試合結果 本文へジャンプ

散田ドラゴンズ熱戦の記録

平成26年度の試合結果


平成27222日(日) 10時~ 曇り 九小

★練習試合

チーム名

1

交友ビクトリーズ

5

1

6

0

1

4

4

21

散田ドラゴンズ

0

0

0

0

0

0

0

0

 

今日は恒例の交友さんとの練習試合でした。私は仕事のため、アキラコーチがスコアを付けてくれました。人数が少ないため、いつものように6年生主体、新チームとわけずに1試合で行いました。

ケンタロウが風邪でお休みとのことで、若干予定先発メンバーが変わり、投手ミサキ、捕手タイヘイ、一塁ルリ、二塁シンペイ、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼コウタ、中堅マサキ、右翼リノアのスターティングメンバー。投手は、ミサキが2回投げたあと、ルリが2回、ケンタが3回投げたとのことです。

 

1回表、1番普通の当たりを3ゴロエラー、2番左前ヒット、3番4ゴロ強襲ヒットで1点、4番5ゴロで一死の間に2点目、5番左越え二塁打で3点目、6番死球、7番三振で二死、8番5ゴロで一塁送球するもセーフ、4点目に続き、次のプレーを忘れ二塁走者も還って5点目。9番四球、1番6フライでチェンジ。
1回裏、相手投手は唯一の6年生ながら、素晴らしい左腕投手。キラ三振、コウタ死球、ルリ・ミサキ三振で無得点。去年の初回は三者連続三振でした。
 

2回表、先頭2番8フライで一死、3番8エラー、4番左越え二塁打で1点、5番死球とするも、6番4ゴロ、7番三振で失点に抑える。

2回裏、ケンタ投ゴロ、シンペイ脇腹直撃の死球、タイヘイ四球でチャンスが広がるが、マサキ投ゴロ、リノア三振で無得点。

 

3回表、投手ルリに交代。ミサキはファースト。先頭8番6ゴロで一死、9番四球、1番左前ヒットで1失点、2番には完璧な当たりの右越え本塁打で2・3点目、3番中前ヒット、4番ライトへの当たりは新人リノアには難しく本塁打となり、4・5点目、5番四球、6番投ゴロでようやく二死、7番6ゴロ一塁捕球エラーの間に6点目、8番3ゴロでチェンジ。

3回裏、先頭キラ3ゴロエラーで出塁・盗塁、コウタの当たりは6ゴロ。フォースプレイでない場合の二塁走者は進行方向の打球の場合は走らないが、キラ暴走で三塁タッチアウト。やる気は分かるが、野球のセオリーをおぼえよう!ルリ見逃し三振で二死、コウタはアウトカウントを間違えて塁を離れタッチアウト(アホ by Sコーチ)。カウントはおぼえておこう!ケアレスミスだ!

 

4回表、先頭9番・1番を連続投ゴロで二死とし、2番四球とするも、3番5ゴロで無失点!ミサキもルリも、2イニング目はいいぞ!

4回裏、交友さんは別格の左腕エースから右投手に代わるが、やはり球は速い。先頭ミサキナイスバッティングの中前ヒットを放つも、けん制アウト(アホ by Sコーチ)。ケンタナイスバッティングの6ゴロ内野安打。しかし、3回からセカンドに入ったガク5ゴロ、タイヘイ5ゴロで後続続かず。

 

5回表、投手ケンタに交代。ルリがファースト。ミサキがサードへ。先頭4番右前ヒット、5番投ゴロで一死、6番5ゴロで二死とする間に1失点、7番4ゴロエラーとするも、8番投ゴロでチェンジ。ケンタはいい出足。

5回裏、先頭マサキ中前ヒットで出塁するも、リノア三振、キラ投ゴロ二塁封殺、コウタ4ゴロで相変わらず無得点。

 

6回表、先頭9番を四球で出すと、盗塁後、1番の三塁線を破る二塁打で1失点、2番投ゴロで一死、3番右前ヒットで2点目、4番投ゴロで二死、5番四球、6番中越え二塁打で3・4点目、7番5ゴロ内野安打、8番2フライをタイヘイ完璧キャッチでチェンジ。やはり四球がからむと点につながりますね。

6回裏、ルリやっと振ったものの三振。ミサキ4フライ、ケンタ4ゴロで期待のクリーンナップ三者凡退。

 

公式戦では見られない最終回表、先頭9番一塁線を破る二塁打、1番右前ヒットで1点目、2番右前ヒットで2点目、3番右前ヒットで3点目、4番四球、5番3ゴロで一死の間に4点目、6番5フライで二死、7番三振でチェンジ。

最終回裏、6回からセカンドに入ったシオン空振り三振、タイヘイ四球、マサキ投フライ、代打サヤハル空振り三振でゲームセット。

 

3年生ながら外野守備の要ケンタロウを風邪で欠く中、7回やって21失点はまずまずの内容ではないでしょうか。しかし、掲示板でSコーチが言っているように、やはりバッティングが課題ですね。

 




平成26年1221日(日) 晴れ 散田小

★親子大会

チーム名

1

散田ドラゴンズ

0

0

0

0

1

 

 

1

父チーム

2

0

1

0

×

 

 

3

 

続いて行われた父チームとの試合は、これまた予想に反し、締まった試合となりました。

父チームの投手は父母会長、タイヘイ・シンペイ父が無難に抑え、対するマサキも打ち取っていたものの、ボテボテ中前ヒット、2つのテキサス安打、内野安打で2点を失う。後をつないだタイヘイは力ある球でしっかり抑え、ルリはOBリクに左越えヒットを打たれ、1点を追加されるも、なかなかの好ゲーム。ケンタロウも0点に抑え、最終回。キラがキラ父からセーフティバント。虚をつかれ、一塁悪送球の間にホームに還って、1得点。続くケンタロウも、ライトへクリーンヒット。盗塁も成功。しかし、三塁も欲張りタッチアウト。後続も倒れ、ゲームセット!

 

 

平成26年1221日(日) 晴れ 散田小

☆親子大会

チーム名

1

散田ドラゴンズ

9

3

1

 

 

 

 

13

母チーム

0

3

0

 

 

 

 

3

 

初回表に、ミサキ、ルリ、ガク、キラ、シンペイがヒットを打つなど、5安打1四球と3つのエラーで散ドラがまさかの9点を先制。2回にも3点を追加、裏に3点を奪われるも、13対3で散ドラチームが久々に快勝しました!




平成26年1214日(日)1438分~1550分 晴れ(寒い)大谷G

★創価大学学長杯2回戦(初戦)

チーム名

1

昭島リトルイーグルス

4

10

4

 

 

 

 

18

散田ドラゴンズ

0

0

0

 

 

 

 

0

(投手) マサキ-ミサキ(3回~) (捕手) タイヘイ

【今日の敢闘選手】 6年生のマサキ、タイヘイお疲れ様でした!

監督が体調不良のため、Sコーチが監督代行として指揮をとりました。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。

初回表、先頭打者をキャッチャーフライに打ち取り、タイヘイこぼれそうになりながらもしっかりキャッチする好捕で幸先の良い立ち上がり。続く2番女子選手には、ファウルで粘られ、9球投げさせられ、四球。しかし、ストライクが入っている証拠だ!3番いい当たりもレフト正面、キラ、キャッチと思いきや、グラブからこぼれる。もったいない。4・5番連続四球で押し出しで1失点。三塁へけん制悪送球で2点目。6番死球で再び満塁。7番5ゴロ一瞬三塁を見てタイミングが遅れるが、バックホームがギリギリ間に合い本塁封殺で二死。8番一二塁間の3ゴロを後ろにそらすが、シンペイがカバーし、ライトゴロに出来るタイミングだが、マサキカバーに入らず、戻ったミサキもシンペイを見ておらず、シンペイがボールを持っているすきに2走者が還り4点目。9番6ゴロでチェンジ。ミスがなければ1失点でした。

初回裏、相手投手はそれほど速くないが、昨日速球の練習をしすぎたせいか、先頭キラ5ゴロ、ミサキ変な回転の5ゴロ、タイヘイ三振で三者凡退。

2回表、先頭1番をストレート四球。初回は何とかしのいだが、マウンドの踏み出す足の着地点が合わずに足が滑って制球が乱れる。盗塁から2番のバントをマサキとケンタがお見合いのようになり内野安打に。しかし、3番4フライで一死。4番左打者はライト左に良い当たりも、シンペイ捕れるかと思われたが、わずかに届かず三塁打となり、2失点。三塁送球もギリギリのタイミングだったが、タッチが甘かった。5番はレフト線にいい当たりで3点目。これは仕方がない。二三盗から6番は打ち取った当たりだが、フラフラと一塁後ろに落ちるテキサス安打で4点目。暴投で三進、7番四球・盗塁で一死二三塁のピンチから、8番はスクイズ。しかし、これが空振りとなる。二塁走者は三塁手前まで来ており、三塁走者は三本間の真ん中あたり。タイヘイ三塁送球、ケンタは近くにいた二塁走者にタッチにいく。何でだ!!三塁走者ホームインで5点目。二塁走者も刺せず、三進を許す。8番は三振で二死とするも、9番5ゴロで一塁送球で良いところを、ケンタ今度は三塁走者が気になり、一塁送球が遅れ、内野安打で6点目。捕逸・暴投で三進、1番四球・盗塁で二三塁。捕手からの投手返球悪送球で7点目。2・3番四球で再び満塁。4番を迎えたところで、三塁走者がデレードスチールで本塁を狙う。完全になめられている。しかし、本塁送球が悪送球となり8点目。捕逸で9点目。タイヘイからマサキの返球をエラーし、遂に10点目。4番は5ファウルフライに打ち取りチェンジ。普通にしていたら4失点でした。

2回裏、先頭マサキの9フライをライトこぼして出塁。しかし、何とけん制アウトで一死。ベースを離れてサインを見ていたか?続くケンタは、追い込まれるが、四球を選ぶ。盗塁でチャンスを広げるが、コウタ三振で二死。ルリ追い込まれてから一二塁間にボテボテの面白い当たり。一塁手がファンブル、投手が一塁カバーするが、辛うじてセーフ。二死だったので、ケンタは三塁を回ってホームインと思いきや、三塁を回って一旦止まってしまっており、本塁タッチアウト。得点を逃しました。

3回表、この回からミサキ登板、ミサキも踏み出す足をとられ、いつも以上に緩い球。しかし、それが幸いしたか、先頭5番投ゴロ、6番も投ゴロだが、慌てて二度三度ポロポロしてセーフ。一塁けん制球を後ろにそらし二進。7番5ゴロで二死の間に走者三進。8番ストレート四球。9番一本間のファウルライン寄りのフライ。ミサキ追いつくも、グラブからこぼして1失点。1番左越え三塁打で2・3点目。暴投で4点目。2番左前ヒットを打たれるも、3番6ゴロでチェンジ。普通にしていたら無失点でした。

3回裏、この回も投手交代。4点取らなければコールドとなる3回裏、先頭シンペイ三遊間の面白い当たりも惜しくもアウト。こういうところで足の速さがモノを言う。普段真剣に走らない散ドラ諸君はしっかり考えてほしいところ。ケンタロウ三振で二死。キラに代えて代打シオン。追い込まれるが、1球ファウルで粘り、そのあとは4球ボールで四球。よく見た!シオンの出塁で一塁コーチをサヤハルからルリに交代するも、ルリも「分からない~」ということでキラにチェンジ。その甲斐もなく、ミサキ3ゴロでゲームセットとなりました。

 

これで今シーズンの公式戦は終了。勝利は掴めませんでしたが、6年生の2人は2年間でよくここまで成長しました。お疲れ様でした。そして、5年生以下は、これから自覚をもって、しっかりがんばろう。寒かったとはいえ、普通にしていたら、3回を終わって、5対1です。これが何故18対0になってしまうのか、よく考えよう!

 

がんばれ、散田ドラゴンズ!

 



平成26年127日(日)1015分~1215分 晴れ 散田小

★練習試合

チーム名

1

散田ドラゴンズ

0

3

1

0

0

0

 

4

八王子アパッチ

3

2

1

0

0

×

 

6

(投手) マサキ (捕手) タイヘイ

【今日の敢闘選手】 8四球も毎回の5三振で要所をしめたマサキ

管理人は仕事のため、Sコーチがスコアを付けてくれました。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼ガク、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。

初回表、ケンタ三振、ミサキ3フライ、タイヘイ5ゴロで三者凡退。

初回裏、先頭1番5ゴロに打ち取るも球が手につかず一塁セーフ。2・3番連続四球で満塁のピンチ。しかし、4番投ライナーで一死。5番には右中間を破られ、2失点。6番四球で満塁から7番5ゴロを練習通りのバックホーム封殺で二死。8番を四球として押し出しで3点目を献上するが、9番を三振に切ってとり、3失点に抑える。

2回表、先頭マサキ5ゴロも一塁悪送球で出塁、ボールデッドで二進。ルリ、コウタ連続四球で満塁から、捕手から投手への返球悪送球でマサキ還って1得点!ケンタロウも四球で再び満塁、ここでガクが(強烈な?)ピッチャーライナー!しかし、皆足が遅いので誰も飛び出しておらずオールセーフかと思いきや、一塁走者ケンタロウだけが二塁近くにいる!しかし、投手が一塁送球を焦りルリが還って2点目。シンペイ3ゴロでコウタ本塁突入するもギリギリタッチアウト。捕逸で二進後、ケンタの6ゴロでシンペイ三塁タッチアウト。何故6ゴロで走る???

2回裏、先頭1番中前ヒット、2番四球、3番三振で一死も、4番に右中間を破られ2失点。しかし、6番を6ライナーに打ち取り二死、6番四球も、7番4ゴロで2失点に抑える。

3回表、ここでアパッチ、エースと思われる投手に交代。先頭ミサキ4ゴロ、続くタイヘイ5ゴロ内野安打となるも最後までしっかり走らずベンチから怒声が。捕逸で二進後、マサキ5ゴロで二死となる間にタイヘイ還って1得点。ルリ四球で続くが、コウタ6ゴロで二塁封殺。

3回裏、先頭8番三振、9番5ゴロで順調に二死。1番に返って左前ヒットから、盗塁阻止の送球を後ろにそらし、カバーのケンタロウも後ろにそらして1失点。やってはいけない1点でした。2番3フライをお手玉しつつキャッチでチェンジ。

4回表、ケンタロウ三振、ガク投ゴロ、シンペイ四球も、ケンタ投ゴロで無得点。

4回裏、先頭3番を四球とするも、4番は4ゴロで一死、5番も四球、しかし、6番三振、7番5ゴロで無失点。

5回表、期待のクリーンナップもミサキ4ゴロ、タイヘイ6ゴロ、マサキ投フライで三者凡退。

5回裏、8番5ライナー、9番三振で二死。1番には再び左前ヒットを打たれるが、2番5フライで無失点。

6回表、先頭ルリ四球、捕手から一塁への悪送球で三進、コウタ三振で一死から、ケンタロウの投ゴロでなぜかルリが本塁突入でタッチアウト!何故だ???代打サヤハル四球、代打シオンも3ボールで連続四球で満塁かと思いきや、その後3連続ストライクを一回も振らずに三振、ゲームセットとなりました、

 

いよいよ公式戦は学長杯のみ。悔いのない試合をしよう。がんばれ、散田ドラゴンズ!

 

 



平成26年11月22日(土)1413分~ 晴れ 川町グランド

★研修リーグ秋季大会6回戦

チーム名

1

散田ドラゴンズ

0

0

0

0

 

 

 

0

台町4丁目子供会

0

1

1

×

 

 

 

1

(投手) マサキ (捕手) コウタ

【今日の敢闘選手】 ダブルプレーのキラ

先日棄権した台町戦ですが、ご好意で試合をしてもらえることに。とはいえ、学校公開日の午後に試合ということで、慌ただしいスケジュールだったようです。管理人は仕事のため、Sコーチがスコアを付けてくれました。タイヘイとシンペイが休みのため、投手マサキ、捕手コウタ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼ガク、中堅ケンタロウ、右翼サヤハルのスターティングメンバー。

 

初回表、ミサキ4ゴロ、ケンタ投ゴロ、マサキ6ゴロで三者凡退。

初回裏、先頭打者5ゴロ、2番投フライで二死と、マサキ上々の立ち上がり。3番一塁ライン際のライナーを弾いて生かす。しかし、4番6ゴロを深い位置からキラ3バウンドの一塁送球で何とかアウト、無失点で切り抜ける。

 

2回表、先頭4番ルリ三振、コウタ投ゴロ、ケンタロウ四球で出塁・二盗。しかし、キラ6ゴロで無得点

2回裏、先頭5番死球・二三盗、6番四球・盗塁、7番死球で満塁。捕逸からホームカバーのマサキに転送するもエラーしてボールは三塁へ転々、1失点。さらに二塁走者も本塁を狙うが、ケンタからマサキへ送球タッチアウトで一死。しかし、9番に中前ヒットを打たれ、2・3点目、暴投・捕逸で三進、1番四球・盗塁、2番3フライだが太陽が目に入り不運なテキサス安打となり、4・5点目、3番には右中間を破られ6点目、4番四球、5番三振にとるも捕球できず、すぐにタッチにいかず、一塁送球も暴投となり7点目、6番6ゴロエラーで8・9点目、7番四球、8番中前ヒットで10点目、9番四球で満塁から、1番5ゴロを本塁送球封殺で二死。2番中前ゴロをケンタロウから二塁ルリへの送球で封殺でスリーアウト。いいプレーが二つ続いて何とかチェンジとしました。

 

3回表、先頭ガク、続くサヤハルも連続投ゴロで二死、ミサキふらふらっと上がった中前テキサス安打で出塁。ケンタの投フライを投手エラー、しかしケンタ走っておらず一塁送球でアウト。フライを打ち上げて走らないなんて、プロになってからにしろ!

3回裏、先頭3番四球、4番6ゴロ内野安打、ダブルスチールで二三塁から5番右前ヒットで2失点。盗塁で二進後、6番は6フライ、二塁走者は三塁へ走っている。キラしっかり捕球し、二塁ベースを踏んで一人でダブルプレーを完成。7番四球・けん制エラー、8番死球・捕逸で二三塁のピンチも、9番8フライに打ち取り、2点に抑える

 

4回表、相手投手が交代、ルリ四球で出塁するも、続くコウタ4ゴロ。コウタも最後までちゃんと走らず、これが最悪の4--3のダブルプレーとなり、ゲームセット。少年野球で4--3ってなかなかないぞ!

 

これで本当に研修リーグ秋季大会は終了。いよいよ公式戦は学長杯のみ。悔いのない試合をしよう。がんばれ、散田ドラゴンズ!

 

 



平成26年11月16日(日)1001分~1114分 曇り 大谷グランド

★研修リーグ秋季大会5回戦

チーム名

1

散田ドラゴンズ

0

0

0

 

 

 

1

ビートルズ

13

1

×

 

 

 

4

(投手) マサキ - ケンタ (捕手) タイヘイ

【今日の敢闘選手】 盗塁阻止のタイヘイ、安打のミサキ、好リリーフのケンタ

昨日人数が足りず台町戦を棄権して迎えた秋季大会最終戦。ルリが午前中欠席のため、投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ガク、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼コウタ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。何と三年生の二遊間です!そして、打順も入れ替えです。

 

初回表、先頭タイヘイがショートへの内野安打、一塁へ悪送球となり二進。続くミサキはレフトへクリーンヒット、タイヘイ三塁を回る時に三塁手に接触、スピードが落ちて本塁タッチアウトのタイミング。しかし、走塁妨害が認めれ、1点先制。いけいけムードですが、3番マサキは三球三振。今日の主審はかなり低目でもストライクをとっていきます。続く4番コウタは粘って7球目にボテボテの投ゴロですが、これをファンブルしてコウタはセーフとなり、一三塁。盗塁で一死二三塁となり、ケンタ。追加点の大チャンスだが、変な空振り二つのあと見逃し三振。ケンタロウ投ゴロでチャンスを逃す。

初回裏、1番は追い込んでからライト前の当たり。ライトゴロに出来るタイミングだが、シンペイ弾いてヒット。二三盗から捕逸で1失点。2・3番は四球・捕逸・盗塁で無死二三塁のピンチ。4番は高く弾んだ5ゴロ。ケンタがショートバウンドでキャッチすると、三塁走者をけん制し一塁送球で一死。ナイスプレーでした。続く5番も浅い7フライに打ち取り、二死かと思いきや、何と後ろにポトリと落ちるテキサス安打としてしまい2点目。6番には右中間を破られる三塁打となり、3・4点目。7番死球、連続捕逸で5点目。8番には粘られるも、7球目を空振りにとり三振で二死。9番ストレートの四球・盗塁で二三塁。1番の時、捕逸で6点目、タイヘイからカバーのマサキの送球をエラーし、二塁走者も本塁突入、キラからの本塁送球もとんでもないところへ飛んで7点目。1番はフルカウントから四球・盗塁、2番三塁よりの6ゴロ内野安打・盗塁で二三塁。3番ストレート四球で満塁。捕逸で8点目。4番ライト前の当たりで今度は捕球するも、一塁ミサキも捕球に行っており、ライトゴロに出来ず、9・10点目。5番から3連続四球で11点目。捕逸で12点目、そのボールをカバーのマサキに悪送球で13点目。8番を三振にとりようやくチェンジ。

 

2回表、キラ、シンペイ連続三振、ガクはファウル、空振り、ボール、ボールのあと、食らいつく。打球は一塁に頭を越える。何とヒットかと思いきや、一塁バックしジャンプ一番捕球。敵ながらナイスプレーでした。ガクはヒットを一本損しました。

2回裏、先頭9番・1番をフルカウントから四球出して、ここで投手はケンタに交代。二三塁となってから、2番投ゴロで三塁走者本塁突入、ケンタ落ち着いて本塁送球でタッチアウトで一死。3番は三球三振、4番投ゴロで無失点に抑える好リリーフ。

 

3回表、相手投手が交代。先頭タイヘイは4ライナーで一死。ミサキは三振で二死。三番マサキは初球を叩き、右中間かと思いきやセカンドのグラブに収まり三者凡退。惜しかった。

3回裏、先頭5番は完全に打ち取った当たりだが、一塁と右翼の間に落ちるテキサス安打。二盗のあと6番6ゴロで一死の間に三進。7番5ゴロに打ち取るがファンブルし、1失点。しかし、二塁盗塁をタイヘイが刺して二死。8番四球とするも、9番6ゴロをキラ落ち着いてさばいで1点に抑え、コールドを免れる。

 

4回表、4点入れないとコールド負けとなるドラゴンズだが、期待のクリーンナップのコウタ・ケンタがともに投ゴロに倒れ二死。ケンタトウは三塁側への弱いおもしろい当たり。ピッチャーが焦ってファンブルし、ケンタロウ出塁。盗塁で二進するも、キラ空振り三振でゲームセット。

 

これで残るは学長杯のみ。最後まで、がんばれ、散田ドラゴンズ!

 

 



平成26年11月8日(土) 13時12分~14時45分 曇り 川町グランド

★研修リーグ秋季大会4回戦

チーム名

1

散田ドラゴンズ

0

 

 

 

将軍・恩方スターズ

1×

 

 

 

10

(投手) マサキ  ミサキ - ケンタ (捕手) タイヘイ

【今日の敢闘選手】 2安打のタイヘイケンタキラ

管理人は仕事のため、ガク母とルリ・ケン父がスコアを付けてくれました。

 

初回表、先頭ミサキ8フライ、ケンタ投ゴロ、タイヘイ左前ヒット、盗塁・暴投で三進。4番マサキ左越えヒットで先制点。しかし、コウタ投ゴロで追加点ならず。

初回裏、先頭をストレート四球で出すと、4番まで4連続四球で押し出し。たまらず投手ミサキに交代。5番5ゴロ内野安打で2点目。6番投ゴロで本塁封殺で一死、7番6フライで二死とするも、8番四球で押し出し3点目、暴投で4点目、9番4ゴロエラーで5・6点目。1・2番連続四球で満塁のピンチが続くが、3番投ゴロでようやくチェンジ。

 

2回表、反撃したいドラゴンズだが、先頭キラ投フライ、ルリ投ライナー、ケンタロウ四球、二三盗で三進するが、シンペイ6フライに倒れ無得点。

2回裏、一方、ミサキも立ち直り、先頭4番を4ゴロ、5番2フライ、6番4ゴロで三者凡退に打ち取る。

 

3回表、先頭ミサキが3ゴロ内野安打・盗塁、ケンタ2内野安打の間にミサキホームイン、ケンタも二進。タイヘイ5ゴロ一塁送球エラーで2点目。タイヘイ盗塁・暴投で三進、マサキ四球・盗塁、コウタ3ゴロで一死となる間に3点目。暴投で4点目。キラ4フライ内野安打・盗塁、ルリ4ゴロエラーの間にキラが還って5点目、ルリは二進。ケンタロウ6ゴロで二死となる間にルリ三進。シンペイの左前ヒットで6点目を入れ、何と逆転!!ミサキは6フライに倒れる。しかし、怒涛(?)の攻撃で大逆転!

3回裏、先頭7番を三振にとるも、8番四球・盗塁、9番5ゴロ内野安打・盗塁、1番四球で満塁とすると、4番まで4連続四球で3失点。ここでケンタに投手交代。5番を8フライ、7番6ゴロとピシャリと締める。

 

4回表、先頭ケンタ6ゴロ内野安打、二進後、三盗悪送球でホームインで1得点、続くタイヘイ8フライヒット・盗塁・暴投で三進、マサキは四球、コウタの投ゴロでタイヘイ本塁突入、タッチアウトで一死。7番キラの5ゴロ内野安打で2点目で同点に追いつく。一気に逆転したいところだが、ルリ8フライ、ケンタロウ三振で後続続かず。

4回裏、先頭7番を追い込むが四球で出すと、8・9番も連続四球で無死満塁。1時間30分を経過し、新たな回には入らない。勝つためには、この回を無失点に抑えて、特別延長に持ち込むしかないが、1番に4ゴロを打たれ、三塁走者がホームインとなり、サヨナラ負けとなりました。

 

春季リーグと同様激戦となりましたが、またしても一歩及びませんでした。残りの試合に全力を注いで、目指せ1勝!がんばれ、散田ドラゴンズ!

 

 



平成26年11月2日(日) 14時27分~15時41分 曇り 大谷グランド

研修リーグ秋季大会3回戦

チーム名

1

散田ドラゴンズ

0

0

0

 

 

 

 

0

中郷イーグルス

12

11

×

 

 

 

 

23

(投手) マサキ  ケンタ (捕手) タイヘイ

【今日の敢闘選手】

コウタ、シオンが休みのため、10人の散ドラ。コウタの代わりにキラがショートに入りました

 

初回表、打順を少し変えてトップバッターになったミサキ、初球を叩くとセンター前かという当たり。しかし、投手が出したグラブにすぽっり収まり、アウト。ヒットを1本損しました。ケンタの弱い6ゴロを相手ショート(主将)がダッシュして捕球すると、すかさず一塁送球アウト。相手ながらほれぼれするプレーです。3番タイヘイもいい当たりだが、またしてもショートに飛んで、しっかり処理され三者凡退。攻撃時間わずか2分でした。

初回裏、1番から4連続四球で1失点、5番を見逃し三振で一死とするも、6番四球で2点目、7番左線ヒットで3・4点目。8番四球で満塁。9番3ゴロで打者走者をアウトで二死とする間に5点目、投手への返球をエラーしてベンチ前に転がる間に6点目。1番に返って四球。暴投で7点目、一塁走者は三進。2番のショート後ろへの当たりは捕れる当たりだったがテキサス安打とする間に8点目。3番はショート横への鋭い当たり、ショート、レフトと抜かれ、7--5と中継するも惜しくもセーフで三塁打、9点目。4番はレフト線へフラフラっと上がった当たりはテキサス二塁打となり10点目。盗塁で三進後、暴投で11点目。5番四球、けん制悪送球・盗塁で三進。6番センターフライは、ケンタロウ捕球と思ったら、何故か頭に当たって弾む。いつもなら捕れる当たりなのにどうした。これで12点目。7番には死球。8番6ゴロをキラ、一塁へダイレクト送球でようやくチェンジ。守備の乱れもありましたが、9四死球とマサキの乱調がすべてでした。30分近い相手の攻撃でした。

 

2回表、マサキ三振、キラ四球で出塁。サインが出ていないのに初球スチール、捕手がファンブルしたので辛うじてセーフとなったが、普通だったら完全アウト。結果オーライの暴走でした。相手ショートは、初回でも分かったように散ドラよりも5枚くらい上手です。3年生がかなう相手ではありません。投手にサインを送ると絶妙なタイミングでけん制に入り、キラは完全に塁間に取り残されたところに投手がけん制球を投げる。ヤケクソになったか、キラ三塁へ走る。しかし、投手のけん制が何と悪送球になって、またまた結果オーライとなりました。結果オーライが重なり、この試合唯一のチャンスでしたが、ケンタロウのボテボテゴロは、セーフになるかと期待させましたが、相手投手が落ち着いてさばき無得点。

2回裏、先頭9番四球、けん制悪送球で二進後、三塁への盗塁への送球が悪送球となり、1失点。1番中前ヒット・捕逸、2番四球、3番四球で満塁。4番四球で押し出し2点目。暴投で3点目。5番四球で再び満塁。一塁走者が完全になめきった塁間中央くらいまでのリードを取る。ここで一塁けん制。完全に挟む。しかし、ミサキ何もできずマサキに返球。しかし、一塁走者再び大きなリード。再度けん制。しかし、今度は三塁走者がスタート。本塁送球するも間に合わず4点目。続いて二塁けん制がエラーとなり、本塁まで還られ5点目。一塁走者も三進。捕逸で6点目。6番にも四球を出したところで投手、ケンタに交代。盗塁で二進後、7番の6ゴロエラーで大きく弾んでレフトに転がり、7点目。盗塁で二進後、8番四球で一二塁。9番にはセンターオーバーの二塁打を打たれ、8点目。しかし、一塁走者が三塁に止まっているのに、打者走者は三塁へ走っている。しかし、返球を受けたルリはこれに気づかず。周りからの声でようやく二塁のキラへ。キラ、二塁走者を追い込むのに夢中で、三塁走者まったく眼中になし。三塁走者還って9点目。二塁走者は何とかギリギリタッチアウトでようやく一死。ランナーがいなくなったが、1番四球・盗塁、2番三振で二死とするも、3・4番を四球として満塁。5番5ゴロに打ち取るが、足が速く、一塁送球全然間に合わず、二走者が還り、10・11点目。6番は前の打席で代打に入った控え選手。ここで切れないと、もう一巡くらいしかねない。ファウルで粘られるが、9球目を空振り三振にとりようやくチェンジ。このイニングも30分。

 

3回表、先頭シンペイ何とか当てて緩い5ゴロ。しかし、相手は確実にさばいて一死。9番ガクはへなちょこ空振りの後、これまた何とか当てるが投ゴロで二死。期待のミサキ四球で出塁、2番ケンタの5ゴロをこれまた相手サードがうまくさばいてゲームセットとなりました。

 

久しぶりに見ごたえのない試合でした。せっかくの練習がまるで生きていません。がんばれ、散田ドラゴンズ!





平成26年10月18日(土) 9時28分~10時35分 晴れ 川町グランド
★研修リーグ秋季大会2回戦
チーム名
散田ドラゴンズ 0 0 0   0
みなみ野ファイターズA 1 3 12×   16
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】

投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼ガクのスターティングメンバー。管理人は仕事だったため、ガク母がスコアをつけてくれました。

初回表、ケンタ三振、ミサキ投ゴロ、タイヘイ三振で三者凡退。

初回裏15ゴロ、23フライ、3番四球・暴投で二進、4番に左前ヒットを打たれ、1失点するも、53ゴロに抑える上々の立ち上がり。

2回表、マサキ三振、コウタ5ゴロ、ルリ三振で三者凡退。

2回裏66ゴロ内野安打・盗塁、7番四球、捕逸で二三塁、8番四球で満塁、92フライで一死とするも、12番を連続四球で2失点、35ゴロで本塁封殺で二死、しかし一塁転送でエラーで3点目、4番四球で満塁となるも、53ゴロでチェンジ。

3回表、ケンタロウ三振、シンペイ四球で初出塁・盗塁、ガク三振で二死、ケンタ6ゴロ内野安打・盗塁で二三塁のチャンスも、ミサキ投ゴロ得無得点。

3回裏、先頭6番四球・捕逸、二塁送球エラーで三進、7番右前ヒットで1失点、二三盗から84フライエラーで2点目、95ゴロエラー、16ゴロエラーで3・4点目、けん制エラーで三進、2番四球、38ライナー5・6点目、45番連続四球、6番左前ヒットで7・8点目、7番から5連続四球で1点余分の12点まで入ったところで、コールドゲームとなりました。

がんばれ、散田ドラゴンズ!




成26年10月12日(日) 13時32分~15時05分 曇り 恩方第一小学校 
☆練習試合
チーム名
恩方スターズ・将軍  
散田ドラゴンズ ×   12
(投)マサキ-ケンタ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 
 3安打ケンタ、盗塁阻止タイヘイ、好投マサキ、好守好走キラ、ヒットのルリ
今日もコウタ、シオン、サヤハルが欠場のため9人でした。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼ガクのスターティングメンバー。管理人は主審を務めたため、Sコーチがスコアをつけてくれました。

初回表
、先頭を死球とするも、2番3ゴロ、3番6フライと上々の立ち上がり。しかし、4番右前ヒットで1失点、5番投ゴロに打ち取るが一塁送球エラー、6番6ゴロ一塁送球エラーとずるずるいくかと思われたが、7番三振で1失点に抑える。
初回裏、打順は出塁率の高い順&普段打つ機会が少ない下級生順をまぜたようなオーダーとなりました。まずは、出塁率が高いケンタロウですが三振で一死。2番キラは四球で出塁し、すかさず二三盗、3番は、出塁率は高くないものの、出れば盗塁で塁を稼ぐタイヘイ。ここでまさかの(と言っては失礼か)センターへのいい当たり。しかし、センターの女子選手がいいところに守っていて正面。しかも、キラ帰塁しておらず。タッチアップは無理だったでしょうが、その構えを見せていれば、相手も慌てるので、これから気をつけよう。二死となるも、4番マサキの5ゴロで三塁は本塁送球、キラがホームインで同点に追いつく。マサキもすかさず二三盗、暴投でホームインし逆転!!シンペイも四球、連続暴投で三進するも、ガク5ゴロでチェンジ。

2回表
、8番ボテボテの三塁寄りの当たりだが相手の足が速く投ゴロ内野安打となる。続く9番どう見ても打てなそうだが、四球を出してしまう。1番も四球で無死満塁。2番3ゴロでバックホームするが、間に合わず1失点。3番四球で2点目。4番6ゴロは前進守備からバックホーム封殺で一死。しかし、一塁送球の間に二塁走者が還って3点目、捕逸で4点目。しかし、5番三振、6番投ゴロでマサキ踏ん張る
2回裏、先頭7番ケンタ中前ヒット、相手のすきをついて二進、盗塁で三進するが、期待の8番ミサキは6フライで一死。9番ルリの5ゴロにケンタ本塁突入、三塁焦ったかファンブルしルリも生きる。連続捕逸で三進、ケンタロウ四球・盗塁で二三塁からキラ6ゴロ内野安打で2点目、捕逸ボールデッドで3点目、3番タイヘイはレフト線への飛球が二塁打となり4点目、盗塁で三進後、捕逸で5点目。マサキ三振で二死。シンペイも三振となるが振り逃げで生き、盗塁と連続暴投で還り6点目。ガク四球、ケンタ左前ヒットでチャンスは続くが、ミサキ3ゴロでチェンジ。

3回表
、先頭7番四球、8番投ゴロかと思いきやマサキボールを素通りして一塁カバーへ。内野安打となり一二塁のピンチ。続くどう見ても打てなさそうな9番をまたしても四球で無死満塁。しかし、直前の散田小の練習で何度やったパターンだ。続く1番を投ゴロに打ち取り、本塁封殺で一死。しかし、続く2番の浅いフライを突っ込むが捕れず、頭を越され二塁打とし、2失点で1点差に詰め寄られる。ここで3番代打を三振にとり二死、4番には四球を与えるが、5番を4ゴロに打ち取り、2点で抑える。
3回裏、9番ルリ3ゴロ、1番に返ってケンタロウ四球・盗塁・捕逸で三進、キラの5ゴロ二死となる間に1点追加。タイヘイ6フライに倒れチェンジ。
 
4回表、先頭6番三振、7番四球で出すも、タイヘイ盗塁阻止で二死、8番7フライをシンペイ押さえて三者凡退!!
4回裏、流れを引き寄せたのに、マサキ5ゴロ、シンペイ6ゴロ、ガク三振で三者凡退におつき合い。
 
5回表、9番三振、1番6ゴロ、2番には中前ヒットを打たれるが、3番キャッチャーフライに押さえて、連続無失点!!!
5回裏、先頭ケンタ右方向へ鋭い当たり、セカンド後ろを見ていて、右中間に抜け二塁打。ミサキ投ゴロで一死、捕逸でケンタが還って1点、ルリ左前ヒット、ケンタロウ投ゴロで二死となるが、キラ四球、捕逸でルリも還って2点目、キラ三盗のあと捕逸で還って3点目、タイヘイ振り逃げで出塁するも、マサキ5ゴロでチェンジ。
 
時間的に最終回となる6回表、投手はケンタに交代。先頭4番を6ゴロに打ち取る上々の立ち上がり。続く5番も右寄りのボテボテに打ち取るが、ケンタ「やったー」と思ったかファンブル、しかも、自分でいくかトスするか迷い、生かしてしまう。しかし、タイヘイこの日二度目の盗塁阻止で二死。6番・7番を連続四球としていやな流れになったが、8番を空振り三振にとり、ゲームセット。練習試合ではありますが、2年ぶりの勝利をあげました!!!やりました!!
 
随所にいいプレーも見られました。この調子で、公式戦初勝利も勝ち取ろう!!

がんばれ、散田ドラゴンズ!



平成26年10月11日(土) 11時00分~ 晴れ 川町グランド 
★研修リーグ秋季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
北野バイオレンズ 11 11 ×         22
(投)マサキ-ミサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 初出場のシオン、初打点のサヤハル
試合消化のため9人しか揃わなくても試合実施ということで、春季大会最終戦で戦った強豪北野バイオレンズと、コウタ、ルリ、ケンタロウのレギュラー3人を欠いた状態で再戦です。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ガク、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼シンペイ、中堅シオン、右翼サヤハルのスターティングメンバー。管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをつけてくれました。

初回表
、ケンタ三振、ミサキ投ゴロ、タイヘイ三振で三者凡退。
初回裏、先頭1番を4ゴロに打ち取る上々の立ち上がり、セカンドに入ったガクもナイスキャッチ。しかし、2番に四球を出すと、二三盗に三塁送球エラーで1失点、さらに3連続四死球、6番ライト前テキサス安打で2・3点目、ここでマサキが肩の痛みを訴え降板、ミサキにスイッチ。7番投ゴロも本塁送球セーフで4点目、8番5ゴロ内野安打で5点目、9番6ゴロ内野安打で満塁、1番四球で6点目、2番キャチャーゴロで本塁封殺でようやく二死。しかし、なおも満塁で3・4番連続四球で7・8点目、5番には右越え二塁打を打たれ走者一掃で9・10・11点。三盗のあと暴投で走者が突っ込むも、タイヘイが跳ね返ったボールをキャッチし、タッチしアウトとして、ようやくチェンジ。

2回表
、マサキ5ゴロ一塁送球エラーで生きるも、相手左腕のけん制にひっかかりアウト。続くキラも四球で出塁するも、同じくけん制アウト。しかし、ここから下位打線が見せる。6番シンペイ四球、7番ガクも四球、8番初先発のシオンも3ボール2ストライクから選んで初打席で初出塁で何と満塁!サヤハルもフルカウントから選んで四球。何と1打点が付きました(打ってないけど)。なおも満塁で1番ケンタ。しかし、何とケンタ見逃しの三振。1点止まり
2回裏、先頭6番6ゴロも一塁送球エラー、二三盗から7番4ゴロエラーで1失点、打者走者も一塁送球エラー、二塁送球エラーの間に三進。8番投ゴロ一塁送球エラーで2点目、二三盗から9番左前ヒットで3点目、レフト後逸で打者走者二進。1番5フライテキサス安打となり、その後の送球の乱れで4点目、2番3ゴロでようやく一死の間に5点目、3番中前ヒット、4番右中間二塁打で6点目、5番4ゴロをよけて二塁打となり7点目、6番右中間二塁打で8点目、7番4ゴロ一塁送球エラーで9点目、8番5ゴロ一塁送球エラー、9番三振振り逃げ一塁でアウトとする間に10点目、1番右中間二塁打で11点目、2番代打6ゴロ内野安打、3番代打5フライでようやくチェンジ。

3回表
、2番ミサキ4ゴロ、3番タイヘイ投ゴロ、4番マサキ三振でゲームセット。

12人しかいないチームで、レギュラー3人欠場は痛かったですね。それにしても、エラーが多すぎじゃないでしょうか。見ていないので、どんなエラーか分かりませんが、もうちょっと守備は締めていきましょう。

がんばれ、散田ドラゴンズ!



平成26年9月27日(土) 11時19分~12時19分 晴れ 川町グランド 
★研修リーグ春季大会12回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
北野バイオレンズ ×       11
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 実質被安打1のマサキ、ダブルプレーをとったケンタロウ
投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。

初回表
、1番ケンタはファウル4球と粘り、ボール球もよく見えていたものの、3ボール2ストライクからの8球目低目の際どい球を見逃し三振。これは仕方ない。でも、次からはこれが今日のストライクだということを覚えよう。2番ミサキは投手とショートの間に落ちるテキサス安打、二三盗で先制のチャンスだが、タイヘイ見逃し三振、マサキも粘ったが最後は見逃し三振で無得点。。
初回裏、先頭打者を3ゴロに打ち取る上々の立ち上がり。しかし、2番四球・盗塁・捕逸で三進を許すと、3番3ゴロで二死とする間に1失点。4番四球・二三盗から、5番6ゴロがレフトに抜けて2点目、6番粘られた末、浅い投フライに打ち取るが、グラブに入れるもまぶしかったか弾いて3点目。しかし、7番を三振にとりチェンジ。ミスがなければ、1失点の上々の出来。

2回表
、コウタ四球で出塁するも、ルリ三振、ケンタロウ投ゴロで二塁封殺で二死、次打者キラの時にケンタロウに盗塁のサインを出すも、リードが小さく、余裕でタッチアウトで無得点。。
2回裏、先頭8番5ゴロに打ち取り、ベンチから「前、前」との声が飛ぶが、ケンタ待ってしまって内野安打とする。二盗後、続く9番は一二塁間のゴロに打ち取るが、ミサキが一瞬躊躇してから捕りにいって弾いてしまい、1失点。二三盗後、捕逸で2点目。1番四球・盗塁・捕逸、2番も四球・盗塁。3番4ゴロ一塁送球で一死の間に3点目、続いて二塁走者も本塁突入、なめるなとばかりにミサキ本塁返球、完全アウトのタイミング!が、しかし、タッチが甘々でセーフ。4点目。4番は普通なら6フライの当たりがテキサス安打となり、二三盗後、5番3ライナーで二死。捕逸で5点目。6番再び5ゴロを待って内野安打とし、7番には死球。バックに足を引っ張られ苦しいところだが、ここが踏ん張りどころ。8番を投ゴロに打ち取り、落ち着いて一塁送球でチェンジ。5失点だが、まともに打たれた当たりはないぞ!

3回表
、相手投手が交代。先頭8番キラ積極的に打ちに行き、3ゴロだったため、チラチラ見なくて済んだが、アウトで一死。9番シンペイは、ふわっと振りにいって三振。いつも言われているように、パチンと打とう。1番ケンタに還るが、打たされて投ゴロで三者凡退。
3回裏、。先頭9番レフト線を抜く二塁打・三盗、1番四球・盗塁、2番は打ち取った当たりも、前進守備のセカンドの後ろに落ちて1失点。続く3番はセンター前の浅いフライ、ケンタロウ猛然とダッシュ、お腹とグラブと手で何とかキャッチ。3塁走者は戻ってタッチアップ、二塁走者はリタッチせずに大きく飛び出している。しかし、ボールと格闘していたケンタロウは、頭が真っ白でどこへ投げていいか分からない。周りからの「セカンド、セカント」の声でようやく我に返って、セカンド送球ダブルプレー完成です。続く4番はセカンドゴロと思ったら、何とこれが後ろに抜ける中前ヒットとなり、すかさず二三盗、5番5ゴロを捕れず遊撃手コウタがよくカバーするも間に合わず、3点目。続く6番はかすった当たりがキャッチャー前に。ファウルのコールはないのに(もちろんファウルではありませんでしたが)、打者は走らず、捕手も捕らず。ベンチから「一塁~」の声。タイヘイ慌てて、でも送球は落ち着いて一塁へ。何とか3点に抑える。
 
4回表、2点取らなければコールドとなる4回表だが、先頭ミサキ4ゴロ、タイヘイ何と見逃し三振、4番マサキ2ボール1ストライクから低目の速球に食らいつき、ジャストミ~~ト!!!しかし、惜しくも投手のグラブにすっぽり収まりゲームセット。惜しかった!!
 
ということで、春季大会はサドンデス負けの引分けはありましたが、0勝12敗で13位となりました。しかし、確実に成長しています。あとは、ミスをなくすことと、勝利への執念です。

がんばれ、散田ドラゴンズ!



平成26年9月21日(日) 12時過ぎ~ 晴れ 大谷グランド 
★研修リーグ春季大会9回戦(特別延長)
チーム名   特延          
将軍・恩方スターズ 15   12          
散田ドラゴンズ 15            
(投)タイヘイ  (捕)ケンタ
【今日の敢闘選手】 
アパッチ戦に続いて、引き続き先日の引分けの決着をつける特別延長戦です。基本的には、同じメンバーでスタートですが、コウタを欠き、マサキまで下げるわけにはいかないので、ポジションを変えて、投手タイヘイ、捕手ケンタ、一塁マサキ、二塁ガク、三塁ミサキ、遊撃ルリ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイでスタート。
しかし、守りからのスタートと、慣れないポジションは厳しかったですね。

初回表
、無死満塁からスタートの特別延長戦。初登板のタイヘイ、先頭5番を三振に切ってとる絶好のスタート。しかし、6番四球で1失点、7番投ゴロで本塁フォースアウトで二死のはずが、初めての捕手のケンタ、ベース上で捕球しなかったため、触塁が遅れ、2点目。これでリズムが崩れ、4連続四球で6点目。3番投ゴロに打ち取るも、マサキも捕球に飛び出しており、一塁おらず7点目。4番四球で8点目。5番三振でようやく二死。しかし、ここから四球右前ヒット、四球、四球でさらに4点を追加され、1番三振でようやくチェンジ。12点は重い。
初回裏、散ドラは無死満塁で、病み上がりの4番マサキだが、暴投でまずは1点、マサキもしっかり四球を選びなおも満塁。相手投手も制球が定まらず、ここは待てのサインだが、コウタの代わりに入ったガクは、サインが分からなかったのは打ちにいき、結局ボール球を空振り三振。相手もヘロヘロなところに塩を送るようなプレーだぞ。ルリ6ゴロで2点目が入るが、これで二死。もう後がない。ケンタロウ追い込まれるが、粘って四球で満塁。キラも追い込まれるが粘って四球で3点目。シンペイストレートの四球で4点目。相手は前回も二死から崩れている。ケンタに期待がかかるが、投ゴロに倒れ、若干ファンブルするこ、今回は一塁送球が間に合い、ゲームセットとなりました。
 
これでまた初勝利はお預けとなりました。



平成26年9月21日(日) 10時18分~11時51分 晴れ 大谷グランド 
★研修リーグ春季大会11回戦
チーム名
散田ドラゴンズ    
八王子アパッチ ×     11
(投)ケンタ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 初先発のケンタ、攻守のケンタロウ
マサキは今日も大事をとって見学、またキラに代わってコウタお休みのため、投手ケンタ、捕手タイヘイ、一塁ルリ、二塁ガク、三塁ミサキ、遊撃キラ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼サヤハルのスターティングメンバー。

初回表
、相手投手は小太りの左腕投手。1番ケンタ、ファウル2つのあと、高めのボールを空振り三振。ケンタロウはストレートの四球で出塁すると、二三盗を決める。3番ミサキも四球で、盗塁のサイン。しかし、スタートが少し早く、けん制にひっかかる。しかし、三塁走者ケンタロウの動きに気をとられる間に何とか二塁進塁。4番に入ったタイヘイは、何とか90℃内のショートに転がし、ケンタロウは果敢に本塁突入。本塁送球は高くそれ、ケンタロウは楽々ホームイン。なおも二三塁のチャンス。5番ルリは、初球を投ゴロ。ミサキ本塁突入、さすがにこれは無理で二死。三塁に進んだタイヘイが暴投で2点目のホームを踏む。キラもストレートの四球でチャンスは続くが、シンペイ、フルカウントから空振り三振でチェンジ。
初回裏、初先発のケンタは、先頭打者にいきなり左前ヒットを食らうが、これは仕方ない。盗塁で二進後、2番は投ゴロに打ち取るが、ランナーに気を取られるうちに一塁送球が遅れ、内野安打。3番四球で満塁。ここで三塁けん制が悪送球となり、1失点。初先発で相当緊張している。4番6ゴロは内野安打となり、なおも満塁。5番には右中間を抜かれる二塁打で、走者一掃で4点目。6番もセンターへいい当たりだが、ケンタロウ前進して好捕、一死。暴投で5点目を献上。下位だが大柄な7番は中前ヒットを打たれるも、8番投ゴロで二死、9番3ゴロで何とかチェンジ。

2回表
、先頭8番ガク積極的に打っていく。内野安打性のボテボテ5ゴロ。しかし、足が遅すぎ!楽々アウト!ヒットが欲しければ、足を鍛えろ!サヤハルも振っていくが、三球三振で二死。ケンタ、この回はしっかりボールを見て四球を得るが、ケンタロウ三振で、この回無得点。
2回裏、先頭1番を四球で出すと、すかさず盗塁、タイヘイ二塁送球、キラとガクの二遊間がお見合いしてボールはセンターへ。これを後ろにそらす間に、走者は何とホームイン続く2番はライト前の当たり、これを後ろにそらすエラーで一気に三塁へ。3番左前ヒットで2点目。しかし、ここでケンタが目覚める。4番、5番を連続三振、6番3ゴロで切ってとる

3回表
、反撃したい散ドラだが、ミサキ三振、タイヘイいい当たりも6ライナー、ルリ三振で中軸が三者凡退。
3回裏、下位ながら先頭7番が中越え二塁打、8-6-5と中継したボールを足に当ててセカンドに転がり、ガク、バックホームするも間に合わず、何と本塁まで還られる。8番にはレフト線を抜かれる二塁打、9番はレフト前のテキサス安打。ヒットは仕方ないが、もう少しボールに素早く反応したい。1番5ゴロバックホームするも、捕球エラーで1点。けん制悪送球で2点目。2番右越え二塁打で3点目。しかし、3番5ゴロで二死、4番四球とするも、5番8フライをケンタロウ前進して好捕、3失点でとどめる。
 
4回表、先頭キラ四球で出塁、暴投・盗塁で三進、シンペイも死球・盗塁で二三塁のチャンス。ガク・サヤハルに期待がかかるが、連続空振り三振で二死。ここで二塁けん制の隙に、キラ本塁突入。送球がそれてホームインしたが、結果オーライのプレーでした。ケンタ投ゴロでチェンジ。
4回裏、3点入れられるとコールドだが、先頭6番にいきなり中前ヒットを浴びる。捕逸で二進後、7番6ゴロで一死の間に三進される。8番投ゴロでバックホーム、今度はタッチアウトで二死。9番6ゴロに打ち取るも一塁悪送球で生かすと、ボークで1失点。なおも二塁のピンチ。1番には左前ヒット・盗塁で二三塁、2番四球で二死満塁。2走者に還られるとコールドだが、3番を6ゴロに打ち取り、一塁送球、この回1失点で切り抜け、次の回に。
 
5回表、先頭ケンタロウ四球で出塁し、盗塁。ミサキ投ゴロで一死の間に三進。捕逸で生還、1点を返す。4番タイヘイ、いい当たりもまたしても正面をつく5ライナーで二死。期待のルリも三振に倒れ、ゲームセットとなりました。
 
少しずつですが、前進はしています。春季リーグも残り1試合。勝ち負けよりも、成長した姿を見せてくれ!そして、1回でも多くプレーしよう。

がんばれ、散田ドラゴンズ!



平成26年9月20日(土) 12時50分~ 曇り 椚田グランド 
★研修リーグ春季大会10回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
横川スーパースターズ 11 ×         15
(投)ミサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 なし?
マサキ発熱、キラお休みのため、投手ミサキ、捕手タイヘイ、一塁ルリ、二塁ガク、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼サヤハルのスターティングメンバー。管理人は仕事のため、Sコーチがスコアをつけてくれました。

初回表
、1番ケンタロウ見逃し三振、何のための1番だ?!続くケンタは5フライ、ミサキも3ゴロで三者凡退。
初回裏、ガクが斜に構えて抜かれ、カバーのサヤハルが抜かれ、中堅ケンタロウがカバーするも、本塁まで還られ1失点。2番四球・けん制エラーで三進され、3番8フライを突っ込みグラブに入れるが落球し、2点目、4番6ゴロ内野安打、5番投ゴロ一塁捕球エラーで3点目、暴投で4点目、6番死球・盗塁、7番振り逃げで一塁送球でアウトとなる間に5点目、8番捕れる内野フライを中前テキサス安打として6点目、9番セカンドへの当たりをセカンド、ライトが抜かれて三塁まで進まれ7点目、暴投で8点目、1番6ゴロでようやく二死。2番5ゴロ内野安打、3番四球、4番振り逃げの間に9点目、5番四球、6番中前ヒットで10・11点目、7番5ゴロでようやくチェンジ。普通なら3失点くらいで済んだイニング。

2回表
、先頭4番タイヘイは高~い6フライ、コウタ四球・盗塁、コウタがリードで二塁手を引き寄せたおかげで、ルリの当たりはうまくライト前となったが、惜しくもライトゴロ。シンペイ四球・盗塁で二死二三塁も、ガク三振で無得点。
2回裏、2塁ベース前で普通なら捕れる当たりを捕れずにテキサス安打。9番には中越え三塁打とされ(9番にどんな当たりをされたんだ?)、1失点。暴投で2点目、1番にも右越え二塁打(本当か?)。2番代打に四球、3番6フライで一死、4番四球、5番中前ヒットで3点目、6番セカンドへの強い当たり、ガクが弾くが一塁方向へ転がるボールを掴んで一塁へトスし、何とか二死。その間に4点目。7番6ゴロでようやくチェンジ。

3回表
、先頭サヤハル追い込まれてから何とか当てたが投ゴロ、ケンタロウ3フライ、ケンタ四球・盗塁で二進するも、ミサキ4ゴロに倒れ、ゲームセット。

 



平成26年9月14日(日) 12時24分~13時50分 晴れやや暑い 滝ケ原グランド 
★連盟秋季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ    
フレンズジュニア ×     12
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 2点タイムリーのガク、クリーンヒットのタイヘイ、攻守コウタ
投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼は前日右手を痛めたシンペイに代わりガクのスターティングメンバー。

初回表
、相手左腕は速そうに見えるがそれほどでもない。1番ケンタ3ゴロ、2番ミサキ4ゴロ、3番タイヘイ6ゴロと三者凡退に倒れるが、打てない球ではない。
初回裏、1番にファウルで粘られるが、投ゴロに打ち取る上々の立ち上がり。しかし、2番には中越え三塁打、3番には右越え本塁打を打たれ、2点を先制されました。しかし、打たれるのは仕方がありません。ここで切り替えです。さらに大柄な4番を迎えますが、三振にとり、二死。しかし、5番・6番を連続四球から盗塁で二三塁にされ、7番に中前ヒットを打たれ、さらに2点追加される。8番を高い5フライに打ち取り、チェンジ。


2回表
、4番マサキはファウルで粘るが、最後は抜いた緩い球に手がでず三振。5番コウタの4フライはエラーとなり出塁、6番ルリ三振で二死、ケンタロウ死球で一二塁、キラも四球で満塁のチャンス!!しかし、ガク投ゴロで無得点
2回裏、先頭9番を空振り三振に取るも、横にそらし、まだ十分間に合うタイミングだったが一塁悪送球で生かす。盗塁・暴投で三進し、1番は四球。ここで返球がそれてセンターに転がり、ケンタロウからルリに返球。ここで打者走者が二塁に走ったのを見て、ルリがタッチにいく隙に三塁走者が還り、1失点。打者走者もセーフ。続く2番は再び、ガッキーンと右越えの当たり、ケンタロウがよくカバーし、8-3-2と中継するも本塁打となり、3点目。しかし、3番は6フライで一死、4番も6ゴロでコウタが軽快にさばき二死。本当ならチェンジだが、5番四球・盗塁、6番中前テキサス安打で4点目、盗塁で二進後、7番6ゴロを弾き、レフト前に。バックホームしたところで、打者走者が二塁に向かったのを見て投げた二塁送球が悪送球となり、5点目。8番中前へのクリーンヒット、はねてケンタロウの頭を抜かれ、6点目。打者走者は三進、暴投で7点目。9番の代打をセンターフライに打ち取り、ようやくチェンジ。この回は守備が乱れました

3回表
、2巡目に入り、1番ケンタはやっちゃいけない見逃し三振。2番ミサキはジャストミ~~~トするも、相手グラブに収まりアウトと思ったら、ポロリと落ちましたが、落ち着いて一塁送球でアウト。でも、ミサキも最後までしっかり走ろう(例えアウトだったとしても、相手が慌てるかもしれませんからね)。タイヘイはストレートの四球、二三盗で得点のチャンスも、4番マサキは三振で1点を取れない。
3回裏、先頭1番は左前ヒット、連続ヒットを打たれた2番は3ゴロに打ち取り一死。3番も3ゴロに打ち取ったが、一塁前でイレギュラーし、右前ヒットになり1失点。不運でした。4番死球とするも、5番三振、6番4ゴロを弾くもルリ落ち着いて一塁送球でチェンジ。上位打線相手にしまった回でした
 
4回表この回に3点取らないとコールドとなる。相手は投手交代。背が高く、球も速い右腕だ。しかし、ストライクが入らない。先頭コウタが四球で出塁すると、連続暴投で三塁に進み、ルリも四球。盗塁して二三塁となったところで、再び暴投でコウタ突っ込むが惜しくもアウト。もう少し足が速かったら…。コウタ、足を鍛えろ!ケンタロウ追い込まれるが、四球を選ぶ。続くキラは、盗塁のため1球ウェイティングするが、2球目は積極的に打ちに行き、キャッチャーのミットをジャストミ~~~ト!打撃妨害をゲットして、一死満塁ここで迎えるバッターは、9番ガク。投手のコントロールを考えても、ここは四球狙いかと思いきや、初球を積極的に打ちに行き空振り、2球目の地面につくようなボールも振りに行く。「ガク~、何やってる~」。後がない3球目のストライクをガク、打つ!打球は超前進守備の二塁手の後ろに落ちるテキサス安打。ルリ・ケンタロウが続けて還る2点タイムリーとなりました!!ベンチ大歓声!照れるガク。なおも一死一三塁のチャンス。当然ガクにも盗塁のサイン。しかし、ガク、スタートして躊躇。「何やっている~、ガク~」。さすがに試合慣れしていません。走者になると、オロオロしています。2球目に何とか盗塁成功で二三塁。ケンタは内野安打性の5ゴロだが、惜しくもアウト。本当にあとコンマ何秒の差です。ダッシュの練習が嫌いみたいですが、もっと真剣に走力を磨けば、ヒットも増えるぞ!しかし、この間にキラが還って、この3点目で4回表でのコールドは阻止しました。ミサキは3フライでチェンジ。
 
4回裏表のコールドは免れたが、裏に1点を入れられればコールドというピンチは続く。先頭7番はレフトへのフライ。みんなが祈るように見つめる。キラ、キャッチ!課題の試合でのフライをキャッチして一死です。続く8番は三振で二死。9番の6ゴロをコウタが軽快にさばいて、何と三者凡退、0点で抑え、次の回に突入です。
 
5回表3点を入れないとコールド。毎回続くコールドのピンチだが、3回コールドとは大きな違いだ。先頭の3番タイヘイは一度三塁線にファウルを打つが、次の球をしっかりおっつけてセンター前に運ぶクリーンヒット。盗塁・暴投で三塁に進むが、4番マサキは三振で一死。コウタも見逃し三振で二死。ルリは四球・盗塁で二三塁。ケンタロウの時に暴投・ボールデッドでタイヘイ還り1点を返す。ケンタロウも四球・盗塁でなおも二三塁。バッターはキラ。追い込まれて、最後は空振り三振で、5回7点差の規定でコールドゲームになりました。
 
負けはしましたが、コールドのピンチを何度かしのぎ、5回まで戦い、ほとんどの選手が3打席打ち、だんだん試合になってきましたが。この感じを忘れないでいこう!!
 
がんばれ、散田ドラゴンズ!!



平成26年9月6日(土) 9時26分~11時22分 曇りのち晴れ 川町グランド 
△研修リーグ春季大会9回戦
チーム名
将軍・恩方スターズ         15
散田ドラゴンズ 10         15
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 二安打のケンタミサキコウタキラ、熱投のマサキ
投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。

初回表
、先頭1番のキャッチャーファウルフライにタイヘイがしっかり反応して一死。いい出足だ。2番四球・盗塁、二塁送球が乱れて一気にホームに還られ、先制点を入れられる。想定していなかった展開。3番女子選手はしっかり叩いて左前ヒット。盗塁後、ちょっと強めの当たりだが、いつもならとれる4ゴロをエラーして、2点目。5番を三振にとって二死にするも、6番四球、7番一塁への浅いフライを惜しくも捕りそこない、二死満塁。8番四球で押し出しで3点目。9番6ゴロに打ち取るも、三塁を見て、ホームを見て、一塁送球のフィルダースチョイスで4点目。二死なのだから、普通の一塁に投げよう。続く1番も、ちょっと弾んだ投ゴロ、一塁に投げればいいところ、本塁にやや高い送球で5点目。2番はミットがバットに当たる打撃妨害で6点目。3番女子選手に左越えの当たりを打たれ、7・8点目。一塁走者は、7-5-2の中継でタッチアウトでようやくチェンジ。
練習から気になっていましたが、全然体が起きていない中、大量点を与えてしましました。予想外の立ち上がりで大ピンチです。。
初回裏、追い上げなければいけないドラゴンズですが、先頭ケンタはボール球を振り、ストライクを見逃し三振。2番ミサキは中前にクリーンヒット。タイヘイはボール球を振って三振で二死。ミサキ二三盗塁からマサキは四球で、二死一三塁。コウタが左前に落とすヒットで1点を返す!続くルリは、初球を叩き、痛烈な当たり!やったーと思ったが、投手のグラブにうまく収まり、残念ながら、チェンジ。

2回表
、先頭4番を追い込んでから四球、しかし、次打者の二球目、盗塁阻止の二塁送球はドンピシャリ、しかし、タッチが甘くセーフかと思いきや、走者がオーバーランしたところに再びルリがタッチしアウト。初めての二塁送球アウトではないでしょうか。5番も三振で二死。このまま終わりたいところだが、6番の打ち取った当たりは、二遊間にフラフラとあがるテキサス安打となり、盗塁・暴投で三進され、7番6ゴロを弾いて1失点。8・9番の下位打線を連続四球で満塁とするも、1番投フライで1失点に抑える。
2回裏、下位打線からだが、先頭ケンタロウは頭への四球で出塁、盗塁後、キラは6ゴロ内野安打、盗塁で無死二三塁だが、9番シンペイは粘るも三振で一死。しかし、次は期待の1番ケンタ。しかし、なんと、空振り三振で二死。続く2番ミサキはしぶとくセンター前に転がし、2点を返す。3番タイヘイは、おなじみのレフト方面のファウルを連発したあと、何とか左越え二塁打を放ち、3点目。盗塁で三進後、4番マサキ死球のあと、捕逸でタイヘイホームインで4点目。5・6番コウタ、ルリ四球で満塁のチャンスが続くが、ケンタロウ三振でチェンジ。

3回表
、先頭2番四球・盗塁、3番女子選手は左前ヒット。これは仕方がない。二三塁4番の三塁への当たりを、焦って弾いて1失点。5番バットにミットがあたるインターフェアで無死満塁。続く6番の投ゴロを本塁送球、やや低めの球とはいえ捕球できずに2点目。7番3ゴロでようやく一死の間に3点目。8・9番の下位打線をお連続四球で押し出しで4点目。なおも満塁から1番5ゴロを本塁送球するも間に合わず5点目。なおも満塁で2番投ゴロで、ここは落ち着いてバックホームで二死、すかさず一塁送球するも惜しくもセーフとなるも、きれいな形の1-2-3でした!3連続ヒットの3番を四球で出して6点目、4番を5ゴロでチェンジ。
3回裏、10点差を追うドラゴンズ。先頭キラが初球から積極的に打ちにいき、三塁強襲安打。ギリギリアウトのタイミングだったが、ファーストのグラブの中でボールを確保できておらず、間一髪のセーフ。すかさず盗塁するも、シンペイは三振で一死。1番ケンタの強い当たりをセカンドは触れず右中間二塁打となり、まず1点を返す。続くミサキは、3ボールから目の覚めるような当たりも、ライト正面で惜しくも二死。上位打線で早くも二死となり、暗雲が漂うがここから怒涛の?反撃!タイヘイは再びファウル連発のあと一塁と投手の間ににフラフラっとあがったフライ。がっかりするタイヘイ。「走れ~」とベンチからの怒声。案の定、投手は捕り損ねて出塁、ケンタが還って2点目。続くマサキは追い込まれてから右へいい当たり!しかし、惜しくもセカンド正面。ここまでかと思ったら、何と一塁悪送球。二三盗で三塁にいたタイヘイが還って3点目。マサキは二進。暴投で三進後、コウタが5ゴロ内野安打で4点目。盗塁・暴投で三進後、再度暴投でホームイン。ギリギリのタイミングで冷や冷やしたが、これで5点目で15対10。まだ、5点あるが、ベンチの部員も活気づき、「今何点?」と聞いてきたり、応援の声が急に大きくなる。ようやく目が覚めた感じ。続くルリ・ケンタロウ・キラと連続四球で満塁。ここで再び暴投でルリが突っ込む。しかし、川町はボールが跳ね返ってくるのでギリギリのタイミング。相手のミスもなく、タッチされアウト。反撃もここまでと思ったが、捕手のミットからボールがこぼれて、セーフとなり6点目であと4点。シンペイも四球で再び満塁。ここでケンタが監督の指示通り、左方向へ強い当たり。ショート横を抜く左中間二塁打となり、三塁送球が悪送球となる間に、シンペイまで還る走者一掃で9点目が入り、何と何とあと1点までに迫る!!続くミサキは、低い球をストライクにとられ追い込まれる。そして、1ボール2ストライクから打った当たりは投手前のゴロ。万事休すかと思いきや、少し高く弾んだ打球の処理を焦った投手がファンブルし、一塁セーフ。ケンタが還って、まさかまさかの同点!!!ミサキすかさず二三盗。サヨナラのお膳立てが整い、タイヘイが登場。3ボールから再びファウルを連発するも、最後は三振に倒れ、ヒーローになるチャンスを逃しました。
 
時間切れで引き分けとなりましたが、劇的な同点劇でした!!
 

 



平成26年8月31日(土) 12時45分~14時8分 晴れ時々曇り 川町グランド 
★研修リーグ春季大会8回戦
チーム名
ビートルズSC    
散田ドラゴンズ    
(投)ミサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 初安打のコウタルリ、攻守に活躍のミサキケンタマサキ
投手ミサキ、捕手タイヘイ、一塁マサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。

初回表
、先頭打者を四球で出すと、盗塁・暴投でいきなり無死三塁のピンチ。2番の当たりは三遊間を襲う。これをケンタがナイスキャッチで一塁送球。1点を失うも一死。3番の長身女子選手を三振にとり二死。4番の当たりはセカンド横の当たりだが、一歩、いや半歩遅れて中前ヒット。5番左前ヒット、ダブルスチールで二死二三塁のピンチ。しかし、6番を空振り三振にとり、この回1失点に抑える。
初回裏、相手投手は長身の女子選手。コントロールは良いが、それほど速い球ではなく、打てなくはない。先頭ケンタは初球を打ち4ゴロ、2番ミサキは3ゴロタッチアウト、タイヘイファウルで粘るも最後は見逃し三振で無得点。。

2回表
、先頭7番に左越え二塁打を打たれ、8番4ゴロで一死の間に走者三進、9番3ゴロで二死の間に1失点、1番から三者連続四球で満塁のピンチも、4番4ゴロでこの回も1失点。
2回裏、4番マサキは三振に倒れるも、5番コウタ6ゴロ内野安打続くルリの当たりもライト前に落ちて、チャンスが広がるかと思われたが、コウタのスタートが遅れ、足も遅く、何と二塁封殺!残念!ケンタロウ5ゴロで無得点。

3回表
、先頭5番を三振で一死、6番も4フライに打ち取ったが惜しくもテキサス安打、二三盗後、7番四球・盗塁で二三塁から8番6ゴロで二死の間に1失点、9番6ゴロでこの回も1失点に抑える。
3回裏先頭キラは三遊間の当たりで内野安打かと思われたが、一瞬打球の行方を追ったことが災いし、ほんの一瞬ベースタッチが遅くアウト。ヒットを1本損しました。続くシンペイは三振で二死。二巡目のケンタは二遊間を破る中前ヒットで出塁。しかし、期待のミサキは投フライで無得点。
 
4回表、先頭の1番を投ゴロに打ち取るが、送球が慎重になりすぎて一塁マサキの呼吸が合わず落球して生かす。盗塁後、2番3ゴロで一死の間に三進。3番左前ヒットで1失点。盗塁後、4番4ゴロで一塁送球は際どいタイミングもアウトで二死、しかし、ここで審判のジャッジに気をとられる隙に二塁走者が三塁を蹴ってホームイン、この回2点目。ここで切りたいところだが、5番の弾んだ5ゴロを弾いて生かすと、二三盗後、6番正面の7フライだが、これを落として3点目。一塁けん制で逆をついたが、悪送球となり二進、さらに盗塁で三進。しかし、7番6ゴロに打ち取り、チェンジ。
4回裏、得点したい散ドラだが、3番タイヘイ大きなファウルで期待させるも低目のボールを振って三振、続くマサキの弾んだ5ゴロを三塁弾いて内野安打となる。5番コウタは投ゴロに倒れるが、投手は二塁送球。スタートを切っていたマサキの二塁触塁が早く、フィールダースチョイスとなり、一死一二塁のチャンス。ここで6番ルリは4ゴロ内野安打で満塁!!!盛り上がるベンチ!!7番ケンタロウは初球を叩き、6ゴロ。ちょっとしたミスでホームインだが、送球・捕球ともミスなく、本塁封殺。キラも5ゴロに倒れ、無得点。惜しかった。
 
5回表、先頭8番投ゴロ、9番5ゴロで二死。ここで切りたいところ。1番の当たりは鋭い投ゴロと思ったが、打球の方が一瞬速くセンターに抜ける。盗塁後、続く2番の当たりは左翼キラの右を抜ける二塁打となり、1失点。捕逸で三進後、3番6ゴロエラーでこの回2点目。4番投ゴロでチェンジ。
5回裏2点取らないとコールドとなる散ドラ。意地を見せろ。9番シンペイに代打サヤハル。初球から積極的に打ちに行き、三塁前への緩い当たり。すぐに走れば面白かったが、スタートが遅れ一死。続くケンタは6ゴロに倒れるが悪送球で二塁へ。暴投で三進後、ミサキはレフト前に落とすヒットで1得点!!ミサキも盗塁・暴投で一死三塁。ここで迎えるはクリーンナップ!期待のタイヘイ、ファウルで粘り、ボールは見逃し、3ボール2ストライクから何と見逃しの三振!今日は何と3三振でした。4番マサキはよく選び四球、盗塁でチャンスをつなぐが、コウタがフルカウントから空振り三振でゲームセットとなりました。ようやく試合らしい試合となりましたが、5回コールドゲームとなりました。
 
次こそ勝利を!がんばれ、散田ドラゴンズ!!
 



平成26年8月30日(土) 14時30分~ 晴れ 大谷グランド 
★研修リーグ春季大会7回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
北八王子エース 21 ×         28
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 該当者なし
投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼ガク、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。
管理人は仕事だったため、Sコーチがスコアをとってくれました。

初回表
、ケンタ4ゴロ、ミサキ三振、タイヘイセカンド後ろのテキサス安打で出塁するも、マサキ投ゴロで無得点。。
初回裏、1番四球・二盗後、2番投前バントで一死三塁。3番四球・盗塁で二三塁から暴投で1失点。4番中越え二塁打で2点目。しかし、5番3ゴロで二死、6番8フライでチャンジと思いきや、これをポロリと落として、3点目が入ると、四球、四球、5ゴロ一塁捕球エラー、三連続四球でさらに4点を失い、4番を3フライに打ち取りようやくチェンジ。。

2回表
、ルリは3ゴロタッチアウト、ケンタロウ投ゴロ、キラ三振で三者凡退。
2回裏、先頭5番を3ゴロに打ち取るが、6番四球・盗塁、7番中前ヒット・盗塁で二三塁から捕逸で1失点、8番四球・盗塁で二三塁から9番中前ヒットで2点目、1番四球、2番死球で3点目、捕逸で4点目、3番ツーランスクイズで5・6点目、4番四球、捕逸で7点目、5番代打4ゴロで二死とする間に8点目、6番四球・盗塁・二塁送球エラーで9点目、7番死球、8番死球、9番四球、1番四球で10点目、2番左前ヒットで11・12点目、三盗阻止の三塁送球エラーで13点目、3番四球後、4番左中間二塁打で14・15点目、5番四球、6番5ゴロ一塁送球エラーで16・17点目、7番左越え二塁打で18点目、8番四球・盗塁、9番5ゴロ一塁送球エラーで19点目、1番右中間三塁打で20・21点目、2番4フライでようやくチェンジ。、

3回表
、投手交代。シンペイ三振、代打サヤハル三振、ケンタ三振の三者三振でゲームセット。
 
得点経過を把握するのが大変でした。試合内容は、掲示板のSコーチの書き込みをご参照ください。
 



平成26年8月24日(日) 9時30分~10時24分 晴れ 椚田グランド 
★研修リーグ春季大会6回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
みなみ野ファイターズ 14 ×         16
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 捕逸はあったが初安打のタイヘイ
             普通だったらナイスピッチングのマサキ
投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼キラ、中堅ケンタロウ、右翼シンペイのスターティングメンバー。
管理人は用事で遅れたため、Sコーチがスコアをとってくれました。

初回表
、1番ケンタ5ゴロ、2番ミサキ6ゴロ、3番タイヘイ中前クリーンヒット(見てないけど)、盗塁・暴投で三進するが、マサキ空振り三振で無得点。
初回裏、1番4ゴロをルリがキャッチし一死、2番も投手と三塁の間の凡フライに打ち取ったが、指示がなくお見合いとなりテキサス安打としてしまう。暴投で二進後、3番の鋭い当たりを投手マサキしっかりキャッチし、慌てず一塁送球で二死、走者は三進。この場面で私はグランドに到着。みなみ野相手に、1回裏0対0で二死と聞き、「やるじゃないか」と思わず興奮!しかし、暴投(というか捕逸)で得点を許すと、4番を四球、5番をせっかく三振にとるも振り逃げ、6番~9番まで連続四球、そして暴投(というか捕逸)で3失点、1番に還って左越え二塁打で2失点、2番四球・捕逸で1失点、、3番左越え二塁打で1失点、4番4ゴロエラー、5・6番連続四球、返球エラーや捕逸で2失点、7番レフトに凡フライかと思いきや、なぜかキラ捕れずというか、捕らず1失点、8番左前ヒットで1失点、9番三振でようやくチェンジ。途中水分補給休憩が入りましたが、本当だったら、三者凡退無失点のイニングでした。

2回表
、5番コウタ初球を打って6ゴロ、6番ルリも初球を打っていい当たりも投ゴロ、7番ケンタロウは粘るも投ゴロで三者凡退。
2回裏、先頭1番を四球に出すも、2番を三振に取る。3番を凡フライに打ち取るも何とショート・コウタが捕れず1失点、おまけに本塁送球が乱れる間に、打者走者は三進。続く大柄な4番キャプテンは、1ストライクからレフト側のフェンスを越える大ファウル。恐るべし。しかし、次の球を何と見逃し三振、すごいぞマサキ。5番には中前ヒットで2点目を入れられるが、6番も三振でこの回2失点。普通に守っていれば、2回2失点の出来だ!

3回表
、16点を入れられ、2点取らなければいけないドラゴンズだが、キラ、シンペイ連続三振、ケンタも6ゴロで三者凡退。ゲームセットとなりました。
 
もう一歩だ。もう一歩うまくなれば、5回、6回と試合になるぞ!
がんばれ、散田ドラゴンズ!



平成26年8月17日(日) 12時41分~13時46分 曇り 滝ヶ原グランド 
★連盟新人戦1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
散田ファイターズ 7×       10
(投)ミサキ-ケンタ  (捕)コウタ
【今日の敢闘選手】  先発とキャプテンの重責を果たしたミサキ
投手ミサキ、捕手コウタ、一塁ルリ、二塁シンペイ、三塁ケンタ、遊撃キラ、左翼ガク、中堅ケンタロウ、右翼サヤハルのスターティングメンバー。
対する散田ファイターズも、投手と一塁手が女子選手で散ドラと同じ布陣。その相手女子投手は、散ドラOBナオキを彷彿させるドロン球を投げます。どういう戦いになりますか。

初回表
、1番ケンタロウしっかり叩くもショート真正面で一死、2番シンペイは浅い6フライ、3番ケンタはレフト方向にファウルで粘るが最後は6フライ。なかなかミート仕切れず。
初回裏、1番は追い込んでから中前クリーンヒット。これがケンタロウの前でイレギュラーし後逸。しかし、ケンタロウすかさず追いかけ、二塁返球、捕球したシンペイに打者走者が突っ込みもつれ合うように倒れるが、ボールを離さずアウト!!ラッキーな面もあったが、ナイスプレーだ!しかし、2番は初球を三塁手前に絶妙のセーフティバント。ケンタ突っ込み一塁送球するも、惜しくもセーフ。しかし、ミサキ一塁けん制で見事、相手の逆をつく。しかし、二塁には誰も入っておらず、慌てて二塁シンペイが入るが間に合わず。もったいない。盗塁で三進され、3番5ゴロでケンタバックホーム、コウタ走者にタッチ、ギリギリのタイミングでアウト!!!続く4番も3フライに打ち取り、何と初回0点に抑える!!!

2回表
、4番ミサキは打たされて力ない5ファウルフライ、ルリはセカンド正面のゴロで二死、コウタもファイルで粘るものの5ファイルフライで期待の5年生トリオも三者凡退。
2回裏、先頭5番は二塁横への浅いフライがテキサス安打となる。盗塁で二進後、6番3ゴロで一死の間に三進。7番三振で二死とするが、8番の初球暴投で1失点。さらに8番を振り逃げで生かすが、9番投ゴロとして、1点に抑える。

3回表
、先頭7番キラ積極的に打つも3ゴロ、サヤハル空振り三振、ガク投ゴロで3年生下位打線も三者凡退。
3回裏、先頭1番の4ゴゴロをファンブルして生かす。また、ミサキがけん制で釣り出すことに成功するも、二塁に入るのが遅れ二塁進塁される。もったいない。続く2番は5ゴロ一塁送球をポロリとこぼし、慌てて捕球し一塁を踏むが、わずかに間に合わずセーフの判定。厳しい。この間に二塁走者ホームインで1点。二三盗のあと、暴投で2点目。しかし、3番8フライ、4番5ゴロ、5番4ゴロで後続をピシャリと抑える
 
4回表、期待の2巡目だが、ケンタロウ投ゴロ、シンペイキャッチャーフライでわずか2球で二死。3番ケンタも待ちきれず打ち損ねの4フライ。相手投手の術中にはまる(術中にはめようとは思っていないでしょうが、結果的に)。
4回裏、下位からの楽な打線だが、先頭6番の浅い3フライに一塁カバーがおらず内野安打に。盗塁後、シンペイからの投手への返球が悪送球で三塁に進む。7番四球・盗塁、8番四球で満塁となったところで、投手ケンタに交代。ここから何と捕逸3つで3失点、さらに9番、1番も連続四球、2番にファイルで粘られ、11球目がボールとなり四球で再び無死満塁。ここで3番はライトへの平凡なフライ。しかし、これが捕れない。せめて触ってほしかったが、触れず後ろにそらす。強い打球ではないので、落ち着いて処理すればまだ2点で済んだが、シンペイへの中継が乱れ、カバーしたキラからの三塁送球も悪送球となり、全走者が還って3失点、打者走者も三塁に進む。そして、4番の中前ヒットで三塁走者が還って、この回7失点。4回10点差の規定により、コールドゲームとなりました
 
運も味方につけましたが、3回まではちゃんと試合になっており、第一目標の5回まで試合をすることは楽に出来そうな展開でした。それどころか、相手投手の球速からすれば、それ以上の試合をすることだって可能だったはずです。
 
それぞれ何が足りなかったのか、考えながらこれからの練習をしていこう!来年の新チームは、今始まったばかりです。まだまだ伸びしろはあります。それには、グランドの中で自分たちでゲームをコントロールできるようになってほしいですね。いつまでも、ベンチから言われなければ出来ないようでは、なかなか勝てないからね!
 
がんばれ、散田ドラゴンズ!


平成26年7月20日(日) 9時29分~10時45分 曇り 川町グランド 
★研修リーグ春季大会5回戦
チーム名
川口ジュニアーズ 17         22
散田ドラゴンズ        
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】  序盤試合を作ったミサキ
投手ミサキ、捕手タイヘイ、一塁マサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼キラの不動(?)のスターティングメンバー。

初回表
、先頭1番中前ヒット・二三盗、2番四球、3番右前ヒットで1失点、4番6ゴロで一死の間に2点目、5番投フライで二死、6番三振でチェンジ。ミサキ上々の立ち上がり
初回裏、相手投手は大柄だが、スピードも、コントロールもそこそこ。打てないことはない。先頭ケンタ、ボール球は振らなかったが、7フライ。2番ミサキ四球・けん制悪送球で一気に三塁へ。タイヘイ追い込まれるが、しっかり内野ゴロを転がし1得点!!マサキ四球のあと、素晴らしいスタートで二塁三塁を陥れる。しかし、コウタ三振で1点止まり。

2回表
、先頭7番を5ゴロに打ち取るも一塁送球のバウンドが合わずに生かす。捕逸で二進後、8番6ゴロで一死の間に走者三進。9番には左翼の頭を越される二塁打で1失点、1番三振に取るも振り逃げで生かし、盗塁で一死二三塁となる。2番投ゴロで三塁走者をちらっと見て一塁送球したが、けん制の効き目は薄く、二死とする間に2点目。3番は打ち取った当たりだが、ライトの前に落ちるテキサス安打で3点目。4番は5ゴロに打ち取り、今度はしっかりした送球でチェンジ。まだまだ試合は壊れていない
2回裏、追いかけたいところだが、ルリ・ケンタロウ姉弟が連続投ゴロ、キラ見逃し三振で三者凡退。

3回表
、先頭5番のライトフライをシンペイがグラブに入れながら落としてエラー。惜しい。続く6番の8フライはケンタロウがしっかりキャッチで一死。7番の当たりも打ち取った当たりだが、突っ込んだキラの前に落ちるテキサス安打。8番四球で満塁。9番の当たりは、前進守備のコウタを弾いてセンターに転がり、2失点。本当なら、ここでチェンジになっている内容。捕逸で3点目。連続四球から、3番の当たりは再びレフト前のテキサスで4点目、4番は5ゴロ内野安打で5点目、5番セカンドへの凡フライ。これを何とルリがポロリ。それを見て、三塁ランナーがホームインで6点目。しかし、打者はインフィールドフライが宣言されていたため、ラッキーなことに二死(捕っていれば、点が入らずに二死だったけどね)。折角二死までいったが、ここから試合が壊れ始める。6番左越え安打で7・8点目。7番四球。8番平凡な6ゴロのはずだが、けん制に入ったコウタが戻っておらず、左前ヒットで9点目。9番6ゴロだが、一塁悪送球で10・11点目。1番右中間二塁打で12点目、2番中前ヒットで13点目。3番四球を出したところで、投手はケンタに交代。捕逸で14点目、4番四球、5番左越えヒットで15・16点目。6番四球・暴投で二三塁に進塁。7番投ゴロでようやくチェンジと思いきや、まさかの一塁エラー。三塁走者に続いて、本塁送球が間に合わず、二塁走者も還るが、二塁へ走った打者走者を何とか刺してようやくチェンジ。17・18点目と思ったが、公式記録上は17失点。しかし、どっちでもいいレベル。7点取らないとコールド負けだ!
3回裏、先頭シンペイ四球で出塁、1番に返りケンタも四球。暴投で二三塁となり、チャンス到来。ここでミサキの4フライに何とケンタ飛出し、ダブルプレー。はやる気持ちは分かるがハーフウェーだ。タイヘイ死球・盗塁で二三塁。捕逸でシンペイ還ってようやく2点目。4番マサキに期待だが、投ゴロに倒れ、ゲームセットとなりました。



平成26年7月6日(日) 12時29分~13時18分 晴れ・蒸し暑い 滝が原グランド 
★八王子市長杯1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
散田ファイターズ 11 4×         15
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】  無失点イニング立役者のミサキルリマサキ
              強いゴロをうまく処理したキラ
めじろ台東公園を本拠地としている散田ファイターズとのダービーマッチとなった市長杯!投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼キラの不動(?)のスターティングメンバー。

初回表
相手投手は左腕の速球派!かと言って、まったく打てないほど速いわけではないが、今の散ドラには正直難しい速さ。案の定、ケンタ、ミサキ、タイヘイが三者連続三振。特に、ケンタ、ミサキは高めのボール球を振ってしまった。選球眼のいいミサキまで振ってしまうのだから、厳しい展開を予感させる立ち上がり。
初回裏、先頭1番は左越え三塁打、暴投で1失点、2番四球・二三盗、捕手からの返球が乱れる間に本塁に還り2点目、3番左打者は右越えの当たり。キラ、ルリ、ミサキ、タイヘイとうまく中継したが惜しくもセーフで3点目。しっかりブロックし、もっと素早く強くタッチにいけばアウトを取れたタイミングでした。惜しかった!続く4番は中越え三塁打、捕逸で4点目。5番四球のあと盗塁するも、塁から離れたところをコウタがタッチしてアウト!初の盗塁阻止!しかし、6番も四球・二三盗、7番も四球・盗塁で二三塁のピンチ。ここで捕球をファンブルすると、二塁走者がスタートし、三塁上に2走者が同時にいる状態。まさに野球教室でやった展開だ!しかし、タイヘイはまさかの二塁送球!!!当然三塁走者はホームインで5点目。こうなれば、二塁走者をアウトにするしかないが、二塁に入っていたのは、まさかのセンター・ケンタロウ。結果オーライだが、二塁走者タッチして二死とする!しかし、下位の8番も四球とする。もったいない。二三盗から9番の右前テキサス安打で6点目。1番にかえってセンターへの当たり。これは捕れると思ったが、頭を越される二塁打となり7点目。2番にも左越え本塁打され、8・9点目。ここで投手はミサキに交代。しかし、3番には中越え二塁打、4番には水道管直撃の本塁打で10・11点目。5番を浅い小フライをミサキがキャッチし、ようやくチェンジ。

2回表
、マサキが初球に食らいつき一塁へいい当たりを放つも相手は動じず捕球し一死。コウタ、ルリは三球三振でこの回7球で終了。投球練習か!
2回裏、6番ショートへの浅いフライだが反応が遅れ、テキサスヒットとする。しかし、リードの大きい走者に対し、ベンチから「けん制しろ~」の声。その声にランナーが一歩戻って、足が止まったところへ、ミサキが絶妙のけん制。ランナー二塁へ走る。マサキ二塁へ送球!コウタ捕球し走者にタッチ。アウトとしました。普通の野球のようでした(欲を言えば、もっと早く強くバチッとタッチにいかないとセーフととられる可能性もあります)。7番はフルカウントから死球。しかし、8番4ゴロをルリが落ち着いてさばき二死。9番の当たりはファースト後ろに落ちそうな当たりだったが、マサキ好捕でチェンジ何と今シーズン初の無失点のイニングです!!!

3回表
、先頭ケンタロウ当たりそこねだが緩い5ゴロ、微妙な送球をファーストがポロリと落とす。しかし、ケンタロウ走り抜けずにスピードが落ちてアウト。もったいない!キラ、シンペイは連続三振で無得点に終わる。
3回裏、4点取られるとコールドだが、先頭1番を投ゴロとして良い出足。2番は左前ヒットだが、しっかり止めてシングルなら上等。3番は一塁横を抜けるライト前の強い当たりだが、キラがしっかりキャッチし、二塁送球。ここまでは良かったが、二塁ルリも、ショートコウタも捕球にいかないで、三塁方面に転々…。この間に二塁走者が本塁に還って、1失点。続く4番は2打席連続の水道管直撃本塁打で2・3点目。これは仕方ない。5番は代わった選手で長打はないが、四球で出してしまう。もったいない。盗塁のあと、6番は浅いキャッチャーフライ。直接捕球するか、捕れないなら様子見もあったが、ワンバウンドで体に当ててしまう一番嫌な展開。本塁から少し離れたすきに、二塁走者は三塁を回る。投手ミサキは本塁カバーに入っておらず、ホームイン4点目を入れられ、ゲームセットとなりました。2~4番は仕方ないが、うまくやれば、4回に入れたかもしれないので、残念でした
 
初の無失点イニングで喜んでいるようではいけませんが、次は何とかこれを初回で出して、無失点のイニングを少しでも増やして、何とか初勝利を!
 
がんばれ!散田ドラゴンズ!!



平成26年6月15日(日) 13時45分  晴れ  大谷グランド 
★研修リーグ春季大会4回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
松が谷ジャガーズ 21 ×         24
(投)マサキ⇒ミサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】  該当者なしかな。
管理人はお休みのため、Sコーチがスコアを付けてくれました。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼キラのスターティングメンバー。

初回表
、ケンタ、ミサキ投ゴロ、タイヘイ6フライと淡泊な攻撃。もう少し球数を投げさせたかった。
初回裏、連続四球、左中間本塁打、4連続四球、8番5ゴロでようやく一死も、9番も本塁打で打者一巡の8失点、二巡目は、四球、中越え二塁打、左中間本塁打、バウンドで三遊間を越えるヒット、四球、11失点でミサキにスイッチ、6番は左中間三塁打、7番5ゴロでようやく二死、しかし、その後も四球、左前ヒット、四球、中前ヒット、5フライ内野安打、連続四球、左越え三塁打でこの回24失点。3打席目の7番を5ゴロしてようやくチェンジ。

2回表
、マサキ三振、コウタ投ゴロ、ルリ・ケンタロウが連続四球でチャンスを作るも、キラ三振で無得点。
2回裏、8・9番5ゴロに打ち取るが、ケンタ下がって捕り、一塁送球をマサキが捕球エラーで、両選手父から叱咤の怒声が飛んだとのこと(ホドホドにお願いします^^;)。1番に返って左越え本塁打。2番左前ヒット、3番四球。しかし、4番三振、5番6フライ、6番三振でこの回3失点に抑える。しかし、6番の振り逃げをタイヘイが一塁近くまで追ってタッチアウトにしたのは、アウトにしなければ、2失点となっていたところで、仲間と自分を信じて送球しなければならないプレーとのことでした!

3回表
、投手交代し、シンペイ抜けると思われた6ゴロだが、ファインプレーのうえ好送球でアウト、期待のケンタ・ミサキも連続投ゴロでコールドでゲームセットとなりました。
 
今年の松が谷ジャガーズは良いチームで、特にバッテリーは良かったそうです。でも、同じ小学生。もっと戦えるはずです。
先発マサキの乱調が痛かったとのこと。いかにストライクを先行させるかが課題ですね。



平成26年5月31日(土) 11時  晴れ  川町グランド 
★研修リーグ春季大会3回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
城山キッズ 9×         18
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】  今シーズン初安打のミサキ
管理人は仕事だったため、アキラコーチがスコアを付けてくれました。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼ガクのスターティングメンバー。

初回表
、先頭ケンタ三振、ミサキ死球・捕逸で二進、タイヘイ四球、盗塁・悪送球でミサキ生還で先制点、しかしマサキ・コウタ連続三振で1点。
初回裏、4ゴロエラー、6フライで一死、右越え二塁打で1失点、連続四球と暴投で2・3点目、しかし、後続を断つ。

2回表
、ルリ3フライ、ケンタロウ三振、ガク四球、シンペイ三振で無得点。
2回裏、先頭9番四球、1番6フライのあと5連続四球、5ゴロエラー、5ゴロエラーで6失点、9番三振、1番投ゴロでようやくチェンジ。

3回表
、先頭ケンタが左前ヒット、ミサキは6ゴロ内野安打、タイヘイ投ゴロで本塁アウト、マサキ三振となるも、コウタ3ゴロエラーで二者生還、しかし、ルリ三振でチェンジ。
3回裏、レフトエラー、四球、中越え二塁打で2失点、投ゴロで一死の間に3点目、次打者も投ゴロで二死、しかし、後続を四球、振り逃げ、四球、6ゴロ内野安打、四球、左前ヒット、5ゴロエラーと続き、6点を追加され、3回15点差のコールドゲームとなりました。

コールド負けが続きますが、今後の頑張り次第では、勝てる可能性がないわけではありません。ガンバレ!散田ドラゴンズ!!


平成26年5月10日(土) 13時  晴れ風強い  川町グランド 
★研修リーグ春季大会2回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
台町四丁目子供会 14 13 ×         27
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】  チーム初ヒット・打点のシンペイ、初ヒットのケンタ
              チーム初長打のマサキ、ファインプレーのミサキ
管理人仕事のため、Sコーチがスコアを付けてくれました。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃ケンタロウ、左翼シンペイ、中堅コウタ、右翼ガクのスターティングメンバー。

初回表
、ミサキ死球も、ケンタ4ゴロ、タイヘイ・マサキ連続三振で無得点。。
初回裏、1番四球、2番左越え二塁打、3番左前ヒットをシンペイが逸らして本塁まで還る。連続四死球、左前ヒット、四球、6ゴロ内野安打、9番三振でようやく一死、一巡した1番5ゴロだが、川町特有のフカフカグランドでエラー、四球、3番中越え本塁打、四球、5番6フライでようやく二死、6番5ゴロを再びエラー、7番右前ヒット、8番四球、9番3ゴロ内野安打、三巡目の1番5フライでようやくチェンジも、14失点。

2回表
、先頭コウタ四球で出塁も、それからどうしていいか分からずオロオロ。続くルリも四球を選ぶ、捕逸で二三塁のチャンスもケンタロウは三振。ガクの代打キラも四球を選び一死満塁。ここでバッターはシンペイ。2球ストライクを見送り、周囲の「振れー」の大合唱に応えて、見事今シーズンの散ドラ初ヒットとなる左前ヒットを放ち1点返す。続くミサキは四球で2点目、2番ケンタはセンター前へのクリーンヒットで3点目。タイヘイ四球で、4点目。続くマサキは3ボールになるも、周囲からの「打って返せ~」の声に応え、外野を深々と破る散ドラ初長打の二塁打で5・6点、コウタの4ゴロで7点目をあげ、ルリ死球でチャンスは続きますが、マサキがけん制アウトでチェンジ。
2回裏、先頭2番5ゴロをフカフカグランドで再三のエラー。父から怒号。3番の投フライもエラーで生かす。4番四球、5番左前ヒット、6番四球、7番中前ヒット、8番四球、9番4ゴロエラー、1番5ゴロ内野安打、2番四球、3番左越え三塁打、4番6ゴロ内野安打、5番左前ヒット、6番左中間真っ二つだが、欲張った打者走者を7-6-2と中継し、タッチアウトでようやく一死。続く7番の3ゴロをミサキファインプレーで二死。8番も投ゴロでチェンジ。しかし、この回も13失点。

3回表
、前の回の勢いを続けたいドラゴンズですが、ケンタロウが四球・盗塁するも、けん制タッチアウト、続く代打サヤハル、シンペイが連続三振でゲームセット。

しかし、「練習は嘘をつかない」という言葉の一端を見たようだとのSコーチの言葉が添えてあったように、成長が見えた試合だったようですね!

がんばれ!散田ドラゴンズ!





平成26年4月13日(日) 8時56分~10時  雲の多い晴れ  大谷グランド 
★研修リーグ春季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ        
中郷イーグルス 3×         15
(投)マサキ  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】 よく投げたマサキ 
投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼ガクのスターティングメンバー。中郷イーグルスの投手は大柄で、他にも2~3人はいい体格をしていて、散ドラとは明らかに違います。

初回表
、先頭ミサキすべて見逃しで三球三振、ケンタはボール球に手を出して、フルカウントから空振り三振、3番タイヘイは四球を選んだまでは良かったが、サインを二度見逃し、三回目のサインで盗塁、マサキを四球で一二塁のチャンス。しかし、コウタが空振りで三球三振でチャンスを生かせず。
初回裏、前回はストライクが入らず降板したマサキだが、今日はどうか。大柄な投手が1番。マサキの魔球にタイミングが合わず三遊間のボテボテの当たりに打ち取るが、これが相手に幸いし、内野安打。すかさず二三盗を決められ、2番は四球。暴投で1点とられ、3番は6ゴロに打ち取るが、コウタが一瞬三塁へ送球しようとして、焦った一塁送球がそれて生かして2点目。4番には左中間を真っ二つに破られる2ラン本塁打で3・4点目。これは仕方ない。5番のレフトフライは捕れる当たりだが、先週の再現はならず、頭を越され、中継ミスもあって本塁まで還られ5点目。6番の当たりは投ゴロかと思いきや、マサキが抜かれて中前ヒット。二三盗から、7番三振振り逃げ阻止で一塁送球の間に6点目。8番投ゴロでマサキは焦らなくてもいいのにものすごい勢いで一塁送球で二死。ここで切りたかった9番四球、1番も四球。しかし、2番を5ゴロに打ち取り、ケンタが落ち着いて三塁ベースを踏んでスリーアウト。一巡近くなり最後は疲れましたが、ストライク先行でよく投げました。

2回表
、先頭ルリが四球を選ぶも、ケンタロウ・ガク・シンペイが三者三振で無得点。
2回裏、先頭3番を5ファウルフライに打ち取る上々のスタート4番には8ライナーヒットを打たれ、すかさず二三盗。6番は平凡な8フライだが、まさかの後ろにそらすエラーで本塁まで還られ、2失点。6番の当たりも完全に打ち取った投手前への当たりだが、変な回転がかかり内野安打。7番も一塁線への打ち取った当たりだが、マサキの一塁送球はランナーの背中に当たり、何たる不運と思っていると、主審から「アウト!」のコール。ファウルラインの内側を走っていたようです。先日の中散田会館での野球教室で解説しましたが、みんな覚えているかな。下位を迎えて二死をとり、このまま切りたかったが、8番の時に捕逸で3点目。8番四球、9番死球ともったいない展開。上位に比べ、下位はまったく打つ感じがしなかっただけにもったいない。1番に帰り、左越え本塁打で3点追加で6失点。2番は打ち取った当たりだが、中前テキサス安打、3番は中前安打、ここで迎えるは4番!しかし、何とか内野フライに打ち取る。しかし、三遊間の高い当たりで、コウタが構えたところに、三塁ケンタがよっていく。普通の散ドラだと「間違いなく」落とす展開。しかし、交錯しつつ、コウタがしっかり捕球。スリーアウトとしました。

3回表
、先頭ミサキが四球を選び、盗塁を試みるも、捕球ミスもなく、送球は低く速い球がドンピシャでミサキの足元にきて、タッチアウト。これは相手が見事、仕方がない。ケンタフルカウントから見逃し三振。タイヘイはこの試合初めて前に飛ばすが、5ゴロに倒れ三者凡退。
3回裏、この回からレフトにキラ、ライトにガクが入る。代わるとそこに飛ぶもので、先頭5番の左前ヒットを後逸し、ホームまで還られ1失点。6番死球、二三盗から7番左前ヒットで2点目。あと1失点でコールドだが、相手は下位で何とか切りたい。しかし、8番・9番に左前テキサス安打を打たれ、この回3点目を失い、3回15点差の規定によりコールドゲームとなりました。

正真正銘打たれたのは、4本くらいで、今日のマサキはストライク先行でよいピッチングでした。守備がもう少し上達してくると、4回、5回と出来るようになるのではないでしょうか。しかし、勝とうと思ったら、打って点を入れないといけません。先週の試合も、今日も、ヒットはありませんでした。今日もヒットはおろか、前に飛んだのがタイヘイの1本だけです。今日はそれなりに試合の形になって評価できますがちょっと打つ方にも力を入れたいですね。

がんばれ新生散田ドラゴンズ!!





平成26年4月6日(日)    9時~  曇り(やや寒い)  滝が原グランドB面 
★連盟春季大会1回戦
チーム名
散田ドラゴンズ      
めじろ台ファイターズ 10 ×       19
(投)マサキ⇒ミサキ(1回~)  (捕)タイヘイ
【今日の敢闘選手】レフトフライをキャッチしたシンペイ 
管理人インフルエンザでお休みのため、Sコーチがスコアをつけてくれました。投手マサキ、捕手タイヘイ、一塁ミサキ、二塁ルリ、三塁ケンタ、遊撃コウタ、左翼シンペイ、中堅ケンタロウ、右翼ガクのスターティングメンバー。

初回表
、いきなりミサキ、ケンタ、マサキが3連続四球で、盗塁・けん制悪送球、捕逸、タイヘイの三振を捕球できず一塁送球などの間に一気に3点先制!!!すごいぞ!コウタ四球も、ルリ、ケンタロウ連続三振でチェンジ。
初回裏、先発マサキまさかの乱調で5連続四球。ここでミサキにスイッチ。7番のレフトフライを何とシンペイがナイスキャッチ。練習でも捕ったのを見たことがないのに、すごいぞ!8番投ゴロで二死、9番四球、1番何でもない3フライを落として5点目。しかし、2番を投フライにしてチェンジ。ミサキがナイスリリーフ。

2回表
、ガク、シンペイ連続三振、ミサキ4ゴロで三者凡退。
2回裏、3番4ゴロを一塁捕球エラー、死球・四球、6番三振、7番投ゴロで二死の間に1点、8番6ゴロ一塁捕球エラーで2・3点目、9番から3連続四死球で4点目、3番投ゴロでようやくチェンジ。。

3回表
、ケンタ四球・盗塁・捕逸で三進、マサキも四球・盗塁、ここで4番タイヘイだが三振でチャンスをものにできず。5番コウタの3ゴロでケンタ本塁突入セーフとなり1点返す!マサキも捕逸で還り2点目。ルリ三振で二死後、捕逸でコウタ本塁に突っ込むがこれはタッチアウトでこの回終了。。
3回裏、この回から右翼にキラ、レフトにサヤハルが入る。先頭4番を振り逃げで生かし、連続四球、平凡な4フライを捕れずに生かし、下位の8・9番にも連続四球で無死満塁で3点とられたところで投手はケンタにスイッチ。1番5ゴロ本塁封殺で一死。2番は投ゴロ内野安打となり、この回4点目。3番四球で押し出し5点目。4番の3塁線の当たりをミサキ捕れず、サヤハルも後逸、ランニングホームランとなり9点目。サヤハル号泣(だそうです)。5番死球、6番4フライをまたしても捕れず10点目。7番の6ゴロをコウタ一塁が間に合わないとみて三塁送球でタッチアウトで二死。好判断!8番四球とするが、9番投ゴロでようやくチェンジ。

4回表
、相手は投手交代。先頭ケンタロウほとんど振らず三振、入団間もない同じく3年キラはしっかり振って投ゴロ、サヤハルは四球を選び捕逸で二進するが、1番ミサキが3ゴロで万事休す、4回10点差でコールドゲームになりました。しかし、5点とったおかげで3回コールドとはなりませんでした。これでも一つの進歩です。



平成26年3月23日(日)  晴れ(暖かい) 
親子大会
チーム名
散田ドラゴンズ(6年中心)      
父チーム ×       10
(投)ショウスケ・リサ(3回~)  (捕)ケンタロウ
初回表、投手ケンタロウ父を相手に、ショウスケ5ゴロで一死となるも、レン6ゴロ内野安打、ナオユキ右前ヒットでチャンス。しかし、ユイト投ゴロで三塁封殺、コタロウ三振で無得点。
初回裏、ケンタロウ父レフトゴロで一死、ユイト父、ナオユキ父連続四球、マサキ父4ゴロの間に1点。ケンタ父三振振り逃げも一塁でアウト。
 
 
2回表、ケンタロウが親子対決も5フライ、ここでナオユキ父にスイッチ。リサ左前ヒット、助っ人サネ中前ヒットで・盗塁で二三塁のチャンス。しかし、助っ人ケンタ兄三振、ショウスケ四球、レン投ゴロで無得点
2回裏、体験中のNケン父左前ヒット、Kケン父中越え二塁打で1点、キラ父5ゴロで一死、助っ人アキヒロ四球、ケンタロウ父振り逃げで2点目、ユイト父左前ヒットで3点目、ナオユキ父四球、マサキ父中前二塁打で2点追加で5点目、ケンタ父三振でようやくチェンジ。相変わらず大人げない父たち。
 
 
3回表、ナオユキ5ゴロ、ここでユイト父にスイッチ。親子対決はユイト3ゴロ、コタロウ三振で三者凡退。
3回裏、Kケンタロウ父2内野安打、キラ父9テキサスヒットで二三塁、助っ人アキヒロ5ゴロエラーで1点、ケンタロウ父三振、ユイト父4ゴロ内野安打で2点目、けん制悪送球で3点目、ナオユキ父4ゴロの間に4点目、マサキ父ライトゴロでチェンジ。
 
 
4回表、一矢を報いたい6年チームだが、ケンタロウ4ライナー、リサ投ゴロ、助っ人サネ左前ヒット、ケンタ兄右前ヒット、ショウスケ振り逃げで満塁となるも、レンがアウトとなり、ゲームセット。


平成26年3月23日(日)   晴れ(暖かい) 
親子大会
チーム名
散田ドラゴンズ(下級生)         12
母チーム        
(投)マサキ-ミサキ(3回~)  (捕)
初回表、マサキ投ゴロ、ミサキ4ゴロ内野安打、ルリ投ゴロ、ケンタロウ4テキサスヒット、ケンタ6内野安打、ガク投ゴロ内野安打、コウタ3テキサス安打、サヤハルアウトとなるも、下級生チーム4点先制。
初回裏、母チームも1点を返す。
 
 
2回表、キラ三振も、Nケンタロウ投内野安打、マサキ4内野安打、ミサキ四球、ルリ中前ヒット、ケンタロウ投ゴロ、ケンタ左越え三塁打も本塁タッチアウトとなるも、この回も5点追加、
2回裏、母チームは1点を返すのみ。
 
 
3回表、ガク投ゴロ、コウタ4内野安打、サヤハル振り逃げ、キラ四球、ナオユキ4ゴロで二死、マサキ投ゴロ内野安打、ナオユキ四球で出塁も捕逸、捕逸でホームも狙うがタッチアウト。
3回裏、ケンタ母三振するも、助っ人サネ右越えネット越えヒット、ガク母右中間二塁打、ショウスケ母中越え三塁打で3点を返すが、後続続かずゲームセット。珍しく散ドラが勝利しました。