平成24年度の試合結果 本文へジャンプ


平成24年度の試合結果

平成25年3月10日(日) 9:45〜12:00  晴れ(暖かいが嵐のような風) 
親子大会
チーム名
6年生主体    
父チーム ×    
6年生は、アキヒロ、コダマが投げ、父チームは、ヒビキ父、サネ父、タクミ父、カズ父、アキ父が継投しました。
序盤は6年チームが健闘しましたが、終盤サネ父、タクミ父、ユイト父、アキ兄が大人げなくレフトオーバー本塁打を放ち逆転しました。
チーム名
5年生以下        
母チーム 11 ×         11
母チームは、初回ショートゴロがあれよあれよと抜かれて本塁打にしたのを皮切りに、タクミ母のレフトへの痛烈な本塁打、アキ母の満塁左越え本塁打など、本当に大人げない攻撃で怒涛の11点をあげ快勝です。
5年生以下の諸君、このままでは本当に公式試合はまずいぞ!がんばれ!

平成24年12月16日(日)  
親子大会
チーム名
6年生主体      
父チーム ×      
チーム名
母チーム        
5年生以下 4×        
下級生チームの劇的勝利!


平成25年2月24日(日) 13:36〜15:08  晴れ(風が冷たい) 恩方第一小学校
△練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(5年以下主体) 1    
恩方スターズ(5年以下主体)    
(投)リサ−コダマ  (捕)レン
【今日の敢闘選手】 初安打のサヤハル、二度の本塁タッチアウトのレン
リサ・レンのバッテリーに、一塁ケンタロウ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼シュンスケ、中堅ガク、右翼サヤハルのスターティングメンバー。5回に6年生が代打で出場しました。

管理人は主審を務めたので、タクミ父が途中からスコアをつけてくれました。

初回は、リサが四球か何かで出塁し、暴投で先制点を挙げましたが、裏に3点を入れられ逆転されました。ただ、バッターボックスがかなり後ろよりになっていて、恩方の選手が一番後ろに立つので、本当ならストライクの球をボールと取らざるを得なかったのは、リサに気の毒でした。この回が終わって即座に、バッターボックスを引き直しました。
 
2回のポイントは、何と言っても、サヤハルですね!1年生ながら、何と正真正銘のレフト前ヒットを放つと、次のショウスケの凡フライをエラーし、みんなから「走れ〜」と言われて慌てて二塁へ走り、セーフとなる。続くレンの内野安打で満塁となり、リサのヒットでホームまで還ってきました!ベンチはやんややんやの大喝采です!この回、4点入れて逆転です!

しかし、2回裏に再度逆転されるも、3回表に、1年生ガクの四球・けん制悪送球からチャンスをつかむと、ショウスケの内野ゴロ悪送球で、ガクホームイン!レン内野安打で2点目をあげ、再度逆転!
 
しかし、3回、4回と、1年サヤハルが守るライトに打たれたりして、再度逆転されるシーソーゲーム!
 
時間的に最終回となる5回、散ドラは満を持して(?)6年生を投入!タクミの右前ヒット、アキヒロのボテボテ内野安打でチャンスを広げ、ヒビキが左越え二塁打を放ち同点!カズ、コダマ、ナオユキの後続は倒れるも、最終回裏はコダマが締めて、引分けで終わりました。



平成25年2月17日(日) 11:30〜12:56  晴れ(かなり寒い)  中野北小学校
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(5年以下主体)      
交友ビクトリーズ(5年以下) 19 ×       35
(投)リサ−ケンタロウ  (捕)レン
【今日の敢闘選手】 
リサ・レンのバッテリーに、一塁ケンタロウ、二塁シュンスケ、三塁タクミ、遊撃ミサキ、左翼アキヒロ、中堅ガク、右翼サヤハルのスターティングメンバー。途中「トイレ交代」で中堅にコダマが入りました。


普通スコアブックって、右斜め下に線ができるように段々になっていくのですが、今日の相手チームのスコアは、「テトリス」のように隙間なく真っ黒になっていて、とても詳報するのが手間なので、割愛させてください^^;。すみません。

エラー9個、捕逸18個、暴投3個、四死球18個…。


平成25年2月17日(日) 9:46〜11:16  晴れ(かなり寒い)  中野北小学校
★練習試合
チーム名
交友ビクトリーズ(6年生主体) 14
散田ドラゴンズ(6年生主体)
(投)コダマ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】 
今日は恒例の交友さんとの練習試合ですが、何とウンフルエンザなどで、6年カズ、5年ナオユキ、ショウスケ、ユイトが欠場するという想定外の事態。しかも、8時の気温は、
マイナス2.3℃ととんでもない寒さとなりました。
コダマとヒビキのバッテリーのほか、1塁タクミ、2塁リサ、3塁サネ、遊撃アキヒロ、左翼ケンタロウ、中堅レン、右翼ミサキの先発でした。

 
初回表、先頭中前ヒットは仕方ないが、3ファウルフライで一死後、5ゴロの一塁捕球エラーで1失点。今日も一塁が鬼門ですが、ファーストも初めてやると難しいですね。4番は中越え2塁打で2点目。5番のレフトの当たりを触ったが惜しくも捕れず3点目。6番の見ればファウルになる2フライを触ってしまい内野安打で一死満塁。次打者を投フライにとり二死としたが、再び5ゴロからの一塁送球が悪送球となり、二者が還って計5失点。後続は抑えたものの、前試合に続き初回に大量失点。
初回裏、相手投手は、久々に見る速球投手でした。アキ何とか当てるも4ゴロ、リサ三振、コダマは投ゴロで三者凡退。
 
2回表、3ゴロエラー、6ゴロ一塁捕球エラー、三塁への盗塁阻止の送球が悪送球とエラーが重なり2点を失うものの、後続は5フライ、6フライ、三振と抑える。
2回裏、サネが三振後、ヒビキがやや高い、力のある球を弾き返し中前ヒット!しかし、タクミ1ゴロ、ケンタロウ三振で無得点。
 
3回表、4ゴロ、4ゴロ、三振で、コダマも三者凡退に抑える。しり上がりに調子をあげる。
3回裏、レン・ミサキ連続三振、アキヒロ四球で出るもリサ投ゴロ。
 
4回表、先頭を3ゴロで一死とするも、次打者のレフトフライをケンタロウキャッチと思いきやグラブがポロリと落ちてセーフとし、続く3番の強烈な中前ライナーをレンが後ずさりして後ろにそらし、続く平凡なレフトフライも緊張しすぎて捕れずと、曲芸野球を展開しましたが、ヒビキの三盗阻止などもあって1点に抑える。
4回裏、コダマ5ゴロ、サネ粘るも最後は抜いた球を三振、ヒビキ3ファウルフライで三者凡退。手も足も出ないとはこのこと。
 
5回表、下位からだが、三連続四死球から、左前テキサス安打で1失点。6ライナーをアキヒロ好捕でダブルプレーのチャンスだったが、惜しくも逃す。次打者のセンター正面へのライナーをまさかの後逸で走者一掃で合計4失点、次打者にも中前ヒットで5点を失いました。それでもコダマは淡々となげ、4番・5番を投フライ、3フライに仕留め後続を断ちました。エースの風格。
5回裏、この回から投手交代するも、こちらも速い。何とタクミ・ケンタロウ・レン三者連続三振!
 
6回表、しかし、コダマも一死後8フライエラーで二塁走者を背負うが、落ち着いて5ゴロ、4ゴロに切って取り、無得点に抑える。
6回裏、ミサキ三振、アキヒロ4ゴロ、リサ三振でこちらも相変わらず無得点。
 
7回表、先頭はレフト線を破る三塁打、次打者の投ゴロの間に1失点。次打者4ゴロを弾くもアキヒロがカバーし一塁転送で間一髪アウト!ナイスプレー!最後は9フライをミサキがしっかりキャッチして、チェンジ!5年生も見習えよ!
7回裏、意地を見せたい散ドラだが、先頭コダマは三振、しかしサネが4番の意地を見せ右中間を破る二塁打。捕逸でホームに還り、やっと1点をあげる。ヒビキ四球で出塁し捕逸で二進。タクミは最後の見せ場で粘り、9球投げさすも、最後は三振に倒れ、なおかつヒビキが走って三振ゲッツーとなり、ゲームセットとなりました。
 
コダマが7回をよく投げたため、点差ほどの開きは感じない試合でした。「普通に」プレーできるチームなら、3、4点しか取られていないところです。しっかり基本を見直そう。それでも、野球は点を取らないと勝てません。バットに当てる、打ったら走る。こちらも磨かないといけません。やることがたくさんあって、良かったですね!



平成25年2月10日(日) 9:41〜11:40  晴れ(やや寒い)  長房小学校
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ  
八王子長房 ×   20
(投)リサ-カズキ  (捕)レン-アキヒロ
【今日の敢闘選手】 低目にいい球が決まったリサ、ナイスヒットのショウスケ
             慣れない捕手を務めたレン、好守に安定していたナオユキ
5年生以下のスターティングメンバーは、ケンタロウがお休みのため、1年生二人も含め全員出場です。投手リサ、捕手レン、一塁シュンスケ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼ユイト、中堅ガク、右翼サヤという布陣です。
 
初回表、ショウスケ三球空振り三振(悪くはないが一球くらい当てよう!)、レン四球で出塁するもけん制悪送球で二塁へ走り補殺で二死、リサ三振で三者凡退。
初回裏、(だいぶ省略させてもらいます)5ゴロ一塁捕球エラーから始まり、次打者三振にとるも、その後四球5個、中前ヒットやセカンド頭を越される二塁打、ショート後ろのテキサス安打、一塁捕球エラー、二塁けん制悪送球などがあり、いきなり9点を失う。
 
2回表、。ナオユキが右前ヒットで出塁するも、後が続かずミサキ三振、ユイト6ゴロ、シュンスケ三振で無得点
2回裏、(だいぶ省略します)打ち取っているが、一二塁間に落ちるテキサス安打2本や、浅い投フライに触って生かした内野安打、一塁捕球エラー、6ゴロエラー、中越え三塁打などで6点を失う。。
 
3回表、ガク、サヤ、ショウスケ三者連続三振。
3回裏、この回も一塁捕球エラー2個、左前ヒット2本、右中間二塁打などで4失点するが、暴投に突っ込んだ三塁走者をレンが刺して何とか4点にとどめる。
 
4回表、レン三振、リサ投フライ、ナオユキ2ファウルフライで三者凡退。
4回裏、先頭の鋭い5ライナーをナオユキが好捕で一死。続く7番の5ゴロは内野安打となるが、ようやく後ろにそらさず。二三盗後、8番三振。9番の時にホームスチールされ、1失点。9番6ゴロエラーで打者走者は一気に三進するが、1番5ゴロ一塁送球アウトでチェンジ。普通の野球ができれば、1点で抑えられるということ(笑)。
 
5回表、この回から6年生も登場。先頭ミサキは懸命に走り二塁のエラーを誘い出塁。代打サネは右越え三塁打でようやく1得点!しかし、ホームスチールを狙って本塁刺殺で一死。代打コダマとタクミ連続四球のチャンスも、コダマ二塁けん制アウトで二死。どうした?!6年生?タクミ盗塁後、ヒビキ三塁線へ強烈な当たりで内野安打となり一三塁。ここで1番ショウスケはレフト線へクリーンヒットを放ち、2点目!代打アキヒロ四球で満塁となってから、代打カズが左越え三塁打を放ち走者一掃。しかも本塁送球が悪送球ボールデッドとなり、カズもホームインし、一気に4点追加。ナオユキ投ゴロでチェンジとなるも、この回6得点で反撃開始。
5回裏、この回から投手はカズに交代。先頭を三振、次打者9ゴロかと思いきや悪送球で生かしてしまうが、4番3ゴロ、5番四球、6番三振でこの試合初めての無得点。
 
6回表、相手も6年生エースが登場。球が速い。先頭ミサキは四球・二三盗からサネの9テキサス安打で1点。しかし、コダマ・タクミは連続三振。その間に暴投でもう1点追加するものの、ヒビキ7フライに倒れ、反撃及ばずゲームセットとなりました。
 
まあ、初めはこんなものでしょうね。しかし、それにしても、監督が「相手や上級生のプレーをよく見るように」と言っていたように、野球を知らなすぎますね。早く野球を覚えよう!それと、失敗してもいいから、もっと積極的にプレーをしないとうまくならないですね。積極的にプレーした失敗は「勉強」ですが、何もしないでした失敗は「ただの失敗」ですからね!
 
がんばれ、散田ドラゴンズ!
 


平成24年12月8日(土) 14:20〜  晴れ  滝が原グランド
★創価大学学長杯1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
みなみ野ファイターズW 3×       10
(投)カズキ  (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】 守備に足を引っ張られながらよく投げたカズ
             風邪rをひきながらがんばったコダマ
負ければ今季最終戦となる学長杯。管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。しかし、ヒビキ・ケンタロウのレギュラー二人を欠く厳しい展開。カズが先発、捕手にはアキヒロ、一塁コダマ、二塁リサ、三塁ナオユキ、遊撃サネユキ、左翼レン、中堅タクミ、右翼ショウスケという先発メンバーです!
 
初回表、アキヒロ・タクミ連続三振、カズ5ゴロで三者凡退。
初回裏、先頭8フライを捕れず生かし二三盗、2番三振、3番四球・盗塁で一死二三塁のピンチとなるが、4番投ゴロ、5番3ゴロで無失点で切り抜ける。
 
2回表、サネ投ゴロ、コダマ左前ヒットで出塁するが、続くナオユキ投ゴロで二塁封殺で二死。リサ4ゴロで無得点。
2回裏、先頭のレフトフライを捕れずに高いバウンドとなり後ろにそらしホームランとされ1点。続く7番のレフトフライも後ろにそらし二塁打、8番は4ゴロで一死とするが、9番右前ヒットで2点目、1番左前ヒットから中継も連続エラーで3点目。しかし、2番投ゴロ、3番3ゴロで後続を断つ。
 
3回表、先頭レン一球も振らず三振、続くショウスケはファウル打ち良い感じだったが高めに手が出て三振、アキヒロ死球で出塁するが、タクミ4ゴロで無得点。
3回裏、4・5番を連続3ゴロで二死とするが、三連続四死球、捕逸で1失点、9番8フライを捕れず二塁打として2・3点目、さらに三塁送球をエラーとして打者走者も還って4点目。1番6ゴロでようやくチェンジ。
 
4回表、中核打線だが、カズ4ゴロ、サネ5ゴロ、コダマ投ゴロで三者凡退。
4回裏、2番は三振に取るも振り逃げのうえ、一塁悪送球で三進。3番3ゴロ内野安打、4番左前ヒットで1点目、5番投ゴロエラー、6番8フライで一死とするが、タッチアップで2点目。二塁走者けん制アウトで二死までいくが、7・8番を連続四球とし、なおかつ最後の球が捕逸となり、三塁走者が還りこの回3点目で、4回10点差となり、コールド負けとなりました。
 
カズは抑えていたものの、守備ががひどかったそうです。ベストメンバーが揃わなかったとはいえ、あと数か月したら、今日いた6年生もいなくなり、5年生以下で戦わなければなりません。5年生の自覚が必要ですね!
 


平成24年11月11日(日) 11:28〜12:52  曇り(寒い)  滝が原グランド
★研修秋季トーナメント1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
北野バイオレンズ 1×       12
(投)コダマ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】 本塁打のカズキ、くさらず投げたコダマ
コダマが先発、捕手にはヒビキ、一塁サネ、二塁リサ、三塁カズ、遊撃アキヒロ、左翼ナオユキ、中堅タクミ、右翼ケンタロウと、最近固定の先発メンバーです!

相手は、研修春季リーグの散ドラと同じグループで1位通通過した強豪北野バイオレンズです!
 
初回表、相手投手はコントロールがよく、球も結構速いです。打ち崩せるか?キャッチャーの肩もとても良いです。1番カズキが四球で出塁し、盗塁の試みるも、見事に刺されてしまいました。2番アキヒロ・3番コダマとも当てたものの投手を抜けず、連続投ゴロで三者凡退。
初回裏、1番強い5ゴロだがしっかりキャッチし一塁送球。やや右にそれた送球に、ランナーが気になったか後ろにそらし二進を許す。盗塁で三進後、2番も四球・盗塁で無死二三塁。3番の当たりは9ゴロのタイミングだが、ファンブルしてアウトもとれず1点先制される。続いて捕逸で2点目。4番の左前ヒットをレフトがトンネルし、一気にホームまで還られ、3・4点目。5番も左前ヒット・二三盗。6番四球・盗塁で、また無死二三塁。ここでまた捕逸するも、カバーに入ったコダマに送球、本塁タッチアウトで一死。7番の浅いセンターへのフライにタクミ前進して好捕、二死。しかし、8番の5ゴロからの一塁送球が悪送球とは言えないものの右にそれ、ランナーが気になったか、後ろのそらし、5点目を献上。9番の浅いセンター・ショート間の当たりは、またまたタクミが前進し、好捕と思いきや、触れもせずに地面に落下、6点目。盗塁・捕逸で三進後、ボークで7点目。1番四球とするが、2番のセーフティバントをカズがダッシュし、間一髪アウトでようやく初回を終了。しかし、いきなり7点のビハインド。それもエラーがらみばかりだっただけに残念。しかし。コダマは切れずによく投げました。
 
2回表、散ドラも中軸で反撃したいが、サネ5ゴロ、ヒビキ6フライ、タクミ5ゴロで、8球であっさり三者凡退。
2回裏、先頭3番の強烈な中前ヒット。打たれるのは仕方がありませんが、今度はセンターが後逸、打者走者は一気にホームイン1点を献上。4番四球・二三盗、5番四球・盗塁、6番の浅いセンター・ショート間のフライを今度はアキヒロがバックし、好捕、一死。7番投ゴロで、もう少し三塁走者をけん制したかったが、一塁送球で二死、しかし、一塁サネも一拍遅れて、本塁送球はセーフで2点目。なおかつ、送球をエラーし、ボールデッドとなり、3点目。8番の当たりは三塁線の強烈なライナー。カズキが好捕と思ったら、グラブからポロリ。しかし、落ち着いてノーバン送球で一塁アウト。チェンジとなりました。
 
3回表、先頭ケンタロウ粘るが最後は見逃しで三振。リサは追い込まれたが、死球で出塁。結構痛かった思うが、ナイスガッツだ。ナオユキも粘るが最後見逃し三振。ここで1番カズキ登場。先週は下級生の作ったチャンスに7フライだったが、今日はどうか?初球ボール、そして2球目高めの速球をきっちりミートすると、打球はレフト線を鋭く破って、外野を転々。一塁走者のリサは二塁でストップしそうなスピード。「リサ〜!走れ〜!!」。リサが三塁を回る頃には、カズキが追い付いそうな勢いで走り込み、リサ・カズキと一気に生還する2点本塁打となりました!!!相手投手が動揺したか、アキヒロに死球を与える。さらに暴投で二進。コダマに期待がかかるが、コダマの当たりはボテボテ。しかし、これが幸いし、ファウルゾーンからドライブして一塁手の左へそれる内野安打となる。さらに、一塁手が一瞬ファンブル。これを見たアキヒロは、先週同様、三塁を蹴って本塁突入。しかし、相手は強豪北野バイオレンズ。さすがに無謀でした。本塁タッチアウトでチェンジ。
3回裏、先頭9番に11球粘られ四球。二三盗で三進され、1番は7フライに打ち取り一死。暴投で1点を許す。2番4フライで二死。かなり高いフライでドキドキでしたが、よく捕りました。3番も打ち取った当たりでしたが、アキヒロが追い付きながらもこぼして生かす。しかし、ボールが落ちたのはセカンド寄りでしたから、リサのボールでした。もう少し前後左右に動けるといいんですけどね。続く4番の当たりは三遊間の強い当たり。今度はアキヒロがしっかりキャッチし、ノーバウンドで一塁送球し、スリーアウトとしました。ショートらしいプレーでした。
 
4回表、ここで相手投手は交代。先頭サネは9フライ落球で出塁。強肩捕手から盗塁を奪い二進。ヒビキの4ゴロで何故か一瞬止まり、一塁送球を見てから三塁に向かい、残念ながらタッチアウトとなりました。二塁走者の時自分の右手(三塁側)の打球は走りませんが、左手(二塁側)の打球はスタートです。タクミ投ゴロで三者凡退で、得点できず。
4回裏、先頭5番をストレートの四球。代走が出て二三盗。得点されると4回10点差でコールド負け。ここで捕逸で三塁走者本塁突入。コダマカバーに入り、アウトのタイミングだったが、タッチが遅かったかセーフのコールで1失点。コールド負けとなりました。
 

 
カズの初ホームランで一矢を報いましたが、相手投手がよく打てませんでした。それとエラーが多すぎでした。相手投手が良くても接戦だったら、何が起きるかわかりません。そのためにも、しっかり守って、次のゲームはベストゲームを期待です。

がんばれ!散田ドラゴンズ!
 


平成24年11月4日(日) 10:01〜11:49  晴れ  川町グランド
☆研修秋季トーナメント1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ 10
恩方スターズ
(投)コダマ⇒カズキ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】 全員ですが、特に最終回のナオユキサネヒビキ
             ケンタロウリサはすごかった。
コダマが先発、捕手にはヒビキ、一塁サネ、二塁リサ、三塁カズ、遊撃アキヒロ、左翼ナオユキ、中堅タクミ、右翼ケンタロウと、前試合と同じ先発メンバーです!

相手は、今シーズン初戦で対戦し、初勝利を挙げた恩方スターズです。しかし、投手は球は遅いもののコントロールは良く、守備も固く、簡単に勝てる相手ではありません。
 
初回表カズキが中前ヒットで出塁、すかさず盗塁。二塁けん制で逆を取られそうになったら、何度もけん制をしてくる。アキヒロが犠打で送ると、3番コダマが中前ヒットであっさりと先制点を挙げる!しかし、サネ3ゴロ、ヒビキ投ゴロと遅い球を打てず1点止まり。
初回裏、1番を5ゴロで一死としたあと、2・3番を連続四球としたものの、4番5ライナー、5番三振で無失点!コダマのマウンドさばきも板に付いてきました。
 
2回表、タクミ5ゴロ、ケンタロウ三球空振り三振(どうしたことだ?)、リサ5ゴロエラーで出塁するも、ナオユキ5ゴロで無得点。皆、タイミングが合わなかったり、お辞儀する低い球に手を出し、凡打の山を築く…。
2回裏、6番投ゴロ、7番7フライを太陽と重なるなかナオユキしっかりキャッチ!8番四球で出すが、盗塁をヒビキが刺して、三者凡退!いいぞ、散ドラ!
 
3回表、先頭カズキ四球、二塁盗塁阻止の送球をエラーし、三進。2番アキヒロの6ゴロを一塁送球するのを見て、カズキがホームイン!あっさり2点目!しかし、コダマ投ゴロ、サネ6ゴロとクリーンナップが続かず。
3回裏、9番投ゴロ、1番三振、2番5ゴロで三者凡退とコダマ完璧!
 
4回表、先頭ヒビキレフト線に大きな当たりを放つも惜しくもファウル。打ち直しは5ゴロに倒れる。続くタクミは右前に落とすヒットで出塁し、捕逸・暴投で三進するが、ケンタロウ三振で二死。リサ中前クリーンヒットで追加点だ〜と思ったら、何と当たりが良すぎ、中堅手も前進守備で、リサの足も遅すぎで、まさかのセンターゴロで無得点。残念!
4回裏、流れをあちらに持っていかれたか、先頭3番に左越え二塁打を浴びる。今日初めての被安打。4番3ゴロで三進、5番6ゴロで1失点。6番四球で歩かすが、ヒビキが再度二塁で刺して、ピンチを救う!
 
5回表、突き放したいところだが、先頭ナオユキ5ゴロ、カズキ5ゴロ、アキヒロ5ゴロ一塁エラー、コダマ投ゴロとみんな緩い球を打ち崩せず。
5回裏、先頭7番5ゴロで一死とするも、8番レフト線ヒット・盗塁、9番投ゴロで二死の間に三進、1番6ゴロをファンブルし、1失点。2番三振でチェンジ。同点に追いつかれる。
 
6回表先頭サネが中前ヒット。盗塁で二進後、暴投で三進したところで逸らしたボールがボールデッドとなり、労せず1得点で逆転!かさにかかって攻めたいところだが、ヒビキのライトへの当たりは惜しくもライトゴロ、タクミの痛烈な当たりはサードライナーと、ヒット性の当たりがいずれもアウトとなって二死。ケンタロウも4ゴロで追加点を奪えず。
6回裏、ここで投手はカズに交代。コダマは一塁、サネが三塁に回る。先頭3番を追い込んでからチョコンとライト線に合され、ライトがもたつく間にランナーは三進。4番はボテボテの3ゴロで、アウトを取りにいった打者走者も、続いてホームに転送した三塁走者もどちらもセーフにしてしまう最悪の展開で、同点とされる。盗塁ので二進後、5番は三振で一死とするが、暴投で三進、6番は四球・盗塁で二三塁のピンチ。7番5ゴロに打ち取るが三塁走者が気になったかファンブルで一死満塁。8番左前ヒットでこの回2点目で逆転される。9番投ゴロでバックホームするが、何と悪送球で3点目。なおも一死満塁。ここで1番が平凡な4フライでようやく二死と思ったら、何と前進守備のリサがまったく惜しくもなく捕れませんでした。なおかつ、その後二塁に投げたボールも悪送球になって、「あちゃ〜」と思っていると、何とインフィールドフライが宣告されていて打者はアウトとなりました。しかし、「インフィールドフライはインプレイであり、危険を冒して進塁してもかまわない」とのことなので、ホームインしていた三塁走者の得点は認められ、4点目を失いました。2番6ゴロをファンブルしながらも落ち着いて三塁封殺し、ようやくチェンジとなりましたが、あまりにも痛い4失点でした
 
3点を追う最終回表、打順は8番リサから。正直厳しい打順です。しかし、相手も投手交代。速い球と遅い球を投げ分けます。この投手交代がどう出るか。先頭リサの5ゴロを一塁がエラー、リサは二進散ドラのツキはまだ残されていました続くナオユキが何と中前に初安打を放ち、一三塁とチャンスを広げる。盗塁で二三塁としてから、1番カズです。期待が高まりますが、うまく合わせたものの振りきれなかった当たりは、7フライで一死となります。続いて「キャプテンの意地みせろ!」アキヒロです。飛んだコースがよく5ゴロ内野安打となり、リサ生還で1得点!そして、何と相手チームはおろか散ドラベンチでも誰も予想していなかった、まさかの二塁走者ナオユキの本塁突入。本人は大丈夫と踏んだのですが、どう見ても気持ち先行。しかし、気づいていなかった一塁手は慌ててバックホームし、悪送球となりました。ナオユキは当然セーフで2点目!アキヒロもテイク2ベースが与えられ、三進。あと1点です!3番コダマは投ゴロで一塁送球で二死。これを見て、アキヒロが本塁突入!これも気持ち先行で、やや届かないのではというタイミング。まさかのゲッツー、ゲームセットという悪夢がよぎります。しかし、まだまだ散ドラにツキは残っていました。またまた、これが悪送球を誘い、アキヒロ生還、同点となりました!お祭り騒ぎの散ドラベンチ。しかし、二死でランナーがいなくなりました。まだ、裏の守りがありますし、仮に同点だと満塁にしての特別延長戦になります。そんなことが頭をよぎりますが、ここから怒涛の攻撃が始まりました!まず、4番サネが中越え二塁打を放ち、続く5番ヒビキが先ほどファウルとなった当たりの打ち直しで、レフト線二塁打を放ち、サネが還り逆転です!タクミは投ゴロに倒れますが、一塁エラーを誘い、ヒビキが還って2点差!ケンタロウは右中間二塁打をかっ飛ばして3点差!続くリサもレフト線二塁打を打って、4点差としました!打者一巡し、ナオユキ5ゴロでチェンジとなりましたが、二死からの怒涛の4二塁打で、この回大量7点を入れて、最終回裏に突入です。
最終回裏、先頭は今日当たっている3番。二球目を鋭く振りぬくと、レフトへ強烈な当たり。ナオユキが追い付くかという動きでしたが、打球の速さと伸びが勝り、頭を越され三塁打となりました。しかし、この1点は仕方ないとベンチも選手が意思統一が出来て、一つ一つのアウトを取りにいきます。すると、前の回あんなにバタバタしたのが嘘のように、4番4ゴロ、5番5ゴロ、6番3フライで1点は与えましたが、見事に守りきり、秋季トーナメント1回戦を劇的大逆転勝利で飾りました。
 
もちろん、反省点も多々ありますが、今朝公園で話した、「6年生は残された試合でそれぞれの持てる力を出し切ること、5年生はそろそろ来年を見据え、自分が試合を決めるんだと思ってプレーすること」が見事に出来たんじゃないでしょか。何と先発全員安打でした!
 
次戦は、強敵春季Bグループ優勝の北野バイオレンズですが、ベストを尽してベストゲームにしよう!
 
がんばれ!散田ドラゴンズ!
 


平成24年10月13日(土) 9:00〜  晴れ  椚田グランド
★研修春季下位トーナメント2回戦
チーム名
散田ドラゴンズ    
横川スーパースターズ ×    
(投)コダマ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】 完投のコダマ、唯一の安打を放ったタクミ
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。コダマが先発、捕手にはヒビキ、一塁サネ、二塁リサ、三塁カズ、遊撃アキヒロ、左翼ナオユキ、中堅タクミ、右翼ケンタロウと、前試合と同じ先発メンバーで、2連勝を狙います!
 
初回表、カズ8フライ、アキヒロ振り逃げ・盗塁もけん制アウトでチャンスをつぶし、コダマ三振で三者凡退。
初回裏、先頭四球・二三盗から捕逸で先制を許すと、2番は7フライエラー・二三盗、3番3フライで一死とするが、4番左前ヒットで2点目。二三盗後、5番三振で二死するが、6番6ライナー内野安打で3点目。しかし、7番三振でチェンジ。3点は取られたが、四球は少なく、よいピッチング。
 
2回表、サネ三振、ヒビキ4フライで二死となるが、タクミが右前ヒットで出塁!しかし、ケンタロウ投ゴロでチェンジ。
2回裏、先頭8番中前ヒット、盗塁・捕逸で三進。9番三振、1番7フライで二死とするが、2番に左前ヒットを打たれ1失点。3番9フライでチェンジ。1点は仕方ない。。
 
3回表、リサ三振、ナオユキ3フライ、カズ投ゴロで三者凡退。なかなかチャンス作れず。
3回裏、4番四球・二三盗、三塁悪送球で1失点。5番中前ヒット、1塁けん制エラー・盗塁。6番投フライエラー・盗塁で無死二三塁のピンチ。7番5ゴロ本塁送球エラーで2者が還って、2・3点目。打者走者も二進後、盗塁・捕逸で4点目。しかし、8番6ゴロ、9番5ファウルフライで二死とし、1番は2ゴロエラーで生かすも、2番3フライで後続を断つ。エラーが響いた4失点!
 
4回表、期待の上位打線だが、アキヒロ3フライ、コダマ投ゴロ、サネ死球、ヒビキ6ゴロで無得点。
4回裏、相手も上位だが、3番6ゴロ、4番4ゴロ、5番4ゴロの三者凡退に仕留める!。
 
5回表、相手投手交代。タクミ4ゴロ、ケンタロウ三振、リサ三振で三者凡退に終わり、5回7点差の規定によりコールドゲームとなりました。
 
敗れはしましたが、投手コダマの可能性を感じさせるゲームだったとのことです。



平成24年9月22日(土) 9:30〜  晴れ  川町グランド
☆研修春季下位トーナメント1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ       13
横川スーパースターズ      
(投)コダマ・カズ  (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】4番の仕事サネ、三塁打アキヒロコダマ・カズの投手陣
            連続タイムリーのケンタロウ・リサの5年生コンビ
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。先週に続きコダマが先発、捕手には先週ケガで欠場したヒビキ、一塁サネ、二塁リサ、三塁カズ、遊撃アキヒロ、左翼ナオユキ、中堅タクミ、右翼ケンタロウの先発メンバーで、本当に久々に6年生全員が勢ぞろいしました。
投手がカズに交代後は、捕手アキヒロ、一塁コダマ、三塁サネ、遊撃ヒビキに守備交代でした。
 
初回表、先頭カズがラッキーな6テキサス安打・二三盗、捕逸で先制!アキヒロはレフト線ギリギリの大きな当たりで三塁打!コダマ四球・盗塁、サネの目の覚めるような痛烈な中前安打が二塁打となり2点目!ヒビキ四球で無死満塁から、タクミの5ゴロを相手バックホームし、「タッチアウト」にいき、相手ベンチからは怒声が飛んだとか(笑)。一死となったものの、7番ケンタロウの右前ヒットで3・4点目!リサの右中間ヒットで5点目!ナオユキ6ゴロで二死となる間に6点目!打者一巡しカズは投フライに倒れましたが、怒涛の攻撃でした!
初回裏、先発コダマは先頭から三者連続四球の不安定な立ち上がり。捕逸で1失点。しかし、4番・5番を連続三振、6番を5ファウルフライで切ってとるよく分からない立ち上がり。
 
2回表、散ドラは上位打線もアキヒロ・コダマ・サネが三者凡退。
2回裏、先頭7番を5ゴロに打ち取ったものの、8番四球、9番中前ヒット、1番四球で満塁から捕逸で1失点、2番四球で再び満塁となったところで、迷わずカズにスイッチ。3番5ゴロで二死の間に1点を失うものの、4番三振で好リリーフ。
 
3回表、先頭ヒビキ四球・盗塁・暴投で三進、相手投手交代、タクミ振り逃げ。三塁けん制エラーでヒビキが還って1点!ケンタロウ死球、盗塁で二三塁となってから、リサの投ゴロをバックホームするも、タクミはセーフとなって2点目!ナオユキ四球、カズ6ゴロ内野安打で3点目!アキヒロ四球で4点目!コダマはセンターでいい当たりも正面で一死、飛び出していた二塁走者カズもダブルプレーとなり二死。しかし、4番サネが左前ヒットで5点目!ヒビキ投ゴロでチェンジとなるも、貴重な中押しの3回となりました。
3回裏、先頭5番を3ファウルフライで一死とするも、6番6ゴロ内野安打、一塁送球エラーで二進、7番死球、8番右前ヒット、9番中前ヒットで2点を失う。1番6ゴロ内野安打で満塁のピンチを迎えるも、2番の8フライダブルプレーでピンチをしのぐ
 
4回表、相手投手交代。先頭タクミは四球・盗塁、ケンタロウ投ゴロで一死となる間に三進、捕逸でタクミ還って1点。リサ・ナオユキ・カズ三者連続四球で、投手交代。アキヒロ三振で二死となるが、コダマ四球で2点目。サネ投ゴロでチェンジとなるも、ダメ押しの4回でした。
4回裏、3番投フライで一死とするも、4番中越え三塁打、5番6ゴロで二死の間に1失点。ここでしっかり切りたかったが、6番6ゴロエラー、7番4ゴロエラーで課題を残すが、8番3ゴロでゲームセットとなる。
 
今日はコダマが不安定だったものの、そのおかげで二番手カズが生きたそうです。二人で相手のタイミングをずらしました。コダマとカズが半分ずつ投げる勝利の方程式で、監督の采配がずばり決まり完勝だったとのことです。

2回戦もがんばれ、散田ドラゴンズ!



平成24年9月16日(日) 9:00〜10:35  晴れ  滝が原グランド
★連盟秋季大会1回戦
チーム名
ビートルズSC    
散田ドラゴンズ    
(投)コダマ・カズ  (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】  3得点のカズ、2安打・2盗塁阻止のアキヒロ
              同点打のケンタロウリサ
久しぶりの試合ですが、どうなりますか。ヒビキがケガで欠場のため、先発は初先発となるコダマ、捕手アキヒロ、一塁サネ、二塁リサ、三塁ナオユキ、遊撃カズ、左翼ケンタロウ、中堅タクミ、右翼ショウスケという、6年生5人、5年生4人のスターティングメンバーでした。
 
初回表、先頭打者を追い込んだものの、バッターはまったく振る気がなく結局四球2番も四球。暴投・盗塁で二三塁となってから、三番のフラフラあがった当たりはレフト前のテキサス安打となって、1点を先制される。盗塁され再び二三塁となるが、4番は三振にとり一死。5番の投ゴロで三塁ランナーが本塁突入!父たちの「バックホーム」の声で、コダマはバックホーム、アキヒロが三塁に追い込んで三塁送球するも、後ろにそらし、ホームインされ2点目を失う。打たれていないだけに残念。再び二三塁から、暴投で三塁走者が突っ込むが、今度はアキヒロが間一髪タッチアウトにして二死。しかし、6番四球・盗塁で、再び二三塁のピンチ。しかし、7番を投ゴロに打ち取り、この回2点に抑える。
初回裏、相手投手は中学生のような体格で速い球を投げますが、打てないほどではなく、制球も今イチです。先頭カズは手堅くボールを選んで四球で出塁すると、盗塁・捕逸で瞬く間に三進。2番リサに期待がかかるが、見逃し三振で一死。3番アキヒロの4ゴロ内野安打でカズが還って1点返す。サネ投ゴロエラー・盗塁で二三塁のチャンスが続く。5番コダマはうまく合わせるが惜しくも7フライで二死。6番タクミは粘るも三振で、この回1点どまり。

2回表、8番死球・二三盗で三進され、9番の当たりは前進守備のカズの横を襲うがよく捕球し、すかさず本塁送球。アキヒロ三塁走者を追うがタッチしきれず、三塁送球するが、またもやエラーとなり、走者を生かし、打者走者も二塁進塁。1番四球で無死満塁となったところで、カズにスイッチ。カズは緊急登板で準備不足か、2番に四球を与え、押し出しで1点目、3番にはストライクを取りにいった緩い球を出会い頭気味にレフトオーバーに運ばれ、走者一掃の二塁打となり、4点目。しかし、ここから4番三振で一死、5番のファースト後ろのフライをコダマがファインプレーで二死。6番5ゴロをナオユキが落ち着いてさばいで後続を断つ。しかし、序盤で6対1と大量リードを許す厳しい展開。
2回裏、反撃したい散ドラだが、7番ナオユキが高いクソボールを空振り三振。ケンタロウも高いボールを振って空振り三振。ショウスケも高い球を振って追い込まれて、最後はメットをかすったように見えたが、バットをかすって捕球したと判定されて三振。三者三振でした。5年生の奮起を期待。
 
3回表、7番投ゴロ、8番左前安打・盗塁で二進され、さらに三盗を狙うが、ここはアキヒロがいいところに送球し、ナオユキもしっかりタッチにいきアウトとする。9番の投ゴロは妙な回転がかかって手につかず生かしてしまうが、今度はアキヒロが二塁で刺して、こちらも三者凡退に抑える。
3回裏、先頭カズは6ゴロとなるが、ファーストがエラーし二進・三盗。リサ四球・盗塁。アキヒロ四球で無死満塁から、暴投でまずカズが還って1点!サネは粘ってライト前に運び、惜しくもライトゴロ一死となる間に2点目!続くコマダの投ゴロに三塁走者アキヒロが飛出し、三本間に挟まれる!捕手から三塁への送球が悪送球となり、再びアキヒロが本塁突入。しかし、ボールはそれほど後ろに行っておらず、危ないタイミングだが、本塁カバーの投手が中途半端な位置にいたことが幸いし、悪送球となり、アキヒロ還って3点目!さらに、悪送球のボールが一塁ベンチに入りボールデッドとなり、打者走者のコダマまで還って4点目!タクミ四球で出塁したところで、投手交代。今度は小柄で山なりボール。タクミ盗塁後、ナオユキ5ゴロで二死となる間に三進。ケンタロウの叩きつけた当たりは、三塁の頭を越える内野安打でタクミが還って何と5点目!怒涛の攻撃で同点に追いつきました!!!
さらに攻撃と行きたいところでしたが、ケンタロウが盗塁でスライディングせずに、二塁を飛び出してしまいタッチアウトで攻撃終了。
 
4回表、しっかり締めたいこの回、先頭1番は3フライで一死。2番5ゴロで二死と思いきや、送球を焦り悪送球となり、二進される。さらに、三盗を狙った走者を刺そうとした三塁送球を後ろにそらし痛恨の1点を与えました。ボールを捕る前に走者に目が行っていました。3番投ゴロ、4番6フライに抑えただけにもったいなかった。
4回裏、先頭9番ショウスケは高めを振って、最後は見逃し三振で一死。しかし、カズはしっかり中前に運び、すかさず二三盗で三進。ここでリサの役割は転がすこと。監督からも転がせとの指示。追い込まれながらも、何とか6ゴロを放ち、カズを向かい入れ再び同点!!アキヒロ中前ヒットで続き、盗塁で二進。サネの当たりは内野安打になるかという6ゴロだったが、逆転を焦ったか、アキヒロ本塁突入でタッチアウト。
 
5回表、先頭5番は中前ヒット・盗塁、ここまでは仕方がない。が、二塁けん制がランナーと重なり後ろにそらし、しかもサネが見失う間にランナーは三塁へ。タクミがカバーし、三塁送球するも、ランナーのメットに当たって相手ベンチに入りボールデッドで労せず勝ち越しの1点を与えてしまう。もったいない。気落ちしたか6番に四球を与えるが、7番投ゴロで二塁フォースアウト、8番三振、9番3ゴロで後続を断ち、最後の攻撃に。
5回裏、打てない投手ではなく、6年生に期待がかかるが、コダマ3ゴロ、タクミいい当たりも4ゴロで二死。しかし、ここから粘り、ナオユキ5ゴロで一塁への激走が悪送球を誘い二進。ケンタロウもよく見て四球。暴投でナオユキは三塁へ。ここで代打シュンスケ。ボール、ボールで2ボールとなるが、次の球を空振り。そして、ボールで、スリーボール・ツーストライクとなる。シュンスケが出れば、満塁でカズに回るため、ベンチは固唾を飲んで見守るが、最後は見逃し三振で残念ながらゲームセットとなりました。
 
二度追いつく粘りを見せましたが、三度目はありませんでした。こちらの得点もエラーがらみが多かったですが、相手に与えた得点もエラーがらみが多かったです。
 
そして、攻撃では、相変わらず緩い球をしっかり打つことが出来ません(特に5年生)。そのあたりが中々勝てない理由だと思います。
 
ビートルズさんは、研修リーグの違うグループで0勝で最下位となっています。こちらは1一勝で下から二番目です。守りをしっかりすること、トスバッティングやティーでしっかり打てるようになること。いずれにしても、基本が大切だ!
 
がんばれ、散田ドラゴンズ!



平成24年7月29日(日) 9:00〜10:33  晴れ  滝が原グランド
★新人戦1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ          
東京ビアーズ 21           30
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】  リサをはじめ、みんなよくがんばりました!
試合開始の9時には30.9℃となった猛暑の中での新人戦!1年生2名を加え、やっと出場にこぎつけましたが、どうなりますか。
 
初回表先頭レンが四球を選んで出塁。2番ミサキの時に捕逸で二進。ミサキは粘ったものの三振に倒れ一死となるが、3番リサがライト前にヒットを放ち、ライトがもたつく間に、何とレンがホームインし、奇跡の先制点!!大いに盛り上がる三塁側ベンチ。しかし、ケンタロウはファウルチップのように見えたが、アピールも認められず三振。ナオユキも5ゴロに倒れ、追加点ならず。
初回裏、リサは高いマウンドと、踏み出す足の穴に足が滑り、いつものようにストライクが入らない。マウンドを掘るように言うも「???」。
1番死球・二三盗・捕逸で1点、2番四球・盗塁・暴投で三進、3番四球から投手への返球をエラーし2点目。打者走者は三進。4番は痛烈な5ライナーだが、ナオユキがナイスキャッチ。そのまま素早く3塁に入れば、ダブルプレーだったが、惜しくもセーフ。5番の時暴投で3点目、5番は四球・二三盗・暴投で4点目。6番四球・二三盗・三塁送球をエラーし5点目。7番三振で何とか二死。8番から3番まで5連続四球でさらに4点を失い、迎えた4番を4ゴロに打ち取り、ミサキからレンに送球、ワンバンとなるもレンがしっかり押さえ、やっとチェンジ。長かった。

2回表、6番ショウスケは6ゴロで惜しくもアウト。7番ユイトは三振。8番シュンスケは粘って四球を選ぶ。ここでバッターは9番ガク!ベンチからの大声援を受け、見事に四球を選び、二死一二塁のチャンス。走者を考えたらホームランしかない場面だが、1番レンは投ゴロに倒れ、無得点。
2回裏、しっかりマウンドを掘るように言って送り出したが、遠慮がちにしか掘らずに相変わらず、マウンドには苦戦。
先頭5番から3連続四球、8番は死球、9番から2番まで再び3連続四球、暴投・捕逸で次々にホームインし、一人はケンタロウがタッチに行って一度はアウトのコール。プレーが終わってからボールをこぼしたように見えたが、ランナーがベースを踏み直すと、今度はセーフのコール。ここまでで5失点。3番には三塁線を破られ、シュンスケ‐ショウスケ‐ナオユキと中継し、バックホームは際どいタイミングと思ったが、何と(!)リサがカットしてしまい、満塁本塁打となり、9点目。4番6ゴロをエラーし、カバーしたセンター・ユイトからの二塁への返球をエラー。打者走者は二塁に向かい、カバーしたレンから二塁送球するが、惜しくもセーフ。アウトが遠い。打者が一巡したここで主審が一旦水分補給休憩。
仕切り直しで、5番から7番まで3連続四球で満塁。どこでもフォースアウトのチャンスに、8番は投ゴロに打ち取るが、やや高い送球だったものの捕球できずに、10点目。連続捕逸で11点、12点目。9番3ゴロでようやく一死の間に13点目。1番四球、2番6ゴロを捕れず、3番の時暴投で14点目。何度言ってもケンタロウはカバーのリサに投げずに自分でタッチに行く。更に暴投で三塁走者が突っ込んでくるが、またもケンタロウがタッチにいき、今度は何とかアウトにしてようやく二死。あと一人だから、監督は続投でいくが、ここからがまだ長かった。
3番から5番まで3連続四球で15点目、6番の時暴投で16点目、6番は4ゴロに打ち取るも、待って捕っては3年生のミサキではアウトにできず内野安打で17点目。7番の当たりは投手右の当たりだが、追う力が残ってないかリサは捕れず、ナオユキも一瞬「オレ?」という感じで対応が遅れ、捕球したものの内野安打とする。8番四球、9番の時捕逸で18点目、9番は4ゴロでようやくチェンジと思いきや、なんとファンブルしセーフとする。19点目。1番の時捕逸で20点目。1番5ゴロを今度はナオユキが落ち着いて一塁送球で長い長い2回がようやく終わりました。私のスコアブックでは、三塁走者残塁で20点なのですが、主審は21点でした。もはやどちらが正しいかわかりません。
 
昔は3回を終えないと試合成立ではなかったと思うのですが、ルールが変わったのか、時間が過ぎているとのことで、3回表の攻撃はなく、試合終了となりました。
 
倒れる部員が出るのではと心配になる、非常に大変な試合でしたが、何とかアウト6つをとって試合をやり切ったのは良い経験になりました。次には、もっといい試合が出来るように練習をがんばろう!
 



平成24年6月24日(日) 9:32〜  晴れ  椚田グランド
★市長杯1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
中郷イーグルスA ×       12
(投)カズキ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】  初ヒットのリサ、2安打目のケンタロウ
              打点をあげたナオユキ
              2度目の登板のコダマ、初登板のサネ
              全力疾走のカズ、復帰後初安打のアキ
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアを取ってくれました。アキヒロが復帰したものの、今度はヒビキが骨折し、タクミと合わせ6年生2人が負傷欠場、カズの足の痛みのため、ポジションもいつもと違い、投手コダマ、捕手アキヒロ、一塁カズ、二塁リサ、三塁サネ、遊撃ナオユキ、左翼ケンタロウ、中堅レン、右翼シュンスケにという先発メンバーで、サネが継投したそうです。
 
初回表、アキヒロが復帰後初ヒットとなる右前テキサス安打、リサ9ゴロ、コダマ3ゴロで二死三塁。4番サネは5ゴロでこの回無得点。
初回裏、先発コダマは1・2番を連続四球、3番3フライで一死とするも、4番のセンター前への当たりをホームランにしてしまい3失点。5番左中間二塁打、6番のレフトへの当たりも惜しくもエラーとなり4点目。連続四球で満塁とするも、9番2フライ、1番投ゴロと何とか踏ん張る!

2回表、先頭カズは微妙な当たりも自分で判断せず一塁へ全力疾走!投げ捨てたバットに転がってきたボールが当たるラッキーなヒット(掲示板のサネチチさんの報告参照)!ナオユキが投ゴロで一死となる間に、カズ三進。ケンタロウ5ゴロで二死となる間にカズ生還で1点を返す!カズの足で稼いだ1点です。レン3ライナーでチャンジ。
2回裏、この回からサネが公式戦初登板!2番の6ゴロは惜しくもエラー。二三盗で三進。3番三振、4番四球・盗塁で一死二三塁で、5番投ゴロで二死の間に三塁走者が還って1失点。しかし、6番5フライに抑える上々の内容。
 
3回表、先頭シュンスケは三振、アキヒロ5ゴロで二死。ここで5年リサがセンター前に落ちる中前ヒット!ようやく出ました、公式戦初ヒットです!しかし、コマダ投ゴロで無得点に終わる。
3回裏、5ゴロ一塁送球の捕球エラー、四球。9番3フライで一死後、1番の左越え二塁打で2失点。2番四球。捕逸で3点目。3番左越え二塁打で4点目。4・5番連続四球。連続暴投で5・6点目。6番3ゴロで二死の間に7点目。7番も四球とするも、8番6ゴロで何とかチェンジ。サネチチさんのスコアには「初球ストライクが課題!」とありましたが、2回がいい出来だったのにどうしたんでしょうね。無心の投球といろいろ考えてしまっての投球という違いでしょうか?
 
2点入れないとコールドとなる4回表、先頭サネが中越え二塁打、カズの犠打で三進。ここでナオユキは、あわやヒットかという大きな8フライ。センターに好捕されたものの、サネがタッチアップで生還し、2点目。あと1点取らないとコールドとなるところで、ケンタロウが左前ヒットで続く!しかし、残念ながらレンは三振でゲームセットとなりました。
 
サネチチさんによると、5年生にも自覚が出てきたような気がするとのことで、散ドラが回る下位チームトーナメント戦が楽しみです、とのことでした。がんばれ、散田ドラゴンズ!


平成24年6月3日(日) 10:55〜12:05  曇り  滝が原グランド
★市長杯1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
由木東ワイルドキッズ 2×       11
(投)カズキ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】  3年生で公式戦初出場のミサキ
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアを取ってくれました。アキとタクミの6年生2人が負傷欠場、5年生のレン休み、ユイト体調不良のため、投手カズ、捕手ヒビキ、一塁コダマ、二塁リサ、三塁サネ、遊撃ナオユキ、左翼ケンタロウ、右翼シュンスケに、中堅には何と3年ミサキ!という先発メンバーだったとのことです。
 
初回表、ヒビキ避けたバットに当たる5ゴロ、リサ三振、コダマ6フライで三者凡退。
初回裏、1番投フライ、2番5ゴロ一塁送球の捕球エラー・捕逸・けん制エラーで先制される。3番はセンター前ヒットが高く弾んであわや本塁打となる三塁打・暴投で2点目。4番振り逃げで生かすも、5番投フライで二死、一塁走者飛び出しており、一塁転送するも、一塁コダマはベースではなく、走者にタッチにいく。ベンチからは「ルール覚えろ〜」の大合唱(笑)。
 
2回表、カズ5ゴロ内野安打、けん制エラー・盗塁で三進、サネの5ゴロエラーの間に1点返す。サネ盗塁で三進するも、ナオユキ、ケンタロウ連続三振。初打席のミサキは四球を選ぶも、シュンスケ三振で後続続かず。
2回裏、先頭6番の4フライを追わずにテキサス安打とし、盗塁のあと、7番5ゴロ一塁送球の捕球エラーで1失点。8番投ゴロで一死とするが、9番3ゴロエラーで2点目、二三盗から1番5ゴロ本塁補殺で二死。しかし、2番の打球はセンターを襲い、本塁打となり、3・4点目。3番3ゴロでようやくチェンジ。
 
3回表、先頭ヒビキ左線を破る本塁打性の当たりも、一塁を踏み忘れ、戻るロスがあり、三塁打止まり。しかも、続くリサの5ゴロに突っ込み、本塁補殺で一死。コダマの4ゴロでリサ二塁封殺。カズ四球で一二塁。サネ5ゴロであわやセーフのタイミングだが、塁審のコールは残念ながらアウトで無得点に終わる。
3回裏、4番の右前の当たりをライトゴロに出来ずヒット、5番の中前の当りを今度はミサキが単打に抑える。6番のファウルフライをカズがファインプレーで一死。しかし、7番センター三塁打で2失点。8番4テキサス安打で3点目、盗塁阻止で二死。9番の9フライ?をグラブに入れるが、両手で捕球せずエラー。二盗のあと、三盗阻止でチェンジ。
 
4回表、ナオユキ3ゴロ、ケンタロウ三振、ミサキ死球で出塁するも、シュンスケ3ゴロで無得点。
4回裏、先頭1番死球、2番6ゴロをグラブに当てるもエラーで一二塁。3番左前ヒットで満塁。暴投で1失点。4番右線を破る本塁打性の当たりで、2点目が入ったところで、4回10点差のコールド負けとなりました。
 
初出場の3年生ミサキに4本もボールが飛んで、しかもミサキ父からは叱咤する声が飛んだということで、本当に気の毒ですが、入団3か月ほどの3年生が公式戦に出場するって、大変なことです。これに懲りずに、積極的にプレーしましょう!お疲れ様!


平成24年5月19日(土) 9:32〜11:00頃  晴れ  椚田グランド
★研修連盟春季大会4回戦
チーム名
散田ドラゴンズ    
台町四丁目子供会 ×     10
(投)カズキ  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】  
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアを取ってくれましたが、仕事は昼からだったので、1時間くらいは試合観戦をしました。アキとタクミの6年生2人が負傷欠場のため、投手カズ、捕手ヒビキ、一塁コダマ、二塁リサ、三塁サネ、遊撃ナオユキ、左翼ケンタロウ、中堅レン、右翼シュンスケという先発メンバーでした。
 
初回表、先頭ヒビキは三振、2番リサは死球・暴投で二進、3番コダマは6内野安打で一死一三塁のチャンス。しかし、4番カズの6ゴロにリサが本塁に走り、余裕でアウト。チャンスをつぶす。サネ四球もナオユキ5ゴロで無得点。
初回裏、1番は5ゴロ、2番左前ヒットを打たれるが、けん制アウトで二死。3番四球・捕逸とするも、けん制でうまく釣り出し、三者凡退と思ったところ、三塁悪送球で1点先制される。続く4番は弱い当たりだが、二塁リサの追い方はもっと緩く、右中間に転がり、三塁打とされる。5番の体格のいい子ににはガツーンと左中間二塁打を打たれ、2点目。6番右越え三塁打(?)で3点目。7番投ゴロでようやくチェンジ。
 
2回表、7番ケンタロウからの下位打線だが、何と何とここからチャンスを作る。ケンタロウ粘って四球、レンはストレートの四球、シュンスケ死球で無死満塁のチャンス!ヒビキはこのチャンスに力んで2打席連続三振。リサはライト前かという3ゴロで一死ろなるが、三塁走者を迎え入れ、1打点を挙げる。コダマは右前ヒットで2点目。カズキ5ゴロ内野安打で3点目!同点に追いつく。なおもチャンスで、5番サネは力んで三振。天を仰ぐ。
2回裏、先頭6番の浅い2フライを捕りにいき、ワンバンで体に当ててしまい内野安打・盗塁。9番投ゴロで一死の間に三進。1番5ゴロで本塁刺殺で二死。盗塁・暴投で三進後、2番のボテボテの当たりは三遊間の頭を越され1点を失い、逆転さえる。3番5ゴロでチェンジ。
 
3回表、先頭ナオユキは根元に当たった打球がライト前に。しかし、足が遅く惜しくもアウト。ケンタロウは三振で二死。しかし、ここから、レン・シュンスケ・ヒビキが連続四球で、初回の再現かと思いましたが、リサは残念ながら三振で無得点!惜しい!残念ながら、管理人はここでグランドを後にしました。
3回裏、先頭4番の当たりをシュンスケが止めるも、コダマが一塁に入るのが遅れヒットとしてしまう。5番左越え三塁打で1失点。6番の当たりはショート後ろの当たりだが、センター動かず、テキサス安打となり、2点目。7番5ゴロで一死。8番6ゴロエラーで3点目。9番5ゴロで二死となる間に三塁走者が入り、4点目。1番5ゴロ一塁捕球エラー・盗塁で三進されるが、暴投から本塁刺殺でチェンジ。
 
4回表、コダマ四球・盗塁から捕逸で三塁に向かうが躊躇してタッチアウト(前の打席でも盗塁時、誰も何も言ってないのに一塁に戻りかけ、注意されていました)。カズ6ゴロで二死。サネ6ゴロ内野安打。ナオユキ・ケンタロウ連続四球で再び満塁のチャンス!ここで投手交代し、レンは三振で惜しくも無得点。
4回裏、2番投ゴロ、3番・4番はセンター前ヒットを直線的に追いかけて抜かれ、2点を追加される。後続は投ロ、5ゴロで断つ。
 
5回表、先頭シュンスケ三振、ヒビキは四球・盗塁、リサ三振で二死。コダマの左前ヒットで1点追加。カズキも左前ヒットで2点目。しかし、サネ4ゴロに倒れ、タイムアップでゲームセット。
 
サネチチさん曰く、あと一本が出ず勢いに乗れず、なぜ、負けたんだと思う反面、あれじゃあ勝てないと思うような変なゲームだったとのこと。5年生以下は、四球でチャンスを作ったものの、走れない、守れないで、ちょっとカツを入れないといけませんね!とのことでした。



平成24年5月12日(土) 9:30〜10:30  晴れ  川町グランド
★研修連盟春季大会3回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
城山キッズ 2×         16
(投)カズキ-コダマ(2回途中)  (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】  公式戦初登板のコダマ、他リサ、レン、ナオユキも奮闘!
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアを取ってくれました。キャプテンが今度は剥離骨折で欠場のため、投手カズ、捕手ヒビキ、一塁コダマ、二塁リサ、三塁サネ、遊撃ナオユキ、左翼ケンタロウ、中堅タクミ、右翼レンという先発メンバーだったそうです。
 
初回表、ヒビキ7フライ、コダマ三振で二死となるも、カズの左前ヒット・盗塁、サネの6ゴロ内野安打の間にカズが還って、1点先制!
初回裏、今日は立ち上がりからカズが乱調だったそうです。球に力なく、ストライクを取りにいく置く球で、ことごとくボールになっていたとのことです。1番ストレートの四球・捕逸、2番左越え二塁打で同点とされ、暴投で三進後、3番3ゴロで一死の間に2点目。4番5ゴロは、サネからコダマへのナイスプレーで二死。しかし、5番へは2ボールから死球で、ピッチャーのカズは集中力が切れてしまったとのことです。6番の6ゴロはエラーになったものの、ナオユキが何とか止めて「おっ」と思えるプレー。7番四球で満塁。8番投ゴロで一塁封殺でいいのに、何とカズがバックホームする野選で3点目。9番から3連続四球で6点をとられ、3番の9ゴロをレンからコダマへ送球、ライトゴロとして何とかチェンジとなりました。
 
2回表、ナオユキ、ケンタロウ連続三振、リサ投ゴロで三者凡退。
2回裏、先頭4番左線三塁打、5番のセンターへの当りは捕れる当たりだったがヒットとして1点。二三盗、6番四球、捕手からの返球をエラーし、2点目。捕逸で3点目。7番四球・盗塁、連続暴投で4点目。8番6内野安打・暴投・捕逸で5点目。9番四球・盗塁・捕逸で三進後、捕手ヒビキからサネへのけん制タッチアウトで一死。しかし、ここから3連続四球で一死満塁。ここで投手は先日練習試合で初登板したコダマにスイッチ!4番は3フライに打ち取り一塁に回ったサネがナイスキャッチで二死!しかし、5番の時、ボークで6点目。5番4ゴロエラーで7・8点目。残念でしたが、この打者走者を再び、ヒビキから三塁カズへのナイス送球でアウトにして、チェンジ!
 
3回表、レン三振、ヒビキ投ゴロ、コダマ三振で三者凡退。
3回裏、2イニング目のコダマ、先頭4ゴロで一死、7番・8番連続四球から9番5ゴロをカズがスーパーキャッチ!1点は入れられたものの、二塁リサへ送球し、タッチアウトで二死!しかし、1・2番連続四球、3番に左前ヒットを打たれ、この回2点目が入った段階で、コールドゲームとなりました。
 
3試合連続のコールド負けとなりましたが、サネチチさんによると、次につながるゲームだったとのこと。エラーにはなったもののナオユキがショートゴロを止めたり、レンのライトゴロ、ヒビキとサネのランダンプレー、カズとリサのランダンプレーなど、随所に「おっ」と思わせるプレーがあったとのこと。
 
そして、何と言っても、2回一死満塁でコダマが登板した時には、「いや〜胸が高鳴りました」だそうです。セットができない、プレートの使い方が分からないなど、悪戦苦闘する中では、今後に期待を持たせる内容だったとか。カズがちょっと悩んでいるようですから、投手コダマに期待したいですね!



平成24年4月21日(土) 9:00〜10:15頃  曇り  大谷グランド
★研修連盟春季大会3回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
北野バイオレンズ ×       15
(投)カズキ (捕)ヒビキ
【今日の敢闘選手】  公式戦初キャッチャーのヒビキ、4番の仕事のサネ
管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアを取ってくれました。散ドラ史上最悪のゲームだったのでは…とのことでした。キャプテンが突き指で欠場のため、投手カズ、捕手ヒビキ、一塁コダマ、二塁リサ、三塁サネ、遊撃ナオユキ、左翼ケンタロウ、中堅タクミ、右翼レンという先発メンバーだったそうです。
 
初回表、先頭ヒビキが左前ヒット、コダマ4ゴロエラー、カズ3ゴロ内野安打で、いきなり無死満塁の大チャンス!ここで4番サネが左中間二塁打で二者を還す4番の仕事!このまま一気に行きたいところだが、タクミ三振、ナオユキ投ゴロ、ケンタロウ三振に倒れる。まだまだ、上位打線との差が大きいですね
初回裏、先頭の中前ヒットは悪くとも二塁打の当たりが何とランニングホームランに…。2番四球・盗塁、3番右前ヒットとエラーで2点目。けん制アウトで一死となるが、4番6ゴロ内野安打・盗塁、5番5ゴロ一塁捕球エラー・ボールデッドで3点目。6番5ゴロで二死までこぎつけるが、7番左前ヒットで4点目。8番投ゴロでようやくチェンジ。
 
2回表、リサ、レンが連続三振、ヒビキ四球を選ぶも、コダマ8フライでチェンジ。
2回裏、先頭9番右前ヒット・盗塁、1番6フライで一死とするも、2番の中前ヒットがイレギュラーして抜かれ、茫然と立ち尽くす間にホームランとなって2点を失う。3番3ゴロで二死とするも、今度は4番の二塁打の当たりがこれまたホームランに。5番左前ヒット、6番四球、7番の6ゴロは三塁に入っておらず封殺できず内野安打で満塁、8番中前ヒットで2点追加。9番中前ヒットで追加点。1番3ゴロでようやくチェンジとなるも、怒涛の8失点。
 
3回表、カズ5ゴロ、サネ5ゴロ、タクミ振り逃げ、ナオユキ三振で無得点。
3回裏、2番中前ヒット、一塁けん制エラー、二塁けん制エラー・センターカバーエラーで一気にホームに還り1失点。。3番三振、4番6ゴロ内野安打、5番四球、6番投ゴロで二死とするが、7番右前ヒットで2点追加。8番三振でチェンジ。
 
4回表、10点差以上をつけられ、点を取らないとコールド負けとなるが、ケンタロウ5ゴロ、リサ投ゴロ、レン6ライナーで三者凡退となり、ゲームセット
 
非常に厳しい試合だったようですが、公式戦初キャッチャーのヒビキは良かったようです。


平成24年4月15日(日) 13:30〜15:30頃 晴れ  長房小
★練習試合(5年生以下中心)
チーム名
散田ドラゴンズ  
八王子長房 12 ×   24
(投)リサ-コダマ (捕)ケンタロウ-ヒビキ
【今日の敢闘選手】 好守に大活躍のケンタロウ、初登板のリサ、コダマ
今日は5年生以下中心での初試合です。1年生のガク、3年生のミサキに加え、急きょユニフォームを手配して出場した5年生ユイトを加えても1名足りず、6年のタクミも加わっての先発陣。果たして試合になるのか?
 
先発リサはがんばりましたが、四球と打ち取った当たりもアウトにしてもらえず、打者一巡し、最後の方は手投げになってしまいましたね。それでも、しっかり1回を投げ切りました。1回のアウトは、捕手ケンタロウの本塁タッチアウト二つと三振でした。
 
2回以降は、6年生コダマが初登板!2回は打ち取ってもなかなかアウトに出来ず、7点を失いましたが、3回以降は、普通の試合みたいでした。これからが楽しみです。もっと強い球が投げられるはずです。
 
打つ方では、1回の見せ場は、四球で出たナオユキの盗塁です。2回の見せ場は、ガクの振り逃げでしたが、これは本当は一死1塁だったので振り逃げにはならないはずですが、主審もお愛嬌で見逃してくれたのでしょうか。しかし、1・2回とも満塁までいくものの無得点。
3回の見せ場は、何といってもケンタロウ。追い込まれてから、ドンピシャのタイミングで振り切った打球は、レフト線ギリギリを鋭く破る三塁打となりました。一塁塁審の管理人も思わず「走れ!」と声をかけてしまいました(笑)しかし、後続続かず無得点。

そして5回、一死からケンタロウの右前ヒットをライトが後逸し二進。シュンスケ四球、二死からヒビキの中前テキサス安打で満塁!!ミサキの四球で1点を返し、コダマの左前安打で2点を入れました!!
6回は四球で出たラッキーボーイ・ケンタロウがパスボールで三塁を狙いますが、惜しくもタッチアウトでゲームセットとなりました。
 
大量点差の敗北ですが、とりあえず試合になっただけでも収穫です。でも、2回からは6年生コダマが登板ですから、新人戦に向けては、5年生以下だけでも5回くらいは投げられるようになりたいですね!



平成24年4月7日(土) 9:33〜10:55頃 晴れ  川町グランド
★研修連盟春季大会2回戦
チーム名
みなみ野ファイターズE     12
散田ドラゴンズ    
(投)カズキ (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】 初ヒットのケンタロウ
管理人は休みだったものの倅の入学式だったため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。今回は、ライトはリサが先発だったそうです。
 
初回表、8フライエラー、けん制捕球エラーで三進、2番三遊間の当たりをお見合いしての内野安打で1失点、二三盗から3番2ファウルフライで一死とするが、4番右中間安打で2点目、二三盗から5番三振で二死までくるも、6番4フライエラーで3点目。二盗からけん制で刺して何とかチェンジ。
初回裏、ヒビキ三振、コダマ投ゴロ、カズ投フライで三者凡退。
 
2回表、7番三振、8番投ゴロ、9番5ゴロ送球捕球エラーで二進するも、1番5フライで無失点。
2回裏、サネ5ゴロ、アキ5ゴロ内野安打・二三盗、タクミ四球・盗塁で二三塁のチャンスを作るが、ナオユキ三振、ケンタロウ投ゴロで無得点。
 
3回表、先頭2番右前安打・二三盗、3番四球・盗塁から、4番の右前安打で2失点。二盗後、暴投で三塁に向かった走者を刺そうとの送球がエラーとなり3点目。5番5ゴロ一塁捕球エラーで一気に三進、6番スクイズで4点目。後続は2ゴロ、5ゴロに断つ。
3回裏、リサ三振、ヒビキ6ゴロ、コマダ四球、カズ5フライで無得点。
 
4回表、9番四球、1番犠打を一塁捕球エラー、2番投ゴロで一死の間に二三塁、3番6ゴロを本塁タッチアウトで二死。しかし、またしても、4番5ゴロを一塁捕球エラーで2失点…。5番四球・盗塁でまだまだピンチだが、6番の8ライナーをケンタロウがしっかりキャッチし、追加点は与えませんでした
4回裏、サネ三振、アキ4フライ、タクミ三振で三者凡退と、まったくいいところなし。
 
5回表、先頭7番をまたしても5ゴロ一塁捕球エラー、二三盗、8番四球・盗塁、9番投ゴロで一死の間に1点、1番投ゴロ一塁捕球エラーの間に2点目、二三盗、2番四球・盗塁、3番6ゴロで二死の間に3点目、4番3ファウルフライでようやくチェンジ。
コールドが迫る5回裏、先頭ナオユキは5ゴロで一死。しかし、何とケンタロウが5年生の初ヒットとなる左越え安打を放ち出塁!リサも続きたかったが、8フライで二死。ヒビキ6フライでゲームセットとなりました。
 
ということで、掲示板のサネチチさん書き込みにあったニューヒーローはケンタロウでした。逆に、今日の見せ場は、ケンタロウの好守とヒットくらいしかなく、イライラの募る試合だったとか。
 
普通のエラーもありましたが、前試合以上に一塁捕球エラーが多く、点に絡んでいたようです。少年野球では、バッテリーと一塁は取りあえずしっかり捕球できないと、試合を作れないですね。



平成24年4月1日(日) 12:05〜13:35頃 晴れ  滝が原グランド
★八王子野球連盟春季大会2回戦(初戦)
チーム名
散田ドラゴンズ  
めじろ台ホークス 3×  
(投)カズキ (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】 好投のカズ、唯一の安打を放ったヒビキ、好捕のナオユキ
連盟!管理人は微妙な微熱で自粛したため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。今回は、前回と同じ先発ですが、ライトはレンからリサへのスイッチだったそうです。
 
初回表、ヒビキ四球・盗塁、コダマ三振、カズキ4ゴロ、サネ投ゴロで無得点。
初回裏、1番三振、2番には左中間ヒットを許すも、後続を投ライナー、4ゴロで無失点。
 
2回表、アキ5ゴロ、タクミ投ゴロ、ナオユキ5ゴロで三者凡退。
2回裏、5番三振、6番6ゴロ内野安打・二三盗から捕逸で1点先制。後続は、振り逃げ、6ライナー、5ゴロで抑える。
 
3回表、先頭ケンタロウ四球で出塁、父母は無理するなと大声を出すも、何を勘違いしたか逆に大きくリードしけん制アウト。下位からチャンスを作りたかっただけに残念。レンも四球で出塁、ヒビキ左前ヒットで一二塁となるが、コダマ2ファウルフライ、カズキ4ゴロで無得点。
3回裏、1番5ゴロ、2番投ゴロ、3番の4フライをナオユキ好捕で三者凡退で流れを変える。
 
4回表、サネが5ゴロの一塁捕球エラーで出塁、盗塁・捕逸で三進、アキは5ゴロで一死、タクミ四球で一三塁、ナオユキの時ボークで1点を返す!しかし、ナオユキ三振で二死、ケンタロウ四球でチャンスを広げるが、3回から守備に入ったリサ投ゴロで追加点ならず。
4回裏、4番3ゴロをコダマがそのままベースに入ればいいところ、カバーに入ったナオユキに投げ、来るとは思っていなかったナオユキもお手玉し生かしてしまう。二三盗から、5番投ゴロの一塁捕球エラーで1点、6番5ゴロ一塁捕球エラーで2点目、7番三振で一死とするも、8番3ゴロ二死の間に3点目。9番左前ヒットとなるも、1番三振で抑える。
 
5回表、先頭ヒビキ良い当たりも7フライ、コダマ投ゴロ、カズキ四球・盗塁でチャンスを作るも、4番サネ良い当たりも8フライで惜しくも無得点。
5回裏、先頭2番は振り逃げするもアウトで一死、3番左越え二塁打・捕逸で三進、4番中前ヒットで1点、二三盗から5番死球、6番5ゴロの間に2点目、7番四球も8番7フライに抑える。
 
6回表、アキ死球で出塁、タクミが惜しくもライトゴロとなる間に二進、ナオユキ投ゴロで三進するも、ケンタロウ三振で無得点。ホームが遠い。
6回裏、9番を振り逃げで生かし、盗塁のあと、1番6ゴロで二進。2番左前ヒット、5ゴロエラーで1点、4番のライト前の当たりはライトゴロとできず、三塁走者、二塁走者が還り、2点が入り、7点差がつきコールドで試合終了となりました。
 
コールド負けでしたが、カズが内角をついて相手も手が出ず、見ごたえのあるゲームだったそうです。4回まで72球で1対4の接戦で、2番手投手がほしいとのことでした。
先発のレンが四球で出塁し、パスボールで進塁のチャンスがありながら動けなかったり、ファーストコダマのエラーでズルズル失点したりと、課題もあったようです。
 
まだ、新チーム2戦目!でも、あっという間にシーズンは過ぎていきます。しっかり、課題を意識して練習し、試合で結果を出そう!がんばれ、散田ドラゴンズ!
 




平成24年3月24日(土) 12:14〜13:50頃 小雨(寒い)  川町グランド
☆研修連盟春季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ    
恩方スターズ    
(投)カズキ (捕)アキヒロ
【今日の敢闘選手】 投打に活躍のカズ、初ヒットのタクミ
研修リーグ開幕戦です!管理人は仕事のため、サネチチさんがスコアをつけてくれました。どんな戦いだったことやら。リサ・ガクがお休みだったため、11人しかおらず、入ったばかりのミサキを除いて全員出場だったようです。
投手カズ、捕手アキ、一塁コダマ、二塁ナオユキ、三塁サネ、遊撃ヒビキ、左翼タクミ、中堅ケンタロウ、右翼レン(シュンスケ)という布陣でした。
 
初回表、ヒビキ中前ヒット、コダマ投ゴロも相手投手が走者を見てどこにも投げられず、一三塁のチャンス。盗塁で二三塁から、カズキ投ゴロ内野安打でまず1点先制!サネ3ライナーで、サード転送でコダマもアウトとなるダブルプレーでチャンスがつぶれたかに見えたが、カズ二三盗からアキヒロの5ゴロエラーで2点目!アキも二三盗から、けん制挟撃プレーの間にホームインし、3点を先制!後続タクミは倒れる。
初回裏、三振、5ゴロ、5ファウルフライで、カズは三者凡退のナイスピッチング!
 
2回表、ナオユキ5ゴロ、ケンタロウ四球のあと、二三盗を決めるが、レン三振、ヒビキ四球、コダマ投ゴロで無得点。
2回裏、先頭4番死球・二三盗、5番三振、6番四球、7番の時捕逸で1失点、7番三振で二死。8番7フライチェンジと思いきや、グラブからこぼれて2点目を失う。9番三振でチェンジ。
 
3回表、カズ中前ヒット・二三盗、サネの4ライナーエラーで1点!サネは一塁エラーの間に二進、盗塁で三進。アキヒロ四球後、捕逸で2点目。アキヒロ盗塁で三進後、タクミが公式戦初ヒットとなる中前クリーンヒットで3点目!なおも捕逸・盗塁、ナオユキ死球でチャンスが続くが、ケンタロウ・レンが連続三振。ヒビキ四球で満塁とするも、コダマも三振で追加点ならず。
3回裏、先頭1番は投ゴロ、2番は左前ヒット・盗塁、3番投ゴロ一塁捕球エラーで一死一三塁のピンチ!4番投ゴロで三塁送球するもオールセーフで満塁!!しかし、5番の投ゴロを、1-2-3のダブルプレーで無失点で切り抜ける。
 
4回表、先頭カズが6ゴロ内野安打・二三盗、サネ四球・盗塁で二三塁から、アキヒロの5ゴロにカズが本塁突入でセーフで1点追加!タクミ三振で一死から、ナオユキの投ゴロでサネが本塁突入でセーフとなり2点目!しかし、一塁転送でナオユキがアウトとなり二死、さらに二塁から本塁を狙ったアキヒロも本塁タッチアウトとなり、チェンジ。
4回裏、先頭6番を四球で出し、盗塁・捕逸で三進され、3ゴロの間に1点を入れられるが、後続を5ゴロ、三振で抑える。
 
残り時間もわずかで最終回となる5回表、ケンタロウ三振、代打シュンスケはバットにあてるも2ゴロとなる二死(ボールをガン見していたそうで走れば面白かったそうです)。ヒビキ四球も、コダマ三振で、あっさりした攻撃。
5回裏、先頭1番は6ゴロで一死とするも、2番5ゴロは中途半端な送球で一塁捕球エラー、3番4フライがテキサス安打、4番5ゴロがまた一塁捕球エラーで満塁。5番右前ヒットで2失点。6番5ゴロでバックホームするがフォースプレイと勘違いしタッチせず、3点目。さらに捕逸で1点を失い、何と1点差。さらに四球でサヨナラのランナーを出す。楽勝ムードが一転して、サヨナラの危機!しかし、8・9番を連続三振に切ってとり、辛くも逃げ切り…。
 
クリーンナップは機能していたものの、下位打線はバントすら決められない状況。カズ一人の活躍で何とか辛勝です。とのことでした。


平成24年3月4日(日)   曇り  散田小学校
★親子大会
チーム名
父チーム 11       17
散田ドラゴンズ      
(投)シュウヘイ父-ヒロキ父-タケル父-アキヒロ父 (捕)タケル父-シュウヘイ父
(投)シュウヘイ-ヒロキ-タケル (捕)アキヒロ-ナオキ
卒団式恒例の親子大会。横山地区のクリーン作成があったため、父チームとの1試合だけになりました。時間もちょっと短かったです。
 
序盤は、4対4の接戦でしたが、4回に父チームが大人げなくタケルを攻略し、大量得点。しかし、タケルの球に力があったから、大人の力で当てればあれだけ飛んだともいえますから、自信を持ちましょう。
 
散ドラ諸君からは、5回までやろうと声があがりますが、時間は既に12時近く、特別ルールで、4回裏を6アウトで行うことにしました。ナオユキの当たりは、三遊間を抜くヒットの当たりでしたが、大人げなく、レフトゴロにしてしまいました。二死からガクが登場。5ストライクから三塁前の当たりを放つと、マジのエラーを誘い出塁。その後の攻撃で何とホームインしました(笑)。その後も何とか4点を追加するも、惜しくも父チームに及びませんでした。残念!


平成24年2月26日(日)   曇り  散田小学校
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ
恩方スターズ ×
(投)アキヒロ (捕)カズキ
管理人は、所用でお休みのため、タクミ父がスコアを付けてくれました。主審はサネチチさんが務めたとか。
 
初回表、ヒビキ・コダマ・カズキ内野ゴロで三者凡退。
初回裏、アキヒロも内野ゴロで三者凡退に抑える。
 
2回表、サネ5ゴロ内野安打で出塁、盗塁後、投ゴロで三進後、挟撃プレーとなるもホームインして1点先制!
2回裏、6ゴロエラーで生かした走者が三進後、捕逸で同点とされる。
 
3回表、9番レンからの攻撃は三者凡退。
3回裏、中前ヒット・エラー・捕逸で1点、死球・捕逸で三進後、右前テキサス安打で2点目、捕逸で3点目。
 
4回表、アキヒロの6内野安打はあったが無得点。
4回裏、四球を一つ出すも無失点。
 
5回表、ナオユキ・レン三振、代打シュンスケも投ゴロで三者凡退。
5回裏、アキヒロも三者凡退に抑え、引き締まった展開。
 
6回表、先頭ヒビキバント安打、コダマ投ゴロで三進後、カズキの投ゴロに本塁突入でタッチアウトで二死。しかし、サネユキの右越え三塁打で1点を返す!!しかし、アキヒロレフトフライでチェンジ。
6回裏、中前テキサス安打に四球が続き、内野ゴロの間に1点を追加される。
 
7回表、三者三振でゲームセット。
 
負けはしたものの、サネチチさんのコメントでは、相手も好投手でなかなか引き締まった良い試合だったようです。あとは、良い試合を勝ち試合につなげていくことが大事ですね。


平成24年2月12日(日)   晴れ 東浅川少年野球場
★練習試合
チーム名
つくしシャークス   13
散田ドラゴンズ(5年生以下)  
(投)カズキ (捕)アキヒロ
先週はこてんぱんにやられた新チームだが、ダービーマッチとなる今日の練習試合は、いいところを見せたいです!しかし、ケンタロウとリサがお休みのため、シュンスケまで入って、ギリギリ9人の新チーム!どうなることか?
 
初回表、3ゴロ、7フライをタクミがナイスキャッチで二死と上々の立ち上がり。しかし、次の6ゴロの送球を捕れずに生かすと、次はナオユキとシュンスケの間に落ちるテキサスヒット(仕方ないか)で1失点、5ゴロ一塁捕球エラー、次打者9ゴロで捕れていれば一塁アウトのタイミングだが、惜しくも捕れずに2失点(これも仕方ないか)、次打者4フライをナオユキ捕球し、ようやくチェンジ。エラーがらみで失点したが、今日は四球がなく、カズキはいい投球。
初回裏、つくしの先発左腕は打ち頃のスピード。ヒビキは投フライエラーで出塁。コマダ3ファウルフライで一死となるも、カズキ左前クリーンヒット、サネ5ゴロエラーで満塁から、アキヒロが会心の左越え二塁打で2得点!!!タクミは気合が入りすぎで三振で二死。ナオユキ死球で二死満塁。レンはしっかり打つも4ゴロでチェンジ。
 
2回表、8番からの攻撃を、投ゴロ、三振と簡単に二死を取るが、4ゴロトンネル、イージーな9フライをバンザイで1失点。3番を6フライに抑えるが、カズキはここまで自責点なしです。
2回裏、シュンスケ三振、ヒビキ6ゴロ、コダマ6ゴロエラー、カズキ5ゴロで無得点。
 
3回表、4番からの攻撃を、3フライ、6ゴロエラー、投フライ、三振で、こちらも無失点!
3回裏、先頭サネユキが鋭い当たりで左越え二塁打!!アキヒロの5ゴロで一塁送球をみて三進!タクミの5ゴロで1得点!1点差に詰め寄る!!続けていきたいが、ナオユキ四球、レン三振でチェンジ。
 
4回表、先頭8番の3ゴロをエラー。しかし、ライト・シュンスケが捕球し一塁へ!きわどいタイミングだが、ランナーと交錯、コダマのグラブが手から外れて、ボールをそらし、ランナー二進。次打者2ゴロで一死の間に三進。1番スクイズで1失点。打者も生かすが、けん制で挟んで、カズキがタッチして二死。次打者4フライをエラーするが、後続5ゴロでチェンジ!依然、カズキは自責点なし!!
ジェットコースターのような4回裏、投手が大柄な4番打者に交代。先頭シュンスケが粘って四球で出塁!そして、何とノーサインで盗塁??おそらく、ベースコーチのセカンドリードのための「ゴー」の声に反応したのだと思われますが、肩のいいキャッチャーもまさかの展開にきちんと投げられずにセーフ!!そして、ヒビキの投ゴロでも、シュンスケはまさかの三塁への走塁!!投手は当然ないと思っていて、形だけランナーに目をやり、体はすっかり一塁送球の態勢。そこにシュンスケの姿が目に入って動揺したのか、一塁送球を一塁がエラー!コダマ四球で何と無死満塁の大チャンス!!ここでカズキはライト前にいい当たり。カズキは全力で走って、間一髪セーフとなり、再び一点差と思ったら、何と三塁ランナーのシュンスケが走っていない?!慌てて走りだすも、本塁転送で封殺。事前に何度も三塁ベースコーチのナオキに、しっかり指示するように言っていたのに…何やってんだ〜、です(本人曰く「ゴーって言ったよ」だそうです。周りから「走れ〜って言えよ」と突っ込まれたには言うまでもありません)。サネの6ゴロ本塁封殺で二死、アキヒロ5ゴロで、何と無死満塁から無得点に終わりました。
 
5回表、先頭4番は中前クリーンヒット、レンがお腹に当てながらも後ろにはそらさず。けん制捕球エラーで一気に三進。次打者は初めての四球。次打者のスクイズでカズキが自分で捕ってタッチにいくがセーフで1失点。次打者の投ゴロは本塁送球でタッチアウト。8番中前ヒットで2点目。9番投ゴロで三塁送球もベースを踏んでいないとされ満塁(そうだったのでしょうが、ベースは重い動かないタイプのを使った方がいいですね)。しかし、1番も投ゴロ本塁封殺で二死。投ゴロで後続を断つ。
5回裏、タクミは4ゴロ、ナオユキ、レン、シュンスケは四球を選ぶも、ナオユキのけん制アウト、ヒビキ5ゴロで無得点。
 
6回表、弾まないグランドにてこずったイニングでした。長打を2本打たれはしましたが、内野ゴロの一塁送球のバウンドを読み切れずエラーとなったケースが4回もあり、大量6失点となりました。最後は、レフトへのいい当たりをタクミがキャッチしてチェンジ。
6回裏、一矢を報いたいところでしたが、コダマ5ゴロ、カズキ5ゴロ、サネ投ゴロで無得点。バッテリー以外は4年生に代わったつくし内野陣に抑えられました。散ドラの4年生もがんばろう!
 
最後は点差は開きましたし、しっかり当ててくるつくしシャークスとバッティングの差も感じましたが、カズがナイスピッチングをしたことと、4年生二人が欠場してここまで戦えたのは収穫でした。次の練習試合もがんばろう!



平成24年2月5日(日)   晴れ 中野北小
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(5年生以下)  
交友ビクトリーズ ×   21
(投)カズキ・アキヒロ (捕)サネユキ
続いて5年生以下の試合。良い試合をした流れでいきたいが…。
 
初回表、ヒビキ・コダマの連続四球から4番サネの右前ヒットで2点を先制するいい展開。アキヒロは死球。タクミ三振で二死後、4年生が登場。ナオユキは四球を選び、ケンタロウもアウトになったが、しっかり叩いて内野ゴロを打つ。
初回裏、先発カズはなかなかストライクが入らず苦戦。4つの四死球とエラーで3点を失う。
 
2回表、レン三振、ビビキ・コダマは四球でチャンスを作るが、コダマの盗塁の時、ヒビキが三本間に挟まれタッチアウト。チャンスをつぶす。
2回裏、この回も4つの四死球とエラー、ヒット2本で5点を失う。
 
3回表、エラーと3四球で押し出しで1点を追加。
3回裏、左中間ヒット、ライト前(?)ヒット(?)、左越え二塁打、5ゴロエラー、中前ヒットで5失点。この回は打たれて失点。
 
4回表、コダマ内野安打も、後続続かず無得点。
4回裏、2安打、エラー・四球で2失点。
 
5回表、タクミ3ライナー、ナオユキ三振、ケンタロウ3ファウルフライで三者凡退。
5回裏、アキヒロが登板。右前ヒット、4ライナーエラー、5ゴロ一塁捕球エラー、中前ヒットで1点入れられ、四死球、エラーが続き、続き結局この回6失点。
 
6回表、ヒビキ左前クリーンヒット、コダマも左前に流しヒット、サネの内野安打で1点を返すが、反撃もここまでで、ゲームセット。
 
3人メンバーが変わっただけで、この点差です。それは必ずしも、4年生が入ったからだけではありません(もちろんそれもありますが)。直接的には、11四死球、8(+α)のエラーですが、間接的にはそういった状況の時に、流れを切り替えられないことですね。
 
あと2か月足らずで新シーズンになりますから、どうやってチームになっていくか、一人とりが考えないといけませんね!


平成24年2月5日(日)   晴れ(曇るとすごい寒い) 中野北小
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(上級生)
交友ビクトリーズ ×
(投)ナオキ (捕)タケル
相手投手は、制球・スピードとも申し分ない好投手!試合になるかと心配されましたが、よい戦いをし、一時は1点差まで迫りました。やれば出来るじゃないかというところが見えた練習試合でした。

初回表、カズキが2フライを捕手のミットをかすめる内野安打で出塁し、ナオキも四球を選ぶも、ヒロキ・タケル・サネが空振り三振で無得点でした。
初回裏、ドカベンのような3番打者に遊撃アキヒロのグラブをかすめ左中間に抜けた三塁打は打たれたものの、ナオキも負けじと無得点に抑える。
 
2回表、アキヒロが高めの球を外野に運ぶが惜しくもレフト定位置。ヒビキ5ゴロ内野安打、コダマ5ゴロエラーでチャンスが広がるが、後続が倒れ無得点。
2回裏、右中間エンタイトル二塁打、内野安打・盗塁で二三塁。一死後、8番に中前に運ばれ2失点。後続は断つ。
 
3回表、ヒロキ三振後、ナオキ四球、タケルは強く叩いて左前ヒットだが、ナオキが二三塁に挟まれタッチアウト。続くサネも左前クリーンヒットで、二塁送球がそれたのを見て、タケルは三塁を狙うが、これもタッチアウト。残念ながら無得点、好投手相手にクリーンヒット2本で手応えありでした。
3回裏、一死後、左前ヒット、4番の3ライナーを後ろにそらして二三塁。二死後、左前ヒットで1点を追加される。
 
4回表、アキヒロ・ヒビキもアウトとなるが、内野ゴロを放つ。打てないわけじゃないと思えるが、この回も無得点。
4回裏、先頭8番に左越え三塁打を打たれるが、後続を6フライ3本で無失点でしのぐ。
 
5回表、カズキ5ゴロはきわどいタイミングだが、気迫のヘッドスライディングでセーフ。ヒロキ四球、ナオキはきっちり送って二三塁。タケルの6ゴロ内野安打で1得点。サネ6ゴロで二死となる間に2点目。タケルもホームを狙うが、惜しくもタッチアウト。
5回裏、投手と一塁がお見合いするようなエラー、中越え二塁打、6ゴロエラーなど、エラーとヒットで2点を失う。
 
6回表、アキヒロの6ゴロは送球がそれるが、走り込んだところにそれて一塁手と激突した上、アウトになって文字通り痛かった! しかし、ヒビキは中前ヒット!コダマの左前の当たりはワンバンで左翼手の頭を越え長打コース!!!しかし、何とヒビキが二塁ベースを踏み忘れ、戻って時間をロスして、三塁タッチアウト!タクミもいい当たりだが、残念ながらサードライナー!惜しかった。
6回裏、集中力が切れたか、エラーや内野安打が重なり、3点を失う。
 
7回表、ナオキ四球を選ぶも、あとが続かず、無得点でゲームセット。