試合結果 本文へジャンプ

散田ドラゴンズ熱戦の記録

平成25年度の試合結果

平成26年1月26日(日) 11:45〜12:50  晴れ(暖かい)  九小
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(5年以下)      
交友ビクトリーズ( 〃 ) 16 10 ×       31
(投)マサキ・ミサキ  (捕)タイヘイ
続いて5年生以下の試合。管理人は主審を務めたので、Sコーチがスコアをつけてくれました。
マサキ・タイヘイのバッテリーに、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタロウ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ガク、右翼サヤハル。
交友さんも、5年生は一人、1〜2年生もいれて10人と聞いていたので、淡い期待を抱きましたが…。
 
1回表、交友唯一の5年生は左腕エース。既に完成されている素晴らしいピッチャーでした。マサキ、タイヘイ、ミサキ三者連続三振。敵ながらあっぱれ!
1回裏、こちらはマサキ。練習ではストライクが入るが、実戦は初。どうなるか。
1番四球、2番レフトへの二塁打、3番4飛がテキサス、4番6ゴロ一塁捕球エラー、5番7飛テキサス安打(?)、6番・7番四球、8番中前ヒット、9番5ゴロをケンタロウ一塁送球アウトでようやく一死、1番5ゴロ内野安打(?)、2番・3番左中間へエンタイトル二塁打、4番左前ヒット。疲れてきたか、5番から三者連続四死球、8番投ゴロで間に合わない本塁に送球する野選。9番4ゴロでようやく二死。9人ずつでアウト一つじゃ中々終わらないぞ。1番凡飛も二塁・遊撃のお見合い。2番5ゴロを一塁送球アウトでようやくチェンジ。16失点。
 
2回表、コウタ、ルリ、ケンタロウ三者連続三振であっという間の攻撃終了。
3回裏、3・4番は連続二塁打、5番はまたふらっと上がってテキサス確実と思ったが、何とルリのグラブにすっぽり。でかしたルリ。早い段階で一死を取る6番5ゴロ内野安打一塁エラー。7番投ゴロだが一塁送球を焦って悪送球。8番も投ゴロでこれも焦るが何とかアウトにし、二死。9番も投ゴロに抑えチェンジと思いきや、何とホームを気にしてそれから慌てて一塁悪送球。せっかく自分でアウトに出来るチャンスをふいにする。1番四球、2番左前ヒット、3番右前(?)二塁打、4番中前ヒット、5番レフト線二塁打、6番から三者連続四球。9番代打。10人目の選手。1年生でしょうか。投ゴロに抑えてようやくチェンジ。
 
3回表、シンペイ三振、ガクよく見て四球。サヤハル三振、マサキ食らいつくが投ゴロで無得点。
3回裏、ミサキに投手交代。1番4飛テキサス安打、2番5ゴロエラー、3・4番には左中間二塁打を打たれ、5番5ゴロ一塁送球も間に合わず、6番右前(?)三塁打、7番四球、8番空振り三振でようやく一死、9番三振とするも振り逃げ、しかし走者が飛び出していた三塁送球タッチアウトで二死。1番三振で5失点で抑えました。

最終回となる4回表、タイヘイこの試合初めてのしっかりした当たりも三塁がうまく処理一死、ミサキも三塁へ転がすがこれまた三塁がしっかり処理。4年生以下のはずだが、うまい!コウタもしっかり当てるが、投ゴロでゲームセット。しかし、最後の回は三振なしでした。しっかり守れるようになって、何とか2打席打つようにしよう。


平成26年1月26日(日) 10:10〜11:30  晴れ(暖かい)  九小
★練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ(6年中心)      
交友ビクトリーズ( 〃 ) 12 10 ×       27
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
ちゃんとした試合をするために事前調査をし、ほぼ全員参加の予定が、コタロウ休み、ハルト風邪で欠場のため、5年生以下が4人出場するまさかの事態…。リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁ナオユキ、二塁ミサキ、三塁ショウスケ、遊撃マサキ、左翼タイヘイ、中堅ユイト、右翼コウタの先発メンバー。
リサはナイスピッチングでしたが…。
 
1回表、ショウスケ四球・捕逸で二進。ユイト・ナオユキ連続三振で二死。二塁けん制悪送球でショウスケ三塁に向かうが、タッチアウトで無得点。
1回裏、1番7飛エラー、2番6強襲安打(一応)、3番6直エラー、4番素振りのビュンという音が聞こえたが力余って三振、しかし振り逃げ、5番5ゴロエラー、6番4ゴロ内野安打、7番右前ヒット、8番5直で一死、一塁走者は走っており楽々アウトのタイミングだが、焦って一塁悪送球、9番4飛エラー(高いフライだったが、動きが固かった…)、1番一塁への強烈な当たり。エラーとまでは言えないが、捕れない当たりでもなかった。2番7飛でようやく二死。3番四球、4番右前ヒット、5番左前ヒットでタイヘイなぜか一塁送球、6番ショート横を抜かれる左中間二塁打、7番三振でようやくチェンジ。リサ好投も報われず12失点。
 
2回表、打ち直しとなるリサは、2球空振りのあと7球ファウルで粘り合ってきたが、投ゴロ、ケンタロウせっかく四球で出塁するも、けん制アウト。マサキ見逃し三振で無得点。
2回裏、8番左前ヒット・エラーで二進、9番7飛ベンチから悲鳴があがるが、見事(本当は当たり前なんですけど…)キャッチし一死。1番にはセカンド横を抜かれセンターも抜かれる二塁打、2番5ゴロエラー、3番4飛をまたしてもエラー、続く4番も平凡な8飛だが、これまたエラー。。。5番は投ゴロに打ち取りようやく二死と思いきや、一塁の足が離れてセーフ。しかし、二三盗後、6番はサード真正面のライナー。ショウスケ当然キャッチ、三塁走者飛び出しており、そのまま三塁を踏んでダブルプレー。何とか5失点にとどめる。
 
3回表、ここでバッテリーがポジションチェンジ。代わった投手は荒れ球だが、球は速い。タイヘイ三振、ミサキ四球・盗塁、コウタバットに当てるも3ゴロ、この間にミサキ三進。しかし、ショウスケ三振で無得点。
3回裏、7番ライト線二塁打、8番三振に打ち取るも振り逃げ、9番死球、1番右前ヒット、2番6ゴロ一塁悪送球、3番ショート定位置の凡飛だが二塁に入ろうとしていたため、テキサス安打に。4番四球、5番左前ヒット、6番左前ヒット、7番5ゴロ一塁捕球エラー、8番三振でようやく一死、9番投ゴロで二死、1番凡飛だが、投手・セカンド・ショートのちょうど間でお見合い、2番死球、3番4ゴロをミサキがようやく落ち着いて処理し、チェンジ。

4回表、最後の攻撃もユイト四球、ナオユキ3ゴロで一塁を踏んで一死、フォースの状態ではなくなったので挟まれて粘るところだが、ユイト気づかずそのまま二塁へ走りタッチアウトダブルプレー。さきほど粘ったリサが最後見逃しで三振。ゲームセット。
 
先週の駅伝で燃え尽きたか、いつも以上に覇気がありませんでした。リサがストライク先行でナイスピッチングだっただけに、もう少し締まった試合がしたかった!


平成25年12月15日(日) 10:00〜12:00  晴れ(寒い)  散田小
★親子大会
チーム名
下級生チーム        
母チーム 10 ×         11
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
下級生チームは、マサキ・タイヘイのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ルリ、三塁ケンタロウ(小)、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ミサキ、右翼サヤハルの先発(打つ方は、ガクも含めて10人で攻撃)。
母チームの投手はOBコウキ(高2)、捕手シュウヘイ(高2)が務めました。
 
1回表、ケンタロウが振り逃げで出塁し、盗塁と捕逸でホームインし、幸先よく1点先制!!
1回裏、しかし、母チーム大人げなく、ヒット、バント、内野安打、内野ゴロ一塁送球一塁手がいないなど、あれよあれよと10失点。しかし、打たれるというのはストライクが入っているので、マサキはなかなかよく投げました。
 
2回表、裏は、両チームともしまり裏の1失点のみ。
 
3回表、ミサキ5ゴロ内野安打、ルリ投ゴロアウトとなるも、ガク、ケンタロウ、シンペイ、タイヘイ、シュンスケと内野安打を連ね(外野安打でもいいぞ!)、4点を入れ、追い上げるも反撃もここまで、母チームに敗れました。
チーム名
上級生チーム        
父チーム 2×        
(投)ハルト  (捕)ナオユキ
上級生チームは、ハルト・ナオユキのバッテリーに、一塁リサ、二塁ショウスケ、三塁レン、遊撃ケンタロウ、左翼コタロウ、中堅シュンスケ、右翼マサキの先発。途中からアキラコーチが三塁に入りました。
父チームの投手は、ケンタロウ(小)父、ユイト父へのリレー。左翼には管理人、右翼にはOBリク(高1)が入りました。
 
1回表、父内野陣の乱れを突かれ、2点を先制される。
1回裏、父チームは左で打つはずが、ハルトの球を見て、あっさり右に変更。先頭ケンタロウ(大)父、打てないと言っていた割に、左翼超えの三塁打を放つ!ミサキ父スクイズのつもりが、ケンタロウ父動かず。それを申し訳なく思ったか、次の捕逸でケガをするんじゃないかと周りが心配する勢いでホームイン!その後、四球や5ゴロエラー、3ゴロエラーなどが重なり、父チームが4対2と逆転!
 
前試合同様、2回は締まり、マサキ父の左中間ヒットでの1点止まり。
 
このままでは終われない3回表、ショウスケ三振で一死から、レン右前ヒット、ハルト・コタロウ連続5ゴロ内野安打で満塁から、ケンタロウの3ゴロをバックホームする野選で1点返し、けん制エラー(だぶん)で2点目、ナオユキ会心のライトゴロ(遅すぎ)で2点を追加で、何と逆転!
3回裏、助っ人高校生が連続四球、ケンタロウ父3ゴロで一死の間に同点、ミサキ父4ゴロで一塁送球で二死の間に三塁走者がホームインし、逆転サヨナラで、今年も大人げない父チームの勝利でした。


平成25年12月8日(日) 10:54〜12:32  晴れ(寒い)  下川グランド
★研修リーグ秋季3回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
中郷イーグルスB 7×       15
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 好守を見せたケンタロウ(小)、攻撃の核となったミサキ
先発リサ、捕手ケンタロウ、一塁ナオユキ、二塁ショウスケ、三塁ケンタロウ(小)、遊撃リサ、左翼マサキ、中堅ユイト、右翼ルリのスターティングメンバー。

1回表、相手投手は5年生とは思えない体格で球威もある。1番ショウスケは4ゴロ、ケンタロウ三振、ナオユキ四球で出塁するも、リサ4ゴロで無得点。
1回裏、1番を3ゴロに打ち取る。一塁に走り込んだナオユキも遅いが間一髪、というほどでもなくアウトに見えたが、セーフの判定で内野安打。盗塁・捕逸で三進後、2番は三振、ワンバンのキャッチですぐにタッチにいけばいいものを走られたため、一塁送球の間に三塁走者がホームイン。3番5ゴロに打ち取り、ケンタロウ(小)も捕球し一塁送球するも、相手の足が速く内野安打。盗塁・捕逸、4番四球・盗塁で二三塁となってから、5番の左前ヒットで2・3点目。二三盗で三進後、6番の投ゴロでバックホームを一瞬躊躇し、セーフとなるフィルダースチョイスで4点目。7番のサード横への当たりにコールがなく、ファウルに見えたが、それぞれ走者が進塁した後、フェアとのコール???。8番四球で満塁。しかし、9番を三振に取り二死。1番は5ゴロに打ち取るが、足が速く、さすがに2年生ではアウトに出来ず5点目を入れられる。しかし、二塁走者が三塁で自重しているところへ、一塁走者は二塁を蹴って三塁手前まで進んでいる。こうした挟撃プレイでアウトに出来たためしがないが、一塁ナオユキから二塁ショウスケへ転送、タッチアウト。6年生らしいところを見せてチェンジ。ほとんど打たれていないのに、不運なプレイで5点を先制されました。
 
2回表、先頭5番ユイトは積極的に振るにはいいが、ボールに手を出し三振。続くマサキも積極的に振って三振。しかし、ミサキが重い球をおっつけてレフト前に落とすヒット。盗塁の後、ルリ・ケンタロウ(小)が四球を選び、下級生が二死満塁のチャンスを演出!!ここで決めればヒーローとなるが、1番に還ってショウスケは打ち気にはやって最後は高めのボール球を空振り三振。チャンスを逃す。
2回裏、先頭2番初球を投ゴロ、3番初球を3フライで二死。まさか3球で終りかと思ったが、4番は初球を打ったものの、左越え二塁打となる。これは仕方ないが、続く5番は平凡なレフトフライ。しかし、これを捕球できずに1失点。6番の当たりは投ゴロだったが、反応が遅く抜かれて、ミサキがカバーするも間に合わず内野安打で2点目。7番の打球はショート前だったが、ミサキの目の前で走者とかぶり、レフト前に抜け、ピンチが広がる。しかし、8番の6ゴロを今度は確実にアウトにし、後続を断つ。
 
3回表、先頭2番ケンタロウが四球を選び、ナオユキの投ゴロで二進。リサ四球、ユイト三振に倒れるも、マサキも四球を選び、再び二死満塁のチャンス。ここでミサキ、ルリがしぶとく四球を選んで、2点を返し、なお満塁のチャンス。ここで左の軟投派に投手交代。ケンタロウ(小)のいつものバッティングに期待がかかるが、惜しくも4ゴロに倒れる。
3回裏、先頭9番三振、1番には強いショート横の打球を打たれ、ショート、レフトと抜かれる三塁打となるが、2番三振で二死、3番中前ヒットで1点を許すも、4番4ゴロでこの回1失点。リサもエンジンがかかる。
 
4回表、先頭ショウスケ四球・盗塁、ケンタロウ中前ヒット・盗塁で無死二三塁のチャンス!!ナオユキ4ゴロエラーを誘い、1得点!!リサ四球でなおも無死満塁のチャンスが続く。二打席三振のユイトが意地を見せ、食らいつくが、投ゴロとなり、ケンタロウが本塁封殺で一死。マサキ三振で二死となるも、続くミサキはファウルで粘り、最後は内野ゴロで相手エラーを誘い、スタートしていたナオユキ、リサが還り、3点目を入れる。なおもチャンスを広げようとミサキの盗塁が失敗に終わり、チェンジ。しかし、この回3点を入れて、5対8と猛追!!
4回裏、先頭5番に中前ヒットを打たれ、盗塁後、6番に右越えヒットを打たれ、1失点。しかし、センターユイトがよくカバーし二塁打にはせず。7番5ゴロでケンタロウ(小)がしっかり一塁でアウトにして一死。8番には左中間に落ちるヒットを打たれ2点目。9番のレフト線の当たりを後ろに抜かれて3点目。1番6ゴロだが、足が速く間に合わず内野安打、2番死球で満塁から、3番5ゴロ内野安打で4・5点目。4番の5ゴロはきっちり一塁でアウトにし二死。しかし、5番の5ゴロをはじき6点目。6番死球で満塁から、7番の当たりは変な回転をして一本間でファウルからフェアに入る変な当たり、ナオユキが掴み損ない、セーフとする間に、7点目が入り、4回10点差の規定によりコールドになりました

結果的にはコールドでしたが、今日はベンチでの声も出て、久々に5点もとり、少しは意地を見せられたのではないでしょうか。昨日今日と下級生が頑張ったのも、良かったです。

野球のシーズンはこれで終了ですが、駅伝に向けてがんばろう!



平成25年12月7日(土) 10:00〜  晴れ  川町グランド
★創価大学学長杯1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
中ノ郷ライナーズ 1×         16
(投)ハルト  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 三塁打のコタロウ、公式戦で初捕手を務めたタイヘイ
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをつけてくれました。先発ハルト、捕手タイヘイ、一塁ケンタロウ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅マサキ、右翼シュンスケのスターティングメンバー。

1回表、先頭ハルト5フライに倒れるも、2番ショウスケ左前ヒット、3番ナオユキのヒットエンドランで投ゴロの間にショウスケ二進。しかし、4番ケンタロウ投ゴロに倒れ、無得点。
1回裏、1番5ゴロに打ち取るも一塁捕球エラー、二三盗後、2番四球・盗塁で無死二三塁のピンチに、3番5ゴロを再び一塁捕球エラーで2点献上。4番四球・盗塁後、5番左越え二塁打で、2点追加される。6番四球・盗塁から、7番6ゴロに打ち取るも、三度一塁捕球エラーで2点追加される。8番投フライでようやく一死とするも、9番右前ヒットで7点目を入れられる。1番2フライで二死までこぎつけ、2番には三遊間のテキサス安打を打たれるが、二塁走者をタッチアウトにしようやくチェンジ。。
 
2回表、先頭5番コタロウが痛烈な当たりで右越え三塁打を放ちチャンスを作るが、タイヘイ、マサキ、シュンスケの5年生トリオを三者連続三振で無得点。
2回裏、先頭3番5ゴロ内野安打・二三盗、4番四球・盗塁から、5番5ゴロに打ち取るが一塁悪送球で2失点、6番中越え二塁打で3点目、7番3ゴロ一死の間に4点目、8番中前ヒット・盗塁、9番4ゴロで二死の間に走者三進、1番5ゴロをトンネルし5点目、二三盗後捕逸で6点目、2番四球・二三盗から暴投で7点目。3番三振でようやくチェンジ。
 
3回表、先頭9番ミサキが見事4ゴロ内野安打で出塁、ハルトの浅い中前のフライを突っ込んだセンターが身体で押さえて塁審がアウトのコール。ミサキは一塁へ帰塁。ハルトはベンチへ戻りかける。しかし、センターがエラーしていたらしく、両ベンチから怒号が飛ぶなか、センターから二塁転送、続いて一塁転送され、ダブルプレーとなりました。塁審のアウトのコールがあったことをアピールするも、認められずチャンスをつぶす(詳細は掲示板参照)。ショウスケ四球で出塁するも、ナオユキ三振で無得点。
3回裏、先頭4番が6ゴロエラーで出塁、盗塁後5番の左前ヒットで二塁走者が生還し、この試合15点目を入れてコールドゲームとなりました。
 
何と言ってもエラーが多かったそうです。これで、残す試合は明日の1試合だけとなりました。もともと貧弱な戦力の上に、明日も欠場者がおり、戦力不足は否めませんが、何とか意地を見せてほしいものです。
 
がんばれ!散田ドラゴンズ!


平成25年12月1日(日) 10:30〜12:15  晴れ  散田小
△練習試合
チーム名
散田ドラゴンズ
恩方・将軍
(投)リサ  (捕)ショウスケ
【今日の敢闘選手】 投打に活躍のリサ
来週の学長杯を前に練習試合で試合勘を取り戻したいところですが、6年生のケンタロウ、レン、ユイト、コタロウ、ハルト、5年生のマサキがお休みと、なかなか厳しい状態です。リサ・ショウスケのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ルリ、三塁ナオユキ、遊撃ミサキ、左翼小ケンタロウ、中堅コウタ、右翼タイヘイの先発メンバー。途中でタイヘイが捕手に入り、シンペイ、ガク、サヤも途中出場しました

1回表、ショウスケ三振、シュンスケ5ゴロ一塁悪送球で出塁・暴投、ナオユキ5ゴロエラー・盗塁で二三塁のチャンスからリサ4ゴロエラーで1点先制、ナオユキも突っ込むがこれはアウトで二死。リサは二進。ミサキの4ゴロエラーでリサが還って2点目。ミサキ二進、捕逸で三進するも、コウタ三振でチェンジ。
1回裏、先頭レフト線を破る二塁打、捕逸・ボールデッドで1失点、2番三振とするも、3・4番連続四球で捕逸やボールデッドが絡み、2・3点目を与え、簡単に逆転される。しかし、5・6番を連続三振で後続を断つ
 
2回表、7番小ケンタロウ、8番タイヘイ、9番ルリ三者連続三振で無得点。
2回裏、対するリサも先頭7番に四球を与えるが、8・9・1番を三者連続三振で無失点
 
3回表、先頭ショウスケ4フライ、シュンスケ三振、3番ナオユキ左前ヒット、ボールデッドで二進するも、4番リサ3ゴロで無得点。
3回裏、先頭2番3ゴロ、3番四球・盗塁とするも、4・5番を連続空振り三振にとり無失点。
 
4回表、先頭ミサキ遊撃下を抜け中前ヒット・盗塁、コウタ三振するも振り逃げ。捕逸で二三塁のチャンスに、小ケンタロウ三振、タイヘイ投ゴロにミサキ本塁突入するもこれはタッチアウトで二死。ルリ三振で無得点。
4回裏、先頭6番を四球で出し、けん制悪送球・盗塁・捕手からの送球がボールデッドとなり相手に労せず1点献上。しかし、次打者から三者連続三振で後続を断つ
 
5回表、先頭ショウスケ三振、シュンスケ四球・盗塁、3番ナオユキ6ゴロエラー、4番リサの右越え二塁打で2得点!!!リサ三盗後、ミサキの投ゴロの間にホームインで3点目!同点とする。コウタ2ゴロでチェンジ。
5回裏、先頭1番空振り三振で一死、2番6フライ、3番には左中間二塁打を打たれるが、4番投ゴロで無失点。
 
6回表、先頭小ケンタロウ四球・二三盗から捕逸で1得点。ここから怒涛の代打攻勢をかけるが、ガク三球三振、シンペイ三球三振、サヤ三振と怒涛の三連続三振で後続続かず
6回裏、5番の浅い中前フライを中堅コウタナイスキャッチ。ベンチは優勝したかのような騒ぎ。勢いづいたリサは、6・7番を連続三振で無失点
 
7回表、先頭シュンスケ四球・捕逸、3番ナオユキの4フライがテキサス安打(?)・盗塁で無死二三塁のチャンス。リサはしっかりセカンドに転がし、その間にシュンスケ還り1得点、暴投ボールデッドでナオユキ還り2点目。ミサキいい当たりの投ライナーで二死、コウタ4ゴロでチェンジとなるが、ダメ押しの2点を追加。
7回裏、しっかり締めたいところだが、リサが急に乱調。下位の8・9番を連続四球、捕逸で無死二三塁のピンチ。怖い1番を空振り三振にとるも、2番左打者は右方向への弱い当たりだったが右前に抜け2失点、捕手から二塁への送球もセンターへ抜け、何故かセンターがおらずに外野を転々とする間に打者走者もホームインし同点とされる。リサここで目が覚めたが、3番4ゴロ、4番3ゴロに仕留めて、同点のままゲームセットとなりました。
 
勝ちきれなかったのは残念でしたが、リサは15奪三振の力投でした。プール工事の影響で鉄棒が移動してきて、サッカーゴールがずれ、ネットとホームベースの位置関係もずれてしまったため、両チームともボールデッドになるケースが多く、スコアは8対8となりましたが、試合そのものは両チームとも投手がよく、良い試合でした。
 
この勢いで、来週は良い試合をしたいですね!


平成25年10月27日(日) 9:00〜  晴れ  大谷グランド
★研修秋季リーグ2回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
川口ジュニアーズA         16
(投)ハルト  (捕)ショウスケ
【今日の敢闘選手】 タイムリーのナオユキ
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをつけてくれました。先発ハルト、捕手ショウスケ、一塁ケンタロウ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃リサ、左翼コタロウ、中堅コウタ、右翼シュンスケ。マサキが交代出場しました。

1回表、ハルト三振、ショウスケ5ゴロエラー・盗塁、ナオユキ四球でチャンスを作るも、リサ8フライ、ケンタロウ4ゴロで無得点。
1回裏、先発ハルト、先頭を三振にとるも、2番から5連続四球、7番6ゴロを挟んで3連続四死球、そこに暴投2、ボーク1、捕逸7が絡んで8失点となりました。大谷グランドも下川同様手作りグランドですから、マウンドに慣れるのも大変かもしれませんね。
 
2回表、1回裏からレフトに入った7番マサキ空振り三振、ミサキ、シュンスケ投ゴロで三者凡退。。
2回裏、先頭3番の中前ヒットのバウンドが跳ねて後ろに抜け二塁打、4番左中間本塁打で2失点、5番投ゴロ内野安打・代走が二三盗塁、6番の中前ヒットのバウンドが跳ねて後ろに抜けて三塁打で3点目、捕逸で4点目、7番投ゴロ内野安打・捕逸・暴投、8番振り逃げのため一塁送球で一死とする間に5点目、9番投ゴロで二死、1番4ゴロでチェンジ。大谷特有のバウンドに翻弄された回でした。
 
3回表、9番コウタ空振り三振、1番ハルトが左前ヒット・盗塁、ショウスケ三振で二死から、ナオユキ見事な中前タイムリーヒットで1点を返す。リサ4ゴロエラーで出塁するも、ケンタロウ6ゴロでチェンジ。
3回裏、先頭2番死球・二三盗、3番投ゴロエラー・盗塁、4番5ゴロで一死とする間に1失点、捕逸で2点目、5番四球・盗塁のあと、6番が三塁打を放ち3点目が入ったところで、3回15点差の規定によりコールドゲームとなりました。
 
Sコーチによると、捕逸が多く、リズムに乗れない感じだったことと、大谷特有のバウンドに泣かされたとのことです。
 
何とか1勝を!


平成25年10月13日(日) 9:05〜10:23  晴れ  下川グランド
★研修秋季リーグ1回戦
チーム名
みなみ野ファイターズA 11         19
散田ドラゴンズ        
(投)リサ-ハルト  (捕)ショウスケ
【今日の敢闘選手】 公式戦初登板で好投のハルト
久しぶりの下川グランド。どれくらい久しぶりかというと、Sコーチは下川グランド初だそうです。本当に何年振りなんでしょう?
昨日の練習試合で、だいぶ刺激的なオーダーを組みましたが、今日も若干その余韻を引きずったオーダーとなりました。先発リサ、捕手ショウスケ、一塁ケンタロウ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃レン、左翼ユイト、中堅ハルト、右翼マサキ。

1回表、下川グランドのマウンドは高く、リサの制球定まらず、3連続四球に死球。おまけに暴投も重なり、2失点。5番は浅い8フライでハルトも間に合わずポトリと落ちたが、ランナー走っておらず、二塁転送でワンアウト!しかし、その間に2塁走者に還られ、3点目、打者走者も二進。暴投・捕逸で4点目。6番四球・盗塁、7番3ゴロで二死とするが、二塁走者が本塁突入で5点目。しかし、8番を3ライナーをケンタロウがっちりキャッチし久々に打者一巡せずにチェンジ。4連続四死球で入った割には、上出来の初回でした。
1回裏先頭ハルト三塁線を抜けるかという当たりもファインプレーに阻まれ一死。続きショウスケはファウルで粘るも投ゴロで二死。3番ナオユキは一球もかすらず空振り三振。どうした?
 
2回表、先頭9番をストレートの四球、もったいない。盗塁後、1番にはライト右をライナーで抜かれる二塁打で1失点、打たれるのは仕方ない。2番には右中間二塁打で打たれ2点目。3番4ゴロに打ち取るも弾いて生かし、4番四球で無死満塁。暴投で3点目、ショウスケからカバーが遅れたリサへの送球がそれ、それを誰もカバーしておらず、二塁走者まで還り、4点目。5番四球、6番死球で再び満塁。ここで投手はハルトに交代。しかし、7番に死球で5点目。捕逸で6点目。8番左打者にライト線ギリギリに落とされ、7・8点目。9番投ライナーでようやく一死。捕逸で9点目。1番四球・二三盗から、2番3ゴロで二死とする間に10点目。3番ライトゴロかと思いきや一塁の反応遅く、後ろにそらして打者走者二進。連続捕逸で11点目。4番投ゴロに仕留めてようやくチェンジ。
2回裏、4番リサ3ゴロに倒れるも相手エラーで出塁。しかし、「けん制に気を付けろ」と声をかけたそばからけん制アウト。もったいない。ケンタロウ5ゴロ、ユイト4ゴロで三者凡退。
 
3回表、先頭5番5ゴロに打ち取るも弾いて生かし、二三盗から捕逸で1失点。6番は高い6フライ。ベンチ裏のお母さんたちの悲鳴に近い声!あんな声を出されたらエラーしても仕方ないと思うが、レンしっかりキャッチで一死。7番一二塁間の当たりをケンタロウが取りにいきエラー。捕ろうとする気持ちは良いが、練習でも捕れていない当たりを捕れないし、捕ってもどう考えても一塁に間に合わない。セカンドの球でした。積極性は忘れないようにしつつ、こうした「判断」をそろそろ出来るようにしてほしいですね。連続捕逸、8番四球で一三塁から、9番スクイズで二死とする間に2点目。1番打ち取った5ゴロだが、スタートが遅れ捕りきれず内野安打となる間に3点目、けん制悪送球で二進。しかし、2番4ゴロをギリギリ一塁でアウトとしてチェンジ。エラーがなければ無失点のイニングでした
3回裏このままでは終われないドラゴンズレンが追い込まれながらもよく見て四球。レンは本当に選球眼はいいです(その分、ストライクも見てしまうので、バッティング機会が少なくなります。ストライクは振っていってほしいですね)。ミサキは三球三振。見送り、空振り、見逃しの三振でした。マサキもよく見て四球。1番ハルトは2ボールからショート強襲安打(本当はエラーでしょうが、ハルトの足でなければアウトだったので)で満塁のチャンス!!ここで三塁走者レンは、二塁走者マサキに出るように指示するのはいいが、肝心の自分のリードとセカンドリードが少なすぎ。ショウスケの投ゴロであえなく本塁封殺で二死。キャッチャー素早く一塁送球であわやダブルプレーかというところでしたが、かろうじてセーフとなり、チャンスをつなぐ。ここで期待の3番ナオユキだが、初球を5ゴロ。。。しかし、一塁送球をポロリと落球、マサキが還って1点を返す。さらに、ハルトが本塁をうかがうが、さすがにこれは無理。しかし、ハルトは素早く三塁に帰塁し、セーフ。しかし、ショウスケが三塁手前まで来ていたため、相手は二塁送球。これを見て、ハルトは再度、本塁突入。ハルトなら間に合うと思ったが、スパイクが引っ掛かったか、うまく滑り込めず、ギリギリアウトとなり、ゲームセットとなりました。躊躇せず本塁へ好返球した相手二塁手がうまかったですね。
 
ということで、最後に見せ場は作りましたが、相変わらずのコールド負け。しかし、ハルトが十分に投げられることが分かりましたし、つまらないエラーがなくなれば、もっと失点は減らせそうです。あとは、もっと点を取れるようになって、早く初勝利をあげよう!がんばれ、散田ドラゴンズ!


平成25年9月7日(土) 9:28〜  小雨  川町グランド
★研修春季リーグ11回戦
チーム名
北野バイオレンズ 13         21
散田ドラゴンズ        
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 初本塁打のハルト、初安打のレン
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをとってくれました。リサ・ケンタロウのバッテリー、一塁ハルト、二塁レン、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼シュンスケの先発メンバー。6年生+シュンスケのSコーチ曰く、「年功序列オーダー」だったそうですが、練習不足を感じさせる一戦だったとのこと。しかし、野球以外のことをしっかり頑張ってきた、ハルト、レンが初ヒットを打ったことはめでたいですね。

1回表、中越え二塁打、右越え二塁打で1点、投フライで一死とするが連続四球、捕逸・暴投などで2・3点目、中前ヒットで4点目、右越え三塁打で5点目、5ゴロでようやく二死もその間に6点目、9番左越え三塁打で三塁悪送球で7点目、中越え三塁打、四球のピンチを迎えるが、3番を3ゴロにとりチェンジ。
1回裏、ハルト6ゴロ、ショウスケ5ゴロ、レン空振り三振で無得点。
 
2回表、4番から4連続四球、8番投ゴロで一死とするも、暴投で2失点、9番6内野安打で3点目、1番5内野安打で4点目、2番8フライをヒットとしてセカンドへ返球、もたつく間に2塁走者が還り5・6点目、四球、左前ヒットで7点目、連続捕逸で8・9点目、連続四球、捕逸、左中間ヒット、連続捕逸で10・11・12・13点目、9番四球、1番投フライで二死、一塁走者飛び出しており一塁転送でダブルプレーでようやくチェンジ。
2回裏、4番リサライトゴロ、ナオユキ6ゴロ、ケンタロウ4ゴロで三者凡退。
 
3回表、2番5フライ、3番4ゴロエラーで二進・三盗、4番5ゴロ二死の間に1失点。5番9ライナーをエラーで二進を許すが、6番6ゴロでこの回1点に抑える。
3回裏、先頭コタロウ6ゴロ一塁捕球エラーで出塁、ユイト・シュンスケ連続三振で二死となるが、1番ハルトが左中間を真っ二つに破り、自慢の快速を活かして走りに走り、ホームランで2点を返す!!!ショウスケ四球で続く、そして3番レンはファーストへのボテボテの当たりだが、これまた走りに走り、内野安打とする!!!初ヒットだ!さらに追加点といきたかったが、4番リサ三振でゲームセット。


平成25年9月1日(日) 13:53〜15:30  晴れ(猛暑日) 滝が原グランド
★連盟秋季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ          
第三地区ライオンズ 15 24           39
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 該当者なし。
午前中に散田小で軽く練習し、滝が原に移動しました。リサも戻り、久々参加の部員も含め、今日は2名欠席の15名参加でした。久々の大人数でどうなるか。相手は、連盟春季大会ベスト4の強豪第三地区ライオンズです。
リサが先発。捕手ケンタロウ、一塁ナオユキ、二塁ミサキ、三塁レン、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼シュンスケのスターティングメンバーでした。

1回表、相手投手は無茶苦茶速いわけではないが、後ろに引いた腕を頭の後ろに抱え込むような変則的な投げ方。ショウスケ三球三振、レンは粘って四球、ナオユキの6ゴロで二塁転送レン封殺、一塁に転送されるが辛くもセーフ。危うくダブルプレーになるところ。しかし、4番リサ三球三振で無得点。
1回裏、1番四球・盗塁、2番左前ヒット、それを後ろに弾き1失点、小柄な3番左中間二塁打で2点目、4番中前テキサス安打で3点目、打ち気にはやる5番は三振、6番5ゴロを無難にさばき二死となる間に4点目。ここから下位打線、いい感じで終われると思いましたが、ここからが長かった。7番中前ヒット、8・9番連続四球、その間に暴投で5・6点目、1・2番も四球、暴投で7点目、小柄な3番再び左中間二塁打で8・9点目、4番中前ヒットで10点目、5番左前ヒットで11点目、6番左中間三塁打で12点目、7番5ゴロを弾くエラーで13点目、暴投で二塁をけって三塁へ捕手からの送球が悪送球となり、14点目。8番右前ヒット・盗塁、送球をエラーし三進し、9番は完全に打ち取った一塁左のゴロ、しかし、ナオユキ遅い。セカンドミサキもカバーに入っていない。内野安打となり15点目。三巡目の1番を三振にとってようやくチェンジ。途中、給水休憩が入りました。
 
2回表、長い長い守備のあと、少し休憩したいところだが、先頭ケンタロウ初球を打ち3ゴロ、7番コタロウ三振、ユイト三振であっという間に三者凡退。
2回裏、先頭2番四球、小柄な3番今度は右中間を破る二塁打で1点目、4番の当たりはライトゴロのタイミングだが、これを後ろにそらして2・3点目。5番左前ヒット・盗塁・暴投から6番に三遊間を抜かれて4点目、7番中前ヒットと後ろにそらして5点目、打者は二進。8番浅い中前ヒットだが、気のない返球で二塁から走者が還って6点目。完全になめられている。9番死球、暴投で二三塁から、1番スクイズ。投手前の簡単なゴロだが、緩慢なプレーで一塁セーフになったばかりか、二塁走者にまで還られ、7・8点目。2番6ゴロ内野安打、3番も打ち取った当たりだが高いバウンドで三塁横を越される6ゴロ内野安打で9点目、4番6フライでようやく一死。捕逸で10点目、5番右中間三塁打で11点目、6番左越え本塁打で12・13点目、下位打線にどんどん打てそうもない代打を出してくるが、3連続四球、1番左前ヒットで14点目、連続暴投で15・16点目、もたもたし、カバーにも入らず二塁走者まで還り17点目、2番四球、怖い3番を6フライに打ち取り、ようやく二死。4番死球、暴投でまたまた二走者還り18・19点目、5番も四球、6番中前ヒットで20点目、どんどん代打がでる7・8番連続四球、その間の暴投で21点目、9番5ゴロで内野安打で22点目、(目を離していてよく分からないのですが、たぶん)投手への返球がそれたのを見て突っ込んだ三塁走者を挟んだまでは良かったが、追い込みが足りず、あっさりホームインされ23点目、1番左前ヒット、暴投で25点目、2番三振でようやくチェンジ。途中2回の給水休憩が入りました。
 
強いチームではありますし、暑すぎるというコンディションではありましたが、今日の試合では、次につながるいい点があまり見えませんでした。それぞれが、どこに問題があるのかを考えて、これからの練習に臨んでほしいものです。


平成25年8月25日(日) 9:28〜10:52  小雨 椚田グランド
★研修春季リーグ10回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
みなみ野ファイターズA 23 ×         31
(投)ナオユキ、ケンタロウ(2回)  (捕)ケンタロウ、ナオユキ(2回)
【今日の敢闘選手】 よく投げたナオユキ・ケンタロウ。初ヒットのタイヘイ
早朝には強い雨が降っていましたが、7時過ぎから雨は弱まり、無事試合が行われました。無事ではないのは、スターティングラインナップです。キャプテンでエースでクリーンナップのリサが子供会行事でお休みという非常事態
ハルトという選択肢もありましたが、2試合目で投手はかわいそうだろうということで、ナオユキが先発。捕手ケンタロウ、一塁シュンスケ、二塁ミサキ、三塁ハルト、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼タイヘイのスターティングメンバーでした。

1回表、相手投手は大柄ではないがキレのある速球を投げ込み、ハルト・ショウスケは連続三振。ナオユキは何とか当てたものの7フライで9球で三者凡退。
1回裏、先頭背番号10のエースは2ボールからセーフティバント。投前だが、ナオユキだ。あえなく内野安打。仕方ない。二盗のあと2番は打ち気にはやって4フライで一死。3番初球に三盗、投球は暴投になって1失点。3番は6ゴロに打ち取るが、一塁惜しくも間に合わず内野安打。4番四球、盗塁で一死二三塁から、5番は7フライ。誰もが二死と思った瞬間、グラブに当たったボールは、後ろに弾かれる!急いでボールを追うが、拾い上げてからボールを投げず、二塁走者まで還り、2・3点目。6・7番連続四死球で満塁から、連続暴投で4・5点目。8番・9番も連続四球、9番の時連続暴投・捕逸で6・7点目。1番に還って強い5ゴロをハルト捕球、三塁走者が飛び出しているのを見て、一瞬ためらってから一塁送球するが、これが悪送球となり、8点目、打者走者は三進。2番は平凡な8フライに打ち取るが、何とこれがかすりもしないエラーとなり(触れてなくても明らかに捕れる球はエラーになります)、9点目、打者走者は三進。3番9ゴロでタイヘイ捕球し、一塁送球も惜しくもセーフで10点目。4番中越え三塁打で11点目。5番6ゴロ一塁送球でアウトと思いきや、ボールがこぼれてセーフ、12点目。6番5ゴロエラーとなるも、一塁走者が三進、ベースを離れたところに三塁送球され、タッチアウトでラッキーな二死目をとる。あと一人だが、ここからがまだ長い。7番5ゴロに打ち取るが、一塁捕球エラーで13点目。8番6ゴロに打ち取るが、惜しくも一塁間に合わず内野安打。9番四球で満塁から、1番は三遊間を破る左前ヒット。コタロウ捕球後どこへも投げずに、二塁走者にまで還られ、14・15点目。2番右越え三塁打で16.17点目。捕逸で18点目。3番右前ヒット、4番四球、5番痛烈な正面の7ライナーをワンバンで後ろにそらし、打者走者も本塁生還で、19・20・21点目。6番は完全に左中間真っ二つで、中継に入ったハルトから本塁送球するも、間に合わず22点目。7番5ゴロにとるも一塁悪送球で三進、捕逸で23点目。この間、監督が何度かナオユキに「大丈夫か」と声をかけるが、ナオユキは「大丈夫」。あと一人だ。がんばれ。迎えた8番、一塁寄りの弱い投ゴロ、ナオユキが捕ると、自ら一塁へ。ナオユキが速く見えました(笑)。そりゃ必死ですよね。長い長い1イニングが終わりました。45分くらい守り、エラー8個、バッテリーエラー9個、四死球6個、安打10本、95球の熱投でした。
 
2回表、ケンタロウ三振、コタロウ四球で出塁するも、あえなくけん制でアウト。ユイト三振で三者凡退。
2回裏、この回からケンタロウが登板、ナオユキが捕手に。ケンタロウが意外と(と言っては失礼だが)ストライクが入る!先頭9番はサード前にセーフティバント。捕球するも、遠慮してか一塁送球せず内野安打。1番左前安打、一塁走者三塁へ向かう、三塁送球の間に打者走者も二塁へ。2番3ゴロ、ちょっと高いバウンドだったので、一塁に入るのを焦り後ろに弾くエラーで2失点。3番5ゴロ一塁送球でアウトと思ったが、足が離れたとのことでセーフ。しかし、完全に球がそれてのプレーではなく、流れの中でのわずかな足の離れだったと思うのだが…。3点目。4番左前ヒットを後ろにそらし、4点目。5番5ゴロ一塁悪送球で5点目。6番は内野に打ち上げる、ベンチからは「ピッチャー」のかけ声、息をのんで見守る、ケンタロウ無事キャッチ。本人も茫然としつつやっと一死。7番は左前ヒットで6点目。8番は4ゴロに打ち取り二死。9番中前ヒットをワンバンで頭を越され、二塁打、7点目。1番浅い8フライで捕れる当たりだったが、突っ込みが遅れ、後ろにそらし、8点目。2番死球。こわいクリーンナップを迎えるが、3番6ゴロをショウスケから一塁送球、今日三度目の正直でアウトとしてチェンジエラーがなければ2点くらいだったイニングですエラー4個、バッテリーエラー2個、死球1個、安打6本、51球の熱投でした。
 
3回表、17点取らないと裏の攻撃に入らない。それはとても無理だが、何とか一矢を報いたい。先頭シュンスケ3ボールまで粘る(?)が、最後は見逃し三振。見逃しだけはするなと事前に言ったのに〜です。続くはタイヘイですが、ベンチ裏でタイヘイ父が「今日はヒットを打つ予感がするんだけどなぁ」とつぶやきます。相手投手が投じた初球は、人をくったスローボール。2回から時折混ぜてきています。すると、タイヘイためらうことなく、打ちにいき、打球はレフト前へ!何と何と初ヒットです!!父の予感すごし!さあ続きたいドラゴンズ。次は9番4年生のミサキですが、上級生より打ちそうな気がするから不思議です。ストライク、空振り、ボール、ボール、速球をファウルで食らいつく、そして、最後は人をくったスローボールを空振り。残念、ガツンと打ってやりたかったですね。タイヘイのおかげ9人で終わらず、1番ハルトへ。積極的に初球から打っていくが、投手正面。左右どちらかにずれるか、もう少し打球が強ければ抜けたところだが、残念!ゲームセットとなりました。
 
1か月ぶりの試合ということと、夏休みでだいぶ練習のブランクがあった部員もいるなどしたため、折角形になってきたものが、一歩後退の感がありました。特に外野守備は今日は課題ありです。内野はだいぶ形になってきました。もう一歩です。ハルトは、投げられてしまうのでダイレクト送球をしてしまいますが、相手のレベルを見て、捕りやすいワンバン送球を投げれば、もっとアウトの確実性があがります。もう一息です。
やはり、鉄腕・女王リサの存在の大きさを感じさせる一戦でした。しかし、以前は自らバテバテをアピールしていたナオユキが95球を投げ切り、ケンタロウが意外な制球を見せたことは収穫です。ハルトも投げられるようですから、オプションを増やし、もう一度基礎をしっかり固めて、そろそろ勝利を本気で目指そう!がんばれ、!散田ドラゴンズ!


平成25年7月27日(土) 9:08〜10:10  晴れ 大谷グランド
★研修春季リーグ9回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
台町4丁目子供会 ×       10
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 二塁打のショウスケ
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをとってくれました。今日は、三塁ハルト、遊撃ショウスケ、一塁ナオユキ、投手リサ、捕手ケンタロウ、左翼コタロウ、右翼タイヘイ、二塁ミサキ、中堅コウタというスターティングメンバー。だいぶ欠場が多かったようです。
台町4丁目子供会は、今シーズン研修リーグでトップを独走する強豪です。どうなりますか。

1回表、潜在能力はあるが、初出場のハルトは、緊張がとけず、空振り三振。ショウスケも三振、ナオユキ6ゴロで三者凡退。相手投手は、相当なレベル!
1回裏、4フライテキサス安打・盗塁・捕逸から、2番5ゴロをバックホームするも、捕手ケンタロウ投げてくるとは思わず後逸、1失点。3番投ゴロの間に2点目。4番は三塁線を鋭く抜ける本塁打となり、4失点。5番三振、6番四球、7番中前安打、8番4ゴロで後続を断つ。
 
2回表、好投手の前に、リサ、ケンタロウ、コタロウ三者連続三振。
2回裏、先頭9番三振、1番四球・盗塁・捕逸・捕逸で1失点、2番投フライで二死、3番四球、4番左中間本塁打で2点追加。5番四球で出塁するも、Sコーチのナイスアドバイスでけん制アウトでチェンジ。
 
3回表、先頭タイヘイ振り逃げで一塁に走るもアウト、ミサキ四球、コウタの打席でヒットエンドラン、コウタ三振、ミサキ二盗するも、ハルト5ゴロで無得点。
3回裏、先頭6番左前ヒット・二三盗塁・捕逸で1失点、7番投ゴロで一死、8番9フライをグラブに当てながらエラー、9番三振で二死、1番左前ヒットで2点目、2番の左前ヒットをまさかの後逸で、3・4失点。3番四球も、4番5ファウルフライでチェンジ。
 
4回表、10失点し、コールド負けしないためにも、得点しなければならないドラゴンズ!先頭ショウスケが、レフトの頭を越す、まさかの二塁打!クリーンナップを迎える絶好のチャンスだが、ナオユキ投フライ、リサ・ケンタロウ三振でチャンスを逃し、ゲームセットとなりました。

今期、リーグのトップを走る台町4丁目子供会です。シーズン当初を考えれば奇跡です。何とか秋には初勝利を!


平成25年7月6日(土) 11:35〜  曇り蒸し暑い 川町グランド
★研修春季リーグ8回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
松が谷ジャガーズA ×      
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 好投のリサ、攻守の初出場コウタ、得点の口火ミサキ
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをとってくれました。今日はレン・ユイト・コタロウが欠場で、ハルト早退のため、リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼タイヘイ、中堅新入団のコウタがいきなり先発(!)、右翼マサキのスターティングメンバーでした。

Sコーチの掲示板での速報で十分ですが、一応、こちらにも。

1回表、ナオユキ5ゴロエラーで出塁するも、ショウスケ、シュンスケ、リサは三振で無得点。
1回裏、1番5ゴロで一死、2番の打球は初出場のコウタが守るセンターへ。しかし、コウタはナイスキャッチで二死。先日、管理人もキャッチボールをしましたが、普通にフライもキャッチしていたので納得です。3番のレフトへの当たりは、タイヘイの前で弾んで後ろにそらして本塁打となり1失点。4番5ゴロ一塁悪送球、5番四球、6番5ゴロエラーで2点目、暴投で3点目。7番四球のあと、8番を投ゴロでチェンジ。

 
2回表、ケンタロウ・ミサキ連続四球でチャンス。しかし、タイヘイ三振で一死。ケンタロウ、ベンチからの「ゴー、バック」のバックが聞こえず、三塁へゴーし、あえなく憤死で二死。マサキ死球でチャンスが続くが、コウタ三振で無得点。
2回裏、9番からの攻撃を三振、三振、5ゴロで三者凡退。リサ完璧!
 
3回表、1番からの好打巡も、ショウスケ4ゴロ、シュンスケ四球、ナオユキ振り逃げ、リサ・ケンタロウ三振で無得点。
3回裏、先頭3番四球・盗塁、4番の5ゴロを弾きカバーのレフトも弾き1失点。盗塁で三進後、5番の強烈な3ゴロをシュンスケナイスキャッチで一死とする間に2点目。6番の8フライを再びコウタがキャッチし二死。7番三振でチェンジ。
 
4回表、良い試合をしているが、攻撃は下位打線で厳しい展開。しかし、しかし…。投手が交代し、ミサキが四球を選ぶと、二三盗を決め、捕逸で還って1点を返す。タイヘイ三振で一死となるも、マサキ・コウタ・ショウスケが連続四球で満塁。シュンスケ四球で押し出し2点目。ここで松が谷投手交代。しかし、ナオユキ四球を選んで3点目!2点差、満塁で4番のリサ。リサの当たりはセンターへ。距離があるフライで、三塁ランナーショウスケがしっかりタッチアップで4点目!他の2走者もタッチアップと思いきや、2塁走者シュンスケは、スタートが遅れ、一塁走者ナオユキに押し出されるように三塁へ。送球は、8−2−5と転送され、タッチアウト。一歩届かず、ゲームセットとなりました。
 
管理人は試合を見ることはできませんでしたが、掲示板を読んでいて、手に汗を握りました。あと一歩。しかし、この一歩は大きい。そして、温室の散ドラにも厳しい競争の風が吹いてきました。みんな覚悟してかかれ!
 
そして、目指せ1勝!


平成25年6月29日(土) 9:32〜  晴れ 椚田グランド
★研修春季リーグ7回戦
チーム名
横川スーパースターズ       12
散田ドラゴンズ      
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 初ヒットのミサキ、初補殺のショウスケ
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをとってくれました。今日はレン・マサキが欠場で、リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁ナオユキ、二塁ミサキ、三塁レン、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼シュンスケのスターティングメンバーでした。
Sコーチが掲示板に書いてあったように、相手は衝撃の5年生以下だったそうですが、それでも試合になってきたことは進歩です。しかも、エラーが半分だったら、勝てた試合だったそうです。
 
1回表、1番三振、2番四球・捕逸、5ゴロエラーで送球も乱れ、1失点、打者走者も二進。4番はイージーな投フライだが、リサがグラブに入れながら落として、2点目、打者走者二進、暴投で三進。5番の6ゴロで3点目。しかし、ショウスケが初めて6ゴロ一塁送球アウトにする!6番のイージーフライをまたしてもリサが落とすが、一塁送球でチェンジ。本当なら0点だった!
1回裏、相手投手は小柄な軟投派。ショウスケ四球・捕逸・盗塁、三塁送球エラーで1点を返す。レンは6ゴロ一塁送球エラーで二進するも、けん制にひっかり一死。ナオユキ四球・盗塁、リサ中前安打で一三塁、捕逸でナオユキ還って2点目。ケンタロウ死球・盗塁で二三塁のチャンス。コタロウの投ゴロにリサ本塁突入でタッチアウトで二死。ミサキは流し打ちで6内野安打となり、ケンタロウが還り3点目で同点とする。ユイト投ゴロでチェンジ。
 
2回表、先頭7番はショートが捕りたい当たりが左前テキサス安打・連続暴投で三進、8番四球・盗塁、9番3ゴロで一死となる間に1点。1番四球で一三塁。一塁走者盗塁、がら空きの二塁に送球し、相手は労せず2点目。2番右越え本塁打で3・4点目。3番投ライナーはリサのグラブを弾き中前ヒット・二三盗、4番左中間ヒットで4点目。5番三振で二死とするも、6・7番連続四球でなおも満塁のピンチ。8番を空振り三振にとり、ピンチをしのぐ。
2回裏、シュンスケ6ゴロ一塁悪送球で生きる。ショウスケ5ゴロ、レン3ゴロで二死となるも、ナオユキの6ゴロ内野安打でシュンスケ還り1点。リサ投ゴロでチェンジ。
 
3回表、9番からの打順を、投ゴロ、投ゴロ、3フライの三者凡退。
3回裏、球が速い投手に交代。ケンタロウ死球・盗塁、けん制悪送球で三塁に向かうがセンターから三塁送球で一死。コタロウ四球から捕逸三つでホームまで還る。ミサキ四球から三塁まで進むが、代打タイヘイ、3回表から入ったマサキが連続三振で後続倒れる。
 
4回表、3番四球、4・5番5ゴロだが、動きが遅く内野安打として1失点。6番7フライエラーで2点目。7番7フライはよく捕り一死。8番4ゴロで二死の間に3点目。9番四球・捕逸で4点目。1番3ゴロでチェンジ。
4回裏、ショウスケ投ゴロ一塁悪送球で生き、盗塁・捕逸で三進。レン四球・盗塁、ナオユキ四球で満塁。ここで何とリサは顔面に四球、押し出し1点。リサ治療で臨時代走マサキ。ケンタロウ三振で一死、コタロウ四球で押し出し2点目。ナオユキ挟撃プレーで二死。ミサキ空振り三振でゲームセットとなりました。
 
少しずつですが、前進!です。


平成25年6月2日(日) 12:20頃〜14:02  晴れ(陽射しきつい) 滝が原グランド
★八王子市長杯1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
松が谷ジャガーズA2 ×       16
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 好守に活躍のナオユキ、初ヒットのコタロウケンタロウ
管理人は倅の練習試合から駆けつけましたが、既に試合が始まっていました(汗)。今日はレン・マサキが欠場で、リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁シュンスケ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼タイヘイのスターティングメンバーでした。
 
1回表、ショウスケ三振で一死も、ナオユキ・リサ連続四球、ケンタロウ中前ヒットで一死満塁の大チャンス。ここで何とコタロウが右前に初ヒットで1点先制!二塁からリサも本塁を狙うが、ここは欲張りすぎでタッチアウトで二死。ユイト投ゴロでチェンジ。
1回裏、立ち上がり死球・四球でランナーを出したところで、3番は強烈な7ライナー。しっかり準備していても捕れなかったかもしれないが、ちょっと準備不足でびっくりしたように横を抜かれて、滝が原では当然の3ランで一気に逆転される。4番三振で一死とするが、5番四球、6番5ゴロを弾き、盗塁で二三塁に。ここで7番は当てただけの普通なら遊撃小フライだが、前進守備の後ろに落ちるテキサス安打で4点目。なおピンチは続くが、8番の強烈なサードライナーをナオユキがチャッチし、そのまま三塁を踏んでダブルプレーでチェンジとしました!やったね!
 
2回表、先頭ミサキはうまく合わせてサード後ろに落とすかと思いましたが、ショートがうまく回り込んでチャッチ、惜しくもアウト。しかし、シュンスケ・タイヘイ・ショウスケが連続四球で一死満塁の大チャンス!ここでナオユキが、レフト前に強烈な打球で、シュンスケ・タイヘイがホームイン2点を返す!まだまだチャンスが続く押せ押せムードだったが、ナオユキの盗塁への捕手の送球を投手がカットしたにもかかわらず、ショウスケがまさかの本塁突入でタッチアウト。これは野球を知っている子のプレーではなく、単なるボーンヘッドです。こういうプレーをするのは、もっと基本が出来るようになってからにしよう!せっかくのチャンスを潰し、リサも投ゴロに倒れ、この回2点止まりで追いつけず!
2回裏、先頭9番がいきなり右中間を破る三塁打、捕逸で1点追加。四球・捕逸・盗塁から2番左前ヒットで2点目。3・4番も連続四球。その間に捕逸で3点目。5番はレフトへのフライ。皆が心配げに見守る中、コタロウがしっかりキャッチ、ベンチはやんやの喝采!しかし、三塁ランナーにタッチアップされてしまう。コタロウからのゆっくりの送球を受けたナオユキに対し、Sコーチから「三塁を踏め〜」「アピールしろ〜」の声。ナオユキが自信なさげに三塁を踏んで手を挙げるも、三塁塁審は無反応。しかし、その後、主審の方から「アウト!」の声が。リタッチが早かったというアピール成立でダブルプレーです。二死までこぎつけるが、6番四球・盗塁、7番の当たりはまた緩い当たりで二遊間に。ぱふって感じで弾まずミサキの横を抜ける内野安打となり、4・5点目を失う。打ち取っていただけにもったいなかったが、8番を三振に打ち取る。
 
3回表、ここまで3対9とまだ試合になっている。何とか追いつきたい局面だが…。ケンタロウいい当たりも初球を4ライナー、コタロウも初球を4ゴロ、ユイト三振で三者凡退。もう少し粘りたかった。
3回裏、。9点取られるとコールドとなる3回裏。先頭9番を三振に取るが、振り逃げで生かす。続く1番は8フライ。皆が不安げに見上げる中、ユイトは落下地点に入るまでは良かったが、ボールはグラブから体を伝って地面に落ちてします。素早く二塁送球すればアウトに出来たが、生かして一二塁。2番の右前の当たりを新人タイヘイがしっかりキャッチしたまでは良かったが、一塁送球がそれて、2走者が生還。続いて捕逸で3点目。3番の当たりは明らかにバックだが、バックが遅く、頭上を抜かれる。しかし、7−6−5の中継が奇跡的にうまくいく。が、ナオユキがそれを信じず自分も追いかけてしまったため、三塁に戻るのが遅れ、わずかにタッチが遅れ、三塁打とする。惜しかった。4番死球のあと、5番には左中間を深々と破られ、今度は本塁打となり、4・5・6点目。あと3点でコールドというのにまだ無死。大ピンチの散ドラ。しかし、6番投フライで一死。7番も投フライで二死と思いきや、リサがまさかの落球。もったいないぞ!投手が自分で自分を楽にしないでどうする!しかし、気を取り直して8番5ゴロで二死。9番も5小ファウルフライでチェンジと思ったが、前進したナオユキのグラブから惜しくもこぼれる。しかし、打ち直しの球も平凡な8フライと思ったら、まったくバックせず頭上を抜かれてしまう。ほぼエラーの三塁打でこの回7点目。しかし、1番を投ゴロで何とか、3回コールドを免れる。
 
4回表、4点取らなければコールド負けとなる4回表、相手投手が交代する。ミサキ6ゴロで一死となるも、シュンスケ・タイヘイ・ショウスケが連続四球で2回同様、一死満塁とチャンスをおぜん立て。ここで2番ナオユキは、見事三遊間を破り、左前ヒットと思いきや、三塁走者シュンスケがまさかの三塁帰塁。一体何が起こったのか一瞬茫然としたあと、「走れ〜」の声が起きるも、7ゴロ本塁封殺。滅多に見られません。ナオユキはヒットと打点を損しました。押せ押せムードがしぼみ、リサ5ゴロでゲームセットとなりました。

 
まだまだではあるんですが、ヒット実質4本、ダブルプレー2個など、少し試合っぽくなってきました。まだまだしっかり練習!上手になろう。


平成25年5月18日(土) 9:30〜10:55  晴れ(暑いが風爽やか) 椚田グランド
★研修春季リーグ6回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
ビートルズSC       13
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 タッチアウトはあったもののマルチヒットのナオユキ
管理人は仕事のためSコーチがスコアを付けてくれました。投手リサ、捕手ケンタロウ、一塁ナオユキ、二塁ミサキ、三塁レン、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼シュンスケの先発、途中でマサキが中堅に入りました。
 
Sコーチも書いてありましたが、スコアブックをみると、2回までと3回以降は別人28号です。しかし、2回まで0点に抑えたことは間違いなく「収穫」でしょう!
 
1回表、1番ショウスケ5ゴロエラー、2番レンは4ゴロエラーで出塁、ここでナオユキが中越え二塁打を放ち、1点先制!続くリサの中前ヒットでレンが還って2点目、続いてナオユキが本塁突入するが、センターからのバックホームでナオユキタッチアウト。ベンチからは「おせーよ!」の罵声が飛ぶ。まだチャンスが続くが、ケンタロウ6ゴロ、コタロウ空振り三振でチェンジ。
1回裏、1番4ゴロ、2番4ライナーをミサキが処理して二死、3番四球・盗塁・捕逸で三進するも、4番5ゴロをレンが処理し、無失点。相手とは対照的な立ち上がり!
 
2回表、ミサキは空振り、ユイト・シュンスケは見逃しで、三者連続三振。。。
2回裏、先頭5番は3ゴロ、6番投ゴロをナオユキ、リサがしっかり処理して二死。7番には右中間ヒット・二三盗、8番四球・盗塁で二三塁のピンチを迎えるが、9番を三振に切って取り、この回も無失点!すごいぞ、リサ!
 
3回表、1番ショウスケは左前ヒットを放つ!祝・初ヒット!盗塁の後、レンの投ゴロで三進。ナオユキの中前ヒットでショウスケが還って1得点!盗塁のあと、リサの7フライエラー・盗塁で一死二三塁とチャンスが広がる!しかし、ケンタロウ6ゴロの一塁送球を見て、ナオユキが本塁突入するが、本塁転送であえなくタッチアウト。ダブルプレーで1点止まり。頭の中のイメージに体が付いていってない。再び「おせーよ」の声が飛ぶ^^;。
3回裏、先頭の1番を三振に切って取るが、これが振り逃げとなる。ここから集中力が切れ、別人28号のバッテリーになる。2番四球、3番中前ヒット、4〜7番4連続四球、これに盗塁や7個(?)の捕逸が絡み6失点!8番見逃し三振、9番空振り三振、1番5ゴロでこれまた別人のように後続三人をアウトにして何とかチェンジ。
 
4回表、コタロウ5ゴロ、ミサキ投ゴロで二死、ユイト4ゴロエラーで二塁を狙うが、センターからの返球でタッチアウト三者凡退。
4回裏、先頭2番から連続四球、一三塁から一塁走者を挟んでランダンプレーの間に三塁走者がホームイン。一塁走者も残念ながらアウトに出来ず。4番左前ヒット、連続捕逸で2点目、3点目。5番四球、6番6ゴロをアウトに出来ず内野安打、7番四球、8番2ゴロ一塁送球で一死となる間に4点目、5点目。三塁けん制エラーで6点目。あと1点でコールドのピンチだが、9番四球、1番6ゴロ一塁捕球エラー、四球、捕逸で本塁突入するがタッチアウトにして二死。3番のレフトフライを捕れば5回突入の場面でしたが、捕球できずヒットとして試合終了となりました。
 
掲示板にSコーチは、勝負どころを抑えられないイライラが募ったと書いてありましたが、早々簡単に変身したら、そっちの方が驚きですね。でも、半歩かもしれませんが、半歩の半歩かもしれませんが、たぶん前に進んでいると思います。
 
がんばれ、散田ドラゴンズ!明日はたっぷり肉を食え!


平成25年5月12日(日) 9:57〜10:57  曇り後晴れ  大谷グランド
★研修春季リーグ5回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
中郷イーグルスA 14 ×         22
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 よく投げたリサ
久しぶりの日曜日の試合。ユイトが休み、ナオユキの肩も万全でないため、投手リサ、捕手ケンタロウ、一塁ナオユキ、二塁ミサキ、三塁レン、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅シュンスケ、右翼マサキという布陣。「母の日」のプレゼントをできるか?!
 
1回表、ショウスケはボテボテの5ゴロ、行方を追ってわずかに届かずアウト。一塁だけを見て駆け抜けなきゃ。レンはファーストストライク、セカンドストライクも見逃し、積極的に行けとの指示を守れないが、しっかり選んで四球。捕逸で二進後、ナオユキのおっつけた当たりがファースト横を抜ければ面白かったが、一塁手が直接キャッチし、二塁転送し、あっという間にダブルプレー、無得点に終わりました。
1回裏、先頭打者のフライがいきなり初出場のマサキのところに飛ぶ。捕れない当たりではないが、新人には仕方がない。三塁打とする。2番は凡フライだが、前進守備のショウスケはうまく後ろの打球を追えずエラー、1失点。3番も6ゴロに打ち取るが一塁間に合わず内野安打、4番も6ゴロだが慌てた低目の送球を今度は一塁がこぼして2点目。5番四球。6番の打球はピッチャー横。捕れれば面白かったが、センター前に抜け、それをさらに後ろに弾いて、打者走者も含め走者一掃、3〜6点目。7番の女子選手は左前クリーンヒット。8番の女子選手を投ゴロでようやく一死。9番の三塁線のゴロをファンブル、間に合わなかったかもしれないが送球せず7点目を与える。1番投ゴロでようやく二死かと思いきや、一塁悪送球で8点目。盗塁・捕逸で9点目。2番四球・盗塁から、3番左越え三塁打で10点目。これは仕方ない。4番は目の覚めるようなレフトライナーだが、幸いなことにレフト正面!しかし、これに驚いたか、グラブに入れながら落とすエラーで11点目。もったいない。5番四球、6番5ゴロで一塁わずかに間に合わず内野安打、そこで審判を見ていて本塁転送が遅れ、一気に二走者が還り、12・13点目。盗塁・捕逸で14点目。そろそろ休憩でも入れないとやばいかというところですが、7番5フライ、8番投ゴロとリサが踏ん張り、ようやくチェンジ。
 
2回表、リサ投ゴロ、ケンタロウ3ライナー、コタロウ3フライと、この回もあっという間に三者凡退だが、積極的に打ちにいけました。。
2回裏、先頭9番四球・盗塁、捕手からの送球を後ろにそらし、なおかつカバーのセンターも後ろにそらし1失点。1番6ゴロ、しかし一塁送球を焦って悪送球、2番中越えエンタイトル二塁打で2点目。3番の6ゴロの一塁送球が間に合わず内野安打。一三塁からの盗塁に対し、なぜか二塁に送球、しかもそれが悪送球となり、みすみす3点目を与える。4番左前ヒットで4点目。5番四球、6番は左中間を深々と破る本塁打で5〜7点。まだノーアウト。踏ん張れリサ!7番を三球三振で一死とするが、8・9番の下位に連続四球、1番5ゴロは一塁送球が間に合わず内野安打で満塁。捕逸で8点目。しかし、2番三振、3番投ゴロでリサが踏ん張りました。
 
3回表、ミサキ5ファウルフライ、初出場マサキ三振、シュンスケまったく力のないスイングで三振で三者凡退。3回15点差以上の規定により、コールドゲームとなりました。
 
相変わらずの点差でのコールドゲーム。そして、相変わらずエラーも多かったです。が、しかし、何となくアウトに取れそうな形には少しずつですが、見えてきたと思います。そして、リサが本当に淡々とよく投げました。終盤疲れて四球が増えましたが、それでも6個だけで、途中までは本当に打たせていて、普通(?)のチームならこんな失点にはなりませんでした。さらに6個のアウトのうち、5個は自分で取っています。バックがもっとしっかりがんばろう!
 


平成25年4月20日(土) 9:02〜  晴れ  大谷グランド
★研修春季リーグ4回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
城山キッズ 12 ×         17
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 
管理人も仕事のため、Sコーチがスコアをつけてくれました。
 
Sコーチが掲示板にも書いてくれていますが、2回の二死からの失点が痛かったそうです。ここをピシッと締めることができると、一皮むけそうとのことです。

1回表、ショウスケ四球・二盗までは良かったが、ノーサインで三塁へ走り余裕のアウト。積極性と暴走をはき違えてはいけないね。レン四球、ナオユキ6ゴロ二塁封殺、リサ空振り三振で無得点。
1回裏、1番死球、2番三振、3番中越え本塁打で2失点、4・5番連続四球、6番6ゴロエラーで3点目、7番5ゴロで二死の間に4・5点目。しかし、このレンのプレーは大きかった。8番4ゴロをエラーするも、9番4ゴロをしっかり処理して後続を断つ。
 
2回表、ミサキは四球を選んだものの、ケンタロウ、ユイト、コタロウとも空振り三振。
2回裏、連続四球、暴投で1点、6ゴロエラー、しかし4番三振、5番スクイズで反則打撃で二死。しかし、ここから連続四球、中前ヒット、連続四球、キャッチャーけん制悪送球、振り逃げ、3連続四球、6ゴロ一塁捕球エラーで合計12点を失い、8番空振り三振でようやくチェンジ。
 
3回表、大量得点でキッズは大幅選手交代。シュンスケ四球も盗塁アウトで一死。ショウスケ・レン・ナオユキ三連続四球、リサ空振り三振、ケンタロウ死球で1点、レン捕逸で余裕でホームインのはずがベースを踏み忘れ慌てて踏み直し2点目。ユイト四球で満塁。ミサキ三振も捕逸で振り逃げとなるはずが、走者は誰も走らず本塁封殺であえなくゲームセット。
 
完全に練習台にされたおかげで2点をとったにもかかわらず大騒ぎの散ドラ諸君だったそうですが、そんなことで喜んでいるようじゃ成長しないぞ!


平成25年4月13日(土) 10:47〜  晴れ  大谷グランド
★研修春季リーグ3回戦
チーム名
散田ドラゴンズ          
北八王子エース 25 16           41
(投)リサ-ケンタロウ-ナオユキ  (捕)ケンタロウ-レン
【今日の敢闘選手】 
管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをつけてくれました。
 
立ち上がり調子が良かったリサですが、6ゴロ、5ゴロがエラーとなり、あとはズルズルといく展開だったそうです。
 
ケンタロウ、ナオユキとリレーするも、悪い流れを止められず、歴史的惨敗です。


平成25年4月6日(土) 11:23〜  曇り  川町グランド
★研修春季リーグ2回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
八王子アパッチ 17 ×         24
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 
管理人は仕事のためSコーチがスコアをつけてくれました。コタロウ・シュンスケの欠場で今日は9人ギリギリでの試合だったとのこと。当然のことながら、2戦続けてガク・サヤが先発出場です!
リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁レン、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼ガク、中堅ユイト、右翼サヤの先発メンバー。

 
初回表、ショウスケ四球・二三盗、レンも連続四球もけん制アウト。ナオユキ4ゴロでバックホームされるが、ショウスケ還って、3戦連続先制点!ナオユキ二盗、リサ四球でチャンスを広げ、続くケンタロウの投ゴロで二死二三塁、ユイトも四球を選んで二死満塁!しかし、ミサキが見逃し三振に倒れ、追加点ならず。
初回裏、1番右越え本塁打で1失点、三連続四球から左越え満塁本塁打で5点目、連続四死球も、二塁けん制アウトで一死、8番三振で二死までくるが、9番4ゴロエラーで6点目、四球、6ゴロ内野安打で満塁から、3番押し出しで7点目。4番空振り三振でようやくチェンジ。
 
2回表、8番ガク空振り三振、9番サヤ見逃し三振、ショウスケ5フライで三者凡退。。
2回裏、先頭5番本塁打で1点目、以下、打者の内容だけお伝えします。中前ヒット、6ゴロエラー、5ゴロ一塁捕球エラー、右前ヒット、右越え本塁打、四球、左越え本塁打、四球、左越え二塁打、5ゴロエラー、四球、5ゴロ本塁送球捕球エラー、四球、四球、6ライナーで一死、投ゴロエラー、5ゴロエラー二塁送球でタッチアウトで二死、左越え本塁打、5フライでようやくチェンジ。
 
3回表、レン三振、ナオユキ6ゴロ、リサ左前ヒットも、ケンタロウ三振でゲームセット。
 
掲示板でSコーチの書き込みを見て、負けはしたものの、新2年生二人が先発してこの結果はまずますかと思いましたが、家に帰り、Sコーチの報告をみると、アパッチさんも、5・6年生は一人ずつで、あとは3・4年生なんだとか。6年生が6人出ている散ドラとしては、悔しいと思わないといけませんね!


平成25年3月31日(日) 10:26〜11:25  曇り(寒い)  滝が原グランド
★八王子野球連盟春季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
八王子長房 10 4×         15
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 めげずに投げたリサ、盗塁とアウト3つをとったナオユキ
先週に続きシュンスケの欠場とレンの体調不良で、何と新2年生2人が先発する布陣。病人のレンまでベンチ入りさせるまさにスクランブル体制。そんなこんなで3回15点のコールド規定なのに3回15点でコールドになったことにすら気づきませんでした(それとも忙しくスコアを付けている隙にホームインした走者がいたのかしら^^;)。
リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁コタロウ、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼ガク、中堅ユイト、右翼サヤハルの先発メンバー。途中交代でサヤも出場し、全員出場でした。

 
初回表、ショウスケ空振り三振(はいいがちょっと低かった)。ナオユキ5ゴロも一塁送球のエラーで生き、捕逸で二進。リサは三振に倒れるが、ケンタロウの2球目に完全にモーションを盗んでまさかの三盗。ここで叩きつけバウンドして投手頭上に飛んだケンタロウの当たりは相手のミスを誘い、一塁セーフ。ナオユキ還って、まさかの2戦連続先制点!ユイト三振でチェンジ。
初回裏、1番四球・捕逸・盗塁であっという間に三進。しかし、2番5ファウルフライで一死、3番三振で二死!と思いきや(先週からこのパターンばかり…)、振り逃げとなって、1失点。4番はショート後ろのテキサス安打で2点目。5番四球・盗塁、6番5ゴロに打ち取るが、打者走者の足がわずかに速く3点目。7番レフトテキサス安打(というか、レフトとライトは仕方なし)で4・5点目。8番を投ゴロで二死とする間に6点目(だが、本当ならチェンジ)。打ちそうもない9番に死球(もったいない)、1番は「普通の」中前ヒット、2番6ゴロでようやくチェンジと思ったら、一塁捕球エラーで7・8点目(新6年生とはいえ入団して2週間くらいじゃさすがに難しいか)。3番死球・盗塁で二三塁となるが、二塁ランナーがサード手前まで第2リードしているが、誰もそれに気づかない。完全になめられているので、「セカンド」と叫ぶと、ケンタロウがセカンドへけん制。普通ならここでバックホームを考えなければいけないが、ショウスケはセカンドにタッチしにいって三塁ランナーがホームインで9点目。三塁ランナーはホームをもともと狙う姿勢はなかったので、ホームでアウトにできるプレーでした。4番は6ゴロ内野安打で10点目。5番はサード後ろに落ちるテキサス安打・盗塁で二三塁のピンチが続くが、6番の4ライナーをミサキがキャッチし、ようやくチェンジ。
 
2回表、先頭ミサキ3ボールから積極的にいって空振り三振、コタロウ惜しくも投ライナー、ガク3ボール2ストライクまで粘る(?)が見逃し三振で無得点。
2回裏、先頭7番を6ゴロに打ち取るがエラー、続いて盗塁・捕逸で三進。8番三振で一死とするが、9番の時、捕逸で1失点(9番は1年か2年で状況が分からずホームベース上でウロウロ、カバーのリサも遠慮してる間に返球がランナーに当たる形になりましたが、厳密には守備妨害のような気がしますが、これも仕方ありませんね)。捕逸で二進後、1番6フライで二死と思いきや、これを捕れず、一二塁。しかし、二塁の低学年選手はベースに張り付き、盗塁は絶対にありえない状況ですが、ショート・キャッチャーとも分かっていませんでした。2番5フライでようやく二死。3番5ゴロを一瞬ファンブルするも、ベンチからの「サード!」の声で三塁ベースを踏んで「フォースアウト」でチェンジ!選手が声をかけられるようになるといいね!
 
3回表、先頭9番サヤハルは1ボールから豪快なスイングで空振り、次は高めの球に思わず手が出てしまい2ストライク。しかし、ここからよく見て四球。ショウスケの初球、何とサヤハルがスチール!ひょっとして、塁に出たら走ると思っていないか?!意外と惜しい感じのアウトでしたが、それにしてもちょっとビックリです。しかし、ここで何か言えば泣くのは必至ですから、みんなで拍手です(笑)。ショウスケも四球を選び、スチールをしますが、これまたアウト。リードも十分ではありませんし、それよりもスタートが悪く、サヤハルとタイミングはたいして変わりませんでした。新6年生がこれでは困ります。ナオユキ6ゴロで三者凡退。
3回裏、4番5ゴロ一塁送球がわずかにそれ、ベースを踏むのが少し遅れてセーフ。5番四球、暴投で1失点後、6番の左前ヒットを後ろにそらして打者走者も本塁に戻り2点・3点目。7番中前ヒット・盗塁、9番ライトゴロのタイミングだが、ファンブルする間に二塁走者が還ってゲームセットとなりました。
 
今日も完敗でしたが、新2年生2人が先発した実質9人の超スクランブル体制としてはよくやった方ではないでしょうか。「と思いきや」はまだまだたくさんありますが、少しずつ良くはなってきています。
 



平成25年3月23日(土) 10:26〜11:34  晴れ  川町グランド
★研修春季リーグ1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
川口ジュニアーズA 23 ×         25
(投)リサ  (捕)ケンタロウ
【今日の敢闘選手】 先制打と本塁刺殺のケンタロウ
2013年度の研修リーグ開幕!シュンスケの欠場でいきなり10人の綱渡りスタート。
リサ・ケンタロウのバッテリーに、一塁レン、二塁ミサキ、三塁ナオユキ、遊撃ショウスケ、左翼コタロウ、中堅ユイト、右翼ガクの先発メンバー。途中交代でサヤも出場し、全員出場でした。

相手は前年度春季リーグ優勝の強豪川口ジュニアーズ!どうなる散ドラ?

 
初回表、ショウスケは5ゴロに倒れるが、打てない投手ではない。レンが追い込まれながらもしっかり選んで四球。ナオユキの6ゴロの間に二進。暴投で三進。リサは四球・盗塁で、二死ながら二三塁の大チャンス!ここでケンタロウがしぶとくセカンド右に弾き返し、二塁手のグラブをはじく内野安打でレンが還って1点先制!さらに一塁送球が乱れる間に二塁走者リサも還ってまさかの2点先制!ユイトは4ゴロに倒れましたが、まさかまさかの立ち上がりでした!
初回裏、1番四球・盗塁、2番4ゴロをミサキがきちんとさばいて一死と思いきや一塁捕球エラーで1失点。二三盗から三塁悪送球で2点目。あっという間に同点。3番四球・盗塁、4番左前ヒットで3点目、5番投ゴロで一死と思いきや再び一塁捕球エラーで4点目、6番死球、7番三塁・遊撃・左翼の間に落ちるテキサス安打で満塁。ここから3四死球で5・6・7点。2番投フライでようやく一死(本当ならチェンジ)。3番中前ヒットを後ろにそらし8・9・10点目。4番投ゴロをトンネルし、11点目(本当なら4アウト)。5番6ゴロ内野安打、6番中越え二塁打で12・13点目。7番6テキサス安打で14点目。8番投ゴロをまさかのノールック(?)送球で大暴投15点目(本当なら5アウト)。9番2前の小フライ見送ればファールのところ捕って内野安打。1番から3四死球で16・17点目。4番左越え三塁打で18・19・20点目。5番5ゴロだが内野安打で21点目。6番7テキサス安打で22点目。代打の7番を三振にとりようやく二死(本当なら6アウト)。8番5ゴロが再度内野安打となる間に23点目。9番三振でようやくチェンジ(本当なら7アウト)。
途中水分補給をはさんでのまさかの打者三巡でした。
 
2回表、先頭ミサキは5ファウルフライに倒れるが打てないことはない。次打者コタロウもファウルで粘るが最後は見逃し三振。ガクもフルカウントから見逃し三振で無得点。
2回裏、1番四球・盗塁。2番左越え二塁打で1失点。この回も大量失点か?盗塁で三進後、暴投で本塁突入の三塁走者にケンタロウが捨て身のタッチでアウトにとり一死。しかし、せっかくいいところを見せたのに、3番の三振の球を落としすぐにタッチにいかず振り逃げで生かしてしまう。盗塁で二進後、4番5ゴロで二死する間に二塁走者が還り2点目。5番四球で出すも、6番5ゴロでチェンジ!ようやく落ち着きを取り戻す。
 
3回表、ショウスケファウル、空振りから最後は見逃し三振。レンはボールを見てツーツーから空振り三振。ナオユキは投ゴロで三者凡退。3回15点差の規定によりコールドゲームとなりました。
 
練習試合は何試合かやっていますが、ちょっと皆浮き足立っていたかな。次からはもっと落ち着いてプレーをしよう!難しいことは要らないから、まずは目の前のプレーを一つひとつ確実にこなしていこう!

がんばれ、散田ドラゴンズ!