4回にやや疲れが出たものの、今後が楽しみです。5回にはリサが登板。コントロールに苦戦しましたが、何とか1回を投げ切りました。母チームはバッテリーはタケル父とアキヒロ父が務めましたが、攻撃ではカズキ母が本塁打を放つなど、かつての母チームとは違って、しっかり野球をやっていました。時間の関係で、変則的な引き分けとなりましたが、がっぷり四つの戦いでした。

 

父チーム対レギュラーチームは、先発シュウヘイ父が制球に苦しみ、前半大きくリードされるものの、2回には連打で6点を奪い追い上げると、2点差で迎えた最終回(時間の関係で)裏には、タクミ父の2ランで同点とすると、サネ父の打球は無情にも息子の頭上を越えるサヨナラ本塁打となり、父チームのサヨナラ勝ちとなりました。まったく大人げなかったですね。

 

父母のみなさん、明日筋肉痛にならないように、よくストレッチしてくださいね。

 

 

 

 

 

平成221211日(土)       928分〜1050分    晴れ(朝寒く、日中は暖かい)

★公式試合(研修秋季大会4回戦)               大谷グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ     0 0 0 4 0   

台町4丁目子供会A 1 2 3 3 2×   11

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  誰だ? とりあえず、今シーズンを果敢に(?)戦った全員ですね!

【試合経過】

 

研修リーグ秋季大会の最終戦です!相手は、練習試合で何度も戦った台町4丁目子供会です。投手は長身ですが、決して打てない球ではありませんでした。しかし、見せ場は作ったものの、5回コールドで最終戦を終えました。

 

1回表、カズキ投ゴロで一死も、アキヒロが5ゴロ悪送球で二進、ナオキの4ゴロで三進し、4番シュウヘイを迎え、先制のチャンス!しかし、惜しくも6ゴロで無得点。1回裏、ナオキは高く、堅いマウンドが合わないようで、1番を四球で出すと、二三盗される。しかし、2番の投ゴロで慌てず、本塁タッチアウト。しかし、二三盗されたあと、捕逸で1点献上。せっかくの好プレーがもったいない。3番長身投手は左打者で強烈なライナー!しかし、タケルが好捕し、二死!しかし、4番の強烈だったとはいえ、二塁正面のゴロをトンネル、大谷の広い外野を転々として、本塁打コースだが、打者走者の足が遅いのが幸いし、三塁止まり。5番の当たりも強い4ゴロだが、今度は好捕(というか入った?)で1点に抑える。良いプレーと悪いプレーが交互したイニングでした。2回表、タケル投ゴロで一死後、サネユキの強烈な当たりはセカンド横を抜けるヒット。盗塁、ヒロキの投ゴロで三進し、1回に続いてチャンスを迎えるが、ヒビキ三振で無得点。1点が遠い。2回裏、6番がスローボールを中前クリーンヒット、一塁けん制エラーで二進、盗塁阻止の送球をエラーで1失点。7番は四球・盗塁のあと、三盗を試みるも、ここはシュウヘイが刺して一死。しかし、8番を四球・盗塁のあと、9番三振で二死までこぎつけるが、1番にライト線ギリギリに三塁打を打たれ、2点目。2番5ゴロでチェンジ。3回表、タクミ3フライ、カズキ投ゴロ、アキヒロ5ゴロで三者凡退。3回裏、3番の平凡な5フライを後ろに落とし生かすと、4番はレフト線ギリギリの二塁打で1失点。5番の中前ヒットはイレギュラーバウンドしてセンターの横を抜け、2点目が入り、打者走者は二塁を蹴って、三塁へ。しかし、ヒロキ‐ヒビキ‐カズキのどんぴしゃの中継プレーで一死!!しかし、6番の当たりも、セカンド後ろのテキサス安打。盗塁のあと、捕手からの返球が乱れたところを、二塁ランナーが三塁へ向かうが、アキヒロから三塁送球でタッチアウトで二死!!ついているぞ!!しかし、7番四球・盗塁のあと、8番にはまたまたショート後ろに落ちるテキサス安打で、バックホームが悪送球で3点目、打者走者も二進・盗塁でピンチが続くが、9番5ゴロで何とかチェンジ。4回表、ナオキ四球・盗塁、シュウヘイの投ゴロでナオキは三塁へ向かうが、躊躇して立ち止まる。万事休すと思ったら、サードがエラーし、オールセーフ。シュウヘイは二進。急に勢いづく散ドラ。相手のミスにつけ込むのはうまい(?)。続くタケルの投ゴロにナオキが突っ込み、捕手エラーを誘い1点目。二塁走者シュウヘイも還り、2点目。続く、サネユキは5ゴロ内野安打・盗塁で、なおもチャンスが続く。ヒロキの4ゴロで、タケルが還って3点目。ヒビキの7フライにサネユキがタッチアップし、4点目(管理人はタッチアップを初めて見たような気がします)!2点差まで詰め寄り、ベンチの盛り上がりは最高潮。続く、タクミも粘ったものの、三振に倒れる。しかし、大いに追撃ムードが盛り上がる。4回裏、1番の当たりは、アキヒロが食らいつくも弾かれて中前ヒット・盗塁。2番の当たりは弾んでカズキの頭を越え、アキヒロがよくカバーするが、ボールを蹴っ飛ばして(ズルッ)、1失点。3番は3ゴロで一死とするが、4番のゴロも弾んで、ナオキ、アキヒロの頭を越え、2点目(みんな小さすぎるぞ!)。返球の乱れで二進後、暴投で三進、3塁けん制を見ておらず後ろにそらして3点目。しかし、5番5ゴロ、6番3ゴロで何とかチェンジに。5回表、カズキが投手の頭を越える5ゴロ内野安打で出塁するも、アキヒロの6ゴロ一死の間に、三塁を狙って惜しくも三塁タッチアウト。狙いは良かったが、相手のプレーが良かった。ナオキ3ゴロで無得点。5回裏、投ゴロに打ち取るも、慌ててファンブルし、おまけに悪送球。しかし、打者走者が一瞬立ち止まり、ランダンプレーとなるが、結局エラーで二進。三盗後、8番は三振に取るが、9番5ゴロでバックホームでアウトのタイミングだが、一瞬足が早く、1点目。これで10点目となり、あと1点でコールドのピンチ。一塁走者の二盗阻止の送球が、ショートを抜け、センターの前で大きく左にイレギュラーし、外野を転々…。この回2点目が入り、5回10点差のコールドで最終戦のゲームセットを迎えました。

 

イレギュラーなどの不運な面もありましたし、見せ場も作りましたが、やはり敗因は基本の実力不足です!これから春までの季節、しっかり練習したいですね!

 

 

 

 

 

平成22125日(日)       1107分〜1218分        晴れ

★公式試合(創価大学学長杯1回戦)                 創価大グランド     

チーム名

みなみ野ファイターズA 6 2 3 2    13

散田ドラゴンズ       0 0 0 1   

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】 初安打カズキ、得点に絡んだシュウヘイ、タケル、サネ、ヒロキ、ヒビキ

【試合経過】

 

昨日の反省を生かせるか?今日も強豪みなみ野ファイターズA戦です。立派なグランドに負けないような試合がしたいところです。

 

1回表、1番を3ゴロに打ち取るが、目がベースに行ってしまいエラーで生かす。盗塁のあと、2番の当たりは右中間に落ち、早くも1失点。盗塁・暴投のあと、3番左前ヒットで2点目。盗塁・捕逸、四球・盗塁のあと、5ゴロに打ち取るが、中途半端な送球で捕球できず、3・4点目。打者走者は三進。6番は6ゴロだが、また中途半端な悪送球で5点目。打者走者は二進。7番投ゴロで一死三塁。8番投ゴロでバックホームするが、タッチできず6点目。9番の3ライナーをタケルが好捕し、二塁送球で併殺でようやくチェンジ…。1回裏、相手投手はきれいなフォームだが、あまり大柄ではない(5年生かも?)。カズキ三振、アキヒロ四球、ナオキ三振、シュウヘイ6ゴロで無得点。2回表、1番を6ゴロで一死。2番は平凡な8フライと思ったが、一度前に出てきて後ろに落ちる。盗塁・捕逸のあと、3番の浅い7フライを前進してキャッチと思ったが、惜しくもグラブからポロリと落ちて1失点。4番は四球。5番のこすってバックスピンで返ってくる2ゴロをシュウヘイが三塁送球で封殺で二死。しかし、6番5ゴロエラーで2点目。四球のあと、8番を5ゴロに抑え、この回2失点。2回裏、タケル投ゴロ、サネ三振、ヒロキ四球も、タクミ三振でチェンジ。3回表、先頭9番は投ゴロで一死。1番は中前ヒット・盗塁。2番は6フライと思われたが、サードが追いかけて、結局テキサス安打に。3番4ゴロで二死となる間に1失点。4番の当たりは痛烈な右越え本塁打となり、2・3点目。5番6ゴロでチェンジ。3回裏、相手は大柄なエースが登場。ヒビキ三振のあと、カズキは右前に初安打!アキヒロがセーフティ安打を狙うが、惜しくもアウト。しかし、カズキを二塁へ送る。しかし、ナオキは粘った末、3ファールフライに倒れ、無得点…。4回表、6番は前の守備から入っていた女の子だが、左前安打・盗塁。続く7番も女の子だが、今度は三振にとる。8番は6ゴロだが、またしても一塁悪送球で1失点。9番は6ゴロで二死とするも、二塁走者を刺そうとして三塁に悪送球で2点目。4点取らないとコールド負けとなる4回裏、先頭シュウヘイは二球目ファウルチップとなるも、タイミングはいい。と思っていたら、センター前にクリーンヒット!!続く、タケルの当たりはライト前に抜けるが、ライトゴロかと思ったら、慌てたライトがもたつきセーフ!!サネが手堅くバントでランナーを進め、ヒロキ四球で満塁の大チャンス!!!盛り上がるベンチ!!バッターは…コダマ。大丈夫か?バットを振るんだぞ!しかし、心配をよそに積極的に振りにいく。残念ながら、3ゴロで本塁封殺で得点にはならず。しかし、まだ二死満塁のチャンス。ヒビキの当たりは、みんなの願いを乗せ、セカンド後ろに落ち、内野安打でついに1得点!!なおも、チャンスは続き、カズキが6ゴロで一塁にヘッドスライディングをするも、惜しくもギリギリアウト!ゲームセットとなりました。

 

昨日と同様、だいぶエラーがありましたが、最後に一矢報いることが出来ました。今シーズンの最終戦となる、来週の試合では、気合いをこめて勝ちにいきましょう!

 

 

 

 

 

平成22124日(土)         930分〜1030分     晴れ

★公式試合(研修秋季大会3回戦)                 川町グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ     0  0  0    

松が谷ジャガーズA  1 16  ×    17

 

【バッテリー】 P:ナオキ⇒タケル(2回途中から)    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  

【試合経過】

 

今日は管理人は仕事で不参加のため、タクミ父が試合結果を知らせてくれました。

 

1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番レフト・サネユキ、7番ライト・ヒロキ、8番センター・タカナリ、9番セカンド・ヒビキでスタート。

 

 

初回表、カズキ初球を積極的に打つが6ゴロでアウト、アキヒロ・ナオキ連続三振で三者凡退。初回裏、1番・2番6ゴロで2アウト、3番も6ゴロとなるが悪送球で出塁、さらに捕逸で2塁へ。4番5ゴロエラーの間に2塁ランナー生還し1点目。5番5ゴロでチェンジ。2回表、先頭シュウヘイ四球で出塁するも、ヒロキ4フライ、サネユキ三振で2アウト。ヒロキの打順でシュウヘイ盗塁失敗となりチェンジ。2回裏、先頭6番5ゴロ悪送球で2塁へ。7番6ゴロ内野安打の間に2塁ランナー生還し2点目。盗塁と悪送球でランナー3塁とし、8番6ゴロエラーで3点目。9番中越えの三塁打で1塁ランナー生還し4点目。1番6ゴロ内野安打で5点目。盗塁でランナー2塁とし、2番4ゴロエラーで6点目。けん制悪送球と盗塁でランナー3塁とし、3番左前ヒットで7点目。盗塁でランナー2塁とし、4番6ゴロ悪送球で2塁へ、その間に2塁ランナー生還で8点目。5番6ゴロ内野安打と盗塁でランナー2・3塁とし、捕逸で9点目。ランナー3塁で、6番のレフト線を抜けた打球がランニングホームランとなり10・11点目。ここでピッチャーがナオキ→タケルに交代。7番4ゴロで1アウト。8番・9番・1番連続四球で満塁。2番三振で2アウトとするが、3番中前ヒットで12・13点目。盗塁でランナー2・3塁とし、4番6後方に落ちるポテンヒットで14・15点目。盗塁でランナー3塁とし、5番左前ヒットで16点目。さらに6番四球と盗塁でランナー2・3塁となるが、7番三振でようやくチェンジ。3回表、ヒロキ3ゴロ、タカナリ・ヒビキ連続三振でゲームセット。3回15点差でコールド負けとなりました。

 

 

 

 

 

 

平成221031日(日) 10時〜1145分  曇り時々小雨

★練習試合                      散田小学校     

チーム名

散田ドラゴンズ    0 0 0 2 3 0   5

台町4丁目子供会  1 0 7 2 5 ×  15

 

【バッテリー】 P:タケル⇒ナオキ(3回途中〜)  C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  いい投手相手に惜しい当たりのタクミ、出塁したコダマ

【試合経過】

昨日は台風14号で結構雨が降りましたが、夜にはあがって、今日の試合は大丈夫かと思いましたが、8時過ぎに川町グランドに行くと、グランドコンディション不良で試合は中止となりました。そこで、散田小学校に移動して、急きょ練習試合を行うことになりました。

 

台町さんは、一部リーグで中位レベルにつけた強豪です。内心では、こてんぱんにやられるかと思いましたが、序盤はそこそこ互角に戦えました。

 

しかし、ランナーがたまったところで、トンネル、万歳があり、大量点を取られました。また、ツーアウトなので一塁送球でいいところを、三塁走者に惑わされてオールセーフにする判断ミスなどもありました。

 

しかし、Aチーム相手でも、肝心なところを絞め、ここ一番で一本が出れば、勝てる可能性があることが分かったと思います。本番ではしっかり戦おう!

 

 

 

 

 

平成221017日(日)       1032分〜1157分     曇り

★公式試合(連盟秋季大会2回戦)                 宇津木台小学校     

チーム名

散田ドラゴンズ        0 0 0 0 0  

みなみ野ファイターズB   2 0 1 5 ×  

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  セーフティバントを試みたカズキ、唯一のヒットを放ったヒロキ

【試合経過】

 

1回表、カズキ7フライ、アキヒロ・ナオキ連続三振で三者凡退。1回裏、先頭は左中間のテキサス二塁打だが、レフトが捕れる当たり。2番5フライ。3番は平凡な6フライだが、一瞬足が止まり、前にポトリ。ここで二塁けん制が、ショート、センターとも後ろにそらして、フリーの外野を転々。一気に2点を失う。まったく意味のない失点でした。4番は8フライとした後、連続四球でピンチとなるが、7番5ゴロでチェンジ。2回表、シュウヘイはいい当たりも4ライナー。タケルは4ゴロ、サネユキは高めを振って三振で、三者凡退。2回裏、8番5ゴロ、9番は6ゴロ一塁悪送球、捕逸で三進。1番四球・盗塁で二三塁から、2番のスクイズが見事に決まり、一気に2走者がホームインと思ったら、打者がバッターボックスから足を踏み出す反則打撃でアウトで窮地を脱し、3番投ゴロで無失点。危なかった…。3回表、ヒロキが詰まりながらも、中前に運ぶ初ヒットで出塁。ヒビキ7フライで一死後、タクミの投ゴロを二塁への野選で一二塁。カズキは三塁側にセーフティバントを試みるが、惜しくもアウト。しかし、いいバントで二三塁にチャンスを広げる。しかし、アキヒロが2球ファールから空振り三振で無得点。3回裏、4番の4ゴロへの前進が遅く頭を越されるヒット・盗塁。5番8フライで一死。6番左前ヒット。7番6ゴロ内野安打で1失点。投フライ、3ゴロでチェンジ。4回表、ナオキ三振、シュウヘイ・タケル連続四球、サネユキ三振、ヒロキ四球で二死満塁のチャンスだが、ヒビキ三振で無得点。なかなか一本が出ない…。4回裏、先頭1番左前ヒット、6ゴロ悪送球、3番スクイズでバックホームも間に合わず1失点。4番の7フライは再び前へポトリと落ちるテキサスで満塁。5番の中前ヒットで2・3点目。6番3ライナーを捕って、そのまま一塁ベースを踏むダブルプレーで漸く二死。しかし、8番の当たりはショートゴロくらいの当たりだが、けん制から戻り切れずにレフトに抜け、レフトも届かず、外野を転々。本塁打となる当たりではなかったが、2点本塁打となり、4・5点目を失う。8番三振で漸くチェンジ。5回表、タクミ三振、カズキ4ゴロ、アキヒロ7フライで一矢も報いることができずに5回コールドでゲームセットとなりました。

 

今日のような試合ぶりでは、間違いなく、来年になったらもっと差が開きます!自分たちのプレーがどうだったのか、自分たちで反省し、次に生かさないと、春季大会二部リーグの成績なんて何の意味もなくなってしまうぞ!!しっかり、考えたプレーをしよう!

 

 

 

 

 

平成22年9月26日(日)       1028分〜1146分     晴れ

★公式試合(連盟秋季大会1回戦)                 滝が原グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ 0 0 0 0 0   

城山キッズ   1 0 2 0 3×  

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  

【試合経過】

今日は管理人は横中の試合で不参加。M副会長が試合結果を知らせてくれました。大きな力の差を感じたわけではないそうですが、気がつくと点差が開いていたようです。

 

1回表、カズキ3フライ、アキヒロ1ゴロ、ナオキ5ゴロで三者凡退。1回裏、1番は四球。2盗、パスボールで3進され、2番の6ゴロの間に1失点。3番は三振、4番は9フライ。2回表、シュウヘイ四球。タケルは4ゴロで2塁フォースアウト。タケルは2盗、3盗を決め、タカナリも四球、2盗で、1アウト23塁のチャンスだが、サネユキ三振、ヒロキの時にキャッチャーからの牽制でサードランナーのタケルがタッチアウトで無得点。2回裏、56ゴロ、65ゴロ、71ゴロで三者凡退に抑える。3回表、ヒロキ、ヒビキ連続四球後、カズキはバントの構えからバスター。1塁手頭は越えるが2塁手がうまくカバーし1塁アウト。ノーアウト23塁。ここでアキヒロは5前にセーフティスクイズ。だが3塁ランナーヒロキのスタートが遅く本塁タッチアウト。アキヒロ2盗で審判は一瞬アウトのコールだったが相手野手が捕球できておらずセーフ。ヒビキはスタートしておらず2アウト23塁。ナオキの時パスボールでヒビキが本塁を狙うがタッチアウト、無得点。3回裏、8番は良い当たりの6ゴロだがアキヒロが1塁悪送球。9番は鋭い当たりでタケルの横を抜け、ヒロキも追いつけず右翼線を転々とする間に本塁打とされ2失点。しかし、その後は、16ゴロ、25ゴロ、3番は四球とするが、49ゴロとしチェンジ。4回表、ナオキ四球で出塁するが2盗失敗。シュウヘイ5ゴロ。タケル3フライ。4回裏、56ゴロ、61ゴロ、7番は8前へヒットを許すが、8番は1ゴロに抑えチェンジ。5回表、タカナリ1ゴロ、サネユキ5ゴロ、ヒロキは8前へヒット。しかし、ヒビキ三振でチェンジ。5回裏、。9番四球、2盗。1番は4フライとするが、2番二遊間へ内野安打。3番四球で1アウト満塁。ここで4番には右中間への2点二塁打を打たれ2失点。56ゴロの間にランナーが還り3点目。6番へは8前へ安打されこの回4点目。57点差でコールド負け。

 

さすがにAチームは簡単には勝たせてくれません。しかし、Bチームばかりの二部リーグで戦ってきた散ドラ諸君にはいい経験ですね。力の差は感じないのに、どこで7点差がつくのかを考えて、がんばれ散田ドラゴンズ!!

 

 

 

 

 

平成22年9月19日(日)       1229分〜          晴れ

★公式試合(研修秋季大会初戦)               弐分方小学校     

チーム名

八王子アパッチ  2 5 1 4    12

散田ドラゴンズ  0 0 0 0    

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  結果はともかくレギュラーチーム初先発のリサ

              唯一の安打を放ったカズキ

【試合経過】

今日は管理人は仕事で欠場。M副会長が試合結果を知らせてくれました。部員も3名欠場で、打てない、守れないの完敗だったそうです…。

 

1回表、1番は5ゴロ。2番は6ゴロ失で生かし、23盗。3番は8越えの二塁打で1失点。3盗後、4番は前進守備の4横に落ちるテキサス安打で2点目。2盗を許すが、5番、6番を連続三振でチェンジ。1回裏、相手ピッチャーは球が速く、制球も良く、カズキ、アキヒロ、ナオキ三者連続三振。2回表、7番死球で2盗後、8番は三振に取るも、9番は6ゴロの内野安打で13塁。1番は8前のヒットで1失点。2番は右中間への3塁打で3失点。3番は5ゴロ悪送球で4点目、打者走者も3塁まで進み、4番の6ゴロの間に5点目。5番は三振でチェンジ。2回裏、シュウヘイ4ゴロ。タケル三振。サネユキ四球で出塁するも、ヒビキは2フライでチェンジ。3回表、6番、7番共に5ゴロで簡単にツーアウトを取るが、8番は8前への安打。2盗後、9番の6ゴロエラーの間に1失点。1番は5フライでチェンジ。3回裏、タクミ三振。リサ四球を選び、カズキは2前へ高く弾む打球、気迫のヘッドスライディングで1アウト12塁のチャンス。だが、アキヒロ三振。ナオキの時2塁への牽制でリサタッチアウトでチェンジ。4回表、2番はサネユキの頭上を襲う打球でグラブに当てるも捕れず、3番は左中間への三塁打で1失点。4番は四球。56ゴロ悪送球の間に2者還り3失点。6番の時3盗、シュウヘイの送球がレフトへ逸れる間に4点目。その後は、6番三振、76ゴロ、81ゴロでチェンジ。4回裏、ナオキ4ゴロ。シュウヘイ5ゴロエラーで出塁するも、タケル6ゴロ、サネユキ6ゴロ。4回10点差でコールド負けとなりました。

 

 

 

 

 

平成22年9月5日(日)       1043分〜1211分    晴れ(暑い) 

★公式試合(連盟新人戦準々決勝)                  滝ヶ原グランド     

チーム名

松が谷ジャガーズB 3 0 1 5 1   10

散田ドラゴンズ    0 1 0 1 0   

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  2回好守備のヒロキ、ヒビキ、サネユキ

【試合経過】

9月だというのに相変わらず暑いです。試合開始直後の11時で33.4℃ありました。1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート。

 

初回表、1番6ゴロとするも、2番は不運な4フライテキサス安打。ヒビキがよく追いましたが、届きませんでした。二三盗、3番四球、4番の投ゴロを一塁悪送球で1失点。5番6ゴロで二死の間に2点目。6番の左線三塁打で3点目。7番投ゴロでチェンジ。もったいない失点もありましたが、まあそんなに悪くはない立ち上がり。初回裏、カズキは追い込まれてから低い球に合わせて姿勢を低くしてしまいストライクととられて三振。アキヒロのセーフティバントを投手がジャックルするが、惜しくもアウト。ナオキ4ゴロで三者凡退。2回表、8番の9ゴロをヒロキがアウトにして一死。9番のセンターへ抜けるかという当たりをヒビキが逆シングルで掴み、ワンステップ送球。若干それるが、タケルが走者にタッチし、二死!ナイスプレーだ!!1番に還って、いい当たりの7フライをサネユキが押さえて三者凡退。好守備が光る。2回裏、シュウヘイは6ゴロ内野安打・盗塁。タケルな2フライで一死。タカナリのバントで一塁送球が乱れ、一三塁のチャンス!タカナリの二盗に捕手が二塁送球し、三塁走者のシュウヘイが突っ込むがアウトとなり二死。しかし、サネユキが右前テキサス安打を放ち、タカナリが還って1得点。ヒロキは3ゴロでチェンジ。しかし、守備からいい流れを引き寄せた。3回表、先頭2番のイージーな8フライを落として生かし、二三盗で三進される。3番は投フライにするが、4番5ゴロの間に1失点。5番にも中前テキサス安打を打たれるが、6番の7フライをサネユキが押さえ1点に抑える。しかし、余分な1点でした。3回裏、ヒビキ5ゴロ、カズキ4ゴロ、アキヒロ投ゴロで三者凡退。当たらない球ではないが、ジャストミートしない。4回表、先頭7番を6ゴロとするが二度ファンブルして間に合わないのに、一塁へ送球、しかも悪送球となり、二進、ボークで三進。しかし、8番6ライナーを捕って、すばやく三塁転送でダブルプレーに仕留め、一気にエラーを帳消しにした。しかし、ここからが本当の悪夢の始まりでした。9番をせっかく三振に取ったのに振り逃げで生かし、二三盗。1番四球・盗塁、2番の中前安打で1点は仕方がないが、返球が遅く二塁走者にも還られて2点目。3番は5ゴロだが、乾いたグランドで弾みが弱く、一塁で捕球できずに3点目。4番の6ゴロからの送球も同じく一塁で捕球できずに4点目。5番四球のあと、6番も三振にとるが後ろにそらし、一塁送球をまたしても捕球できずに5点目。打者一巡し7番を8フライでようやくチェンジとなりましたが、二死からエラーや緩慢なプレーで大量点を失いました。グランドコンディションの問題はありますが、どこかで切りたかった。4回裏、ナオキ右前安打、シュウヘイ左前安打、ナオキ盗塁で一三塁のチャンスから、シュウヘイ二盗への二塁送球を二塁手が後ろにそらす間にナオキが還って1点追加。タケル2フライに倒れた後、シュウヘイもスタートが遅く三盗失敗で二死。タカナリ四球も、サネユキ三振で、この回1点どまり。5回表、8番代打の当たりはショート正面。しかし、なぜか後ろにこぼし生かす。二盗後、9番投フライ、1番6ゴロで二死となる間に三進。2番の7フライにサネユキが追いつくが惜しくも落として1失点。これは仕方ない。3番を6フライでチェンジ。2点取らないとコールドとなる5回裏、何とか少しでも追いあげたいドラゴンズ。ヒロキ、ヒビキ連続三振で二死となったあと、カズキが右線三塁打!アキヒロ四球でチャンスを広げる。しかし、ナオキが三振に倒れ、ゲームセットとなりました。

 

研修二部リーグに続いて、松が谷ジャガーズBチームに完敗しました。そして、散ドラの新人戦は終わりました…。勝てたとは言いません。しかし、これだけの点差がつく試合ではありませんでした。久しぶりに言うセリフですが、今日はエラーが多かった。そして、走塁の違いも大きかった。来年もライバルとなるチームです。しっかり、相手のいいところは吸収して、強いチームになろう!

 

でも、散ドラ久々の準決勝進出は立派でした!よくがんばった!!

 

 

 

 

 

平成22822日(日)       1048分〜1220分頃    晴れ(暑い) 

☆公式試合(連盟新人戦3回戦)                  滝ヶ原グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ 2 0 4 4 2   12

六本杉スターズ 3 0 0 2 1  

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  満塁本塁打シュウヘイ、三塁打のサネユキ、

                打って初打点のタクミ、魔球(?)で強打を封じたナオキ

【試合経過】

数日前には過ごしやすい日があり、昨晩も涼しかったのに今日は暑かった。試合開始直後の11時で32.8℃、13時には34℃になりました。1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番レフト・サネユキ、7番センター・ヒロキ、8番セカンド・ヒビキ、9番ライト・タクミでスタート。

 

初回表、相手投手は大柄だが球はそれほど速くない。カズキは投ゴロ、アキヒロ四球・盗塁、ナオキの右前ヒットで1点先制!ナオキも二三盗後、暴投で2点目を入れるが、頼みのシュウヘイ、タケルは8フライでチェンジ。初回裏、1番は2フライで一死(シュウヘイのキャッチャーフライ捕球を初めて見ました!)。しかし、ここから2番中前ヒット、3番左中間三塁打で1点、捕逸で2点目で同点とされ、4番5ゴロで二死後、5番には左越え本塁打で逆転される!6番投フライをこぼすも、タケルが落ち着いて打者走者にタッチしチェンジ。2回表、サネユキ三振、ヒロキ4ゴロ、ヒビキ打撃妨害で出塁するも、タクミ三振で無得点。2回裏、先頭7番を6ゴロエラーで出すが、後続を4ゴロ、4フライ、4フライをすべてヒビキが処理して無失点。3回表、カズキ・アキヒロ連続四球、けん制悪送球や盗塁で二三塁からナオキの4ゴロの間に1得点し同点!シュウヘイも四球・盗塁で再度二三塁から、捕手が球をそらしてアキヒロが本塁突入するが、スタートが遅くタッチアウトで二死。チャンスをつぶしたかに見えたが、タケルも四球のあと、さきほど三振のサネユキが右中間三塁打を放って2点追加!一気に逆転!!捕逸でサネユキも還り、さらに1点追加。続くヒロキも右前ヒット、ヒビキ四球でチャンスが続くが、再び捕手が球をそらしてヒロキが突っ込むが、まれまたアウトでチャンジ。3回裏、先ほど打たれた上位陣を迎えて、ナオキの魔球がさえる。明らかに意識して(さらに)遅い球を投げ込む!結果、投ゴロ、三振、6ゴロで見事三者凡退!4回表、この回から投手交代。タクミ投ゴロで一死後、カズキ・アキヒロ・ナオキと三連続四球で満塁のチャンス。ここで2ボール・2ストライクから4番シュウヘイが満塁左越え本塁打を放って4点を追加!!!後続はタケル6ゴロ、サネユキ三振でチェンジ。4回裏、5番は6ゴロだが足が速く、惜しくも内野安打。盗塁後、6番投ゴロで一死三塁から、暴投で1失点。7番四球・二三盗後、8番三振で二死とするが、再び暴投で2点目。9番を四球・二三盗で再度三進されるが、1番を5ゴロでチェンジ。しかし、下位打線相手にもったいない失点でした。5回表、ヒロキ・ヒビキ連続四球・盗塁で無死二三塁から、タクミの4ゴロで1点追加。取られたらすぐ取り返すいい展開。カズキの6ゴロにヒビキが突っ込み、アウトのタイミングだが、捕手が球をこぼして2点目、この間に二塁を狙ったカズキはアウト。狙いは良かった。アキヒロは5ゴロでチェンジ。5回裏、2番からの上位打線だが、四球、6ゴロ内野安打、振り逃げで満塁のピンチを迎え、5番は6ゴロで本塁送球でまずはフォースアウト。6番を三振で二死。このまま無失点で切り抜けるかと思いきや、7番の頭に死球で1失点(しかし、あれは打者のよけ方が下手すぎで、死球はちょっとかわいそうでした)。しかし、気を取り直して、8番を三振にとってゲームセット。ベスト8進出を決めました。

 

トーナメントで3回勝つのも管理人は初めて見ますし、ベスト8も初めてです!!何か嘘のようですが、ここまで来たら、無欲で一戦一戦戦おう!!

 

 

 

平成22725日(日)       858分〜1025分頃    晴れ(暑い) 

☆公式試合(連盟新人戦2回戦)                  滝ヶ原グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ      0 0 0 1 2 0 

横川スーパースターズ 0 0 0 0 0 1 

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  投手戦を制したナオキ、好走塁で先制ホームを踏んだタケル、

                執念のヘッドスライディングでエラーを誘ったアキヒロ

【試合経過】

1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート。今日は猛暑の中、息詰まる投手戦のナイスゲームでした。

 

初回表、相手投手はスラリと背が高く、5年生としては速い球を投げる好投手です。カズキ・アキヒロ連続三振のあと、ナオキ四球、シュウヘイのいい当りだったもののセカンドがキャッチというか、入ったというか好捕され無得点。初回裏、3番に中前ヒットを打たれたものの、ナオキも負けじと、残りは投ゴロ、三振、4ゴロで無失点。2回表、タケル投ゴロ、タカナリ四球・盗塁、サネユキ四球、ダブルスチールで二三塁のチャンスを迎える。ヒロキの3ゴロで三塁走者タカナリがスタートするかと思いきやスタートせず、一塁アウトになってからおもむろにスタートする不可解なプレーでダブルプレーとなり、チャンスをつぶす。監督が試合前に言った「考える野球」がまだ出来てないね!2回裏、先頭を3ゴロで一死とするが、次打者はバウンドした球がナオキ、カズキの頭を越える不運な内野安打、死球、捕逸で二三塁のピンチを迎えるが、8・9番を連続三振でピンチを断つ!3回表、ヒビキ、カズキ、アキヒロ三者連続三振…。3回裏、先頭1番は中前テキサス安打、けん制捕球エラーした球をベースコーチが捕り、返してもらった(?)タケルが二塁送球し、アウトのタイミングだったがタッチが遅れセーフ。そもそもノープレーではと主審に確認したものの、判定は変わらず。珍プレーでした。しかし、三盗を阻止し一死、後続も4ゴロ、6ゴロで三者凡退。散ドラも負けてはいない!4回表、先頭ナオキ三振、シュウヘイは投手、遊撃手の頭を越えるラッキーな中前安打で出塁するも、初球に二盗失敗で二死。バッテリーはいいだけに、「初球から走ってはいけない」と監督から注意がありました。チャンスをつぶしたかに見えましたが、タケルが三塁内野安打のあと、監督の指示通り、二三盗を決め、捕逸でホームまで還ってきて、一人で先制点をゲットしました!タカナリは三振でチェンジ。4回裏、4番からの攻撃を5ゴロ、投ゴロ、投ゴロでナオキが抑え、7球で三者凡退の省エネ投法。エンジンがかかってきたぞ!5回裏、サネユキ死球、ヒロキ四球でチャンスを広げ、ヒビキのバントを捕った投手からの送球を三塁がエラーして満塁のチャンス!しかし、カズキの3フライにヒビキが飛び出していて、一気にツーアウト。しかし、アキヒロの当りは投手を越え、焦った二塁手が一瞬ファンブルし、一塁にも悪送球、サネユキ・ヒロキが相次いで生還し、2点追加!投手戦での後半での追加点は大きい!5回裏、四球をひとつだしたものの、三振二つと投ゴロで危なげなく抑える。時間が迫る6回表だが、ナオキ三振、シュウヘイ2フライ、タケル3フライであっという間に攻撃終了。6回裏、2番からの攻撃を投ゴロ二つであっという間に二死。しかし、4番に左越え本塁打を打たれ1点を返される。5番振り逃げ、6番四球でピンチを迎えるが、7番を6ゴロに抑える。

 

時間はまだあると思ったのですが、「集合」のコールで試合終了。見事3回戦に進出!久しぶりのトーナメント2勝目です(涙)。

 

 

平成2274日(日)     97分〜1027分頃   晴れ(暑い) 

☆公式試合(連盟新人戦1回戦)                  滝ヶ原グランド     

チーム名

宇津木フレンズ 0 1 2    

散田ドラゴンズ 9 1 9     19

 

【バッテリー】 P:ナオキ    C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  相手に勝たせてもらった感がありますが、とりあえず全員

【試合経過】

1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番レフト・サネユキ、7番センター・ヒロキ、8番セカンド・ヒビキ、9番ライト・タクミでスタート。相手の自滅の面がありますが、3回コールド!!。

 

初回表、初球4フライで一死、2番左前ヒットとなるが、後続三振、3ゴロで無失点。初回裏、相手投手は左腕で球はそこそこ速い。しかし、制球がイマイチでした。カズキ四球・盗塁・暴投で三進、アキヒロ5ゴロ悪送球で1点、ナオキ四球後、シュウヘイ左前ヒットで2点目、タケル三振で一死となるも、サネの投ゴロをどこにも投げられず3点目。ヒロキ振り逃げで4点目、ヒビキ三振で二死となるも、タクミの時連続暴投で5・6点目。タクミ・カズキ・アキヒロ・ナオキ連続四球で7点目。捕逸で8点目。シュウヘイ四球で再び満塁、タケルも四球で9点目。サネ三振でようやくチェンジ。2回表、5番三振で一死。しかし、6番右前のポテンヒット。盗塁・暴投で三進されたあと、7番四球、8番の4ゴロで二死とする間に1失点。9番6ゴロでチェンジ。2回裏、ヒロキ三振、ヒビキ四球、二三盗塁後暴投で1点追加。しかし、タクミ三振、カズキ投ゴロでこの回はあっさり終了。3回表、1番の1塁手の後ろにあがったフライにヒビキがよく追いつくも落として出塁、盗塁後、2番三遊間ヒット・盗塁で二三塁のピンチ。3番投フライで一死。4番4ゴロを一瞬はじくもギリギリアウトで二死とするが、その間に一気に二走者が還り、2失点。後続は4フライに断つ。3回裏、アキヒロ四球・二三盗塁、ナオキ3ゴロの間に1点。シュウヘイ四球・盗塁、タケルショート前のポテンヒットで一三塁。連続暴投で2・3点目。サネ・ヒロキ・ヒビキも連続四球で、前の回からライトに入っていたコダマの時、暴投・捕逸で4・5点目。コダマ四球、カズキ5ゴロ内野安打で6点目。暴投で7点目。アキヒロも四球・盗塁で二三塁となってから、ナオキの投ゴロをエラーし、一気にカズキ・アキヒロが生還し、3回15点差でコールドゲームとなりました。

 

最終的に点差は開きましたが、相手チームは上位から下位までしっかりミートが出来ていましたし、投手もコントロールがつけばいい投手になりそうです。その点、散ドラは惜しいプレーもありましたが、まだまだうまくなれます(うまくなれる点があるということは、どういうことか分かるよね)。しっかり意識して練習し、次の試合に備えよう!

 

 

 

平成22627日(日) 1020分〜124分  小雨

★練習試合        散田小学校     

チーム名

散田ドラゴンズ      1 4 2 2 2    11

台町4丁目(5年以下)  3 1 0 2 10   16

 

【バッテリー】 P:ナオキ⇒タケル⇒シュウヘイ⇒タカナリ  C:シュウヘイ⇒ナオキ

【今日の敢闘選手】  何事も経験が大切ということで、3年生のリサ、ケンタロウ

【試合経過】

結構な雨の中、練習試合がスタート。途中からだいぶ小雨になり、試合終了頃はほとんどやみました。

 

 

1回表、カズキのセカンドの頭を越える右前二塁打、アキヒロのエンドランの3ゴロで1点先制!続くナオキ・シュウヘイもいい当たりだが、惜しくもアウトで1点どまり。1回裏、三塁線の左前ヒット・盗塁、二塁送球の捕球エラーでその処理でもエラー、三塁悪送球で簡単に1点を与える。続く2番の4フライをこぼし一塁送球をエラーで生かし、四球・投フライ・四球で、一死満塁。次打者を5ゴロ本塁封殺で二死とするも、7番の中前ヒットで2点を入れられるが、一塁走者は三本間に挟んでアウトとする。2回表、タケルの5内野安打、タカナリ中前ヒットでチャンスをつかむが、サネユキのスクイズは本塁アウト、ヒロキいい当たりを放つも8フライで二死。しかし、ヒビキの右中間二塁打で2得点、さらにカズキの中前ヒットをセンターがそらし一気にホームインし、2点追加。2回裏、5ゴロ二つで簡単に二死とするが、7フライを落として生かすと、次打者の6ゴロの一塁送球を捕球エラーで1失点。3回表、ナオキ四球、シュウヘイ投内野安打でチャンスをつくり、6ゴロと暴投で2点を追加。続いて四球で出塁のタカナリが暴投で本塁を狙うもタッチアウト。3回裏、中前ヒットを打たれるが、それ以外は6フライ、8フライ、三振で無失点。4回表、代打リサは、三振したものの、しっかり三球スイング。タクミも三振で二死。二死からカズキの右前ヒット、四球、ナオキの4内野安打・エラーで2点を追加。4回裏、この回から投手はタケルに交代。立ち上がりはコントロールに苦しみ四球、次打者6ゴロエラーも、カバーのセンターから三塁送球で一死。しかし、その後も6ゴロエラー、四球、暴投、振り逃げなど守りのミスが重なり2失点。5回表、タケルの5内野安打、タカナリ四球で出塁し、それぞれ暴投、けん制悪送球で生還し、2点追加。5回裏、シュウヘイが登板し先頭を6ゴロに打ち取るも、連続四球、振り逃げ、6ゴロバックホームが遅れフィールダースチョイス、四球、中越え三塁打、4連続四球となったところで、投手はタカナリに交代。9番を7フライに打ち取りようやく二死。しかし、一番に代わってライトに入っていたケンタロウの頭を越される。次打者を3フライでようやくスリーアウト。この回10失点でした。しかし、何事の経験するのが練習です。本番でこんなに点を取られてはいられませんが、練習試合で何点とられても、得るものがあれば、全然構いません。

 

 

 

 

平成22612日(土)  1050分〜1150分頃?   晴れ(暑い) 

★公式試合(研修リーグ春季大会二部7回戦)                  川町グランド    

チーム名

散田ドラゴンズ       0 1 2 4     

みなみ野ファイターズB  0 5 1 2×   

 

【バッテリー】 P:ナオキ ⇒タケル(4回〜)   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  三塁打のサネユキ、好プレーのアキヒロ

【試合経過】

管理人は仕事のため、タクミ父が試合結果を知らせてくれました。

 

 

1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番セカンド・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番センター・ヒロキ、9番ライト・タクミでスタート。

 

サヨナラ負けになりましたが勝てそうな試合でした。

 

 

初回表、カズキ四球で出塁・二盗・三盗で進むが、アキヒロ・ナオキ・シュウヘイが連続三振でチェンジ。初回裏、1番を四球で出し・二盗・三盗で進塁されるが、2番の強い投ゴロをナオキがナイスキャッチし1塁送球で1アウト。送球の間に三塁走者がホームを狙うがタケルの好送球でホームタッチアウト。なんと、ダブルプレーが決まり走者なし。3番を四球で出し二盗されるが、4番を投ゴロに打ち取りチェンジ。無得点に抑えて上々の立ち上がりです。2回表、先頭タケルが四球・盗塁、三盗の時にキャッチャーがサードへ悪送球、この間に還り1点先制。タカナリ5ゴロ、サネユキ8フライで2アウト。ヒロキが中前ヒットで出塁し捕逸・盗塁で三塁へ進む。タクミ・カズキが連続四球で満塁となるが、アキヒロ三振でチェンジ。2回裏、先頭5番を3フライに打ち取るが今一歩が届かず出塁、6番左前ヒット・盗塁で二三塁のピンチ。7番右前ポテンヒットで同点とされ、さらにライトが後逸する間に二塁走者が還り2点目。バッター走者も二塁へ進む。8番投ゴロで1アウトの間に二塁走者は三塁へ。9番の時に捕逸で3点目。9番四球・盗塁後、1番死球、2番5ゴロで2アウトの間にランナーが進み二三塁。3番を左フライに打ち取るがレフトが落球、この間に2者が還り4・5点目。4番5ゴロでようやくチェンジ。大事なところでタイムリエラーが2度も出てしまいました。3回表、ナオキ四球で出塁し・二盗・三盗で進む。シュウヘイ三振で1アウトとなるが、タケルの中前ヒットで2点目。さらに二盗・三盗・捕逸でタケルが還り3点目。タカナリ三振で2アウト。サネユキ・ヒロキが連続四球、タクミの代打ヒビキも四球で満塁のチャンスとなるが、カズキ投ゴロでチェンジ。3回裏、この回からヒビキ・セカンド、タカナリ・センター、ヒロキ・ライトの守備に変更。先頭5番を3ゴロで1アウトとするが、6番に右中間二塁打を打たれ・三盗で進塁。7番5ゴロで2アウトの間に三塁走者が還り6点目。8番4ゴロに打ち取ったかと思ったら、高いバウンドでセカンドの頭を超えてヒット、さらにライトの頭も超えてしまい二塁まで進まれる。9番・1番を連続四球とし満塁のピンチとするが、2番を6フライに打ち取りチェンジ(セカンドとお見合いになりそうなフライでしたがアキヒロが地面スレスレでキャッチ。このプレーは大きかったです)。4回表、アキヒロ右前ポテンヒット・二盗・三盗、サードへの送球が高く捕球できず、ホームへ突入、キャッチャーへの送球も悪送球となりホームイン、4点目。ナオキ四球・捕逸で二塁へ、シュウヘイ投フライで1アウト。タケルの投ゴロでナオキが飛び出し、三塁に送球され2アウト。タケルは塁に残り、タカナリ四球・盗塁で二三塁。チャンスでサネユキが中越えの三塁打を打ち2者が還り同点(目の覚めるようなスゴイ打球でした)。おせおせムードの中、捕逸でサネユキ生還で7点目が入りついに逆転。ヒロキは振り逃げを狙うが一塁アウトでチェンジ。2アウトからの逆転劇はすばらしいものがありました。4回裏、この回からピッチャー・タケルに交代、ナオキはファーストに守備変更。時間の関係でこの回が最終回となる。何とか1点差を守りたいところでしたが、3番・4番を連続四球とし、暴投・盗塁でいきなりノーアウト二三塁のピンチ。5番投ゴロで1アウトの間に三塁走者が還り同点。もう1点もやれない場面となるが、6番死球・7番死球で満塁の大ピンチ。8番投ゴロでホームへ送球するがタッチに行ってしまい間に合わずセーフとなりゲームセット。

 

 

 

 

平成2266日(日)  1450分〜1640分頃?   晴れ(暑い) 

★公式試合(市長杯1回戦)                  滝ヶ原グランド     

チーム名

高尾オリオンズ 1 11 3 5    20

散田ドラゴンズ 1 10 0 0    11

 

【バッテリー】 P:ナオキ ⇒タケル(2回〜)   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  よく打ったのナオキ、タカナリ、シュウヘイ、ヒロキ、タケルと

              一生懸命ホームインしたタクミ

【試合経過】

1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番セカンド・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番センター・ヒロキ、9番ライト・タクミでスタート。敗れはしましたが見応えのある試合でした(笑)。

 

初回表、1番5フライ、2番を四球で出すもうまくけん制で釣りだしたが二塁へ生かしてしまい、三盗、捕逸で1点先制される。しかし、後続を投フライ、6ゴロに抑える上々の立ち上がり。初回裏、カズキ5ゴロ、アキヒロ3フライで二死となるも、ナオキが右越え二塁打、シュウヘイの6内野安打でナオキが生還、同点!なおも、タケル・タカナリが連続四球で満塁のチャンスも、サネユキがスリー・ツーから見逃し三振(惜しい!)。2回表、先頭5番が右越え二塁打、6番右前テキサス安打で1点、7番5ゴロで一死で三進後、8番投ゴロバックホームも惜しくもセーフで2点目、盗塁・暴投で三進後、9番投フライエラーで3点目、1番四球・盗塁後、2番左中間三塁打で4・5点目、3番四球・盗塁となったところで、投手タケルに交代。4番5ゴロで二死とする間に6点目が入り、二塁走者が本塁突入でバックホームするが、惜しくもセーフで7点目。5・6・7番と連続四球で満塁。8番中前ヒットでバックホームするも、二者生還で8・9点目。暴投で10点目。9番中前ヒットで11点目。1番を8フライでようやくチェンジ。一度崩れると、なかなかリズムを取り戻せないドラゴンズです。2回裏、先頭ヒロキが四球・盗塁、続くタクミも四球で出塁。ヒロキけん制に釣りだされるも三進。タクミも盗塁で二三塁。カズキ5内野安打の間に1点。続くアキヒロの5内野安打でタクミが還って2点目(淡々と書いていますが、タクミが還ってくるのは大変でしたが、よく還ってきました!)。ナオキ中前ヒットで3・4点目。シュウヘイの左越え三塁打で5点目。タケル四球後、タカナリの左越え二塁打で6・7点目。サネユキの6内野安打で一三塁。ヒロキの中前ヒットで8・9点目。タクミ投ゴロの間にヒロキが還って、10点目!!!ビッグイニング!!!しかし、カズキ7フライで二死。アキヒロ4ゴロエラーで出塁も、ナオキ4ゴロでチェンジ。3回表、先頭2番を4フライに打ち取るが、ポロリとこぼして生かすと、3番を四球で出し、挟撃プレーの間に1点、走者も生かし、4番の三遊間安打をレフトが抜かれ2点目。5番三振で一死。6番6ゴロで二死の間に3点目。7番三振でチェンジ。やはりエラーは失点につながります。3回裏、先頭シュウヘイ5ゴロ、タケルは左中間二塁打、タカナリ6内野安打・盗塁で二三塁のチャンス。続くサネユキの当たりはタイムリーかという当たりだが、一塁手のグラブに収まり二死。暴投にタケルが突っ込みかけ挟まれアウトとなり、チャンスをつぶす。4回表、先頭8番を5ゴロで一死とするが、後続を連続四球、2番の左前安打で2点、さらに後続3連続四球、捕逸、中前ヒットがからみ、3点を失う。なおも二三塁のピンチに6ライナー、飛び出した三塁走者を見て三塁転送でのダブルプレーでピンチを脱する。しかし、9点差をつけられ、時間も過ぎ最後の攻撃となる4回裏、ヒロキ・タクミは投ゴロで二死。カズキ5ゴロエラー、アキヒロ6内野安打でチャンスを作るが、ナオキが投ゴロとなり、ゲームセットとなりました。

 

最終的には、点差は開きましたが、11点取られて10点取り返すなど、見応えのある試合をしてくれました。しかし、いったん崩れ始めると、歯止めがきかないのは、散ドラの伝統でしょうか。投手を一人にしないで、誰かが声をかけたりして、自分たちで試合を落ち着かせるようなことが出来るといいですね。でも、おもしろい試合でした(笑)!がんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成22516日(日)  1015分〜11時頃?   晴れ 

★公式試合(研修リーグ春季大会二部6回戦)    宇津木台小学校     

チーム名

散田ドラゴンズ    2 0  0  1    

松が谷ジャガーズB 0 0 12 1×    13

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  先制打のアキヒロ

【試合経過】

1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート。管理人と一徹コーチは主審講習会で参加できず、今日もM副会長からの報告です。基本の差が出たとのことでした。

 

初回表、カズキ四球、2盗。アキヒロの打球は9前へ、ライトがつっこむが捕れず後ろにそらしスリーベースヒット、1点先制。ナオキは1ゴロエラー、この間にアキヒロが還り2点目。ナオキ2盗を決めるが、シュウヘイ1ゴロ、タケル三振、タカナリ1ゴロでチェンジ。初回裏、1番は4ゴロ。2番は3ゴロ。3番は8前へヒットを許すが、4番は6ゴロに打ち取りチェンジ。2回表、サネユキ四球、2盗するがスライディングせず塁を離れタッチアウト。ヒロキは6ライナー、ヒビキは9フライでチェンジ。2回裏、5番三振、64フライ、7番三振で三者凡退。3回表、カズキ6ゴロ。アキヒロ9前へ落とすが9ゴロ。ナオキ6ゴロ。3回裏、8番は7横へのツーベースヒット。9番は四球。1番はサードへの内野安打でノーアウト満塁のピンチ。2番は3ゴロ、タケルが待って取り本塁へ投げられず、オールセーフ、1失点。3番は7前ヒット、2者が還り3点目、逆転を許す。ダブルスチールで23塁から4番は6ゴロ、本塁へ送球するが間に合わず4点目。5番は四球、パスボールで5点目。6番は左中間への3点本塁打で8点目。7番は5ゴロとするがファーストへ悪送球で2進。8番は3ゴロ。9番の6ゴロの間に9点目。1番は四球。2盗、3盗後、2番は4横に落ちるテキサスヒットで10点目。3番には7越えの本塁打で12点目。4番は7前へヒットとされるが、5番は三振で漸くチェンジ。水分補給の休憩が入る長い魔の3回でした。4回表、シュウヘイはゴロでサードの頭を越えるヒット、しかし2盗失敗。タケル四球、2盗。タカナリ2ゴロの間にタケルは3進。サネユキはゴロでサードの頭を越えるヒットで1得点。ヒロキは三振でチェンジ。何とかコールドは避けたが、点を取られたらおしまい。4回裏、6番はサードへの内野安打、2盗を決められる。7番のとき牽制悪送球、センターがカバーできず転々とする間に走者が還り、410点差でコールド負け。

 

開幕6連勝はなりませんでしたが、自分たちの課題を確認するにはいい試合だったかもしれませんね!

 

 

 

平成2258日(土)  900分〜1028分    晴れ 

☆公式試合(研修リーグ春季大会二部5回戦)    大谷グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ    6 3 0 5    14

川口ジュニアーズB 4 3 0 1   

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  猛打賞のシュウヘイ、三塁打のサネユキ

【試合経過】

何と開幕から5連勝!1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート。管理人は本日仕事で、今日もM副会長からの報告です。久しぶりの活動で動きも鈍く薄氷の勝利だったとのこと。

 

初回表、カズキ6フライ、アキヒロ四球後2盗、ナオキは8前安打後、2盗で1アウト23塁。シュウヘイの7前安打で2者が還り2点先制。レフトの返球が悪くシュウヘイは2進。タケルは四球。タカナリは1前へ大きくはずむ内野安打で3点目。サネユキはレフトの頭を越える3塁打で2点追加、5得点。ヒロキは3ゴロでファーストがホームに送球するがサネユキの方が早く6点目。ヒロキ2盗は決めるが、牽制死。ヒビキ三振でチェンジ。初回裏、1番は三振。2番はを5ゴロに討ち取るも送球がファースト前でバウンドが変わり捕球できず。2盗後、3番の1ゴロの間に3進。4番の5ゴロエラーで1失点。23盗を決められ、5番の4ゴロエラーの間に2点目。6番は三振とするがシュウヘイが前にこぼし、1塁送球も短くタケルが捕れず。この間に走者が還り3点目。2盗、返球乱れで3進、パスボールで4点目。7番は8前安打。パスボールで2進されるが8番は9ゴロでチェンジ。2回表、カズキ1ゴロ。アキヒロ3ゴロエラーで出塁、2盗。ナオキ四球。パスボールで23塁となり、シュウヘイは8前へヒット、2得点。シュウヘイ2盗後、タケルは6横に落ちるテキサスヒット。パスボールでシュウヘイが還り3点目。タカナリ、サネユキ共に6ゴロでチェンジ。2回裏、9番は6ゴロ悪送球、2盗後、1番の8前安打で1失点。2盗後、2番は3ゴロで1アウト3塁。3番は4フライをはじき2点目。2盗後、4番は7前へヒット。5番の4フライをまたもはじき3点目。6番は三振。7番は四球とするも、8番を1ゴロとしチェンジ。3回表、ヒロキは1ゴロ。ヒビキは良い当たりはするも6ライナー。カズキは3フライで三者凡退。3回裏、9番三振。1番は4フライをエラー。2番は5前へ小フライ、カズキがつっこみ好捕。3番は3フライでチェンジ。4回表、アキヒロはファーストとライトの間に落ちるテキサスヒット。ナオキは四球。シュウヘイはサードの頭をゴロで越えるヒットでアキヒロが還り1点目。タケル四球でノーアウト満塁。ここでピッチャー交代。パスボールでナオキが還り2点目。タカナリも四球でまたも満塁。サネユキは三振。ヒロキは1ゴロで本塁ホースアウト。キャッチャーが横にこぼしたのを見て、タケルが飛び出し挟殺プレーとなるが、粘ってエラーを誘い生還。外野にこぼれた球をレフトも捕れず、転々とする間に1塁走者のヒロキまで還り3点追加、5得点。ヒビキは三振でチェンジ。4回裏、4番は三球三振。5番はショートへの強襲ヒット。64ゴロの間に2進。7番は8前安打で1失点。2盗、パスボールで3進。8番は四球、2盗で23塁となるが9番を三振に取りゲームセット。五連勝!!

 

 

 

平成22424日(土)  904分〜1014分    晴れ 

☆公式試合(研修リーグ春季大会二部4回戦)     北野多目的広場     

チーム名

散田ドラゴンズ   1 6 2 1    10

中郷イーグルスB  0 0 0 0   

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  2回大量点のきっかけを作ったタカナリ、2安打のタケル、

               完封のナオキ・シュウヘイのバッテリー、

               今日も二四球で0打数ながら出塁率10割のヒロキ

【試合経過】

何と開幕から4連勝!1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート。管理人は本日仕事で、M副会長からの報告です。相手の四球にも助けられたそうですが、5年生を中心にヒットも出たとのことです。

 

初回表、カズキ8前へのヒット、2盗、3盗を決め、ノーアウト3塁。アキヒロは三振に倒れるが、ナオキは9前へ当たりが良すぎ1塁アウト。しかし、カズキが還り幸先よく1点先制。シュウヘイは1ゴロでチェンジ。初回裏、1番を5ゴロ、2番は4ゴロ、送球がそれるがタケルがナイスキャッチ。3番も4ゴロ。三者凡退に抑える。2回表、タケル9フライ。タカナリ8前へヒット、2盗、3盗。サネユキ四球後2盗。ヒロキも四球で1アウト満塁。ヒビキ〜アキヒロまで3連続四球で3点。ここでピッチャー交代。ナオキも四球で4点目。シュウヘイは1塁線に転がる打球に当たり守備妨害でアウト。タケルのときパスボールでカズキが還り5点目。タケルは8前へヒットで6点目。タカナリは4ゴロでチェンジ。2回裏、4番を5ゴロ。5番は四球で2盗、3盗を決められるが、6番を三振、7番は1ゴロでチェンジ。3回表、サネユキ4ゴロ。ヒロキ四球、2盗、パスボールで3進。ヒビキ四球、2盗で1アウト23塁。カズキのときに3塁牽制悪送球でヒロキが還り1点。カズキ1ゴロでヒビキが本塁タッチアウト。カズキが2盗、3盗時5捕球エラーで生還、2点目。アキヒロは6ゴロでチェンジ。3回裏、8番はセーフティバントが1正面でアウト。9番は7前安打で2盗、3盗を決められるが、1番は浅い7フライ、2番は6ゴロでチェンジ。4回表、ナオキ四球、2盗、3盗。シュウヘイは7前へのクリーンヒット、1点目。シュウヘイ2盗後、タケルは6ゴロの内野安打。シュウヘイは3塁を廻り本塁突入するが大分手前でタッチアウト。タケル2盗後、タカナリの5ゴロでツーアウト。しかし、中郷守備陣はアウトカウントを間違え(?)ベンチへ。ドラゴンズもチェンジと思いこみ攻守交代。アピールが遅かったということでそのままチェンジ。ん〜〜〜。4回裏、3番は3ゴロ。4番にはセンターへの2塁打、3盗はシュウヘイが刺しアウト。5番はサードへの内野安打、ファースト、カバーのライトも捕球出来ずランナー2塁。6番はセーフティバント(?)失敗アウト。410-0のコールドでゲームセット。完封勝利、四連勝!!

 

 

 

平成22410日(土)  1208分〜1335分   晴れ 久しぶりのポカポカ陽気

☆公式試合(研修リーグ春季大会二部3回戦)     椚田グランド     

チーム名

由井タイガースB 0 0 1      

散田ドラゴンズ  4 18 ×     22

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  5年生の活躍はもちろんですが、今日は

              初安打のカズキ、ヒビキ、3打点のアキヒロ

【試合経過】

何と開幕から3連勝!1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート。管理人は本日仕事で、M副会長からの報告です。相手捕手は下級生らしくパスボールが多く大量得点となりましたが、捕手シュウヘイの三盗阻止や、カズキ・ヒビキの初安打など良いプレーもあったそうです。

 

初回表、13ゴロ、27フライ、31フライで3者凡退。上々の立ち上がり。初回裏、カズキ6フライ。アキヒロ四球、2盗。ナオキ8前に落ちるテキサスヒット、2盗で123塁。シュウヘイ1ゴロの間にアキヒロ帰り1点先制。タケルはレフト線に落ちる2塁打でナオキが帰り2点目。3盗後、タカナリ四球、2盗で23塁。パスボール2つで2点追加、4点。サネユキ四球、23盗。ヒロキ四球、2盗で223塁。ヒビキは良い当たりも8正面のフライでチェンジ。打者1巡で4点先制。2回表、4番死球、2盗。3盗も狙うがシュウヘイが刺しアウト。5番四球。6番は5ゴロを後ろにそらし23塁。7番は1ゴロで3塁フォースアウト。8番は三振でこの回も無失点。2回裏、カズキ四球、2盗。アキヒロ1ゴロだがスタートを切っていたカズキが一気に生還、1点目。ナオキ四球、23盗後パスボールで2点目。シュウヘイ、タケル、タカナリも四球、23盗、パスボールと同じパターンで3点、この回5点目。サネユキ2ボールのときにピッチャー交代。だが流れは変わらず、サネユキも四球、23盗、パスボールで6点目。ヒロキ四球、2盗、パスボールで3進。ここでヒビキが8前ヒット。7点目。続くカズキも左中間に、暴走気味?のナイスランで2塁打、8点目。アキヒロもショートの頭を超えるゴロで8前ヒットとし3連打、9点目。アキヒロ2盗後、ナオキ4エラーの間に10点目。ナオキ23盗後、パスボールで11点目。シュウヘイ四球、2盗、パスボールで3進、生還で12点目。タケル四球、23盗、タカナリ6ゴロの間にタケルが還り13点目、ファーストの足が離れタカナリも生き、23盗。パスボールで生還、14点目。ヒロキ、ヒビキと四球、23盗、パスボールで2点追加、16点目。カズキ四球、2盗。アキヒロ6ゴロエラーの間にカズキが還り17点目。アキヒロ23盗、パスボールで生還、18点目。ナオキ四球、2盗、パスボールで3進するが、シュウヘイ6フライで漸くチェンジ。3本のヒットと四球、バッテリーエラーで大量18点追加。3回表、9番三振。1番四球で23盗を許し、1死三塁、完封勝利が危うくなる。2番は三振で2死。ここでライトのヒロキに代わりリサ。3番を5ゴロに打ち取り試合終了と思いきやアウトカウントを間違えたかカズキが本塁送球、しかも悪送球で1失点。打者も2進。パスボールで3進されるが、4番を三振に切って(?)とり、3回コールドでゲームセット。

 

 

 

平成2244日(日)  1210分〜1344分    曇り とても寒い

☆公式試合(研修リーグ春季大会二部2回戦)     川町グランド     

チーム名

散田ドラゴンズ    2 4 2 1 5   14

台町4丁目子供会B 0 2 0 0 0  

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  活躍した選手が多く悩みますが、

              力投のナオキ、先制打のシュウヘイ、タイムリー2本のタケル

【試合経過】

何と開幕から2連勝!1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番セカンド・ヒビキ、9番ライト・コダマでスタートし、途中交代でタクミとリサも出場し、本日参加の部員は全員出場しました。

 

初回表、相手投手の遅い球に待ち切れず、カズキ三振、アキヒロ2ゴロで二死となるが、ナオキが6ゴロ内野安打・盗塁で二進すると、4番シュウヘイが左前ヒットを放ち、内野への送球が乱れる間にナオキが還って1点先制。タケル・タカナリ連続四球で満塁から、サネユキの左前ヒットで2点目を奪う。なおも満塁だが、ヒビキが三振に倒れチェンジ。初回裏、1番は6ゴロで一死とするが、2番の浅い4フライがテキサスヒットとなる。しかし、3番投ゴロで二塁フォースアウト、4番も投ゴロで無失点に抑える。2回表、先頭コダマが四球で出塁するも、どうリードや走塁すればいいか分からず、右往左往するが、1番カズキ四球、2番アキヒロの5ゴロ内野安打で何とか満塁までこぎつけ、ナオキの6ゴロバックホーム悪送球で生還、カズキも生還し2得点。4番シュウヘイ5ファールフライで一死となるが、タケルの左前ヒットでアキヒロが還り、3点目。続くタカナリの投ゴロでナオキがホームへ突っ込むが惜しくもアウトで二死。しかし、サネユキ、ヒビキが連続四球で押し出しで4点目。なおも満塁で代打タクミが登場し、ツースリーまで粘るが三振でチェンジ。2回裏、5番を5ゴロで一死、6番左前ヒット・二三盗、7番三振で二死とするが、8番の当たりは二遊間とセンターの間に落ちるテキサスヒットで1点を献上。続けて捕逸で、三塁送球が悪送球となり、2点目を許す。3回表、相手投手が交代。今度はやや速い。対応できるかドラゴンズ。先頭カズキは四球・盗塁・捕逸で三進。続くアキヒロが右前ヒットで1点追加。アキヒロ二三盗。ナオキ四球・二盗で、なおも二三塁のチャンスとするが、シュウヘイの6フライがポトリと落ち、三塁走者アキヒロがホームに突っ込むが、際どいタイミングながらアウトの判定で一死。しかし、タケルの投ゴロにナオキが突っ込み、今度は相手が悪送球で2点目。しかし、このあと、シュウヘイ・タケルが暴投でそれぞれホームに突っ込むがアウトの判定でこの回2点どまり。3回裏、1番7フライ、2番5フライで簡単に二死とし、3番は5ゴロ内野安打で生かすも、4番三振でこの回無失点。4回表、先頭タカナリが中前ヒット・二三盗塁で三進後、けん制悪送球で生還し、一人で1点をあげるが、サネユキ、ヒビキ、代打リサが連続三振でこの回1点。4回裏、5番からの攻撃を6フライ、4フライ、投フライと簡単に三者凡退に切って取る。5回表、先頭カズキ四球・二三盗、アキヒロ四球後、暴投でカズキが還り1点。ナオキは打撃妨害で出塁。シュウヘイ5ゴロエラーでアキヒロが還って2点目。続くタケルの中前タイムリーヒットで3点目。タカナリの6ゴロエラーで4点目。サネユキ死球、ヒビキの時暴投で5点目。ヒビキの四球でなおもチャンスが続くが、暴投にタカナリが本塁突入するがアウトとなり一死。リサ・カズキが三振で打者一巡でようやくチャンジ。5回裏、8番からの攻撃を4ゴロ、三振、三振と簡単に抑えゲームセットとなりました。

 

何と研修連盟二部リーグで開幕2連勝です。しかも、今日はしっかり野球をやって勝ちました(いつもは何をやっているんだ?)。しかしこれで喜んでいてはまだ早いです。次の審判を務めた、松が谷対川口戦はさすが一部というレベルの高い戦いをしていました。今のところ散ドラ諸君の来年のイメージとはまったく重なりませんでした(笑)。しかし、練習次第でどんどんうまくなるぞ!がんばれ!散田ドラゴンズ!!

 

 

平成22328日(土)  1245分〜14時頃     曇り(真冬の寒さ)

★公式試合(連盟春季大会2回戦)            滝が原グランド     

チーム名

交友ビクトリーズ 3 0 11 3    17

散田ドラゴンズ  0 0  0 0    

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  新チーム初ヒットのサネユキ

【試合経過】

新5年生以下のチームなのに、抽選で2回戦からのシードとなり、交友さんと中郷さんの勝者と戦うという非常にこそばゆいというか、申し訳ないというか気持ちです。恥ずかしくない試合をしなければ!しかし、今日は寒かった!!

 

初回表、1番をいきなり四球。しかし、2番投フライ、3番4フライで二死とするが、3・4番を連続四球で満塁のピンチ。5番は打ち取った当たりだが、ショートの後ろに落ちるテキサス安打で2失点。7番の5ゴロは一瞬二塁走者にタッチにいき一塁送球が遅れ内野安打となり、3点目。8番は再び5ゴロに打ち取りチェンジ。3点は失ったが、まずまずの出だし。初回裏、相手投手はしなやかな投球フォームの左腕で球も速いぞ!1番カズキが四球で出塁するが、けん制で釣りだされ一死。2番アキヒロは死球。しかし、ナオキ・シュウヘイが連続三振で無得点。2回表、先頭9番を5ゴロ、1番は四球とするが、後続を4フライ、投ゴロで、何とこの回無失点。すごいぞ!2回裏、5番タケルは三振で一死。6番サネユキは中前ヒット。新生ドラゴンズの初ヒットだ!7番ヒロキ四球、捕逸で一死二三塁の大チャンス。しかし、続くヒビキ、コダマが連続三振で無得点。3回表、先頭4番の当たりはレフトへ。しっかりサネユキが捕球し一死。5番も5ゴロに打ち取るが、送球が少し横にそれで生かしてしまう…。このあたりから暗雲が漂う。6番は左越え二塁打でまず1点。7番の当たりは二塁ベースあたりに落ちるテキサス安打で2点目。前進守備だったので後ろに追う形だったので、捕れませんでした。8番四球。捕逸で3点目。9番は再びショートの後ろに落ちるテキサス安打で4点目。1番は5ゴロで二死の間に5点目。何とかここで切りたいところだったが、2番は四球・盗塁後、3番は右中間ヒットで6点目。4番右前ヒットで7点目。5番6ゴロエラーで8点目。6番5ゴロエラーで9点目。ボーク、暴投で10点目。8番の左前ヒットで11点目。9番四球。1番投フライでようやくチェンジ…。テキサス安打2本、エラー3つ、捕逸・暴投で大量失点となりましたが、うまくいけば2〜3点で済んだかもしれないイニングでした。3回裏、カズキ、アキヒロ連続三振。ナオキ2ゴロで三者凡退。4回表、タケルが登板。先頭2番は投ゴロで一死。3番のライト前の当たりはコダマが捕球しファーストへ。惜しくもヒットとなったが、その前の右前ヒットではどうしていいか分からなかったのだから、進歩(?)だ。しかし、二三盗をされ捕逸で1失点。4・5番も連続四球でそれぞれ盗塁をされたあと、暴投・捕逸のバッテリーエラーで2・3点目。6番投ゴロで二死とするが、7番のショートゴロはしっかり捕球するも、走者の足が一瞬速くセーフ。しかし、8番を三振にとって、何とか3点に抑える。8点を入れないとコールドとなる4回裏、シュウヘイは3ファウルフライ、タケルは4ゴロ、サネユキ三振で三者凡退、ホームが遠い。ゲームセットとなりました。

 

残念ながらコールドゲームとなりましたが、0点に抑えたイニングもあり、3回の大量失点もこれからしっかり練習すれば防げたものです。打撃の方は相手が良いピッチャーだったとはいえ、さっぱりでした。8個も三振をとられました。速いといっても、150km/hを投げているわけじゃありません。しっかりタイミングをとってスイングを出来るようになれば、少なくとも当てることは出来ます。こっちも練習次第です。練習が楽しみになりますね!!がんばれ!!散田ドラゴンズ!!

 

 

 

平成22320日(土)  933分〜1103分    晴れ

☆公式試合(研修リーグ春季大会二部1回戦)     大谷グランド     

チーム名

北八王子エースB 2 0 2 2   

散田ドラゴンズ   4 0 1 8    13

 

【バッテリー】 P:ナオキ   C:シュウヘイ

【今日の敢闘選手】  とりあえず、新チーム全員!!

【試合経過】

開会式直後の栄えある開幕戦に登場した散田ドラゴンズ!そして、何と開幕戦勝利という快挙を達成!管理人は仕事だったため、M副会長が試合結果を報告してくれました。1番サード・カズキ、2番ショート・アキヒロ、3番ピッチャー・ナオキ、4番キャッチャー・シュウヘイ、5番ファースト・タケル、6番センター・タカナリ、7番レフト・サネユキ、8番ライト・ヒロキ、9番セカンド・ヒビキでスタート!

 

初回表1番を4ゴロエラーで2進。2番は三振とするも3番センター前ヒットで1失点。4番は1ゴロをファーストに悪送球で2点目。54ゴロの間に3進されるが6番を三振。初回裏、カズキ〜シュウヘイまで4連続四球で1得点。タケルのときパスボールで2点目、同点。4ゴロの間に3点目、逆転。タカナリ死球。サネユキのときパスボールで4点目。3塁を狙うがタッチアウト。サネユキは5ゴロ悪送球で2進、3盗。パスボールで本塁狙うがタッチアウト。2回表、7番、8番を連続四球で出すも、後続を三振、9ゴロ、1ゴロに抑える。2回裏、ヒロキ四球、2盗後、3盗はアウト(ノーサイン)。ヒビキ四球後2盗するも足が離れタッチアウト。カズキ3ゴロで無得点。3回表、3番死球、41失の間に1失点。5番は三振にとるが振り逃げファースト悪送球で2点目。後続は1ゴロ、三振、三振。3回裏、アキヒロ6ゴロ。ナオキ1ゴロでファーストエラー。シュウヘイ四球。盗塁などで23塁。タケル6ゴロ失の間に1点、シュウヘイも本塁狙うがタッチアウト。タカナリ四球、サネユキ1ゴロ。4回表、9番三振。1番はセカンドの横を抜ける(よける)ゴロが右中間の丘を転々とする間に本塁打となり1失点。2番四球。3番三振。4番、5番連続四球後、パスボールで2点目。6番は9ゴロ。4回裏、ヒロキ〜カズキまで3連続四球でノーアウト満塁。アキヒロ三振後、ナオキ、シュウヘイ連続四球で2得点。タケルのときパスボールで3点目。タケル1失の間に4点目。タカナリ三振。サネユキ〜アキヒロまで5連続四球で4点追加。ナオキのときパスボールで本塁タッチアウト。しかし、この回でゲームセットで新チームの初戦は逆転勝ちとなりました。

 

M副会長によれば、勝ちをもらったとのことですが、勝ちは勝ちです。練習試合でも感じましたが、今年の投手陣はストライクをとれるので、試合の形は作れそうです。失点はエラーが絡んでのものが多いようですので、これから守りは鍛えたいですね!もちろん、今回は四球ばかりで打つ機会も少なかったでしょうが、打つ方もまだまだなので、しっかり自分のタイミングで、ミートする打撃を身につけていきましょう!!

 

何はともあれ、初勝利おめでとう!!