平成23年度の試合結果 本文へジャンプ

散田ドラゴンズ熱戦の記録


平成23年度の試合結果


平成24年2月5日(日)   晴れ 中野北小
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(5年生以下)  
交友ビクトリーズ ×   21
(投)カズキ・アキヒロ (捕)サネユキ
続いて5年生以下の試合。良い試合をした流れでいきたいが…。
 
初回表、ヒビキ・コダマの連続四球から4番サネの右前ヒットで2点を先制するいい展開。アキヒロは死球。タクミ三振で二死後、4年生が登場。ナオユキは四球を選び、ケンタロウもアウトになったが、しっかり叩いて内野ゴロを打つ。
初回裏、先発カズはなかなかストライクが入らず苦戦。4つの四死球とエラーで3点を失う。
 
2回表、レン三振、ビビキ・コダマは四球でチャンスを作るが、コダマの盗塁の時、ヒビキが三本間に挟まれタッチアウト。チャンスをつぶす。
2回裏、この回も4つの四死球とエラー、ヒット2本で5点を失う。
 
3回表、エラーと3四球で押し出しで1点を追加。
3回裏、左中間ヒット、ライト前(?)ヒット(?)、左越え二塁打、5ゴロエラー、中前ヒットで5失点。この回は打たれて失点。
 
4回表、コダマ内野安打も、後続続かず無得点。
4回裏、2安打、エラー・四球で2失点。
 
5回表、タクミ3ライナー、ナオユキ三振、ケンタロウ3ファウルフライで三者凡退。
5回裏、アキヒロが登板。右前ヒット、4ライナーエラー、5ゴロ一塁捕球エラー、中前ヒットで1点入れられ、四死球、エラーが続き、続き結局この回6失点。
 
6回表、ヒビキ左前クリーンヒット、コダマも左前に流しヒット、サネの内野安打で1点を返すが、反撃もここまでで、ゲームセット。
 
3人メンバーが変わっただけで、この点差です。それは必ずしも、4年生が入ったからだけではありません(もちろんそれもありますが)。直接的には、11四死球、8(+α)のエラーですが、間接的にはそういった状況の時に、流れを切り替えられないことですね。
 
あと2か月足らずで新シーズンになりますから、どうやってチームになっていくか、一人とりが考えないといけませんね!


平成24年2月5日(日)   晴れ(曇るとすごい寒い) 中野北小
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(上級生)
交友ビクトリーズ ×
(投)ナオキ (捕)タケル
相手投手は、制球・スピードとも申し分ない好投手!試合になるかと心配されましたが、よい戦いをし、一時は1点差まで迫りました。やれば出来るじゃないかというところが見えた練習試合でした。

初回表、カズキが2フライを捕手のミットをかすめる内野安打で出塁し、ナオキも四球を選ぶも、ヒロキ・タケル・サネが空振り三振で無得点でした。
初回裏、ドカベンのような3番打者に遊撃アキヒロのグラブをかすめ左中間に抜けた三塁打は打たれたものの、ナオキも負けじと無得点に抑える。
 
2回表、アキヒロが高めの球を外野に運ぶが惜しくもレフト定位置。ヒビキ5ゴロ内野安打、コダマ5ゴロエラーでチャンスが広がるが、後続が倒れ無得点。
2回裏、右中間エンタイトル二塁打、内野安打・盗塁で二三塁。一死後、8番に中前に運ばれ2失点。後続は断つ。
 
3回表、ヒロキ三振後、ナオキ四球、タケルは強く叩いて左前ヒットだが、ナオキが二三塁に挟まれタッチアウト。続くサネも左前クリーンヒットで、二塁送球がそれたのを見て、タケルは三塁を狙うが、これもタッチアウト。残念ながら無得点、好投手相手にクリーンヒット2本で手応えありでした。
3回裏、一死後、左前ヒット、4番の3ライナーを後ろにそらして二三塁。二死後、左前ヒットで1点を追加される。
 
4回表、アキヒロ・ヒビキもアウトとなるが、内野ゴロを放つ。打てないわけじゃないと思えるが、この回も無得点。
4回裏、先頭8番に左越え三塁打を打たれるが、後続を6フライ3本で無失点でしのぐ。
 
5回表、カズキ5ゴロはきわどいタイミングだが、気迫のヘッドスライディングでセーフ。ヒロキ四球、ナオキはきっちり送って二三塁。タケルの6ゴロ内野安打で1得点。サネ6ゴロで二死となる間に2点目。タケルもホームを狙うが、惜しくもタッチアウト。
5回裏、投手と一塁がお見合いするようなエラー、中越え二塁打、6ゴロエラーなど、エラーとヒットで2点を失う。
 
6回表、アキヒロの6ゴロは送球がそれるが、走り込んだところにそれて一塁手と激突した上、アウトになって文字通り痛かった! しかし、ヒビキは中前ヒット!コダマの左前の当たりはワンバンで左翼手の頭を越え長打コース!!!しかし、何とヒビキが二塁ベースを踏み忘れ、戻って時間をロスして、三塁タッチアウト!タクミもいい当たりだが、残念ながらサードライナー!惜しかった。
6回裏、集中力が切れたか、エラーや内野安打が重なり、3点を失う。
 
7回表、ナオキ四球を選ぶも、あとが続かず、無得点でゲームセット。


平成23年12月18日(日)   晴れ
△親子大会
チーム名
散田ドラゴンズ(上級生)        
父チーム        
(投)シュウヘイ・カズキ・シュウヘイ (捕)タケル
父チーム先発は、ナオキ父。立ち上がりはよかったが、四球・ヒットなどで2点を失う。2回の2番手シュウヘイ父も攻められて4点を失う、最近にはない展開。一方、散ドラの先発シュウヘイは力のある球で、1回・2回と父チームを寄せ付けない。最近体が大きくなってきて、力が増している感じ。
3回に入って、3番手タケル父からも1点を追加して、楽勝ムード。
ところが、その裏、カズキに代わって、父チームが牙をむく。サネ父の本塁打を皮切りに、怒涛の攻撃で、再度シュウヘイが登板するも、アキヒロ父の本塁打で1点差まで詰め寄り、レン父の三塁線を破る本塁打で何と同点に持ち込みました。母チームに続く、サヨナラ負けのピンチでしたが、ここは後続を断って、同点時間切れで引き分けに終わりました。
しかし、いつもコテンパンに負けている気がしますが、力のある球を投げると、オジサンはちょっと厳しいですね。

平成23年12月18日(日)   晴れ
★親子大会
チーム名
散田ドラゴンズ(下級生)        
母チーム 4×        
(投)リサ・コダマ (捕)ケンタロウ
母チームのバッテリーは、タケル父・アキヒロ父の助っ人で、初回を0点。下級生チームの先発はリサだが、攻撃力満点の母軍団は容赦なく5点を先制。しかし、下級生チームも負けじと5点を返し同点とすると、裏から登板したコダマがピシャリを抑える。続く3回表にも3点を追加し、久々の勝利かと思われましたが、3回裏、ミスからピンチを迎えると、最後もドタバタ劇で逆転サヨナラ負けとなりました!残念!



平成23年12月17日(土)   晴れ(寒い)
★公式戦(創価大学学長杯2回戦)  大谷グランド
チーム名
散田ドラゴンズ    
鑓水フェニックス ×     11
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 6年生諸君、ご苦労さまでした!
管理人は仕事のため不参加。サネチチさんからスコアをいただきました。今日も、霜によるグランド状態不良から大幅に開始時間が遅れたそうです。
 
初回表、カズキ6ゴロ、ヒロキ中前ヒットを放つも、けん制球に立ったまま帰塁しあっさりタッチアウト。これさえなければと悔やまれるプレーでした。ナオキ投フライで三者凡退。
初回裏、1番3フライで一死とするも、2・3番は連続四球。これがなければと悔やまれる投球でした。4番ナオキの足直撃の強襲安打で1点。5番中前ヒットで2点目。6番四球のあと、7番は凡フライだが太陽が目に入ったかテキサス安打となり3点目。8番中前ヒットで4点目。9番左前ヒットで5点目。二塁走者は本塁タッチアウトでようやく二死。三盗阻止でようやくチェンジ。
 
2回表、シュウヘイ・タケルは連続三振、サネ投ゴロで三者凡退。
2回裏、1番6ゴロで一死とするが、2番の2ゴロを勝手にファールと判断し生かす。3番5ゴロも一塁捕球エラー。4番4ゴロも痛恨のタイムリーエラーで2失点。これも痛かった。5番4ゴロで二死の間に3点目。6番左中間二塁打も、7番5ゴロでようやくチェンジ。
 
3回表、アキヒロ投ゴロで一死も、ヒビキは四球を選ぶ今日一番のファインプレー、タクミ三振で二死となるも、カズキ中前ヒット。ヒロキ中前ヒット・エラーで2点を返すも、中途半端な走塁で、一二塁間に挟まれアウト。
3回裏、8番からの攻撃を6ゴロ、6ゴロ、2フライとようやく三者凡退。
 
4回表、ナオキ四球、シュウヘイ5ゴロで二塁封殺。暴投で二進後、タケルの中前ヒットで1点。本塁送球エラーでタケルも三進するが、サネの6ゴロで本塁タッチアウト。アキヒロ4ゴロでチェンジ。
4回裏、2番投ゴロで一死とするも、3番5ゴロエラー、4番左越え二塁打で1失点。5番も連続左越え二塁打で2点目。6番左中間三塁打で3点目、7−5−2の中継プレーで本塁タッチアウトで二死。7番投フライで何とかチェンジ。
 
しかし、8点差を付けられ2点を入れなければコールドとなる5回表、先頭ヒビキは5ライナーで一死。タクミはフルカウントまで粘って四球を勝ち取る見えないファインプレー。こういうプレーが得点に結びつく!捕逸で二進後、カズキ4ゴロで二死の間にタクミ三進。ヒロキ5ゴロも一塁ヘッドスライディングで内野安打として、タクミが還って1点。このプレーを前2打席でしていれば…。続くナオキは投ライナーでスリーアウトでゲームセットとなりました。
 
今シーズン最後の公式戦が終了しました。勝っても負けても、悔いのない試合が出来ればと思っていましたが、どうだったかな。今日の気持ちを次に…。


平成23年12月10日(土) 13時23分〜15時00分  晴れ(寒い)
☆公式戦(創価大学学長杯1回戦)  大谷グランド
チーム名
散田ドラゴンズ   11
台町4丁目子供会  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 攻守に見せ場が多かったアキヒロカズキ、意地を見せた6年生たち
霜によるグランド状態不良から大幅に開始時間が遅れ、集中力が心配された散ドラ諸君でしたが、見事に勝利しました。。
 
初回表、先頭カズキが三遊間を抜くヒットで出塁、暴投・盗塁で三進、ヒロキの4ゴロ内野安打で早くも1点先制!ナオキ投ゴロも、二塁送球を捕れずに無死一二塁。シュウヘイは9フライだが、ライトがポロリとこぼし、無死満塁。タケル5ゴロの間に2点目。サネ三振で二死となるも、アキヒロ5ゴロ内野安打で3点目!捕逸でシュウヘイが還り4点目。なおもアキヒロ三塁から、暴投で本塁突入するも、惜しくもタッチアウトでチェンジ。
初回裏、先頭打者は打ち取った当たりだが、ナオキの後ろにポトリと落ちて内野安打。プレートを踏んだまま一塁へ偽投するボーク、暴投で三進、2番は四球・盗塁。3番5ゴロで一死とする間に、三塁走者が本塁突入。クロスプレーになったが、一塁ベンチ側にそらし、1失点。さらに2塁走者も一気にホームインして、2点を返される。4・5番は、4ゴロ、5ゴロでチェンジ。
 
2回表、ヒビキ、タクミ連続四球でチャンスとなるも、カズキのセンターフライに、タクミが飛出し、ダブルプレー。ヒロキ四球を選ぶも、ナオキ惜しい4ライナーで無得点。
2回裏、6番からの下位打線を、連続投ゴロ、三振で三者凡退。
 
3回表、シュウヘイ6フライで一死となるも、タケル4ゴロエラー・二三盗、サネのボテボテ5ゴロ内野安打で1点追加アキヒロの中前ヒットでサネが一気にホームインで2点目。二塁を狙ったアキヒロは、ショートに頭から激突し惜しくもアウト。しかし、ナイスガッツでした。ヒビキ三振でチェンジ。
3回裏、9番から4ゴロ、5ゴロ、4ゴロと簡単に三者凡退。
 
4回表、おつき合いしたのか、散ドラも守備から入っていたコダマ三振、カズキ6フライ、ヒロキ4ゴロで三者凡退。。
4回裏、先頭3番を三振にとるも、振り逃げで生かす。もったいない。4番5ゴロで一死とするが、5番深い6ゴロで内野安打。7番の当たりは打ち取った当たりだが、ショートとレフトの間に落ちて、1失点。後続は5ゴロ、三振に打ち取る。
 
5回表、先頭ナオキ四球・盗塁、シュウヘイ5ゴロの間に三進。タケルの叩きつけた5ゴロをサードが弾く間にナオキ還って1点。二三盗後、サネの6ゴロで本塁突入するが、惜しくもタッチアウトで二死。サネけん制で挟まれるが、悪送球で二進後、三盗。アキヒロ、ライト前にポトリと落ちる当たりで2点目!アキヒロ二三盗から暴投でホームインし、3点目!ヒビキの中前に抜けるかという当たりは惜しくも投手に捕られたが、貴重な中押しの3点となりました。
5回裏、先頭9番にまさかの左中間を破られ、三塁打となる。点差もあるし、1点は覚悟したが、投ゴロ、5フライ、三振で無失点に抑える。よく頑張ったナオキ。
 
6回表、先頭コダマは投ゴロに倒れるも、カズキ5ゴロの一塁送球をエラーし出塁・盗塁、ヒロキ四球・盗塁で二三塁。ナオキの5ゴロ内野安打でカズキが還って1点。一塁送球の間にヒロキも本塁突入かと思ったら、挟まれてしまってアウトで二死。ナオキはその間に二進、三盗後、シュウヘイの投手強襲(?)安打で2点目のダメ押し。タケルも左前安打で続くが、サネ投ゴロでチェンジ。
6回裏、先頭4番を四球、5番5ゴロで一死とするが、6番左越え二塁打で1点を許す。しかし、しっかり中継し、三進は許さず。三盗後、7番の三遊間の当たりで2点目アキヒロが一瞬ファンブルするが、一塁へダイレクト送球で間一髪アウトとし、二死。デレク・ジーターか、西岡かというプレーでした(?)。そして、最後は8番を5ゴロにとって、ゲームセットとなりました。
 
まだまだ、最後の試合としないために、ガンバレ、散田ドラゴンズ!


平成23年11月5日(土) 8時58分〜  晴れ
★公式戦(研修秋季トーナメント1回戦)  大谷グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  
川口ジュニアーズ ×  
(投)ナオキ (捕)タケル
【今日の敢闘選手】 
 初ヒットのコダマ、2安打のカズタケル
今日は管理人は、休みを取ったのですが所用があったため、散ドラは失礼しました。サネチチさんからスコアをいただきました。相手は、研修春季リーグ2位の川口ジュニアーズです。春には0対9で完封負けを喫しています。
 
初回表、カズ左前ヒット・二三盗のチャンスも、ヒロキ・ナオキ連続三振で二死。しかし、4番タケルが4テキサス安打で1点先制。サネ三振で1点止まり。
初回裏、先頭を四球・盗塁、二塁けん制エラーでホームインされ同点とされる。残念。2番も四球・二三盗、3番のレフトフライをタクミナイスキャッチで一死とするも、4番5ゴロの間に2点目が入り逆転される。5番3ゴロでチェンジ。
 
2回表、アキヒロ6ライナー、ヒビキ、タクミ連続三振で三者凡退。
2回裏、先頭6番右中間ヒット・盗塁、7番投ゴロで一死の間に走者三進。8番5ゴロの間に1失点。9番三振でチェンジ。
 
3回表、先頭9番コダマが四球で出塁すると、手堅くカズ、ヒロキが連続犠打でコダマを三塁に送る(コダマもよく三塁に行けたなぁ〜)。しかし、ナオキ三振で惜しくも得点ならず。
3回裏、ナオキも負けずに、先頭1番からの上位打線を5ゴロ、3ゴロ、投ゴロの三者凡退。
 
4回表、タケル6ゴロ、サネ5ゴロで二死となるも、アキヒロ中前ヒット・盗塁、ヒビキ左前ヒット・盗塁で二死二三塁のチャンス。しかし、タクミ三振で再びチャンスをつぶす。
4回裏、4番5ゴロ、5番3フライで二死とするも、6番死球、7番四球、暴投2つと突如乱れて1失点。もったいなかった。
 
5回表、先頭コダマが公式戦初安打となる左前安打で出塁!ズの左中間二塁打でコダマ生還で1点目。三塁を狙ったカズは惜しくもアウト。しかし、ヒロキ四球・盗塁、ナオキ投フライで二死となるも、タケル5ゴロ内野安打・一塁送球エラーでヒロキが還って2点目サネの中前ヒットで3点目!同点に追いつく。サネ盗塁でなおも二塁のチャンスだが、アキヒロ三振でチェンジ。
5回裏、先頭1番四球・盗塁、2番は川口jr得意のバントで一死三塁。3番8フライで二死とするが、4番に右中間ヒットを打たれ、すかさず逆転される。さすが試合巧者。なおも5番4テキサス安打で一二塁のピンチが続くが、6番のショートゴロをアキヒロファインプレーで1点差のまま最終回へ。
 
6回表、逆転を狙った最終回だが、先頭ヒビキ粘るも三振、タクミも三振、コダマも粘るが三振で、ゲームセット。三者三振だが振っての三振なので、明日につながるか。
 
負けはしましたが、研修春季リーグ準優勝チーム相手にいい勝負でした。こうした試合をいつもできるようになるために、何が必要なのか、一人ひとりが考えよう!


平成23年10月30日(日) 9時34分〜11時30分  晴れ時々曇り
★練習試合  散田小学校
チーム名
散田ドラゴンズ
八王子長房 × 19
(投)ナオキ-タケル-カズキ (捕)タケル-アキヒロ
【今日の敢闘選手】 
 該当者なし
練習試合なので、交代も自由に行い、コールドも関係なく、7回まで行いましたが、完敗でした。主審をしたので、詳細な試合結果はありませんが、ヒットは、サネの一本だけでした。
守っても、走られ、バントされ、そのままホームインされと、好き放題にされました。残り2大会に向けて、不安な結果となりました。


平成23年10月16日(日) 9時4分〜10時14分  晴れ(蒸し暑い)
★公式戦(連盟秋季大会2回戦) 滝が原グランド
チーム名
みなみ野ファイターズB W       11
散田ドラゴンズ      
(投)ナオキ (捕)タケル
【今日の敢闘選手】 
 初めての捕手で三塁盗塁阻止のタケル
約一か月ぶりの試合ですが、主将シュウヘイを故障で欠くという厳しい状況です。相手は、二部リーグのみなみ野ファイターズBW(ブルーウェーブではなく、Bチームウェストということのようです)ですが、ご覧の通り、完敗でした。しかし、その原因は、主将シュウヘイを欠いたことだけではないと思います。
シュウヘイの代わりに、捕手にはタケル。一塁にはヒロキ、センターにサネ、レフトにコダマが入る布陣で臨みました。
 
初回表、1番四球・二三盗、2番中前ヒットで1失点、3番の当たりは三遊間を抜け、レフトの当たりだが、左翼コダマ反応せず、二塁打となり、2点目。三盗後、4番6ゴロエラーで3点目。二三盗後、6ゴロ一死の間に4点目。6番6ゴロをトンネル、カバーのセンター前でイレギュラーし、打者走者二進。捕逸で三進後、5ゴロ一塁捕球エラーで5点目。三盗後、三振振り逃げで一塁送球で二死とする間に、三塁走者還って、6点目。9番四球・二盗のあと、三盗はタケルが刺して、ようやくチェンジ。
初回裏、相手左腕は大柄ではなく、球もびっくりするほど速くはないものの、きれいなフォームで若干ソフトバンク和田のようにピュッと投げてくるので、球速以上の速く感じます。先頭カズキ6ゴロ、ヒロキはうまく打つが惜しくもライトゴロ、ナオキ投フライで簡単に三者凡退。
 
2回裏、先頭1番8フライをサネが目測を誤ったものの何とか押さえて一死。2番5ゴロで二死。初回に球数を投げて調子が上がってきたかに見えたが、ここから4連続四球とサード後ろのテキサス安打で4点を失う。もったいないイニング。
2回裏、タケル三振、サネ会心の当たりの左前安打も、相手左投手のけん制に二度引っ掛かり、一度は相手ミスでセーフとなるものの、二度目はアウトに。大げさに顔を左右に振るモーションに惑わされたが、しっかり足を見て判断しよう。続くアキヒロもいい当たりだが、またしてもライトゴロで無得点。
 
3回表、9番・1番を連続三振、2番5ゴロでようやく三者凡退。
3回裏、ヒビキ、タクミ投ゴロ、コダマ5ゴロでこちらも簡単に三者凡退。
 
4回表、3番8フライ、4番も簡単に5ゴロに打って取るが、一塁悪送球で二進。再三注意されていたけん制の際のボークをとられ三進。5番6ゴロエラーで1失点。6番5ゴロでチェンジとなるが、もったいない失点。
このままではコールドとなる4回裏、先頭カズキ四球・暴投・盗塁で三進するが、ヒロキの投ゴロで本塁突入し、惜しくもタッチアウト。後続もナオキ3フライ、タケル2ゴロでゲームセットとなりました。
 
エラー5個、バッテリーエラー2個、外野の怪しいプレー2個、与四球6個、相手の盗塁18個。対する散ドラは、ヒット1本、四球1個で、勝てるわけもありません。完敗でした。


平成23年9月24日(土) 10時52分〜  晴れ
★公式戦(研修リーグ14回戦) 椚田グランド
チーム名
散田ドラゴンズ    
城山キッズ ×    
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 ヒットのシュウヘイナオキ、ナイス走塁のサネヒビキ、ライトフライキャッチの
 タクミ
今日も土曜日の試合で管理人は仕事のため、タクミ父さんがスコアをつけてくれました。
 
初回表、カズ6ライナー、ヒロキ三振、ナオキ5ゴロで三者凡退。
初回裏、先頭四球、2番5ゴロで二進。3番三振、4番9フライで無失点。
 
2回表シュウヘイ左越え二塁打、タケルの3ゴロで三進、サネの3ゴロでバックホームするが、セーフとなり1点先制!サネ二盗後、アキヒロの4ゴロアウトの間に一気にホームインで2点目!ヒビキ四球・盗塁・暴投で三進し、捕手の悪送球で還り、3点目!タクミ四球・盗塁でチャンスが続くが、カズ三振でチェンジ。
2回裏、再び先頭を四球・盗塁、6番4ゴロアウトの間にこちらも一気にホームインで1失点。後続を4ゴロ、5ゴロ、三振で断つ。
 
3回表、先頭ヒロキ四球・盗塁、ナオキ右中間二塁打で1点追加。シュウヘイ5ゴロ一塁捕球エラーでナオキが本塁突入するも、タッチアウトで一死。シュウヘイも盗塁・捕逸で三進後、捕逸で本塁突入するが、タッチアウトで二死(見てはいませんが、もっと速くなろう!)。タケル三振でチェンジ。
3回裏、先頭9番6内野安打・盗塁、1番7テキサス安打で三塁送球もセーフ、打者走者も二進。2番5ゴロアウトの間に1失点。捕逸で2点目。3番三振で二死も、4番右中間三塁打のあと、5番5ゴロを痛恨のトンネルで3点目。同点とされる。6番投フライでチェンジ。
 
4回表、サネ5ゴロ、アキヒロクリーンヒットの当たりも惜しくもライトゴロ。ヒビキ死球も、タクミ三振で無得点。
4回裏、先頭7番はまたまた四球、8番5ゴロアウトで二進、9番3ライナーで二死。1番7テキサス安打で1失点、打者走者は二進。捕逸のボールをシュウヘイ見失い、二塁走者が一気にホームインで2点目。2番左前ヒットとされるも、3番7フライでチェンジ。
 
5回表、先頭カズはいい当たりの7フライ、ヒロキ三振で二死も、ナオキ・シュウヘイ連続四球でチャンスを作るが、タケル3ゴロで残念ながらゲームセット。

今日は負けましたが良いゲームでした。タクミも相手4番のライトフライを捕球!ナオキも久しぶりのタイムリー!
敗因は、必ず先頭バッターを塁に出してしまったことと、ヒットが打てない、この2点ですね。走塁はかなり小ずるくなって良かったです。と、これはサネチチさんからのコメントでした。


平成23年9月18日(日) 11時12分〜12時9分  晴れ(暑い)
☆練習試合  散田小学校
チーム名
散田ドラゴンズ(5年以下) 11           11
恩方スターズ          
(投)ナオキ⇒アキヒロ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 9ゴロ(?)補殺のレン、内野安打ナオユキ、打点をあげたリサ
 得点のケンタロウシュンスケ、本盗のサネ、三塁打のアキヒロ、2得点コダマ
投手カズ、捕手アキヒロ、一塁コダマ、二塁タクミ、三塁サネ、遊撃ヒビキ、左翼ケンタロウ、中堅シュウヘイ、右翼レンという布陣。


初回表、先頭アキヒロいい当たりもショートライナーで一死。ヒビキ四球・盗塁、カズ3フライ、サネ四球・盗塁で二死二三塁も、タクミ5ゴロで無得点。
初回裏、先頭8フライだが、さすがにシュンスケはまだ捕れない(笑)。2番は左前ヒット・盗塁で二三塁。3番投フライで一死。4番6ゴロで、ヒビキ二塁走者にタッチにいくがセーフの判定で、その間に1失点。5番四球、6番投ゴロも処理を焦ってファンブルで2点目。7番の時飛び出した三塁走者をタッチアウトで二死。7番は1年生か2年生くらいの小さな子。四球を選ぶも、カズの剛速球(?)に恐れをなして、泣き出してしまう(笑)。やむなく代走が出て、二死満塁のピンチ。8番の当たりは平凡な4ゴロ。そこへ右翼レンが猛然とダッシュして捕球、捕ったはいいが、どこへ投げる???(笑)、周りから一斉に「一塁!!!」の声。きわどいながら、間に合ってアウト。チェンジになりました。セカンドの当たりでしたが、前に出て捕れといっていますから、叱れませんね(笑)。
 
2回表、先頭コダマ四球・二三盗、ケンタロウ四球・盗塁、捕逸で1点。シュンスケ四球。ここで投手交代するも、レンも四球で満塁。アキヒロ四球で2点目。ヒビキ四球で3点目。捕手から投手への返球悪送球の間にレンが還って4点目。カズ6ゴロ一塁悪送球で5点目。二三塁から、二塁走者カズが飛び出しはさまれる間にヒビキが還って6点目。サネ四球・盗塁、けん制悪送球の間に7点目。サネ三盗後、タクミ四球・盗塁。サネ本盗で8点目。コダマ四球・盗塁。ここで一番上手なショートの子に投手交代。ストライクが入る!!、ケンタロウ三振でようやく一死。代打リサは初球を打って6ゴロで惜しくもアウトとなるも、タクミが還って9点目。代打ナオユキは5ゴロ内野安打の間にコダマが還って10点目。アキヒロ中越え三塁打で11点目。ヒビキ5ゴロでようやくチェンジ。
2回裏、9番6フライテキサス安打・四球、1番4ゴロで一死。2番中前ヒット・エラーで1失点。盗塁のあと、2番投ゴロで二死の間に三進。捕逸で2点目。4番ファースト横を抜く二塁打・捕逸・暴投で3点目。5番四球とするも、6番4ゴロでゲームセット。
 
楽しいプレー満載でしたが、4年生もよくがんばりました。


平成23年9月18日(日) 9時40分〜10時58分  晴れ(暑い)
☆練習試合  散田小学校
チーム名
散田ドラゴンズ 12         22
恩方スターズ        
(投)ナオキ⇒アキヒロ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 本塁打のシュウヘイ、クリーンヒットのカズタケルナオキ
 ヒットのタクミヒロキヒビキ
レギュラーチームの第一試合。

初回表、カズキ四球・盗塁・捕逸・捕逸で1点。ヒロキ三塁線にいい当たりも惜しくもファウル。打ち直しはセカンドフライをショートが捕りにいってテキサス安打。盗塁後、ナオキの投ゴロで三進。シュウヘイ会心の当たりで左越え本塁打で3点目。タケル投ゴロも一塁捕球エラーで二進・捕逸で三進から、サネ中前テキサス安打で4点目。二三盗後、アキヒロ四球・盗塁で二塁送球の間にサネが還って5点目。アキヒロ三盗、ヒビキ四球・盗塁から、タクミの6ゴロ内野安打で6点目。カズの中前クリーンヒットで7・8点目。ヒロキ四球、ナオキ3フライで二死。シュウヘイ四球の二死満塁から、タケルが中前クリーンヒットで9点目。センターエラーで10・11点目。三塁に向かったタケルを刺そうとキャッチャーから三塁へ悪送球で打者走者のタケルも還って12点目。アキヒロ6ゴロでようやくチェンジ。
初回裏、先頭ショートとセンター間のテキサス安打・盗塁、2番高いバウンドの4ゴロ内野安打となる間に三塁に走った二塁ランナーを三塁で刺して一死。3番投フライ、4番投ゴロで無失点。
 
2回表、先頭ヒビキがショート強襲安打・けん制悪送球・盗塁で三進後、代打コダマの6ゴロの間に1点。カズ四球・二三盗からヒロキ左前安打で2点目。ボーク・盗塁で三進後、ナオキの左前テキサス安打で3点目。シュウヘイ再びレフトへ強烈なライナーを放つが、惜しくもレフトがキャッチ。捕逸でナオキが還って4点目。タケル四球、サネ投ゴロでチェンジ。
2回裏、5番四球・盗塁、6番投ゴロで一死の間に三進。7番四球。8番3フライで二死。9番の時、二盗阻止の送球の間に三塁走者が還って、1失点。9番三振でチェンジ。
 
3回表、アキヒロ投ゴロで一死。ヒビキ四球・二三盗後、捕手からの返球悪送球の間に1点。コダマ四球・盗塁。カズ四球。ダブルスチールのサインが出ていたのか、投手が投げる前に一塁カズがスタートを切り、投手からショートへ送球、カズをはさむ間に何とかコダマが三塁へ到達し、結果オーライの二三塁。ヒロキ四球で満塁から、ナオキ左前クリーンヒットで2・3点目。シュウヘイ6ゴロ内野安打かという当たりもアウトで二死。遅すぎるぞ!タケルは右中間を抜く(抜けた?)二塁打で4・5点目。三盗に対して三塁悪送球で6点目。サネ5ゴロでチェンジ。
3回裏、この回から投手アキヒロ、一塁コダマ、二塁リサ、遊撃ナオユキ、右翼ケンタロウが入る。1番四球・捕逸、2番投ゴロで一死の間に三進。3番四球・盗塁、4番三振で二死。5番6ゴロをナオユキしっかりキャッチして一塁送球するも、惜しくもセーフ。なおかつバウンドして一塁コダマの頭の上を越える間に2点を失う。しかし、6番を三振でゲームセット。


平成23年9月10日(土) 11時13分〜  晴れ
★公式戦(研修リーグ13回戦) 椚田グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  
横川スーパースターズ ×  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 三塁打のシュウヘイ
今日も土曜日の試合で管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。カズがケガでスタメンをはずれ、ヒロキが早退したとはいえ、横川さんはバッテリーはいいものの、その他の選手は2年生もいたらしいということで、勝負にならない相手ではなかったそうです。それでも完敗したのは、守備交代でも走らずダラダラとした感じだったそうで、そんなこともあったんじゃないでしょうか
カズの代わりにサードにはサネ、レフトにはコダマ、ヒロキ早退後のセンターにはリサが入ったそうです。
 
初回表、先頭ヒロキ四球・捕逸で二進、アキヒロの投ゴロの間に三進し、再び捕逸で本塁突入を試みるも、惜しくもタッチアウト。ナオキ三振で無得点。
初回裏、こちらも先頭四球。2番バントでランナー二進。しかし、3番7ライナー、4番3ゴロで無失点。
 
2回表、シュウヘイ三振、タケル投ゴロ、サネ4ゴロエラー・けん制エラーで二進するも、ヒビキ三振で無得点。
2回裏、5番5ゴロ、6番三振で二死とするも、7番右前テキサス安打・盗塁・捕逸、8番四球、9番右前テキサス安打で1失点、捕逸で2点目、1番5ゴロ一塁捕球エラーで3点目。2番投ゴロでチェンジも、二死からの3失点はもったいない
 
3回表、8番からの攻撃はコダマ、タクミ、ヒロキが三者連続三振
3回裏、3番左前安打・盗塁、4番右越え二塁打で1失点、5番6ライナーで一死とするも、6番スクイズで2点目。7番中前テキサス安打・盗塁でピンチが続くが、8番三振でチェンジ。
 
4回表、先頭アキヒロはライトゴロで一死、続くナオキ四球で出塁し、4番シュウヘイが左越え三塁打でようやく1点を返す。しかし、タケル三振、サネ4ゴロで1点止まり。
4回裏、この回からライトにカズキが入る。9番からの攻撃を9フライ、3フライ、三振とこの試合初めての三者凡退に抑える
 
5回表、ヒビキ三振、コダマ四球、カズキ8フライ、ヒロキ三振で無得点。
5回裏、この回からセンターにリサが入る。先頭3番左越え二塁打・盗塁、4番は投ゴロで一死とするも、5番3ゴロの間に1失点。四球、6ゴロで後続は抑える。
 
6回表、先頭アキヒロが中前ヒットで出塁するも、ナオキの投ゴロで、何と1−6−3のダブルプレー。シュウヘイ三振でスリーアウト、ゲームセットとなりました。
 
研修春季リーグも残り1試合、納得できる試合にしよう! そのためには、しっかりした練習! 練習でできないことが試合でできるはずがありません。


平成23年7月24日(日) 9時00分〜10時20分  晴れ
★公式戦(連盟新人戦1回戦) 滝が原グランド
チーム名
散田ドラゴンズ      
城山キッズ ×       13
(投)カズキ (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】 
 長い守りをがんばり、虎の子の1得点をあげたカズキアキヒロのバッテリー。
新人戦初戦は同じ研修リーグの城山キッズでした。一部リーグの方では散ドラと同じような成績なので、新人戦でも互角ではないかと思っていましたが、完全に見込み違いでした…。相手投手は、結構速い球を投げる本格派で、一部リーグでも通用しそうでした。
 
初回表、先頭アキヒロ四球で出塁し、初球に二盗を決め、いきなりチャンスを作るが、ヒビキは三球三振、おまけに三塁を狙ったアキヒロは楽々アウトで一気に二死。相手バッテリーは全然新人戦レベルではありません。しかし、カズキが四球・盗塁で再度チャンスを作り、サネが投ゴロ内野安打・盗塁で、二三塁とチャンスを広げます。しかし、コダマは三球三振で無得点に終わりました。
初回裏、先頭打者に幸先よくストライクから入ったものの、主審よりカズキの投球フォームに対して注意があり、リズムが乱れ四球連続でボールとなる。盗塁の後、2番は4ゴロ。けん制で二塁寄りに守っていたセカンド・タクミがよく追い付いてキャッチするまでは良かったが、一塁悪送球で1点を許す。打者走者も二進。3番はストレートの四球、捕逸で二三塁として、4番は6ゴロに打ち取るが、これまた一塁悪送球で2・3点目5番の6ゴロを弾いて4点目。盗塁で二進後、6番三振でようやく一死。捕逸で三進後、7番四球・盗塁で二三塁から、暴投で5点目。8番三振で二死までこぎつけるが、9番四球・盗塁で二三塁から1番の一塁線の打球に反応できず、ボールはライト線に転々とする本塁打となり、6・7・8点目。2番のライトフライをナオユキが一度はうまくキャッチしたものの、グラブからこぼれ出てしまう(まだグラブが固いか?)。3番四球・盗塁でなおも二三塁のピンチで4番を迎えるが、何とか5ゴロでようやくチェンジ。エラーと四球で点を与える悪いパターンでした。
 
2回表、タクミ三振、リサはバットに当てるも3ゴロ、ケンタロウ三振で三者凡退
2回裏、先頭5番は追い込んでから四球・盗塁。6番投ゴロで一死。捕逸で三進後、7番死球。暴投で1失点。さらに暴投で三進後、8番は四球。9番5ゴロ強襲安打で2点目。1番投ゴロで二塁送球。ベースをうまく踏めず、一塁転送はならなかったが、二塁封殺で二死。2番4フライをタクミがしっかりキャッチし、チェンジ。2点は取られたが、いいリズムになってきた
 
3回表、ナオユキ三振で一死。試合経験が少ない4年生にこの投手は厳しい。1番アキヒロは右前ヒットで出塁、盗塁でチャンスを広げるが、ヒビキはファウルで粘った末、最後は高めのクソボールを空振り三振。しかし、カズキが5ゴロ内野安打とし、気迫あふれるヘッドスライディングで相手の悪送球を誘い、アキヒロが還って1点を返す!4番サネに期待がかかるが、打ち気にはやったサネは2球続けて地面につくような低目を空振りの末、投ゴロでチェンジ。
3回裏、3番・4番を追い込んでから連続死球。もったいなかった。5番四球で満塁から暴投で1失点。6番三遊間の当たりにショート追い付くが弾いて2点目。三盗阻止で一死し、7番6ゴロで二死とするが、捕逸でこの回3点目。8番三振でチェンジ。
 
3点取らないとコールド負けとなる4回表、一打席目は見逃しだったコダマが2球振るも空振り三振、タクミも空振り・ファウル・空振りの三振。リサに代わって代打レンはストライク・空振り・ボールから最後は手が出ず三振となり、三者連続三振ときれいまとめられゲームセットとなりました
 
守りの方でミスがなかったとしても、相手投手が良い投手で、12アウトのうち9個が三振と大量点は難しく、はっきり言って完敗でした。普段から試合に出ていてある程度自信があっただろう5年生は珍しく悔しそうでしたね。試合経験の少ない4年生は、バットに当たったとか、フライを捕れそうだったとかというレベルですが、それでもいい経験をしたと思います。こうした経験や悔しさをバネに、試合でしっかり捕ったり、打ったりするための練習だということをみんなが改めて感じてくれるといいですね。これからもがんばれ!新人!
 



平成23年7月23日(土) 8時59分〜10時14分  晴れ(さわやか)
★公式戦(研修リーグ12回戦) 大谷グランド
チーム名
松が谷ジャガーズA       12
散田ドラゴンズ      
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 よく守り、判断よい走塁をしたヒロキ
今日も気温が低く、爽やかな気候でしたが、試合の方は完敗でした。昨年の研修二部リーグ、新人戦準々決勝に続き、同じような展開での敗北でした。
 
初回表、先頭打者はライト前安打が弾んで頭を越され三塁打とされる。2番四球・盗塁。3番6ゴロでバックホームするも、モーションが大きく、間に合わず1失点。4番5ゴロ一塁送球の間に2点目、さらに二塁走者も還り、3失点。後続は6ゴロ、8フライに抑える。
初回裏、相手投手は背の高い女の子。カズキ四球で出塁後、二盗は決めるがノーサインでいった三盗はリード・スタートとも悪く、タッチアウト。ヒロキ四球・盗塁、二塁送球をエラーし、三進。ナオキ四球で出塁から、二盗を狙うと、キャチャーが二塁送球、ずかさず三塁走者ヒロキがホームイン。本塁悪送球でナオキも三進でチャンスは続く。しかし、高めのクソボールをシュウヘイが三振し、ついでに三塁送球でナオキが刺され、一気にチャンスをつぶしました。もったいなかった。
 
2回表、先頭7番を4ゴロにとるも、8番は中前ヒット、9番5ゴロを一塁悪送球で一三塁。盗塁で二三塁から、1番の中前ヒットで二者が還り2失点。2番はヒビキが追い付かず中前に落ちるテキサス安打。3番の投ゴロ一塁送球で二死とする間に3点目。相手は内野ゴロでも一塁送球の間にどんどん本塁に突入するのは、前といっしょです。4番は小さいもの鋭い5ライナー。カズキが押さえてチェンジ。
2回裏、先頭タケルも高めのボールに手を出して、空振り三振。サネは打ち損ねだがよく走って3ゴロ内野安打・盗塁。アキヒロ・ヒビキは連続四球で一死満塁のチャンスだが、タクミ三振、カズキ3ゴロで無得点
 
3回表、5番5ゴロ、6番8フライ、7番8ライナーでようやく三者凡退
3回裏、相手は4番三塁の子に投手交代。たぶん、この子ガエース。ヒロキ3ファウルフライ、ナオキ・シュウヘイ投ゴロで三者凡退
 
4回表、先頭8番を4ゴロに打ち取るが一塁エラーで生かす。セカンドも待って捕ったため、ちょっと二塁・一塁とも慌てた感がありました。9番四球、1番6ゴロでゲッツーコースだが、一塁送球で一死とする間に走者二三塁。2番右中間二塁打で2点。3番7フライをサネバックして追うが惜しくも届かず左越え二塁打とする間に3点目。三盗後、4番右前ヒットの間に4点目。5番右越え三塁打で5点目暴投で6点目。なおも6番中前ヒット・盗塁でピンチが続くが、7番8フライをキャッチし、ヒロキが二塁送球でダブルプレーで何とか相手の攻撃を断ち切る。
しかし、11点差を付けられ2点入れないと、コールドになる4回裏、粘ったもののタケル・サネ連続三振、アキヒロ5ゴロで三者凡退でゲームセットとなりました。
 
去年からの負けパターンの通りですね。相手は体格などではそれほど圧倒的な違いは感じさせませんが、走塁ではとにかくなめ切られ、見切られています。とにかくどんどん走って、三塁に行ったら、内野ゴロでもホームインです。そこにエラーまで絡んだら、抑えることはできません。そして、攻撃では先発投手は結構球が荒れていてチャンスがあったのに、高めのクソボールに手を出して、内野安打1本に終わり、12アウトで三振が5個もありました。
 
残る試合はもう一度立て直して、相手に合わせた野球をするのではなく、松が谷さんくらいソツのない野球を目指そう!がんばれ!散田ドラゴンズ!!
 


平成23年7月16日(土) 10時38分〜  晴れ(やや風あり)
▲公式戦(研修リーグ11回戦) 椚田グランド
チーム名  
ビートルズSC   11
散田ドラゴンズ  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 3安打のカズ、初回同点打のナオキ、ダブルプレーのヒロキアキヒロ
今日も猛暑となりましたが、管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアを付けてくれました。サネチチさんのコメントを交え、実況します。
 
初回表、先日は好守を見せたライト・コダマがいきなりエラー。2番レフト線二塁打で1失点。3番は痛恨の投フライエラー、二塁走者はすきを突いて三進。4番の4ゴロで2点目。5番2フライ、6番4ゴロで後続を断つ。
初回裏、相手投手は下級生と思わる小さい選手。カズキ四球・盗塁、ヒロキ6ゴロエラー・盗塁で二三塁のチャンスに、ナオキ中越え二塁打で2点を入れ、同点とするも、ナオキ三塁を狙い、タッチアウト。シュウヘイ3ゴロエラー、タケル4ゴロエラーで一二塁から、サネの5ゴロで三塁封殺で二死。タケル三盗から暴投で3点目を入れ、逆転。アキヒロ5ゴロでチェンジ。
 
2回表、中前ヒット・盗塁、8番四球、9番左前ヒットで満塁のピンチ。1番8フライをヒロキが迷わずバックホームで本塁タッチアウトでダブルプレー!!2番5ゴロで三塁封殺で無失点に抑える。
2回裏、ヒビキ6ゴロエラー・盗塁、コダマ三振、カズ左前ヒット・盗塁、ヒロキ5ゴロで本塁タッチアウトで一死。ナオキ四球で満塁。ここで投手交代。エース登場。シュウヘイ投ゴロエラーで1点。暴投で2点目。タケル四球で再度満塁も、サネ三振でチェンジ。
 
3回表、3番4ゴロ、4番5ライナー強襲安打、5番左越え三塁打で1失点。暴投で三塁走者突入するも、ナオキすかさずカバーに入り、タッチアウトで二死。しかし、6番中前ヒット・盗塁、7番5ゴロ内野安打・盗塁、8番左前ヒットと下位打線に三連打で2点目。9番投ゴロでチェンジ。
3回裏、アキヒロ投ゴロ、ヒビキ・コダマ連続三振で三者凡退。
 
4回表、1番四球・けん制エラーで一気に三進。2番左前ヒットで1失点。3番左越え三塁打で2点目。暴投で3点目。4番8フライ。5番・6番連続左前ヒット・盗塁で二三塁から7番の6ライナーをアキヒロキャッチし、三塁転送でダブルプレー!!しかし、5対7と逆転される。
4回裏、先頭カズが目が覚める左線三塁打・暴投で1点目。ヒロキ四球・二三盗、ナオキ9ゴロの間に2点目を入れ、同点!シュウヘイ投ゴロ、タケル6ゴロでチェンジ。
 
5回表、8番5ゴロ、9番6ゴロ、1番5ゴロの圧巻の三者凡退。残り時間13分。
5回裏、サネ初球からブンブン丸で、5球目をセンター前へクリーンヒット。盗塁とアキヒロ振り逃げアウトの間に三進。時間は既に1時間30分を越え、サヨナラのチャンス。しかし、ヒビキ・コダマ連続三振で無得点。特別延長に突入!
 
無死満塁から始まる特別延長表、2番左前ヒットで1点。3番も左前ヒットで2点目。一塁走者オーバーランを刺して一死。4番投ゴロで二死の間に3点目。5番左越え三塁打で4点目。6番投ゴロでようやくチェンジ。
特別延長裏、先頭カズキの5ゴロ内野安打で1点。ヒロキ投ゴロで本塁封殺で一死。ナオキ4ゴロで二死の間にこの回から入ったタクミが還って2点目。二死二三塁で4番シュウヘイで同点としたいところだったが、初球を打ちにいくが、3ファウルフライとなり、ゲームセットとなりました。
 
中郷さんの主審からも良い試合と言ってもらったそうです。予想通り、競った試合となりましたが、残念ながらものにすることはできませんでした。しかし、今シーズンは、1点差の勝負をものにしたり、こうした競った試合を出来るようになっています。着実に成長している証ですね。次の試合はがんばれ!ドラゴンズ!
 


平成23年7月10日(日) 10時半頃〜12時頃  晴れ(暑っーい・やや風あり)
☆公式戦(研修リーグ10回戦) 弐分方小学校
チーム名
散田ドラゴンズ  
将軍  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 好守備のコダマ、昨日の借りを返したヒロキ、暑さの中踏ん張り、最後にヒロキ
 とともにゲッツーを決めたナオキ・シュウヘイのバッテリー。
昨日は関東地方も梅雨明けし、今日はいきなり夏全開でした。今日の八王子の最高気温は35.1℃で、散ドラ諸君が戦っている時も、33〜34℃くらいありました。管理人は仕事のため、今日はサネチチさんのスコアをもとにした報告です。

初回表、先頭カズキのセーフティバントを投手が悪送球で二進、盗塁で三進。ヒロキ三振で一死後、ナオキ投ゴロエラー、シュウヘイ四球で満塁から、タケル四球で押し出しで1点先制。しかし、サネ8フライ、アキヒロ三振で1点どまり。
初回裏、1番7フライで一死、2番の9フライをコダマがナイスキャッチし父母が大喜びだったとか。3番も三振にとる三者凡退の絶好の立ち上がり。
 
2回表、ヒビキ三振、コダマ投フライ、カズキ5ゴロでこちらも三者凡退。
2回裏、4番は右越え二塁打・盗塁で三進後、5番中前安打で同点とされ、盗塁で二進後、6番4フライで一死とするも、7番4ゴロの間に2点目を入れられ、逆転される。8番の9フライを再びコダマがナイスキャッチし、父母大喜びでチェンジ。
 
3回表、ヒロキ3ゴロ、ナオキ4ゴロで二死となるも、シュウヘイ・タケルの連続中越えエンタイトル二塁打で1点を返し同点!サネ9フライでチェンジ。
3回裏、1番4フライ、2番三振、3番8ライナーで三者凡退。
 
4回表、アキヒロ7ライナー、ヒビキ三振、コダマ三振でこちらも付き合って三者凡退。
4回裏、4番三振、5番中越え二塁打、6番ライトへの当たりをコダマがライトゴロとして二死。三つ目のアウトをとり、父母は大盛り上がり。7番死球とするも、8番4ゴロでこの回無失点。
 
5回表、カズキ四球・けん制エラー・盗塁で三進し、ヒロキの右越え二塁打で1点入れ逆転!盗塁で三進後、暴投で2点目。ナオキ四球・盗塁・暴投で三進、シュウヘイ4フライで一死となるも、タケルの6ゴロ内野安打で3点目。サネ6ゴロで二死となる間に二進。アキヒロの5ゴロエラー、一塁送球エラーの間にタケルが還って4点目!ヒビキ痛恨の3連続見逃し三振でチェンジ。
5回裏、9番3ゴロで一死とするも、1番死球、2番5前バント内野安打、3番四球で満塁から、4番の3ゴロの間に1点。5番は5フライで後続を断つ。
 
6回表、守備から入っていた9番タクミ三振、カズキ4ゴロで簡単に二死となるも、ヒロキが6ゴロエラーで出塁し、すかさず盗塁、ナオキの6ゴロエラーの間に一気にホームイン。二死からの1点がこの試合のポイントになりました。シュウヘイは4ゴロでチェンジ。
6回裏この回はサネチチの絶叫コメント入りでお楽しみください!先頭6番は左越えエンタイトル二塁打、四球、左前安打で満塁(サネチチ曰く、サネが迷わず三塁送球していれば封殺とのことでしたが、普段やっていないことはすぐには難しいですね。周りもすぐに声が出せるようになって本物では)。9番四球で押し出しで1失点。1番5ゴロエラーで2点目。カズですら硬くなるガチンコ勝負の無死満塁です。2番も四球で押し出し、3点目、1点差に詰め寄られる。時間は1時間30分を越え、次の回はありません。なおも無死満塁。ナオキは暑さでストライクが入らず、Y監督代行たまらずにタイムをかける。ナオキに声をかけるも、目もうつろな状態で、主審に水分捕球を要請し、主審は将軍監督に打診し、将軍監督の快諾で水分補給(まさに将軍、敵に水を送るですね。あっぱれ)!このタイムがナオキを復活させる。初球ストライクのあと、2球目はセンター一直線の打球。ヒロキ定位置から斜めに構えて、ちょいバック、各ランナーはタチアップに備え帰塁。ヒロキセンター深い位置で捕球し、迷わずバックホーム。中継ナオキなら本塁へのレーザービーム(?)は、シュウヘイのミットへストライク、三塁走者は本塁憤死!!!6年生トリオの見事なゲッツーでした!4番四球でなおも二死満塁のピンチは続くが、ナオキはバックを信じ、インコースを狙い1−1からの3球目もインコースへ。5番の放った当たりは、センター定位置へ飛び、ヒロキががっちり捕球し、ゲームセット!!!
父母、Yコーチ、一徹コーチもガッツポーズでした!
 
こんな劇的勝利の時に、仕事している場合じゃありませんね!いやー、管理人も観たかったです。おめでとう!散田ドラゴンズ!
 


平成23年7月9日(土) 9時00分〜10時25分  曇り(蒸し暑い)
★公式戦(研修リーグ9回戦) 川町グランド
チーム名
散田ドラゴンズ    
みなみ野ファイターズS ×    
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 右越え二塁打のヒロキ内野守備陣
昨日は東海地方まで梅雨明けし、今日は関東甲信越も梅雨明けしたとみられると発表がありました。午前中は曇っていたものの、蒸し暑かったです。試合開始の9時には29.5℃ですぐに真夏日となりました。

初回表、相手左投手は球速もなくエースではないと思われます。先頭カズキはセンター正面で一死。ヒロキ四球、ナオキ3ゴロで二塁送球をショートがエラーし、一二塁のチャンス。市長杯を制したチームとは思えない。シュウヘイ6フライで二死となるが、ヒロキ三盗で一三塁のチャンス。ここで二塁を狙ったナオキがけん制に釣り出されるが、迷わず二塁に走りセーフ。三塁ヒロキも迷いなく突入すれば、セーフのタイミングだが、スタートが遅れ、本塁タッチアウト。先制のチャンスだっただけにもったいなかった。
初回裏、1番はライト線に運ばれ二塁打。2番3ゴロの間に三進。3番はいい当たりの中前ヒットで1失点。二盗後、4番は右前の凡フライ。遠慮したタクミの前に落ちるテキサス安打となり、一三塁。盗塁で二三塁から、ボークをとられ2点目。しかし、後続を5ゴロ、投ゴロで抑える。
 
2回表、先頭タケルは2フライで一死も、サネが左前クリーンヒット・盗塁、アキヒロの4ゴロで三進。しかし、ヒビキ三振であと一本が出ない
2回裏、先頭7番は捕れる当たりだったがヒロキが頭を越され安打とし、8番は四球、9番4ゴロはけん制からの戻りが遅くエラーで満塁。1番はかがんで自分から当たりにいったような不運な死球で、1失点。2番5ゴロはフォースプレイなので、本塁も間に合ったが、安全に一塁送球で一死、2点目。3番右中間三塁打で3・4点目。4番の左前安打で5点目。盗塁から5番は5ライナーで走者が飛び出していた二塁へ転送し、ダブルプレーでチェンジと思われたがベースを踏んでいないとの判定で二死。6番中越え二塁打で6点目。7番投ゴロでようやくチェンジ。
 
3回表、このままズルズル行きたくないドラゴンズは、先頭タクミが四球。カズキのセーフティバントは惜しくもアウトとなるが、タクミを二塁に進める。さらにボークで三進後、ヒロキの右越え二塁打で1点返す!ナオキ四球、ダブルスチールで二三塁から、シュウヘイは叩きつけるバッティングで中前に転がし、2点目!!タケルの4ゴロの間に3点目!!!なおも三塁のチャンスで、サネは11球粘ったあと、8フライで惜しくもチェンジ。
3回裏、8番・9番を8フライ、6ゴロに抑え、簡単に二死。1番には左中間安打を打たれるが2番は5ゴロで、この試合初めて無失点。
 
4回表、先頭アキヒロは弾むゴロで左前ヒット。ヒビキも三遊間を抜ける左前ヒットで一二塁のチャンス。守備から入っていたコダマは、一球も振らずに三球三振(振らないと当たらないぞぉ〜)。アキヒロがけん制にひっかかり二死。カズキ3ファウルフライで無得点。もったいなかった。
4回裏、3番からの中軸打線を、6ゴロを前でさばいて一死、後ろにあがった4フライをまわり込んで捕球し二死、5ゴロで三者凡退とする。いい流れだ!
 
5回表、ここで相手はショートを守っていた背番号1が登板。球が速く、こちらがエースと思われる。2番からの上位打線で期待がかかるが、ヒロキ・ナオキは投ゴロ、シュウヘイは見逃し三振で三者凡退でした。
残り5分を切り、リードしてる相手チームの裏の攻撃ということで、ここでゲームセットとなりました。
 
エースではなかったとはいえ、それなりにチャンスを作り、守っても、ミスもあったものの、3回・4回と無失点に抑えるなど、いい点もありました。
 
これを自信に明日もがんばろう!
 


平成23年7月2日(土) 10時42分〜11時56分  小雨後曇り後晴れ(蒸し暑い)
☆公式戦(研修リーグ8回戦) 川町グランド
チーム名
恩方スターズ        
散田ドラゴンズ 12 3×         18
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 左越え二塁打のヒロキ、絶妙バントのアキヒロヒビキ、無四球のナオキ
今日は朝のうち雨が残りましたが、途中からは晴れてきました。コールド勝ちしたものの、課題も残る勝利でした。

初回表、三振、3ライナーと絶好の立ち上がりでしたが、ボテボテ2ゴロを一塁悪送球で生かすと、盗塁・暴投で三進後、4番の投ゴロ内野安打でやらなくてもいい点を与える。後続は4ゴロで断つ。
初回裏、カズキが6ゴロエラーで出塁、二盗・三盗を続けて決め、投手が三塁に悪送球し、労せず1点。続くヒロキはレフトオーバーかという当たりだが、何とレフトの守備位置が異常に深く7フライで一死。ナオキ四球・二三盗、シュウヘイ死球・盗塁と、相手投手はコントロールに苦しみ、二三塁のチャンス。しかし、タケルは力が入って投フライで二死。打ってもいいが、球が遅いので振り遅れくらい引き付けないと!サネも四球で二死満塁から、アキヒロは投ゴロで万事休すだと思いきや、一塁悪送球で二者が還る。ヒビキ投ゴロでチェンジ。
 
2回表、6番は小柄だが見事左中間に弾き返す。二盗のあと、振り逃げ一塁悪送球で1失点。盗塁・暴投で三進後、8番3ゴロに本塁突入せず、気を抜いで一塁に入ったところ、本塁突入で2点目で、追い付かれる。9番は初めて見るキャッチャーファウルフライのキャッチで二死。1番投ゴロに抑えるが、この回も無用な失点。
2回裏、先頭タクミは四球・ボークで二進。カズキはセーフティバントを試みるが、投前の犠打となり、一死三塁。ヒロキ四球・盗塁、ナオキ四球で満塁。シュウヘイの6ゴロエラーで二者が還り、2得点。タケル5ゴロにナオキが突っ込むが、本塁悪送球で3点目。サネ四球で満塁。ここで投手交代。アキヒロの時暴投でシュウヘイ突っ込むが、バックネットに跳ね返り、三本間に挟まれ、最後本塁突入し、際どいタイミングもノータッチで4点目。暴投でタケルも還り5点目。アキヒロも四球・盗塁。ヒビキ6フライで二死となるも、タクミの時暴投でサネが還り6点目。カズキ空振り三振するも、ワンバンとなり一塁へ走る。捕手は一塁ではなく、走者が飛び出していた三塁に送球するも悪送球となり、アキヒロ還って7点目。ここで一塁塁審が直接キャッチしたと言いましたが、主審の判定はワンバンしての振り逃げの判定で変わらず。ショートバウンドをミットをかぶせるように捕りにいったので一塁側からは直接キャッチに見えたのでしょうね。続くヒロキは今度は本当にレフトオーバーの二塁打。しかし、タクミが一旦タッチアップしかけ、逆に二塁走者カズキはスタートがよく、あやうく抜きそうになるが、事なきをえて、8・9点目。暴投で三進後、ナオキ四球・盗塁、暴投でヒロキ還って10点目。シュウヘイ四球・盗塁、タケルの時、捕手からの返球が悪送球となり、ナオキが還って11点目暴投でシュウヘイも還って12点目。タケル6フライエラーで出塁するも、サネが地面すれすれのボールを打て、4ゴロでようやく攻撃終了。
 
3回表、先頭2番を三振、3番投ゴロ、4番は高いバウンドに突っ込まず、サード、ショートとも頭を越されるが、5番は投ゴロに抑え、ようやく無失点。
3回裏、先頭アキヒロが三塁前への絶妙セーフティバント安打で、悪送球も誘い二進。盗塁で三進後、ヒビキも三塁前に絶妙のセーフティスクイズでまず1点。二三盗後、守備から入っていたコダマの投ゴロに思わず飛び出すも、投手から捕手、三塁へ送球されるがセーフとなり、一三塁。カズキ死球で満塁。ヒロキ四球で押し出しで2点目。コールドまで残り1点となり、ナオキは投ゴロ。ホームに投げるしかないところだが、一塁送球でコダマが3点目のホームを踏み、コールドゲームとなりました
 


 

課題はありましたが、研修リーグ3勝目、おめでとう!散田ドラゴンズ!
 


平成23年6月25日(土) 10時28分〜11時46分  晴れ・曇り(蒸し暑い)
☆公式戦(研修リーグ7回戦) 川町グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  
由井タイガース  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
初回の大量得点に貢献したナオキシュウヘイタケルアキヒロヒビキかな。
今日は管理人は横中野球部観戦のため、試合結果はアキヒロ父からの報告です。

初回表、カズキ四球、盗塁。ヒロキの打球は8前へ抜けるが強肩センターが1塁へ送球しアウト。1死三塁でナオキの8前安打で1点先制。シュウヘイは左中間への二塁打で2点目。タケルの当たりは右中間へポトリ。シュウヘイ走れず1死二三塁。サネユキは4ゴロでタケル2塁でフォースアウト。サネユキ盗塁で2死二三塁からアキヒロはライトの頭を超える2塁打で2点追加。ヒビキも9前へ落としアキヒロ生還、5点目。コダマは三振でチェンジ。
初回裏、1番は1ゴロ。2番、3番に連続8前安打後、暴投でそれぞれ進塁後、4番1ゴロの間に1点。5番は4ゴロでチェンジ。
 
2回表、カズキ7前へ安打、ピッチャーへの返球がそれる間に2進、3盗。ヒロキは三振。ナオキ四球、2盗、セカンド送球の間にカズキ還り1点目。シュウヘイの打球はゴロでショートの頭を超えレフト前へ、レフトの横も抜け、ナオキ生還2点目、シュウヘイも2塁から3塁を狙うがタッチアウト。タケル9前へ安打、ファースト捕球ミスの間に2塁へ。3盗を狙うもタッチアウトでチェンジ。
2回裏、6番は三振。7番は5前へバント、1塁送球が乱れ一気に3進。8番は3へのファールフライ、2アウトとするも、9番死球、2盗後、1番8前へ、2番7前へ連続安打され2失点。3番は4ゴロでチェンジ。
 
3回表、サネユキ四球、暴投で2進、3盗するがタッチアウト。アキヒロ6ゴロ、ヒビキ6ライナーで三者凡退。
3回裏、4番は死球、盗塁、暴投で3進され、5番は5ゴロとするも、6番に9前へ運ばれ1失点。しかし、7番は三振、8番は5ゴロでチェンジ。
 
4回表、代打タクミは三振、カズキ4ゴロ、ヒロキ死球、ナオキは9前へ安打しヒロキは一気に3塁へ。しかし、ナオキ2盗失敗でチェンジ
4回裏、9番7前安打、盗塁後、1番のレフト線を破る2塁打で1失点。暴投で3進。2番は3フライ、3番は三振とするが捕球できず1塁送球の間に2点目、4番は高々と上がったフライがセンター、セカンド、ショートの間に落ち2塁打。5番は4ゴロとしてチェンジ。こつこつと点を返され1点差まで詰め寄られる。
 
5回表、シュウヘイ粘った後、鋭い当たりも3ライナー。タケルはゴロでセカンドの頭を超える9前安打。サネユキ内野安打となりそうな6ゴロだが2塁へ送球、スタートが遅れたタケルがフォースアウト。アキヒロ5ゴロでチェンジ。3回以降ホームが遠い。
5回裏、残り10数分。6番ファーストの後ろへ上がったフライ、タケルが取れそうだったがヒットとされる。2盗後、7番には5前へセーフティバントを決められ、さらに2盗。ノーアウト二三塁のピンチ。しかし、8番は1ゴロ。9番の内野フライは前進守備のアキヒロがしっかりとり2アウト。1番の打球はショートとレフトの間へのフライ、アキヒロが下がりながらも何とか捕りチェンジ。よく無失点で押さえました。
 
6回表、残り時間が数分あり6回突入。ヒビキいい当たりも8フライ。タクミ死球、カズキはボテボテの2ゴロだが、1塁へ悪送球。それぞれ進塁し1アウト二三塁。ここでヒロキの当たりはピッチャーを強襲、足に当たりライト前へボールが転々とする間に2者生還。シュウヘイも8前へ運ぶがまたもセンターが1塁へ送球しアウトとなりチェンジ。
6回裏、2番はライトの頭を越す二塁打。3番はショートへの当たりだがアキヒロとランナー交錯、ボールはレフト前へ転々。しかし、守備妨害(今日2回目)の判定でランナーアウト。4番は左中間を深々と破る3塁打とされ1失点。5番6ゴロの間に2点目。しかし、6番は4ゴロとしてゲームセット。

1回に打線が爆発し楽勝かと思われましたが、コツコツと点を返され終わってみれば薄氷の勝利でした。しかし、56回の大事な場面は集中してよく守りました。とのことでした。
 

おめでとう!散田ドラゴンズ!
 


平成23年6月19日(日) 14時11分〜15時28分  曇り(蒸し暑い)
★公式戦(市長杯3回戦) 滝が原グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  
フレンズジュニア 3×  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 守備で貢献したサネ
ねじ伏せられたほど力の差は感じませんでしたが、軟投派左腕に翻弄され、相手守備は付け入る隙もなく、完敗でした。しかし、消化不良気味です。ヒビキが病み上がりのため、セカンドにタクミ、ライトにコダマが入る布陣でした。

初回表、相手左腕の遅い球を待ちきれず、自分から打ちにいったカズキは浅い7フライ。弱いチームだと落としそうな当たりだが、前進してしっかりキャッチ。試合を通して、守備はしっかりしていました。ヒロキ投フライ、ナオキも浅い8フライで三者凡退。
初回裏、先頭は女性キャプテンの左バッター(ちなみに2番、4番も珍しい同じ苗字で3姉弟か、親戚かという感じです)をフルカウントから四球で出し、盗塁される。2番は小柄だが、左中間を破られ三塁打で1失点。3番の5ゴロの間に2点目。4番はゴロで二遊間を破り、二三盗。5番を三振にとるも、ワンバンでキャッチが間に合わず、一塁送球の間に3点目。6番三振でチェンジも、3点目はもったいない失点でした。
 
2回表、シュウヘイは十分に引き付けて左越え二塁打。久々の会心の当たり。しかし、リードが小さく、もっとリードするように指示すると、今度は逆をつかれてけん制アウト。確かにけん制は上手でしたが、だからと言ってリードを小さくすればいいというものでもありません。もったいなかった。タケル6フライで二死。サネ中前ヒット・二三盗で、三進するも、アキヒロ4ゴロに倒れ、無得点。
2回裏、7番7フライ、8番5ゴロ、9番にセカンド後ろのテキサス安打を打たれるも、1番を投ゴロに抑え、無失点。

3回表、先頭コダマ四球で出塁。リード、ゴーバックを一球一球指示される。そろそろ野球を覚えよう!9番タクミの8フライにコダマ戻らず、一塁に転送されてダブルプレー、チャンスをつぶす。カズキ5ゴロで一塁へヘッドスライディングで突っ込むが、わずかに届かず三者凡退。
3回裏、先ほど左中間を抜かれた2番を6ライナー、3番4フライ、4番二塁ベース後ろにふらふらっと上がった6フライをアキヒロ押さえて三者凡退。
 
4回表、先頭ヒロキがセーフティバント安打で出塁。一球、二球とけん制される。そして、三球目のけん制の時、けん制前に投手の肩がピクリと動き、「ボークだ」と思うが、ヒロキは逆をつかれけん制アウト。監督がアピールするが、判定は覆らず。上位打線だけに、このプレーは痛かった。ナオキ5ゴロ、シュウヘイ6ゴロで三者凡退。
4回裏、先頭5番は弾むゴロでショートの頭を越え中前ヒット。盗塁の後、犠打で三進。7番のスクイズで1点追加、打球も一二塁間のプッシュバントのようになり、きわどいタイミングだったが、何とかタクミが処理し、二死。8番三振でチェンジ。
 
5回表、期待の打順だが、タケル5フライ、サネ5ゴロ、アキヒロ投ゴロで三者凡退。わずか4球でした。
5回裏、9番を四球で出すも、後続を7フライ、投ゴロ、7ライナーで無失点。
 
6回表、コダマ4ゴロ、代打ヒビキ6ゴロ、1番カズキはやっとタイミングがあって左前安打・盗塁でチャンスを作り、ヒロキもいい当たりだが、5ゴロに終わり無得点。
6回裏、先頭4番には左越え二塁打を打たれ、捕逸で三進。6番5ゴロの間に1失点。6番四球・二三盗、7番スクイズは投手前で戻る三塁走者を刺そうとするも、三塁ベースが空いていて生かす。続く8番もスクイズで、今度はきっちり本塁で刺して二死。しかし、9番の中前ヒットで二塁走者は返してはいけないところだったが、なにを思ったか一塁送球す間に、この回3点目が入り、7点差でコールド負けとなりました。
 


平成23年6月12日(日) 9時00分〜10時36分  曇り(蒸し暑い)
☆公式戦(市長杯2回戦) 滝が原グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  
宇津木フレンズ 0  
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 本塁打のタケルサネユキ、足でみせたカズキ、打点をあげたコダマ
 ナイスピッチングのナオキ
昨日の研修リーグの試合は雨で流れて、先週に引き続き市長杯です。相手は、昨年の新人戦で大勝した宇津木フレンズですが、ほとんど四球による得点で、1年後の現在の参考にはなりません。そして、昨日と昨夜の雨の影響で、グランドが重く球が弾まず、いつもなら頭を抜ける当たりもアウトになるようなグランドコンディションでした。

初回表、先頭カズキが四球・二三盗のあと、ヒロキの8フライに、カズキがタッチアップで先制点(散ドラでタッチアップって初めて見たに近いかも…)。ナオキ4ゴロ、シュウヘイ6ゴロで後続続かず。
初回裏、先頭中前テキサス安打・盗塁、2番中前安打・盗塁で無死二三塁のピンチ。3番は5フライで一死。6番5ゴロで挟撃、タッチアウトで二死。5番4ゴロで無失点で切り抜ける。
 
2回表、タケルいい当たりも4ライナー。サネ四球・盗塁・暴投で三進後、アキヒロの投ゴロに本塁突入するも、捕手のブロックに阻まれ二死。ヒビキ5ゴロで無得点。
2回裏、先頭6番の痛烈な8ライナーをヒロキがキャッチし一死。7番4フライで二死。8番は中前テキサス安打を許すも、9番の一塁の頭を越えるゴロをヒビキがカバー、そのまま一塁へ駆け込み、走者と交錯しながらもアウトとして、この回も無失点。
 
3回表、タクミ四球・盗塁、カズキの5ゴロ内野安打・盗塁で二三塁のチャンスに、ヒロキの6ゴロでタクミ本塁突入も、またしてもブロックされてアウト。嫌な雰囲気だが、ナオキの投ゴロで、今度はカズキがホームインで追加点。シュウヘイは6ゴロでチェンジ。
3回裏、1番からの打順を、6ゴロ、三振、四球・盗塁・暴投、4ゴロで無失点。
 
4回表、先頭タケルがライト線に目が覚めるような当たりで本塁打、1点追加!サネもいい当たりだが、センター正面で一死。アキヒロ3ゴロ、ヒビキ3フライで後続続かず。
4回裏、5番を三振にとるも、6番は6ゴロを後ろにそらし、盗塁・捕逸で三進後、四球・盗塁、三振で、二死二三塁のピンチ。続く9番の5ゴロは、一塁の足が離れ内野安打となる間に1点を返される。しかし、1番を6ゴロで後続を断つ。
 
5回表、相手投手が交代。先頭9番は前の守りから入っていたコダマ。しっかり打つも、惜しくも3ゴロ。カズキ四球後、二三盗。さらに無人の三塁に送球し、カズキが難なくホームインで1点追加ヒロキ死球・二三盗から、暴投で2点目。ナオキ投フライ、シュウヘイ5ゴロに倒れるも、貴重な中押し!
5回裏、先頭2番から三振、5ファウルフライ、5ゴロと7球で料理。
 
6回表、先頭タケルは三塁の頭を越える左前安打・盗塁、ここでサネの当たりは左中間を真っ二つに破り、水道管の向こう側まで深々と転がる本塁打となり、2点追加!!アキヒロ三振で一死後、ヒビキは中前ヒット・盗塁・暴投で三進後、コダマの4ゴロでホームインし、3点目!カズキ三振でチェンジとなるも、見事なダメ押しでした!!
6回裏、先頭5番4ゴロ、ここから相手は代打攻勢(?)。小さい打者に幻惑されたか、連続四球でピンチとなるが、ダメ押しがきいて落ち着いて、後続を三振、6ゴロに抑え、ゲームセットとなりました。
 
これで市長杯ベスト16です!トーナメントは圧倒的に弱かった散ドラですが、昨年の新人戦から、結構勝っています。次も勝ってベスト8だ!!
 
ところで、今日は祝勝会はないのかな?

 
ちなみに、大谷グランドで行われたTボールは、リサ・シュンスケ・ガクが由井タイガースにまぜてもらい北八王子エースと川口ジュニアーズと戦いました。北八には大敗しましたが、川口には勝ちました。久々のTボールですが、なかなか笑えますが、やっている方は真剣かつ楽しそうですね。まさに原点です。



平成23年6月5日(日) 14時開始予定  曇り(やや蒸し暑い)
☆公式戦(市長杯1回戦) 滝が原グランド
チーム名
散田ドラゴンズ      20
将軍 0    
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 全員でしょうね! 特に、本塁打のヒロキタケル
管理人は横中の試合観戦でお休み。サネ父さんが初めてスコアブックをつけてくれました。以下、サネ父さんの実況をまじえながらの試合展開をお楽しみください!

初回表、カズキ4ゴロエラーをライトもエラーし、一気に三進。続くヒロキは、左越え本塁打で2点先制!昨日の勢いそのままに押せ押せムード!ナオキ四球・二三盗、シュウヘイは5前ポテンヒット(テキサスというよりポテンだそうです)で、一三塁。昨日も大活躍のタケルの中越え本塁打で3点追加!!!続くサネは、フラフラっと上がった9フライの二塁打、続くアキヒロもフラフラっと上がった9フライで三塁打となり、この回6点目。後続のヒビキ、タクミ、カズキが三者連続三振でようやくチェンジ。
初回裏、2ゴロ、5ゴロ、3ゴロで簡単に三者凡退。
 
2回表、散ドラも相手に合わせたか、ヒロキ5ゴロ、ナオキ6ゴロ、シュウヘイ5ゴロで三者凡退。
2回裏、打者全員が当てるバッティング。バットを短く持ってひたすら当てるだけでボールが飛ぶ飛ぶ、というイニングになりました。4番右前ヒット、5番中前二塁打、6番左越え二塁打で2失点。三盗後、サードけん制を後逸し、3点目。7番三振後、8番の9フライを抜かれて本塁まで還られ、4点目。9番4ライナー、1番三振とするも、2点差に迫られる!
 
3回表、先頭タケル左前ヒット・二三盗、捕逸で1点、サネ三振、アキヒロ右前ヒット・二三盗、ヒビキ三振、代打コダマ四球、カズキの6ゴロ内野安打で2点目。ヒロキ四球で満塁。二塁走者カズキが飛出しけん制を誘う頭脳プレー(?)をするも、三塁走者コダマ動かず(笑)、カズキが挟撃されチェンジ。
3回裏、2番からの上位打線を投フライ、5ゴロ、三振で三者凡退。
 
4回表、ナオキ四球・二三盗・捕逸で1点。シュウヘイも四球・二三盗。この回ストライクがまったく入らず、投手交代。タケル6ゴロエラーで2点目。サネ投ゴロエラー。アキヒロ9ゴロで一死となる間二三塁。捕逸で3点目。サネは捕逸で本塁突入しアウトとなるも、ヒビキも四球・盗塁・けん制エラーで三進後、捕逸で還り4点目。コダマ三振でチェンジ。
4回裏、5番7フライ、6番左前ヒットで出塁するも、時間が迫り、本塁打を打っている打者に回る次の回まで持っていくために、相手監督がアウトになるように指示し、わざとけん制アウトとなり、次打者もわざと三振でチェンジ。
 
5回表、カズキ・ヒロキ連続四球・盗塁から、ナオキの左前ヒットで2点追加、二三盗後、捕逸で3点目。シュウヘイ三振も、タケル6ゴロ内野安打、サネの9ゴロエラーで4点目。サネ二盗後、アキヒロの5ゴロエラー後、一塁送球しそうなのを見て、サネが本塁突入。それを見てサードは本塁送球するもサネはホームインし、5点目。ヒビキ左前ヒット、コダマ投ゴロで二死となる間に6点目。捕逸でヒビキが還って7点目。カズキ四球・盗塁後、ヒロキ左前二塁打で8点目。ナオキ6ゴロでようやくチェンジとなるも、相手のわざとアウトになる作戦にもだらけず8点とったのは成長の証。
5回裏、7フライ、6フライで二死、左前ヒットを打たれるも、最後の打者を三振にとってゲームセット。
 
相手先発はナオキより遅い軟投派でしたが、あっと驚く20対4の快勝でした。研修では勝利をあげているので、警戒しましたが、昨日に続き勝利をものにしました。ナオキが初球ストライクがとれたのが良かったです。声を出せば、やっぱり勝てる、捕れる、打てる!
 
とのことでした。2勝目おめでとう!!

 


平成23年6月4日(土) 9:32〜11:03  晴れ(爽やかな陽気)
☆公式戦(研修リーグ6回戦) 城山小
チーム名
散田ドラゴンズ       
台町四丁目子供会 0      
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
【今日の敢闘選手】 
 長打2本のタケル、しぶい得点打2本のシュウヘイ、投打で貢献のナオキ
 得点打と四球からチャンスを作ったヒロキ の6年生四人
久々の散ドラの試合観戦!今日こそ勝利を、と試合前の練習中から、声と気合では負けないようにハッパをかけます。

初回表、先頭カズキが5ゴロ悪送球で二塁へ進塁。三盗のあと捕逸であっさり先制!続くヒロキは四球を選んで、二三盗。ナオキも四球で二三塁のチャンス。ここは何としても追加点を取らなければいけない場面。シュヘイは渋い当たりながら、しっかり転がし内野手の頭を越える中前ヒットで2点目!4番の務めを果たす。ナオキも本塁突入するも、センターから好返球でアウト。これは仕方がない。続くタケルは右越え二塁打でなおも二三塁とチャンスが続く。サネ四球で満塁から、アキヒロもしっかり転がし3ゴロアウトとなる間に3点目。なおもチャンスは続くが、ヒビキ三振でチェンジ。しかし、幸先のいい攻撃。
初回裏、先頭3フライで一死、2番は中前ヒット・二三盗されるも、3番3フライ、4番4ゴロで無失点に抑える。

2回表、先頭タクミが積極的に打つも惜しくも3ゴロ。カズキは6ゴロで一塁に気迫のヘッドスライディグで内野安打とし、さらに悪送球を誘い二進。三盗後、ヒロキがしっかり転がし、4ゴロの間に1点追加。初回から、左腕投手に対して、三塁走者がゴーバックをしっかり行い、ゴロでしっかり返す野球ができている。いい攻撃です。さらにナオキは四球から3つの暴投でホームインし、2点目!シュウヘイも四球で出たところで、ピッチャー交代をはじめ、大幅な守備位置変更。盗塁・捕逸で三進するも、タケル三振でチェンジ。
2回裏、右中間にふらっと上がったフライだが、お互いに遠慮したか、間に落ちて、さらにサネとヒロキがぶつかる間にランナーは三塁へ。ヒロキからアキヒロへ中継し、スムーズにいけば本塁アウトのタイミングだが、球は誰もいない三塁方向へ投げられ、あっという間に1点をとられました。これで流れを切ればいいのに、次打者は四球・盗塁、7番の5ゴロで飛び出した二塁走者をタッチアウトで一死とするも、8番死球で一二塁。ここで9番の当たりは、ショート後ろの凡フライ、二塁走者は大きくスタートを切っており、ダブルプレーチェンジと思った瞬間、ボールはショートとレフトの間にポトリ…。2点目を失いました。1番投前への犠打で二死二三塁とするも、2番左前ヒットで3点目、3番のゴロはショートの頭を越え、二塁走者にも還られて、4点目・5点目で同点。4番左越え三塁打で6点目で、何とこの回一気に逆転される。5番を何とか6フライでチェンジ。しかし、またしても、与えなくてもいい点を与え、完全なる負けパターン

3回表、何とか流れを変えたいところだが、先頭サネは三球三振。すべて振りに行ったのはいいが、なぜ当たらないのか(笑)。アキヒロあ3ゴロで二死。ヒビキ四球・二三盗、代打コダマも四球で一三塁から、コダマの人を食ったような(たぶん状況を分かってないからでしょうが)ゆっくりスタートを見て、捕手が二塁送球。何と棚からボタモチのチャンスと思うも、三塁走者ヒビキはそれを見てているだけでスタートしておらず…、同点機を逃す。そろそろみんな野球を覚えよう!次打者カズキに期待がかかるが、惜しくも4ゴロに終わり無得点。
3回裏、6番3ゴロで一死とするも、7番には中越え安打を打たれ、すかさず中継すれば三塁打止まりか、本塁アウトのタイミングも、まったく中継になっておらず、やすやすと本塁打とされ、2点差をつけられる。8番投フライ、9番強い7ライナーで後続を断つも、痛い失点。

4回表時間しだいでは最終回と告げられる。あとがないドラゴンズ!ヒロキが四球・盗塁。ナオキは積極的に打ちにいき、惜しくも9ライナーで一死。しかし、シュウヘイがしぶとく中前に転がし、ヒロキが二塁から還るナイスランで1点!タケルの痛烈な右中間三塁打で2点目、これで同点!続くサネが2ボールからまた空振り2つで、またかと思うが、最後はしっかり顔を残して右前ヒットとして3点目。さらに、二三盗から暴投で還り、この回4点目!何と怒涛の攻撃で、逆に2点差をつけて、最終回裏へ!
4回裏、先頭1番5フライで一死。あと二人…。しかし、今日当たっている2番を四球。盗塁のあと、3番のゴロはまたしてもショート頭を越され、ヒビキがカバーするも内野安打。盗塁で二三塁から、暴投で1点を失い、1点差。なおも三塁。4番はさきほど左越え三塁打を打っており、思い切りのいいスイング。当たれば逆転本塁打なんて嫌な思いがよぎる。しかし、ファールで粘った後、最後は三振!相手打者も「あ〜」って顔をしてました(笑)。これであと一人。しかし、そんな簡単にいくわけがない、となかなか自分のチームを信じることができません。ところが、次打者は初球を打つと、一塁線ギリギリのフェアボールとなり、タケルが掴んで一塁を踏み、最後はあっけなくゲームセットとなりました。やりました〜、初勝利!!!
 
ということで、一時はいつもの負けパターンに陥りかけましたが、最後に粘り腰を見せ、初勝利を掴みました。勝ちたいちう気持ちと、いつもよりは少しは声が出て、6年生が6年生らしい働きをしてくれたと思います。まだまだな点はもちろんありますが、今日はよく戦いました。
 
おめでとう!散田ドラゴンズ!!!!

 



平成23年5月14日(土) 11:02〜  晴れ
★公式戦(研修リーグ5回戦) 大谷グランド
チーム名
散田ドラゴンズ     
北八王子エース 3×     10
(投)ナオキ⇒タケル(5回途中) (捕)シュウヘイ
管理人は仕事のため、タクミ父がスコアをとってくれ、サネ父が届けてくれました。

初回表、カズキが5ゴロ一塁捕球エラーで生き、盗塁、ヒロキ四球、捕逸で1点先制!ナオキ四球、捕逸で二三塁からシュウヘイの5ゴロの間に、2点目!さらに捕逸で3点目!しかし、タケル守備妨害、サネ5ゴロエラー、アキヒロ4ゴロで後続が抑えられるが、3点を先制する絶好の立ち上がり!初回裏、2ゴロ内野安打、盗塁後、犠打で三塁へ進め、三振で二死とするも、4番の右前ヒットで1点を返される。2回表、相手は投手を交代。ヒビキ9フライ、タクミ3ゴロ、カズキ6ゴロで三者凡退。2回裏、先頭を四球で出すも、後続を抑え、無失点。3回表、ヒロキ6フライ、ナオキ三振、シュウヘイ6ゴロで中押しをしたい展開も、糸口すらつかめず三者凡退。3回裏、5フライ、四球、犠打で二塁へ進められるも、二死。しかし、暴投のあと、5ゴロエラーで1失点。次打者四球、暴投で二三塁となってから、中前ヒットでさらに2失点。サネ父によると、二死から失点したこの回がポイントだったとのこと。4回表、タケル惜しくもライトゴロ、サネ2ゴロ一塁悪送球で、二三盗で三塁まで進むも、アキヒロ7フライ、ヒビキ4ゴロで無得点。4回裏、5ライナーで一死後、9番を四球で出すと、盗塁後、1番のバントを一塁悪送球で1失点。さらに2番のバントも同じように一塁悪送球で2点目。3番中越え三塁打で3点目。後続を抑えるも嫌な展開で追加点を与える。5回表、4回裏から入ったコダマは投ゴロ、カズキ9フライ、ヒロキ死球も、ナオキ6ライナーで無得点。5回裏、先頭を四球、投手タケルに交代するも、8番も四球、連続捕逸で1失点。1番死球でさらに満塁から、5ゴロで本塁封殺で一死とするも、3番四球で押し出しで2点目。4番6ゴロの間に3点目が入り、5回7点差の規定によりコールドゲームとなりました。
 
相手は先発も、二人目も、ナオキよりも遅い投手だったそうですが、初回以降追加点を奪えず、逆に自滅で相手に点を与え、自ら敗れたようなものですね。
 


平成23年5月7日(土) 9:34〜  小雨(肌寒い)
★公式戦(研修リーグ4回戦) 城山小
チーム名
散田ドラゴンズ  0     
川口ジュニアーズ  0 ×    
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
管理人は横中の試合を観戦に行っていたため、タクミ父がスコアをとってくれ、サネ父が届けてくれました。

初回表、カズキ・ヒロキ・ナオキと三者三振。。。初回裏、1番三振、2番7ライナー、3番四球も、4番5ゴロで無失点。2回表、シュウヘイ・タケル・サネユキ三者三振。。。2回裏、5番左前ヒット、6番9フライで一死、盗塁などで三進後、7番5ゴロの間に1失点。8番を5ゴロ悪送球、9番を四球でピンチが続くが、1番を三振で後続を断つ。3回表、アキヒロ粘るも三振、ヒビキも三振で、何と8者連続三振!!タクミが四球で何とか三振の連鎖を断つが、けん制アウトで三者凡退。。。3回裏、2番中前ヒット、3番右越え三塁打で1点。4番6ゴロ悪送球で2点目。5番中越え二塁打で3点目。6番3ゴロの間に4点目。後続を抑える。4回表、カズキ9ファウルフライ、ヒロキ・ナオキ連続三振。。4回裏、4ゴロエラー・盗塁、2番左越え二塁打で1点、3番右越え二塁打で2点目、5番5ゴロ一塁捕球エラーで3点目、6番ジュニアーズ得意のスクイズを見事に読んではずすも(実際はすべっただけだとか…)、捕逸で4点目。後続は抑える。5回表、先頭シュウヘイ中前ヒットで一矢報いるも、タケル・サネユキ・アキヒロが三者三振で、5回7点差の規定により、コールドゲームでゲームセットとなりました。
 
15個のアウトのうち、三振が13個、うち見逃しが6個という何とも言えない試合。ただ、相手投手は良い投手でした、とのサネ父のレポートでした(詳しくは掲示板をご覧ください)。
 
試合結果も大変ですが、今日の雨の中試合をやったことも大変でしたね。しかし、勝てませんね。


平成23年4月16日(土) 8:58〜  晴れ(暖かい)
★公式戦(研修リーグ3回戦) 大谷グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  0     
北野バイオレンズ  3 ×    
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
管理人は仕事のため、タクミ父がスコアをとってくれました。

初回表、カズキ3ゴロ、ヒロキ三振、ナオキ3フライで三者凡退。初回裏、1番中前ライナーヒット、2番中前ライナー二塁打、捕逸で1失点。3番左越え二塁打で2点目。4番5ゴロで一死。5番5ゴロ本塁封殺で二死。二三盗のあと、捕手エラーで3点目。6番三振でチェンジ。2回表、シュウヘイ投フライ、タケル投ゴロ、サネ3ファウルフライで三者凡退。2回裏、7番4ゴロエラー・捕逸で二進、投ゴロで三塁タッチアウトで一死。けん制で挟撃プレーとなるも、6エラーで二進。9番4ゴロエラーで1点。捕逸で二進。1番四球・暴投・暴投で2点目。2番4ゴロで二死の間に3点目。3番6フライでようやくチェンジ。3回表、投手が交代。アキヒロは3ゴロ、タクミの3ゴロをエラーするが二塁がカバーし二死。ヒビキ・カズキ連続四球・重盗で二三塁から、ヒロキが右中間二塁打で2点を返す!!続くナオキも中前ヒットで3点目!!!シュウヘイも中前ヒットの3連打で4点目!!!!タケル5ゴロでチェンジとなりましたが、久しぶりの連打ですね。3回裏、4番4フライ、5番4ゴロエラー・9エラーで三進、6番三振で二死とするが、7番5ゴロエラーで1点。二三盗後、暴投で2点目。8番7フライテキサス安打となるも、9番投ゴロでチェンジ。4回表、投手交代。サネ6ゴロ、アキヒロ3フライ、代打コダマ四球も、ヒビキ三振。4回裏、1番左前ヒット、2番四球、3番三振、4番6フライで二死とするも、5番5ゴロエラーで1点。6番投ゴロでチェンジ。5回表、カズキ三振、ヒロキ中前ヒットも、ナオキ三振、シュウヘイ投ゴロでゲームセットとなりました。
 
見せ場はあったようですが、今日もエラーと凡打の連続でしたね。何が欠けているのかよ〜く考えよう!がんばれ、散田ドラゴンズ!!



平成23年4月10日(日) 10:25〜11:13 曇り時々晴れ(暖かい)
★公式戦(連盟春季2回戦)(初戦) 滝が原グランド
チーム名
散田ドラゴンズ  0       
南大沢オークス  5 ×       10
(投)タケル (捕)シュウヘイ
今日は、コダマ・ケンタロー・シュンスケも参加。アキヒロは大事をとって見学でしたが、一応、全員揃いました。

初回表、カズキ6ゴロ、ヒロキ投ゴロのあと、ナオキが三振。しかも、するなと言われていた見送りでした。。言えば言うほど、金縛りになるのか?、トップバッターは四球のあと、二三盗を決め、最後はディレイドスチールで本盗まで決められてしまいました。2番も四球・盗塁、3番の当たりは強い当たりだが二塁正面。これを触れず外野を転々とする間に、2点目。打者は三塁へ。4番は5ゴロでカズキが三塁走者をけん制するが、一塁送球と同時にスタート。楽々と3点目。5番四球・盗塁、6番の9フライに反応が遅く、手前でバウンドして頭を越され、4点目、打者は三進。暴投で5点目。後続を7フライ、3ゴロでようやくチェンジ。2回表、相手投手はそれほど速いくはないが、4番シュウヘイ振り遅れ、詰まらされ投ゴロ。タケル、サネとも粘るが、投ゴロ、見逃し三振に終わる。、簡単に追い込んだあと、9番に二遊間を抜かれる中前ヒットを打たれる。1番は5フライに打ち取るが、落球。2番四球で満塁。3番のボテボテゴロはショート・ナオキの頭を越え、1点。続いて二塁走者が本塁突入。カバーしたカズキからバックホームするも、タッチに行かず2点目。4番5フライで一死後、暴投で3点目。5番三振で二死。しかし、6番中前ヒットで4点目、二三盗後、7番中前テキサスヒットで5点目。8番6ゴロでようやくチェンジ。3回表、タクミ三振、ヒビキ4ゴロ、コダマ三振で三者凡退。というか、ここまでパーフェクト。、5点取られたらコールド負け。相手は「5点取ろうぜ」だって。悔しくないのか。先頭の9番の3ゴロを弾いて、あとの処理も慌ててセーフ。しかし、二盗後、エンドランか盗塁で二塁走者がスタート、1番の当たりは、二遊間のフライ。交錯しながら、ヒビキが捕球し、二塁ベースにタッチし、ダブルプレー。ピンチをしのぎました。2番も6ゴロで初めて三者凡退、無得点に抑えました。しかし、2点取らなければ、コールドとなる4回表、カズキの当たりは中前ヒットかと思いきや、超前進守備のセンターに捕球されアウト。ヒロキもいい当たりも6ゴロ。ナオキの当たりも一瞬もライトに抜けるかと思うが、球威に押され4ゴロで三者凡退。4回10点差の規定でコールドゲームとなりました。
 
二日連続、0対10です。しかも、完全試合負けです。管理人は悔しいです。選手諸君はどうだ?


平成23年4月9日(日)
★公式戦(研修春季2回戦) 城山小学校
チーム名
散田ドラゴンズ  0       
中郷イーグルス  0 4×       10
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
管理人は、仕事のため、開幕戦同様、タクミ父がスコアをとってくれ、サネ父がコメントをしてくれています。今日は、アキヒロ、コダマ、ケンタロー、シュンスケがお休みということで、スクランブル状態だったとのこと。攻撃は淡泊で、中軸で6三振し、うち3つも見逃しだったとのこと。ズルズルズルズルと悪い流れにはまり、切り替えられなかったゲームのようです。

初回表、カズキ6ゴロ、ヒロキ4フライ、ナオキ三振。、ナオキも三振、5ゴロ、三振と三者凡退、互角の立ち上がり。2回表、シュウヘイ三振、タケル2ゴロ、サネ三振で三者凡退。、3フライ、5ゴロで二死とするも、四球のあと、6ゴロエラー・カバーのセンターエラーで2点を失います。3回表、タクミ四球、ヒビキ6ゴロで二塁封殺。リサ四球、カズキ投ゴロ内野安打で一死満塁のチャンス。しかし、ヒロキ4ゴロで本塁封殺で二死。そして、ナオキは見逃し三振で無得点…。、3フライエラー、右中間二塁打、4ゴロ悪送球、けん制捕球エラー、8フライエラー、左越え二塁打で、ここまで4失点。後続を7フライ、3ゴロ、3フライで抑える。4回表、シュウヘイ三振、タケル右前ヒット、しかし、サネ三振、タクミ4ゴロで無得点。、投ゴロ内野安打、三振、3ゴロで二死とするも、8フライエラー、6ゴロエラー、左前ヒット、捕逸で3点を失い、あと1点でコールドとなる場面で、左前ヒットで10点目が入り、コールド負けで、開幕早々2連敗となりました。


平成23年4月3日(日)
★公式戦(研修春季1回戦) 川町グランド
チーム名
八王子アパッチ  0      13
散田ドラゴンズ  0    
(投)ナオキ (捕)シュウヘイ
初回表、左前ヒットを打たれるも、他は打ち取る無難な立ち上がり。裏、カズキ6ライナー、アキヒロ3フライ、ナオキ右前ヒットで出塁し、盗塁を決めるも、けん制アウトで三者凡退。2回表、先頭5番中前ヒット・盗塁、6番四球、7番投内野安打の間に1失点、8番三振、9番4ゴロで二死とするも、1番四球で満塁から捕逸で2点目。2番5ゴロ内野安打で3・4点目。3番5ゴロはセーフとなり5点目。4番左中間安打で6点目。打者一巡して再び5番を投ゴロでようやくチェンジ。裏、シュウヘイ右前ヒットも、タケル4ゴロ、サネユキ、ヒロキが三振で無得点。3回表、6番4テキサス安打も、後続を抑えて無失点、裏、ヒビキ・タクミが三振、カズキが中前ヒットで出塁し、二三盗。捕手からの悪送球で1点を返す。しかし、アキヒロも三振でチェンジ。4回表、1番6ゴロエラー盗塁、けん制悪送球、2番5ゴロ悪送球の間に1点、盗塁後3番左前ヒットで2点目、盗塁後、4番5ゴロの後、6番4ゴロの間に3点目、6番右前ヒット、7番6ゴロエラーのあと、8番左前ヒットで4・5点目。9番投ゴロでようやくチェンジ。裏、ナオキ四球、シュウヘイ投ゴロで二塁封殺後、タケル4ゴロ悪送球で二三塁。サネユキ8フライエラーで1点。ヒロキ投フライで二死後、ヒビキの左中間ヒットで2・3点。なおも二塁のチャンスが続くが、けん制アウトでチェンジ。5回表、7フライ、5ゴロで二死後、連続左前ヒット、5ゴロエラーで2点を追加される。裏、タクミ三振、カズキ8テキサス安打、アキヒロ三振、ナオキ四球、シュウヘイ5ゴロで、5回7点差の規定によりコールド負けとなりました。
 
サネチチさんの伝言によると、フカフカのグランドに内野陣が戸惑っていたようだとのことで、負けるほどの実力差は感じなかったそうですが、負けは負けですし、肝心なのは部員たち自身がどれだけ今日の負けをこたえたですね。
 
がんばれ!散田ドラゴンズ!!


平成23年2月27日(日)
親子大会
チーム名
母チーム         15
下級生チーム      
下級生チームは、新入団のナオユキ、レン、シュンスケなどが出場しているにもかかわらず、近年になく戦力充実の母チームは容赦なく襲い掛かり、初回から猛攻を仕掛けました。
しかし、テニスボールを使ったTボールだったため、うまく手につきませんでしたが、ピッチャーポジションに入ったナオユキは、うまくボールに反応していて、可能性を感じさせてくれましたし、ショートに入ったタクミも何度も好守備を見せました。
しかし、母チームも容赦なく、攻守で子どもたちの攻撃の芽を摘み取り、圧勝しました。ちびっ子散ドラ諸君、一生懸命練習して、お母さんたちを見返してやろう!!
チーム名
上級生チーム 10
父チーム
(投)タカナリ・リク・ユウジ (捕)アキヒロ  
(投)タカナリ父・ミノル・アキヒロ父 (捕)シュウヘイ父
試合開始から、卒団するタカナリとタカナリ父の対決と、いきなりヒートアップする展開でしたが、タカナリ父が息子の背中に見事な死球を見舞わせ、遺恨試合となるかと思われました(笑)。しかし、ここはタカナリが大人の対応で冷静に一塁に出塁、それを足掛かりに2点を先制しました。
しかし、父チームも、タクミ父、カズキ父、ケンタロウ父などの大人げない当たり連発で逆転。しかし、最終回に四球と中学生の活躍もあって、上級生チームが再逆転で久々に勝利しました!!!



平成23年2月26日(土)
練習試合(台町4丁目子供会)
チーム名
                   
                 
 
 


平成23年2月6日(日)
練習試合(交友ビクトリーズ)
チーム名
                   
                 
 
 


平成23年2月5日(土)
☆練習試合 散田小学校
チーム名
散田ドラゴンズ      
由井ターガース      
投手:カズキ 捕手:サネユキ
2試合目は、下級生中心の試合です。
初回表、ヒビキ、カズキの連打で1点を先制!しかし、初回裏、右前テキサス安打、右前安打、四球、右前安打、右前テキサス安打、内野安打に、エラーもからみ、いきなり7点の大量失点となりました。2回表、散ドラは三者凡退で無得点。2回裏、4番からの攻撃を三者連続投ゴロで三者凡退に打ち取る。3回表、散ドラは、四球とエラーに捕逸がからみ2点を返す。3回裏、四球、左前安打でピンチを迎えるも、後続を打ち取り無失点。4回表、先頭タクミの内野安打、コダマ・ケンタロウの四球、ナオキの右越え二塁打、アキヒロ、ヒビキの連打、カズキの右中間二塁打で6点をあげ、大逆転!!4回裏、右前テキサス安打、2四球で満塁のピンチも、後続を三者連続空振り三振に切ってとり、ゲームセットとなりました。


平成23年2月5日(土)
★練習試合  散田小学校
チーム名
散田ドラゴンズ     10
由井タイガース ×     15
初回表、散ドラは三者凡退で無得点。初回裏、由井タイガースは中前ヒットなどで2点先制。2回表、散ドラは、4つの四球、エラーに内野安打をからめ、3点取って逆転!2回裏、由井タイガースも内野安打と外野エラーのあと中前ヒットが出て、3点とって再逆転。3回表、散ドラはシュウヘイの中前ヒットなどで3点取って再々逆転!!3回裏、由井は四球、6内野安打に、野選、捕逸、ボーク、右前テキサス安打で2点を取って、再々々逆転!!4回表、ヒビキの左前テキサス安打などでチャンスを作るが、1点しか取れず同点止まり。4回裏、5四死球に野選、暴投、2安打がからみ、大量8失点!!5回表、散ドラもタケル内野安打、サネユキ右越二塁打、ヒロキ四球、カズキ内野安打などで3点を返すが、反撃もここまでで、ゲームセット。



過去の試合結果


2010年度(平成22年度) 試合結果

2009年度(平成21年度) 試合結果

2008年度(平成20年度) 試合結果

2007年度(平成19年度) 試合結果